FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「モンバサ」




☆考察その1


プレイ記その1を終えた星屑ですが、
次にプレイするときに何を意識したら良いか…、
ちょっとだけ考えてみましょう!



★アクションエリアの解放を急ぐ!

プレイ記その1での、
星屑アクションエリアは、

第1ラウンド開始時:3枚(初期)
第5ラウンド開始時:4枚(ダイヤモンド)
第7ラウンド開始時:5枚(インク壺)


…という感じで、
全5枚が解放されたのは最終ラウンドでした。

アクションエリアの解放には、デメリットがありませんので…、
(最大枚数が増えるだけで、配置数は任意で決められます)

もうちょっと解放を急いで、
少しでもアクション数を稼いでいきたいと思ったんです。( ̄▽ ̄ )



☆アクションエリア解放の条件

さて、おさらいになりますが、

アクションエリアを開放するためには…、

モンバサ-k-1-02
▲自身のプレイヤーボードの、ダイヤモンドインク壺を、
指定マスまで進める必要があります。
(ダイヤモンドは8マス目、インク壺は5マス目)

そのためには、
ダイヤモンドを進めるアクションと、
帳簿管理ポイントを獲得できるアクションを、
それぞれプレイしなければなりません。

そこで、これらのアクションを再確認してみようと思います。



☆ダイヤモンドと帳簿管理ポイント

・ダイヤモンド商人カード

プレイ記その1で、星屑が序盤から意識していたのが…、

モンバサ-k-1-01
▲この「ダイヤモンド商人カード」でした。

単純に「ダイヤモンド商人」の回転率が高ければ、
そのぶんダイヤモンドは前進できるわけですので、
このカードを買い揃えておくと強かったです!



・サン=ルイの特別スペース

逆に、星屑が意識していなかったのが…、

モンバサ-k-1-03
▲この、サン=ルイ特別スペースでした。

サン=ルイの会社記録トラックを、
7マス目まで進めると使えるようになるアクション。

2コインを銀行へ支払うことで、
1帳簿記録ポイント+2ダイヤモンドか、
2帳簿記録ポイント+1ダイヤモンドを獲得できます。

こんな便利なアクションを1度も使用できなかったのは、
あまりにも、もったいなかったように思いました…( ̄▽ ̄;)



・主要ボーナススペース

産物の数量を参照するアクションの中で…、

モンバサ-k-1-04
▲「MAXコットン」の数量6以上では1帳簿管理ポイントが、
▲「MAXバナナ」の数量4以上では1ダイヤモンドが、
▲それぞれ会社記録トラックの前進に加えて獲得できます。

数量が大きいので、ちょっと大変ですが…、
どうせMAXを狙うならば、調整するのもアリかと思いました!



・拠点拡大

拠点拡大ポイントを消費して、
貿易拠点コマを配置していくアクションでは…、

モンバサ-k-1-05
▲報酬として、ダイヤモンド帳簿管理ポイントを獲得できます。

その中には、早いもの勝ちにはなりますが、
2拠点拡大ポイント以下で獲得できるものも多くあります。

モンバサ-k-1-06
サン=ルイカイロ周辺

モンバサ-k-1-07
ケープタウンモンバサ周辺。

他と違い、最序盤から狙っていきやすいですので、
アクションエリア解放の大きな助けになってくれそうです。



以上を意識したプレイングを心がけたら、
もっと早くアクションエリアを解放できるんじゃないかなァと、
これが今回の星屑の考察でした。

ワーカープレイスメントゲームは、
やっぱりアクション数が大事だと思いますし!( ̄▽ ̄*)

とはいえ、せっかく確保したアクション数も、
うまく使えなければ意味がありませんので…、
そこら辺も、また考えていくつもりです!


今回はここまで!



「モンバサ」 関連記事
プレイ記その1
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/25 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|


カトー
分かりやすい記事をありがとうございます。

モンバサ、面白そうですね!
予習ばっちりできたので、今度やりましょう(^^)

ご覧いただけて嬉しいです!
星屑トランペッター
ぜひぜひ、プレイしましょう!( ̄▽ ̄*)

1日ボードゲームデイに持ち込んでみますね!

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(8/8)

初回:プレイ記その1(0/8)

前回:プレイ記その1(7/8)
今回:プレイ記その1(8/8)←いまココ
次回:


★得点計算

全7ラウンドが終了しましたので、
最後に得点計算をしてまいりましょう!

得点計算は、

・ダイヤモンドトラックの進行
・帳簿トラックの進行
・現金
・株


…以上、4項目の合計となります。



星屑の得点計算

・ダイヤモンドトラックの進行

モンバサ-p-1-8-01
▲「40」の表示を過ぎていますので、40得点です。

50得点にあと1マス足りませんでした…!( ̄▽ ̄;)


・帳簿トラックの進行

モンバサ-p-1-8-02
▲「20」の表示を過ぎていますので、20得点です。

こちらは、きっちりと越えることができました!


・現金

モンバサ-p-1-8-03
7コインは、そのまま7得点となります。


・株

株は4社ぶんあります。
1社ずつ計算していきましょう。

モンバサ-p-1-8-04
ケープタウン株は、株価2×3株6得点

モンバサ-p-1-8-05
モンバサ株は、株価5×3株15得点

モンバサ-p-1-8-06
カイロ株は、株価2×4株8得点

モンバサ-p-1-8-07
▲サン=ルイ株は、株価3×1株3得点


さて、以上すべてを合計すると……

モンバサ-p-1-8-08
星屑99得点となりました!



しーぷの得点計算

・ダイヤモンドトラックの進行

モンバサ-p-1-8-09
▲「40」の表示を過ぎていますので、40得点です。

しーぷは、無駄なくダイヤを動かしていました!


