FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キングダム」




★紹介

キングダム-o-01
▲今回はタイル配置型ゲームの「キングダム」を紹介します!


★箱の外観

キングダム-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

"そこはオレの領地だ!"
"おいしい土地を確保し、隣国の土地は荒らしてしまえ!"

なんとも攻撃的なキャッチコピーですが、
このゲームは、まさにその通りの内容となっています…!( ̄▽ ̄;)

キングダム-o-03
▲箱のウラ面

こちらはコンポーネントの画像ですね。
タイル配置型ゲームですが、タイルだけでなく""も登場します!

キングダム-o-04
スペック

プレイ人数2~4人で、
プレイ時間20~40分
対象年齢14歳以上です。

ルールの難易度は高くありませんが、
ガチガチの殴り合いのようなゲームだからでしょうか、
対象年齢が少し高めに設定されていますね。



★内容物

キングダム-o-05
ルールブック(日本語・全4ページ)

文字が多めで、図解が少なめのルルブです。

4ページ目が、まるまる得点計算の例になっていますので、
実質のページ数は2ページで収まっています。


キングダム-o-06
ゲーム盤×1枚

城コマタイルを配置していくことになる、
全プレイヤー共有のゲームボードです。

マス数は5×6=30マスで、
左側にはタイル置き場コイン置き場が、
右側にはラウンド数の表示があります。


キングダム-o-09
コイン×5種類

各プレイヤーが、自身の領地から徴収する税金です。

その額面が、そのまま勝利点となります。


キングダム-o-08
城コマ×4色・各10個

各プレイヤーがゲーム盤のマスに建築することによって、
自身の領地を定めることができる""のコマです。

城コマには、
その城の徴税能力を表す""の本数が、
1本のものから4本のものまであり、
それぞれの個数は以下の通りになっています。

―――――――――――
塔が1本の城コマ×4個
塔が2本の城コマ×3個
塔が3本の城コマ×2個
塔が4本の城コマ×1個
―――――――――――


キングダム-o-07
タイル×23枚

こちらは、ゲーム盤のマスに配置することによって、
そのマス(=土地)がどんな場所であるかを定めるタイルです。

そのほとんどは、
税収の額を上げ下げするものばかりですが、
中には特殊な効果を及ぼすものも存在します。



★どんなゲーム?

キングダム」は、
ゲーム盤に城コマタイルを配置することによって、
より多くの税金を領地から徴収することを目指すゲームです!

キングダム-o-10
▲さて、こちらが"雄大で豊かな土地"を表すゲーム盤で、
▲全部で30ものマスがあります。

キングダム-o-11
▲そのマスに、プレイヤーがを建築することによって…、

キングダム-o-12
建築した城から十字方向の全てのマスが、
▲そのプレイヤーの"領地"となるのです。
(城から十字方向に街道が伸びて栄えていく的な!)

ゲーム盤には、城だけでなくタイルも配置されていき、
その多くは、税収の額面を示すものになっています。

キングダム-o-13
▲例えば、この赤の城ヨコ列の領地からは、
▲額面にして=「10」の税収があがり…、

キングダム-o-14
▲さらに、この赤の城の""の本数は2本ですので、
▲税収は2倍となって、「10」×20コインを、
▲ラウンド終了時に受け取れるのです!!

キングダム-o-15
▲仮に、この赤の城の""の本数が4本であったならば、
▲税収は4倍となって、「10」×40コインを、
▲ラウンド終了時に受け取れることになります…!

領地内に、のどかな農村や、豊かな牧場があり、
かつ、その中心に立派な城が建てられていれば、
多大な税収が見込めるというわけですね♪( ̄▽ ̄*)

しかしながら、
タイルには税収を増やすものもあれば、
土地の荒廃やモンスターの出現によって、
税収を減らしてしまうものも何枚か存在します…!

キングダム-o-16
▲例えば、この赤の城タテ列の領地からは、
▲額面にして(-3)+(-2)+(-5)+=「-5」の税収があがり、
▲さらに、赤の城の""の本数が2本ですので、
▲「-5」×-10コインの税収となるわけです。

早い話が、10コイン失うということですね…( ̄▽ ̄;)

最終的に、この赤の城は、
ヨコ列からの税収が20コインで、
タテ列からの税収が-10コインでしたので、
20-10=10コインの税収となります。

以上が、基本的な税収の計算、
つまりは得点計算の方法です!



★ゲームの流れ

得点計算の方法が分かったところで、
お次はゲームの流れについて見ていきましょう。

なお、ゲームの構成は全3ラウンドです。



☆ゲームの準備

キングダム」の準備は、あっという間に終わります!

