RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「アルハンブラ」




☆ルール説明まとめ

※順次更新していきます!


リンクをクリックすると個別記事に飛びます。


★アルハンブラ「本体」

ゲームの目的と準備
ゲームの手順
建物タイルの配置
得点計算とゲームの終了


★アルハンブラ「拡張1」

両替所
干渉度:
→2種類の通貨を同時に使えます。

仮設小屋
干渉度:
→隣接する同色の建物タイルの枚数を(数字の上で)増やします。

ボーナスカード
干渉度:
→指定された建物タイルを配置することでボーナスを受けられます。

ワジールの寵愛
干渉度:
→ターン終了時に割り込んで建物タイルを購入できます。


★アルハンブラ「拡張2」

☆ダイアモンド
☆キャラクター
☆都市の門
☆陣地


★アルハンブラ「拡張3」

☆おつり
☆泥棒
☆壁
☆行商人


★アルハンブラ「拡張4」

☆建築家
☆バザール
☆攻撃者
☆宝物庫


★アルハンブラ「拡張5」

☆新たな得点計算タイル
☆スルタンの力
☆キャラバンの列
☆ムーア人の芸術



アルハンブラ 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/19 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★拡張セット1ルール説明

☆ワジールの寵愛

アルハ-r-1-4-01

初回:本体ルール説明(1/4)

前回:拡張セット1"ボーナスカード"
今回:拡張セット1"ワジールの寵愛"←いまココ
次回:拡張セット2"ダイアモンド"


★"ワジールの寵愛"とは

アルハ-r-1-4-02
▲ゲーム開始時に、
▲各プレイヤーに「ワジールマーカー」を配ることで、

プレイヤーたちは"ワジールの寵愛"を受けられるようになります!

ワジールの寵愛を受けると、
いずれかのプレイヤーのターン終了直後に、
割り込みで特殊なアクションを行うことができます。


その特殊アクションとは、
ちょうどの支払いを条件に、建物タイルを購入できるというもの!

ちょうどの金額を支払うということで、条件こそ厳しめですが、
自分のターン以外で建物タイルを購入できるのは強力です!!



☆タイミング

★選べる3つのアクション

☆お金を取る
☆建物タイルを購入する
☆自分のアルハンブラを改装する
☆ワジールマーカーの再利用
↑追加のアクションとして加わります。

★ターン終了前の処理

☆購入した建物タイルの配置
☆お金カードと建物タイルの補充

↑誰かのターンが終了した直後に「ワジールの寵愛」を受けます。



★準備

☆準備するもの

アルハ-r-1-4-03
人数ぶんの「ワジールマーカー」のみです。



☆準備の手順

アルハ-r-1-4-04
▲各プレイヤーは、
自分が担当している色のワジールマーカーを受け取り、

アルハ-r-1-4-05
オモテ側(=絵が描かれている面)を上にしておきます。

※使わないワジールマーカーは、箱に戻しておきましょう。



★ルール

☆ワジールの寵愛を受ける条件

ワジールの寵愛を受けるには、

アルハ-r-1-4-06アルハ-r-1-4-07
①自分のワジールマーカーがオモテ向きになっている

アルハ-r-1-4-08
②お目当ての建物タイルをちょうどの金額で購入できる

…以上、2つの条件をクリアしていなければなりません。



☆ワジールの寵愛を受けるタイミング

ワジールの寵愛を受けるのは、
いずれかのプレイヤー(自分を含む)のターンが終わった直後です。

アルハ-r-1-4-09
▲誰かのターンが終わった時点の広場に、
▲購入したい建物タイルが並んでいたら…、

アルハ-r-1-4-10
▲「ワジールの寵愛を受けます!」と宣言しましょう。

宣言することで、いったんゲームがストップして…、
宣言したプレイヤーはワジールの寵愛の特殊アクションを始めます。



☆ワジールの寵愛を受ける流れ

ワジールの寵愛を受けます!」と宣言したら、

アルハ-r-1-4-06
▲自分のオモテ向きのワジールマーカーを、

アルハ-r-1-4-07
ウラ向きにすることで、特殊アクション発動!

アルハ-r-1-4-11
広場に並んでいる建物タイル1枚を購入することができます

アルハ-r-1-4-12
▲ただし、ちょうどの金額で購入できなければなりませんし、

アルハ-r-1-4-13
▲ちょうどだからといって、追加の1ターンは発生しません

アルハ-r-1-4-14
▲購入したタイルは、通常通り、
自分のアルハンブラに配置する予備エリアに置くかの2択です。

アルハ-r-1-4-15
▲最後に、広場の建物タイルが4枚になるように補充して…、

本来のプレイ順に戻り、ゲームを再開します。



☆ワジールマーカーの再利用

ワジールの寵愛を受けると、
ワジールマーカーウラ向きになってしまい、
ワジールの寵愛を受けられなくなります

そこで、
自分のターンに選べる3つのアクションに、
新たなアクションが加えられて…、

これがワジールマーカーの再利用です!

