FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「カスタムヒーローズ」




★開封

カスタムHs-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

カスタムHs-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

わりと高さのあるパッケージですね。
両腕に兵装を着けた戦士がジャケットを飾っています。

カスタムHs-o-03
▲箱のウラ面

"カード構築システム"という文字が躍る説明書きです。
よく見かける"デッキ構築システム"との違いが気になりますね。

カスタムHs-o-04
スペック

プレイ人数2~6人で、
プレイ時間45分
対象年齢14歳以上です。

ただし、2人プレイ時は何点かルール変更あり。

なお、ちゃんとルールを説明すれば、
中学生なら問題なく遊べる内容ですし、
小学生でもプレイ可能かと思います。



★箱をオープン!

カスタムHs-o-05
▲一発目はルルブ

カスタムHs-o-06
▲その下についたてと、

カスタムHs-o-07
巾着袋があって、

カスタムHs-o-08
▲ここにタイル台紙

カスタムHs-o-09
▲底部にカード類スリーブで、
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

カスタムHs-o-10
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

カスタムHs-o-11
▲はい、完了…!

カスタムHs-o-12
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

チップ類のみということで、あっという間でしたね。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

カスタムHs-o-13
ルール説明書(日本語・全16ページ)

サイズは小さめ、ページは多めのルルブです。

文字がびっしり系ではありますが、
概要→詳細と順序立てて書かれていますので、
思ったよりもスラスラと読むことができます。


カスタムHs-o-14
ついたて×6枚

プレイヤーたちが、
勝利点トークン以外の全てを隠すためのついたてです。

ウラ面はサマリーになっていて、
各ラウンドで順位ごとに受け取るボーナスが記されています。


カスタムHs-o-15
勝利点トークン×81個
パワートークン×36個

自分の勝利点を示すトークンと、
特殊能力を発動する際に消費するトークンです。

ちなみに、自分のターン中には、
パワートークン4個勝利点トークン1個へ変換できます(逆は不可)。


カスタムHs-o-16
▲ここからカード類


カスタムHs-o-17
キャラクターカード×60枚

左上に「」~「10」の数字が振られたカードです。

この10枚が1セットで、全く同じものが全部で6セットあります。

カスタムHs-o-18
カードスリーブ×80枚

全60枚のキャラクターカードを入れるためのスリーブです。

余った20枚は、スリーブが破れた際のスペアとなります。


カスタムHs-o-19
カスタムHs-o-20
カスタムHs-o-21
カスタムHs-o-22
カスタムHs-o-23
強化カード×84枚

まるで「ピクテル」のような透明カードです。

特殊能力オーラ左手武器右手武器の4種類があり、
キャラクターカードのスリーブに挿し込むことで、
キャラクターカードを強化することができます。

カスタムHs-o-24
強化カード袋×1枚

強化カードを入れるための巾着袋です。

強化カードを獲得する際には、
この袋の中からランダムで引くことになります。



★スリーブ入れ!

このゲームをプレイするにあたって、まずは、
キャラクターカードスリーブに入れなければなりません。

カスタムHs-o-25
▲と、いうわけで、とりあえず、
▲全60枚のキャラクターカードを、
▲もれなくスリーブに入れてしまいましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

カスタムHs-o-26
▲はい、完了…!

カスタムHs-o-27
星屑タイムは3分半でした。

カードに対して、ゆったりサイズのスリーブで、
とても入れやすかったですね♪( ̄▽ ̄*)



★どんなゲーム?

カスタムヒーローズ」は、
トランプの定番「大富豪(大貧民)」に、
画期的な追加要素が乗っけられたゲームです!

基本は本当に「大富豪」なんですが、
目玉となる"カード構築システム"が搭載されたことにより、
カードの数字を修正したり、特殊能力を付与したりできて、
よりエキサイティングでクレイジーなものに仕上がっています…!



