FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「サグラダ 5~6人用拡張」




★開封

サグラダ-o-ex-01
▲今回はボドゲ仲間に譲ってもらいました!


★箱の外観

サグラダ-o-ex-02
▲箱のオモテ面。基本セットとのサイズ比較。

基本セットがを基調としているのに対して、
拡張の方は黄色を基調としたステンドグラスになっています。

サグラダ-o-ex-03
▲箱のウラ面

ものすごくタテ長ですね!

説明書きには、
最大6人で遊べるようになって、さらに面白くなったサグラダ!
新しいシステムが加わって、大人数でもスピーディーに遊べるよ!
あとカードとか、いろいろ追加されたよ!
(ざっくり訳)
…てなことが書いてあります♪( ̄▽ ̄*)

サグラダ-o-ex-04
スペック

プレイ人数は2人増えての1~6人で、
プレイ時間は変更なしの30~45分
対象年齢13歳~です。

実際のところは、
5人プレイの軽いインスト込みで1時間ちょいってトコでした。

また、
ルールの難易度的には、小学生でもプレイ可能な内容かと思われます。



★箱をオープン!

サグラダ-o-ex-05
▲一発目は安定のルルブ

サグラダ-o-ex-06
▲その下にカード類があって、

サグラダ-o-ex-07
▲おなじみの個人ボードと、

サグラダ-o-ex-08
タイル台紙で以上でした!



★タイル抜き&組み立て!!

サグラダ-o-ex-09
▲それでは、2枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

ポスポスポスポス……

サグラダ-o-ex-10
▲はい、終わり!!

からの、組み立てなんですが――

サグラダ-o-ex-11
▲このダイストレイ曲者で…、

サグラダ-o-ex-12
▲底部のツメが引っ掛かって、
▲側面の最後の1枚がはまらない…!

サグラダ-o-ex-13
▲結局、力技で押し込んで完成さたんですが、
▲その代償としてツメ部分がボロボロに…。

この拡張の、唯一の不満点でした…( ̄▽ ̄;)



★内容物

まぁ気を取り直して、内容物いってみましょう!

サグラダ-o-ex-14
ルールブック(英語・全8ページ)

かなりコンパクトなルルブです。

通常ルールでの5~6人プレイ方法と、
新ルールの詳細に、ほとんどのページが割かれています。

サグラダ-o-ex-15
窓枠プレイヤーボード×2枚

プレイ人数の増加にともなって追加された個人ボードです。

箱のジャケットがそうだったように、
黄色系統のステンドグラスになっていますね。

サグラダ-o-ex-16
スコアマーカー×2枚

得点計算用のマーカーです。

こちらも、ちゃんと2人ぶん追加されました。

サグラダ-o-ex-18
個人ダイスプールボード×6枚

今回の目玉ともいえる新ボードです!
(詳細は後述)

サグラダ-o-ex-17
▲余談なんですが、ダイス穴を抜く前が美しすぎて、
▲穴を開けるのがもったいないくらいでした…( ̄▽ ̄*)

サグラダ-o-ex-19
恩寵トークン×12個
ダイス×5色・各8個

追加2人ぶんのトークンとダイスです。

基本セットと合わせると、
ダイスの数は130個になりました…!

サグラダ-o-ex-20
窓パターンカード×6枚

例によって、窓枠プレイヤーボードに挿し込むカードです。

新たな6枚は、いずれも難易度がに統一されています。

サグラダ-o-ex-21
個人目標カード×6枚

新しい得点方式のカードです。

この6枚だけを使うことも、
基本セットの5枚と混ぜて使うこともできます。

サグラダ-o-ex-22
道具カード×2枚

新登場の個人ダイスプールを絡めた効果のカードです。

基本セットのカードに混ぜて使います。



★どんな拡張?


