FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




☆プレイ記その1(5/5)

NEメセナ-p-1-ec-5

初回:プレイ記その1(1/5)

前回:プレイ記その1(4/5)
今回:プレイ記その1(5/5)←いまココ


星屑が「ナショナルエコノミー」で意識しているのは、

労働者1人あたりの変換率」と、
カード1枚あたりの換金率」です。

…なんて、普通のことを言っても面白くないかもですが、
やはりプレイスタイルの根拠は、ここに収束しています。

せっかく労働者を増やしても、
"選びたい建物がない"という結果では賃金ぶんの損ですし、

同じ「家計から現金タイプ」の建物でも、
カード4枚と引き換えに$24をもらえるか、
カード2枚と引き換えに$25をもらえるか
では、
倍以上の違いがあるわけです。

また、アクション数には限りがありますので、
1アクションで$6の価値の建物を作るか、
1アクションで$18の価値の建物を作るか
でも、
積み重なって大きな差が開いていきます。

こういう"美味しい方を取りたい"という思いのために、
しっかりと計画を立てて、お膳立てをしていく…!

なんだか「ナショナルエコノミー」というのは、
先発セットアッパークローザーという、
野球のピッチャーの継投に似ている気もしますね!( ̄▽ ̄*)



★第8ラウンド

家計の残高:$37

NEメセナp-1-5-01
▲前ラウンドから増えた建物は「専門学校」で、
すぐに使える労働者を1人増やす効果を持っています。

つまり、即戦力の人材ってわけですね…!

なお、第8ラウンドスタートプレイヤーしーぷですので、
手番順はしーぷ星屑しーぷ星屑……です。

NEメセナp-1-5-02
しーぷの1手目は「採石場」。


星屑「結局、5ラウンド目からは、」
星屑「俺は一度もスタプレになれずじまいか」

しーぷ「なんかもう半分は意地みたいなものなんだけどね…!」


NEメセナp-1-5-03
星屑の1手目は「造船所」。

星屑の手札:3枚

NEメセナp-1-5-04
▲このために残しておいた3枚の手札を捨てて、

NEメセナp-1-5-05
▲引いた6枚がこちら!

この中で、星屑にとって特にめぼしいのは、
文句なしでコストの「会計事務所」です!!!

これはさっそく作らねば…!


NEメセナp-1-5-06
しーぷの2手目は「鉱山」。

これでしーぷの手札は2枚になりました。


NEメセナp-1-5-07
星屑の2手目は「宮大工」。

星屑の手札:6枚

NEメセナp-1-5-10
星屑は7枚目の勝利点トークンを受け取り、

NEメセナp-1-5-08
▲作る予定のない3枚の手札を捨てて、

NEメセナp-1-5-09
▲「会計事務所」を作ります!

会計事務所」の効果は、
ゲーム終了時に勝利点トークンの価値を2倍にするというもの!!

今回、星屑勝利点トークンを集めていますので、
これは渡りに船というか鬼に金棒というか、
最高のカードを引くことができました♪( ̄▽ ̄*)


NEメセナp-1-5-11
しーぷの3手目は「食品工場」。


しーぷ「やっと手札が2枚になったので」

星屑採石場を諦めて芋畑を取れば、」
星屑「1アクションで3枚ももらえたよ…?」

しーぷ「最終ラウンドのスタプレは絶対に欲しいから、」
しーぷ「これで良かったの!」

星屑「…そ、そんなにもスタプレにこだわるのなら、」
星屑「しーぷには先駆羊【ファースト・バス】の称号を授けよう!!」

しーぷ「それはいらいない…!(汗)」


NEメセナp-1-5-12
星屑の3手目は「遊園地」。

星屑の手札:2枚

NEメセナp-1-5-13
星屑は、さっき使わなかった2枚の手札を捨てて、

NEメセナp-1-5-14
家計から$25をもらいます。

家計の残高:$12


NEメセナp-1-5-15
しーぷの4手目は「専門学校」。

これで、お互いの労働者が5人ずつになりました!


NEメセナp-1-5-16
星屑の4手目は「芋畑」。

星屑の手札:0枚

NEメセナp-1-5-17
星屑は消費財を3枚引きます!

このラウンドは、
6枚引いて4枚で建設して2枚で$25もらって3枚引いて
…と、まったく無駄のない4コンボを達成できて大満足です♪( ̄▽ ̄*)


NEメセナp-1-5-18
▲「専門学校」で増やした労働者での、
しーぷの5手目は「市場」。


しーぷ家計にジャスト$12残ってて良かった…!」

星屑「2人でキレイに家計を空にしたね!」


NEメセナp-1-5-19
星屑の5手目は「菜園」。

星屑の手札:3枚

NEメセナp-1-5-21
星屑は8枚目の勝利点トークンを受け取り、

NEメセナp-1-5-20
消費財2枚引いて、手札上限ギリギリの5枚にしました!


以上で、しーぷ星屑も労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナp-1-5-22
▲このラウンドから、賃金は最高額の$5です!

NEメセナp-1-5-23
しーぷ星屑も家計に$25ずつ支払って…、

さあ、ついに最終ラウンドへと突入します!!



★第9ラウンド

家計の残高:$50

NEメセナp-1-5-24
▲前ラウンドから増えた建物は「万博」で、
手札を5枚捨てて家計から$30を得る効果を持っています。

最終ラウンドも変わらず、
しーぷ星屑しーぷ星屑……という手番順です。


星屑「ちなみに、このラウンドも賃金の支払いは発生するからね」

しーぷ「う、ですよね…」

星屑「逆に、最終ラウンドの支払いが免除なゲームって何だったっけ?」

しーぷシェイクスピアがそうだったような」

星屑「ああ、確かそうだったね。そんな記憶がある」

しーぷ「とにかく、なんとかして$25をかき集めなきゃ…!」


NEメセナp-1-5-25
しーぷの1手目は「食品工場」。

しーぷは、この4枚のカードをどう使っていくのでしょうか…?


NEメセナp-1-5-26
星屑の1手目は「造船所」。

星屑の手札:5枚

NEメセナp-1-5-27
星屑は、手札5枚のうちの3枚を捨てて、

NEメセナp-1-5-28
建物カード6枚引きました!


星屑「(これは面白いカードの揃い踏みだなァ)」


大きな得点源になりそうな「鉄道駅」は、
ゲーム終了時に、自分専用の建物が6つ以上あれば+18点という効果。
(「鉄道駅」自体もカウント対象です)

そして、その条件のクリアを支援するかのような、

【施設】タイプの建物しか作れない代わりに、
作った後に建物カード2枚引ける「建築会社」と、

価値(カード下部の数字)が10以下の建物なら、
無料で1つ作ることができる「プレハブ工務店」!!

これらの建物カードと、残り2枚の消費財をフル活用して、
ラストスパートをかけて参りましょう…!


NEメセナp-1-5-29
しーぷの2手目は「宮大工」。

NEメセナp-1-5-30
しーぷはコストの「研究所」を作りました!


星屑「てか、しーぷが建物を作ったのって、いつ以来だっけ??」

しーぷ「最後に作ったのが食堂だから…、」
しーぷ「第2ラウンド以来じゃないかな?」

星屑「よくそんなにも建物を作らずに、」
星屑「ここまで乗り切れてきたね…!」

しーぷ「ひたすら家計からお金を集めて、」
しーぷ「ひたすら家計にお金を払ってだけなんだけどね」

星屑「逆にすごいな!!」
星屑「むしろ、しーぷの方が経済を回してる気がする…」

しーぷ「いやいや、これも星屑が建物を売却し続けて、」
しーぷ家計の総額を大きく増やしてくれたおかげだよ」

星屑「じゃあ、俺がマクロでしーぷがミクロでって感じになるのかな?」

星屑「どっちかが欠けても経済は回らないから、」
星屑「最後の最後までよろしく頼みます…!」


NEメセナp-1-5-31
星屑の2手目は「宮大工」。

星屑の手札:8枚

NEメセナp-1-5-32
星屑は手札を3枚捨てて、

NEメセナp-1-5-33
▲まずは「プレハブ工務店」を作りました!

もはや手札を増やす時間はありませんので、
建物を無料で作れるという効果は、心底ありがたいです♪( ̄▽ ̄*)

NEメセナp-1-5-34
▲さらに、勝利点トークンは9枚になり、
▲その得点は30点に達しました…!


NEメセナp-1-5-35
しーぷの3手目は「芋畑」。

ここは順当に、手札を0枚から3枚に回復させてきます。


NEメセナp-1-5-38
星屑の3手目は「菜園」。

星屑の手札:4枚

NEメセナp-1-5-36
星屑消費財2枚引いて、

NEメセナp-1-5-37
▲10枚目となる勝利点トークンを受け取りました!

それにしても、
手札の枚数が多いときの「菜園」の頼もしさといったら…!

じわじわと勝利点トークンも増えましたし、
マジで作って正解の…建物(?)でしたね♪( ̄▽ ̄*)


NEメセナp-1-5-39
しーぷの4手目は「研究所」。


しーぷ「これで勝利点トークン3枚になった!」

星屑「スリーカードが揃ったときって、ほんと嬉しいよね」


NEメセナp-1-5-40
星屑の4手目は「大工」。

星屑の手札:6枚

NEメセナp-1-5-41
星屑は手札を3枚捨てて、

NEメセナp-1-5-42
▲「鉄道駅」を作りました!

本当は、「鉄道駅」を2枚とも作れたら良かったんですが、
引くのが少し遅かったですね…( ̄▽ ̄;)


NEメセナp-1-5-43
しーぷの5手目は「万博」。

手札を5枚捨てて、家計から$50を回収しました!!


星屑「最後の最後まで、家計から現金スタイルだったね」

しーぷ「一度も未払いを発生させることなく終わって、」
しーぷ「本当に良かった…!」


NEメセナp-1-5-44
星屑の5手目は「プレハブ工務店」。

星屑の手札:2枚

その効果により、価値10以下の建物を作ることができまので、

NEメセナp-1-5-45
▲星屑は、ジャスト価値10の「建築会社」を無料で作って…、

NEメセナp-1-5-46
▲これで、すべての労働者の配置が完了しました!

NEメセナp-1-5-47
星屑は、ギリギリセーフで6つの建物をつくり上げ、
▲「鉄道駅」の追加点の条件をクリアした…かに思ったんですが、

NEメセナp-1-5-49
▲最終ラウンドの賃金の支払いで…、

NEメセナp-1-5-48

星屑「あ、現金がないんだった」

しーぷ「支払いがあるよって念を押したの、」
しーぷ星屑だったのに…!」

NEメセナp-1-5-50
▲やむなく星屑は「遊園地」を売り払って$24を受け取り、

NEメセナp-1-5-51
賃金の支払いに充てました…( ̄▽ ̄;)



★得点計算

それでは、最後の賃金も支払ったところで、
得点計算を進めていきたいと思います!


★星屑

まずは星屑から。

NEメセナp-1-5-55
▲現金が手元に$6残ったので「6点」!

NEメセナp-1-5-52
星屑専用の建物の価値の合計は62なので「62点」!

NEメセナp-1-5-53
▲「鉄道駅」の条件は満たせず「0点」!

