FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
★2019年のボードゲームBEST3

2019ランク-25


さて、2019年も当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、日本語版が発売されたボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

3位からランキング形式で発表してまいります!



と、その前に、
しーぷの2019年ナンバーワンは――


★しーぷNo.1「ふたつの城の物語」




しーぷ「っていうかさ!」

星屑「うん」

しーぷ「なんで星屑のベスト3にコレが入ってないの?!」

しーぷ「あのノイシュヴァンシュタイン城と、」
しーぷふたつの街の物語の夢のコラボだよ?!」



しーぷ「ノイシュヴァンは2015年星屑3位だったし、」
しーぷ「ふたつの街にいたっては2016年1位だったよね?!」

しーぷ「その間を取ったって2位にはなるはずでしょ?!」

星屑「その理屈はともかくとして、うん、ぶっちゃけるとね、」

しーぷ「ぶっちゃけると?」

星屑「オレの中で今年の4位だったんだよ…ふたつの城の物語…」

しーぷ「あー、上が厚かったわけかぁ」
しーぷ「なるほどね」

星屑「あくまでベスト3って銘打ってるから、仕方なかったっちゃん」

しーぷ「じゃあ安心して自信を持って強い気持ちで宣言するね」

しーぷ「私の2019年のベストはふたつの城の物語でした!!!」

2019ランク-01

両隣の席のプレイヤーと、
それぞれ協力して城をつくり上げていくゲーム「ふたつの城の物語」。

ルールについては、
"ふたつの街"からタイルドラフト正方形タイルのタテヨコ配置を、
"ノイシュヴァン"からは多彩な部屋の接続による得点方法を、
それぞれ持ち込みつつ、うまく融合させている感じです。

"ふたつの街"の良いところは、
なんといっても、他のプレイヤーとの途切れない会話で、
"ノイシュヴァン"の良いところは、
さまざまな部屋によって完成する自分だけの城でしたが、
それらが合わさると、どうなったかというと――

2019ランク-02
▲これは、ある日のウチのボードゲーム会で、
▲たまたま席が隣になった私星屑と妻しーぷとつくった城なんですが――

星屑「とりあえず地下に《チーズ蔵》をつくっとくわ」

しーぷ「じゃあ、その下に《キノコ部屋》もつくるね」

星屑「なんか《バター製造室》を引いたっちゃけど、」
星屑「採算とか度外視でつくっちゃってもいいかな?」

しーぷ「なんだか美味しそうなお城になりそうだからOK♪」

星屑「(よく考えたら、美味しそうなお城って何だろう…汗)」

しーぷ「あ、こっちには《朝の喫茶室》があるよ」

星屑「おお、これ、あと玉子さえ採れれば、」
星屑とろ~りチーズとキノコ入りのオムレツを、」
星屑《朝の喫茶室》で食べられる感じになるね!」

しーぷ玉子が採れる部屋ってないのかな…?」

星屑「もし、あとで回ってきたら絶対に確保しよう!」


……
………

星屑「(よっしゃ、本当に《玉子の部屋》を引けたぞ…!)」

星屑しーぷ、これ見て!」
星屑「ちゃんと《玉子の部屋》が回ってきたよ!!」

しーぷ「ナイス!」
しーぷ「これで完璧…って、」
しーぷ「よく見たら《玉子の部屋》じゃなくて《王子の部屋》じゃん!!」

星屑「うげ、ほんとだ…」
星屑「そういえばイラストの中に玉子の要素が全くないし…汗」

しーぷ「でも、さっきブタさんの部屋を見かけたし、」
しーぷニワトリさんの部屋もあるかもしれないから、」
しーぷ「気を落とさずに完成を目指そうよ!」

星屑「うん、なんとしても美味しいオムレツを…!」


結局、玉子が手に入らず、オムレツ完成しなかったんですが(笑)、
得点のことだけではなくフレーバーのことでも大いに盛り上がれる
とても愉快なゲームになっていました!

実際、他のプレイヤーたちも、


うまくタテに伸ばせて塔での得点を稼げたね!

ヨコに広がりすぎて平屋みたいな城になっちゃったね…

なんだかヤバい部屋が多すぎでしょ、この城…!

こんなイビツなカタチの城になんか絶対に住みたくない!!

玄関が地下にあるんだけど、どうやって入ればいいんだろう…

こっちの城はこっちの城で、玄関が4階にあるんですが…


などなど、得点計算が終わったあとも、
おのおの自分たちの城を写真に残しながら感想を述べていることが多く、
どうやら、見事に両作品の"良いとこ取り"に成功したようですね!

