RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ひとことふたこと
☆8月までのボードゲーム会の日程が決まりました!
☆iPadのカメラが不調でツラい…( ̄▽ ̄;)

星屑主催の宇佐市でのオープン会
大分県宇佐市でボードゲーム第31回
→8月20日(日)10~18時:ウサノピア講習室(2)


星屑主催の福岡市でのオープン会
福岡市城南区でボードゲーム第6回
→8月13日(日)09~21時:城南市民センター実習室
福岡市城南区でボードゲーム第7回
→9月17日(日)09~21時:城南市民センター実習室

福岡市城南区でボードゲーム第8回
→10月7日(日)09~21時:城南市民センター第2会議室

連絡先はコチラ↓
Twitter星屑@大分県宇佐市でボードゲーム!
☆または、ブログ左下のメールフォームへ!


更新予定(毎日23時59分予定)

▼以下、このブログについて▼


ようこそ「大分県宇佐市でボードゲーム!」へ!

このブログは、
1ターンごとに記録を残している「プレイ記」と、
わりと数が多くなってきた「開封記事」がウリの、
テレビゲーム・ブログです!

ぼくは当ブログ管理人の星屑トランペッターと申します。通称"星屑"です。

まだ、ぼくが福岡県福岡市に住んでいた頃の、
2013年に「カタンの開拓者たち キャリーケース版」と出会って、
当時は福岡の友人たちとボードゲームを楽しんでいたのですが、
妻しーぷとの結婚を機に、新天地の大分県宇佐市に引っ越すことになり、
やばいボードゲーム仲間が妻ひとりになってしまったと嘆いていたところ、
妻に、じゃあボードゲームのブログを書けばいいじゃないと勧められ、
いや何で唐突にブログなんだよと反論したところ、
ブログを通じてボドゲ仲間を見つければいいのよと、
それっぽいことを言われ、
とりあえず書き始めたのが、このブログだったりします。

そして、その通り最初は、このブログを通じて、
大分県宇佐市のボードゲーム仲間ができたらいいなァと思いながら、
試行錯誤を重ねつつ、記事を書き続けていたはずなんですが、
幸いなことに、ここ大分県でたくさんのボードゲーム仲間に恵まれて、
もはや福岡に住んでいたときよりもボドゲ充になってしまい、
このブログは当初の目的を果たしてしまいました。

いまは、特に目的のようなものはないのかもしれませんが、
さらにボードゲーム仲間が1人でも増えたらいいなァとか、
このブログの記事が1つでも、誰かの役に立ったらいいなァとか、
そんな感じで、ブログを書き続けています。

ぼくは、ブログを書くにあたって、
人を惹きつける文章力だとか、何段構えかの構成力だとか、
そういうのは特に持ち合わせていないんですが、
それでも、丁寧さを心がけて、一生懸命やっていきますので…、

どうか、
「大分県宇佐市でボードゲーム!」を、よろしくお願いします!


記事を閉じる▲

★星屑の所有ボードゲームはこちら★
☆記事リクエスト募集!

このボードゲームを記事にして欲しい!
…というタイトルがありましたら、
コメントでもメールフォームでもTwitterでも、
どしどしお寄せください!
優先して記事を書きたいと思います!


☆ボードゲームお貸しします!

このボードゲームをプレイしてみたい!
…というタイトルがありましたら、
お貸ししますので、お気軽にご相談ください!
ただし、
星屑と面識があり、直接の受け渡しができる方。
・返却日を設定し、守っていただける方。
・お貸ししたゲームを大事に扱っていただける方。

以上が条件となります。


★2016年9月10日更新★

【あ行】
アイランド
→拡張:イカとイルカ
アグリコラ
→拡張:泥沼からの出発
→世界選手権デッキ
アグリコラ 牧場の動物たち
→拡張1:牧場にもっと建物を
→拡張2:さらに牧場にもっと建物を
アクワイア
アサラ
遊ボード ミニベースボール
アバロン
アヤ:河巡る旅
あやつり人形
アルカトラズ
アルハンブラ
アルルの丘
暗黒議会
暗殺狂時代
インカの黄金
ウィッチャー:ザ・ボードゲーム※放出済
ウォーハンマー・クエスト:カードゲーム
エイジ オブ クラフト~大建設時代~
→拡張1
→拡張2
王への請願
オー・マイ・グーッズ!
お邪魔者3
オニリム(旧)
俺の街

【か行】
開拓王
カヴェルナ
学園メテオ
カタンの開拓者たち
→拡張:航海者版
→拡張:都市と騎士版
→拡張:探検者と海賊版
仮面の使者
カリスト
カルカソンヌ(10周年記念限定版)
→拡張1:宿屋と大聖堂
→拡張2:商人と建築士
→拡張5:王女とドラゴン
→拡張9:川と王様と礼拝堂
→拡張10:カタパルト
カレンと海賊の島
漢コレ!
キャメルアップ
→拡張:スーパーカップ
ギャンブラー×ギャンブル!
キングオブトーキョー
→拡張1:パワーアップ!
→ハロウィン南瓜の大決闘
キングオブニューヨーク
キングダム
金星の商人
クイズいいセン行きまSHOW! 恋愛編
クトゥルフ・レルムズ
グリモリア
クレイジー・カート
ケイラス
幻想郷新聞大会ボードゲーム 文花盤
ケンブルカスケード
コーンウォール
コクーン・ワールド ザ・ボードゲーム
コルト・エクスプレス
→拡張1:荒野の駅馬車

【さ行】
サッカーチェス
猿道
産業の時代
サンゴク
シェイクスピア
シヴィライゼーション
→拡張1:富と名声
→拡張2:叡智と闘争
知ったか映画研究家スペシャル!
シティビルダー
ジャイプル
蒸気の時代
シルク・トゥ・モンスター
新紙とペンとサイコロだけで冒険者になれるゲーム
神道(SHINTOH)
水曜どうでしょうボードゲーム~世界編~
スコットランドヤード
→ミスターXロンドンに行く※貸出不可
スコットランドヤード・東京
スコットランドヤード・スイス※貸出不可
ストライク
スパイ51
スモールワールド アンダーグラウンド
→ミニ拡張:スモールワールドの女神たち
→ミニ拡張:ロイヤルボーナス
→ミニ拡張:スパイダーウェブ
セルソード
セレスティア
ゼロ
潜入スパイ大脱出(インフィルトレーション)
そしてふたりは手を取り合って。
ゾンビタワー3D
ゾンビVSチアリーダー

【た行】
ダイスシティ
大噴火
太平洋戦史
タシュ=カラール
→拡張1:極北の永久霜
誰も出てこない。~古代遺跡とお宝と~
タロットストーリア
タンクハンター ガールズ&パンツァーエディション
ダンジョンクエスト クラシック
ダンジョン・ロード
タンブリンダイス ミディアム
チグリス・ユーフラテス
チケット・トゥ・ライド ヨーロッパ
チルノのさんすうゲーム
ディンゴの夢
テーベ
デッドマンズドロー×2
テレストレーション
電力会社(旧)
→拡張:追加発電所カードセット
→各種マップ
どうぶつサッカー
東方祀爭録~東方紅魔郷編~
東方祀爭録~東方妖々夢編~
東方祀爭録~特別拡張編(EXTRA)~
東方祀爭録~東方永夜抄編~
東方祀爭録~東方風神録編~
東方祀爭録~東方地霊殿編~
ドッカーン!
トバゴ
ドラコン
ドラゴンロール
ドラスレ
→拡張:ミンキャス
→拡張:グランドマスター