このアクションを行うと、

アルハ-r-1-4-07
▲自分のウラ向きのワジールマーカーを、

アルハ-r-1-4-06
オモテ向きに戻し、
再びワジールの寵愛を受けられるようになります



★その他


☆複数のプレイヤーが宣言した場合

2人以上のプレイヤーワジールの寵愛を宣言した場合は、
これからターンを迎えるプレイヤーが最優先となります。

そこから、時計回りで優先順位は下がっていき…、

ターンを終えたばかりのプレイヤーが最下位です。

アルハ-r-1-4-16
▲例えば、このような場合、

アルハ-r-1-4-17
▲優先順位はこうなりますので、

アルハ-r-1-4-18
緑プレイヤーワジールの寵愛を受けられます。

なお、他のプレイヤーがワジールの寵愛を宣言したのを見て、
後追いで宣言することも認められています

自分よりも優先順位の低いプレイヤーが宣言したあとで、
自分が宣言してしまえば…という感じですね!



☆ゲーム終了時

残った建物タイルの分配が始まると、
もはやワジールタイルは使えなくなります


また、ゲーム終了後は、
ワジールタイルの向きに意味はありません




☆"仮設小屋"について

アルハ-r-1-4-19
ワジールの寵愛を受けて、
「仮設小屋」を獲得することはできません
(そもそも仮設小屋には金額がないので)



他のプレイヤーのターン終了時に割り込みというのは、
どことなく、麻雀の「ポン」や「チー」に似ていますね。

"ワジールの寵愛"を導入することで、
他のプレイヤーのターン中も、ゲームから目が離せなくなります!

そういう意味では、
みんなの集中力を高めてくれる拡張ルールなのかもしれません…!



→次回:"ダイアモンド"
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/18 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★拡張セット1ルール説明

☆ボーナスカード

初回:本体ルール説明(1/4)

前回:拡張セット1"仮設小屋"
今回:拡張セット1"ボーナスカード"←いまココ
次回:拡張セット1"ワジールの寵愛"


★"ボーナスカード"とは

アルハ-r-1-3-01
▲ゲーム開始時に、
▲各プレイヤーに「ボーナスカード」を配ることで、

プレイヤーたちは"ボーナスカード"を使用できるようになります!

アルハ-r-1-3-02
▲「ボーナスカード」は、
カードに示されているものと同じ建物タイルが、

アルハ-r-1-3-03
自分のアルハンブラにあれば

そのタイルの配置数1枚ぶんとしてカウントできるというものです!

タイルの配置数レースは、
この1枚ぶんの差がとても大きいですので…、

配られたボーナスカードに示されている建物タイルは、
是が非でも購入して、自分のアルハンブラに配置しましょう!!



☆タイミング

アルハ-r-1-3-07
ゲーム開始前の準備のときに「配布」されて、

アルハ-r-1-3-10
▲プレイヤーが好きなタイミングで「公開」し、

アルハ-r-1-3-12
得点計算のときに「カウント」します。



★準備

☆準備するもの

アルハ-r-1-3-05
10枚の「ボーナスカード」のみです。



☆準備の手順

アルハ-r-1-3-06
ボーナスカードウラ向きにして、シャッフルしてから、

アルハ-r-1-3-07
各プレイヤーに配ります

★配る枚数

2~3人プレイ時3枚ずつ
4~5人プレイ時2枚ずつ
6人プレイ時1枚ずつ



配られたボーナスカードは公開せず、
自分の手元に伏せておきましょう



★ルール

☆ボーナスカードの公開の「条件」

ボーナスカードを公開するためには、

アルハ-r-1-3-08
ボーナスカードに示された建物タイルを、
自分のアルハンブラに配置する必要があります

このとき…、

アルハ-r-1-3-09
▲色だけではなくて、額面の数字も一致していなければなりません。



☆ボーナスカード公開の「タイミング」

ボーナスカードは、条件さえクリアすれば、
所持するプレイヤーの好きなタイミングで公開できます

例えば…、

アルハ-r-1-3-10
▲示された建物タイルを、
自分のアルハンブラに配置した直後でもOKですし、

アルハ-r-1-3-11
得点計算中に、いきなり公開するのも良いですね。

序盤に公開して、相手にプレッシャーをかけておくか、
中盤以降に公開して、相手の計算を崩しにかかるか…、
お好みのタイミングで公開してみましょう!