今回の拡張では、

☆最大プレイ人数が4→6人に増加

☆個人ダイスプール・ルールの導入

☆新カードの追加


という、3つの要素が加わりました。

中でも、個人ダイスプール・ルールは、
1ラウンド内のターン数を半減させて、
プレイ時間の大幅な削減に貢献してくれます!!

そんな個人ダイスプールを中心に、
拡張の内容をチェックしていきましょう!



☆個人ダイスプールとは?

そもそも「サグラダ」は、

サグラダ-o-41
20個のダイス個人ボードを埋めていくゲームですが、

標準ルールでは、

サグラダ-o-ex-41
▲20個のダイスを、
全てドラフトプールから受け取っていました。

これが、
新たに導入された個人ダイスプール・ルールでは、

サグラダ-o-ex-42
▲20個のダイスのうち、
▲半分の10個をドラフトプールから
▲半分の10個を個人ダイスプールから
▲それぞれ受け取ることになります。

その個人ダイスプールですが、
ゲーム開始前の準備段階で、

サグラダ-o-ex-23
▲各プレイヤーごとに、
5色×2個=合計10個のダイスを振り、

サグラダ-o-ex-24
▲出目はそのままに、
個人ダイスプールボードに並べて、
▲おのおのゲームを通して手元に置いておきます。



☆個人ダイスプールなしの場合

個人ダイスプールなしの標準ルールでは、

各プレイヤーは1ラウンド中に、
ドラフトプールから2個のダイスを受け取れます。

(ダイス2個×全10ラウンド=合計20個)

例えば4人プレイの場合の1ラウンドは、

サグラダ-o-ex-25
プレイ人数の2倍1個を足した
▲9個のダイス(※これを"ドラフトプール"といいます)を、

Aさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Bさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Cさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Dさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Dさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Cさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Bさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Aさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。


という流れで回すわけですね。

この方式の最大の難点は、
他のプレイヤーのターン中に、ほぼ何もできないことでした。

なぜなら、

サグラダ-o-ex-43
▲ドラフトプールの中に、もし欲しいダイスがあったとして、

サグラダ-o-ex-44
▲そのダイスを得られる前提で配置を考えても、

サグラダ-o-ex-45
▲お目当てのダイスが他のプレイヤーに取られてしまい、
▲自分のところに回ってこなかったら、

まさに捕らぬタヌキの皮算用…!

ちなみに、わが家の近くにはタヌキが生息しているんですが、
近くで見ると、顔がめちゃくちゃかわいくて癒されます♪( ̄▽ ̄*)

それはさておき、
とにかく自分のところにドラフトプールが回ってこなければ、
配置の考察も、ダイスの選択も始めることができない
ので、
ターンプレイヤー以外はヒマをもてあましてしまうんですね。

そんな状況が、
4人プレイの全10ラウンドで、実に80回も発生してしまう!
(1回1分なら80分で、1回2分なら……)

そりゃあ、テンポが悪くなって、
プレイ時間も長くなるわけです…!



☆個人ダイスプールありの場合

一方、個人ダイスプール・ルールでは、

各プレイヤーは1ラウンド中に、
ドラフトプールからダイス1個と、
個人ダイスプールからダイス1個の、
合計2個のダイスを受け取れます。

(ドラフトダイス1個×1全0ラウンド=合計10個)
(個人ダイス1個×全10ラウンド=合計10個)

よって、ドラフトプールから受け取るダイスが、
1人につき1個になりますので、

例えば4人プレイの1ラウンドでのドラフトプールの個数は、
標準ルールでは9個でしたが、

サグラダ-o-ex-26
▲こちらはプレイ人数1個を足した5個に減少。

そして、各プレイヤーは、

サグラダ-o-ex-27
▲自分のターンにできることが3つになります。

すなわち――

サグラダ-o-ex-28
ドラフトプールからダイスを1個選んで、
▲自分の個人ボードに配置できる。

サグラダ-o-ex-29
個人ダイスプールからダイスを1個選んで、
▲自分の個人ボードに配置できる。

サグラダ-o-ex-30
恩寵トークンを支払って、
▲道具カードを1枚使用できる。

この3つのアクションを、
1つにつき1回までプレイすることができるわけですね。
(※アクションの順番は自由)