キングダム-o-17
▲まず、ゲーム盤を広げ、その上にコインを置いて、
シャッフルした全23枚タイルウラ向きで積みましょう。

キングダム-o-18
▲次に、各プレイヤーは4色の中から1色を選んで、
▲その色の城コマを受け取ります。

このとき、
塔が2~4本の城コマは全て受け取りますが、
塔が1本の城コマは、プレイ人数によって受け取る数が変わり…、

―――――――――――――――――――――――
2人プレイ時:塔が1本の城コマは4個受け取る。
3人プレイ時:塔が1本の城コマは3個受け取る。
4人プレイ時:塔が1本の城コマは2個受け取る。
―――――――――――――――――――――――

と、なっていますので、
受け取らなかった城コマは、箱に仕舞っておきましょう。

キングダム-o-19
▲続いて、各プレイヤーは、
タイル1枚だけ受け取ります。

キングダム-o-20
▲こうして受け取ったタイルは、
▲他のプレイヤーたちに見られないようにして、
▲自分だけ、こっそりとオモテ面を確認しておきましょう。

キングダム-o-58
▲最後に、初期資金として、
▲各プレイヤーが50コインずつ受け取ったら…、

ゲームの準備は完了です!




☆自分のターンにできること

ゲームの準備が完了したら、
スタートプレイヤーから時計回りで、
各プレイヤーのターンが回ってきます。

自分のターンにできることは、
基本的には2択で、

①タイルを配置する

②城を建築する

…の、どちらかです。

が、1ラウンドにつき1人1回まで、

③手持ちのタイルを配置する

…を選ぶこともできます。

いずれにしても、各プレイヤーは、
自分のターンに1アクションをしなければなりません。



①タイルを配置する

基本的な2択のうちの1つ目がタイルの配置です。

こちらを選んだ場合は――

キングダム-o-21
▲ウラ向きのタイルの山から1枚を引いて…、

キングダム-o-22
▲そのままゲーム盤の空きマスに配置します。

このとき、
まだ城コマやタイルが配置されていないマスであれば、
どのマスに配置しても構いません♪( ̄▽ ̄*)



②城を建築する

基本的な2択のうちの2つ目が城の建築です。

こちらを選んだ場合は――

キングダム-o-23
手持ちの城コマから1個を選んで…、

キングダム-o-24
▲ゲーム盤の空きマスに配置します。
(やはり何もないマスであればどこでもOK)

建築する城コマは、
手持ちのものであればどれを使っても構いませんが…、

キングダム-o-25
▲""が2~4本の城コマは、
1度きりしか使うことができません!
(※1本の城コマはラウンド終了時に回収できる)

ゲームを通して、
塔が2本の城コマは3個
塔が3本の城コマは2個
塔が4本の城コマは1個しか、
配置することができませんので、
全3ラウンドの中で、どう分配するか、
しっかりと計画を立てて使っていきましょう!



③手持ちのタイルを配置する

第3の選択肢として、
1ラウンドにつき1度きりの、
手持ちのタイルの配置というアクションがあります。

これは、
城を建築するでもなく、
山からタイルを引くでもなく――

キングダム-o-26
ゲームの準備の際に1枚だけ受け取ったタイルを、

キングダム-o-27
▲ゲーム盤の空きマスに配置するというものです。

あらかじめ(自分だけが)内容を知っているタイルを配置できますので、
いわゆる"切り札"的な使い方ができて、とても強力ですが、
手持ちのタイルは1ラウンドにつき1枚しかありません…!

タイルの内容にもよりますが、
列の最後のマスを埋めるときの確実な一手や、
相手に領地を荒らされたときの保険の一手など、
ここぞの場面で使っていくのがよろしいでしょう♪( ̄▽ ̄*)

なお、手持ちのタイルを使わないままラウンドが終わった場合、
そのタイルは回収されてしまい、次のラウンドには持ち越せません!
(※次のラウンドの開始時に新たな1枚を受け取る)




☆ラウンドの終了

タイルを配置するにせよ、城を建築するにせよ、
各プレイヤーは、1ターンにつき1マスを埋めることになります。

これを時計回りで30ターン繰り返すことで…、

キングダム-o-28
ゲーム盤の全30マスが埋まるわけですが、
▲これこそがラウンド終了の条件です。

ゲーム盤が全て埋まったら、
城ごとに税収をカウントして、
各プレイヤーは、その額のコインを受け取ります。
(※もしも赤字ならばコインを失う!)

その後――

キングダム-o-29
▲盤上に置かれていた塔が1本の城コマは、
▲全て各プレイヤーが回収できますが…、

キングダム-o-30
塔が2~4本の城コマについては、
▲全てゲームから除外しなければなりません。

キングダム-o-31
タイルについては、全23枚リシャッフルして、
▲再びウラ向きの山にしておきましょう。

こうしてタイルの山をつくった後、
各プレイヤーが1枚ずつタイルを受け取ったら、
次のラウンドを始めます。
(※よりコインの多いプレイヤーがスタートプレイヤー)

以上を3ラウンドに渡って繰り返して、
最終的に最もコインを稼いだプレイヤーの勝利です!