【な行】
ナショナルエコノミー
涙のフェッス
逃げゾンビ
ニッポン:明治維新
日本庭園
ノイシュヴァンシュタイン城

【は行】
ハゲタカのえじき
パシフィック・タイフーン
パンデミック
→拡張1:迫りくる危機
→拡張2:科学の砦
パンデミック:レガシー シーズン1(赤箱)
ピクトマニア
ひつじとどろぼう
ヒットマンガ
姫騎士逃ゲテ~
姫騎士の魂
ファミリア
ふたつの街の物語
ブラッディ・イン
ブループリント
ブルーマックス
ブレーメンズ
ポイズン
封建領主
ポーション・エクスプロージョン
ポンペイ滅亡

【ま行】
麻雀拡張カード
マウナ・ケア
マギアレーナ
マギvs.ドラゴン
マゴス
街コロ※貸出中
→拡張1:+※貸出中
→拡張2:#※貸出中
マフィア・デ・クーバ
魔法の軍団
マラケシュ
ミステリウム
→隠された兆し
ミツバチマッチ!
見逃してもイイよ!
ムーミンボードゲーム ニョロニョロフェスタ
村の人生
→拡張1:酒場
→拡張2:港町
モノポリー80周年記念エディション
モンド:サピエンス
モンバサ

【や行】
妖怪つみつみショーギ
妖精奇譚

【ら行】
ラブクラフト・レター
ラブレター
ル・アーブル:内陸港
レッドドラゴン・イン
ローゼンケーニッヒ
ロストレジェンド
路面電車

【わ行】
ワードバスケット
私の世界の見方
ワンナイト人狼
ワンナイト人狼 超人Ver

【ABC】
Are You 勇者?
CV-履歴書-
K2
VICTIM

【123】
6ニムト(20周年記念盤)


記事を閉じる▲

【2020/01/03 00:00】 | その他 |
★ボードゲームの記事はこちら★
アイスクール
 開封 プレイ動画→
アイランド
 紹介
アサラ
 開封
遊ボード ミニベースボール
 開封
アドレナリン
 開封 今月のボドゲ
アバロン
 開封 ルール説明 プレイ記→
アヤ:河巡る旅
 開封 今月のボドゲ
アラカルト
 開封→拡張 サマリー
アルハンブラ:ビッグボックス
 開封 ルール説明本体 拡張
アルルの丘
 開封
暗黒議会
 開封 プレイ記→
暗殺狂時代
 開封
イモムシ・イモムシ(ワームアップ!)
 開封
インカの黄金
 紹介 ルール説明→(準備) (プレイ) プレイ記→
インディゴ
 開封
ウィッチャー:ザ・ボードゲーム
 開封
ウォーハンマー・クエスト:カードゲーム
 開封
エイジ オブ クラフト~大建築時代~
 紹介
王への請願
 開封
オー・マイ・グーッズ!
 開封
おしくらモンスター(プッシュ・ア・モンスター)
 開封
お邪魔者3
 開封
俺の街
 開封
カヴェルナ
 開封 プレイ記→
学園メテオ
 開封
カタンの開拓者たち
 紹介 ルール説明 プレイ記→
カリスト
 開封 プレイ記→
カルカソンヌ
 さく説
カレンと海賊の島
 開封 プレイ記→
漢コレ!
 開封
キャッチ・ザ・ムーン
 開封
キャメルアップ
 開封→拡張
ギャンブラー×ギャンブル!
 開封
キルクス・マクシムス
 開封
キングダムビルダー
 開封
キングドミノ
 開封 プレイ記→
クイズいいセンいきまSHOW! 恋愛編
 開封
クトゥルフ・レルムズ
 開封
クレイジー・カート
 開封
ケイラス
 開封
ケルト・タイル
 開封
ケンブルカスケード
 開封
コーンウォール
 開封
コクーン・ワールド ザ・ボードゲーム
 開封
コテージ・ガーデン
 開封 プレイ記→
コルト・エクスプレス
 ケーキ 開封→拡張 紹介 ルール説明→拡張
 プレイ記→
サルガッソーからの脱出リボーン
 開封
猿道
 開封
サンフランシスコ ケーブルカー
 開封
シェイクスピア
 開封
知ったか映画研究家スペシャル!
 開封
ジャイプル
 開封
ジャンクアート
 開封
ジャングリラ
 開封
神道(SHINTOH)
 開封
水曜どうでしょうボードゲーム~世界編~
 開封
スコットランドヤード・スイス
 開封 プレイ記→
スタータップス
 開封
ストライク
 開封&ルール
ストロングホールド 第2版
 開封 今月のボドゲ
スピーク・イージー
 開封
スピンデレラ
 開封
セルソード
 開封 プレイ記→
セレスティア
 開封 今月のボドゲ
ゼロ
 開封
潜入スパイ大脱出(インフィルトレーション)
 開封
ソーリー!スライダーズ
 開封 プレイ動画→
そしてふたりは手を取り合って。
 開封
ゾンビタワー3D
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
ターゲット
 開封
ダイスシティ
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
ダイス・スター
 開封 今月のボドゲ
大噴火
 開封
タシュ=カラール
 開封→拡張
たたらばと森
 開封 今月のボドゲ
誰も出てこない。~古代遺跡とお宝と~
 開封 プレイ記→
タロットストーリア
 開封
タンクハンター ガールズ&パンツァーエディション
 開封
ダンジョンクエスト クラシック
 紹介 ルール説明→(準備) (流れ) (詳細) プレイ記→
ダンジョンヒーローマネージャー
 開封
ダンジョンロール
 開封
タンブリンダイス ミディアム版
 開封 プレイ動画→
タンブリンダイス 2017年版
 開封
チームプレー
 開封
チグリス・ユーフラテス
 開封
ディンゴの夢
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
デッドマンズドロー
 開封 プレイ記→
デュプリク
 開封
テレストレーション
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
トゥクトゥクウッドマン
 開封
ドッカーン!
 開封 紹介
ドラコン
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
トレジャーハンター
 開封 今月のボドゲ
ナショナルエコノミー
 開封 プレイ記→
ナショナルエコノミー メセナ
 開封 プレイ記→
涙のフェッス
 開封
逃げゾンビ
 開封 今月のボドゲ エラッタ プレイ記→
ニット・ウィット
 開封 今月のボドゲ
ニッポン:明治維新
 開封
日本庭園
 開封
ヌメリ
 プレイ記→
ノイシュヴァンシュタイン城
 開封拡張① 今月のボドゲ プレイ記→
パンデミック
 開封→レガシー プレイ記→
ピクテル
 開封
ピクテル・ライト
 開封→ファニー ホラー
ピクトマニア
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
ひつじとどろぼう
 開封 今月のボドゲ
ひつ陣
 開封 プレイ記→
ヒットマンガ
 プレイ記→
姫騎士逃ゲテ~
 開封 プレイ記→
姫騎士の魂
 開封
ファイアドラゴン
 開封
ファニーバニー
 開封
ファミリア
 開封 プレイ記→
フードチェーンマグネイト
 開封 ルール説明
フォレロッテ(TUTTO)
 開封
ふたつの街の物語
 開封 今月のボドゲ
ブラッディ・イン
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
ブループリント
 紹介 ルール説明→(準備) (プレイ) プレイ記→
ベア・ヴァレー
 開封
封建領主
 開封
ポーション・エクスプロージョン
 開封拡張 今月のボドゲ プレイ記→ ルール→拡張①
ポンペイ滅亡
 開封
麻雀拡張カード
 開封 プレイ記→
マインクラフト・カードゲーム?
 開封
マウナ・ケア
 開封 プレイ記→
マギvs.ドラゴン
 開封
マゴス
 開封 プレイ記→
街コロ
 紹介 ルール説明→(準備) (プレイ) 拡張→
マフィア・デ・クーバ
 開封拡張①
ミステリウム
 開封 拡張→ 今月のボドゲ プレイ記→
ミツバチマッチ!
 開封
見逃してもイイよ!
 開封
ムーミンボードゲーム ニョロニョロフェスタ
 開封 プレイ記→
ムキノ
 開封
メディナ
 開封 サマリー
モノポリー80周年記念エディション
 開封
モンド:サピエンス
 開封 プレイ記→
モンバサ
 開封 ルール プレイ記→ 考察→
妖怪つみつみショーギ
 開封
妖精奇譚
 開封
ラブクラフト・レター
 開封 プレイ記→
ル・アーブル:内陸港
 開封 プレイ記→
レッドドラゴン・イン
 開封
ロイヤルターフ
 開封
ロストレジェンド
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
路面電車
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
ワードバスケット
 開封
ワールド・モニュメント
 開封
ワイナリーの四季
 開封
ワインレーティング
 開封 今月のボドゲ プレイ記→
私の世界の見方
 開封 プレイ記→
ワンナイト新郎
 開封
Are you 勇者?
 開封
CV-履歴書-
 開封 プレイ記→