流れをまとめると、

Aさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
個人ダイスプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Bさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
個人ダイスプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Cさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
個人ダイスプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。

Dさん
・ドラフトプールからダイス1個を受け取れる。
個人ダイスプールからダイス1個を受け取れる。
・恩寵トークンを支払って道具1つを使える。


標準ルールの流れと比べると、
ずいぶんとスリムになったことが分かります!

特に道具を使う予定がないターンなんかは、

サグラダ-o-ex-46
▲真っ先にドラフトプールのダイスを受け取り、

サグラダ-o-ex-47
ドラフトプールを次のプレイヤーに回してしまって、

サグラダ-o-ex-48
▲あとは、ゆっくりと個人ダイスプールを吟味する…みたいな、

時短プレイングが可能に…!

箱ウラに書いてあった通り、プレイ人数の増加に伴って、
しっかりとスピーディーさも補強してくれています♪( ̄▽ ̄*)



☆追加カード

最後に、
この拡張で追加されたカードについて。

まず、プレイ人数が6人までになったことにより、
新しく6枚の個人目標カードが追加されました!
(基本セットには5枚しかありませんでしたからね)

基本セットの個人目標カードは、
指定されたのダイスの出目の合計が得点となりましたが、

新たに追加された個人目標カードは、
指定されたスペースのダイスの出目の合計が得点となります。

サグラダ-o-ex-31
▲例えば、この個人目標カードだと、
中央の6マスの出目の合計が得点になりますので、
27点ですね。


さらに、
道具カードも2枚追加されました!

こちらは2枚とも、
個人ダイスプール・ルールでのみ使用できます。

サグラダ-o-ex-32
▲No.13「ストリップカッター

効果:
ドラフトの後、ドラフトしたダイスと、
自分の個人ダイスプールにあるダイスを入れ替える。


サグラダ-o-ex-33
ドラフトプールに欲しいダイスが2個ある場合に、
1個はカードの効果で個人ダイスプールに引き入れて
もう1個は普通にドラフトプールから受け取ることで、
▲両方とも取ることができるわけですね。

サグラダ-o-ex-34
▲No.14「鉛桟(なまりさん)ニッパー
(ステンドグラスの技法に"鉛桟技法"というものがあるみたいです)

効果:
個人ダイスプールのダイス最大2個を振り直す。


サグラダ-o-ex-35
▲こちらは、単に個人ダイスプールのリロールができるというもの。
▲運次第にはなりますが、うまくいけば活路が開けるかもしれません。

なお、個人ダイスプール・ルールの際、

サグラダ-o-ex-49
▲No.7「ガラスハンマー
▲No.8「ランニングプライヤー
▲の2枚は使用しないとのことです。



★コメント


あの「サグラダ」が6人でプレイできる!!

と聞いて、まず頭をよぎったのは、
プレイ時間がえらいことになるんじゃね…?
という不安でした。

なにせ、一つの配置ミスが命取りになるゲームですので、
どうしても慎重になりすぎて長考が多くなってしまう。

それに加えて、
自分のターンが回ってこないことには始まらないシステムですので、
ターン外で時間を短縮する手段がない。

それでは、せっかくの多人数プレイも…と思いきや、
そんな不安は新システムが吹き飛ばしてくれました!

さっそく、個人ダイスプールを導入して、
5人で遊んでみましたが、

いやぁ、テンポ良好ですよ!!

標準ルールでプレイしたら2時間はかかりそうなところが、
インストを入れても1時間そこいらで終わってしまいました…!