NEメセナp-1-5-37
勝利トークンは3セット+1枚で「31点」ですが、

NEメセナp-1-5-54
▲「会計事務所」の効果で2倍になり「62点」!

6+62+62=「130点



★しーぷ

続いてしーぷ

NEメセナp-1-5-58
▲現金が手元に$13残ったので「13点」!

NEメセナp-1-5-56
しーぷ専用の建物の価値の合計は24なので「24点」!

NEメセナp-1-5-57
勝利点トークンは1セットで「10点」!

13+24+10=「47点



よって、13047星屑の勝利となりました!!


しーぷ「なにその点数…!」

星屑「取った俺がいちばんびっくりしてるよ!」

しーぷ「私、これでもナショエコ自己ベストなんだけど、」
しーぷ「比較対象のおかげでしょぼく見える…」

星屑「でも、しーぷが労働者を5人雇ったのって、」
星屑「確か初めてじゃなかったっけ??」

しーぷ「そう、いつも躊躇ってしまってたんだけど、」
しーぷ「今回はしっかりと増やしていくことができて、」
しーぷ「だから点数も伸びたんだと思う」

星屑「まさに現在進行形で成長中って感じやね!」

NEメセナp-1-5-59

しーぷ「次回は消費財をもっと上手に使って、」
しーぷ「破綻も買収も回避したいな」

星屑「つまり75点以上ってことか!」

星屑「俺は150点以上…と言いたいところだけど、」
星屑「今回は、あまりにも流れが良すぎたから、」
星屑「次も125点以上を目指すことにしようかな」



★プレイ内容まとめ

赤文字:家計から現金
青文字:建物を作る
緑文字:カードを引く
黄文字:労働者を雇う
アンダーライン:初期公共職場&ラウンドカード職場


★星屑

1R:大工学校
2R:採石場鉱山宮大工
3R:芋畑採石場市場
4R:宮大工芋畑食品工場
5R:宮大工芋畑高等学校
6R:造船所宮大工鉱山大学
7R:芋畑造船所宮大工菜園遊園地
8R:造船所宮大工遊園地芋畑菜園
9R:造船所宮大工菜園大工プレハブ工務店


★しーぷ

1R:採石場鉱山
2R:大工宮大工
3R:食堂学校
4R:採石場食堂鉱山
5R:採石場市場学校
6R:芋畑スーパーマーケット採石場食堂
7R:採石場鉱山食品工場百貨店
8R:採石場鉱山食品工場専門学校市場
9R:食品工場宮大工芋畑研究所万博



と、いうわけで、
5記事に渡って「メセナ」のプレイ記をお送りしました!

今作から勝利点トークンが加わったこともあり、
星屑しーぷも、前作より点が取れた印象ですね。

なんというか、
前作よりも、より洗練されているような気がします!

実力差がハッキリと出るゲームで、
プレイ時間に反してズッシリと重いプレイ感ですので、
なかなかボードゲーム会では出しにくかったんですが、
これを機会に、今後は卓を立ててみましょうかね♪( ̄▽ ̄*)

NEメセナp-1-5-60



さて、それでは今回も、
長い記事に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!


次回もしーぷ先駆羊【ファースト・バス】スタPを掻っ攫いますよ…!

管理人・星屑トランペッター



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲
スポンサーサイト




【2017/07/10 23:59】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




☆プレイ記その1(4/5)

NEメセナ-p-1-ec-4

初回:プレイ記その1(1/5)

前回:プレイ記その1(3/5)
今回:プレイ記その1(4/5)←いまココ
次回:プレイ記その1(5/5)


星屑にとっての「ナショナルエコノミー」は、

序盤:労働者を増やしつつ資金難を乗り越える!
中盤:ハンド(手札)を稼ぐ方法を確立する!!
終盤:ひたすら建物を作りまくる!!!


…といったイメージになっています。
(※あくまで星屑個人のイメージです←予防線)

今回のゲームはスイスイと展開することができて、
第5ラウンド終了時点で、すでに終盤をにらめているような感じに…!

いつもの得点の稼ぎ時は、おおよそ第8~最終9ラウンド目なんですが、
この調子ならば、もう前のめりなプレイングを始めても大丈夫でしょう!



★第6ラウンド

家計の残高:$40

NEメセナ-p-1-4-01
▲前ラウンドから増えた建物は「大学」で、
労働者を5人に増やす効果を持っています。

NEメセナ-p-1-4-02
▲すでに4人の労働者を抱えている星屑しーぷも、
▲どのタイミングで5人目に手を出すか、
▲よく考えなければなりません。


なお、第6ラウンドスタートプレイヤーしーぷで、
手番順はしーぷ星屑しーぷ星屑…となります。

NEメセナ-p-1-4-03
しーぷの1手目は「芋畑」。


星屑「ああ、取られたか…!」

しーぷ「もう芋畑星屑だけのものじゃないからね」

星屑「俺が飼育栽培委員として手塩にかけて育ててた広めの畑に、」
星屑「なぜか学活の一環で、クラス全員で水やりする運びになって、」
星屑「みんなが我が物顔でトマトとかキュウリとか触ってるのを見て、」
星屑「なんか複雑な気分になった小学校時代を思い出した」

しーぷ「…そんな解るような解らないようなエピソードを披露されても、」
しーぷ「この芋畑譲らないんだから!

星屑「じゃあ、せめて大事に食べてくれ…( ̄▽ ̄*)」

しーぷ「これ農業ゲームじゃなくて経済ゲームなんだけど…!」


NEメセナ-p-1-4-04
星屑の1手目は「造船所」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-05
▲手札の消費財3枚とも捨てて、
建物カードの山札から6枚引きます!


星屑「よし、計画通り!

星屑星屑超魔術【スターダスト・マギア】!!


NEメセナ-p-1-4-06
建物カード6連ガチャの結果はこちら!

もしもしーぷに「芋畑」が取られていなかったら、
次の手番でコストの「遊園地」を作って、
残りの5枚は「遊園地」のコストとして捨てて、
手札をゼロにしてから「芋畑」…の流れでしたが、
それは諦めるほかありません。

芋畑」を売却していなければ、こうはなりませんでしたが、
売却しないと賃金を支払えなかったですからね…( ̄▽ ̄;)

それよりも、ここから考えるべきは、
消費財を獲得するための第二の手段でしょう…!

星屑の手札:6枚


NEメセナ-p-1-4-07
しーぷの2手目は「スーパーマーケット」。

家計の残高:$22


星屑「どうせ同じ1枚を増やすなら、」
星屑「なんで採石場建物カードの方を取らないのか…と思ったら、」
星屑「ハナから捨てるためのカードだったからなのか…!」

しーぷ「それよりも、星屑への妨害っていう意味合いのが強いかな」
しーぷ「なんだか芋畑を取らせたらヤバそうだったし…」

星屑「おっしゃる通り、おかげで良い流れが一つ潰えたよ…( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-4-08
星屑の2手目は「宮大工」。

良い流れこそなくなりましたが、
遊園地」を作る流れに変更はありません。

NEメセナ-p-1-4-09
星屑は手札を5枚捨てて、

NEメセナ-p-1-4-10
▲コストの「遊園地」を作りました!


星屑「そういえば、」
星屑「別府市の"温泉ジェットコースター"って、もうできたのかな?」

しーぷ「なんか、試運転をするとかしたとかって聞いたよ」

星屑「別府市って、しっかり"おんせん県"やってるよね」

しーぷ宇佐市にも、もうちょい"おんせん県"要素が欲しいよねぇ…」


NEメセナ-p-1-4-46
▲4枚目の勝利点トークンを獲得した星屑は、
勝利点トークンの合計得点が11点になります。

星屑の手札:0枚


NEメセナ-p-1-4-11
しーぷの3手目は「採石場」。


しーぷ「よしスタプレをゲット!」

星屑「やばい、スタプレを取る余裕がまったくない…!」


NEメセナ-p-1-4-12
星屑の3手目は「鉱山」。

星屑の手札:0枚

相対的に非効率な「鉱山」は、あまり使いたくないですが、
残念ながら他に使いたい建物がありませんでした

それでも、内容の良い建物カードが引けさえすれば、
絶対的に結果オーライとなるんですが…、

NEメセナ-p-1-4-13
▲引いたカードは「墓地」…!( ̄▽ ̄;)

実は第4ラウンドにも引いていて、
このゲームでは2ラウンドぶり2度目の登場となります。

ゲーム終了時に手札が0枚なら+8点というのは、
達成することができれば、わりと美味しいんですけどね…。

いま星屑が欲しいのは、
高コストで高価値な建物か、
消費財を引く効果を持つ建物なので、
この「墓地」も他の建物の礎となってもらいましょう。

星屑の手札:1枚


NEメセナ-p-1-4-14
しーぷの4手目は「食堂」。

家計の残高:$14


しーぷ「これで、このラウンドもお給料を払える…!」

星屑「切実な話やねぇ…( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-4-15
星屑の4手目は「大学」。

ワンテンポくらい早い気もしましたが、
いざとなれば、建物を売却して賃金を捻出すればいい星屑は、
このタイミングで労働者を増やしておくことにしました。
NEメセナ-p-1-4-16
▲これで星屑が雇った労働者は5人となり…、

NEメセナ-p-1-4-17
星屑の労働者数はMAXです!


以上で、しーぷ星屑も労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナ-p-1-4-18
▲このラウンドから、賃金は1人につき$4に上昇…!

NEメセナ-p-1-4-19
星屑には$4×5人で$20の支払いがのしかかります!!

NEメセナ-p-1-4-20
星屑は「食品工場」を売却して、

NEメセナ-p-1-4-21
【サプライ】から$12を調達し、

NEメセナ-p-1-4-22
▲前のラウンドからの繰越金と合わせて、
▲きっちり$20家計に支払いました。



★第7ラウンド

家計の残高:$50

NEメセナ-p-1-4-23
▲前ラウンドから増えた建物は「百貨店」で、
手札4枚を捨てて家計から$24を得る効果を持っています。

なお、第7ラウンドスタートプレイヤーしーぷで、
手番順はしーぷ星屑……しーぷ星屑星屑です。

NEメセナ-p-1-4-24
しーぷの1手目は「採石場」。


星屑「(あれっ、芋畑を取りにこない…?)」


しーぷは1手目に「芋畑」で手札を補充して、
2手目で「造船所」を使う…だろうと予想していた星屑
ちょっと肩透かしをくった気分です…( ̄▽ ̄ )


NEメセナ-p-1-4-25
星屑の1手目は「芋畑」。

星屑の手札:1枚

NEメセナ-p-1-4-26
▲それでは遠慮なく…と、
星屑消費財2枚引いて、手札を3枚させてもらいます。

星屑の手札:3枚


しーぷ「あ、これって私が芋畑を使ってたら、」
しーぷ「そのまま造船所までいけてた流れじゃん」

星屑「いま気付いたんかい!!」
星屑「てっきり、なにか企んでるのかと思ったよ…!」

しーぷ「そんなそんな、企むだなんて、」
しーぷ星屑じゃあるまいし…」

星屑「というか、しーぷはもっと企むくらいでちょうどいいよ…!」


NEメセナ-p-1-4-27
しーぷの2手目は「鉱山」。


しーぷ「もしも芋畑から造船所のルートを通ってたら、」
しーぷ「このタイミングで6枚も引けてたのかぁ…」

星屑「このゲームの1アクションの重みがよく分かるよね」


NEメセナ-p-1-4-28
星屑の2手目は「造船所」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-29
星屑は手札を3枚捨てて、

NEメセナ-p-1-4-30
建物カード6枚引きました!