そんな「ふたつの城の物語」が、
しーぷの今年のナンバーワン作品となったようです!

2019ランク-03
▲なお、存在した模様…。

最後に、余談なんですが――

2019ランク-04
▲このゲームのタイルのウラ面が、
六花亭の「マルセイバターサンド」に見えるのは、
しーぷ星屑だけでしょうか…?( ̄▽ ̄;)



さてさて、ここから改めて星屑のBEST3をば!



★2019年3位「タワー・オブ・マッドネス」

2019ランク-05

2019年の、といいながら、
この「タワー・オブ・マッドネス」の発売は2018年12月27日

あまりにも年の瀬すぎたため、
昨年のボードゲーム会に登場することができず、
今年に入ってから始動できたタイトルということで、
こちらのランキングに入ることになりました…!( ̄▽ ̄;)

とはいえ、
ランキング入りしたということは、私星屑のハートをつかんだわけで、
その最たる理由はビー玉のジャラジャラ感!!


…は、もちろんなんですが、それだけではなく、
ダイスゲームとして良いものだと感じたのが非常に大きかったのです。

5つの6面ダイスを繰り返し振って、
1と2と3の目を確定させつつ、残り2つの目の合計値で競う。


ToM-o-37

すごくシンプルで、初心者にも説明しやすいルールながら、
そこはダイスロールということで運に左右されることも多々あり、
経験者が安全策に走っても、ダメなときはてんでダメという、
わかりやすさと、ある意味の公平感を兼ね備えた、
バランスのとれたダイスゲームだと思います。

そして、ダイスゲームというのは、
おおよそ、その時点で終わりというのが大多数ですが、
そこで終わらないのが、この「タワー・オブ・マッドネス」!

ダイスロールの結果が、タワーからの触手の引き抜きにつながり、
そうして転がり出てきたビー玉の色によって何かが起こる…!

2019ランク-06

ダイスゲームから、ナチュラルにギミックゲームへと接続されていて、
まさに一粒で二度おいしい的な作品に仕上がっているのです!!

一方で、重要な要素とはいえ呪文カードの存在によるテンポの悪さや、
あまりにもムラのあるゲーム展開などといった気になる点もあります…。

けれど、
ルックスの異様さで多くのプレイヤーたちの目を引き、
最後のダイスを振るときのドキドキ感や、
触手を引き抜くときのハラハラ感といった、
ゲーム体験の質の良さで大きな満足感を与えてくれる。

2019ランク-07

よくあるタイプの"一度プレイして封印する系ゲーム"かと思いきや、
今年、何度も何度もプレイすることになったタワー・オブ・マッドネス」が、星屑の3位になりました!

開封&紹介記事

なお、元々は1万円近くするゲームでしたが、
2019年末現在、駿河屋さんで6千円台なかばになっていますね。

駿河屋さん商品リンク



★2019年2位「カスタムヒーローズ」



トランプゲームといえばの一つ「大富豪(大貧民)」。

あのゲームには"革命"という、
同じカードを4枚出すことで数字の強弱が逆転するルールがありますが…、

そうではなく「大富豪」自体の革命といえるのが、
この「カスタムヒーローズ」です!

2019ランク-14

なにが"革命"かって、
手札のカードの数字を書き換えられちゃうんですよ…!
2019ランク-08
▲このカードは本来は《4》ですが、
2019ランク-09
透明カードを挿入することによって、
2019ランク-10
▲なんと《10》に書き換えられてしまいました!!
2019ランク-11
▲それどころか、足し算で《15》にしてみたり…、

他の例では、

2019ランク-12
▲数字を足し引きすることで、
▲うまく同じ数字のカードを揃えたりと、

手札が変幻自在という、まさにオキテ破りな「大富豪」…!

しかも、数字が書き換えられたカードは、
そのまま次のラウンドに持ち越されて、
シャッフルされた上で再配布されるので、
自分が書き換えたカードが他人に渡ったり
他人が書き換えたカードを自分が握ったり
さらには、書き換えられたカードに書き足しをしたり…。

ゲームは最大で6ラウンド+αですが、
終盤に向かうほどカードのインフレが激しくなり、
最後の方なんかは――

2019ランク-13

《3》6枚やー!」
「さすがに同じ数字を6枚は誰も持ってないっしょ!!」

「…ふん、あまいなっ」
透明カードをちょちょいのちょいで…《10》6枚!!!」

なん…だと…!?

…なんて、小学生のマウント取りみたいな面白い展開になります!

