FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ピックス」




★紹介

ピックス-o-01
▲今回はパーティーゲーム「ピックス」をご紹介します!


★箱の外観

ピックス-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

ドット絵のゲームなだけあって、
企業ロゴ以外はタイトルから何から全てドットです…!

ピックス-o-03
▲箱のウラ面

箱のウラ面と側面は"人物当てゲーム"になっています。

これらは実在する人物や、空想上のキャラクターたちらしいですが、
星屑にはバットマンとE.T.とミッキーしか分からない…( ̄▽ ̄;)

ピックス-o-04
スペック

プレイ人数4~9人で、
プレイ時間40分
対象年齢8歳以上となっています。

4人以上で人数が多ければ多いほど盛り上がる系ですが、
ただ遊ぶだけなら、3人でもプレイできることはできました(後述)。

また、ゲームのルール自体は簡単なものですが、
カードに書かれているお題に少し難しいものが含まれていますので、
小さなお子さんとのプレイではフォローが必要になるでしょう。
(""とか""とか"イグルー"とか"スペースインベーダー"とか)



★内容物

ピックス-o-05
ルールブック(日本語・全4ページ)

実質、見開き2ページのルルブです。

やっぱり説明文も挿絵も全てがドットという徹底っぷり…!


ピックス-o-06
スクリーン×9枚(4色・黒のみ3枚)

"お題"に沿ったドット絵を描いていくことになるマス目です。

プレイヤーたちの"グループ分け"のために色が全部で4色あります。


ピックス-o-07
黒いドット×180個
赤いドット×9個
赤い矢×9個

一つ一つは点でしかありませんが、
並べ方によっては"絵画"にすらなれる(かもしれない)ドットです!

ウラ面がマグネットになっていて、スクリーンに貼り付けられます


ピックス-o-08
「得点」コマ×36個

1個が1勝利点の黒いキューブです。

描いたドット絵のお題を、
当てたプレイヤー当ててもらえたプレイヤーが、
それぞれ1個ずつ獲得します!!


ピックス-o-09
砂時計×1個

30秒で砂が落ち切る砂時計です。

ドット絵を描くときと、お題を当てるときに使います。
(※30秒でドット絵を描くわけではないのでご安心を!)


ピックス-o-10
カード×230枚

1枚につき2つの"お題"が書かれたカードです。

黒文字が"お題"で、
その下の赤文字正解者がいなかった際に出す"ヒント"になります。



★どんなゲーム?

ピックス」は、
与えられた"お題"をドット絵で表現して、
それが何かを他の人に当ててもらうパーティーゲームです!


ピックス-o-11
▲イメージとしては、
▲お絵かき伝言ゲームの「テレストレーション」なんかが近いでしょうか。

勝利点による勝ち負けは二の次で、
いかにゲームの内容を楽しめるかにウエイトが置かれている
あたり、
通じるところがあるように思いますね♪( ̄▽ ̄*)

とはいえ――

ピックス-o-62
▲「テレストレーション」が、

ピックス-o-12
お題を、

ピックス-o-13
▲"手書きの絵"で表現するのに対して、

ピックス-o-14
▲この「ピックス」では、お題を…、

ピックス-o-15
▲"ドット絵"で表現することになります!!

ちなみに、黒いドット以外にも…、

ピックス-o-16
▲やたらと目立つ赤いドットと、

ピックス-o-17
▲マス目を無視できる赤い矢がありますので、
▲うまく使って自分なりのドット絵を完成させましょう!



★3人プレイ!!!

正式なルールでは、
4人以上でなければプレイすることができませんが、
ただのお遊びであれば3人でもプレイできましたので、
まずは、その流れを振り返ってみます。


☆ゲームの準備

ゲームを始めるにあたって――

ピックス-o-18
▲各プレイヤーに、
スクリーン1枚と、
赤い矢1個と、
赤いドット1個と、
いドット20個を、
▲それぞれ配りましょう。

ピックス-o-19
▲あとは、テーブルの中央に、
砂時計得点コマを置いて、
▲各プレイヤーがカードを1枚ずつ引いたら準備万端です!