ボードゲームの便利アイテム
百均で買える!ボードゲームの便利アイテム10選
スタートプレイヤーの決め方

星屑のボードゲーム趣味の原点を探してみる。
その1「カタンの開拓者たち キャリーケース版」
その2「アバロン」
その3「ラッシュアワー」
その4「人生ゲーム」

★今月のボードゲーム
2017年03月「ダイス・スター」
2017年02月「アドレナリン」
2017年01月「ニット・ウィット」
2016年ボドゲBEST3(星屑編)
2016年ボドゲBEST3(しーぷ編)
2016年12月「たたらばと森」
2016年11月「トレジャーハンター」
2016年10月「ワインレーティング」
2016年9月「ふたつの街の物語」
2016年8月「路面電車」
2016年7月「セレスティア」
2016年6月「ポーション・エクスプロージョン」
2016年5月「ダイスシティ」
2016年4月「ディンゴの夢」
2016年3月「ストロングホールド 第2版」
2016年2月「アヤ:河巡る旅」
2016年1月「ブラッディ・イン」
2015年ボードゲームBEST3
2015年12月「ゾンビタワー3D」
2015年10月「ミステリウム」
2015年9月「ロストレジェンド」
2015年8月「ノイシュヴァンシュタイン城」
2015年7月「ドラコン」
2015年6月「逃げゾンビ」
2015年5月「ひつじとどろぼう」
2015年4月「テレストレーション」
2015年3月「ピクトマニア」
2015年1月「コルト・エクスプレス」
2014年ボードゲームBEST3


記事を閉じる▲

★「ナーフ」の記事はこちら★

★コラム

ナーフの保管場所を、百均アイテムとメタルラックで自作してみた!



★製品ラインナップ

「N-ストライクエリート」シリーズ
「ゾンビストライク」シリーズ
「モジュラス」シリーズ
「メガ」シリーズ
その他



★ブラスター個別記事(シリーズ別)

リロード (電)→電動 (手)→手動 (ド)→ドローイング
クリップ [0]→使用不可 [1]→1ヵ所 [2]→2ヵ所


☆N-ストライク エリート

ストライフ
→(電)[1] 開封
デモリッシャー
→(電)[1] 開封
ラピッドストライク
→(電)[1] 開封
リノファイア
→(電)[2] 開封


☆ゾンビストライク

スレッジファイア
→(手)[0] 開封
ドゥーミネーター
→(手)[0] 開封
ハンマーショット
→(手)[0] 開封


☆モジュラス

アップグレードキット(=改造パーツ)
アタック&ディフェンド キット
 開封
フリップクリップ キット
 開封
ロングレンジ キット
 開封


☆メガ

サンダーボウ
→(ド)[0] 開封


☆その他

ミッションAppタクティカルレールマウント
 開封


記事を閉じる▲

ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-1-01

★ルール確認

今回:ゲームの準備←いまココ
次回:ゲームの概要

→ルール確認まとめ
サマリー置き場
開封記事


それでは、
今日から「メディナ」のルールをチェックしていきます!

日本語説明書がなくてもゲームが進行できるように、
細部までこだわって記事を書いていく所存ですので、
どうか、お付き合いください♪( ̄▽ ̄*)


さて、まずはゲームの準備からですね。

ゲームの準備については、
本体付属の英語ルールブックに沿って、確認を進めていきます。

ルールブックには①~⑨の手順がありますが、
その中では"追加要素"となっていますので、
これは後回しにして…、

①ゲームボードの配置
②塔コマと塔タイルの配置
④商人コマの塔タイルへの配置
⑤商人コマのゲームボードへの配置
⑥宮殿タイルの配置
⑧各コマの受け取り
⑨スタートプレイヤーの決定


そして、

③井戸コマの配置
⑦ティータイルの配置


…の順番で見ていきましょう!