★「大富豪(大貧民)」のおさらい

そもそもの「大富豪」というトランプゲームの、
ルールをお忘れの方や、記憶がおぼろげな方のために、
まずは大富豪のおさらいから始めていきましょう!
(本当はトランプを使って撮影したかったけど手元になかった…)


☆より早く手札を0枚にするゲーム

大富豪は、トランプを全員に配りきった後、
自分の手札を0枚にする早さを競うゲームです。

カスタムHs-o-28
▲自分に配られたカードを…、

カスタムHs-o-29
▲0枚にする!

そして、"手札を0枚にできた順番"によって、
1番の人は"大富豪"で2番の人は"富豪"…という具合に階級が決まり、
手札を0枚にできなかった最後の1人は"大貧民"となってしまいます。



☆手札を減らす方法

手札を0枚にするというゴールテープを切るためには、
自分の手札を減らしていかなければなりません。

その方法は、場にカードを出すというもの。
(他のトランプゲームと同じですね!)

ただし、どんなカードでも出せるわけではなく、
前の人が出したカードよりも数字の大きなカードを出す必要があります。

例えば、自分の前の人が「」のカードを出したら、
自分は「7以上」のカードしか出せません。

カスタムHs-o-30
▲前の人が「」を出した場合、この手札からは、
▲「」「」「10」のいずれかしか出せない。

加えて、
前の人が複数枚のカードを出していたら
こちらも同じ枚数を出す必要があります。

例えば、自分の前の人が「」のカードを2枚出したら、
自分は「6以上」のペアしか出せません。

カスタムHs-o-31
▲前の人が「」のペアを出した場合、この手札からは、
▲「」のペアか「10」のペアしか出せない。

なお、2枚以上のカードを同時に出す場合は、
必ずその全てが同じ数字でなければなりません。



☆パスとトリック

自分の番が回ってきた際に、
出したいカードがなかったり、
出せるカードがなかったりした場合は、
自分の番をパスすることもできます

そして、もし――

カスタムHs-o-32
自分がカードを出した直後
自分以外の全員がパスをしたら…、

カスタムHs-o-33
▲それまで出されていたカードを脇へ除けて…、
(これを"流す"とか"流れる"とか言います)

カスタムHs-o-34
▲自分は手札から任意のカードを出すことができるのです!

まっさらな場にカードを出すということで、
複数枚を出すなら同じ数字でなければならないルールさえ守れば、
どんなカードでも出すことができます…!

カスタムHs-o-35
▲例えば、なかなか出せるタイミングのなさそうな、
▲「」のような小さな数字のカードを出すのもよし。

カスタムHs-o-36
▲あるいは、とりあえず「」を3枚出しておいて…、

カスタムHs-o-37
▲相手が手札を吐き出したところを、
▲「10」の3枚出しで刈り取るような、
自分のペースに持ち込むプレイングをしてもよし。

余分なカードを処理するにしても、
攻撃の起点をつくるにしても、
とにかく大きなチャンスというわけです!


また、このようにして、
まっさらな場に最初のカードが出され→
時計回りでカードが出されていき→
最後は1人以外の全員がパスをして→
場が流れるまで
の一連のサイクルを、
"トリック"という単位で呼びます。

そして、
自分が残り全員をパスさせて、
場を流すことを"トリックを勝つ"とも。

一方で、
トランプを全員に配りきってから→
何回かのトリックを繰り返して→
全員の階級が決まるまでの大きなサイクル
は、
いわゆる"ラウンド"です。



★「大富豪(大貧民)」との違い

大富豪のおさらいが終わったところで、
それでは「カスタムヒーローズ」が、
どう大富豪と違うかについて見ていきましょう!