ちょっとルールブックが読みづらいという欠点こそありますが、
そこは当ブログの開封&紹介記事なんかを見てもらうとして…、

最大6人で、お手軽にワイワイ盛り上がれる「カスタムヒーローズ」が、
カードゲームでは珍しく星屑のランキングにインしました…!

開封&紹介記事



★2019年1位「ERA 剣と信仰の時代」



こういうのをプレイしたかった大賞です!

星屑がボードゲームに惹かれる要素として、
盤上の立体感というものが一つ大きく存在します。

それは――

メディナ-o-30
▲例えば「メディナ」だったり、

2019ランク-15
▲あるいは「ビッグシティ」だったり、

2019ランク-16
▲はたまた「エクスパンシティ」だったり…。

ぼくはコンピューターゲームの「シムシティ」が大好きですが、
同じ街づくりであっても、あのデジタルの立体感とはまた違った、
確かに目の前にあるリアルなカタチとしての立体感といいますか、
それが触れることも手に取ることもできるという事実は、
アナログゲームならではの美点だと思うのです!

2019ランク-17
▲こちらはこちらで好きですけどネ♪( ̄▽ ̄*)

2019ランク-18

この「ERA」は、
そんな立体感のある建物コマを配置していくことで、
自分の好きなように箱庭をつくり上げていくことができます

唯一、強制されるのは、
盤面のド真ん中に主塔を1つ建てさせられることだけで、
あとは本当に自由自在に箱庭づくりに没頭することができる。

とはいえ、
各建物の数には限りがあって、
それらは他のプレイヤーとの取り合いになりますし、
ダイス運によっては思うようにコトが運ばないこともありますが…、

何度も何度もプレイすることで腕を磨いていけば、
確実に、自分にとっての理想の街づくりに近づくことができ、
また、ダイスという不確定要素もあいまってリプレイ性が高く、
繰り返してプレイしたくなる作品に仕上がっています。

2019ランク-19
▲例えば、星屑の初プレイでは、
市壁を完成させられず、いまいち得点が伸びませんでしたが…、
(*画像の左下の部分を完全に閉じられなかった)

2019ランク-20
▲2度目のプレイでは、
▲しっかりと市壁を閉じることで高得点を叩きだすことができ…、
(*市壁の中の建物は得点が2倍になる!!)

2019ランク-21
▲3度目のプレイでは、
▲相手からの焦土コマに苦しめられながらも柔軟に対応して、

2019ランク-22
▲辛くも勝利することができました♪( ̄▽ ̄*)

実は、この日は3連チャンでプレイしたんですが、
ぼくが同じゲームを続けても集中力を切らさないのは珍しいので、
それだけの面白みとテンポの良さを兼ね備えているということでしょう!


温かみのある木製ボードの手触りに感激しつつ、
とにかくダイスの出目に一喜一憂していた前作から――

2019ランク-23

いま現在の需要に即した、いわゆる映えるゲームへの華麗なる転身…!

2019ランク-24

なにぶん箱が大きいですので、持ち運びこそ大変ですが、
来年以降もプレイを重ねて腕を磨いていきたい「ERA」が、
2019年の星屑にとっての堂々の1位となりました!



…と、こんなところで今年の、

ブログ「大分県宇佐市でボードゲーム!

を〆させていただきましょう。


2020年もステキなボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!








記事を閉じる▲

【2019/12/31 00:01】 | その他 【タグ】 ふたつの城の物語  タワー・オブ・マッドネス  カスタムヒーローズ  ERA  
|
ボードゲーム
「カスタムヒーローズ」




★開封

カスタムHs-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

カスタムHs-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

わりと高さのあるパッケージですね。
両腕に兵装を着けた戦士がジャケットを飾っています。

カスタムHs-o-03
▲箱のウラ面

"カード構築システム"という文字が躍る説明書きです。
よく見かける"デッキ構築システム"との違いが気になりますね。

カスタムHs-o-04
スペック

プレイ人数2~6人で、
プレイ時間45分
対象年齢14歳以上です。

ただし、2人プレイ時は何点かルール変更あり。

なお、ちゃんとルールを説明すれば、
中学生なら問題なく遊べる内容ですし、
小学生でもプレイ可能かと思います。



★箱をオープン!

カスタムHs-o-05
▲一発目はルルブ

カスタムHs-o-06
▲その下についたてと、

カスタムHs-o-07
巾着袋があって、

カスタムHs-o-08
▲ここにタイル台紙

カスタムHs-o-09
▲底部にカード類スリーブで、
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

カスタムHs-o-10
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

カスタムHs-o-11
▲はい、完了…!