追加要素を導入しない場合は③⑦は飛ばして、
追加要素を導入する場合は③⑦を飛ばさずに、
ご覧いただけたらと思います。



①ゲームボードの配置

ゲームボードをテーブル中央に置きます。

メディナ」のゲームボードは"両面"になっていて…、

メディナ-r-1-02
3~4人プレイ時はマス数の多い面を、

メディナ-r-1-03
2人プレイ時はマス数の少ない面を、

それぞれ使用します。



②塔コマと塔タイルの配置

4つの塔コマと、4枚の塔タイルを配置します。

メディナ-r-1-04
▲4つの塔コマは、城壁スペースの四隅に、

メディナ-r-1-05
▲立てて置きましょう。

メディナ-r-1-06
▲4枚の塔タイルは、4つの塔コマの脇に配置します。

塔タイルには「1~4」の番号がふってありますが、
左上に「」を、右下に「」を、右上に「」を、左下に「」を、
それぞれ置いてください。
(ゲームボードに緑色の数字で示されています)



④商人コマの塔タイルへの配置

置いたばかりの塔タイルの上に、商人コマを配置します。

メディナ-r-1-07
商人コマの配置数は、塔タイルの番号によって違って…、

メディナ-r-1-08
▲「」の塔タイル上には3体
▲「」の塔タイル上には2体
▲「」の塔タイル上には1体
▲「」の塔タイル上には0体

それぞれ置いてください。



⑤商人コマのゲームボードへの配置

商人コマ1体を、ゲームボード上の1マスに配置します。

メディナ-r-1-09
商人コマの配置先ですが、
城壁スペースに接さない1マスをランダムに選ぶとなっています。

メディナ-r-1-10
▲つまり、この枠の中からランダムに1マス…というわけですね。

ランダムですので、どこでも良いわけですが、
もしも決めかねるようでしたら…、

メディナ-r-1-11
▲商人コマをつかんで、ゲームボードの少し上から、

メディナ-r-1-12
▲ポトリと落として、

メディナ-r-1-13
▲落下地点のマスに配置する…というのもアリかもしれません。
(正式な方法ではなく、私星屑の個人的なやり方です)



⑥宮殿タイルの配置

4枚の宮殿タイルを、ボードゲーム上に配置します。

メディナ-r-1-14
▲配置する場所は、ゲームボード上部のスペースです。



⑧各コマの受け取り

各プレイヤーは、おのおの5種類のコマを受け取ります。

受け取るコマの数は、
プレイ人数によって変動しますので気をつけましょう!


☆屋根コマ

屋根コマは4色あり、
基本的には自分の色のコマを4つ受け取ります。

加えて、プレイ人数が4人未満の場合は、
"中立コマ"として追加の屋根コマを受け取ります。

メディナ-r-1-15
4人プレイ時
自分の色の屋根コマを4つ受け取る。

(例)
青プレイヤーは、青い屋根コマを4つ受け取ります。

メディナ-r-1-16
3人プレイ時
自分の色の屋根コマ4つに加えて、
未使用の色のコマ1つを受け取る。

(例)
青プレイヤーは、青い屋根コマ4つに加えて、
誰も使っていない緑の屋根コマ1つを受け取ります。

屋根コマが1つ余ることになりますが、
これはゲームから取り除いてください。

メディナ-r-1-17
2人プレイ時
自分の色の屋根コマ4つに加えて、
未使用の色のコマ2つを受け取る。

(例)
青プレイヤーは、青い屋根コマ4つに加えて、
誰も使っていない黄の屋根コマ1つを受け取ります。

屋根コマが1色ぶん丸々余ることになりますが、
これはゲームから取り除いてください。


☆建物コマ

建物コマも4色ありますが、
こちらはプレイヤーカラーではありません。

各プレイヤーは、
建物コマを4色とも受け取ることになります。

メディナ-r-1-18
4人プレイ時1人につき各色5つずつ
3人プレイ時1人につき各色6つずつ
2人プレイ時1人につき各色8つずつ

(例)
4人プレイ時、青プレイヤーは、
4色の建物コマを5つずつで、
合計20の建物コマを受け取ります。


☆小屋コマ

メディナ-r-1-19
4人プレイ時1人につき3つずつ
3人プレイ時1人につき4つずつ
2人プレイ時1人につき4つずつ


☆商人コマ

メディナ-r-1-20
4人プレイ時1人につき6体ずつ
3人プレイ時1人につき8体ずつ
2人プレイ時1人につき12体ずつ


☆城壁コマ

メディナ-r-1-21
4人プレイ時1人につき9個ずつ
3人プレイ時1人につき12個ずつ
2人プレイ時1人につき15個ずつ


☆ついたて

こうして受け取ったコマは、
自分の「ついたて」の中に隠します。

メディナ-r-1-22
▲ゲーム中、各プレイヤーのコマの残数は非公開情報です。

メディナ-r-1-23
▲しかしながら、屋根コマだけはついたての外に出して、
▲常に公開しておかなければなりません。



⑨スタートプレイヤーの決定

スタートプレイヤーを決めます。

その方法はルールブックに載っていませんので、
自由に決めてください。

最近、宮殿を訪れた人…とかがテーマに即してるかも?( ̄▽ ̄*)



以上で追加要素以外の準備は完了です!



③井戸コマの配置(追加要素)

-追加要素その1-
井戸コマを、ゲームボード上の1マスに配置します。

メディナ-r-1-24
▲配置場所の条件は、さきほどの商人コマと同じです。
城壁スペースに隣接しないマスの中から、
ランダムに1マスを選んで置いてください。
(商人コマと同じマスにはならないように)



⑦ティータイルの配置(追加要素)

-追加要素その2-
6枚のティータイルを、ゲームボード上に配置します。

メディナ-r-1-25
▲場所はゲームボードの左上隅です。



以上で、すべての準備が完了しました!

メディナ-r-1-26

これでゲームを始めることができます♪( ̄▽ ̄*)



メディナ 関連記事
→次回:ゲームの概要

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/08/18 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「ケルト・タイル」




★開封

ケルトタイル-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

ケルトタイル-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

クローバーのシンプルなイラストです。
よく見てみると、石にはクローバーの模様が刻まれていますね。

ケルトタイル-o-03
▲箱のウラ面

が並べられています。

色ごとの数字の並び順を下から追っていくと、
このゲームのルールの一部がお分かりいただけるかもしれません。

ケルトタイル-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの15分
対象年齢7歳~となっています。

なお、プレイ人数が変わってもルールは全く同じです。



★箱をオープン!

ケルトタイル-o-05
▲一発目はルルブ

ケルトタイル-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

ケルトタイル-o-07
▲以上でした!



★タイル抜き!

ケルトタイル-o-08
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ケルトタイル-o-09
▲はい、完了…!

ケルトタイル-o-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

ケルトタイル-o-11
ルールブック(ドイツ語・全6ページ)

ドイツ語です。
星屑、例によって読めません…( ̄▽ ̄;)
(ルールは知っているので問題なし)

ケルトタイル-o-12
得点サマリー×1枚

左右で内容が分かれているサマリーです。

左側が色ごとの石の枚数による得失点を、
右側が願い石」の数による得失点を、
それぞれ表しています。

ケルトタイル-o-13
ケルトタイル-o-14
ケルトタイル-o-15
ケルトタイル-o-16
ケルトタイル-o-17
石タイル×5色・各11枚

全部で55枚の石タイルです。

どの色も「」~「10」まであって、
タイルによっては「アイコン」が付いています。



★どんなゲーム?

ケルト・タイル」は、
石を拾って→石を並べて→得点するゲームです。

石の並べ方はルールでガッチリ決められていますので、
どの石を拾うか、あるいは拾わないかがポイント!

自分のターンが回ってきたら、
オモテ向きの石を1つ拾うか、
ウラ向きの石を1つめくって拾うか、
ウラ向きの石を1つめくって拾わないか、
…の、3択からアクションを選択することになります。


☆石を拾う

各プレイヤーは、自分のターンに、

ケルトタイル-o-18
共通の場から石を拾ったり拾わなかったりします。

前述の通り、

ケルトタイル-o-19
オモテ向きの石を、そのまま拾うか、

または、

ケルトタイル-o-20
ウラ向きの石を…、

ケルトタイル-o-21
▲めくってから、拾うか、拾わないか。
(めくって内容を見てから決められます)

自分の石のコレクションと相談しながら、
拾う石を選定していきましょう…!