ただ、そんなスピードスターの個人ダイスプールにも、
一つだけ気になる点があって――

それは、
"見なければならない場所が2ヵ所になった"ということです。

標準ルールの感覚でプレイしていると、
ついついドラフトプールにばかり意識が向いてしまって…、

サグラダ-o-ex-40
▲あ、この個人ダイスプールのダイス、
▲1個は絶対に置くことができない…!

と、いうようなことが起こり得ます。

これがボードゲームに慣れているプレイヤーなら、
ついうっかり…で済まされる話なんですが、

問題は初心者です。

私の妻しーぷは常々、

初心者にオススメするボードゲームの第一条件は、
 "見なければならない場所が少ない"こと


と申しておりますが、
ドラフトプールに加えての個人ダイスプールということで、
まさに見なければならない場所が2倍になっているんですね。

これが初心者には、ややこしく感じてしまうかもしれません。

そういうわけで、初心者と卓を囲む場合は、
そこら辺も踏まえた上で新ルールの採用を考えた方がいいかなと、
星屑、ふと思いました。


とはいえ、ですよ。

5人とか6人とかで何かできるゲームは…と、
探しまわる姿が散見されるボードゲーム会において、
サグラダが5~6人でプレイできるのは本当にありがたいです!

しかもですね、
こちらは隠し要素的な感じなんですが、
拡張の内容物は、まるまる全部、基本セットの箱に納まります!!

サグラダ-o-ex-36
窓パターンカードを全て入れて、

サグラダ-o-ex-37
▲その上に6枚の個人ダイスプールボードを置いて、

サグラダ-o-ex-38
▲さらに6枚の窓枠プレイヤーボードを置いて、

サグラダ-o-ex-39
▲はい、オールインです!

基本セットの箱って、
やけにスペースに余裕があるなぁと思っていたら、
拡張が入ること前提で作られていたんですね…!

おかげで拡張の箱を持ち歩かずに済みます!

この親切設計には感動すら覚えてしまいました♪( ̄▽ ̄*)

サグラダ-o-ex-50

最後に、購入のオススメ度合いですが、

基本セットを持っているならば、
拡張を購入して損はないと思います!


最初から盤面の半分を予見できる上に、
展開をスピーディーにしてくれる新システムは優秀
ですし、

プレイ人数の増加も無理がありません

ただ、価格だけがネックで…、

いま現在(2018.10)のamazon4,800円の値がついていますが、
この金額では、ちょっとオススメしづらいですね…( ̄▽ ̄;)



サグラダ 関連記事
基本セット開封記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/10/24 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 サグラダ  
|
ボードゲーム
「サグラダ」




★開封

サグラダ-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

サグラダ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

カラフルなステンドグラスが美しいジャケットですね!
円の中心には、サグラダ・ファミリアのイラストが鎮座しています。

サグラダ-o-03
▲箱のウラ面

"ダイスをドラフトして、窓を作るゲーム"と書いてあるとおり、
ダイスをガラスに見立てて、
サグラダ・ファミリアのステンドグラスを作るゲームです。

サグラダ-o-04
スペック

プレイ人数1~4人で、
プレイ時間30~45分
対象年齢13歳~となっています。

難易度的には、
小学校中学年からでもプレイ可能ですが、
わりとダイスのサイズが小さめですので、
誤飲などにはくれぐれもご注意ください



★箱をオープン!

サグラダ-o-05
▲一発目はルルブ

サグラダ-o-06
▲その下に、得点ボードチップ
▲それからおはじきがあって、

サグラダ-o-07
個人ボード布袋ダイスがあり、

サグラダ-o-08
▲最後がカード類で、内容物は以上でした!