カスタムHs-o-12
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

チップ類のみということで、あっという間でしたね。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

カスタムHs-o-13
ルール説明書(日本語・全16ページ)

サイズは小さめ、ページは多めのルルブです。

文字がびっしり系ではありますが、
概要→詳細と順序立てて書かれていますので、
思ったよりもスラスラと読むことができます。


カスタムHs-o-14
ついたて×6枚

プレイヤーたちが、
勝利点トークン以外の全てを隠すためのついたてです。

ウラ面はサマリーになっていて、
各ラウンドで順位ごとに受け取るボーナスが記されています。


カスタムHs-o-15
勝利点トークン×81個
パワートークン×36個

自分の勝利点を示すトークンと、
特殊能力を発動する際に消費するトークンです。

ちなみに、自分のターン中には、
パワートークン4個勝利点トークン1個へ変換できます(逆は不可)。


カスタムHs-o-16
▲ここからカード類


カスタムHs-o-17
キャラクターカード×60枚

左上に「」~「10」の数字が振られたカードです。

この10枚が1セットで、全く同じものが全部で6セットあります。

カスタムHs-o-18
カードスリーブ×80枚

全60枚のキャラクターカードを入れるためのスリーブです。

余った20枚は、スリーブが破れた際のスペアとなります。


カスタムHs-o-19
カスタムHs-o-20
カスタムHs-o-21
カスタムHs-o-22
カスタムHs-o-23
強化カード×84枚

まるで「ピクテル」のような透明カードです。

特殊能力オーラ左手武器右手武器の4種類があり、
キャラクターカードのスリーブに挿し込むことで、
キャラクターカードを強化することができます。

カスタムHs-o-24
強化カード袋×1枚

強化カードを入れるための巾着袋です。

強化カードを獲得する際には、
この袋の中からランダムで引くことになります。



★スリーブ入れ!

このゲームをプレイするにあたって、まずは、
キャラクターカードスリーブに入れなければなりません。

カスタムHs-o-25
▲と、いうわけで、とりあえず、
▲全60枚のキャラクターカードを、
▲もれなくスリーブに入れてしまいましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

カスタムHs-o-26
▲はい、完了…!

カスタムHs-o-27
星屑タイムは3分半でした。

カードに対して、ゆったりサイズのスリーブで、
とても入れやすかったですね♪( ̄▽ ̄*)



★どんなゲーム?

カスタムヒーローズ」は、
トランプの定番「大富豪(大貧民)」に、
画期的な追加要素が乗っけられたゲームです!

基本は本当に「大富豪」なんですが、
目玉となる"カード構築システム"が搭載されたことにより、
カードの数字を修正したり、特殊能力を付与したりできて、
よりエキサイティングでクレイジーなものに仕上がっています…!



★「大富豪(大貧民)」のおさらい

そもそもの「大富豪」というトランプゲームの、
ルールをお忘れの方や、記憶がおぼろげな方のために、
まずは大富豪のおさらいから始めていきましょう!
(本当はトランプを使って撮影したかったけど手元になかった…)


☆より早く手札を0枚にするゲーム

大富豪は、トランプを全員に配りきった後、
自分の手札を0枚にする早さを競うゲームです。

カスタムHs-o-28
▲自分に配られたカードを…、

カスタムHs-o-29
▲0枚にする!

そして、"手札を0枚にできた順番"によって、
1番の人は"大富豪"で2番の人は"富豪"…という具合に階級が決まり、
手札を0枚にできなかった最後の1人は"大貧民"となってしまいます。



☆手札を減らす方法

手札を0枚にするというゴールテープを切るためには、
自分の手札を減らしていかなければなりません。

その方法は、場にカードを出すというもの。
(他のトランプゲームと同じですね!)

ただし、どんなカードでも出せるわけではなく、
前の人が出したカードよりも数字の大きなカードを出す必要があります。

例えば、自分の前の人が「」のカードを出したら、
自分は「7以上」のカードしか出せません。

カスタムHs-o-30
▲前の人が「」を出した場合、この手札からは、
▲「」「」「10」のいずれかしか出せない。

加えて、
前の人が複数枚のカードを出していたら
こちらも同じ枚数を出す必要があります。

例えば、自分の前の人が「」のカードを2枚出したら、
自分は「6以上」のペアしか出せません。

カスタムHs-o-31
▲前の人が「」のペアを出した場合、この手札からは、
▲「」のペアか「10」のペアしか出せない。

なお、2枚以上のカードを同時に出す場合は、
必ずその全てが同じ数字でなければなりません。



☆パスとトリック

自分の番が回ってきた際に、
出したいカードがなかったり、
出せるカードがなかったりした場合は、
自分の番をパスすることもできます

そして、もし――

カスタムHs-o-32
自分がカードを出した直後
自分以外の全員がパスをしたら…、

カスタムHs-o-33
▲それまで出されていたカードを脇へ除けて…、
(これを"流す"とか"流れる"とか言います)

カスタムHs-o-34
▲自分は手札から任意のカードを出すことができるのです!