☆ボーナスカード公開の「効果」

ボーナスカードは、
公開した瞬間から、その色のタイル1枚ぶんとしてカウントします


アルハ-r-1-3-12
▲この場合、赤プレイヤーは、
茶色のタイル4枚白のタイル3枚を、
▲それぞれ配置していることになります。
(どちらの色もボーナスカード+1枚)



☆アルハンブラの改築を行う場合

アルハ-r-1-3-13
▲ボーナスカードに示された建物タイルを配置して、
ボーナスカードを公開した後

アルハンブラの配置を修正したいなァ…と思い立って、
自分のアルハンブラを改築するアクションで、

アルハ-r-1-3-14
ボーナスカードの対象の建物タイルを、
アルハンブラから予備エリアに置いたら、

アルハンブラから対象の建物タイルが消えますので…、

アルハ-r-1-3-15
▲ボーナスカードは、一旦ウラ向きに戻します。

とはいえ、これでボーナスカードを失ったわけではなく…、

アルハ-r-1-3-16
▲その後で対象の建物タイルを再配置すれば

アルハ-r-1-3-17
▲またボーナスカードを公開できるようになります

自分のアルハンブラを、より良くできそうなときは、
遠慮なく改築を行っていきましょう…!



前回の"仮設小屋"に対して、
"ボーナスカード"は条件が厳しく効果が小さいです。

そのぶん、プレイ感への影響も小さいですので、
まずはこの拡張ルールを試してみてから、
"仮設小屋"を導入する…なんていうのもアリかもしれませんね!

あるいは、"仮設小屋"と"ボーナスカード"を一緒に導入することで、
とことんタイルの配置数レースを加速させるのも面白いと思います!



→次回:"ワジールの寵愛"
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/17 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|

ビックボックス
たつきち
初めまして 東京在住のたつきちと言います。
3年積みゲーだったビックボックスを、この前初めて拡張をいくつか入れて遊んでみました。
とても面白かったので 検索したところ星屑サンのレビューにたどり着き
丁寧な説明を楽しく見ています

拡張の更新、とても楽しみにしています

>>たつきちさん
星屑トランペッター
初めまして!
当ブログ管理人の星屑と申します!

「アルハンブラ」の記事をご覧いただき、ありがとうございました♪

最近はバタバタしていて、ブログの更新ができていませんが、
BIGBOXの続きの記事は必ず書きますので、
ご期待くださいね!!( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★拡張セット1ルール説明

☆"仮設小屋"

初回:本体ルール説明(1/4)

前回:拡張セット1"両替所"
今回:拡張セット1"仮設小屋"←いまココ
次回:拡張セット1"ボーナスカード"


★"仮設小屋"とは

アルハ-r-1-2-01
▲建物タイルが補充される広場の隣に、
▲「仮設小屋タイル」を導入することで、

プレイヤーたちは"仮設小屋"を建設できるようになります!

仮設小屋」は一見すると建物タイルとそっくりですが、

なんと、こちらは無料で獲得できるんです!

そして、
「仮設小屋」のタテヨコに隣接する同じ色の建物タイルは、
それぞれ+1枚ずつあるものとしてカウントすることができます!


アルハ-r-1-2-02
▲例えば、このような配置であれば、

アルハ-r-1-2-03
▲「仮設小屋」に隣接する赤の建物タイルは、
すべて2枚ずつあるものとしてカウントでき…、

アルハ-r-1-2-04
▲なんと、これだけで赤の建物タイル6枚あることになります!


「仮設小屋」は1人につき3枚までしか使用できませんが、

上手に配置していくことで、
建物タイルの枚数レースを有利に進めたり、
さらに外壁を伸ばしたりしていきましょう…!



☆タイミング

★選べる3つ(+1つ)のアクション

☆お金を取る
☆建物タイルを購入する
☆自分のアルハンブラを改装する
☆仮設小屋を取る
↑4つ目のアクションとして加わります。


★ターン終了前の処理

☆購入した建物タイルの配置
↑このタイミングで配置します。
☆お金カードと建物タイルの補充



★準備

☆準備するもの

アルハ-r-1-2-05
24枚の「仮設小屋タイル」のみです。



☆準備の手順

アルハ-r-1-2-06
▲まず「仮設小屋」を色別に分けて

アルハ-r-1-2-07
ウラ向きにしてから色別にシャッフルして、

アルハ-r-1-2-08
色別に6つの山をつくります。

アルハ-r-1-2-09
▲最後に各山の上の1枚をオモテ向きにしてから、

アルハ-r-1-2-10
▲広場(=建物タイルが4枚並ぶ場所)の隣に置いておきましょう。



★ルール

☆仮設小屋を取る

自分のターンに選べる3つのアクションに、
4つ目の選択肢が加わります。

それが仮設小屋を取るというアクションです!