☆ドット絵を描く!

準備が整ったら、
各プレイヤーは自分のカードを見ます。

ピックス-o-20
▲カードには2つの"お題"がありますが、
▲まずは上段のお題からですね。

今回の私星屑のお題は"扇風機"となりました…!


全員がお題を確認したら、

用意、スタート!

の掛け声で一斉に…、

ピックス-o-21
▲各プレイヤーは、ドットスクリーンに貼り始めます!

ピックス-o-22
▲お題は"扇風機"とのことですので、

ピックス-o-23
▲とりあえずをつくってから、

ピックス-o-24
▲その下に台座を伸ばしましょうかね。

ピックス-o-25
▲最後にを付けたら、それっぽくなりました♪

こうして、最初にドット絵を完成させたプレイヤーは…、

ピックス-o-26
▲自分のスクリーンを裏返した後、
▲みんなに聞こえるように「ピックス!」と宣言し、
砂時計をひっくり返します

この砂時計の砂が落ちきるまで(=残り30秒以内)に
他のプレイヤーたちはドット絵を完成させなければなりません



☆お題を推測する!

砂時計の砂が落ちきったら、
1人ずつ自分の作品を発表していきます。

ピックス-o-27
▲発表するプレイヤーは、
自分のスクリーンを公開してから
砂時計をひっくり返しましょう

つまり、30秒以内にお題を当てろというわけです!

砂時計の砂が落ちきるまで、
他のプレイヤーたちは何度でも発言して
お題が何であるかを推測することができます



スピーカー!

ひまわり!

フラワーロック!

扇風機!

正解!!

ピックス-o-28
▲正解者が出たら、
▲その正解者発表者得点コマ1個ずつGET!!

この得点コマを1個1勝利点として、
最高得点のプレイヤーが勝利という寸法です!



☆正解者が出なかった場合…

トップバッターの星屑が発表し終えましたので――

ピックス-o-29
▲次のプレイヤーさんの発表に移ります。
(※仮に緑プレイヤーさんとします)

ピックス-o-30
緑プレイヤーさんのドット絵はこちらですが…、


トラクター!

キャタピラ!

戦車!

いや…口かな?

虫歯!

前歯?

え、ちがうのか…

歯槽膿漏!

リンゴをかじると歯茎から血がでませんか!

ふ、古いっすね…!笑

終了です!!


残念ながら、
正解が出ないまま30秒が経過してしまいました…( ̄▽ ̄;)

ピックス-o-31
▲実は正解は""だったんですね。
▲しかし、まだ緑プレイヤーさんは正解を発表せず、
赤文字の"ヒント"を発表して、さらに30秒を計ります。


ヒントは"ブラシ"です!」

ってことは単純に歯じゃないの?

正解!!

ああ、それでよかったんだ…!


このように、
最初の30秒で正解者が出なかった場合は、
赤文字の"ヒント"を発表して、もう30秒だけ続けましょう

ヒントの発表後に正解者が出たら、
その正解者のみ得点コマ1個を受け取ります。
(発表者は得点コマを受け取れません!)

これは発表者の、
この際、得点コマなんてどうでもいいから、
せっかく苦労して描いたドット絵が報われて欲しい!!

…という心理を的確にフォローした良いルールですね♪( ̄▽ ̄*)

ピックス-o-32
緑プレイヤーさんの発表が終わって、
▲次の黄プレイヤーさんの発表で、ぐるっと一回り。
(ちなみにお題は"表彰台"でした!)

こうして全員の発表が終わったら――

ピックス-o-33
▲次は下段のお題に進みましょう。

あとは、またドット絵を描いて、
1人ずつ発表して…の繰り返しです。

上段と下段で合わせて2周したら、得点コマを数えてゲーム終了!