・帳簿トラックの進行

モンバサ-p-1-8-10
▲「10」の表示を過ぎていますので、10得点です。

帳簿タイルは十二分に配置できていましたが、
肝心のインク壺マーカーを動かせなかったようですね…。


・現金

モンバサ-p-1-8-11
5コインは、そのまま5得点となります。


・株

モンバサ-p-1-8-12
ケープタウン株は、株価2×3株6得点

モンバサ-p-1-8-13
モンバサ株は、株価5×1株5得点

モンバサ-p-1-8-14
カイロ株は、株価2×1株2得点

モンバサ-p-1-8-15
▲サン=ルイ株は、株価3×9株27得点

これが圧巻でした!
9株も集めているなんて…!


これらすべてを合計すると……

モンバサ-p-1-8-16
しーぷ95得点となりました!



結果、9995星屑の勝利です!

モンバサ-p-1-8-17



…と、いうわけで「モンバサ」の結果が出ました!


星屑「それにしても、」
星屑「あんなにサン=ルイ株を集めてたなんてな…!」

しーぷ「そうなの!」

しーぷ「ずっとサン=ルイ決め打ちして、」
しーぷ「いろいろ立ち回ってたの…!」

しーぷ「だけど…、」

しーぷ「あの星屑の一手致命傷になっちゃって……」

星屑「ああ、それって、」

星屑サン=ルイの株価を下落させた一手のことかな?」

モンバサ-p-1-7-22
▲第7ラウンド・6アクション目

しーぷ「そう!」
しーぷ「あの"-1"が、あまりにも大きかった…!」

星屑「そうな、9株も集めとったってことは、」
星屑-1は、つまり-9得点ってことやもんね」

しーぷ「結果、3桁得点に届かず……」

星屑「あの一手、実はそれ狙いじゃなくって、」
星屑「単純に鉱山欲しさやったけん…、」

星屑「なんか申し訳…!」

しーぷ「いや、このゲームは、」
しーぷ株価の変動に敏感にならなきゃいけないって、」
しーぷ「すごい学べたよ!」

星屑「そうな、プレイしたら、なんか分かることってあるよな!」

しーぷ「次は、もっと上手くプレイして…、」
しーぷ100得点を目指そうと思う!」

星屑「俺は、初プレイから得点を落としてしまったけん…、」
星屑「次は初プレイの111得点を超えられるように頑張るわ!」


モンバサ-p-1-8-18


今回は、マジで長くなってしまいましたが…、
最後の最後までご覧いただき、ありがとうございました!

星屑しーぷの挑戦は、これからも続きます…!



管理人・星屑トランペッター



「モンバサ」 関連記事
→次回:
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/24 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(7/8)

ルール説明(別窓で開きます)

初回:プレイ記その1(0/8)

前回:プレイ記その1(6/8)
今回:プレイ記その1(7/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(8/8)


★第7ラウンド


星屑「いよいよ最終ラウンドやね」

しーぷ「なんか、思ったよりもあっという間だったかも」

星屑「実際は結構な時間が過ぎてるんだけどね…、」
星屑「じゃあ、最後、しっかりとしめていこう!( ̄▽ ̄ )」



1.計画フェイズ

モンバサ-p-1-7-01
▲最後の最後で5枠になった、星屑のアクションエリア。

モンバサ-p-1-7-02
▲その内訳は、
▲「5拠点拡大」「ダイヤモンド商人」「2コーヒー」「2コットン」。

これで星屑、ファイナルアンサーです!

モンバサ-p-1-7-03
しーぷは、結局4枠止まりになったようですね。
▲構成は「2コーヒー」「3コットン」「3拠点拡大」「ダイヤモンド商人」。

さあ、ファイナル・ラウンドが始まります…!



2.アクションフェイズ

☆星屑1アクション目

星屑は、1つ目のボーナストークンで、

モンバサ-p-1-7-04
▼「MAXコーヒー」のアクションをプレイ。

コーヒーあとあればって感じでしたが…、

モンバサ-p-1-7-05
▲ともかく、カイロ会社記録トラック2マス進めました。



☆星屑2アクション目

星屑は、2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-7-06
▲「MAX拠点拡大」のアクションをプレイ。

これまた、あとあればって感じでしたが…( ̄▽ ̄;)

モンバサ-p-1-7-07
モンバサ会社記録トラック3マス進めて、
1コインを獲得しました。



☆星屑3アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-7-08
▲「産物カード」のアクションで、
カード公開エリアのカードを購入。

モンバサ-p-1-7-09
コスト2以下で購入できるのは、このケープタウン株くらい…。
ケープタウンの株価は、星屑自分で下落させていたので…、
▲これは2ラウンド越しのオウンゴールとなってしまいました。



☆星屑4アクション目

星屑は、3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-7-10
▲「第1プレイヤー」のアクションをプレイ。

これが最終ラウンドということで、
もはや第1プレイヤートークンには意味がありませんが…、

モンバサ-p-1-7-11
星屑の目当ては1帳簿管理ポイントの方で、
▲これでインク壺マーカーの通り道を完成させました!



☆星屑5アクション目

星屑は、ボーナスタイルを使って、

モンバサ-p-1-7-12
▲「帳簿管理」のアクションをプレイ!