★内容物

サグラダ-o-09
ルールブック(英語・全4ページ)

ルールがシンプルなので、
たったの4ページに収まっているルルブです。

amazonのマーケットプレイスの、
Duelist'sGuildさんで購入したものには、
和訳に加えて、カードのサマリーシートまで付属していました。


サグラダ-o-10
ラウンドトラック(オモテ面)
サグラダ-o-11
スコアトラック(ウラ面)

両面印刷の、細長いボードです。

スコアトラックはゲーム終了時にのみ使い、
ゲーム中はラウンドトラックの面を使用します。


サグラダ-o-12
スコアマーカー×4つ

ゲーム終了時の得点計算で使うマーカーです。

得点が50点を超えた場合、
裏返して「50」の面を上に向けます。


サグラダ-o-13
窓枠プレイヤーボード×4枚

サグラダ・ファミリアのステンドグラスを模したボードです。

…といっても、その下部には窓枠しかありませんので、
ここにプレイヤーたちがガラスを張っていくことになります!


サグラダ-o-14
窓パターンカード×12枚

プレイヤーボードの窓枠部分に挿し込むカードです。

各カードの右下には難易度が表示されていて、
挿し込むカードの難易度の数ぶん、
恩寵トークンを受け取ることができます。

サグラダ-o-15
▲ボード底部の切り込みに挿し込むことで、
サグラダ-o-16
▲空白の窓枠に、
サグラダ-o-17
▲様々な表示が現れるという寸法ですね。

この表示によって、
張ることのできるガラスに制限がかけられ、
ゲームの"ままならなさ"が上昇します…!



サグラダ-o-18
ダイス×5色・各18個

サグラダの"ガラス"を模したダイスです。

5色のカラーバリエーションに加えて、
出目が濃淡を表現しています。
(数字が大きければ色が濃く、小さければ薄い)

サグラダ-o-19
▲ダイスを窓枠に収めていくことで、
▲ステンドグラスは完成に向かうわけです…!



サグラダ-o-20
恩寵トークン×24個

窓パターンカードと一緒に受取り、
道具カードの使用時に消費するトークン。

消費数は、
各道具ごとに先着1名の1回目のみ1個で、
2回目以降は一律2個となっています。


サグラダ-o-26
布袋×大小1つずつ

大きい方がダイスを入れる袋で、
小さい方が恩寵トークンを入れる袋です。

"SAGRADA"のロゴが最高にイケてますね♪( ̄▽ ̄*)


サグラダ-o-21
▲最後にカード類


サグラダ-o-22
個人目標カード×5枚

各プレイヤーが狙うダイスの色を決めるカードです。

自分の色のダイスの出目の合計が、
そのまま自分の得点になります。


サグラダ-o-23
共通目標カード×10枚

全プレイヤー共通の目標を決めるカードです。

ゲーム開始時、10枚の中からランダムに引いた3枚が、
そのゲーム中の得点要素となります。


サグラダ-o-24
道具カード×12枚

ゲーム中のお助けアイテムです。

こちらも、ランダムに3枚を引いて全員共用とします。


サグラダ-o-25
勝利カード×1枚

ゲームに勝ったプレイヤーが、
ドヤ顔で受け取ったり、頭の上に掲げたりできるカードです。

カードには、
①あなたが完成させたステンドグラスを写メって、
②ツイッターかフェイスブックにアップしてね!
③ハッシュタグは #SagradaGame だよ!!

…と書いてあります。

しれっとカードの両肩に飾ってある、
両SNSのステンドグラス風アイコンが素敵ですね♪( ̄▽ ̄*)



★どんなゲーム?


サグラダ」は、
ドラフト方式でダイスを受け取って、
自分のステンドグラスを作り上げ、
その出来栄えを競うゲームです!


ゲームは、全10ラウンドの構成。

まず、各ラウンドの最初に、
布袋から人数×2+1個のダイスを取り出し、
一気に振ります。

サグラダ-o-42
▲4人プレイであれば、振るダイスは4×2+1=9個。

このダイスを、出目が変わらないように気をつけながら、
スタートプレイヤーから、いわゆる"カタン方式"で受け取っていきます。

つまり、
AさんBさんCさんDさんの順で1個目を受け取った後、
DさんCさんBさんAさんの順で2個目を受け取るわけですね。
(※余った1個はラウンドボード上へ)