時間に余裕があれば、
カードの枚数を1人あたり2枚や3枚に増やしてもいいでしょう。


以上、正式なルールではありませんが、
3人でも違和感なく遊べるよ!というお話でした♪( ̄▽ ̄*)



★4人プレイ!!!!

さて、このゲームは、
正式には4人以上でなければプレイできません

なぜかというと、
2人1組のグループを2つ以上つくる必要があるからなんです。

2人1組のグループが2つで合計4人。これが最低ライン。

6人なら3グループ、8人なら4グループで、
人数が奇数の場合は、1グループだけ3人組になります。

それでは、そもそも、
なぜグループをつくる必要があるのでしょうか…?

結論からいうと、
より少ないドットでお題を表現させるためなんですが――

その辺りについては、
実際の4人プレイに沿うかたちで説明していきたいと思います!



☆お題の共有

"グループをつくる"と知ったとき、
最初、私星屑は「チーム戦かな?」と予想しましたが、
むしろ逆に、グループ内はライバル関係になるのです…!

そんな正式ルールのゲームは――

ピックス-o-34
▲同じグループのプレイヤーどうしで、
▲同じ色のスクリーンを持って開始します。
(※使用可能なドットの数は、さきほどの3人プレイと全く同じ)

星屑は、赤プレイヤーさんと同じグループになり、
お揃いののスクリーンを持ちました。

もう一方のグループは白のスクリーンですね。


そして、グループごとにカードを1枚受け取ります

1人につき1枚ではなく、グループで1枚!

ピックス-o-35
▲つまり、グループ内の全員が、
▲同じお題のドット絵を描くわけです。

今回、赤プレイヤーさん星屑は、
共に"スカイツリー"を描くことになりました!!
(なお、星屑が最後に東京へ行ったのは10年ほど前…)


全グループの全員がお題を確認したら、
やはり「用意、スタート!」の掛け声で一斉に…、

ピックス-o-36
▲ドットをスクリーンに貼り始めます。

その後、
誰か1人がドット絵を完成させたら、砂時計をひっくり返して、
残り30秒で全員が完成させる…というのは、さきほどと同じですね。



☆発表の順番

ドット絵を完成させたら、
全員、自分のドット絵の"ドットの数"をカウントします

このとき――

ピックス-o-37
黒のドット1個に対して、
赤のドット4個ぶんとして、
赤の矢2個ぶんとしてカウントしなければなりません。

こうしてカウントしたドットの数をグループ内で比べて
より数の少ないプレイヤーが先に、自分の作品を発表します

共に"スカイツリー"を描いた、
赤プレイヤーさん星屑がドットを数えてみると…、

ピックス-o-39
赤プレイヤーさん11個で、
(※この作品は未完成のまま時間切れになった模様)

ピックス-o-38
星屑15個でした。

この場合、
赤プレイヤーさんが先に作品を発表することになるわけです。

そして、もし赤プレイヤーさんの発表で正解者が出たら、
星屑の作品を発表する間もなく、こちらのグループのターンは終わります!

このシステムこそが、グループ内をライバル関係たらしめていて、
より少ないドットでお題を表現することを求められているのです。

ピックス-o-40
▲さて、その赤プレイヤーさんの発表ですが…、


え、なにコレ?

まったく分からない…


30秒で、まったく回答らしい回答は出ず…。

このように、
正解者が出なかった場合は
グループ内の次のプレイヤーに出番が回ってきます

幸いにも、星屑に発表の機会が与えられたわけですね♪( ̄▽ ̄*)

ピックス-o-41
▲満を持して、星屑も作品を発表しますが…、


ラバーカップ!

記念碑!

お墓!

電波塔!

うーん、違うのか…

終了です!!


こちらも30秒で正解が出ませんでした!