まっさらな場にカードを出すということで、
複数枚を出すなら同じ数字でなければならないルールさえ守れば、
どんなカードでも出すことができます…!

カスタムHs-o-35
▲例えば、なかなか出せるタイミングのなさそうな、
▲「」のような小さな数字のカードを出すのもよし。

カスタムHs-o-36
▲あるいは、とりあえず「」を3枚出しておいて…、

カスタムHs-o-37
▲相手が手札を吐き出したところを、
▲「10」の3枚出しで刈り取るような、
自分のペースに持ち込むプレイングをしてもよし。

余分なカードを処理するにしても、
攻撃の起点をつくるにしても、
とにかく大きなチャンスというわけです!


また、このようにして、
まっさらな場に最初のカードが出され→
時計回りでカードが出されていき→
最後は1人以外の全員がパスをして→
場が流れるまで
の一連のサイクルを、
"トリック"という単位で呼びます。

そして、
自分が残り全員をパスさせて、
場を流すことを"トリックを勝つ"とも。

一方で、
トランプを全員に配りきってから→
何回かのトリックを繰り返して→
全員の階級が決まるまでの大きなサイクル
は、
いわゆる"ラウンド"です。



★「大富豪(大貧民)」との違い

大富豪のおさらいが終わったところで、
それでは「カスタムヒーローズ」が、
どう大富豪と違うかについて見ていきましょう!


☆カードの内訳

大富豪はトランプを使いますので、
「1(A)~13(K)」の4セット+「ジョーカー」と決まっていますが…、

カスタムヒーローズ」は、
1~10」のセットをプレイ人数ぶん使用します。

カスタムHs-o-38
▲例えば、4人プレイなら4セット40枚
同じカードが4枚ずつということですね。

これが3人プレイなら3セットで30枚になり、
5人プレイなら5セットで50枚になるわけです。

ラウンドの開始時には、その全てをシャッフルして配りきりますので、
1人につき必ず10枚をランダムで受け取ることになります。


また、大富豪では、
最強の数字が「2」で、その次が「1(A)」で、
それに「K」「Q」「J」と続いて最弱が「3」でしたが…、

カスタムヒーローズ」では、
ただ単に大きな数字が強く小さな数字が弱いです。



☆前の人と同じ数字を出すと…

大富豪では、
前の人よりも大きな数字のカードを出す必要がありましたが…、

カスタムヒーローズ」では、
前の人と同じ数字のカードを出すことができます!

カスタムHs-o-39
▲例えば、前の人が「」のペアを出した場合、
▲より大きな「10」のペアはもちろんのこと、
▲同じ「」のペアの方を出すこともできる。

しかも、ただ出せるだけでなく、
前の人と同じ数字のカードを出した場合
次のプレイヤーのターンが飛ばされるのです!

大事なことなので、もう一度。

次のプレイヤーのターンが飛ばされるのです!

カスタムHs-o-40
前の人と同じ数字のカード自分が出した場合、
▲自分の次のプレイヤーのターンが飛ばされて
▲その次のプレイヤーのターンとなる。
(つまり自分の次の次のプレイヤーのターン)

この強制スキップは地味に超ヤバくて、
特に残り2人となった場では猛威を振るいます…!

これはリアルにあった話の再現ですが――

カスタムHs-o-41
残り2人となった場面で、
相手の「」に対して…、

カスタムHs-o-42
▲こちらも「」を出すことで、
▲次のプレイヤー(つまり相手)を強制スキップして、
▲このトリックを終わらせ…、

カスタムHs-o-43
▲続く新たなトリックで、
▲まっさらな場に「」を2枚出して手札ゼロ

自分の手札が「」のスリーカードで、相手のターンからという、
絶体絶命の状況を強制スキップで切り抜けた事例です。

ちなみに、この相手というのが何を隠そう私星屑で、
その残りの手札は「」と「10」。

何を出されても「10」で打ち取ってしまえという算段も、
ターンを飛ばされて水の泡となってしまったのでした…!( ̄▽ ̄;)



☆強化カードとは?