☆石を並べる

拾わなかった石は、共通の場に残り、
拾った石は、自分の前に並べていきます。

ケルトタイル-o-22
▲まず、各色の1つ目の石は、自分の前の最下段に並べましょう。

そして、例えば、
ここに「黄色の5」の石を拾ってきたら…、

ケルトタイル-o-23
黄色の列の上に並べる必要があります。

加えて、「4→5」と並べましたので、
その次は昇順で「6~10」のいずれかしか並べられません。

さらに、
ここで「緑の4」の石を拾ってきたら…、

ケルトタイル-o-24
▲やはり緑の列の上に並べる必要があり、

6→4」と並べましたので、
その次は降順で「3~0」のいずれかしか並べられません。

この状況で…、

ケルトタイル-o-25
▲もしも「緑の2」の石をめくった場合、

拾えば緑の石が3つ目となりますが、
その後では「緑の3」がめくられても拾えなくなります…!
(6→4→2の後はor)

しかし、後で拾おうとスルーしたとして、
他のプレイヤーが「緑の0」や「緑の1」を持っていようものなら、
先に「緑の2」を拾われてしまうかもしれない…!!
(自分が降順のとき、他人が昇順ということは大いにある)

…なんて悩みに悩みながら、
拾うか拾わないかを決めていくわけですね♪( ̄▽ ̄*)


☆アイコンの効果

石を拾うか拾わないかを決める基準の一つとして、
3種類の「アイコン」の存在があります。

ケルトタイル-o-27
▲「クローバー

クローバー付きの石を拾うと、
追加の1ターンを得ます。
(連続でクローバーを拾えば、さらに追加ターン)

ケルトタイル-o-28
▲「勝利点

勝利点付きの石を拾うと、
ゲーム終了時の得点計算で、
額面通りの勝利点を得られます。
(「1」なら1点/「3」なら3点)

ケルトタイル-o-29
▲「願い石

願い石付きの石は、
ゲーム終了時に拾った枚数を合計して…、

ケルトタイル-o-30
▲以上のような得失点となります。

2つ未満ではマイナス点になってしまい、
逆に、上は10点で打ち止めです。


☆得点計算

最後のウラ向きの石がめくられると、
そのターンでゲームは終了し、得点計算となります。

得点計算は、
アイコンの「勝利点」と「願い石」に加えて、
色ごとの石の枚数」によって算出されます。

ケルトタイル-o-26

注目すべきは、0枚なら0点というところ…!
中途半端に1枚や2枚を拾ってマイナス点になるくらいなら、
いっそのこと拾わない色があってもよいのかもしれません。

また、
3枚→4枚では1点アップですが、
4枚→5枚では3点アップで、
5枚→6枚では4点アップと、
上がり幅は大きくなっていきます。

とはいえ、
3人プレイでも各色11枚を3で割れば、
1人あたりの平均は4枚弱の計算…。
そんな中で5枚を拾うというのは、
なかなか難しい話になります…!( ̄▽ ̄;)



★コメント

先日の福岡市城南区でのボードゲーム会にて、
よかぜさんに教えていただいたのが、この「ケルト・タイル」です!

(敬称略)
よかぜ星屑さんタイルゲームがお好きとのことですが、」
よかぜ「それでは、なぜ、」
よかぜケルト・タイルをスルーしているのでしょう…?」

星屑「(知らなかった!)」
星屑「(あのケルトタイルがあるなんて知らなかった…!)」


ケルト」といえば、2008年のドイツ年間ゲーム大賞タイトル!

そのタイル版ということで、さっそくプレイさせてもらったところ、
これが実に面白くて…!!

ケルトタイル-o-31
▲27勝利点で星屑初勝利の図♪( ̄▽ ̄*)

よかぜさんが、

ボードゲームの様々な要素が詰まった作品

…と、おっしゃる通りで、

シンプルなルールながら、
セットコレクションジレンマ駆け引きから、
次に何がめくられるかのワクワク感まで、
しっかりと堪能できるゲームでした!!

そして、これもよかぜさんの受け売りですが、
全プレイヤーの手の内が公開されるゲームですので、
初めてプレイするプレイヤーさんに、
状況を説明しながらのプレイができるところも美点です!

というか、星屑自身、
よかぜさんに解説してもらって、
なるほどなるほど…と勉強しながらプレイしたので、
このゲームの良さを十二分に理解できた感があります♪( ̄▽ ̄*)

(で、その直後、ボドゲ会の最中にポチりました)

ケルトタイル-o-32

よかぜさんのおかげで、
フォレロッテ」に続いて、
また"小箱ゲーム"の幅が広がりました…!

よかぜさん、ありがとうございます!!

初心者さんにもすんなり理解してもらえそうですので、
ウチのボードゲーム会に常備しておこうと思います!



ケルト・タイル 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/08/16 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ケルト  
|
ボードゲーム
「マウナ・ケア」




★サマリー置き場

開封記事
プレイ記

サマリー「マウナ・ケア」


自分用に作ったサマリーを.jpgで貼っていますので、
よろしければ、ご自由にお使いください♪( ̄▽ ̄*)



サマリー「マウナ・ケア(各種条件)」

サマリー「マウナ・ケア(準備)」

サマリー「マウナ・ケア(ゲームの流れ)」

サマリー「マウナ・ケア(移動)」


マウナ・ケア 関連記事
開封記事
プレイ記

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/08/06 23:59】 | ルール説明 【タグ】 マウナ・ケア  
|
ボードゲーム
「ムキノ」




★開封

ムキノ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

ムキノ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

このイラストに描かれている陽気そうな生物が、
ゲームのタイトルにもなっている"ムキノ"たちです。

かわいい顔をしてはいますが、
よそ者に睡眠の邪魔をされようものなら、
非常に不愉快になってしまう!
とのことですので、
極力、関わらないようにせねばなりません…( ̄▽ ̄;)

ムキノ-o-03
▲箱のウラ面

ものっそい数の言語でゲーム内容が紹介されています。

数えてみると、ひのふの…実に8ヵ国語!!


星屑「"PL"がポーランドなのまでは分かるけど、」
星屑「"SK"って、これどこなんだろう…?」

しーぷ「それ、たぶんスロバキアだよ」

星屑「え、よく知っちょるね」

しーぷ「国旗のダブルクロスに見覚えがあったからね」

星屑「(ダブル・クロス!!)」
星屑「(なんか必殺技みたいでかっこいい…!)」


ムキノ-o-04
ムキノ-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの15分
対象年齢5歳~と、子ども向けにデザインされています!



★箱をオープン!

ムキノ-o-06
▲一発目はルルブ

ムキノ-o-07
▲その下にタイル台紙があって、

ムキノ-o-08
▲以上でした。

ムキノ-o-09

星屑「それにしても、これはガッツリな上げ底やね!」
星屑「まるでコンビニ弁当のパッケージのようだ…!」

しーぷ「シャラップ!」
しーぷ「むしろ最近はご飯大盛り路線だから…!」


星屑:元コンビニ店長
しーぷ:現コンビニ勤務



★タイル抜き!