例によって、3段階でプレイしていきます。

モンバサ-p-1-7-13
▲まず、2コインを払って、帳簿タイル1枚を裏返して

モンバサ-p-1-7-15
▲次に、インク壺マーカーを進められるだけ進めます。

モンバサ-p-1-7-14
▲要求されていた「2拠点拡大」と「2コーヒー」は、
▲しっかりと星屑アクションエリアに。

最後に1帳簿管理ポイント1コインに換金して…、
星屑は、このアクションを終えました。



☆星屑6アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-7-16
▲「拠点拡大」のアクションをプレイ。

今回は5拠点拡大ポイントで、
カイロ貿易拠点コマを展開していきましょう。

モンバサ-p-1-7-17
1本線を越えた先の他色のコマがある領域に配置して(残3P)、
2本線を越えた先の他色のコマがある領域に配置(残0P)。

モンバサ-p-1-7-18
星屑は、この拠点拡大の報酬として…、

モンバサ-p-1-7-19
▲ダイヤ2マス前進、

モンバサ-p-1-7-20
カイロ会社記録トラック2マス前進、

モンバサ-p-1-7-21
1帳簿管理ポイントを獲得しました。

モンバサ-p-1-7-22
▲最後に、駆逐したサン=ルイの貿易拠点コマを戻して、
▲サン=ルイの株価を「」だけ下げて終了です。



☆星屑7アクション目

星屑は、ボーナスタイルを使って、

モンバサ-p-1-7-23
▲「ダイヤモンド商人」のアクションをプレイ。

まずダイヤを2マス進めて、
さらに、他のダイヤモンド商人が表で出ていますので、追加の1マス

モンバサ-p-1-7-24
▲ダイヤは合計3マス進みました!



☆星屑8アクション目

星屑
は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-7-25
▲続けて「ダイヤモンド商人」のアクションをプレイ。

ダイヤ2マス前進&1コイン獲得に加えて…、

モンバサ-p-1-7-26
カイロが保有する鉱山2つにつき、ダイヤ1マス前進となります。

モンバサ-p-1-7-27
▲ここも合計で3マス前進…ですが、
▲50勝利点のゾーンまであと1たりない…!

このラウンドは、やたら"妖怪いちたりない"が出没しますね…( ̄▽ ̄;)



☆星屑9アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-7-28
▲「産物カード」のアクションで、
会社記録トラックを進めます。

モンバサ-p-1-7-29
カイロ2マス進めて…、
▲これで、ちょうど3株保有のマスに到達できました!

最後、すっきり終われて良かったです…!( ̄▽ ̄*)



モンバサ-p-1-7-30
▲さて、これで全てのラウンドの、全てのアクションが終わりました。

あとは得点計算を残すのみ!

はたして、勝ったのはどちらでしょうか…?


次回、最終回です!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(8/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/23 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(6/8)

ルール説明(別窓で開きます)

初回:プレイ記その1(0/8)

前回:プレイ記その1(5/8)
今回:プレイ記その1(6/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(7/8)


★第6ラウンド


しーぷ「たしかに、ダイヤって進めやすいね

星屑「そうなんよ、」
星屑「とりあえずダイヤのマークがあれば前進できるけんね!」

星屑「やけど、初期手札にダイヤモンド商人はないけん、」
星屑「しっかりカードを買い集めないかんくて、」
星屑「そのためには産物カードが必要でって…、」
星屑「やっぱり下準備は必要になってくるんよね」

しーぷ「でも、帳簿に比べたら、だいぶ楽じゃない?」

星屑「帳簿はね、狙えば1アクションでかなり進めることもあるんよ」

星屑「これは、俺が北九州でプレイしたときのアクションなんだけど…、」

160807北九州-33

星屑「要求を揃えて、1アクションで5移動できた例」

しーぷ「わ、やるじゃん」

星屑「なんか、こう、じわりじわりと帳簿タイルを揃えておいて、」
星屑「どこかで一気に進めて…みたいなのとか、」

星屑「帳簿には帳簿の、うまいやり方があるんだと思うんよ」

星屑「そこら辺、もっと色々試していってみたいんよね…!( ̄▽ ̄*)」



1.計画フェイズ

モンバサ-p-1-6-01
星屑のアクションエリアは、
▲「帳簿管理」と「ダイヤモンド商人」が1枚ずつと、「2バナナ」が2枚。

モンバサ-p-1-6-02
しーぷは、このラウンドから4枚になります。
星屑と似たような構成で、こちらは「2拠点拡大」がありますね。



2.アクションフェイズ

☆星屑1アクション目

星屑は、1つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-6-03
▲「MAXバナナ」のアクションをプレイ。

4バナナありますので、報酬は1ダイヤと…、

モンバサ-p-1-6-04
ケープタウン会社記録トラック3マス前進!

さて、この前進によって、

モンバサ-p-1-6-05
星屑ケープタウン特別スペースに到達し…、

永続効果として、
バナナでカードを購入する際の値引き」を得ました!

以降、星屑が「バナナ」の産物カードを使ってカードを購入するとき
そのコストは「-1」されます。

そして、このラウンドの星屑アクションエリアは……( ̄▽ ̄*)ニコニコ



☆星屑2アクション目

星屑は、2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-6-06
▲「ダイヤモンド商人」のボーナスタイルを予約。

ダイヤモンド記録トラックの終盤は、1マスの効率が高いので、
このタイルを取れたのは大きいです…!



☆星屑3アクション目

星屑は、3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-6-07
▲「帳簿管理」のボーナスタイルを予約。

次の最終ラウンド、星屑は手札の都合で、
帳簿管理カードを出すことができませんので…、
ここはボーナスタイルに頼っておくことにします。



☆星屑4アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-6-08
▲「帳簿管理」のアクションをプレイ。

ここでおさらいですが、

帳簿管理のアクションは、
①2コイン支払って、帳簿タイル1枚を裏返しても良い。
②インク壺トークンを、進めるだけ進める。
③帳簿管理ポイントを使う。


…この3つの流れで進めていきます。

モンバサ-p-1-6-09
▲まず星屑は、2コインを支払って、
要求をクリアできそうもない帳簿タイル裏返しました

これにより、裏返ったタイルの上には、
要求なしでインク壺マーカーを進められます

モンバサ-p-1-6-10
▲その次のマスの帳簿タイルの要求は、
他のダイヤモンド商人or帳簿管理が表向きで出ていることと、
1種類の産物が「4以上」あることです。

モンバサ-p-1-6-11
▲こちらは「ダイヤモンド商人」と「4バナナ」でクリアできていますので、

モンバサ-p-1-6-12
星屑インク壺マーカー2マス前進させて、
▲最後に止まったタイルの報酬3コインを獲得しました!