サグラダ-o-29
▲受け取ったダイスは、自分のボードに配置します。

最初の1個は、
外周14マス内のどこか
2個目以降は、
すでに置いたダイスのタテ・ヨコ・ナナメに隣接するように
…というのが基本の配置ルールですが、

このとき、
タテ・ヨコで隣接する他のダイスとは、
色も出目も同じにならないようにしなければなりません


つまり、
同じ色は隣同士で並べられないですし、
同じ出目も隣同士で並べられないというわけです。

また、窓枠によっては、
置けるダイスの色や出目が決められていますので、
そちらにも矛盾しないようにしなければなりません。


サグラダ-o-30
▲1ラウンドにつき2個のダイスを置いていきますので、
10ラウンドを終えた時点でステンドグラスは完成します。
(全ての窓枠が埋まらないことも多々あります)

こうして、完成したステンドグラスで得点計算を行い、
最高点を叩き出したプレイヤーが勝者です!

得点計算には4つの要件があり――


①個人目標

自分が引いた個人目標カードの色の、出目の合計です。

サグラダ-o-31
▲ステンドグラス内の、自分の色のダイスの出目を合計します。
▲この場合は19点ですね。


②共通目標

ゲームごとに3つ設定される目標です。

サグラダ-o-33
▲例えば、この"列の色のバラエティ"は、
▲4つとも異なる出目のダイスを置いた1列につき4点を得ます。
サグラダ-o-32
▲この場合、該当列は3列あるので12点ということですね。
(最左列は4が、中央列は5がダブっているので無効)


③恩寵トークン

未使用の恩寵トークン1つにつき1点です。

サグラダ-o-34
▲5つ残せば5点。

1点差で決着することもありますので、
ご利用は計画的に…( ̄▽ ̄;)


④窓の空きスペース

埋められなかった窓枠は、
1ヵ所につき-1点になります。


とはいえ、
窓枠を埋め切れなかったプレイヤーが勝利する例も多いですので、
ときには割り切ったプレイングも必要かもしれません…!



★コメント


雑多と並ぶボードゲームの中で、
ひときわ目を引く美麗な箱――

初めて「サグラダ」を目の当たりにしたとき、
星屑、ぐっと興味をひかれました。

この箱の中から、
いったい、どんなゲームが飛び出してくるんだろう…?

果たして、
出てきたのは、たくさんのカラフルな透明ダイスで、
これをガラスに見立てて、ステンドグラスを完成させていくとのこと。

オシャレです!!

箱もコンセプトも、なにもかもがオシャレなゲームです…!

サグラダ-o-41

さてさて、そんなオシャレなサグラダですが、
実際にプレイしてみると、
ゆるすぎずキツすぎずなダイスの配置制限が、
ほどよく頭を抱えさせてくれます


ダイスの獲得がドラフト形式ですので、
各ラウンド、1個目のダイスは望むものを得られても、
2個目は意図しないものを掴まされがちになり、
それをどう捌くか…が、腕の見せドコロです!


とはいえ、どうしてもダイスの置き場に困ったときは、
道具カードに頼ることもできます。

サグラダ-o-35

恩寵トークンと引き換えになりますが、
ダイスの再配置を行ったり、
受け取ったダイスを振り直して出目を変えたりと、
お節介すぎない程度の手助けをしてくれるのが道具カードです。

道具カードのおかげで、
完全に行き詰ってしまうということが起きにくくなっていて、
うまくゲームのストレスが除去されている印象を受けました。

悩みはしますが、苦しみはしない、
絶妙なゲームバランスが保たれていると思います…!


サグラダ-o-27

見た目だけではなく、
ゲーム自体も洗練されていて、
リプレイ性が高い「サグラダ」!

ステンドグラス作りの腕を磨いて、
どんどん勝利ツイートを発信できるようになりたいですね♪( ̄▽ ̄*)



サグラダ 関連記事
5~6人用拡張

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/03/23 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 サグラダ  
|