星屑「ちなみに、もししーぷ造船所を使ってたら、」
星屑「技名は何になってたの??」

しーぷ無限羊地獄【エンドレス・シープ】かなァ」

星屑「い、いうほどエンドレスではないよね…( ̄▽ ̄;)」

しーぷ「いや、造船所にはそれくらいのインパクトがあるよ…!」


NEメセナ-p-1-4-31
しーぷの3手目は「食品工場」。


しーぷ造船所はダメだったけど、」
しーぷ「こっちをいただいておきます」

星屑食品工場も中盤は超強力だったけど、」
星屑造船所の前では少し地味に見えるね…」

しーぷ「これが経済の発展ってやつなのかな?」

星屑「ああ、確かに!」

星屑いまこのゲームの醍醐味を味わった気がしたよ…!


NEメセナ-p-1-4-32
星屑の3手目は「宮大工」。

星屑の手札:6枚

少し前から考えていた通り、
ここでは、さらなる消費財の獲得手段を確保しておきます。

NEメセナ-p-1-4-33
星屑の手札には、消費財絡みの建物2種類ありますが、
▲さて、どちらを作ったものでしょうか…?

消費財2枚+勝利点トークン1枚の「菜園」か、
手札に消費財が1枚以上あれば、消費財を3枚引ける「養殖場」か。

手札に最低1枚の消費財を残し続ける限り、
3枚もの消費財を安定供給できる「養殖場」は便利そうですが…、

NEメセナ-p-1-4-34
▲それよりも星屑勝利点トークンの魅力にひかれて、
▲「菜園」の方を作りました!

NEメセナ-p-1-4-36
▲コストの2枚は「投資銀行」と、もう1枚の「菜園」で支払い、

NEメセナ-p-1-4-47
▲さらに「宮大工」の効果で、
▲5枚目の勝利点トークンを受け取ります!

宮大工」と「菜園」の二枚看板で、なんとかゲーム終了までに、
あと4枚は勝利点トークンを集めたいところです…!


NEメセナ-p-1-4-37
しーぷの4手目は「百貨店」。


星屑「そうか、今回も建物を作るためのドローじゃなくて、」
星屑捨てて現金を得るためのドローだったのか!」

しーぷ「少ない手札を食品工場で増やして、」
しーぷ「大金が転がり込む公共職場でドカーンってわけよ…!」


NEメセナ-p-1-4-38
星屑の4手目は、作りたてホヤホヤの「菜園」。

星屑の手札:3枚

NEメセナ-p-1-4-39
消費財2枚引いて、これで星屑の手札は5枚になり、

NEメセナ-p-1-4-48
勝利点カードの方は2セット目のスリーペアが完成しました!!

そして、次がこのラウンドのラストになります。

NEメセナ-p-1-4-40
▲ちらっと家計の残額をチェックしてから…、


NEメセナ-p-1-4-41
星屑は5手目に「遊園地」を使いました!

NEメセナ-p-1-4-42
▲手札を2枚捨てるだけで、

NEメセナ-p-1-4-43
家計から$25が入ってきます…!


しーぷ「え、私は4枚$24だったのに、」
しーぷ2枚$25とかズルくない…!?」

星屑「遊園地だからズルくない!」
星屑ラクテンチ(※別府市の遊園地)は偉大なんだ!!」

しーぷ「どんな理屈よ…!」
しーぷ「ってか、星屑ラクテンチに行ったことすらないでしょ!」

星屑「じゃあベニーランド!」

しーぷ「はいはい、それは次の東北旅行のときに行こうね…!」


以上で、しーぷ星屑も労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナ-p-1-4-44
▲このラウンドまで、賃金は1人につき$4です。

NEメセナ-p-1-4-45
しーぷ$16を、星屑$20を、
▲それぞれ家計に支払いました。

遊園地」のおかげで現金が手に入った星屑
めずらしく建物を売却しなくて済んでいます♪( ̄▽ ̄*)



お金がグルグルと回りだすと、
やりたいと思ったことが実現できて、楽しくなってきますね。

残る第8ラウンド第9ラウンドで、
いよいよ星屑建設ラッシュを仕掛けていきます…!

星屑たちの事業の結末やいかに!!


次回、最終回です!



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(5/5)
開封記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/07/08 23:59】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




☆プレイ記その1(3/5)

NEメセナ-p-1-ec-3

初回:プレイ記その1(1/5)

前回:プレイ記その1(2/5)
今回:プレイ記その1(3/5)←いまココ
次回:プレイ記その1(4/5)


現時点で、星屑が描いている青写真は、

まず「食品工場」を作って、
その後、「芋畑」から消費財を得ては、
食品工場」で建物カードに変換して…の繰り返し!

という、とてもシンプルで、かつ確実なものです。

そのためのパーツは、全て揃いましたので、
これから実現に動いて参りましょう…!



★第4ラウンド

家計の残高:$18

NEメセナ-p-1-3-01
▲前ラウンドから増えた建物は「高等学校」で、
労働者を一気に4人に増やす効果を持っています。

なお、第4ラウンドスタートプレイヤー星屑で、
手番順は星屑しーぷ星屑しーぷ星屑しーぷです。

NEメセナ-p-1-3-02
星屑の1手目は、おなじみの「宮大工」。

星屑の手札:2枚

勝利点トークンを得て、
さて、ここで作る建物は「食品工場」です!

NEメセナ-p-1-3-03
▲その「食品工場」には"変動建物コスト"が設定されています。

これは、早い話が、
"条件を満たせばコストが安くなるよ"というものです。

食品工場」のコストが安くなる条件は、
自分専用の建物の中に【農業】の建物があることで、
その場合、コストが-1されます!

星屑専用の建物の中には、
【農業】のアイコンが付いている「芋畑」がありますので…、

NEメセナ-p-1-3-04
▲手札を2枚ではなく1枚捨てるだけで、
星屑は「食品工場」を作ることができました…!

さかのぼって第2ラウンドの終わりに、

NEメセナ-p-1-3-05
▲「宮大工」の方を売却して、「芋畑」を残したのは、
▲実はこのための布石だったわけです♪( ̄▽ ̄*)

NEメセナ-p-1-3-06
▲そして、星屑勝利点トークン2枚になりました。

星屑の手札:2枚→0枚


NEメセナ-p-1-3-07
しーぷの1手目は「採石場」。


しーぷ「スタプレを返してもらうね♪」

星屑「熾烈なスタプレ争いだよなぁ…!」


NEメセナ-p-1-3-08
星屑の2手目は「芋畑」。

星屑の手札:0枚

手札が3枚になるまで消費財を引くわけですが、
前の手番で手札を使い果たしていた星屑は…、

NEメセナ-p-1-3-09
▲ここで一気に3枚消費財を引くことができました!!!

星屑の手札:0枚→3枚


しーぷ「手札消費からの、大量ドローってわけね…!」

星屑「これこれ!」
星屑「このゲームは、これが気持ち良かっちゃん!!」


NEメセナ-p-1-3-10
しーぷの2手目は「食堂」。

家計の残高:$18→$10


NEメセナ-p-1-3-11
星屑の3手目は「食品工場」。

星屑の手札:3枚

さて、やっと「食品工場」を使うときが来ました…!

NEメセナ-p-1-3-12
▲手札を2枚を捨てて、

NEメセナ-p-1-3-13
建物カードの山札から4枚を引きます!!


星屑必殺!

星屑星屑大魔術【スターダスト・マジック】!!

しーぷ「どちらかというとアルケミーっぽいよね」


NEメセナ-p-1-3-14
▲引いた建物カードは、この4枚でした。

星屑の手札:3枚→1枚→5枚

できるだけコストが高くて効果が高い建物が欲しいところでしたが、
幸いにも星屑は、コストの「造船所」を引き当てることに成功…!

造船所」は、「食品工場」の効果を1.5倍にした建物で、
手札を3枚捨てることで、なんと建物カード6枚も引けます!!

…それにしても、だからこそ準備を整えてきたとはいえ、
たった2枚消費財が、4枚もの建物カードに化けるというのは、
やっぱり快感以外の何ものでもないですね♪( ̄▽ ̄*)


NEメセナ-p-1-3-15
しーぷの3手目は「鉱山」。


しーぷ食品工場を見た後だと、」
しーぷ鉱山の効果って、すごく小さく感じるね…」

星屑「捨てるカードの確保に1アクションかかるとしても、」
星屑食品工場2アクションで建物カード4枚で、」
星屑鉱山2アクションやっても建物カード2枚だからね」

しーぷ「倍も違うんだから、そりゃあ小さく見えるわけだ…」


以上で、星屑しーぷも労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナ-p-1-3-35
▲このラウンドも、1人につき$3ですね。

NEメセナ-p-1-3-16
星屑は、ここで「芋畑」を売却して、

NEメセナ-p-1-3-17
【サプライ】から$6を受け取ります。

消費財の獲得に、「食品工場」のコストダウンにと、
本当に「芋畑」は大車輪の活躍をしてくれました!!

賃金の支払いのために手放すのは惜しいですが、
今後は公共職場から、星屑のハンドを支えてもらいましょう…!

NEメセナ-p-1-3-18
▲2人とも家計$9ずつを支払い、第4ラウンドは終了です。



★第5ラウンド

家計の残高:$28

NEメセナ-p-1-3-19
▲前ラウンドから増えた建物は「スーパーマーケット」で、
手札3枚を捨てて家計から$18を得る効果を持っています。

なお、第5ラウンドスタートプレイヤーしーぷで、
手番順はしーぷ星屑しーぷ星屑しーぷ星屑です。

NEメセナ-p-1-3-20
しーぷの1手目は「採石場」。

しーぷ、またもやスタートプレイヤーを押さえにきました!


NEメセナ-p-1-3-21
星屑の1手目は「宮大工」。

星屑の手札:5枚

手札にはコストの「造船所」があり、
さらに、そのコストぶんのカードも持っていますので…、

NEメセナ-p-1-3-23
星屑は手札を4枚捨てて、

NEメセナ-p-1-3-22
▲「造船所」を作りました!!

これで、
手札が2枚のときは「食品工場」を、
手札が3枚以上のときは「造船所」をと、
使い分けることができますね…!

NEメセナ-p-1-3-36
▲さらに、勝利点トークンを獲得して、
▲これで勝利点トークンのスリーカードを達成!!!

勝利点トークン3枚セットで10点扱いになり、
ゲーム終了時に$10としてカウントされます!
(ゲーム中には使用できません)

星屑の手札:5枚→0枚


NEメセナ-p-1-3-24
しーぷの2手目は「市場」。

家計の残高:$16


星屑しーぷは完全に家計から現金戦術やね」

しーぷ「そうね、」
しーぷ星屑建物売却戦術とは正反対…!」


NEメセナ-p-1-3-25
星屑の2手目は「芋畑」。

星屑の手札:0枚

ふたたび手札を0枚にしてからの「芋畑」です!