☆カードの内訳

大富豪はトランプを使いますので、
「1(A)~13(K)」の4セット+「ジョーカー」と決まっていますが…、

カスタムヒーローズ」は、
1~10」のセットをプレイ人数ぶん使用します。

カスタムHs-o-38
▲例えば、4人プレイなら4セット40枚
同じカードが4枚ずつということですね。

これが3人プレイなら3セットで30枚になり、
5人プレイなら5セットで50枚になるわけです。

ラウンドの開始時には、その全てをシャッフルして配りきりますので、
1人につき必ず10枚をランダムで受け取ることになります。


また、大富豪では、
最強の数字が「2」で、その次が「1(A)」で、
それに「K」「Q」「J」と続いて最弱が「3」でしたが…、

カスタムヒーローズ」では、
ただ単に大きな数字が強く小さな数字が弱いです。



☆前の人と同じ数字を出すと…

大富豪では、
前の人よりも大きな数字のカードを出す必要がありましたが…、

カスタムヒーローズ」では、
前の人と同じ数字のカードを出すことができます!

カスタムHs-o-39
▲例えば、前の人が「」のペアを出した場合、
▲より大きな「10」のペアはもちろんのこと、
▲同じ「」のペアの方を出すこともできる。

しかも、ただ出せるだけでなく、
前の人と同じ数字のカードを出した場合
次のプレイヤーのターンが飛ばされるのです!

大事なことなので、もう一度。

次のプレイヤーのターンが飛ばされるのです!

カスタムHs-o-40
前の人と同じ数字のカード自分が出した場合、
▲自分の次のプレイヤーのターンが飛ばされて
▲その次のプレイヤーのターンとなる。
(つまり自分の次の次のプレイヤーのターン)

この強制スキップは地味に超ヤバくて、
特に残り2人となった場では猛威を振るいます…!

これはリアルにあった話の再現ですが――

カスタムHs-o-41
残り2人となった場面で、
相手の「」に対して…、

カスタムHs-o-42
▲こちらも「」を出すことで、
▲次のプレイヤー(つまり相手)を強制スキップして、
▲このトリックを終わらせ…、

カスタムHs-o-43
▲続く新たなトリックで、
▲まっさらな場に「」を2枚出して手札ゼロ

自分の手札が「」のスリーカードで、相手のターンからという、
絶体絶命の状況を強制スキップで切り抜けた事例です。

ちなみに、この相手というのが何を隠そう私星屑で、
その残りの手札は「」と「10」。

何を出されても「10」で打ち取ってしまえという算段も、
ターンを飛ばされて水の泡となってしまったのでした…!( ̄▽ ̄;)



☆強化カードとは?

"カード構築システム"とは、
つまり、カード自体をいじくって改造できるというものですが、

カスタムHs-o-44
▲その素材となるのが、この透明な「強化カード」です。

これがどんな感じで使われるかというと――

カスタムHs-o-45
▲さて、自分が「10」を1枚出した場面。

キャラクターカードの最大値は「10」ですので、
このトリックは勝てただろう…と思いきや、

カスタムHs-o-46
▲なんと相手が「11」のカードで対抗してきました…!

カスタムHs-o-47
▲「拳一」は、本来は名前の通り「」のはずなんですが、

燃えたぎる炎のオーラによって「11」に強化されていたのです!!

カスタムHs-o-48
▲そんなときは、こちらも負けじと、
▲ついたての内側に隠し持っている強化カードを、

カスタムHs-o-49
▲手札のカードに挿し込んで…、

カスタムHs-o-50
▲強化には強化で受けて立ちましょう!

本来は「」でしかない「才三」も、
強力な左手装備によって「11」にパワーアップ!!

カスタムHs-o-51
▲しかし、相手も簡単には引き下がってくれません。

二葉」にもオーラをまとわせて「14」に…!

カスタムHs-o-52
▲こちらも何とか「14」に届かせたい!

カスタムHs-o-53
▲「十式」を右手装備による強化で「14」にして、
▲さあ、今度こそトリックをモノにできるか?!

…という具合ですね!



☆強化カードの使い方

各ラウンドの順位に応じて入手できる「強化カード」は、
自分が手札からカードを出す直前に、
好きなだけキャラクターカードに挿し込むことができます

カスタムHs-o-54
▲例えば、相手が「」を3枚出してきたけれど、
▲手札には「」が2枚しかないという状況で…、

カスタムHs-o-55
▲「」のカードに「-1」の強化カード2枚挿し込み…、

カスタムHs-o-56
3枚目の「」を作り出してしまう…なんてことも、
▲できてしまうわけです!

