FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「インディゴ」




★開封

インディゴ-01
▲今週はタイル配置型ゲーム「インディゴ」を紹介します!


★箱の外観

インディゴ-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ちょうど「スコットランドヤード」と同じサイズですね。

その名の通り"藍色"で「Indigo(インディゴ)」と書かれています!

インディゴ-03
▲箱のウラ面

こちらはゲームをプレイしているところの画像です。

盤上に迷路のようなグニャグニャしたラインが見て取れますね…!

インディゴ-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの20~30分
対象年齢8~99歳となっています。



★内容物

インディゴ-05
ルールブック(ドイツ語・全4ページ)

図解が多めで、とても親切そうなルルブです。

もっとも、ドイツ語なので私星屑には読めませんが…( ̄▽ ̄;)


インディゴ-06
ついたて×4枚

各プレイヤーの宝石(=勝利点)やタイルを隠すためのスクリーンです。

の4色のプレイヤーカラーで色分けされていて、
ウラ面はサマリーになっています。


インディゴ-07
ゲームボード×1枚

プレイヤーたちがタイルを配置していくことになるボードです。

盤上には、路線タイルを配置する白いマスの他、
宝石タイルを設置する青いマスや、チップを設置するサークルがあります。


インディゴ-09
路線タイル×54枚(全5種)

ゲームボードに配置することで、"宝石の通り道"をつくるタイルです。

路線には、
対面の辺を結ぶ"直線"と、
間に1辺を挟む2辺を結ぶ"緩やかなカーブ"と、
隣り合う辺を結ぶ"急カーブ"の3種類があります。


インディゴ-08
宝石タイル×7枚(全2種)

ゲーム開始時に、ゲームボードの所定のマスへ設置するタイルです。

このタイルの上に置かれる宝石を、
プレイヤーたちがこぞって狙うことになります!!


インディゴ-10
宝石×24個(全3種)

その価値がイコールで勝利点となる3色の宝石です。

3勝利点で、
2勝利点で、
1勝利点となります。


インディゴ-11
チップ×24枚(全4色)

ゲームボード上における、
各プレイヤーの陣地を示すためのチップです。

チップの4色は、ついたての4色と連動しています。



★どんなゲーム?

インディゴ」は、
盤上に散りばめられている宝石を、
路線タイルを配置することによって動かし、
自分の陣地へ運び込むタイル配置型ゲームです!

インディゴ-12
▲盤上には、あちらこちらに宝石があり、
▲その外周には各プレイヤーの陣地があります。
(※陣地は1人につき3ヵ所)

さて、そんな宝石を陣地へ運び込む方法ですが――

インディゴ-13
▲お目当ての宝石があるタイルの隣に、
路線タイルを配置するだけで…、

インディゴ-14
▲宝石は、元の位置から遠ざかるように、
▲路線タイルの""に沿って移動するのです!

インディゴ-15
▲さらに路線タイルを配置すると、
▲つながった道に沿って、宝石はどんどん動いていきます…!

インディゴ-16
▲うまく路線タイルを配置すれば、
▲一気に2個の宝石を動かすことも!!

インディゴ-17
▲さあ、ここまで来れば…、

インディゴ-18
▲あとは、この路線タイルの配置によって、
▲見事、宝石を陣地へと運び込むことができました!

2勝利点の宝石と、
1勝利点の宝石を運び込んだので、
合わせて3勝利点ゲットだぜ!!!

…たったこれだけのシンプルなゲームです♪( ̄▽ ̄*)



★ゲームの準備

さて、ここからはゲームの流れを説明していきましょう。

まずはゲームの準備で…、

☆宝石タイルの設置
☆宝石の設置
☆チップの設置
☆路線タイルのシャッフル
☆ついたて&路線タイルの受け取り


以上5ステップです!

5ステップと聞くと、やや多く感じるかもしれませんが、
いずれも簡単な作業ばかりですので、ご安心ください♪( ̄▽ ̄*)



☆宝石タイルの設置

ゲームボード上に、7枚の宝石タイルを設置します!

インディゴ-19
▲ゲームボードのこの7箇所に、

インディゴ-20
▲このように宝石タイルを設置すればOKです。
(※外周の6枚のタイルの向きに注意しましょう!)




☆宝石の設置

7枚の宝石タイル上に、宝石を設置します!