NEメセナ-p-1-3-26
星屑消費財3枚引きます。


NEメセナ-p-1-3-27
しーぷの3手目は「学校」。

ここで4人目労働者を雇いました。


さて、次が星屑のラスト3手目ですが、
作ったばかりの「造船所」をさっそく使うか、
それとも星屑労働者を増やしにいくか、
少し悩んでから…、

NEメセナ-p-1-3-28
星屑の3手目は「高等学校」。

NEメセナ-p-1-3-29
星屑4人目労働者を雇うことにしました!

造船所」を選んでおけば、
次のラウンドで1手目から建物を作れましたが…、
それよりも、次のラウンドでの手数を増やしたかったのと、
あと、星屑手札の枚数制限も気になっていたんです。

このゲームには、各ラウンドの終了前に、
6枚以上の手札は5枚にしなければならないというルールがあります。

造船所」で建物カード6枚引いて、そのままラウンドを終える場合、
そのうちの1枚を捨てることになる…。

ナショナルエコノミー」はカード1枚が重いゲームなので、
無駄なカードのドロップは避けたいという思いもあったわけです。

星屑の手札:3枚


以上で、しーぷ星屑も労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。

NEメセナ-p-1-3-30
▲このラウンドまで、賃金は1人につき$3です。

NEメセナ-p-1-3-31
▲しかし、星屑しーぷも労働者が1人ずつ増えていますので、
▲支払いは$3×4人で$12となります…( ̄▽ ̄;)

NEメセナ-p-1-3-32
星屑は「造船所」を売却して、

NEメセナ-p-1-3-33
【サプライ】から$20を受け取り、

NEメセナ-p-1-3-34
家計$12を支払いました。

ちなみに、
なぜ「食品工場」ではなく「造船所」を売却したかというと、
この時点でのしーぷの手札が2枚だったので、
もし「食品工場」を売却すれば、
次のラウンドの1手目で使われてしまうから…という理由です。

造船所」ならば、
捨てるカードが1枚足りず、しーぷは1手目で使えないので、
星屑が1手目で使ってしまえばいい…!

えー、自分で書いてて本当にイヤなヤツですね星屑は…( ̄▽ ̄;)



なにはともあれ、
芋畑」と「造船所」の強力コンボを完成させた星屑は、
そろそろゲームのクローズに向けての動きを考え始めます。

ここから建物をガンガン作って、
どんどん稼ぎを増やしていきたいところですが、
はたして思惑通りにいくのでしょうか…?


次回に続きます!



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(4/5)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/07 23:59】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




☆プレイ記その1(2/5)

NEメセナ-p-1-ec-2

前回:プレイ記その1(1/5)
今回:プレイ記その1(2/5)←いまココ
次回:プレイ記その1(3/5)


さて、労働者を3人に増やした星屑ですが、
さしあたっての目標は…、

NEメセナ-p-1-2-01

ちゃんと彼らを食べさせていくこと!!!

つまりは、
ラウンドごとに定められた賃金を、
労働者の人数ぶん確保する
ということです。

そのためには、
露店」などで現金を稼ぐか、
宮大工」などで作った建物を売却するか、
どちらかの方法をとる必要があります…!



★第2ラウンド

NEメセナ-p-1-2-02
▲このラウンドは、4ヵ所の初期公共職場に加えて、
▲新たに追加された「露店」と、
▲さらに星屑は、自分専用の「宮大工」が利用可能です。

なお、前のラウンドで「採石場」を使ったのはしーぷですので、
第2ラウンドもしーぷスタートプレイヤーとなっています。

また、第2ラウンドから星屑の労働者は3人になっていますので、
手番順はしーぷ星屑しーぷ星屑星屑です。


NEメセナ-p-1-2-03
しーぷの1手目は「大工」。

NEメセナ-p-1-2-04
しーぷも手札1枚を捨てて、
▲「宮大工」を作ってきました!


NEメセナ-p-1-2-05
星屑の1手目は、すかさず「採石場」…!


星屑「今度は俺がスタプレをもらうぜ!!」

しーぷ「ですよねー!」


NEメセナ-p-1-2-06
しーぷからスタートプレイヤーカードを受け取り、

NEメセナ-p-1-2-07
▲自分の手元に置きます。

これで、次の第3ラウンド星屑が先手となりました!

NEメセナ-p-1-2-08
▲さらに、建物カードの山札から1枚を引きます。

NEメセナ-p-1-2-09
▲引いたカードは…「市街地」!

さっき捨てたはずのカードが舞い戻ってきた感じですね。
どうしても作って欲しいということでしょうか…( ̄▽ ̄;)


NEメセナ-p-1-2-10
しーぷの2手目は「宮大工」。

NEメセナ-p-1-2-11
しーぷは「食堂」を作って、
勝利点トークンを受け取りました!

手札1枚を捨てて家計から$6を得る「露店」に対して、
手札1枚を捨てて家計から$8を得る「食堂」!!


しーぷ「これって、つまり露店の完全上位互換だよね??」

星屑「えっと、実は露店にも申し訳程度のメリットがあって…、」

星屑家計の残高が$6$7しかないときには、」
星屑「"露店は使えるけど食堂は使えない"って状況が発生するやん?」

星屑「そのときだけ、食堂より露店の方が有用になるんよ」

しーぷ「なるほど、」
しーぷ「かなり限られた条件だけど、」
しーぷ露店には露店の良さもあるのね…」


なんにせよ、特に序盤では、
手札1枚を$8に換金できる「食堂」は優秀な建物です…!


NEメセナ-p-1-2-12
星屑の2手目は「鉱山」。

今度は「旧市街」以外を引きたいところですが…、

NEメセナ-p-1-2-13
▲引いた建物カードは「芋畑」!

このタイミングで消費財のカードを引けるとは、
星屑、マジで流れがきているのかもしれません♪( ̄▽ ̄*)


星屑「♪にも旧市のカードが来てくれて
星屑「♪これは嬉しい想定!!

しーぷ慣れないラップはやめなさい…!(汗)」


NEメセナ-p-1-2-14
星屑の3手目は「宮大工」。

NEメセナ-p-1-2-15
▲ここで作るのは、引き立てホヤホヤの「芋畑」です!

芋畑」もコストはですので、

NEメセナ-p-1-2-16
▲またまた「旧市街」を手札から捨てます。

作るつもりのない「旧市街」ですが、
こういうカタチで2度も役に立ってくれました!!

ありがとう「旧市街」!
キミのことは忘れるまで忘れないよ…!( ̄▽ ̄*)

いえ、「旧市街」も決して悪いカードではないんですが、
序盤の金欠なときには作る余裕がないのです…。
(いざというとき売却できないので)

NEメセナ-p-1-2-17
▲さらに、「宮大工」の2つ目の効果で、
【サプライ】から勝利点トークンを受け取り、

NEメセナ-p-1-2-18
▲手元に置きます。

勝利点トークンは、1枚では1点にしかなりませんが、
3枚セットにすると、なんと10点に化けるんです…!

これからも積極的に「宮大工」を使って、
どんどん勝利点トークンを獲得していきたいですね♪( ̄▽ ̄*)


NEメセナ-p-1-2-19
▲以上で、しーぷ星屑も全ての労働者を配置し終えましたので、

NEメセナ-p-1-2-20
▲お互いに労働者を帰宅させます。

NEメセナ-p-1-2-21
▲そして、このラウンドも賃金は1人につき$2

星屑は労働者3人に合計$6の支払いとなりますが…、
星屑の財布の中身は空っぽ、すかんぴんです!(ドヤッ

しかし、あわてることはありません。
自分専用の建物を売却することで、賃金を捻出することができます。

というかルール上、賃金が支払えない場合は、
必ず建物を売却して支払わなければなりません

それでも支払えない場合は、
残念ながら負債を抱えることになってしまいます…( ̄▽ ̄;)

NEメセナ-p-1-2-22
星屑は「宮大工」を売却することにしました。

宮大工」の価値は、
カードの下部に示されている通り「」ですので、

NEメセナ-p-1-2-24
【サプライ】から$8を受け取り、

NEメセナ-p-1-2-23
▲売却した「宮大工」は公共職場へ移動します。

そうなんです!
売却した建物は、全く利用できなくなるわけではなく、
"誰でも利用できる建物"として残るんです…!

対戦相手も利用できることになりますので、
売却する建物は慎重に選びたいところですが…、

今回、売却した「宮大工」については、
しーぷも自分専用のものを持っていますので、
いうほど敵に塩を送ったことにはならないでしょう。

こうして得た$8の中から、

NEメセナ-p-1-2-25
星屑$6を家計に支払いました。

NEメセナ-p-1-2-26
▲なお、しーぷも同じく金欠だったようで、
▲「食堂」を売却して$8を得ていました。

食堂」は前述の通り、便利な建物の一つですので、
機会があったら利用させてもらいたいと思います♪( ̄▽ ̄*)

NEメセナ-p-1-2-27
▲最後に、ラウンドカードを1枚めくって、
公共職場に追加しました。

新たに追加された「市場」は、
単純に「露店」の効果を2倍にした建物ですね。

すなわち、
手札を2枚捨てて家計から$12を得ます



★第3ラウンド

NEメセナ-p-1-2-28
▲第2ラウンドに比べて、
▲第3ラウンドは建物の選択肢がぐっと増えましたね!

このラウンドのスタートプレイヤー星屑で、
手番順は星屑しーぷ星屑しーぷ星屑となります。

NEメセナ-p-1-2-29
星屑の1手目は「芋畑」。

手札が3枚になるまで消費財を引く効果で、
つまり、手札が少なければ少ないほど、
得られる消費財が増えるということです。

現在の星屑の手札は「食品工場」の1枚のみですので…、

NEメセナ-p-1-2-30
星屑消費財2枚引いて、手札を3枚にしました。

消費財は、建物カードのような効果は持ちませんが、
一気に2枚以上引けることが多いですので、
"手札を捨てて~"という建物を利用するときに重宝します!

具体的な使い方については…、
この後の星屑のプレイングを見てみてください♪( ̄▽ ̄*)


NEメセナ-p-1-2-31
しーぷの1手目は「食堂」。


星屑「おっ、ここで使ってきたか!!」

しーぷ「手札を1枚捨てて…、」
しーぷ家計から$8をもらいまーす」


NEメセナ-p-1-2-32
▲これで家計の残高は$12になりました。

この残高ならば、まだ「露店」も「市場」も利用できますね。
家計の残高は、ちょくちょくチェックしておきましょう…!


NEメセナ-p-1-2-33
星屑の2手目は「採石場」。

星屑、次のラウンドのスタートプレイヤーも譲らない構えです!
そして、建物カードを1枚引きます。

NEメセナ-p-1-2-34
▲引いたカードは、これまた「宮大工」…。

改めて自分専用の「宮大工」にするか、
それとも、他の建物を作るときのコストにするか、
この後の展開次第って感じです。


NEメセナ-p-1-2-36
しーぷの2手目は「学校」。

これでしーぷの労働者は3人になりました!


NEメセナ-p-1-2-37
星屑の3手目は「市場」。

手札を2枚捨てて、家計から$12を得ます!