★4種類の特殊なタイル

タイルには、
税収の額面が示されているもの以外に、
4種類の特殊な効果を持つものがあります。

キングダム-o-32

といっても、
いずれの効果もシンプルなものばかりですので、
さっくりと1枚ずつチェックしていきましょう!



☆魔法使いタイル

キングダム-o-33
▲「魔法使い」の効果は、
▲"徴税人に+1/+1カウンターを1個置く術"によって(※ウソ)、
近隣の城の徴税能力を高めるというもの…!

具体的には――

キングダム-o-34
魔法使いタイルにタテヨコで隣接する全ての城コマの、
▲""の本数を1本増やします!

つまり、
元が1本の城の塔は2本になり、
元が4本の城の塔は5本になるわけです!!

キングダム-o-35
▲例えば、この赤の城であれば、
▲元の塔は2本ですが、魔法使いにより3本あることになって、
▲税収は(20コインではなく)30コインとなります♪( ̄▽ ̄*)

そんなわけで、
魔法使いの隣のマスは、築城の有力な候補地になりますが、
税収がマイナスの場合は、むしろ傷口を広げてしまいますので、
その点だけ、くれぐれもお気を付けください…!




☆金鉱タイル

キングダム-o-36
▲「金鉱」の効果は、
▲シンプルにその列の税収を2倍にするというもの!

キングダム-o-37
▲例えば、このヨコ列は、
=「10」の税収ですが、
▲金鉱によって税収は「20」へと倍増します!!

赤の城の塔は3本ですので、
ヨコ列だけで見れば、なんと60コインもゲットできてしまいますね!

キングダム-o-38
▲また別の例で、こちらのタテ列は、
▲(-3)+(-2)+(-5)=「-10」の税収ですが、
▲金鉱によって税収は「-20」へと倍増します…。

赤の城の塔は3本ですので、
タテ列だけで見れば60コイン失うことになりますね…( ̄▽ ̄;)




☆ドラゴンタイル

キングダム-o-39
▲「ドラゴン」の効果は、
▲燃やしたり、砕いたり、戦ったりすることで、
経済活動を崩壊させてしまうというもの…!

具体的には、
ドラゴンと同じ列のプラス数字が全て「」になります。
(※マイナス数字はそのまま!)

キングダム-o-40
▲例えば、このヨコ列であれば、
プラス数字の「+5」と「+6」は「」になりますが、
マイナス数字の「-5」と「-6」はそのままですので、
▲(-5)++(-6)=「-11」の税収です…!
(塔が3本ですので、これを3倍すると…)

実際のプレイで、よく見かけるのは――

キングダム-o-41
あまりにも美味しすぎる列は、

キングダム-o-42
ドラゴンタイル1枚で打ち消してしまえ!

というような使い方ですね…!( ̄▽ ̄;)



☆山タイル

キングダム-o-43
▲「」の効果は、
その上下左右を分断してしまうというもの。

キングダム-o-44
▲さあ、赤プレイヤーが「+6」のタイルの隣に、
▲塔が4本の城を建築しました。

すると…、

キングダム-o-45
▲そんな美味しい城を許してなるものかと、
▲他の3人が妨害のタイルを並べます!!!

このままでは、このヨコ列だけで-48コインになってしまう…!

そんな時に便利なのが山タイルです!

キングダム-o-46
▲山タイルを配置すると、
▲その左右上下は"分断"されます。

つまり、赤の城は山タイルの左側の効果だけを受けて、
山タイルの右側の効果は受けなくて済むわけですね。

おかげで-48コインだったのが+24コインにまで持ち直しました!


キングダム-o-47
▲さて、こちらは実際にあった盤面ですが、
▲注目すべくは右下赤の城です。

キングダム-o-48
赤プレイヤーは、この位置に山タイルを配置して、
▲右端の「+5」を(ヨコ列で見て)独り占めしてしまいました…!

マイナスを避けるという使い方だけではなく、
このようにプラスを独占するという使い方もあるわけですね!

なお――

キングダム-o-49
▲ラウンド終了時の盤面がこちら。

山の右側の「+5」は独占できたけれども、
山の左側の「+4」の恩恵は受けられず…。

"深淵をのぞくとき、
 深淵もまたこちらをのぞいているのだ
"

とでも云わんばかりの、

山の右側を独占するとき、
山の左側もまた独占されているのだ!!


という結末になったのでした…!( ̄▽ ̄;)



★コメント

と、いうわけで、
今回は「キングダム」の紹介記事です!