インディゴ-21
中央宝石タイルには、
青の宝石1個と、緑の宝石5個

インディゴ-22
外周の6枚の宝石タイルには、
▲それぞれ黄の宝石1個ずつ置けばOKです。

インディゴ-23
余った宝石は、
ストックとしてゲームボードの脇にまとめておきましょう。




☆チップの設置

ゲームボードの外周に、チップを設置します!

インディゴ-11
▲プレイヤーカラーを示すチップを…、

インディゴ-24
▲ゲームボードの外周の12ヵ所のサークルに設置することで、
▲各プレイヤーの陣地を決定するわけですね。

チップの並びは、プレイ人数ごとに決まっていて――

インディゴ-25
▲こちらが2人プレイ用で、

インディゴ-26
▲こちらが3人プレイ用で、

インディゴ-27
▲こちらが4人プレイ用となっています。

見ての通り、
3人プレイ4人プレイでは、
1つの陣地を2人で使うことになるのですが――
(それについては、また後ほど♪)

インディゴ-28
余ったチップは、箱に仕舞っておきましょう。




☆路線タイルのシャッフル

全54枚の路線タイルシャッフルします!

インディゴ-29
▲全てウラを向けて、箱の中などでガシャガシャと混ぜましょう。

インディゴ-30
▲混ぜ終わった路線タイルは、おおよそ4等分にして、
▲ゲームボードの四隅に積んでおくといいですよ!!




☆ついたて&路線タイルの受け取り

各プレイヤーは、
ついたて路線タイル1枚ずつ受け取ります!

インディゴ-31
▲ついたては、自分の前に立てておきましょう。
▲路線タイルは、ランダムに1枚を受け取ります。
(※他の人に路線タイルのオモテ面を見られないようにしてください)

以上でゲームの準備は完了です!



★ゲームの流れ

このゲームは、
時計回りで各プレイヤーのターンが進行します

自分のターンが回ってきたら、
やるべきことは、たった2つのアクションです。

①路線タイルを配置する。

②路線タイルを1枚引く。

以上!!

そして、引いた路線タイルを、
次の自分のターンで配置して、
また路線タイルを引いて…の繰り返し。

とはいえ、
路線タイルの配置方法や、
陣地に運び込んだ宝石の獲得方法など、
補足すべきことがいくつかありますので、
ついたてのウラのサマリーに沿って説明させてもらいます!



①路線タイルの配置

インディゴ-32
▲手持ちの路線タイルを、盤上の空きマスに配置するアクションです。

インディゴ-33
▲さて、このタイルをどこに配置できるのかという話ですが…、

まだ路線タイルが置かれていないマスなら、どのマスに配置してもOK!

こういうので、よくあるパターンといえば、
すでに配置されているタイルに隣接するように…とかですが、
そういうのは一切ありません。

ただし――

インディゴ-34
▲各プレイヤーの陣地に隣接するマスには…、

インディゴ-35
陣地と陣地を直接つなぐような"急カーブ"は禁止!のガイドがあって、

インディゴ-36
外周の鋭角に"急カーブ"が来るような配置のみNGとなっています。

インディゴ-37
▲なお、このような配置ならば何ら問題ありません。

たった1枚の路線タイルで、
陣地への道を2本も潰せてしまうとなると、
ただの妨害合戦になり果ててしまいますからね…( ̄▽ ̄;)




☆宝石の移動

インディゴ-38
▲路線タイルの配置によって宝石の先に""を敷くと、宝石移動します

宝石には、路線タイルの配置によって""が敷かれると、
元々あった場所から遠ざかろうとする性質がありますので――

インディゴ-39
宝石タイルの隣路線タイルを配置すれば、

インディゴ-40
宝石は、宝石タイルから遠ざかるように道を進みますし…、

インディゴ-71
移動を始めた宝石の進行方向路線タイルを配置すれば、

インディゴ-72
宝石は、さらに遠ざかるように道を進むわけです。

また、道を敷いたその先にも道があれば、
宝石は進めるところまで進んでいきます

インディゴ-41
▲例えば、このの空きマスに…、

インディゴ-42
▲このように路線タイルを配置すると、

インディゴ-43
▲宝石は一気に下の陣地まで進むことになるのです…!
(どう進んだか…ぜひ辿ってみてください♪)




☆宝石の獲得

インディゴ-44
▲路線タイルの配置によって、宝石を自分の陣地まで導くことができれば、
▲その宝石を獲得できます!