見慣れた福岡タワーならバッチリだんたんですが、無念です…!
(※プロポーズや地デジの送信に使われる高さ234mのタワー)

こうなると、
最後は赤文字のヒントを出してのラスト30秒となります。

ピックス-o-42

ヒントは東京です!!

東京タワー!

スカイツリー!

正解!!


ヒントによって正解者が出た場合は、
その正解者のみが得点コマを1個受け取って、
発表者は何も受け取れません…!

逆に、ヒント無しで正解者が出た場合は、
発表者と正解者が得点コマを1個ずつ受け取ります!!



☆スクリーンのローテーション

1つのグループが発表を終えたら…、

ピックス-o-43
▲続けて、他のグループも同じように発表し、
▲全てのグループが発表し終えたら、
▲今度はカードの下段のお題で同じことを繰り返しましょう。

こうして、カード1枚を使いきったら…、

ピックス-o-44
▲全員、自分のスクリーンを左隣のプレイヤーに渡します

ピックス-o-45
▲このローテーションによって、
▲グループのメンバーが変わるわけですね。

4人プレイであれば、

1枚目の上下段のお題

ローテーション

2枚目の上下段のお題

ローテーション

3枚目の上下段のお題

ローテーション

4枚目の上下段のお題

…でゲーム終了となり、
いちばん得点コマを獲得したプレイヤーが勝者です!



★補足

☆ドット数が同じ場合

グループ内でドット数を比べた際に、
ドット数がピタリと同じだった場合は
それらの作品を同時に発表します

ピックス-o-46
▲例えば、この2作品は、
▲左が黒のドット×10+赤のドット×1=14個ぶん
▲右が黒のドット×12+赤の矢×1=14個ぶんで、
▲同数でしたので、同時に発表となったわけです。
(※ちなみに、お題は"ちょんまげ"でした)

なお、これで正解者が出たら、
発表者は2人とも得点コマを1個受け取ります
(※もちろん正解者も得点コマを1個獲得)

ドット数が並んでしまうと、
正解でも不正解でも、得点に差がつかなくて美味しくないんですが、
もっと美味しくないのが1ドット差で負けてしまったときなんです…!

ピックス-o-47
▲このときは、
▲左(星屑)が黒いドット×12+赤い矢×1=14個ぶん
▲右が黒いドット×9+赤いドット×1=13個ぶんで、
星屑、惜しくも1ドット差で先手を取られてしまいました

その上、すぐに正解者が出てしまったので星屑は出る幕なし!
まさにお題どおりの""なしでは語れない展開だったわけです…( ̄▽ ̄;)



☆赤い矢&赤いドット

ピックス-o-48
黒いドットに比べて、赤いドット赤い矢は、
4倍ないし2倍のドット数となる"大飯喰らい"ですが、
▲使い方によっては作品の決定打になり得ます!

特に赤い矢は、
低コストでありながら、貼る場所を選びませんので…、

ピックス-o-49
▲ドット絵の特定の部位を指し示す矢印としても、
(※お題は"そばかす")

ピックス-o-50
▲ドット絵の中の特徴的なパーツとしても、
(※お題は"腕時計")

お手軽に使っていくことができるのです!!

一方の赤いドットは、
黒いドット4個ぶんに相当しますので、
かなり使いどころを選びます…!

そんな赤いドットを、
ああ、そう使うのか!と個人的に驚かされたのが――

ピックス-o-51
▲こちらの作品です!

お題は空を飛ぶ""だったんですが、
右下の赤いドットは何を表しているのですか?と尋ねたら、
この鳥たちは"夕陽"をバックに飛んでいるんですよ、と。

いやはや、たった11個のドットで、
高い空と美しい鳥たちと、綺麗な夕陽まで表現できてしまうとは…!


イメージ力と独創性によって、
ドット絵も一つの"絵画"になることを思い知りました!( ̄▽ ̄*)



★これは何でしょう?

さてさて、
ここで突然ですが「ピックス」の体験コーナー!