アルハ-r-1-2-11
▲このアクションには、お金を支払う必要がありません
(ですので、ちょうどで支払ってもう1ターン…もありません)

アルハ-r-1-2-12
仮設小屋の6つの山の、
▲いちばん上のオモテ向きになっているタイルの中から…、
(売り切れの山がなければ6択というわけです)

アルハ-r-1-2-13
1枚を取ってから、

アルハ-r-1-2-14
取った山の、いちばん上のタイルを、

アルハ-r-1-2-15
オモテ向きにします。

こうすることによって、
各山の上のタイルは常にオモテ向きになるわけです。



☆取った仮設小屋の配置

取った「仮設小屋」は、
建物タイルと同じ要領で扱うことになります。

すなわち、

アルハ-r-1-2-16
自分のアルハンブラに配置するか、

アルハ-r-1-2-17
予備エリアに置くかです。

アルハンブラへの配置ルールも、
建物タイルの場合と同じ
になります。

★建物タイルの配置ルールまとめ

☆建物タイルは同じ「向き」で配置する
☆配置済みのタイルに「タテヨコ」で隣接させる
☆同じ種類の「」を隣接させる
☆「徒歩で」移動できるように配置する
☆「」はつくれない


※詳しくは本体ルール説明(3/4)をご覧ください!




☆仮設小屋の得点計算

3度ある得点計算の際、
「仮設小屋」にタテヨコで隣接する同じ色の建物タイルは、
すべて+1枚でカウントしていきます。

ただし、
隣接していても間に「壁」があると+1枚の効果は無効です。

アルハ-r-1-2-18



☆仮設小屋は1人3枚まで

とても便利な「仮設小屋」ですが、
1プレイヤーにつき3枚までしか使用できません

この3枚という数には、
予備エリアに置いてある仮設小屋も含みます

アルハ-r-1-2-19



仮設小屋」を導入すると、
純粋なタイル枚数勝負の面白みは失われてしまいますが、

逆転のチャンスが多くなり、
よりエキサイティングなゲームになること請け合いですよ…!



→次回:"ボーナスカード"
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/16 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★拡張セット1ルール説明

☆両替所

初回:本体ルール説明(1/4)

前回:本体ルール説明(4/4)
今回:拡張セット1"両替所"←いまココ
次回:拡張セット1"仮設小屋"


おはようございます。星屑です。

今日からは4記事に渡って、
アルハンブラ」の「拡張セット1」のルールを整理していきます!

拡張セット」には、拡張ルール4つ入っていますので、
1記事につき1ルールを整理していく感じで進めていく予定です。

それぞれの拡張ルールが、
どんなタイミングでどんな影響を及ぼしていくのか
ご覧いただけたらと思います!

まずは"両替所"のルールから…!



★"両替所"とは

アルハ-r-1-1-01
お金カードの山札に、
6枚の「両替所カード」を追加することによって…、

プレイヤーたちは"両替所"を利用できるようになります!

"両替所"を利用すれば、
広場の建物タイルを購入する際に…、

なんと、2種類の通貨での支払いが可能になるんです!!

アルハ-r-1-1-02

いくつか制約もありますが、
どうしても欲しい建物タイルがあるときに、
"両替所"は必ずや役に立ってくれることでしょう…!


☆タイミング

★選べる3つのアクション

☆お金を取る
↑このタイミングで「獲得」して、
☆建物タイルを購入する
↑このタイミングで「使用」します。
☆自分のアルハンブラを改装する


★ターン終了前の処理

☆購入した建物タイルの配置
☆お金カードと建物タイルの補充



★準備

☆準備するもの

"両替所"の拡張ルールで使用するのは、

アルハ-r-1-1-03
6枚の「両替所カード」のみです。


☆準備の手順

お金カードの山札をつくるときに、

アルハ-r-0-1-16
2つ目3つ目4つ目の山に、

アルハ-r-1-1-04
▲「両替所カード」を2枚ずつウラ向きで投入して、

アルハ-r-1-1-05
▲投入した3つの山をシャッフルしておきます。

つまり、2つ目と4つ目の山には、それぞれ、
両替所カード2枚得点計算カード1枚が入っている状態です。

3つ目の山には両替所カード2枚のみ。

アルハ-r-0-1-19
▲あとは、通常通り5つの山を積み重ねれば、
▲"両替所"仕様の山札が完成します!



★ルール

☆「両替所カード」の獲得

アルハ-r-1-1-06
▲場に登場した両替所カードは、

アルハ-r-1-1-07
▲他のお金カードを取るのと同じ要領で、
1枚だけ取ることができます

アルハ-r-1-1-08
両替所カード1度に2枚以上を取るのはNGです

アルハ-r-1-1-09
両替所カード手札に2枚以上あるのはOKです


☆「両替所カード」の使用

両替所カードを使用することで、
その両替所カードに示されている2種類の通貨を、
自由に組み合わせて支払いに充てることができます!