この前進により、
帳簿のページがバサバサと散らばっているマスに到達しましたので、

星屑アクションエリアの枠数が1枠増え、最大の5枠になりました!

ちょっと遅くはなってしまいましたが…、

これで星屑、最終ラウンドは、
アクションエリア5枚のカードを出すことができます!

あとは2帳簿管理ポイントを換金して…、
このアクションを終えました。



☆星屑5アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-6-13
▲「産物カード」のアクションで、
▲カード公開エリアからカードを購入します

ここで役に立つのが、さきほど獲得したばかりの…、

モンバサ-p-1-6-14
バナナ割!

バナナでカードを購入するとき、そのコストが「-1」される効果です。

ここ、ちょっと悩みどころで…、

星屑アクションエリアに出している産物カードは、、
2バナナ」と「2バナナ」の2枚。

これを同じ手番で合わせて使うと、
5コストのカードを4バナナで購入できることになりますし、

これを別々の手番で使うと、
3コストのカードを2バナナで購入し、
さらに次の手番で、
3コストのカードを2バナナで購入することができます。

お得なのは、どう見ても後者なんですが…、

モンバサ-p-1-6-15
▲どうしても、この「3拠点拡大」が欲しかった星屑は、
▲前者の方法で購入することにしました。



☆星屑6アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-6-16
▲「ダイヤモンド商人」のアクションをプレイ。

このカードにも、かなりお世話になりましたね…( ̄▽ ̄ )

モンバサ-p-1-6-17
▲おなじみの1ダイヤ2コインを獲得しました!



☆アクション終了

モンバサ-p-1-6-18
星屑は、右から2枠目の山を回収して、

モンバサ-p-1-6-19
アクションエリアのカードをスライドさせます。



3.次ラウンド準備フェイズ

a)ラウンド記録トラックからコインを帳簿タイル公開エリアに移す

モンバサ-p-1-6-20
▲いよいよ次は最終7ラウンドとなります!


b)カード公開エリアの補充

モンバサ-p-1-6-21
▲補充した結果、このようになりました。
株券が急に増えましたね…!


c)ボーマスマーカー(&ボーナスタイル)をプレイヤーに戻す

モンバサ-p-1-6-22
▲2人ともボーナストークンを手元に戻して…、

モンバサ-p-1-6-23
星屑は予約していた2枚のボーナスタイルを受け取りました。



わりと長かったアフリカでの活動も、
ついにゴールが見えてきました。

星屑しーぷも、次の最終ラウンドへ向けて、
万全の準備を整えてきたはずです…!

もはや、手札を温存しておく必要も、
ボーナスタイルを予約する必要も、
まったくありませんので…、

最後は出し惜しみのない、
気持ちの良いプレイングを心がけてまいりましょう!


次回に続きます!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(7/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/22 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(5/8)

ルール説明(別窓で開きます)

初回:プレイ記その1(0/8)

前回:プレイ記その1(4/8)
今回:プレイ記その1(5/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(6/8)


★第5ラウンド


しーぷダイヤとか帳簿とかとかあるけど、」
しーぷ「どれかに特化していった方がいいのかな?」

星屑「うーん、俺も2プレイ目やけん、まだ分からんっちゃけど、」
星屑高得点の人は、ダイヤも帳簿もかなり伸びてたみたいなんよ」

しーぷ「でも、それって難しくない…?」

星屑「やけんさ、最初は、」
星屑「自分が伸ばしやすいのを伸ばしてみるのがいいと思うっちゃん」

星屑「例えば俺は、帳簿を伸ばすのは面倒な印象があって、」
星屑ダイヤを伸ばすのは楽っていうかシンプルな感じに思うけん、」
星屑「ダイヤを優先して伸ばしていっちょるし」

しーぷ「自分が伸ばしやすいの、ね…」

星屑「その方が、すいすいとプレイできそうやしね」

星屑「で、自分の得意分野ができてきたら、」
星屑「次にプレイするときは、」
星屑「他の分野にもトライしてみたらいいっちゃないかな?」

しーぷ「…そうだね、それでいってみようかな」



1.計画フェイズ

モンバサ-p-1-5-01
▲このラウンドから星屑は、
アクションエリア4枚のカードを配置できるようになりました!

モンバサ-p-1-5-02
▲その内訳は「拠点拡大カード」3枚と「1コーヒー」。
▲予定通り、ここで拠点拡大に乗り出していきます!

モンバサ-p-1-5-03
しーぷは「1拠点拡大」「2バナナ」「2コットン」で、
▲2人の狙いがハッキリと分かれた感じでした。



2.アクションフェイズ

☆星屑1アクション目

星屑は、1つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-5-04
▲「MAXコーヒー」のアクションをプレイ。

星屑のアクションエリアには、
たったの「1コーヒー」しかありませんが…、
それでもMAXはMAXですのでボーナスを受け取れます!

これは美味しい…!( ̄▽ ̄*)

モンバサ-p-1-5-05
星屑カイロ会社記録トラック2マス前進させました。



☆星屑2アクション目

星屑は、2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-5-06
▲「MAX拠点拡大」のアクションをプレイ。

アクションエリア5拠点拡大ポイントと、

モンバサ-p-1-5-07
ボーナスタイル2拠点拡大ポイントを合わせ、

合計7拠点拡大ポイントとして、
6+」のボーナスを受け取ります!

モンバサ-p-1-5-08
星屑モンバサ会社記録トラック4マス前進させて、
1コインを獲得しました。

さて、この前進によって……

モンバサ-p-1-5-09
星屑特別スペースにたどり着き、
1コインを得てから…、

永続効果として、
拠点拡大ポイント+1」が付与されました!

今後、拠点拡大ポイントをカウントする際には、
その合計値に「+1」される強力な効果です!