前提として、陣地の数は1人につき3ヵ所です。
(※3ヵ所のどの陣地に運び込んでも宝石を獲得できる♪)

そして、
2人プレイでは、
3ヵ所の陣地をいずれも1人で占有しますが、
4人プレイでは、
3ヵ所の陣地をそれぞれ2人で共有することになります。
(3人プレイ1ヵ所占有2ヵ所共有)

インディゴ-45
▲1ヵ所の陣地には6つの矢印があって、この矢印が"ゴール"です。
▲6つの矢印のうち、どの矢印に宝石を運び込んだとしても、
▲この陣地の場合はのプレイヤーが宝石を獲得できます。

ここで、宝石を獲得するまでの流れを見てみましょう。

インディゴ-46
▲いま、路線タイルの配置によって緑の宝石が移動し…、

インディゴ-47
のプレイヤーの陣地に到達しました!!

インディゴ-48
のプレイヤーは、どちらも緑の宝石1個獲得します!

このとき、
片方のプレイヤーが実際に陣地へ到達した宝石を受け取って、
もう片方のプレイヤーはストックにある同じ色の宝石を受け取りましょう。

逆に、1ヵ所の陣地を1人で占有している場合は――

インディゴ-49
▲自分だけが、その宝石を獲得します。
(※宝石を2倍もらえるなんてことはありません!)

なお、獲得した宝石は、
自分のついたての内側に隠しておくことができます(=勝利点の秘匿)。




②路線タイルを1枚引く

路線タイルを配置して、
宝石を移動させたり、宝石を獲得したりした後…、

インディゴ-50
路線タイル1枚引きましょう。

インディゴ-51
▲こうして引いた路線タイルのオモテ面を見て、
▲次の自分のターンに備えるのです…!
(※オモテ面が他の人に見えないようにしましょう)



以上のように、

①路線タイルを配置して、

☆宝石が移動して、

☆宝石を獲得して、

②路線タイルを引いて、

1人のプレイヤーのターンが終わり、
次のプレイヤーのターンになって、
これを時計回りで繰り返し…、

盤上から全ての宝石がなくなった時点でゲームは終了して、
宝石の合計点が最も高いプレイヤーが勝者となります!



★ゲームの補足

最後に、あと2つだけゲームの補足を。

中央の宝石タイルにある宝石の挙動"対消滅"についてです。



☆中央の宝石タイル

ゲームボードの中央にある宝石タイルには、
青の宝石1個と、緑の宝石5個乗っています。

これらの宝石は――

インディゴ-52
宝石タイルの周囲6マス路線タイルが配置されるたび、
1個ずつ宝石タイルから移動していくのです。

が、その順番は、
まず緑の宝石全て移動して→最後に青の宝石と決まっています。

ここでは、宝石が移動していく流れを見てみましょう!

インディゴ-53
▲中央の宝石タイル周囲6マスのうち、
▲まず1マス目が埋まって、
1個目緑の宝石が移動しました。

それから、
2マス目が埋まって2個目緑の宝石が、
3マス目が埋まって3個目緑の宝石が、
4マス目が埋まって4個目緑の宝石が、
それぞれ移動した後…、

インディゴ-54
5マス目が埋まって5個目緑の宝石が移動して、
▲ついに宝石タイル上には青の宝石を残すのみです。

インディゴ-55
▲こうして、宝石タイル周囲6マスのうち、
最後の1マス路線タイルが配置されると、
▲晴れて青の宝石の移動となります!

1点の差が勝敗をわける「インディゴ」において、
この青の宝石の価値は、あまりにも大きいのです…!




☆対消滅!!

もしも、
宝石と宝石がぶつかったらどうなるのでしょうか…?

インディゴ-56
▲この黄の宝石青の宝石は…、

インディゴ-57
▲間に直線の路線タイルを配置することでぶつかります!!

その結果、どうなるかというと、
"対消滅"してしまい、つまり――

インディゴ-58
▲ゲームから除外されてしまうわけです…!

もしも、自分の陣地には届きそうにない宝石が2個あって、
しかも、その2個を対消滅させることができそうなら――
いやいや、なんでもありませんよ♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

先週、「キングダム」を紹介した際に、
そういえば「インディゴ」の紹介がまだだったことに気付いて、
結果、2週連続でクニチー先生の作品ということになりました!!