マンガじゃないですよ?

バニーキングダム」でも「キングダムビルダー」でもないですよ?

クニチー先生のガチンコ殴り合いゲーム「キングダム」の記事です!


と、紹介しておいてアレなんですが、
星屑、このゲームが大の苦手だったりします。

と、いうのもですね、
そもそも星屑相手への直接攻撃があるゲームが苦手でして…。

その点、この「キングダム」は、
箱の表に堂々と"隣国の土地は荒らしてしまえ!"って書いてますからね。

マイナスタイルを引こうものなら、
嬉々として誰に押し付けようかと考えたり、
ドラゴンタイルを引こうものなら、
いかにして被害を大きくしてやろうかと考えたり、
そりゃあ全力で相手を潰しにかかるわけですよ。

なぜ買ったし…( ̄▽ ̄;)

まぁ、これを買ったのは確か5年くらい前で、
あの当時は右も左も分からず、手探りでボドゲを探していましたので、
自分と相性の良いテーマの判別がイマイチつかなかったんでしょうね。


とはいえ、星屑との相性を脇に置いておけば、
このゲームは「ヘイトコントロール」と「立ち回り」の要素を、
かなりコンパクトにまとめた良作といえます!

実際によくある展開として――

キングダム-o-50
▲まず「+4」と「+3」のタイルが立て続けに置かれた後、
▲その2枚ともの恩恵を受けられるマスに、
▲そそくさと赤プレイヤーが城を建てると…、

キングダム-o-51
▲すぐさまマイナスタイルを置かれて、うま味が消されてしまう…!

こんな感じで、露骨に美味しい場所に城を建てると、
他のプレイヤーたちからの袋叩きに遭いますので、
どうしても「ヘイトコントロール」が重要になってくるわけですね。
(運が良ければ、相手がマイナスタイルを引けないということもありますが)

キングダム-o-52
▲そして、赤プレイヤーが叩かれている隙に、
青プレイヤーが反対側の美味しいマスを押さえにかかる!
▲さあ、こちらも潰されるかと思いきや…、

キングダム-o-53
▲すかさず黄プレイヤーが便乗していく!!
▲これで青プレイヤー黄プレイヤーは、
▲このタテ列に限っての協力関係を結び…、

キングダム-o-54
▲他の2人の邪魔が入らないうちに、
▲大急ぎで、このタテ列を埋めてしまう…!

このように、
うまくタイミングを見計らって築城する必要がありますし、
その勝ち馬に乗っていくことも、また重要なわけです。

ゲーム中は、
築城して→便乗しての応酬になり、
一方の列では協力関係になっている相手が、
もう一方の列では敵対関係になっていることも多々あります。

つまりは、協力関係にある相手でも、
いずれは必ず出し抜かなければならず
柔軟で狡猾な「立ち回り」が求められるのです!


こういうゲーム、どこかで覚えがあるなぁと思ったら、
同じタイル配置型ゲームの「インディゴ」に似ていますね。
(って、よく考えたら作者が同じでした!)

キングダム-o-56

インディゴも、
その時々で都合の良いプレイヤーと結託して、
我田引水ならぬ"我々田引水"をするタイル配置型ゲームです。

もっとも、
あちらは自分たちがゴールに近づくことによって、
相対的に相手のゴールを遠ざける感じですが、
キングダムは、もろにマイナスタイルを突きつける辺り、
より攻撃的なゲームといえるでしょう…!

星屑のような、直接攻撃を敬遠するプレイヤーにとっては、
インディゴの方が性に合っているというわけですね。

キングダム-o-57

逆に言えば、
直接攻撃が大好きなプレイヤーさんにとっては、
キングダムの方がしっくりくるのではないでしょうか。

2人プレイでは真正面からの殴り合いになり、
3~4人プレイでは、まず間違いなく"首位いじめ"が発生する…!

そういった情け容赦のない環境を、むしろ歓迎される方であれば、
このゲームを遊び尽くすことができると思います!

キングダム-o-55

最後に、購入のオススメ度合いですが――

前述の通り、
プレイヤー間での直接攻撃上等!な方にはオススメです。

ご自身がヘイトコントロールやクレバーな立ち回りに喜びを感じられて、
さらに、周囲に同じような方が多くいらっしゃる環境であれば、
このゲームは持ち味を遺憾なく発揮してくれることでしょう…!

そうでないプレイヤーさんは全力で回避してください♪( ̄▽ ̄*)

あと、これは私星屑の記憶によればですが、
やたらと「カタン」のプレイヤーさんたちにウケが良い気がしますよ!



キングダム 関連記事


ボードゲーム記事一覧






記事を閉じる▲

【2019/04/13 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 キングダム  
|