NEメセナ-p-1-2-38
▲捨てる2枚の手札は、1手目で引いたばかりの消費財です。
▲おかげで建物カードを捨てずにすみました

建物カードは捨てるのがもったいないですが、
特に効果のない消費財気軽に捨てることができて良いですね…!

ちなみに、消費財を捨てるときは、そのまま消費財の山に戻します。
(建物カード捨て札置き場に捨てます)

NEメセナ-p-1-2-39
家計から$12を受け取って、
家計の残高は$0になりました。


以上で、星屑しーぷも労働者を配置し終えましたので、
帰宅させてから、賃金の支払いに移りましょう。


NEメセナ-p-1-2-40
▲このラウンドから賃金が上がって、
▲1人につき$3となりました…( ̄▽ ̄;)

NEメセナ-p-1-2-41
▲2人とも家計$9ずつを支払い、第3ラウンドは終了です。



星屑としては、
芋畑」を引けたのが大きかったですね♪( ̄▽ ̄*)

建物を作ることができる「宮大工」に、
消費財を引くことのできる「芋畑」!!

そして、次のラウンドに作る予定の、
拡大再生産の基盤となる「食品工場」…!

これだけ揃えば、
序盤の展開としては言うことナシです!

順調に軌道に乗りつつある事業を、
さらに星屑は発展させていけるのでしょうか…?


次回に続きます!



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(3/5)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/06 23:59】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




☆プレイ記その1(1/5)

NEメセナ-p-1-ec-1

今回:プレイ記その1(1/5)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/5)


大分県宇佐市で「ナショナルエコノミー メセナ」!

さて今回は、
ナショナルエコノミー」の2作目!!
メセナ」を私星屑と妻しーぷでプレイしていきます!

前作からどんな変化をとげたのか、
体当たりで試して参りましょう…!



★ゲームの準備

ゲームの準備は、ほぼ前作と同じですので、
サクサクと進めていきます。


☆テーブル中央の準備

まずは全プレイヤー共通の場の準備から。

NEメセナ-p-1-1-01
建物カードの山札をシャッフルして、
消費財カードはオモテ向きで山にして、
【サプライ】お金労働者を並べて、
▲箱のフタを家計を入れる場所にしましょう。

今回からの変更点として、
【サプライ】に追加で緑色の「勝利点トークン」が入ります。

NEメセナ-p-1-1-02
▲続いて、プレイヤーとプレイヤーの間に、
9枚ラウンドカードをウラ向きで重ねて、
4枚初期公共職場カードを配置しましょう。

ちなみに初期公共職場カードは、
3人プレイ時では「大工」が1枚増えて、
4人プレイ時では「大工」が2枚増えます。


☆各プレイヤーの準備

NEメセナ-p-1-1-03
▲各プレイヤーは労働者カード2枚をオモテ向きで受け取り、
スタートプレイヤーを決めます。


しーぷ「スタプレの決め方って、何だったっけ??」

星屑「(あれ、ぜんぜん覚えてないや…)」
星屑「確か"最近いちばん経済を回した人"じゃなかった?」

しーぷ「だったら私、最近、」
しーぷ「セラムンのオルゴールを買ったよ」

星屑「俺はワールド・モニュメントを買ったなぁ」

星屑「オルゴールはいくらだった?」

しーぷ8千円ぐらい」

星屑「こっちは4千円だったから、」
星屑しーぷの方が経済を回してるね」

しーぷ…本当にこんな決め方だったっけ??

星屑「経済を回すゲームなんだから問題ないっしょ( ̄▽ ̄ )」


※ルールブックには"公平な方法で"とだけ書いてありました!

スタートプレイヤーが決まったら、初期資金をもらいます。

NEメセナ-p-1-1-04
スタートプレイヤーしーぷ$5を、
▲2番手の星屑$6を受け取りました。

ちなみに3番手は$7で4番手は$8です。
(3~4人プレイ時)

NEメセナ-p-1-1-05
▲最後に、建物カードの山札から、

NEメセナ-p-1-1-06
▲各プレイヤーはカードを3枚引いて準備完了となります!

NEメセナ-p-1-1-07
▲なお、星屑の初期手札はこの3枚です。

それにしても初手から、
建物を作ることができる「宮大工」を引けたのはラッキーですね♪

さらに、拡大再生産の要となる「食品工場」まであります!!

これは星屑、幸先の良いスタートを切ることができました…!



★ゲームの目的

プレイヤーは事業家として、
人々を雇い、職場を作り、製品を売って会社を運営します。

具体的には、
自らが雇った労働者たちを、さまざまな職場に配置し、
消費財を産み出したり、新たな職場を建てたりして、
ぐるぐると経済を回していくわけです。

労働者たちには賃金を支払う必要がありますが、
その賃金は、いったん家計に入った後、
お店や施設を通して、ふたたび事業家の元に戻ってきます。

こうしたお金の流れを見極めながら、
適切な職場に、適切なタイミングで労働者を配置して、
いちばんお金を稼ぐことができたプレイヤーが勝者です!

NEメセナ-p-1-1-08
▲それでは、ゲームを始めて参りましょう!!



★第1ラウンド

スタートプレイヤーしーぷですので、
しーぷから順番に、労働者を1人ずつ配置していきます。

NEメセナ-p-1-1-09
しーぷの1手目は「採石場」。

建物カードの山札から1枚引いて、
スタートプレイヤーカードを受け取ります。

しーぷはすでにスタートプレイヤーカードを持っていますが…、


しーぷ「これで第2ラウンドも私が先手ね」

星屑「このゲーム、先手を取られるのツラいっちゃんねぇ…( ̄▽ ̄;)」

NEメセナ-p-1-1-10
星屑の1手目は「大工」。

手札の建物カード1枚を、
コストを支払って自分専用の建物置き場に作ります。

NEメセナ-p-1-1-11
星屑は手札の中から「宮大工」を作ることにしました!

そのコストは、
カードの左肩に書いてある通り「」ですので、
手札からカードを1枚選んで捨てます。

NEメセナ-p-1-1-12
星屑は手札から「旧市街」を捨てました。

旧市街」は、いろいろな属性を持つ便利な建物ですが、
いま星屑に必要なのは「食品工場」の方という判断です。


NEメセナ-p-1-1-13
しーぷの2手目は「鉱山」。

しーぷは、建物カードの山札から1枚引きます。

このゲームのルールでは、
それが自分の労働者でも相手の労働者でも、
すでに労働者が配置されている建物には、
そのラウンド中は新たに労働者を配置できません


ただし、「鉱山」だけは例外で、
何人でも労働者を配置することができるんです。
(そのぶん、効果は「採石場」の下位互換ではありますが…)


NEメセナ-p-1-1-14
星屑の2手目は「学校」。

星屑が雇っている労働者は現在2人ですが、
これを1人増やして、合計3人にします!

NEメセナ-p-1-1-15
【サプライ】から労働者を受け取り、

NEメセナ-p-1-1-16
▲自分の手元に"研修中"の面を上にして置きます。

雇ったばかりの労働者は、
このラウンド中は建物に配置することができませんが、
賃金の支払いはしっかりと発生します



しーぷ「研修中は賃金が少し安くなる…とかはなかったよね?」

星屑「ないんよ!」
星屑「このゲームはシビアやけん…!( ̄▽ ̄;)」


NEメセナ-p-1-1-17
▲以上で、しーぷ星屑も全ての労働者を配置し終えましたので…、

NEメセナ-p-1-1-18
▲お互いに自分の労働者を、自らの元へ戻しました。

NEメセナ-p-1-1-19
▲戻ってきた労働者には、
▲ラウンドごとに定められた賃金を支払います。


星屑第1ラウンドは1人につき$2ね」

しーぷ「はーい!」


NEメセナ-p-1-1-20
▲前述の通り、"研修中"の労働者にも満額が必要ですので、
星屑は3人に$2ずつで、合計$6を…、


NEメセナ-p-1-1-21
▲「家計」へ支払いました!
しーぷ$2×2人で$4を支払っています。

NEメセナ-p-1-1-22
▲このとき、間違えて、
【サプライ】に支払わないように気を付けましょう

【サプライ】のお金が動くタイミングは、

・ゲームの準備で初期資金を配るとき
・自分専用の建物を売却したとき
・両替するとき


…のみです。


賃金の支払いは必ず家計へ!

ここ、よくテストに出題されてますよ…!( ̄▽ ̄ )

NEメセナ-p-1-1-23
▲最後に、ラウンドカードを1枚めくって、
▲新たな公共職場として共通の場に並べます。

登場したのは「露店」で、
手札から1枚捨てて家計から$6を得るという建物です。

たったの1アクションで現金が手に入る有用な建物ですが、
その金額が家計になければ利用できない点に注意しましょう!



建物を作れる「宮大工」を早い段階で確保し、
さらに労働者も1人増やして、
スタートダッシュを決めようとしている星屑ですが、

はたして、序盤の苦しい資金繰りを乗り越え、
無事に事業を軌道に乗せていくことはできるのでしょうか…?


次回に続きます!



「ナショナルエコノミー メセナ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/5)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/05 23:59】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




★開封

NEメセナ-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

NEメセナ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

星屑「ところで"メセナ"ってどういう意味??」

しーぷ「企業が芸術とか文化とかの活動を支援することだよ」

ヤバイ、まったく知らなかった…( ̄▽ ̄;)ベンキョウ ブソク

NEメセナ-o-03
▲箱のウラ面

前作は"目指すは国民的大企業"でしたが、
今作は"麗しき日々よ来たれ"…と雰囲気が変わっています。

プレイ人数は1~4人で、
プレイ時間は30~45分と、
スペックの方は変更ありません。



★箱をオープン!

NEメセナ-o-04
▲一発目はルルブで、

NEメセナ-o-05
▲その下にカードが4ブロックあって…、

NEメセナ-o-06
▲以上ですね。相変わらずシンプルな構成です!



★内容物

NEメセナ-o-07
説明書×1部(日本語・全30ページ)

ルールに追加要素はありますが変更点はありません
今回も、惚れ惚れするくらい見やすいレイアウトになっています♪

NEメセナ-o-08
▲あとはカード類

NEメセナ-o-09
▲おなじみの小型カードたち。

労働者」が各色5枚に減りました(前作は各色7枚)。
これは、より完成度が高まったということでしょうか…?

NEメセナ-o-10
初期公共職場カード×6枚

NEメセナ-o-11
ラウンドカード×9枚

初期公共職場カードも、ラウンドカードも、
効果は前作と全く同じで、イラストのみ差し変えられています。

NEメセナ-o-12
建物カード×73枚

新カードがズラリと並ぶと、なんだかワクワクしますね…!
おなじみのフレーバーテキストも、ピリリと良い味を出しています。

NEメセナ-o-13
消費財カード×22枚

なるほど、こうきたか!!

前作の"バナナ"のインパクトが忘れられず、
新作はどんな消費財カードになるんだろうと、
楽しみにしていたんですが…これまた期待以上でした!