ただし、強化カードには4種類あって、

カスタムHs-o-58
1枚のキャラクターカードには、
1種類につき1枚までしか挿し込むことができません。

1人のキャラクターには、
左腕は1本しかないので左手武器1つまでで、
右腕も1本しかないので右手武器1つまでというわけですね。

カスタムHs-o-59
▲なお、キャラクターカードには、
▲下部に4つのスロットがあって…、

カスタムHs-o-60
▲強化カードを1枚挿し込むごとに、
スロットが埋まっていくようになっています。

同じ色のカードが2枚以上入らないように気をつけましょう!



☆強化カードは外れない

一度、キャラクターカードに挿し込んだ強化カードは、
ゲーム終了まで絶対に外れることはありません

そして、各ラウンドの開始時には――

カスタムHs-o-61
▲全てのカードをシャッフルした上で、

カスタムHs-o-62
▲全員に10枚ずつ再分配します。

つまり、どうなるかというと…、

カスタムHs-o-63
自分が強化したカード敵の手に落ちてしまったり

カスタムHs-o-64
▲逆に相手が強化したカードが、
▲今度は味方になってくれたりするわけです!

これぞ胸アツな展開ですね…!( ̄▽ ̄*)



☆強化カードの特殊能力

強化カードには、
数字ではなく文字が記されているものもあり、
それらを"特殊能力"といいます。

カスタムHs-o-65
▲特殊能力は全部で6種類です。

特殊能力以外の強化カードは、
ノーコストでバンバン使えますが、
特殊能力にはコストが絡んできます

具体的には、
特殊能力を発動させる際に、
カード左下に示されているぶんの、
パワートークンを支払わなければならないのです。

カスタムHs-o-66
▲コストは金色の五角形が目印。

逆に、
特殊能力を発動させないという選択肢もあり、
その場合は一律でパワートークンを受け取ります。

カスタムHs-o-67
▲例えば、このように、
▲特殊能力が挿し込まれたカードを、
▲単に「10」のカードとして場に出し、
特殊能力を発動させないのであれば、
パワートークンを支払うのではなく、
▲逆に1パワートークン受け取れるのです。

特殊能力が挿し込まれたカードは、
パワートークンを支払えば強力な効果を発動でき、
発動しなければパワートークン受け取れるので、
どちらに転んでも美味しいカードといえますね。


以下、全6種類の特殊能力を見ていきましょう!


カスタムHs-o-68
▲「炎上ウサギ」は、
1枚のカードを2枚あることにできる能力です。

カスタムHs-o-69
▲例えば、相手が「」を4枚出してきたときに、
▲自分は「」を3枚しか持っていないとして…、

カスタムHs-o-70
▲その内の1枚に「炎上ウサギ」を挿し込むことで、
▲「」の枚数を1枚水増しすることができます!

カスタムHs-o-71
▲他にも、大きな数字のカードに挿し込めば、
2枚出しのトリックでの大活躍が見込めるでしょう…!


カスタムHs-o-72
▲「角ガエル」は、
一緒に出すカードの数字をコピーできる能力です。

カスタムHs-o-73
▲例えば、「14」のカードと一緒に出せば、
▲「角ガエル」のカードも「14」になれます!


カスタムHs-o-74
▲「キツネ巫女」は、
そのトリックが終わるまでの間、
数字の強弱を逆転させる能力です。

つまり、数字が小さいほど強くなり
数字が大きいほど弱くなるということになります。

いわゆる本家・大富豪でいうところの「革命」ですね!

カスタムHs-o-75
▲「キツネ巫女」を出して、能力を発動した瞬間から、
そのトリックが終わるまでは数字の強弱が逆転

直上の画像の場合、
本来は次に「6以上」のペアを出すところですが、
逆に「6以下」のペアを出さなければなりません。

カスタムHs-o-76
▲こうなると、より小さな数字を持っている方が有利…!