あちらの記事でも触れましたが、
グーパンで思いっきり殴り合うキングダムに対して、
インディゴは、だいぶマイルドなタイル配置型ゲームになっています。

その大きな理由としては、"協力プレイ"の要素が挙げられるでしょう!

インディゴを4人でプレイする場合――

インディゴ-73
▲例えば自分が紫プレイヤーだとすると、
この3箇所が自分の陣地になります。

そして、この3ヵ所の陣地はそれぞれ…、

インディゴ-74
▲右上については白プレイヤーと共有し、
▲左下については赤プレイヤーと共有し、
▲下については青プレイヤーと共有することになるのです。

つまり、
右上の陣地は白プレイヤーと協力できて、
左下の陣地は赤プレイヤーと協力できて、
下の陣地は青プレイヤーと協力できるわけですね。

この、どの陣地であっても必ず誰かと協力することになるシステムは、
一見すると"みんな仲良し♪"な関係っぽいですが、その実――

インディゴ-59
▲さて、引き続き紫プレイヤー視点で話を進めていきましょう。

インディゴ-60
紫プレイヤーにとっては、自分の陣地ですので、
▲その中間を維持しながら宝石を進めていきます。

インディゴ-61
▲一方で、赤プレイヤーにとっては、
▲下ではなくこそが自身の陣地ですので、
▲なんとしてもに宝石を進めるべく、
▲進路をへと曲げるようですね。

インディゴ-62
▲もう一方の青プレイヤーにとっては、
▲左ではなくこそが自分の陣地ですので、
▲急カーブを使って進路を大きく戻しにかかりました。

赤プレイヤー青プレイヤーの間で激しい綱引きが行われていますが、
紫プレイヤーにとっては、どちらに転んでも美味しい展開ですね♪

インディゴ-63
▲他方、4人目の白プレイヤー白プレイヤーで、
右側自分の陣地へ向かって宝石を進め始めます。

インディゴ-64
白プレイヤーにとっては右上でも右下でも同じですが、
紫プレイヤーにとっては右上こそが自分の陣地ですので、
▲ここは宝石の進路を右上に曲げてしまいましょう!

インディゴ-65
▲そうすると、右下に陣地のある赤プレイヤーが、
▲急カーブで待ったをかけてきました…!

なんてことを!!

インディゴ-66
▲その隙に、青プレイヤーは宝石を自分の陣地に寄せつつ、
▲おもむろに紫プレイヤーへ向かって囁きかけます――

そんなひどいことをするは放っておいて、
僕と一緒に宝石を確保しようよ!

そうだね、
にだけは宝石を取らせたくない…!

インディゴ-67
▲こうして、紫プレイヤー青プレイヤーと協力して、
▲一緒に緑の宝石を獲得したのでした!!

絶対に許さない!
とは絶交だ!!

こっちこそとは絶交だー!

僕らはズッ友だよね♪♪

うん、ズッ友だー♪

ところが、ゲームも終盤にさしかかったところで――

インディゴ-68
▲貴重な貴重な青の宝石(と黄の宝石)を、
で奪い合うことに…!

あいつらに3点を渡してなるものか!

それはこっちのセリフだー!
なんかに3点を渡してなるものかー!

、俺らマブダチだよね!!!

え、えっと、そ、ソウダネ、マブダネ…!

こんな感じ…!( ̄▽ ̄;)

純粋な協力ゲームの「パンデミック」などと違って、
こちらの協力は、その場その場の打算で成立するものです。

その、いつ解消されて、いつ敵対するともわからない"脆さ"が、
良い意味で危うく、そして太く短い関係性を演出してくれます!

全体で一つのチームというわけではないので、
"ひとり対ひとり"の結びつきが、より強くなるのも面白いところですね。


また、このゲームは"3つの顔"を持っているといえます。

というのも、
プレイ人数によって陣地の内容が変わり、協力要素に濃淡が生じるのです。

2人プレイであれば、
お互いに自分だけの陣地を3ヵ所ずつ持ちますので、
いわゆる四字熟語の"我田引水"になり、

4人プレイであれば、
前述のとおり必ず二人一組で陣地を持ちますので、
ワレワレ…的な感じで"我々田引水"となり、

3人プレイであれば、
2ヵ所が共有で、1ヵ所が占有になることから、
我と我々を足して"我我々田引水"となりましょうか(え、ならない?)。

まぁガガデンとかガガガデンとかはともかく、
つまりはどのプレイ人数でも違った味わいを楽しめるわけです!