★前作との違い

さて、ここで前作から何が変わったかをチェックしてみましょう。

NEメセナ-o-14
▲説明書をめくってみると…、

すでに「ナショナルエコノミー」をプレイ済みのプレイヤーは、
最初の見開き2ページさえ読めば大丈夫とのこと。

つまり、この2ページで追加要素が網羅されているわけですね。

その追加要素は、

☆勝利点トークン
☆変動建設コスト


以上2つのようです。


☆勝利点トークン

NEメセナ-o-15
▲今作から新たに加わった「勝利点トークン」。

ど真ん中に「+1」の数字があって、
その下に「3枚=10」の表示があります。

この勝利点トークンは、

NEメセナ-o-16
▲「宮大工」「菜園」「研究所」の職場を使用すると獲得できます!

そして、獲得した勝利点トークンは、

NEメセナ-o-17
▲3枚集めると、1組で10点として扱い、

NEメセナ-o-18
▲3枚に満たないものは、1枚につき1点として扱います。

例えば、
5枚なら10+1+1=12点となり、
7枚なら10+10+1=21点となるわけです。

となると、
できるだけ3枚セットを目指したいですね…!


☆変動建設コスト

一方こちらは、
条件を満たすことで建設コストが安くなるというものです。

NEメセナ-o-19
▲対象は「食品工場」「工業団地」「大聖堂」の3枚。

中でも「大聖堂」は、
同じく追加要素の勝利点トークンが条件になっています。

コスト6で50勝利点は、あまりにも大きいですので…、
いろんなアプローチを考えて、ぜひ狙ってみたいものですね♪( ̄▽ ̄*)



☆前作との互換性

NEメセナ-o-20
建物カードを観察してみると、

左下に"MECENAT"の文字があります。
そして、カードのウラ面は前作と共通です。

ということは、
前作のカードと混ぜてしまっても問題ないということになります。

しかしながら、

本作は拡張セットではありません。
(略)「メセナ」単体で遊べるようになっています。
前作のカードと混ぜてのプレイは推奨しておりません。


- 説明書より


…とのことですので、
あえて自分だけの構築で独自のゲームバランスを目指すのでもなければ、
混ぜずにプレイするのが無難なようですね。



☆消費財カード

NEメセナ-o-13

さて、今作の消費財カードも手が込んでいます!

NEメセナ-o-21
▲なんと、消費財カードだけで4種類の遊びができるんです!!

・消費財神経衰弱
・消費財かるた
・消費財ババ抜き
・消費財おみくじ


本編と合わせて、これ一箱で5つの遊び方があるなんて、
なんてお得なんでしょうか…!

取り急ぎ「消費財かるた」だけプレイしてみたんですが、
これが地味に面白かったです♪( ̄▽ ̄*)



★星屑のお気に入りカード

最後に、
星屑が"フレーバーテキスト"を気に入った建物カードを、
3枚ほどピックアップしてみたいと思います!

NEメセナ-o-22
▲「鉄道駅

フレーバーテキストは、"駅ビルは駅から徒歩10分"。

星屑、生まれて初めて渋谷駅に降り立ったとき、
脱出するのに長い時間がかかったのは良い(?)思い出です…( ̄▽ ̄ )

NEメセナ-o-23
▲「会計事務所

フレーバーテキストは、"1+1=任意の整数"。

いわゆる"会計士ジョーク"ですよね。
このゲームだからこその雰囲気が醸し出されていて、たまりません…!

NEメセナ-o-24
▲「博物館

フレーバーテキストは、"ほんとうに売却不可"。

機能の「売却不可」からの、念を押すような流れがツボりました!!
今作のカードの中で、いちばんのお気に入りです♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

まさか続編が出るとは思っていなかったので、
発売に気付いて驚いた「ナショナルエコノミー メセナ」…!

前作には大変お世話になったのもあって、大慌てでポチりました。

箱を開けて、とりあえず、
建物カードのフレーバーテキストを眺めているだけで引き込まれて、
なんだか本でも読んでいるような不思議な心地に…( ̄▽ ̄*)

そして、もちろんゲーム本編もプレイしてみたんですが、
建物カードの一新で、当たり前ですがプレイ感に変化があり、

ベースこそ同じなんですが、
そこに小さな変化がたくさんあるといいますか…、

プレイするごとに自分の成長を感じられるゲームを、
またリフレッシュして一からプレイできる
というのは、
本当にありがたいことです…!

ほんと私星屑、以前は狂ったようにプレイしていてですね、

NEメセナ-o-25
▲トランペットケースと楽譜でもあれば、

NEメセナ-o-26
▲それをテーブル代わりに、どこでも1ゲームやっちゃうほどで…!

ここのところ、ずっと「ナショナルエコノミー」をサボっていましたので、
また新たな気持ちで復帰していきたいと思います!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
前作プレイ記
前作開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/09 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー」




☆プレイ記その3(4/4)

前回:プレイ記その3(3/4)
今回:プレイ記その3(4/4)←いまココ
次回:プレイ記その4


ナショナルエコノミー」のソロプレイ"ソロノミー"!

さあ星屑に与えられた時間も、あとわずかとなりました…!

目標としている100点クリアに向けて、
星屑はラストスパートをかけていきます!!



★第8ラウンド

160724宇佐-01
ナショエコ-p-3-d-05
▲ラウンド開始時の公共職場

ともかく、やるべきは、
手札のカードの量と質を高めてから、
できる限りの建物を作っていくこと…!

その第一歩として、まずは……

ナショエコ-p-3-d-01
星屑、1人目の労働者を「自動車工場」に配置しました。

その効果は、
手札から3枚捨てることで、山札から7枚引くという、
とにかくスケールの大きなもの…!

ナショエコ-p-3-d-02
星屑は、手札を3枚捨てて…、

ナショエコ-p-3-d-03ナショエコ-p-3-d-04
▲山札から7枚引きました!!

これだけ引けば、狙っているカードを当てるのも容易く…、
欲しかった「ゼネコン」が、ついに星屑の手中に!

ナショエコ-p-3-d-06
▲すかさず星屑は、2人目の労働者を「大工」に配置して…、

ナショエコ-p-3-d-07
▲コストとして4枚を支払い、

ナショエコ-p-3-d-08
▲自分の領域に「ゼネコン」を作りました!

"凡そ想像可能なものは建築可能である"

…と、ごくごくマジメなフレーバーテキストですが、

他のカードのピリリとしたジョークを見るに、
この言葉にも何かウラがあるのだろうかと
勘ぐらずにはいられません…!( ̄▽ ̄;)

ナショエコ-p-3-d-09
星屑は、3人目の労働者を「工場」に配置しました。

ナショエコ-p-3-d-10
▲手札から2枚を捨てて、

ナショエコ-p-3-d-11
▲山札から4枚引きます。

こうして、どんどん手札の質が良くなっていきますね…!

ナショエコ-p-3-d-12
▲そして星屑、4人目の労働者を「ゼネコン」に配置!

ゼネコン」は、建物を作るだけではなく、
追加で山札から2枚引くことができます…!

建設で減ったカードを、すぐさま補充できる!

これは「建設会社」とは、また違った意味で便利な職場です!!

ナショエコ-p-3-d-13
星屑は、手札4枚をコストにして、

ナショエコ-p-3-d-14
▲「邸宅」を作りました!

邸宅」は、何かを産み出したりするわけではなく、
単純に28点になる建物です。

その唯一の効果は、
賃金が支払えないときですら、売却ができないこと…。

賃金が支払えないくらいの財政難ならば、
本来は、豪邸なんて真っ先に売っ払うべきなんでしょうが、

それについて……

"オーナーはコメントを拒否した"

…このフレーバーテキストですよ!( ̄▽ ̄;) キモチハ ワカルケドネ

ナショエコ-p-3-d-15
▲さらに、「ゼネコン」の2つ目の効果で、
▲山札からカードを2枚引きます。

ゼネコン」の注意点は、
あくまで建物を作ったあとに2枚引けるのであって、
2枚引いて、そのカードをコストに建物を作れるわけではない
といったところですね。

ナショエコ-p-3-d-16
星屑、5人目の労働者を「レストラン」に配置しました。

ナショエコ-p-3-d-17
▲手札を1枚捨てて、家計から$15を受け取ります。


これで、労働者を5人とも配置し終わりました。

ナショエコ-p-3-d-18
▲労働者5人に賃金を支払いましょう。

ナショエコ-p-3-d-19
▲まずは「工場」を売却して$6を受け取ります。

邸宅」の方は、
オーナーの意向で売却できませんのでね…。

ナショエコ-p-3-d-20
$25が入った家計は、だいぶ潤ってる感じです…!



★第9ラウンド

160724宇佐-01
ナショエコ-p-3-d-21
▲ラウンド開始時の公共職場

さて、泣いても笑っても最終ラウンドです。
すべては残り5アクションにかかっています…!

できることは限られていますが、
最善を尽くしてまいりましょう!!

ナショエコ-p-3-d-22
星屑は、1人目の労働者を「農場」に配置しました。

ナショエコ-p-3-d-23
▲その効果で、消費財を2枚引きます。

ほんと、この「農場」は、
最後の最後まで役に立ってくれました…!

まさに縁の下の力持ちな職場ですね!!

ナショエコ-p-3-d-24
星屑、2人目の労働者は「自動車工場」に配置。

ナショエコ-p-3-d-25
▲「農場」で生み出したバナナなど、手札3枚と引き換えに…、

ナショエコ-p-3-d-26ナショエコ-p-3-d-27
▲手札を7枚補充しました。てか、「工場」の多さ…!
▲現在の手札は、これ+「二胡市建設」=8枚です。

2アクションを使って手札を整えましたので、
あとは、この手札をどう料理するか…。


ゼネコン」で「二胡市建設」を作ったあとに、
その「二胡市建設」で「工場」を2つ……

というのを、まっ先に思いついたんですが、
それだと、最後の1アクション手札0枚
迎えないといけなくなってしまいます…。

そこで、星屑は…、

ナショエコ-p-3-d-28
▲3人目の労働者を「ゼネコン」に配置して、

ナショエコ-p-3-d-29
▲手札4枚をコストに、

ナショエコ-p-3-d-30
▲「製鉄所」を作り、

ナショエコ-p-3-d-31
▲さらに、「ゼネコン」の追加効果で、
▲カードを2枚引きました。

残り2アクションで、手札は5枚

こうなると、何かを建設することよりも、
家計から$1でも多く回収することを考えた方が、
効率が良さそうだと判断し…、

ナショエコ-p-3-d-32
星屑は、まず4人目の労働者を「レストラン」に配置して、

ナショエコ-p-3-d-33
▲手札1枚を捨てて$15を回収。

ナショエコ-p-3-d-34
▲そして、最後の1人は「市場」に配置し、

ナショエコ-p-3-d-35
▲手札2枚を捨てて$12を回収しました。

ちなみに、あとから考えれば、
素直に「万博」で手札5枚←→$30交換の方が、
よほど効率が良かったんですが…、
(家計には$31ありました)

これは「レストラン」にこだわりすぎた
星屑のプレイングミスですね。
もっと、ゲーム中の冷静さを鍛えねばなりません…!



以上で、すべての労働者の配置が完了しました。

ナショエコ-p-3-d-36
▲最後まで忘れずに、労働者への賃金を支払いましょう。

ナショエコ-p-3-d-37
▲$5×5人=$25家計に入れて…、

星屑の"ソロノミー"は終了しました!