アルハ-r-1-1-10
▲例えば、このような広場で、

アルハ-r-1-1-11
このような手札だった場合…、

アルハ-r-1-1-12
黄色両替所カードを使用することにより、

アルハ-r-1-1-13
▲この組み合わせで茶色の建物タイルを購入することも、
(青6黄色6に"両替"して支払いに充てる)

アルハ-r-1-1-14
▲この組み合わせで赤の建物タイルを購入することも可能です!
(黄色3黄色4青3青4に"両替"して支払いに充てる)

アルハ-r-1-1-15
使用済みの両替所カード捨て札に…。

ただし、
両替所カードを使えるのは1枚の建物タイルに対してのみですので、

アルハ-r-1-1-16
両替所カードを使って、
ちょうどの金額建物タイルを購入し、

アルハ-r-1-1-17
▲追加のアクションで、また新たな建物タイルを購入するときには、

アルハ-r-1-1-18
▲もう使用済みの両替所カードは使うことができません

手札の、他の両替所カードを使うようにしましょう!



★その他

・お金カードの山札がなくなった場合

両替所カードも含めて、お金カードの捨て札をリシャッフルします。
(このリシャッフルのときは、5つの山に分けて…の作業は不要です)

アルハ-r-1-1-19アルハ-r-1-1-20


・ゲーム終了時の建物タイルの分配

ゲーム終了時に、広場に残った建物タイルを分配する際には、
両替所カードは全て無効になってしまいます…。
(ゲーム中に消化しておきましょう!)

アルハ-r-1-1-21



通貨が複数あるというシステムが、
アルハンブラ」の面白みの一つではありますが…、

おかげで建物タイルが購入できない…ということが続いてしまうと、
ちょっと凹んでしまうこともあるかもしれません。

そんなときは、この"両替所"を投入して、
気持ちよく建物タイルを購入してしまいましょう!

強力なカードではありますが、いかんせん枚数が少ないですので、
ゲームバランスが崩れてしまうようなことはありません。



→次回:"仮設小屋"
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/15 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★本体ルール説明(4/4)

☆得点計算とゲームの終了

前回:本体ルール説明(3/4)
今回:本体ルール説明(4/4)←いまココ
次回:拡張セット1"両替所"


今回は得点計算ゲームの終了についてです!

後ほど詳しく説明していきますが…、


得点計算は、
ゲーム中に2回ゲーム終了時に1回合計3回発生します。

得点の対象になるのは、
各建物タイルの配置数いちばん長い外壁の本数です。


ゲームの終了は、
建物タイルを補充できなくなった瞬間に迎えます。

広場に残った建物タイルを分配してから、
3回目の得点計算をして、勝者が決まります!



★得点計算

☆得点計算のタイミング

アルハンブラ」では、得点計算合計3回発生します。

その内訳は、ゲーム中に2回ゲーム終了時に1回です。


まず、ゲーム中の1回目2回目の得点計算のタイミングは、
お金カードの山札から「得点計算カード」がめくられたときです。

アルハ-r-0-4-01
得点計算カードがめくられたら、

アルハ-r-0-4-02
▲めくった得点計算カードは脇に置いておき
(これは得点計算後にゲームから除外)

アルハ-r-0-4-03
▲お金カードの補充を最後まで行ってから…、

そのプレイヤーのターンの終了後に得点計算となります。

正しくゲームの準備を行っていれば、

アルハ-r-0-4-04
1回目の得点計算では「」のカードが、
2回目の得点計算では「」のカードが、
▲それぞれ登場するはずです。

登場したカードを参照しながら、得点計算を進めていきましょう。


次に、ゲーム終了時の3回目の得点計算ですが、
こちらはゲームが終了して、
残った建物タイルの分配と配置が終わった後です。

3回目得点計算カードがありませんので…、

アルハ-r-0-4-05
予備エリアの得点表を参照しましょう。



☆得点計算の方法

合計3回得点計算では、
各建物タイルの配置数いちばん長い外壁の本数が、
それぞれ得点に換算されます。


・建物タイルの配置数による得点

各色の建物タイルについて、
より多く配置しているプレイヤーに得点が入ります。

アルハ-r-0-4-06
▲例えば、1回目の得点計算の場合は、

水色の建物タイルの配置数が最多のプレイヤーに1点
赤色の建物タイルの配置数が最多のプレイヤーに2点
茶色の建物タイルの配置数が最多のプレイヤーに3点
白色の建物タイルの配置数が最多のプレイヤーに4点
緑色の建物タイルの配置数が最多のプレイヤーに5点
紫色の建物タイルの配置数が最多のプレイヤーに6点
それぞれ入ることになります。

アルハ-r-0-4-07
2回目の得点計算になると、

水色の建物タイルの配置数が1番多いプレイヤーに8点
水色の建物タイルの配置数が2番目に多いプレイヤーに1点
(以下略)…という感じで、対象者が上位2人に増えます。

アルハ-r-0-4-08
3回目の得点計算では、対象者が上位3人になります。


最後に注意点を2つ。

・予備エリアに置いてある建物タイルはカウント対象外

アルハ-r-0-4-09
▲自分のアルハンブラへの配置数のみ参照します。


・順位が同じ場合は点数を分ける(端数切り捨て)