"カード構築システム"とは、
つまり、カード自体をいじくって改造できるというものですが、

カスタムHs-o-44
▲その素材となるのが、この透明な「強化カード」です。

これがどんな感じで使われるかというと――

カスタムHs-o-45
▲さて、自分が「10」を1枚出した場面。

キャラクターカードの最大値は「10」ですので、
このトリックは勝てただろう…と思いきや、

カスタムHs-o-46
▲なんと相手が「11」のカードで対抗してきました…!

カスタムHs-o-47
▲「拳一」は、本来は名前の通り「」のはずなんですが、

燃えたぎる炎のオーラによって「11」に強化されていたのです!!

カスタムHs-o-48
▲そんなときは、こちらも負けじと、
▲ついたての内側に隠し持っている強化カードを、

カスタムHs-o-49
▲手札のカードに挿し込んで…、

カスタムHs-o-50
▲強化には強化で受けて立ちましょう!

本来は「」でしかない「才三」も、
強力な左手装備によって「11」にパワーアップ!!

カスタムHs-o-51
▲しかし、相手も簡単には引き下がってくれません。

二葉」にもオーラをまとわせて「14」に…!

カスタムHs-o-52
▲こちらも何とか「14」に届かせたい!

カスタムHs-o-53
▲「十式」を右手装備による強化で「14」にして、
▲さあ、今度こそトリックをモノにできるか?!

…という具合ですね!



☆強化カードの使い方

各ラウンドの順位に応じて入手できる「強化カード」は、
自分が手札からカードを出す直前に、
好きなだけキャラクターカードに挿し込むことができます

カスタムHs-o-54
▲例えば、相手が「」を3枚出してきたけれど、
▲手札には「」が2枚しかないという状況で…、

カスタムHs-o-55
▲「」のカードに「-1」の強化カード2枚挿し込み…、

カスタムHs-o-56
3枚目の「」を作り出してしまう…なんてことも、
▲できてしまうわけです!

ただし、強化カードには4種類あって、

カスタムHs-o-58
1枚のキャラクターカードには、
1種類につき1枚までしか挿し込むことができません。

1人のキャラクターには、
左腕は1本しかないので左手武器1つまでで、
右腕も1本しかないので右手武器1つまでというわけですね。

カスタムHs-o-59
▲なお、キャラクターカードには、
▲下部に4つのスロットがあって…、

カスタムHs-o-60
▲強化カードを1枚挿し込むごとに、
スロットが埋まっていくようになっています。

同じ色のカードが2枚以上入らないように気をつけましょう!



☆強化カードは外れない

一度、キャラクターカードに挿し込んだ強化カードは、
ゲーム終了まで絶対に外れることはありません

そして、各ラウンドの開始時には――

カスタムHs-o-61
▲全てのカードをシャッフルした上で、

カスタムHs-o-62
▲全員に10枚ずつ再分配します。

つまり、どうなるかというと…、

カスタムHs-o-63
自分が強化したカード敵の手に落ちてしまったり

カスタムHs-o-64
▲逆に相手が強化したカードが、
▲今度は味方になってくれたりするわけです!

これぞ胸アツな展開ですね…!( ̄▽ ̄*)



☆強化カードの特殊能力

強化カードには、
数字ではなく文字が記されているものもあり、
それらを"特殊能力"といいます。

カスタムHs-o-65
▲特殊能力は全部で6種類です。

特殊能力以外の強化カードは、
ノーコストでバンバン使えますが、
特殊能力にはコストが絡んできます

具体的には、
特殊能力を発動させる際に、
カード左下に示されているぶんの、
パワートークンを支払わなければならないのです。

カスタムHs-o-66
▲コストは金色の五角形が目印。

逆に、
特殊能力を発動させないという選択肢もあり、
その場合は一律でパワートークンを受け取ります。

カスタムHs-o-67
▲例えば、このように、
▲特殊能力が挿し込まれたカードを、
▲単に「10」のカードとして場に出し、
特殊能力を発動させないのであれば、
パワートークンを支払うのではなく、
▲逆に1パワートークン受け取れるのです。

特殊能力が挿し込まれたカードは、
パワートークンを支払えば強力な効果を発動でき、
発動しなければパワートークン受け取れるので、
どちらに転んでも美味しいカードといえますね。


以下、全6種類の特殊能力を見ていきましょう!


カスタムHs-o-68
▲「炎上ウサギ」は、
1枚のカードを2枚あることにできる能力です。

カスタムHs-o-69
▲例えば、相手が「」を4枚出してきたときに、
▲自分は「」を3枚しか持っていないとして…、

カスタムHs-o-70
▲その内の1枚に「炎上ウサギ」を挿し込むことで、
▲「」の枚数を1枚水増しすることができます!