★得点計算

得点計算は、

・所持金
・自分の場の建物の資産価値
・自分の場の建物の「終了時」効果の合計
・未払い賃金


…の4つの項目で計算します。

ソロルールでは、
建物の売却額は半減となっていますが、
最後まで売却しなかった建物については、満額で計算します。

ナショエコ-p-3-d-38
所持金$5
資産価値182820$66
▲「終了時」→なし
未払い賃金→なし

よって、星屑の得点は……

71点」となりました!

100点クリアは「失敗」です…!

ナショエコ-p-3-d-39
▲ゲーム終了時の公共職場



★コメント

…と、いうわけで、
残念な結果に終わってしまいました!

ちょっと、
今回のプレイングを振り返ってみたいと思うんですが……


☆労働者を増やすタイミング

4ラウンド中:2人→4人

6ラウンド中:4人→5人

…という感じでいきましたが、
未払い賃金は発生しませんでした。

次回のプレイ時は、
多少の未払い賃金は覚悟の上で、
もうちょい早めに増やしてみようかと思います

やっぱり、
人ひとりの存在は大きいですからね…!


☆「レストラン」が気に入った!

未払い賃金が発生しなかった大きな要因は、
レストラン」にあったような気がします。

序盤こそ、家計が少なくて使えませんでしたが、
5ラウンド目以降、5回に渡って使用しました。

これは、「農場」と「大工」の6回に次いでの使用回数です。

手札1枚で家計から$15は破格ですので、
次からも活用できたらと思います!


☆得点源が欲しい!

何かを産出する建物ではなく、
得点アップに特化したような建物……

それが、
今回は「邸宅」の1枚だけでした。

せめて、あともう1枚くらいあれば、
100点クリアがグッと近付きますので…、

次回は、それを意識してプレイしてみましょうかね。



ともかく、いろいろ工夫しながら、
100点クリアを目指して、この"ソロノミー"を
続けていくつもりです!


今回も、
長い記事を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

事業家星屑の、飽くなき挑戦は続きます…!



管理人・星屑トランペッター



「ナショナルエコノミー」 関連記事
→次回:プレイ記その4
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲

【2016/07/31 00:01】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|


アゴ
ソロノミーお疲れ様でした!
レストランいいですよね!
僕も手札にレストランが来たら真っ先に建ててますw

「レストラン」便利ですね!
星屑トランペッター
>>アゴさん

初めて"ソロノミー"をプレイして、
じっくりとカードを吟味することができました!

めっちゃ面白かったです!( ̄▽ ̄*)

100点クリアを目指して、
ふたたびプレイする予定ですので、
また、ご覧いただけたらと思います!

承認待ちコメント
-


めざせ100点クリア!
星屑トランペッター
>>アゴさん

相手は手ごわいですが…、
お互い、がんばりましょう!

クリアできたら教えてくださいね…!( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー」




☆プレイ記その3(3/4)

前回:プレイ記その3(2/4)
今回:プレイ記その3(3/4)←いまココ
次回:プレイ記その3(4/4)


星屑にとって初挑戦となる「ナショナルエコノミー」のソロプレイ
(なんでも、"ソロノミー"というそうですね!)

ラウンドも折り返し地点を迎えて、
ここから後半戦となります。

現状では、あと1人まで労働者を迎え入れることができますが、
さて星屑は、どのタイミングで動くのでしょうか…?



★第6ラウンド

160724宇佐-01
ナショエコ-p-3-c-01
▲ラウンド開始時の公共職場

まずは星屑
前ラウンドに作ったあのカードを使ってみることにしました!

ナショエコ-p-3-c-02
星屑は、1人目の労働者を「焼畑」に配置!

その効果は、使い捨てではありますが…、

ナショエコ-p-3-c-03
5枚もの消費財を獲得できます!!

一時的とはいえ、めっちゃ手札が潤いました…!

ナショエコ-p-3-c-12
▲使用した「焼畑」は、そのまま捨て札に。

少し切ない感じですが…、
焼畑」の思いを胸に、100点クリアを目指してまいりましょう!

ナショエコ-p-3-c-04
星屑は、2人目の労働者を「レストラン」へ配置しました。

ナショエコ-p-3-c-05
▲手札1枚を捨てて、家計から$15を獲得。

まだまだ手札には余裕があります。( ̄▽ ̄ )

ナショエコ-p-3-c-06
星屑は、3人目の労働者を「大工」に配置しました。

ナショエコ-p-3-c-07
消費財2枚をコストにして、
▲自分の領域に「工場」を作ります!

消費財が豊富な現状、すごく便利な職場ですね。

さらに、手札が尽きたときは「化学工場」がある…!

工場」と「化学工場」の二枚看板で、
あらゆる局面を乗り越えていけそうです!!

ナショエコ-p-3-c-08
▲最後に星屑は、4人目の労働者を「学校」に配置!

ここで労働者を増やしにいきます…!

いけるなら、そのタイミングで労働者を増やす!!

手札が潤っている今こそ、そのタイミングのはず!( ̄▽ ̄ )

ナショエコ-p-3-c-09
▲これで、次のラウンドからは5人体制に…!


以上で、労働者を4人とも配置し終わりました。

ナショエコ-p-3-c-10
▲労働者5人に賃金を支払いましょう。

ナショエコ-p-3-c-11
▲$4×5人=$20家計に入れました。



★第7ラウンド

160724宇佐-01
ナショエコ-p-3-c-13
▲ラウンド開始時の公共職場

さて、人員も増えたことですし、
ここからは建設に力を入れていきたいところです。

まずは、何かしら、
建物を作れる職場があれば捗りますので…、

とりあえず、山札からカードを引くことを優先しましょう。

ナショエコ-p-3-c-14
星屑は、1人目の労働者を「工場」に配置。

ナショエコ-p-3-c-15
▲手札を2枚捨てて…、

ナショエコ-p-3-c-16
▲山札から4枚を引きます!

ここで「建設会社」なり「ゼネコン」なりを引きたかったですが、
残念ながらありませんでした…( ̄▽ ̄;)

ナショエコ-p-3-c-17
▲とはいえ、星屑の手札は濃厚な感じに!

あとは、この中のどれを作るか、ですが……

ナショエコ-p-3-c-18
星屑は、2人目の労働者を「大工」に配置して、

ナショエコ-p-3-c-19
▲手札5枚をコストに…、

ナショエコ-p-3-c-20
▲作ったのは「自動車工場」!

この"業種区分:輸送"というフレーバーテキスト、
ちょっと考えて、クスッときました。( ̄▽ ̄*)

実際、1台の自動車は完成までに、
どれくらいベルトコンベアーに乗っているんでしょうか…?


それはさておき、
いちばんコストの高い「自動車工場」を選んだ結果、
星屑の手札は、ふたたび0枚になってしまいました。

…と、いうことは、あのカードの出番ですね!

ナショエコ-p-3-c-21
星屑は、3人目の労働者を「化学工場」に配置しました!

あえて手札を0枚にしておいて、
化学工場」の効果を最大限に発揮する…!

ただし、唯一の問題点はあなたの家の裏に(略)

ナショエコ-p-3-c-22
星屑、効果で山札からカードを4枚引きます。

ここで、やっと「建設会社」が来ました…!

$28の価値がある「邸宅」も良い感じ!!

これは、次のラウンドの建設が楽しみです!( ̄▽ ̄*)

ナショエコ-p-3-c-23
星屑は、4人目の労働者を「農場」に配置。

ナショエコ-p-3-c-24
▲消費財を2枚引きます。

ソロプレイをしていると、
農場」の最初から最後までの便利さを実感できますね…!

ナショエコ-p-3-c-25
▲最後に星屑は、5人目の労働者を「レストラン」に配置しました。

ナショエコ-p-3-c-26
▲手札1枚を捨てて、家計から$15の受け取り。

これで手札がジャスト5枚となり、
すべてを次のラウンドに持ち越せるように!

こういう無駄のないプレイングができたとき、
なんかこう、無性に嬉しくなっちゃいます…!( ̄▽ ̄*)


以上で、労働者を5人とも配置し終わりました。

ナショエコ-p-3-c-27
▲労働者5人に賃金を支払いましょう。

このラウンドは、所持金だけでは足りませんでしたので…、

ナショエコ-p-3-c-28
▲作ったばかりの「自動車工場」を売りにだして、$12をもらい、

ナショエコ-p-3-c-29
▲$4×5人=$20家計に入れました。



賃金を捻出するだけでいっぱいいっぱいだった序盤から、
攻めの姿勢に転じることができるようになった中盤…、

そして、ここからラストスパートの終盤に突入します!

星屑は残り2ラウンドで、
$100ぶんの資産を築き上げることはできるのでしょうか…?


次回、最終回です!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
→次回:プレイ記その3(4/4)
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲

【2016/07/30 00:01】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー」




☆プレイ記その3(2/4)

前回:プレイ記その3(1/4)
今回:プレイ記その3(2/4)←いまココ
次回:プレイ記その3(3/4)


さて、始まりました!
星屑の「ナショナルエコノミーソロプレイ…!

序盤は無難な立ち上がりになりましたが、
そろそろ労働者を増やしていきたいところです。

しかし、そのタイミング、
早すぎれば、大きな負債を抱える可能性があり
遅すぎれば、ジリ貧に追い込まれかねません…。( ̄▽ ̄;)

星屑、絶好の雇用タイミングを見極めて、
企業を一段、大きくすることはできるのでしょうか…?



★第4ラウンド

160724宇佐-01
160724宇佐-02
▲ラウンド開始時の公共職場

さて、第4ラウンドということで、
ついに「高等学校」が登場しました!

ここに労働者を配置すれば、
一気に労働者を2人→4人にすることができますが…、


星屑「(ここで4人にして、まかない切れるのか?)」
星屑「(このラウンド、しのぐことができるか…?)」


この第4ラウンドの賃金は、1人につき$3
労働者が4人になると、$12の支払いとなります。

ただ、幸いなことに、
前のラウンドで「化学工場」を売却した残りが、
手元に$8ありますので…、


星屑「(あと$4…。うん、)」
星屑「($4なら何とでもなるな…!)」


いけるなら、そのタイミングで労働者を増やす!!

そんな信条が、星屑の中で固まった瞬間でした!

160724宇佐-03
星屑、1人目の労働者を「高等学校」に配置します!

160724宇佐-04
労働者が2人増えて、この2人は〈研修中〉に。
▲これで、次のラウンドからは4人体制となります…!

さて、労働者も増えたことですし、
残り1アクションで、できるだけ現金を稼ぎたいところですが…、

160724宇佐-05
▲いちばん効率の良い「レストラン」を使うには、
▲残念ながら、家計の残りがあとたった$1足りず…!

こんなときに限って、
妖怪いちたりない」が舞い降りて……

いや、冷静に考えれば、
ここまで$4→$4→$6賃金を支払っている以上、
ここで「レストラン」が使えないのは、当たり前の話ッ!

こういった計算を、ちゃんとできていないと、
$100クリアへの道は遠そうですね…!( ̄▽ ̄;)ガンバラネバ!!

160724宇佐-06
▲気を取り直して、星屑は2人目の労働者を「露店」に配置。

160724宇佐-07
▲手札から1枚を捨てることで、

160724宇佐-08
家計から$6を受け取ります。
▲これで星屑の所持金は$14に!


