FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ジンジャーブレッドハウス」




★開封

ジンブレ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

ジンブレ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

長ぐつをはいたネコ赤ずきんちゃんなど、
おとぎ話の住人たちが並ぶイラストです!

そして、左側のジンジャーブレッドハウスには、
なにやら手配書が貼られていますが…?

ジンブレ-o-03
▲箱のウラ面

ゲーム風景の写真はあれど、
その内容にはあまり触れられておらず、
記述はゲームのストーリーに終始しています。

テーマや雰囲気をとても大事にしている感がありますが、
はたして、どんなシステムのゲームなのでしょうか?

ジンブレ-o-04
スペック

プレイ人数2~4人で、
プレイ時間30~45分
対象年齢8歳~です。

プレイ人数によっての変化はほとんどなく、
2人でも何ら問題なく遊ぶことができます。



★箱をオープン!

ジンブレ-o-05
▲一発目はルルブサマリー

ジンブレ-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

ジンブレ-o-07
▲底部にはスコアシートと、

ジンブレ-o-08
カード類ジッパーがあり、
▲内容物は以上でした。

ジンブレ-o-09
▲なお、タイル台紙の総量は、
▲箱の半分ほどに及びます。

そして、箱のイラストにあった手配書ですが、
あのお尋ね者はこのゲームのデザイナーさんだったんですね…!

ジンブレ-o-76



★タイル抜き!

ジンブレ-o-10
▲それでは、9枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ジンブレ-o-11
▲はい、完了…!

ジンブレ-o-12
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易

さて、これは余談ですが――

ジンブレ-o-67
▲一旦、箱のトレイを外して、

ジンブレ-o-71
タイル台紙の枠を詰めておくと、

ジンブレ-o-68
▲良いあんばいにトレイが底上げされ、
箱の中で内容物がバラバラになりにくくなります!



★内容物

ジンブレ-o-13
ルールブック(日本語・全8ページ)

しっかりとした図解が好印象のルルブです。

シンプルな大筋の周りに、小さな要素が散らばっていますが、
順を追って説明してくれていますので、ちゃんと理解できます♪


ジンブレ-o-14
サマリーシート×1枚

後ほど出てくるボーナスカードの補足説明です。

標準ゲームでのみ使用しますので、
導入ゲームでは出番がありません。


ジンブレ-o-15
スコアシート×1冊

得点計算をする際に使用するシートです。

こちらも導入ゲームでは出番がないでしょう。


ジンブレ-o-16
プレイヤーボード×4枚

プレイヤーごとに1枚ずつ受け取って使用する個人ボードです。

いずれも両面印刷になっていて、マークの内訳や配置が異なります。


ジンブレ-o-17
ダブルタイル×60枚

ゲーム開始時に、1人につきランダムで15枚を受け取り、
自分の家の建材として使用するタイルです。

4色の「ジンジャーブレッド」に加えて、
他にも「交換」「」「階段」のマークがあり、
1枚のタイルには、そのうち2種類が描かれています。


ジンブレ-o-18
ワイルドタイル×28枚

おとぎ話のキャラクターを捕まえる度に1枚受け取り、
即座に自分のボードへ配置するタイルです。

ワイルドタイルを他のタイルで覆うと、
全7種の効果から1つを選んで実行できるため、
"ワイルド"の名前が冠されています。


ジンブレ-o-19
階段タイル×22枚

ゲーム中、4枚まで保持しておけるタイルです。

ダブルタイルを積み重ねるにあたって、
下層の高さが足りない場合の上げ底として使用できます。


ジンブレ-o-20
ジンジャーブレッドトークン×4種・各18枚

ジンジャーブレッド」のマークをタイルで覆うことで入手し、
おとぎ話のキャラクターを捕まえるために使うトークンです。
(*なぜ捕まえるのかは後述)

そもそも"ジンジャーブレッド"とは、
生姜を入れた伝統的なケーキだったりクッキーだったりしますが、
このゲームでは、特にクッキーの方を指すようですね。


▲ジンジャーブレッドマン(amazonより)