ムキノ-o-10
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ムキノ-o-11
▲はい、完了…!

ムキノ-o-12
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

ムキノ-o-13
ルールブック(8ヵ国語・各2ページ)

ルールはシンプルなものですが、
なにせ言語の数が多いので、全16ページとなっているルルブです。

とりあえず英語があるので安心♪( ̄▽ ̄*)

ムキノ-o-14
フィギュア×4体

各プレイヤーの分身となるコマです。

これを最初に森の反対側へ到達させたプレイヤーが、
ゲームの勝者となります!

ムキノ-o-15
スタートタイル×4枚

ゲーム開始時に、各プレイヤーのコマを置くタイルです。

そして、自分がスタートする""を示すタイルでもあります。

ムキノ-o-16
森タイル×36枚

さまざまな森の生き物たちが描かれたタイルです。

その内訳は、
8種類の動物3種類のキノコが、それぞれ3枚ずつに加えて、

ムキノ-o-17

3枚の"ムキノ"によって構成されています。

ムキノは、いわゆる"ゴブリン"らしいのですが…、



ぼくが知っているゴブリンとは、
ちょっと違うようですね…!( ̄▽ ̄;)



★どんなゲーム?

ムキノ」は、
すごろくと神経衰弱を合体させたようなゲームです!


☆ゲームの準備

ムキノ-o-18

ゲームを始めるにあたって、
まず36枚の森タイルをウラ向きでシャッフルして、
6×6マスの正方形になるように並べます。

その後、各プレイヤーは、
森タイル外周の4辺の中から1辺を選んで、
選んだ辺の手前に自分の色のスタートタイルフィギュアを置きます。


☆ゲームの目的

ムキノ-o-19

ゲームの目的は、
神経衰弱を成功させることにより、自分のコマを動かし、
魔法の森を通り抜けて、"反対側"のタイルに到達することです。
(スタートする""によって、目指す"反対側"は違います)


☆ゲームの流れ

自分のターンが回ってきたら、
順番に2枚のタイルをめくります。

1枚目は、
自分のコマの現在位置の、隣の列のタイルをめくらなければなりませんが、

2枚目については、
どのタイルでもめくることができます

そして、この1枚目と2枚目のタイルが同じ種類だったら
自分のコマを1枚目のタイル上に前進させることができるわけです!

ムキノ-o-20
▲まずは、1枚目のタイルをめくってみましょう!
▲1ターン目は、スタートタイルの隣の列…つまり、
1列目の6枚の中からめくることになります。

ムキノ-o-21
▲で、めくったタイルは「ウサギ」でした。

続けて、2枚目のタイルをめくって、
これも「ウサギ」だったらば、
プレイヤーはコマを1歩前進させることができます!

ムキノ-o-22
2枚目は、どのタイルでもめくることができますが…、
▲残念ながら、めくったタイルは「ウサギ」ではなく「キツツキ」でした。

ムキノ-o-23
▲プレイヤーはコマを前進させられず、
▲めくった2枚のタイルはウラ向きに戻さなければなりません。

しかし、タイルを2枚めくり終えたら、
時計回りで次のプレイヤーのターンとなりますので、
ターンが進めば進むほど、
どんどん森の生き物たちの居場所が明らかになっていきます。

ここら辺は、そのまんま神経衰弱って感じですね!

そうして、運よく目当ての生き物の居場所をつかむことができたら、
そのタイルの位置をしっかりと記憶しておき…、

ムキノ-o-24
▲自分のターンにめくって、

ムキノ-o-25
▲コマを前進させましょう!
(コマが乗っているタイルだけはオモテ向きのままにしておきます)

ムキノ-o-26
▲こうして、1列ずつの前進をくり返していって…、

ムキノ-o-27
▲誰よりも早く最終6列目に辿り着くことができれば勝利です!!


☆ムキノ

最後に、
このゲームの主役であるところの"ムキノ"について。

ムキノ-o-28

ムキノは、魔法の森をさまよう子鬼(ゴブリン)で、
一日の大半を睡眠に費やすというウチの猫みたいなヤツです…。

そして、
眠りの邪魔をされると非常に不愉快になるという、
やっぱりウチの猫みたいなヤツじゃないか!!( ̄▽ ̄;)

20170805あんこ
※参考画像(とっても美人なウチの猫)

で、具体的にはですね、

ムキノ-o-31
▲運わるく「ムキノ」のタイルをめくってしまうと、
ただちにターンが終わってしまう上に、
自分のコマを1列後退させられてしまいます…!

ゲームのタイトルを飾るキャラクターが、
よりにもよってお邪魔キャラというのは難儀な話ですが…、
そういうものだと割り切って、魔法の森に臨むとしましょう。



★コメント

これは、なんというか、
しっかりと子どもたちのためにデザインされているゲームですね!

ルールの全体的なシンプルさ
各ターンのアクション数の少なさ
そして、最低限に留めてあるお邪魔要素

そして、なんといっても、
1枚1枚、丁寧に描かれているイラスト…!

トランプの神経衰弱に慣れてきた子どもに、
ちょうど良い高さのステップアップといいましょうか、
とても好ましいゲームだと思います。

加えて、記憶力のゲームという観点から、
お年寄りの脳トレに…というのもアリかもしれませんね。

おじいちゃんおばあちゃんと、
そのお孫さんが一緒に楽しくプレイする
…なんて情景を、
このゲームであれば容易に叶えてくれるのではないでしょうか♪

ムキノ-o-30

一方で、大人どうしでプレイするには、
さすがに少し物足りない感じですので…、
星屑としては、お子さんと遊ぶとき用ということで、
コレクションに入れておこうと思っています!



ムキノ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/08/05 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ムキノ  
|
ボードゲーム
「フォレロッテ(トゥット)」




★開封

TUTTO-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

TUTTO-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

フォレロッテ」という商品を注文したら、
トゥット」という商品が届いて驚きました…!

トゥット」はイタリア語で"全部"という意味で、
フォレロッテ」も同じじゃないけど似たようなニュアンスらしいです。
  (千葉ロッテマリーンズは関係ありません)

で、名前は違うけど、ニセモノでもなく内容は同じとのこと。

なんだかウコンターメリックみたいな関係ですね!

TUTTO-o-03
▲箱のウラ面

ドイツ語なので読めませんが、
ダイスを振る→その出目によって得点→さらに…?
というような雰囲気は伝わってきます。

TUTTO-o-04
スペック

プレイ人数はかなり広い2~10人で、
プレイ時間はやや短めの30分
対象年齢8歳~です。

それにしても2~10人って、すごい範囲ですね!
ぼくの望遠レンズ並の対応力じゃなかろうか…?( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

TUTTO-o-05
▲一発目はカード類と…ピンクのダイス!!

ピンクのダイス…だと…!?

箱にはのポケモン色なダイスが描かれていたので、
てっきり、その3色が入っているものだと思ってたら…、

まさかのピンク!!!