例えば、逆転時の「」「」「」「」「」は、
通常時の「10」「10」「10」「」「」相当といえます!

カスタムHs-o-77
▲さて、自分は満を持して「」のペアを出し、
▲これで自分以外の全員がパスをすれば、
▲まっさらな場に最後の1枚を出して手札ゼロ…ですが、

カスタムHs-o-78
▲ここで、なんと相手から「-1」のペアが出ました…!

これでトリックが終わってしまうと…、

カスタムHs-o-79
▲「キツネ巫女」の効果は消えてしまい、
▲また「」は最弱の座に…。

まったくもって油断ならないゲームですね…!( ̄▽ ̄;)


カスタムHs-o-80
▲「球クジラ」は、
そのトリックを勝ち切れば
直ちに1勝利点を得られる能力です。

カスタムHs-o-81
▲せっかく支払う1パワートークンを無駄にしないために、
▲確実に勝てそうな局面で使っていきたいですね!


カスタムHs-o-82
▲「子ドラゴン」だけは、
▲メインフェイズではなく準備フェイズで能力を発動します。

準備フェイズとは、
大富豪をするメインフェイズの前の、
カードを再分配するフェイズのことです。

つまり、手札が配られた時点で…、

カスタムHs-o-83
このラウンドは1位になれそうだ!とふんだら、
▲「子ドラゴン」のカードを公開して、
▲自分の2勝利点を賭けることができます。

そして、その通り1位になることができたら、
直ちに追加の2勝利点を得て、賭けた2勝利点も戻ってくるわけです。
(2位以下だったら賭けた2勝利点は没収)

カスタムHs-o-84
▲なお、「子ドラゴン」の能力を発動し、
▲そのカードを公開すると、
手札が1枚減ったことになりますので、
▲手札ゼロに1歩だけ近づいた状態でラウンドを始められます。
(「子ドラゴン」を2枚使えば手札8枚スタート)


カスタムHs-o-85
▲「昇華形態」は、最強のカードです。
どんなカードにも勝つことができます!

カスタムHs-o-87
▲例え相手が、どんなに大きな数字を出してこようが、

カスタムHs-o-88
どんなに多くのカードを出してこようが、
たった1枚で勝ってしまうのです!

そんな「昇華形態」に勝てるのは、
後出しの「昇華形態」だけですので、
最終的には、誰が最後に昇華形態」を出すか、
という勝負にもつれ込みます…!



☆ゲームの流れ

最後に、このゲームの流れです。

ゲームは最大6ラウンドで行われて、
各ラウンドには3つのフェイズがあります。

①準備フェイズ
→キャラクターカードをリシャッフルして再分配する。
→任意で「子ドラゴン」の能力を発動できる。

②メインフェイズ
→トリックを繰り返して全員の順位を決める。
1位が決まった時点勝利判定をする。

③ボーナスフェイズ
→順位に応じてボーナスを受け取る。


大富豪には明確な勝利条件が設定されていないことが多いですが、

カスタムヒーローズ」では、
10勝利点以上1位になって勝利判定を迎えることが、
ゲームの勝利条件となっています。

②メインフェイズ1位のプレイヤーが決まったら、
そのプレイヤーが10勝利点以上あるかどうかをチェックして、
あれば直ちに勝利してゲーム終了…というわけです。

逆に、なければゲームを続けて、
最下位が決定するまで②メインフェイズを行った後、
③ボーナスフェイズに移ります。

③ボーナスフェイズは、
自分の順位に応じたボーナスを得られるフェイズです。

カスタムHs-o-89
▲その内容は、ついたてのウラ側に一覧で示されていて、

カスタムHs-o-90
▲例えば4人プレイの場合、
▲1位は5勝利点強化カード1枚を受け取り、
▲2位は3勝利点1パワートークン強化カード2枚を受け取って、

カスタムHs-o-91
▲3位は1勝利点2パワートークン強化カード2枚を受け取ります。

なお、最下位は1勝利点を失ってしまう上に、
もしも10勝利点以上ある状態で最下位になってしまうと、
勝利点が強制的に「」へと引き下げられてしまうのです…!
(*都落ち的な)

とはいえ、
最下位は強化カード3枚も引けますので、
次のラウンドの手札次第では、しっかりと反撃の目が残ります。

諦めずに10勝利点を目指し、逆転勝利をつかみましょう!