ジンブレ-o-21
▲最後にカード類


ジンブレ-o-22
キャラクターカード×40枚

プレイヤーたちが捕まえようとする、
おとぎ話のキャラクターたちです。

カードの左側には捕まえるのに必要なジンジャーブレッドが、
カードの左下には得点が、それぞれ示されています。


ジンブレ-o-23
ボーナスカード×20枚

自分の家の1階層が完成する度に受け取り、得点となるカードです。

導入ゲームでは、単に得点だけが示されている面を使い、
標準ゲームでは、得点の条件が記されている面を使います。



★どんなゲーム?


ジンジャーブレッドハウス」は、
プレイヤーが森に住む魔女になって、
ジンジャーブレッドハウスを作りつつ
おとぎ話のキャラクターを捕まえて
"一番ずるがしこい魔女"を目指そうというゲームです!

…なんていう説明をしても、
何が何やらチンプンカンプンだと思いますので、
まずはゲームの背景から説明していきましょう。

そもそも、"ジンジャーブレッドハウス"というのは、
ジンジャーブレッド等の菓子類で作るミニチュアハウス、
いわゆる"お菓子の家"と解釈するのがよさそうですね。


▲ジンジャーブレッドハウス(amazonより)

とある森の奥深くに住んでいる、
このゲームの主人公であるところの魔女(=プレイヤー)は、
美味しいジンジャーブレッドを焼くのが大好きなあまり、なんと、

自宅を全部ジンジャーブレッドで作ってしまいました!

ミニチュアではない、1/1スケールのジンジャーブレッドハウス。
つまり、リアルお菓子の家というわけですね。
それだけの量のジンジャーブレッドを焼き続けただなんて、
想像するだけで、こちらの骨まで折れてしまいそうな話ですが、
それを成し遂げた魔女の根気には、本当に本当に頭が下がります。

とはいえ、そんな家を作ってしまえば、

あのヘンゼルとグレーテルが食べにこないはずがなく…

それどころか、
ウワサが広まったのかSNSで拡散されたのか、
ありとあらゆる"おとぎ話のキャラクターたち"が、
近くを通りかかっては壁や窓やドアを食べてしまう(!?)
という、
もはや収集のつかない事態になってしまったのです…!

そんな危険区域にお菓子の家を建てるなよ…と思わなくもないですが、
とにかく、困った魔女は対策を講じることにしました。

その対策とは、
おとぎ話のキャラクターごとの、
ジンジャーブレッドの嗜好を分析・収集し、
好みのジンジャーブレッドを焼くことで、
おびきよせて、捕まえてしまえというもの!


それに加えて同時進行で、
食べられてしまった家の再建も果たさねばならず、

まさに魔女のジンジャーブレッド力が試されています…!



☆ゲームの基本的な流れ

自分のターンの流れはシンプルです。

家の建設ジンジャーブレッドを焼く

おとぎ話のキャラクターを捕まえる

以上。

具体的には、
自分のボードにダブルタイル1枚を配置して、
配置したマスの効果を発動させた後、
場に並ぶキャラクターカードを獲得します。


ジンブレ-o-24
▲まず準備として、ゲームの開始時に、
▲ウラ向きでシャッフルした60枚のダブルタイルから…、

ジンブレ-o-25
▲プレイヤーたちは各々、ランダムで15枚ずつ受け取り、
▲これをウラ向きの山にしておきましょう。


ジンブレ-o-26
▲このダブルタイルのうち、3枚オモテ向きにして、
自分のターンには、この3枚の中から1枚を選び…、

ジンブレ-o-27
▲自分のボードの建設スペースに配置します。

タイルを配置すると、
家の建設が進むのに加えて、
その配置によって覆ったマスに描かれている、
ジンジャーブレッドを焼くことにもなる
のです。
(ジンジャーブレッドを焼くのと家を再建するは同時進行なので!)