これで、労働者を2人とも配置し終わりました。

160724宇佐-09
▲労働者4人に賃金を支払いましょう。

160724宇佐-10
▲$3×4人=$12を家計に入れました。



★第5ラウンド

160724宇佐-01
160724宇佐-11
▲ラウンド開始時の公共職場

さて、このラウンドは星屑
手札0枚でのスタートとなります。

前ラウンドで、唯一の手札だった「工場」を、
露店」のコストにしちゃいましたしね…。

これは一見、苦しそうな感じですが……


星屑「(あのカードが出てるから、むしろ、)」
星屑「(手札が0枚なことをメリットにできる…!)」

160724宇佐-12
星屑は、1人目の労働者を「化学工場」に配置しました!

そう、これこそ、
ピンチチャンスに変えることができるカード…!

その名を……「化学工場」!!

160724宇佐-13
手札が0枚のときに限り
▲一気に4枚ものカードを引くことができます!

これは破格ッ!

化学工場」バンザイ!!

ただし、
問題点はあなたの家の裏に建っていることです

ともあれ、星屑の手札は急激に潤いました…!


星屑「(ああ、なんかすごい充足感…!)」


160724宇佐-14
▲続いて星屑は、2人目の労働者を「農場」に配置。

160724宇佐-15
▲その効果で、消費財2枚引きます。
▲2アクションで、星屑手札は0枚から6枚になりました…!

とはいえ、
手札は5枚までしか次のラウンドに持ち越せませんので、
ここからは使うことも考えねばなりません。

と、なると、次のアクションは……

160724宇佐-16
星屑、3人目の労働者を「大工」に配置して、

160724宇佐-17
消費財1枚をコストに、「焼畑」を作りました。

"母なる自然はプレイスレス"…ということで、
ほんとに「焼畑」の価値は$0となっています。

しかしながら、
使い捨てで消費財5枚を生み出してくれる効果は、
このカードが何枚でも欲しい今は貴重だと、星屑は考えました。

160724宇佐-18
▲そして、星屑は4人目の労働者を「レストラン」に配置。

ソロゲームのルールだと、
油断すると使用不能になりそうでコワいですね…!

160724宇佐-19
▲手札を1枚捨てて、家計から$15を受け取ります。


これで、労働者を4人とも配置し終わりました。

160724宇佐-20
▲労働者4人に賃金を支払いましょう。

160724宇佐-21
▲このラウンドも、$12を家計に入れました。



どうでもいい話ですが、
ぼくが「ナショナルエコノミー」を、
ナショエコ」と略しているのは…、

ナショナルジオグラフィックチャンネル」を、
ナショジオチャンネル」と略すのに倣ってです。

ほんとは、他に略し方があるんだと思いますが…、
ぼく、この「ナショエコ」って響き、好きなんです!

…と、ほんとにどうでもいい話でした。( ̄▽ ̄;)



さて次回は、

いけるなら、そのタイミングで労働者を増やす!!

…という信条を固めた星屑が、
攻めの姿勢でアクションを選んでいきますが、
はたして上手く回すことができるのでしょうか…?


次回も、お楽しみに!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
→次回:プレイ記その3(3/4)
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲

【2016/07/29 00:01】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー」




☆プレイ記その3(1/4)

前回:プレイ記その2(2/2)
今回:プレイ記その3(1/4)←いまココ
次回:プレイ記その3(2/4)


大分県宇佐市で「ナショナルエコノミー」!

今回は、私星屑ソロプレイです。

ナショナルエコノミー」自体は、たびたびプレイしている星屑ですが、
1人でプレイするのは、実はこれが初めて…!

100点クリアを目指して、がんばってまいります!!



★準備

ソロプレイでは、いくつか変更点があります。

ナコノミ-p-3-a-01
▲まず「採石場」が除外されます。
▲これは箱に戻しておきましょう。

ナコノミ-p-3-a-06
▲そして、スタートプレイヤーカード常に自分のものとなります。
▲まさに"ずっと俺のターン!"ですね。( ̄▽ ̄*)

続いて……

ナコノミ-p-3-a-02
▲山札から「農場」と「工場」を1枚ずつ、取り出しておきます。

ナコノミ-p-3-a-03
▲その後、シャッフルした山札から3枚引いて、手札にします。
▲これは、いつも通りですが……

ナコノミ-p-3-a-04
▲ここで、さきほど取り出しておいた「工場」を、
山札の一番上乗せます

これで、ゲーム開始時、
山札の一番上は「工場」となるわけですね。

1枚目で必ず「工場」が引けるという前提で、
ゲームのプレイングを組み立てていく必要がありそうです…!

さらに……

ナコノミ-p-3-a-05
▲「鉱山」「大工」「学校」と、
▲さきほど取り出しておいた「農場」を、
▲この順番で並べます。

これが、初期公共職場となります。

ソロプレイの場合、
公共職場の並びが重要になってきますので、
間違いがないか、しっかりと確認しておきましょう。

以上で、ソロプレイの準備は完了です!

ナコノミ-p-3-a-07
初期手札3枚と、初期資金$5を持って、いざゲームスタート!!


星屑「(それにしても、初期手札からダブるとは…!)」
星屑「(かなり念入りにシャッフルしたんだけどなぁ…)」



★第1ラウンド

まずは4つの公共職場からのスタートですね。
その中で、星屑が労働者を配置したい職場は……

ナコノミ-p-3-a-08
星屑、1人目の労働者を「農場」に配置しました。

ナコノミ-p-3-a-09
▲効果で、消費財2枚引きます。


星屑「(ともかく、建物を作らないと始まらないから、)」
星屑「(まずはカード枚数を稼いでいこう…!)」


さて、ここでソロプレイでの追加ルールが適用されます!

準備の段階で、公共職場の並びが重要だといいましたが……

【ルールの変更点】

プレイヤーが労働者を1人置くたびに、
まだ埋まっていない公共職場のうちで
一番新しいものを横に90度回転させ
使用不能にします。

ラウンドが終わるごとに
それらの職場は再び使用可能になります。


いま、星屑は労働者を1人置きましたので…、

ナコノミ-p-3-a-10
▲労働者が置かれている「農場」以外で、
▲一番新しいもの…この場合は「学校」になりますね、

ナコノミ-p-3-a-11
▲「学校」を90度横に回転させて使用不能にします。
▲これで「学校」は、このラウンドが終わるまで使えなくなりました

この追加ルールを踏まえつつ、
計画を立てていかねばなりません…!( ̄▽ ̄;)

ナコノミ-p-3-a-12
星屑は、2人目の労働者を「大工」に配置しました。

ナコノミ-p-3-a-14
▲手札から3枚を捨てることで…、

ナコノミ-p-3-a-13
▲自分の領域に「レストラン」を作ります!


星屑「("全品時価"のレストランとか、)」
星屑「(コワすぎて行けねぇ…!)」


これで、労働者を2人とも配置し終わりました。

ナコノミ-p-3-a-15
▲労働者2人に賃金を支払いましょう。

ナコノミ-p-3-a-16
▲$2×2人=$4家計へ入れます。

そして……

ナコノミ-p-3-a-17
▲ラウンド中に使用不能となった「学校」を…、

ナコノミ-p-3-a-18
▲元に戻して、「学校」は使用可能となりました。



★第2ラウンド

ナコノミ-p-3-a-19
▲ラウンド開始時の公共職場

ナコノミ-p-3-a-20
星屑は、1人目の労働者を「農場」に配置しました。

ナコノミ-p-3-a-21
▲効果で、消費財2枚引きます。

さきほどの建設で、消費財を使い切ってしまいましたので…、
ここは手札を回復しとかないと、どうにも心もとないのです…!

ナコノミ-p-3-a-22
星屑が労働者を配置したことにより、
▲一番新しい「露店」が使用不能となりました。

ナコノミ-p-3-a-51
星屑、2人目の労働者を「鉱山」に配置。
▲効果で、山札からカードを1枚引きます。

これが、このゲームの初ドロー
…と、いうことは、ここで引くカードは、

ナコノミ-p-3-a-52
▲「工場」です!

準備の段階で、
山札の一番上は「工場」になっていましたので、
これについては"知ってた!"というヤツですね。

これで、労働者を2人とも配置し終わりました。

ナコノミ-p-3-a-25
▲労働者2人に賃金を支払いましょう。

ナコノミ-p-3-a-53
▲といっても、手元には$1しかありませんので、
▲自分の領域にある建物を売却しなければなりません。

ナコノミ-p-3-a-62
星屑は「レストラン」を売却します。
▲その価値は$16ですが……

ここで、さらなる追加ルールが適用されます!!

【ルールの変更点】

建物の売却額は半分になります。

所有していた場合の得点は変わりません。


ナコノミ-p-3-a-35
▲よって、「レストラン」の売却額は、
▲$16の半分$8ということに…!

ナコノミ-p-3-a-54
▲ともあれ、無事に$4家計に入れられました…( ̄▽ ̄ )



★第3ラウンド

ナコノミ-p-3-a-55
▲ラウンド開始時の公共職場

ナコノミ-p-3-a-56
星屑は、1人目の労働者を「農場」に配置しました。

ナコノミ-p-3-a-57
▲効果で、消費財2枚引いて、
▲これで星屑の消費財は合計4枚に。

こうして準備を整えておいて…、

ナコノミ-p-3-a-58
星屑は、2人目の労働者を「大工」に配置しました。

ナコノミ-p-3-a-43
▲手札を4枚捨てることで、

ナコノミ-p-3-a-59
▲自分の領域に「化学工場」を作ります!

それにしても、この「化学工場」のフレーバーテキスト

"唯一の問題点は民家の裏に建っている事だ"

ではなく、

"唯一の問題点はあなたの家の裏に建っている事だ"

…というのが、すっごくいやらしいですね。( ̄▽ ̄ )


これで、労働者を2人とも配置し終わりました。

ナコノミ-p-3-a-32
▲労働者2人に賃金を支払いましょう。

このラウンドも、所持金では賄いきれませんので…、

ナコノミ-p-3-a-63
▲建設したばかりの「化学工場」を売却して、

ナコノミ-p-3-a-60
▲$18の半分の$9を受け取り…、

ナコノミ-p-3-a-61
▲なんとかかんとか、$6家計に入れることができました。



ここまでプレイして、
ソロゲームは全くの別ゲーだと、やっと認識できた星屑…!

なんとか対応していって、
100点を目指したいところですが……


次回に続きます!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
→次回:プレイ記その3(2/4)
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲

【2016/07/28 00:01】 | プレイ記 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|

待ってました!
アゴ
ありがとうございます!
重ね重ね、売価半額のルールは燃えますよね!
ぜひ、私の分までクリアしてください…ガクッ

管理人のみ閲覧できます
-


半額ルール、確かに燃えます!!
星屑トランペッター
>>アゴさん

いやァこれソロプレイ、ほんと面白いですね…!
やってよかったです!( ̄▽ ̄*)

ぼくは、クリアできるまでトライするつもりで始めましたが、
果たして一発クリアを達成することはできたのでしょうか…?

ぜひ結末まで、ご覧いただけたらと思います!

コメントを閉じる▲