カスタムHs-o-71
▲他にも、大きな数字のカードに挿し込めば、
2枚出しのトリックでの大活躍が見込めるでしょう…!


カスタムHs-o-72
▲「角ガエル」は、
一緒に出すカードの数字をコピーできる能力です。

カスタムHs-o-73
▲例えば、「14」のカードと一緒に出せば、
▲「角ガエル」のカードも「14」になれます!


カスタムHs-o-74
▲「キツネ巫女」は、
そのトリックが終わるまでの間、
数字の強弱を逆転させる能力です。

つまり、数字が小さいほど強くなり
数字が大きいほど弱くなるということになります。

いわゆる本家・大富豪でいうところの「革命」ですね!

カスタムHs-o-75
▲「キツネ巫女」を出して、能力を発動した瞬間から、
そのトリックが終わるまでは数字の強弱が逆転

直上の画像の場合、
本来は次に「6以上」のペアを出すところですが、
逆に「6以下」のペアを出さなければなりません。

カスタムHs-o-76
▲こうなると、より小さな数字を持っている方が有利…!

例えば、逆転時の「」「」「」「」「」は、
通常時の「10」「10」「10」「」「」相当といえます!

カスタムHs-o-77
▲さて、自分は満を持して「」のペアを出し、
▲これで自分以外の全員がパスをすれば、
▲まっさらな場に最後の1枚を出して手札ゼロ…ですが、

カスタムHs-o-78
▲ここで、なんと相手から「-1」のペアが出ました…!

これでトリックが終わってしまうと…、

カスタムHs-o-79
▲「キツネ巫女」の効果は消えてしまい、
▲また「」は最弱の座に…。

まったくもって油断ならないゲームですね…!( ̄▽ ̄;)


カスタムHs-o-80
▲「球クジラ」は、
そのトリックを勝ち切れば
直ちに1勝利点を得られる能力です。

カスタムHs-o-81
▲せっかく支払う1パワートークンを無駄にしないために、
▲確実に勝てそうな局面で使っていきたいですね!


カスタムHs-o-82
▲「子ドラゴン」だけは、
▲メインフェイズではなく準備フェイズで能力を発動します。

準備フェイズとは、
大富豪をするメインフェイズの前の、
カードを再分配するフェイズのことです。

つまり、手札が配られた時点で…、

カスタムHs-o-83
このラウンドは1位になれそうだ!とふんだら、
▲「子ドラゴン」のカードを公開して、
▲自分の2勝利点を賭けることができます。

そして、その通り1位になることができたら、
直ちに追加の2勝利点を得て、賭けた2勝利点も戻ってくるわけです。
(2位以下だったら賭けた2勝利点は没収)

カスタムHs-o-84
▲なお、「子ドラゴン」の能力を発動し、
▲そのカードを公開すると、
手札が1枚減ったことになりますので、
▲手札ゼロに1歩だけ近づいた状態でラウンドを始められます。
(「子ドラゴン」を2枚使えば手札8枚スタート)


カスタムHs-o-85
▲「昇華形態」は、最強のカードです。
どんなカードにも勝つことができます!

カスタムHs-o-87
▲例え相手が、どんなに大きな数字を出してこようが、

カスタムHs-o-88
どんなに多くのカードを出してこようが、
たった1枚で勝ってしまうのです!

そんな「昇華形態」に勝てるのは、
後出しの「昇華形態」だけですので、
最終的には、誰が最後に昇華形態」を出すか、
という勝負にもつれ込みます…!