ジンブレ-o-28
▲例えば、このようにダブルタイルを配置すると、

ジンブレ-o-29
▲配置先のマスのジンジャーブレッドを焼いたことになり、
▲焼いたジンジャーブレッドのトークンを受け取ります。
(この場合は黄色ですね)

ジンブレ-o-30
▲さらに、配置したタイルは家の一部分となり、
▲これで1階部分の9分の2が作られたことになるわけです。
(つまり、あと7マスが埋まれば1階部分は完成!)


ダブルタイルを配置したら、
続いて、キャラクターカードを獲得することができます。

ジンブレ-o-31
▲場に並ぶ4枚キャラクターカードの中から、
▲獲得できるものがあれば獲得しましょう。

ジンブレ-o-32
▲ただし、キャラクターの獲得には、
コストとしてジンジャーブレッドトークンが必要です。

タイル配置の際に受け取ったトークンを支払うことで、
キャラクターカードを獲得し、これが得点となります。
(ジンジャーブレッドでキャラクターを捕まえたということです!)


タイル配置キャラクターカード獲得で、あっという間のターン終了!

以上が基本的な流れです。

なお、ターンを終了する際には、
場のキャラクターカード4枚になるように補充して、
自分のダブルタイルの山から1枚をオモテ向きにしましょう。
(これで自分のダブルタイルの選択肢が3枚に戻るわけです)



☆マークの効果

タイルを配置することで覆うマークには、

ジンブレ-o-72
▲「ジンジャーブレッド」以外に3種類あって――

ジンブレ-o-33
▲「」のマーク

檻のマークをタイルで覆うと、
場のキャラクターカード1枚をキープすることができます

キープしたキャラクターカードは、
自分だけにしか捕まえられなくなりますので、
他のプレイヤーに取られる心配がなくなりますね!

例えば…、

ジンブレ-o-34
黄色のジンジャーブレッドが多く焼けるのを見越して、
▲その2色を好物とするキャラクターカードを…、

ジンブレ-o-35
▲自分のボード上部の"ゲート"にキープ!

もしも、場に並んでいる中に、
キープしたいキャラクターカードがなかったら、替わりに、
山札の上から3枚見て、その中の1枚をキープしてもOKです。


ジンブレ-o-36
▲「交換」のマーク

交換のマークをタイルで覆うと、
手持ちのジンジャーブレッドトークン1枚を、
他色の1枚に交換することができます


例えば…、

ジンブレ-o-37
▲「カエルの王様」の獲得には黄色が1枚ずつ必要ですが、
▲手持ちには黄色が1枚ずつしかない…というときに、
交換の効果を発動して、手持ちの変えることで、
▲「カエルの王様」を獲得できるようになりますね!カエルだけに!

ちなみに、"替える"ではなく"変える"なのは、
誰かとトレードするわけではなく、
魔法の力で色を変化させているからです。
(なにせプレイヤーは魔女なので!)


ジンブレ-o-38
▲「階段」のマーク

階段のマークをタイルで覆うと、
階段タイル1枚を獲得できます

ジンブレ-o-39
階段タイルは、ボードの右側に置いておきましょう。

階段タイルの使い方は、次の項目にて!



☆建設のルール

横に横にと広げていくタイルゲームが多い中にあって、
このゲームは上に上にとタイルを積み重ねていきます

その際のルールは、たった一つで、
1枚のダブルタイルの上に1枚のダブルタイルを重ねないこと!

ジンブレ-o-40
▲例えば、ここにポツンと1枚のダブルタイルがありますが…、

ジンブレ-o-41
この1枚をピタリと覆ってしまうように
直上に1枚のダブルタイルを乗せてはいけないのです。

ジンブレ-o-42
▲つまり、こういう状態はNG!
(※写真は、父をピタリと覆うように乗っかる3才の星屑)

それでは、どうしたら積み重ねられるかというと、
2枚のタイルの上に1枚のダブルタイルであればOKです!