最後に、重要なポイントとして…、

カスタムHs-o-82
カスタムHs-o-80
▲「子ドラゴン」と「球クジラ」は、
メインフェイズ中勝利点を得られる特殊能力ですが、

この加点は、勝利判定の「」に行われますので、
これ込みで10勝利点になり、そして1位になれば、
そのままゲームに勝利することができます!

勝利判定の「」のボーナスフェイズによる加点と違い、
奇襲をかけるような使い方が可能となっていますので、
うまくタイミングを見極めて、勝利をたぐり寄せましょう…!



★コメント

星屑、中学も高校も寮生活だったもので、
それはもう夜な夜な大富豪に明け暮れたものでした。

なにせ、持ち込み可能な娯楽がトランプのみときたもんで。

それでも6人部屋ということで、メンツに恵まれていたので、
多人数上等の大富豪というゲームは、あつらえ向きだったわけです。

そんな、星屑にとっては青春の象徴のような大富豪ですが、
いまや様々なバリエーションがあるみたいですね!


▲「ヴァンパイアクイーン」など、

大富豪の親戚のような小箱ゲームが、
いくつもあることを最近になって知りました…!


が、それにしたって、ですよ。

カード自体の数字が変動してしまうだなんて!

そんなイカサマ手品みたいなゲームがあるとは、
星屑、夢にも思いませんでした…!


しかし、「カスタムヒーローズ」というゲームは、

本当にカードを改ざん改造できてしまいます!!

しかも、そのタイミングが面白くて、
なんとカードを出す直前なんですね。

戦力10のカードを出して安心していると、
どこからともなくゴソゴソと音がして…、

実はこのカードは11だったのさ!

そうすると、すかさず別方向からゴソゴソと音がして、

いやいや、こっちのカードも11だから!!

今度は逆方向から、

はい、ここで最強カード!!!

これで終わるかと思いきや、

じゃあ最強カード返し…!

カスタムHs-o-94

なんだか幼少時代のアレを思い出しました。

たかちゃんはい、タッチ!

チビ星屑はい、バリア!

たかちゃんじゃあバリアできないタッチ!!

チビ屑じゃあバリアできないタッチをバリアできるバリア!!

たかちゃんじゃあ絶対にタッチできるタッチ!!!

チビ屑じゃあ絶対にバリアできるバリア!!!


そんな小さな子どもの戯れを、

大のオトナが全力でやり合うという、とんだ茶番劇!!

だが、それがいい…!

ゲームが進むにつれて、どんどん強化カードの枚数が増え、
クライマックスが近づくほどにアツくなるゲーム展開とか、

特殊能力が最低限に絞られているので、
不足なく、それでいてゴチャゴチャしていないプレイ感とか、

評価すべきポイントはいくつかありますが、

なにより、
みんなして童心に返っての大盛り上がりこそが、
このゲームの真価だと思いました!

カスタムHs-o-93

最後に、購入のオススメ度合いですが、

4人以上で集まることが多くて、
上記のようなバカっぽさが大好きであれば、
ぜひオススメしたいゲームです…!

一方で、
3人以下でのプレイでは、やや物足りなさがあり、
また、どうしても大味な展開になりがちなため、
じっくりとゲームを味わいたい方とは相性が悪いでしょう。

とはいえ、
大富豪さえ知っていれば、誰でもすんなりと入れる秀作ですので、
ゲーム会の主催者さんなんかは、持っていて損はないと思いますよ!



カスタムヒーローズ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲
スポンサーサイト




【2019/01/26 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 カスタムヒーローズ  
|