例えば、3回目の得点計算時に…、

アルハ-r-0-4-10
水色の建物タイル1位が3人いた場合は、
1位から3位までの得点を足して3人で割ります

すなわち、
(16+8+1)÷3≒8.3

端数切り捨てですので、1人8点ずつです。

アルハ-r-0-4-11
赤色の建物タイル2位が3人いた場合は、
2位以下の点数を足して3人で割ります
(1位は単独ですので17点をまるまる獲得)

すなわち、
(9+2)÷3≒3.7

端数切捨てですので、1人3点ずつです。



・外壁の長さによる得点

各プレイヤーは、
自分のアルハンブラの外壁の中で、
いちばん長い外壁の長さを得点に換算します。

得点はいちばん長い外壁の本数×1点です。

アルハ-r-0-4-12
▲この場合は外壁9本ですので9点になります。

アルハ-r-0-4-13
いちばん長い外壁以外は対象外です。

アルハ-r-0-4-14
内側にある城壁についても対象外です。

城壁は、できるだけ外側に連続で配置していきましょう…!



★ゲームの終了

ゲームの終了は、

☆建物タイルが補充できなくなる

☆広場に残った建物タイルを分配して配置する

☆3回目の得点計算

…という流れになります。


☆建物タイルが補充できなくなる

建物タイルの補充の際に、
袋の中の建物タイルが枯渇して…、

アルハ-r-0-4-15
広場の4枠を埋めることができなければ

その瞬間にゲームは終了します。


☆広場に残った建物タイルを分配して配置する

広場に残った建物タイルは、
プレイヤーたちで分配していきます。

各色の建物タイルごとに…、

アルハ-r-0-4-16
その色の通貨を最も多く手札に持っているプレイヤーが、
▲建物タイルを獲得し、自分のアルハンブラに配置します。

アルハ-r-0-4-17
▲もしも同点だった場合は、
その色の建物タイルは広場に残ります


☆3回目の得点計算

最後に3回目の得点計算を行って…、

アルハ-r-0-4-18

いちばん得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します!

同点の場合には、勝利を分け合います。



…と、いうわけで「アルハンブラ」のルール説明でした!

もし間違っているところや分かりにくいところがありましたら、
コメントやメッセージなどで教えてください…!( ̄▽ ̄*)

次は「アルハンブラ」の"拡張"について整理していきますので、
そちらにもご期待いただけたらと思います!


それでは今回も、
長い記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!


管理人・星屑トランペッター



→次回:拡張セット1"両替所"
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/10 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★本体ルール説明(3/4)

☆建物タイルの配置

前回:本体ルール説明(2/4)
今回:本体ルール説明(3/4)←いまココ
次回:本体ルール説明(4/4)


★建物タイルの配置

手番中に建物タイルを購入したら、
自分の"アルハンブラ"に配置していきましょう!

建物タイルでアルハンブラを拡げることによって、
得点を獲得するチャンスが増えるとともに、
見た目にも華やかになっていきます!!

アルハ-r-0-3-01
ゲーム開始時のアルハンブラ
(スタートタイルのみ)

アルハ-r-0-3-02
ゲーム中盤のアルハンブラ(一例)

アルハ-r-0-3-03
ゲーム終盤のアルハンブラ(一例)

とはいえ、建物タイルを配置するにあたっては、
5つのルールがありますので…、

そのルールを1つずつ確認していきたいと思います!



①建物タイルは同じ「向き」で配置する

建物タイルには「向き」があります。

アルハ-r-0-3-04
▲この向きが正位置です。

アルハ-r-0-3-05
逆向き横向きには配置できません



②配置済みのタイルに「タテヨコ」で隣接させる

建物タイルを配置するときは、
すでに配置した建物タイルと、
少なくとも1辺
タテヨコで隣接していなければなりません

アルハ-r-0-3-06
▲最初はスタートタイルに隣接させて配置し…、

アルハ-r-0-3-07
▲そこから、どんどんタテヨコでつなげていく感じです。

アルハ-r-0-3-08
ナナメには配置できませんので気をつけましょう。



③同じ種類の「辺」を隣接させる

タイルの「」には2種類あります。

アルハ-r-0-3-09
城壁あり城壁なしかです。

そして、隣接する「」は、
同じ種類同士でなければなりません

アルハ-r-0-3-10
▲すなわち、城壁ありの「」は城壁あり同士で隣接させて、

アルハ-r-0-3-11
城壁なしの「」は城壁なし同士で隣接させましょう。



④「徒歩で」移動できるように配置する

建物タイルを配置するときには、
スタートタイルからそのタイルまで
「徒歩で」移動できなければなりません

この「徒歩で」というのが、
少し分かりにくいですが…、

ポイントは、
・タイルがつながっている(=歩く場所がある)
・城壁で遮られていない(=障害物がない)