ただし、最低でも1拠点拡大ポイントがなければ、
この効果は発動しません。
(0には+1されないということです)



☆星屑3アクション目

星屑は、3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-5-10
▲「第1プレイヤー」のアクションをプレイ。

1帳簿管理ポイントの使い道ですが…、

モンバサ-p-1-5-11
オマケの1コインがある3冊の中で迷った末…、

モンバサ-p-1-5-12
▲要求が「3コットン」の帳簿タイルを獲得し、
▲帳簿管理トラックに配置しました。

これで、インク壺マーカーを右端まで進められそうです…!



☆星屑4アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-5-13
▲「産物カード」のアクションをプレイし、
会社記録トラックを進めます。

やっぱり、たった「」ではカードが買えんですからね…( ̄▽ ̄;)

モンバサ-p-1-5-14
▲サン=ルイを1マス前進。

それにしても、この「1コーヒー」のカードは、
MAXコーヒー」で2マス進めてくれて、
このアクションでも1マス進めてくれて、
本当に良い仕事をしてくれました…!( ̄▽ ̄*)



☆星屑5アクション目

星屑は、ボーナスタイルを使って、

モンバサ-p-1-5-15
▲「ダイヤモンド商人」のアクションをプレイ。

他にダイヤモンド商人がいないので…、

モンバサ-p-1-5-16
ダイヤモンドマーカー2マスだけ進めました。
▲ここから先のマスは、進めるほどにコスパが良くなっていきます…!



☆星屑6アクション目

星屑は、
アクションエリアのカードボーナスタイルを使って、

モンバサ-p-1-5-17
▲「拠点拡大カード」のアクションをプレイ!

これに加えて、さきほどの2アクション目で、
モンバサ会社記録トラックを進めて、特別スペースに到達したので、
さらに拠点拡大ポイント「+1」となって…、

その合計は8拠点拡大ポイントになりました!

ここでおさらいですが……

貿易拠点を配置できる場所は、
その色の本拠地orコマに隣接する領域でなければならず、

1本線を越えるのに1拠点拡大ポイント
2本線を越えるのに2拠点拡大ポイント
他色のコマがある領域は追加で1拡大ポイント
それぞれ必要となります。

モンバサ-p-1-5-18
▲前に配置した2コマに隣接するカタチで、
上から下へ向かって拡大していきます。

1本線を越えた先の領域に配置して(残7P)、
1本線を越えた先の領域に配置して(残6P)、
2本線を越えた先の他色のコマがある領域に配置して(残3P)、
1本線を越えた先の他色のコマがある領域に配置して(残1P)……

これ以上は配置できませんので(2本線しか残っていない)、
残った1ポイントは無駄になってしまいました…( ̄▽ ̄;)

とはいえ、

モンバサ-p-1-5-19
▲報酬として、
ダイヤモンド2マス前進、
モンバサ1マス前進、
2帳簿管理ポイントを獲得!!!

モンバサ-p-1-5-20
星屑は、ダイヤモンドマーカーを進めて、

モンバサ-p-1-5-21
モンバサ会社記録トラックを進めて、

モンバサ-p-1-5-22
Aランクの帳簿2冊を獲得&配置しました。

最後に……

モンバサ-p-1-5-23
モンバサのコマを配置した場所にあった、
ケープタウンのコマを戻します。

この時点までは、
ケープタウンの株価は「」となっていましたが…、

モンバサ-p-1-5-24
コマが戻されてしまったことにより、
ケープタウンの株価は「」に下落しました…!


星屑「喰らえロンガーども!」
星屑「これが必殺のナイアガラだあああああ!!!!!」

しーぷ「ちょっと何言ってるのか分からない…( ̄▽ ̄;)」


ちなみに…、

モンバサ-p-1-5-25
金貨2枚のマスへは、コマを戻すことができません。
▲つまり、このモンバサの株価は、
▲どんなに下がっても「」で止まるということです。

自分が株を集めている勅許会社で、貿易拠点の拡大をする場合、
この金貨2枚マスを意識するのがポイントになりそうですね!



☆アクション終了

モンバサ-p-1-5-26
▲次のラウンドで、インク壺マーカーを進めたいですので、
▲ここは「帳簿管理カード」がある山を回収しておきましょう。

モンバサ-p-1-5-27
アクションエリア4枠になりましたので、
休止カード枠4枠になります。



3.次ラウンド準備フェイズ

a)ラウンド記録トラックからコインを帳簿タイル公開エリアに移す

モンバサ-p-1-5-28
▲次は第6ラウンドです。


b)カード公開エリアの補充

モンバサ-p-1-5-29
▲補充した結果、このようになりました。
株券が多くなってきましたね。


c)ボーマスマーカー(&ボーナスタイル)をプレイヤーに戻す

モンバサ-p-1-5-30
▲2人ともボーナストークンを手元に戻します。

モンバサ-p-1-5-31
▲このラウンド、星屑は、
▲1枚もボーナスタイルを予約していませんでした。



本当はこのラウンドで、
インク壺マーカーを進めておきたかったですが、
帳簿管理カード産物カードも足りないし、
ちょっと難しかったですね…。

でもでも、次のラウンドでは進められそうですので、
しっかりとアクションエリア5枠に広げておいて…、
ラスト・ラウンドを迎えましょう!