☆ゲームの流れ

最後に、このゲームの流れです。

ゲームは最大6ラウンドで行われて、
各ラウンドには3つのフェイズがあります。

①準備フェイズ
→キャラクターカードをリシャッフルして再分配する。
→任意で「子ドラゴン」の能力を発動できる。

②メインフェイズ
→トリックを繰り返して全員の順位を決める。
1位が決まった時点勝利判定をする。

③ボーナスフェイズ
→順位に応じてボーナスを受け取る。


大富豪には明確な勝利条件が設定されていないことが多いですが、

カスタムヒーローズ」では、
10勝利点以上1位になって勝利判定を迎えることが、
ゲームの勝利条件となっています。

②メインフェイズ1位のプレイヤーが決まったら、
そのプレイヤーが10勝利点以上あるかどうかをチェックして、
あれば直ちに勝利してゲーム終了…というわけです。

逆に、なければゲームを続けて、
最下位が決定するまで②メインフェイズを行った後、
③ボーナスフェイズに移ります。

③ボーナスフェイズは、
自分の順位に応じたボーナスを得られるフェイズです。

カスタムHs-o-89
▲その内容は、ついたてのウラ側に一覧で示されていて、

カスタムHs-o-90
▲例えば4人プレイの場合、
▲1位は5勝利点強化カード1枚を受け取り、
▲2位は3勝利点1パワートークン強化カード2枚を受け取って、

カスタムHs-o-91
▲3位は1勝利点2パワートークン強化カード2枚を受け取ります。

なお、最下位は1勝利点を失ってしまう上に、
もしも10勝利点以上ある状態で最下位になってしまうと、
勝利点が強制的に「」へと引き下げられてしまうのです…!
(*都落ち的な)

とはいえ、
最下位は強化カード3枚も引けますので、
次のラウンドの手札次第では、しっかりと反撃の目が残ります。

諦めずに10勝利点を目指し、逆転勝利をつかみましょう!


最後に、重要なポイントとして…、

カスタムHs-o-82
カスタムHs-o-80
▲「子ドラゴン」と「球クジラ」は、
メインフェイズ中勝利点を得られる特殊能力ですが、

この加点は、勝利判定の「」に行われますので、
これ込みで10勝利点になり、そして1位になれば、
そのままゲームに勝利することができます!

勝利判定の「」のボーナスフェイズによる加点と違い、
奇襲をかけるような使い方が可能となっていますので、
うまくタイミングを見極めて、勝利をたぐり寄せましょう…!



★コメント

星屑、中学も高校も寮生活だったもので、
それはもう夜な夜な大富豪に明け暮れたものでした。

なにせ、持ち込み可能な娯楽がトランプのみときたもんで。

それでも6人部屋ということで、メンツに恵まれていたので、
多人数上等の大富豪というゲームは、あつらえ向きだったわけです。

そんな、星屑にとっては青春の象徴のような大富豪ですが、
いまや様々なバリエーションがあるみたいですね!


▲「ヴァンパイアクイーン」など、

大富豪の親戚のような小箱ゲームが、
いくつもあることを最近になって知りました…!


が、それにしたって、ですよ。

カード自体の数字が変動してしまうだなんて!

そんなイカサマ手品みたいなゲームがあるとは、
星屑、夢にも思いませんでした…!


しかし、「カスタムヒーローズ」というゲームは、

本当にカードを改ざん改造できてしまいます!!

しかも、そのタイミングが面白くて、
なんとカードを出す直前なんですね。

戦力10のカードを出して安心していると、
どこからともなくゴソゴソと音がして…、

実はこのカードは11だったのさ!

そうすると、すかさず別方向からゴソゴソと音がして、

いやいや、こっちのカードも11だから!!

今度は逆方向から、

はい、ここで最強カード!!!

これで終わるかと思いきや、

じゃあ最強カード返し…!

カスタムHs-o-94

なんだか幼少時代のアレを思い出しました。

たかちゃんはい、タッチ!

チビ星屑はい、バリア!

たかちゃんじゃあバリアできないタッチ!!

チビ屑じゃあバリアできないタッチをバリアできるバリア!!

たかちゃんじゃあ絶対にタッチできるタッチ!!!

チビ屑じゃあ絶対にバリアできるバリア!!!


そんな小さな子どもの戯れを、

大のオトナが全力でやり合うという、とんだ茶番劇!!

だが、それがいい…!

ゲームが進むにつれて、どんどん強化カードの枚数が増え、
クライマックスが近づくほどにアツくなるゲーム展開とか、

特殊能力が最低限に絞られているので、
不足なく、それでいてゴチャゴチャしていないプレイ感とか、

評価すべきポイントはいくつかありますが、

なにより、
みんなして童心に返っての大盛り上がりこそが、
このゲームの真価だと思いました!

カスタムHs-o-93

最後に、購入のオススメ度合いですが、

4人以上で集まることが多くて、
上記のようなバカっぽさが大好きであれば、
ぜひオススメしたいゲームです…!

一方で、
3人以下でのプレイでは、やや物足りなさがあり、
また、どうしても大味な展開になりがちなため、
じっくりとゲームを味わいたい方とは相性が悪いでしょう。

とはいえ、
大富豪さえ知っていれば、誰でもすんなりと入れる秀作ですので、
ゲーム会の主催者さんなんかは、持っていて損はないと思いますよ!



カスタムヒーローズ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2019/01/26 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 カスタムヒーローズ  
|