…の2つです。


まず1つ目のポイント。
タイルがつながっている(=歩く場所がある)について、
これは「タテヨコ」のルールと被るんですが…、

アルハ-r-0-3-31
▲新たに建設タイルを配置するには、そのタイルが、
スタートタイルからつながっている必要があります。
(これが配置したタイルに「徒歩で」移動できる状態)

アルハ-r-0-3-32
つながっていない場所には配置できません
(タイルが途切れているので「徒歩で」移動できない)


そして2つ目のポイント。
城壁に遮られていない(=障害物がない)とは、
どういうことかと申しますと、

アルハ-r-0-3-14
このような配置をしようとした場合、

アルハ-r-0-3-15
スタートタイルから「徒歩で」移動しようとすると…、

アルハ-r-0-3-16
城壁足止めされてしまいます。

これは城壁に遮られている(=障害物がある)ので、
こういう配置をすることは出来ません

これを回避するためには…、

アルハ-r-0-3-17
▲迂回して、

アルハ-r-0-3-18
▲タイルをつなげて、

アルハ-r-0-3-19
▲こうすればOKです。

これならばスタートタイルから左下のタイルまで、
「徒歩で」移動できますので、左下のタイルを配置できます!



⑤「穴」はつくれない

」というのは、
上下左右をタイルに囲まれた空間のことです。

例えば…、

アルハ-r-0-3-20
▲いま、このようなアルハンブラだとして、

アルハ-r-0-3-21
▲ここに建物タイルを配置すると、

アルハ-r-0-3-22
上下左右をタイルに囲まれた空間ができてしまいます。

このように「穴」をつくってしまう配置はできませんので…、

アルハ-r-0-3-23
▲まずは先に「穴」の場所を埋めてから
▲外側に建物タイルを配置するようにしましょう。



★建物タイルの配置ルールまとめ

☆建物タイルは同じ「向き」で配置する
☆配置済みのタイルに「タテヨコ」で隣接させる
☆同じ種類の「」を隣接させる
☆「徒歩で」移動できるように配置する
☆「」はつくれない


もしプレイしていて、わからなくなったら、
またこの記事を開いてみてくださいね♪( ̄▽ ̄*)



次回は、
得点計算ゲームの終了について整理してみます!



→次回:本体ルール説明(4/4)
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/09 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★本体ルール説明(2/4)

☆ゲームの手順

前回:本体ルール説明(1/4)
今回:本体ルール説明(2/4)←いまココ
次回:本体ルール説明(3/4)


★ゲームの手順

アルハンブラ」は、スタートプレイヤーから順に、
時計回りで手番を進めていきます。

手番が回ってきたプレイヤーは、
以下の3つのアクションから1つを選んでプレイします。

☆お金を取る

☆建物タイルを購入する

☆自分のアルハンブラを改装する


そして、手番の最後に、

☆購入した建物タイルの配置
☆お金カードと建物タイルの補充


…を行って、手番を終了します。



まずは、選べる3つのアクションから見ていきましょう!



☆お金を取る

お金を取るアクションを選んだ場合、
プレイヤーは、場からお金カードを獲得します。

獲得できるお金カードは、通貨の色に関係なく
好きな1枚または額面「」までの複数枚となります。

アルハ-r-0-2-01
▲例えば、場のお金カードがこの4枚だったら、

アルハ-r-0-2-02
▲この1枚を取るか、
(好きな)

アルハ-r-0-2-03
▲この3枚を取るかということになります。
(額面「」までの複数枚)

獲得したお金カードは、自分の手札に入れます。



☆建物タイルを購入する

建物タイルを購入するアクションを選んだ場合、
プレイヤーは、広場から建物タイルを購入します。

このとき、

アルハ-r-0-2-04
決められた通貨で、

アルハ-r-0-2-05
価格以上お金カードを支払わないといけません。

もし価格より多くのお金カードを支払っても、
お釣りは出ないことに注意しましょう。

逆に、ちょうどの金額で支払うことができれば、
追加でもう1手番をプレイすることができます!

アルハ-r-0-2-06

その場合は、
また3つのアクションから1つを選んでプレイします。

ただし、追加で購入できる建物タイルは、
広場に残っているタイルのみです。

アルハ-r-0-2-07
▲手番終了時まで、建物タイルは補充されません。



☆自分のアルハンブラを改装する

自分のアルハンブラを改装するアクションを選んだ場合、
プレイヤーは、3つの方法から1つを選びます


①予備エリア→アルハンブラ

自分の予備エリア建物タイル1枚を、
自分のアルハンブラに配置する。

アルハ-r-0-2-08


②アルハンブラ→予備エリア

自分のアルハンブラ建物タイル1枚を、
自分の予備エリアに置く。

アルハ-r-0-2-09


③予備エリア←→アルハンブラ

自分の予備エリア建物タイル1枚と、
自分のアルハンブラ建物タイル1枚を、
場所を変えずに入れ替える

アルハ-r-0-2-10



アクションを終えたら、手番終了の処理を行っていきます。



☆購入した建物タイルの配置

手番中に購入した建物タイルを、
アルハンブラに配置するか、予備エリアに置くかします。

このとき、建物タイルが2枚以上ある場合は、
好きな順番で配置することができます

※建物タイルの配置方法については、次の記事をご覧ください!