次回に続きます!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(6/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/21 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(4/8)

ルール説明(別窓で開きます)

初回:プレイ記その1(0/8)

前回:プレイ記その1(3/8)
今回:プレイ記その1(4/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(5/8)


★第4ラウンド


しーぷ「このラウンドが折り返し地点だね」

しーぷ「あと半分で、ダイヤとかインク壺とか、」
しーぷ「進められる気がぜんぜんしない…」

星屑「そうやね、」

星屑「ダイヤを進めるには、」
星屑ダイヤモンド商人カードをたくさん集めるとか、」
星屑報酬がダイヤの場所に貿易拠点を置くとかしかないし、」

星屑「インク壺を進めるためには、」
星屑「まず帳簿タイルを並べないかんけど、」
星屑「そのための帳簿管理ポイントを獲得する方法は限られてるし、」

星屑「わりと狙いは絞りやすい感じだから、」
星屑「その辺をしっかり狙っていってみると良いと思うよ」

しーぷ「狙い球を絞っていく感じね、」
しーぷ「やってみる…!」



1.計画フェイズ

さらにダイヤと帳簿を伸ばしていきたい星屑ですが、
このラウンドはダイヤの方に特化していくことにします。

モンバサ-p-1-4-01
星屑のアクションエリアは、
▲「ダイヤモンド商人」2枚と「1コットン」。

モンバサ-p-1-4-02
しーぷのアクションエリアは、
▲「ダイヤモンド商人」と「2拠点拡大」と「2コーヒー」でした。



2.アクションフェイズ

☆星屑1アクション目

星屑は、1つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-4-03
▲「拠点拡大」のボーナスタイルを予約。

しばらく疎かになっていましたが、
そろそろ貿易拠点も広げていくことにしましょう。



☆星屑2アクション目

星屑は、2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-4-04
▲「ダイヤモンド商人」のボーナスタイルも予約しました。

それにしても、
このタイルの2ダイヤ+ボーナスは本当に大きいですね!



☆星屑3アクション目

星屑は、3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-4-05
▲「第1プレイヤー」のアクションをプレイ。

第1プレイヤートークンを確保しつつ、
帳簿管理ポイントで、帳簿タイルを狙っていきます。

さて、1帳簿ポイントで獲得できるのは、
AランクBランクの帳簿タイル1枚ですが…、

モンバサ-p-1-4-06
▲現在の星屑帳簿管理トラックで、
インク壺マーカーの2マス先は、
Aランクの帳簿タイルが置けないマスになっています。


星屑「(まずは、ここを埋めてしまっておこうかな…)」


モンバサ-p-1-4-07
星屑帳簿タイル公開エリアから、
Bランクの帳簿タイルを獲得して、
Aランクの帳簿タイルが置けないマスに配置しました。

この後、間の空きマスにも帳簿タイルを配置して、
インク壺マーカーを下段の右端まで進めることができれば…、
強力な特典を受けることができます…!( ̄▽ ̄*)



☆星屑4アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-4-08
▲「産物カード」のアクションをプレイし、
会社記録トラックを進めます。

カードを購入するには、コストに届かなすぎて…( ̄▽ ̄;)

モンバサ-p-1-4-09
▲「1コットン」を使って、
星屑はサン=ルイを1マス前進させました。



☆星屑5アクション目

星屑は、ボーナスタイルを使って、

モンバサ-p-1-4-10
▲「ダイヤモンド商人」のアクションをプレイ。

無条件でダイヤを2マス進めた後、
他のダイヤモンド商人1人につき1マス進めることができます。

モンバサ-p-1-4-11
星屑のアクションエリアには、
2人のダイヤモンド商人がいますので、
▲追加で2マス進めて…合計4マス前進!!!!

モンバサ-p-1-4-12
星屑ダイヤモンドマーカーは、左下スミへ。

さて、この前進によって…、

モンバサ-p-1-4-13
星屑は、ひときわキラキラと輝いているマスを通過!

ダイヤモンドマーカーがこのマスに到達すると、

アクションエリアに配置できるカードが1枚増えます!

強力な特典というのはコレのことで、
カヴェルナ」でいうと、家族が1人増えるような感じですね。

帳簿タイルの方にも同じようなマスがあり、
そちらでもアクションエリアに配置できるカードを1枚増やせます!



☆星屑6アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-4-14
▲さらに「ダイヤモンド商人」のアクションをプレイします!!

ダイヤ2マス前進1コイン獲得!
カイロの勅許会社は現在、鉱山を保有していませんので、
追加のダイヤモンドマーカー前進はありません。



☆星屑7アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-4-15
▲さらにさらに「ダイヤモンド商人」のアクションをプレイします!!!

モンバサ-p-1-4-16
▲ダイヤ1マス前進2コイン獲得で…、

このラウンド、星屑ダイヤモンドマーカーを、
一気に7マス進めることができました!( ̄▽ ̄*)



☆アクション終了

モンバサ-p-1-4-17
右側の休止カード枠に、だいぶカードがたまっていましたね。
▲これをまとめて回収してから…、

モンバサ-p-1-4-18
アクションエリアのカードをスライドさせます。



3.次ラウンド準備フェイズ

a)ラウンド記録トラックからコインを帳簿タイル公開エリアに移す

モンバサ-p-1-4-19
▲次は第5ラウンドになります。


b)カード公開エリアの補充

モンバサ-p-1-4-20
▲補充した結果、このようになりました。
ダイヤモンド商人カードがお安いですね。


c)ボーマスマーカー(&ボーナスタイル)をプレイヤーに戻す

モンバサ-p-1-4-21
▲2人ともボーナストークンを手元に戻してから…、

モンバサ-p-1-4-22
星屑は、予約していた2枚のボーナスタイルを受け取ります。



ダイヤモンドマーカーが進んだお陰で、星屑は次のラウンドから、
4枚のアクションカードを並べることができるようになりました!

これで勢いをつけて…、

次の目標は、インク壺マーカーをあと2マス進め、
並べられるアクションカードを最大の5枚にすることです!

終盤戦に向かって、しっかりと地盤を固めてまいりましょう…!