以下に、
ボードゲーム会で実際につくられたドット絵を、
2枚1組で、合計7セット並べています。

それぞれ、2枚のドット絵は、
ひとつのお題を表していますが、
はたして、それは何でしょうか…?

画像の並びの下にヒントを、
記事の最後に正解を書いておきますので、
よろしければ推測してみてくださいね♪( ̄▽ ̄*)

ピックス-o-52
第1問

ピックス-o-53
第2問

ピックス-o-54
第3問

ピックス-o-55
第4問

ピックス-o-56
第5問

ピックス-o-57
第6問

ピックス-o-58
第7問



☆ヒント

第1問
第2問
下着
第3問
車輪
第4問
ガソリン
第5問
緊急事態
第6問
布製品
第7問




★コメント

何年も前から気になっていて、
ポチろうポチろうと思いながらも結局ポチらず、
今になって中古で購入した、この「ピックス」。

定価が4,860円で、中古価格は4,940円だったんですが、
これはかなり安い方で、状態が良ければ1万円くらいします。

それでですね、私星屑
なぜ長いことポチるのをためらっていたのだろうと、
(※数年前なら新品を定価で買えていたorz)
もはや、その理由すら忘れてしまっていたんですが、
箱を手に取って、プレイ人数を見て思い出しました。

4~9人

数年前は、ちょうど結婚して新天地の大分県に来たばかりで、
4人なんていう人数は、あまりにも敷居が高すぎたんですね。

それが今や、難なく卓を立てられるようになったわけですから、
ボードゲーム会を立ち上げていて良かったと心底思います…!

そんなわけで、
やっと念願かなって「ピックス」をプレイできたんですが――

これは想像していたよりも難しい!!

ドットを貼り付けていくだけなので、
絵を描くのが苦手な人でも大丈夫!


…かと思いきや、
どれだけでもペンを走らせることができるお絵かきと、
たったの20個+αのドットで表現しなければならないこちらとでは、
あまりにも自由度が違いすぎます!!

ドット絵は、はっきり言って"縛りプレイ"です!

星屑
スーパーファミコンのソフト「ファイアーエムブレム」の、
聖戦の系譜トラキア776をこよなく愛しているんですが、
あの美麗なドットを打ったデザイナーさん、やっぱりすごすぎる!



閑話休題。

とはいえ、縛りプレイというのは、
ハードな道中を耐え、登頂の喜びを噛み締める登山のように、
それを乗り越えたときの大きな達成感を得るために行うもので、
このゲームも、そうなったときの快感はかなりのものです。

少ないドットで表現するには、とにかく工夫をしなければなりません。

その工夫の方法を思い付いたときそうして作品が完成したとき
そして何より、お題を当ててもらえたときの気持ち良さといったら、
これは、なかなか他では味わえないものですね♪( ̄▽ ̄*)

あるいは、お題を当てることができたときの、
発表者との一体感というか、思わずハイタッチしたくなる感じも、
テニスのダブルスでぴったりと息が合ったときのように痛快です!!

星屑
お気軽にテンポ良くプレイできて、みんなで大笑いできる、
お絵かき伝言ゲームの「テレストレーション」が大好きですが、
それとは似て非なる「ピックス」も結局、大好きになりました!

ピックス-o-59
▲あちらのカードをこちらで使ったり、
▲こちらのカードをあちらで使ったりするのもアリかも?

ピックス-o-61

最後に、購入のオススメ度合いですが、
定価ぶんの価値は十分にありますので、
その価格帯の中古品なら手を出すのもよろしいでしょう。

特に、
星屑のような「ピクロス」が好きな人にはたまないと思います♪( ̄▽ ̄*)



ピックス 関連記事


ボードゲーム記事一覧


正解は――
第1問チョウ
第2問
ブラジャー
第3問
キックボード
第4問
排気管
第5問
救急車
第6問
カーテン
第7問
ヴァンパイア





記事を閉じる▲

【2019/04/06 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ピックス  
|