ジンブレ-o-43
▲まず、同じ階にタイルを2枚つなげて配置して、

ジンブレ-o-44
その2枚にまたがるように
▲ダブルタイルを積み重ねましょう。

少しだけ手間のかかる話ですが、
これには、ちゃんとメリットが発生します。

同じマークを2つ並べて配置し、
それを1枚のダブルタイルで覆うことで、
なんと効果が2回でなく3回発動するのです!


ジンブレ-o-45
▲例えば、青ジンジャーブレッドのマークを2つ並べて、

ジンブレ-o-46
▲その2つのマークを1枚のダブルタイルで覆うと、
▲本来なら青ジンジャーブレッド2枚焼けるところ、
ボーナスでもう1枚、合わせて3枚焼けます!
(なんか深夜のテレビショッピングっぽい…)

タイルを配置するにあたって、
できるだけ同じマークが並ぶようにすれば、
ボーナスを発生しやすくできるというわけですね。


さて、この項目の最後に、
階段タイルの使い方について触れておきましょう。

先ほどのボーナスの発生を知った上で…、

ジンブレ-o-47
▲この盤面を見ると、

ジンブレ-o-48
この2マスとかにダブルタイルを配置したくなりますよね。

ジンブレ-o-49
▲しかしながら、この2マスは、
▲片方が1階に、もう片方が0階になっていて、
これではダブルタイルを積み重ねることができません
(ダブルタイルが傾いてしまうので…!)

そんなときに便利なのが、階段タイルです!

ジンブレ-o-50
▲手持ちの階段タイルを、

ジンブレ-o-51
階数が足りないマスに配置することで、

ジンブレ-o-52
▲あら不思議…!

ジンブレ-o-53
ダブルタイルを積み重ねられるようになりました!!

しかも、ちゃんとボーナスは発生して、
青ジンジャーブレッドトークン3枚を入手できます!

さらに、階段タイルは、
ダブルタイルの配置直前に何枚でも使用可能ですので…、

ジンブレ-o-54
2階ぶん足りない場合も、階段タイルを2枚使えば、

ジンブレ-o-55
▲問題なくダブルタイルを積み重ねられるのです。

ただし、このゲームは――

ジンブレ-o-56
▲家が1階層完成する(=9マスが埋まる)ごとに、

ジンブレ-o-57
得点となるボーナスカードがもらえて、
▲しかも、高得点は早い者勝ちですので、

高層階ばかりにかまけて、
階層の完成を忘れないように気をつけましょう…!



☆ワイルドタイル

2つほど上の画像で…、

ジンブレ-o-58
▲しれっと右下の隅に登場したワイルドタイルですが、

これは、
キャラクターカードを1枚獲得するごとにもらえて
即座に自分のボードへ配置します

ジンブレ-o-59
▲コストが安かろうが高かろうが関係なく、
キャラクターカード1枚につきワイルドタイル1枚です。

高コストのカードが得点のパフォーマンスに優れるのに対して、
低コストはワイルドタイルを獲得しやすい利点があるわけですね。

ジンブレ-o-60
▲ワイルドタイルは、1階層が奇数の9マスということで、
どうしても発生しがちな残り1マスを埋められるだけでなく、

ジンブレ-o-61
▲直上をタイルで覆われた際に、
全てのマークの中から好きな効果を選んで発動できます

すなわち、
好きな色のジンジャーブレッドトークン1枚か、
檻によるキャラクターカードのキープか、
階段タイル1枚ですね。

トークンの交換を選ぶこともできますが、
普通に好きな色を1枚もらえばいいですので、
あまり意味はありません。

とにかく、
必要なときに必要なものが手に入るということで、
ワイルドタイルは非常に便利です!