☆お金カードと建物タイルの補充

最後に、お金カード建物タイルを、
どちらも4枚になるように補充します。

アルハ-r-0-2-11

もし、お金カードの山札がなくなったら、
捨て札をリシャッフルして、新たな山札をつくります。



次回は、
建物タイルの配置について掘り下げていきます!( ̄▽ ̄*)



→次回:本体ルール説明(3/4)
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/08 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★本体ルール説明(1/4)

☆ゲームの目的と準備

今回:本体ルール説明(1/4)←いまココ
次回:本体ルール説明(2/4)


おはようございます。星屑です。

今日からは4記事に渡って、
アルハンブラ」のルールを整理していきたいと思います!

その後で、
5つの拡張のルールも整理していきますので、
しばらく続くアルハンブラ期間に、どうかお付き合いください!!



★ゲームの目的

テーマはスペインの"アルハンブラ宮殿"です。

プレイヤーは、
庭園職人や石工といった建築家たちの力を借りて、
"アルハンブラ"の建築を目指します。

その際、建築家たちには、
代価として賃金を支払うことになるんですが…、

この賃金の支払いに使う通貨4種類もあって、
これらを正しく使い分ける必要があるんです…!

うまくお金のやりくりをしながら、
自分だけの"アルハンブラ"をつくりあげていきましょう!

ゲーム中に合計3回得点計算では、
6種類ある建物それぞれについて、
より建築数の多いプレイヤーが点数を得ます。


さらに、
"外壁"の長さによっても点数を得ます。

ゲーム終了時に、
いちばん得点を集めていたプレイヤーが勝者です!



★ゲームの準備

まずはゲームの準備をしていきましょう!


アルハ-r-0-1-05
広場得点ボードをテーブル上に置きます。


アルハ-r-0-1-01
▲各プレイヤーは、
スタートタイル1枚と同色のマーカー2つを受け取り、

アルハ-r-0-1-02
スタートタイルの上にマーカーを1つ置いて、

アルハ-r-0-1-03
得点ボードの左隅に、もう1つのマーカーを置きます。

アルハ-r-0-1-07
▲そして、チャート付き予備エリアを自分の前に置きます。


アルハ-r-0-1-04
建物タイル54枚すべてをの中に入れます。


アルハ-r-0-1-06
▲袋から建物タイル4枚をランダムに引いて、
▲引いた順に、広場の数字のマスに配置します。


アルハ-r-0-1-08
お金カードの山から、得点計算カード2枚とも抜き出して、
▲残りをシャッフルします。


アルハ-r-0-1-09
▲プレイヤーは1人ずつ、初期資金を獲得します。

アルハ-r-0-1-10
お金カードを1枚ずつ公開していって…、

アルハ-r-0-1-11
▲色を問わず、お金の価値の合計が20以上になったら、
公開したカードを全て獲得します

アルハ-r-0-1-12
▲お金カードの公開は、20ジャストでもストップします。

これを1人ずつ行っていき、全員が終えたら…、

アルハ-r-0-1-13
▲以後、お金カードは各プレイヤーの手札に入って、
非公開情報となります。


アルハ-r-0-1-14
獲得したお金カードの枚数が最も少ないプレイヤーが、
スタートプレイヤーになります。
※枚数が同じ場合は、より額面の少ないプレイヤーです。


アルハ-r-0-1-15
▲山札から、
お金カード4枚を表向きで広場のとなりに配置します。


残りのお金カードは…、

アルハ-r-0-1-16
▲まず適当に同じくらいの5つの山に分けてから、

アルハ-r-0-1-17
▲「」と「」の得点計算カードを追加します。

アルハ-r-0-1-18
2つ目の山に「」の得点計算カードを、
4つ目の山に「」の得点計算カードを、
▲それぞれ混ぜて…、
(得点計算カードを混ぜた山はシャッフルしておきましょう)

アルハ-r-0-1-19
1つ目の山いちばんに、
5つ目の山いちばん下になるように…、

アルハ-r-0-1-20
▲5つの山を積んで、ひとつの山札にします。


これで、ゲームの準備が整いました!



次回は、
ゲームの手順について整理していきたいと思います!( ̄▽ ̄*)



→次回:本体ルール説明(2/4)
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/07 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|