ピンク好きの私星屑、これは嬉しい大誤算です…!

TUTTO-o-06
▲そして、その下にはルルブと、

TUTTO-o-07
▲なんかPRカードっぽいのが入っていました!



★内容物

TUTTO-o-08
ルールブック(ドイツ語/英語・各4ページ)

箱のウラに書いてある通り、英語ルールも封入されています。

そして、このゲームのタイトルはイタリア語なのに、
イタリア語ルールは無いんですね…!( ̄▽ ̄ )チョット フシギ

TUTTO-o-09
ダイス×6個

出目については、ごくごく普通な「123456」の6面ダイスですが、
しかし色がピンクです!!

この6個のピンクダイスだけで、
すでに星屑的には1,380円を払った価値がありました♪( ̄▽ ̄*)
(色付きダイスって地味に高いですからね…)

TUTTO-o-10
▲続いてカード類

TUTTO-o-11
TUTTO-o-12
ゲームカード(7種類・全56枚)

6個のダイスを振る前に、必ず1枚めくることになるカードです。

その内訳は、

5枚:ボーナスカード(200点)
5枚:ボーナスカード(300点)
5枚:ボーナスカード(400点)
5枚:ボーナスカード(500点)
5枚:ボーナスカード(600点)
5枚:×2カード
5枚:±カード
5枚:ストレートカード
5枚:花火カード
1枚四つ葉のクローバーカード
10枚ストップカード


…となっています!

TUTTO-o-13
▲最後に…オマケ

TUTTO-o-14

どうやら、
ANNO DOMINI」というゲームのプロモーションカードのようですが、
ドイツ語なので全く読めませんでした…( ̄▽ ̄;)ザンネン





★どんなゲーム?


フォレロッテ」は、
ダイスを振って「役」を作るバースト系ゲームです。

誰かが6000点以上になったラウンドを最後まで行い、
最も得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します!


さて、自分のターンが回ってきたら、

TUTTO-o-15
▲まず山札の上から1枚めくりましょう。

めくったカードは、
これから振る6個のダイスに対してボーナスをもたらします!
(もたらさなかったり、むしろ振らせてくれなかったりもします)

TUTTO-o-16
▲その後、ダイス6個を一気に振りましょう。

そして、この出目の中から1つ以上の「」を作ります。

」と聞くと、なにやら覚えるのが大変そうなイメージがありますが…、

TUTTO-o-99
▲このゲームの「」は、たったこれだけ!

まとめてしまうと、

「5」の出目×1個(1個につき50点)

☆「1」の出目×1個(1個につき100点)

☆同じ出目×3個(1セットにつき出目×100点)
※「」の出目×3個は1セットで1000点!


…の、いずれかというわけです。簡単でしょ??( ̄▽ ̄*)

TUTTO-o-16
▲今回の出目は「」「」「」「」「」「」でしたので、

TUTTO-o-17
▲2つの役を作ることができました!!
(「1」×1個同じ出目×3個のセット)

で、ここで振るのを止めれば、
600点(100点+500点)を獲得することができます。

しかし、もっと得点が欲しいならば…、

TUTTO-o-91
▲続けて、残りのダイス全部を振ることもできます…!

せっかくなので振ってみましょう。えいやっ!

TUTTO-o-18
▲幸いにも、出目の中には「」がありました!

TUTTO-o-19
▲おかげで新たに役を1つ作ることができて、これで650点!!

やはり、ここで振るのを止めて650点確定させてもいいですし、

TUTTO-o-92
▲あるいは、ラスト1個を振ることもできます。

ラスイチを振った結果、

TUTTO-o-20
▲役を作ることができなければ(出目が「1」か「5」以外)、
▲このターンの得点は水泡に帰して0点になりますが、

TUTTO-o-21
▲もしも役を作ることができれば(出目が「1」か「5」)、
▲ゲームのタイトルでもある"TUTTO(トゥット)"となって…、
※前述の通りTUTTO="全部"

TUTTO-o-22
6個のダイス全部から得点が発生する上に、

TUTTO-o-23
ボーナスカードから追加点を得られます!!
(ダイス6個で750点+ボーナス400点=1150点!)

今回の場合、

ラスト1個のダイスを振らなければ確定650点

ラスト1個のダイスを振ったら、
3分の1の確率1100点or1150点ですが、
3分の2の確率0点…。

さあ、どうしましょう…?( ̄▽ ̄*)

と、いうのがゲームの流れです!

さらにさらに、
6個のダイス全部で役を作って"TUTTO"になれば、
1枚目のカードから追加点がもらえるだけでなく、

TUTTO-o-24
▲山札から"おかわり"のカードをめくって、
▲自分のターンを続行し、新たに6個のダイスを振ることもできます!!

ただし、

TUTTO-o-28
▲振ったダイスで1つも役を作れなければ…、

そのターンの点数は0点になってしまいますので、ご注意ください…!


そして、山札には「ボーナスカード」以外にも、
さまざまな効果を持ったカードが眠っています。

例えば、

TUTTO-o-25
▲「±カード

このカードをめくった後に振る6個のダイスでは、
必ず"TUTTO"を目指さなければなりません!
(途中でダイスを振るのを止められない)

"TUTTO"に失敗したら0点ですが、
"TUTTO"を達成することができれば、
自分はダイスの出目を無視して+1000点となり、
その時点でトップのプレイヤーは-1000点となります…!

TUTTO-o-26
▲「ストレートカード

このカードをめくった後に振る6個のダイスでは、
」「」「」「」「」「」を、
それぞれ1個ずつ出さなければなりません!

6個中の5個まで出せたとしても、
残り1個が揃う確率は6分の1と厳しめですが、
成功すれば+2000点となります!!

TUTTO-o-27
▲「ストップカード

引いちゃダメなカードです。

というのも、引いた瞬間に自分のターンが強制終了し、
そのターンの0点が確定してしまいます!!

次のターンが回ってきたら、ほぼ勝ち確…なんて、
淡い算段も一気に吹っ飛びますので、
大きな逆転要素になりうることでしょう…!



★コメント

小箱タイプのゲームには、あまり手を出さない私星屑ですが、
先日の福岡市城南区でのボードゲーム会にて、
とある方から小箱ゲームの醍醐味を教えていただいたのがキッカケで、
さっそくとばかり1箱ポチってみました!

そしたら、これが大当たり!!!

ルールが簡単だし
サクサク進むし

なにより、星屑必殺技であるところの、

星屑大暴走【キャント・ストップ】!!

…を、気兼ねなく発動できるのが素晴らしいですね♪( ̄▽ ̄*)

そうなんです。
このゲームってば、プレイ感が「キャント・ストップ」にそっくり!!



あちらが好きな方であれば、
こちらも間違いなく楽しめると思います!

そして、逆もまた然りで、
こちらが好きなら「キャント・ストップ」もオススメです…!

TUTTO-o-29

得点計算用のメモor電卓(スマホ)が必要なことには注意が必要ですが、

2人以上だったらおおよそ何人でもOKで、
目標点を下げることでの時間調整も容易で…とくれば、
ボードゲーム会での"つなぎ"にもってこいでしょう!