次回に続きます!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(5/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/20 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(3/8)

ルール説明(別窓で開きます)

初回:プレイ記その1(0/8)

前回:プレイ記その1(2/8)
今回:プレイ記その1(3/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(4/8)


★第3ラウンド


しーぷ「このゲームって、アクションの順番が大事みたいね」

星屑「そうなんよ!」

星屑カードを使ってしまうアクションと、」
星屑カードを参照するだけのアクション、」
星屑「そして、早いモン勝ちのアクションもあって……」

星屑「アクションの内容を選んだあとは、」
星屑「その組み立てで頭を悩ませないかんっちゃん…( ̄▽ ̄;)」

しーぷ「あー、またこんがらがってきた…!」

星屑「とりあえず、」

星屑「まず早いモン勝ちのアクションを取ってしまって、」
星屑カードを参照するだけのアクションをした後、」
星屑カードを使ってしまうアクションでフィニッシュ…!」

星屑「ってのが良さげじゃないかな?」

しーぷ「うーん、なんとなくイメージはつかめたかも…」



1.計画フェイズ

このラウンドは予定通り、
帳簿管理カード」を軸に組み立てていきたいと思います。

モンバサ-p-1-3-01
▲と、いうわけで、星屑アクションエリアは、
▲「帳簿管理カード」「2コーヒー」「2コットン」の3枚。

モンバサ-p-1-3-02
▲一方のしーぷは「1バナナ」「2バナナ」「3拠点拡大」で、
▲このラウンドは見事に星屑と内わけがバラけました。



2.アクションフェイズ

☆星屑1アクション目

星屑は、1つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-3-03
▲「MAXコットン」のアクションをプレイ。

このラウンドは、星屑しーぷ産物が被りませんでしたので、
お互い、確実に「MAX」をとることができます!

モンバサ-p-1-3-04
▲報酬で、サン=ルイの会社記録トラック2マス前進させました。



☆星屑2アクション目

星屑は、2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-3-05
▲「MAXコーヒー」のアクションをプレイします。

やはり、しーぷコーヒーの産物カードを1枚も出していないので、
チェックするまでもなく星屑がMAXですね。

モンバサ-p-1-3-06
▲報酬で、カイロ会社記録トラック2マス前進させました。

そして、この前進によって…、

モンバサ-p-1-3-07

カイロの「1株」スペースに到達しましたので、
星屑カイロ株1株所有したことになりました!

さらに、「特別スペース」にも到達しましたので、
1コインを獲得し、追加ボーナススペースが開放されます!!

これ以降、星屑は、
ボーナストークンを使ってプレイできるアクションが1つ増え…、

手札1枚を破棄することで、
そのカードのコスト+3コインを銀行から受け取れます。


モンバサ-p-1-3-08
▲色々ありましたが…、
は得点計算のときにしか意味を成しませんし、
新たなアクションもプレイしないことには始まりませんので、
▲ひとまず、ここは1コインを獲得して終了です。



☆星屑3アクション目

星屑は、3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-3-09
▲「ダイヤモンド商人」のボーナスタイルを予約しました。

スキあらば、積極的にダイヤモンドを攻めていきます…!



☆星屑4アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-3-10
▲「帳簿管理カード」のアクションをプレイ。

この「帳簿管理カード」ですが…、

モンバサ-p-1-3-11
3つのアクションを順番にプレイしていきます。

①(帳簿タイルを裏返す)

②インク壺マーカーを前進させる

③帳簿管理ポイントを使う


まず、2コインを銀行に支払うことで、
帳簿タイル1枚を裏返すことができますが、

今回は必要ありませんので、裏返しません。
この場合、2コインの支払いもありません。


続いて、インク壺マーカーを前進させます

インク壺マーカーを前進させると、
上手な帳簿処理を行ったということで、
稼ぎが増えます(=勝利点がアップします)!

ただし、インク壺マーカーを進めるためには、
条件がありまして……

モンバサ-p-1-3-12
▲インク壺の右隣の帳簿トークンの上段にご注目ください。
▲「1コットン」「1コーヒー」という表示があり…、
この両方をアクションエリアに表向きで出していることが条件です。
(ピッタリこの数でなくとも、この数以上あればOKです)

モンバサ-p-1-3-13
星屑アクションエリアには、
▲「2コーヒー」と「2コットン」が表向き(=未使用)で出ています。

「1コットン」と「1コーヒー」のどちらの条件もクリアしていますので…、

モンバサ-p-1-3-14
星屑はインク壺マーカーを、
この帳簿タイルの上へ進めることができます!

そしてインク壺の移動は、これだけでは終わらず…、
条件をクリアし続ける限り、帳簿タイルの上を進み続けられるんです!

モンバサ-p-1-3-15
▲2冊目の帳簿は「2コットン」と「1コーヒー」、
▲3冊目の帳簿は「2コットン」と「2コーヒー」。
▲どちらの帳簿タイルの条件もクリアしています!!

モンバサ-p-1-3-16
星屑は、一気に3冊目の帳簿タイルまで、
▲インク壺マーカーを進めることができました…!


星屑「学生時代、必死に簿記の勉強しててよかった…( ̄▽ ̄*)」

しーぷ「いや、それ関係ないよね…?」


モンバサ-p-1-3-17
▲ここから先は帳簿タイルがありませんので、ストップとなります
最後に止まった帳簿タイルの右下に表示されているのが報酬で、
星屑2コインを獲得しました!