こういったところに、
リプレイ性の高さというか、飽きさせない工夫のようなものを感じますね。


タイルを置いて、道を敷いて、宝石を自陣へと導く――

たったそれだけのシンプルなゲームながら、
30分弱という短めのプレイ時間の中に、
さまざまなドラマが見られる作品となっています!

インディゴ-69

インディゴ-70

最後に、購入のオススメ度合いですが、

これはタイル配置型ゲームの中でもイチオシのタイトルですね。

星屑は「カルカソンヌ」などで道を敷くのが好きなんですが、
その道の上を実際に宝石が通ってくれるのが大いにツボりました!
(※道を敷くだけ敷いて終わりのゲームは意外と多い…!)

そういった直感的なところや、簡単なルールのおかげか、
このゲームはたくさんのプレイヤーさんたちに楽しんでもらえています♪

ただ、2019年4月現在は品薄のようで…( ̄▽ ̄;)

定価は確か5千円だったかと思いますので、購入に際しては、
あまりにも高額なものは掴まぬよう、お気をつけください…!


インディゴ 関連記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2019/04/20 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 インディゴ  
|
ボードゲーム
「インディゴ」




★開封

インディゴo-01
▲amazonのマケプレから届いたので、さっそく開封します!

紹介記事はこちら


★箱の外観

インディゴo-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲作者はクニツィーア先生です。

インディゴo-03
▲箱のウラ
▲よ、読めない…!( ̄▽ ̄;)

インディゴo-04
各種アイコンその1

インディゴo-05
各種アイコンその2
運の要素戦略性が高いようですね。



★箱をオープン!

さあ開封してまいりましょう!

インディゴo-06
▲一発目はルルブ

インディゴo-07
ついたてが続いて、

インディゴo-08
▲その下にタイル台紙

インディゴo-09
▲ここにゲームボードがあって、

インディゴo-10
▲底には宝石ですね。以上です!



★タイル抜き!

インディゴo-11
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

インディゴo-12
▲はい完了…!

インディゴo-22
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

一つ一つ見ていきます。

インディゴo-13
ルールブック(原文・全4ページ)
▲英語ではないので、ぼくには読めんです…( ̄▽ ̄;)

インディゴo-14
ゲームボード×1枚
▲たくさんの六角形からなるボードです。
▲大半がですが、中には紺色水色のへクスもあります。

インディゴo-15
ついたて×4枚
▲内側はサマリーになっていますね。
▲外側はプレイヤーカラー別です。

インディゴo-16
チップ×24枚(各色6枚)
▲おそらく、自分の色のチップに宝石を運ぶゲームなんだと思います。

インディゴo-17
宝石×3色
▲サマリーによると、どうやら色ごとに得点が違うみたいですね。

インディゴo-19
紺色タイル×1枚
▲ゲームボードの中央に配置するタイルのようです。
▲ここからスタートするのかな…?

インディゴo-18
水色タイル×6枚
▲ゲームボードの6つの隅に配置するようですが、
▲今のぼくには、どんな役割なのか判りません…。

インディゴo-20
白タイル×たくさん
▲これを配置して道を伸ばして、宝石を運ぶみたいですね。
▲パッと見た感じ、タイルのパターン6種類ほどありました。



★コメント

今回は、妻しーぷが大絶賛のタイトル「インディゴ」です!

星屑は未プレイなんですが、
しーぷは、ここんところボードゲーム会で立て続けにプレイして、
もう何回やっても面白い!と、お気に入りもお気に入り…!

タイルゲームが大好き星屑も、なんちゃ興味がありましたし、
善は急げと9月に入って速攻で注文してみました!

この並行輸入品には日本語説明書がありませんが、
ルールについては妻しーぷが把握しているようですので…、

とりあえず2人でプレイしてみて、
ルール説明がてらのプレイ記を書いてみようと思っています。
(更新は来月上旬くらいになるかも…)

インディゴo-21

初心者にもやさしいルールと聞きましたので、
ウチのボドゲ会のレギュラータイトルになるかもしれんですね!



紹介記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/09/06 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 インディゴ  
|