小箱で持ち運びも楽ですので、
これまた星屑必携の一箱となりそうです♪( ̄▽ ̄*)



フォレロッテ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/08/04 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 フォレロッテ  トゥット  
|
ボードゲーム
「ファニーバニー」




★開封

ファニバニ-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

ファニバニ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

巨大ニンジンウサギたち、
そして大根でも収穫したかのような道中の穴…!

イラストからして、すでに全力で"ファニー"ですね!!

ファニバニ-o-03
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
対象年齢はほとんど下限の3歳~

自分で考える余地がほとんどないゲームですので、
マジで3歳でもプレイ可能かと思われます!



★箱をオープン!

ファニバニ-o-04
▲イラストそのままの巨大ニンジンが、そこにはありました…!

なんにせよ、組み立て不要というのはありがたいですね♪



★カード抜き!

今回はタイル抜きではなくカード抜きとなっています。
小学生向け雑誌の付録のタロットを思い出すなぁ…( ̄▽ ̄*)

ファニバニ-o-05
▲それでは、2枚の台紙からカードを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ファニバニ-o-06
▲はい、完了…!

ファニバニ-o-07
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易

カードは破れると致命的ですので、
細心の注意を払って切り抜くことをオススメします。



★内容物

ファニバニ-o-08
ルールブック(英語・全4ページ)

箱に3歳~という表記がありましたが、
ルルブには5~10歳と書いてありますね。
…どっちやねん!( ̄▽ ̄;)

ともかくファミリー向けゲームであることは間違いないようです。


ファニバニ-o-09
カード×4種類・全24枚

内訳はカード抜き!の画像を参照ください。

ウサギの足元にあるのは決して「ジャガイモ」ではなく、
すごろくの「マス」ですのでお間違えなきよう…!


ファニバニ-o-10
ウサギ×4色・各4匹

このゲームの主役を務めるウサギたちです。

1人につき4匹(ゲームに即した言い方をすれば"4機")を受け取って、
緑の丘でのレースに挑みます!

ちなみに、ぼくが入手した箱には、
4匹×4色=16匹のウサギが2セット、
つまり総勢32匹ものウサギが封入されていました。

内容物の項には"16 bunnies in 4 colours"とだけしかないんですが…、
とりあえず半分は予備ということで受け取っておきましょう。
(そして"colour"表記ということは、これイギリス英語ですね)


ファニバニ-o-11
回転ニンジンの丘(ゲームボード)

このゲームの真の主役たる巨大ニンジンが鎮座するボードです。

中央の巨大ニンジンは、カチッカチッと回転させることができ、
そのたびに、いくつかのマスに穴が開きます…!

次にどのマスへ行くべきかは、マスとマスの間に道が掘ってありますので、
それを頼りに進んでいけば、いずれ巨大ニンジンに辿り着けるはずです!
…穴にさえ、落っこちなければね。( ̄▽ ̄ )



★どんなゲーム?

ファニーバニー」は、
ウサちゃんたちによるニンジン争奪レースゲームです!

ファニバニ-o-12
▲誰よりも早く自分のウサギを巨大ニンジンに到達させたら勝利!!

"Family Fun"と銘打っているだけあって、
とても分かりやすいテーマですね♪( ̄▽ ̄*)

プレイヤーは、自分のターンが回ってきたら、
山札からカードを1枚引いて…、

ファニバニ-o-21
▲カードに示されたマス数ぶん、自分のウサギを進めます。
(ハッシュドポテトでもないよ!)

ファニバニ-o-22
▲つまり、2歩のカードだったら2マス進むわけです。

そして、もしも道中に他のウサギ(自分の色も含む)がいたならば、
そのウサギたちのマスは歩数にカウントしません

ファニバニ-o-23
▲例えば、同じ2歩であっても、
▲他のウサギの位置次第では、こんなに進めることも!!

ただし、

ファニバニ-o-24
▲移動先が穴の開いているマスだったらば、
▲そのウサギは管工みたいにロストしてしまいます…。

失ってしまったウサギは、
某ファイアーエムブレムと同じく戻ってきませんので、
自分の他のウサギを動かすことで、うまく回避しましょう。
(それでも落ちるときは落ちますが)

さて、
山札のカードにはもう1種類あって、

ファニバニ-o-13
▲それが「クリック!」のカードです。

このカードを引いたら…、

ファニバニ-o-14
巨大ニンジン1クリックだけカチッと回します!

すると…、

ファニバニ-o-15
▲穴の位置が変化して、
▲間の悪いウサギたちは、もれなくロストしてしまいます!

競走相手を奈落の底へと突き落とすチャンスですね!!

とはいえ、人を呪わば穴二つ…という通り、
自分のウサギも落ちる可能性がありますので、
回す人もハラハラするのが、このゲームの面白いところ…!( ̄▽ ̄*)

ファニバニ-o-16

基本的には、引いたカードに示されるがままに行動し、
どのウサギを動かすかだけの判断しかできない中で、
それでも持ちうる限りのカード運を総動員して、
"巨大ニンジンの上に立つ"という栄冠を目指しましょう!



★コメント

草野仁さんになれるゲームがあると聞いて、
もとい、
好きなだけ"ボッシュート"できるゲームがあると聞いて、

あわててポチったのが、この「ファニーバニー」です!

ウサギたちがニンジンを目指すという自然なテーマと、
ニンジンが回ると地面に穴が開くという不自然なシステム…!

引いたカードで運命が決まり、
選択の余地はほとんどない、
極めて受身なスタイル!!

これは他と明確に一線を画すボードゲームですね!


さて、このゲーム、
ポチった理由は"ボッシュートし放題"というのがほとんどなんですが、

"素材"として見ると、
いろいろと料理しがいがありそう…というのも実はあるんです。

例えば、

本来のルールには手札というものが存在しませんが、
各プレイヤーは常に手札が2枚になるように補充し、
自分のターンで、いずれか片方のカードをプレイする
…とか、
どこかで見たことがあるような追加ルールを導入するだけで、
ほのかに戦略性を高めることができます。

あるいは、

イモムシイモムシ」のルールを適用して、

イモムシ-o-17

バッティング系ゲームにしてしまうのも、
また一興かもしれません。

ストライク」のダイス(×,2,3,4,5,6)を使って、
×」の目ならニンジンを回す…とか、

キャメルアップ」のダイス(1,1,2,2,3,3)を使って、
バッティングしたらニンジンを回す…とか、

いろいろ考えられそうです。

また、せっかく"ボッシュート"ができるので、
"スーパーヒトシ君"的なルールも面白そうですね。

ゲーム中、1人につき1度だけ宣言できて、
そのターンは、カードを引く前に山札をリシャッフルして、
引いたカードがウサギなら歩数が2倍になって、
引いたカードがニンジンならペナルティ…みたいな!

いやはや、あれこれ考えるだけで面白いぞ…!

ファニバニ-o-17

ルールを魔改造することで、
3歳~という対象年齢を、どこまで引き上げることができるか…?

星屑、そんなチャレンジをしてみたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



ファニーバニー 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/08/03 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ファニーバニー  
|