ジンブレ-o-62
▲もちろん、ワイルドタイルについても、
並べて同時に覆うことで効果が3倍になり、
その効果の組み合わせは自由自在ですので、
▲ぜひ積極的に狙っていきたいですね。



☆標準ルール

このゲームには、
導入ルール標準ルールという2つのルールがありますが、
その違いは一つだけで、ずばりボーナスカードの裏表です。

ボーナスカードは、
家を1階層完成させるごとに、
早い者勝ちで1枚もらえるカードですが――
(ただし1人につき最大3階層ぶん=3枚まで)

ジンブレ-o-63
導入ゲームでは、得点のみが示された面を使用します。

単に完成が早いほど高得点となり、
初心者にも分かりやすく、説明が楽ですね。


一方の標準ルールでは、得点の条件が記された面を使用します。

ジンブレ-o-64
▲例えば、家の階数を得点の条件とするもの

上の2枚は完成(=9マスを埋め切る)させなければなりませんが、
下の2枚は未完成でも高さが足りていればOKです。

ジンブレ-o-65
▲あるいは、獲得するキャラクターカードを指定するもの

ジンブレ-o-66
▲キャラクターカードには、それぞれ属性を示すアイコンがあり…、

指定されたカードを集めることで、
より高い得点を狙うことができます。

いずれも内容自体は難しくありませんが、
ちょいちょい考えどころが増えますので、
やりごたえを求めるなら、もってこいですね。



ゲームは、
全プレイヤーが15枚のダブルタイルを使い切ると終了し、
キャラクターカードボーナスカードの合計点が、
もっとも高いプレイヤーの勝利となります!



★コメント


おとぎ話というのは、
だいたい魔女が悪いと相場で決まっているものですが、
このゲームの主役たる魔女は珍しく被害者サイドです。

そして、こともあろうに、
魔女の家をモグモグパクパクと食べてしまうのが、
おとぎ話のメインキャラクターたちという…!


まだフック船長とかバジリスクとかは、
ヴィランズなので、まぁやりそうかなァという感じですし、
お菓子の家を食べないヘンゼルとグレーテルなんて、
むしろアイデンティティの崩壊とすら言えそうですので、
こちらもやむを得ませんが…、

ラプンツェル、お前もか!

他にも、
シンデレラが、ピノキオが、ピーターパンが、
大挙して魔女の家を狙ってくるわけです…!

とはいえ、
これほどおとぎ話のキャラクターが勢ぞろいするゲームも珍しく、
スマホゲームの「ツムツム」をプレイしている私星屑なんかは、
もうプロ野球のオールスター戦のようなお祭り気分になります♪

ジンブレ-o-73ジンブレ-o-74ジンブレ-o-75

そうでなくとも、
有名なキャラクターたちが登場するということで、
性別を問わず、年齢を問わず、
どんなプレイヤーさんでも卓に誘いやすいテーマだと言えるでしょう!

ゲームの内容も、
家を建てる(=ダブルタイルを配置する)ことで、
自動的にジンジャーブレッドが焼き上がり、
しかも、そのジンジャーブレッドを使って、
そのままキャラクターカードを獲得できるという、
まさに流れるようなシステムが構築されていて、
テンポが非常に良いです。

導入ルールをプレイしていると、
自分のターンが終わって、ちょっと次のことを考えていたら、
もう自分のターンが回ってきている…!?
…なんてことが頻発するほどで。

また、シンプルで敷居の低い導入ルールに、
奥行きのある標準ルールという二段構えで、
しかも、その切り替えが容易ということもあり、
ボードゲーム会での扱いやすさも良好です。

なにより、
9マスを埋め切って1階層を完成させたときとか、
マークを並べてボーナスを発生させたときとか、
思わずガッツポーズをしたくなるタイミングが多く、
プレイしていて爽快感があるのが素晴らしいですね!

ジンブレ-o-70
▲だんだん高くなっていく家が、
▲ビジュアル的にもウキウキさせてくれます♪( ̄▽ ̄*)

ジンブレ-o-69

最後に、購入のオススメ度合いですが、

・プレイヤー間の干渉が少ないタイルゲーム
・あまり悩まなくていいパズルゲーム


…を、お探しであれば、
ぜひぜひ購入をオススメしたい作品です!

テーマ的に、お子さんとの親和性が高いことも、
システム的に、違和感なく2人プレイを楽しめることも、
このゲームの美点として付け加えておきましょう。



ジンジャーブレッドハウス 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2019/01/19 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ジンジャーブレッドハウス  
|