そして最後に、
2帳簿管理ポイントをもらって消費できますが…、

ここでは目ぼしい帳簿タイルがありませんでしたので、
1帳簿ポイント→1コインで換金して、2コインを獲得しておきました。



☆星屑5アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-3-19
▲「産物カード」のアクションをプレイし、
▲カード公開エリアからカードを購入します

コーヒー1枚を使って、コスト2以下のカードを購入しましょう。

モンバサ-p-1-3-20
▲2コスト以下で購入できるカードは限られていますが…、
▲ここは「2バナナ」を選んでおきました。



☆星屑6アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-3-21
▲「産物カード」のアクションをプレイし、
▲今度は会社記録トラックを進めようと思います。

「2コットン」を使って、
会社記録トラック合計2マスまで前進させられます。
(複数の勅許会社に分散しても構いません)

モンバサ-p-1-3-22
星屑モンバサを2マス進めました。

同じ種類の産物をまとめて、数量を多くして、
コストの大きなカードを購入するときは、
スパッと決めることができますが…、

産物の種類がバラバラで、数量が少ないときは、
その使い道で悩んでしまいますね…( ̄▽ ̄;)



☆星屑7アクション目

星屑は、ボーナスタイルを使って、

モンバサ-p-1-3-23
▲「ダイヤモンド商人」のアクションをプレイします。

このダイヤモンド商人は、

まずダイヤモンド記録トラック2マス前進させて、

さらに、アクションエリア他のダイヤモンド商人表で出ていれば
追加でダイヤモンド記録トラックを進めることができます

モンバサ-p-1-3-24
▲しかし残念ながら、他にダイヤモンド商人はいませんので、
星屑ダイヤモンド記録トラック2マス前進させました。



☆アクション終了

モンバサ-p-1-3-25
▲次のラウンドは拠点拡大を目指しますので、
▲星屑は中央の休止カード枠のカードを回収しました。

モンバサ-p-1-3-26
▲その後、アクションエリアのカードをスライドさせます。



3.次ラウンド準備フェイズ

a)ラウンド記録トラックからコインを帳簿タイル公開エリアに移す

モンバサ-p-1-3-27
▲次は第4ラウンドになります。


b)カード公開エリアの補充

モンバサ-p-1-3-28
▲補充した結果、このようになりました。
▲おいしいカードが、だいぶ右側に行っていますね。


c)ボーマスマーカー(&ボーナスタイル)をプレイヤーに戻す

モンバサ-p-1-3-29
▲2人ともボーナストークンを手元に戻してから…、

モンバサ-p-1-3-30
星屑は、
▲予約していた「ダイヤモンド商人」のタイルを受け取ります。



星屑、このラウンドで、
帳簿ダイヤの両トラックを伸ばすことができました!!

両方とも、あともう少しだけ伸ばしきれば、
強力な特典がもらえることになるんですが、
それは果たして…?( ̄▽ ̄ )


次回に続きます!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(4/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/19 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(2/8)

ルール説明(別窓で開きます)

初回:プレイ記その1(0/8)

前回:プレイ記その1(1/8)
今回:プレイ記その1(2/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(3/8)


★第2ラウンド


しーぷ「ちょっとだけ流れがつかめてきたかも」

星屑「おお、マジか!」

星屑「いろんなシステムが混ざってるゲームやけん、」
星屑「一つずつ確認しながら進めていこうね!」



1.計画フェイズ

さて、このラウンドのアクションを考えていくわけですが……


前のラウンドのアクションの終了でプレイした通り、

当ラウンドで配置したアクションカードは、
次のラウンドでは休止カード枠へ流れてしまいます

モンバサ-p-1-1-42

つまり、考えなければならないのは、
このラウンドのアクションだけではなくって…、

次のラウンド以降のアクションのことも念頭に置いて、
手札を調整しておかねばならない
わけです。


といっても、先の先の先…まで考えるのは大変なので、

ひとまず、
次のラウンドの中心に据えるアクションを決めて
その脇を固めるカードを決めて…、

残ったカードの中から、
第2ラウンドのカードを選んでいくことにしました。


星屑は、次の第3ラウンドで、
帳簿管理カード」を中心にプレイしようと考えています。

それに必要な2種類の産物「コットン」「コーヒー」を除いて、

残った手札の中から、最良と思われる組み合わせを導き出し…、

モンバサ-p-1-2-01
アクションエリアに3枚のカードを配置しました!



2.アクションフェイズ

☆星屑1アクション目

ここで、まず、ボーナスタイルを使ってみたいと思います。

モンバサ-p-1-1-38
▲前ラウンドで予約しておいた「産物+1」のボーナスタイルは、
▲当ラウンドの、自分の手番中であればプレイすることができます。

ここで、さっそく「産物+1」を使って…、

モンバサ-p-1-2-02
▲「1バナナ」のカードを+1して、「2バナナ」にしました!

これにより、星屑バナナの合計が「」になったところで…、

モンバサ-p-1-2-03
星屑は1つ目のボーナストークンを使って、
▲「MAXバナナ」のアクションをプレイ!

モンバサ-p-1-2-04
しーぷバナナは「」ですので、
星屑がMAXでした!

モンバサ-p-1-2-05
▲1つ目の報酬で、ケープタウン会社記録トラック3マス前進させ、

モンバサ-p-1-2-06
▲2つ目の報酬で、ダイヤモンド記録トラック1マス前進させます!



☆星屑2アクション目

星屑は、2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-2-07
▲「第1プレイヤー」アクションを行います。

とりあえず第1プレイヤートークンをキープしてから、

モンバサ-p-1-2-08
1帳簿管理ポイントを消費して、帳簿トークンを獲得&配置!

ここで、
星屑3つの帳簿トークンの、
上の列を見てもらいたいんですが……

すべて「コットン」と「コーヒー」の組み合わせで、
その数も「」~「」で合わせています。

帳簿トークンを獲得して配置するときに、
こんな感じで揃えて並べておけば、

あとで何かと楽になりますので、
ぜひ覚えておいてください!( ̄▽ ̄*)



☆星屑3アクション目

星屑は、3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-2-09
▲「ダイヤモンド商人」のボーナスタイル予約しました。

産物+1」のボーナスタイルは1コインで予約できましたが、
それ以外のボーナスタイルの予約には2コインが必要となります。

ボーナスタイルは、他に「拠点拡大」と「帳簿管理」がありますが…、

星屑は特にダイヤモンドの保有に力を入れようと決めていましたので、
ここは「ダイヤモンド商人」を選びました。

これで星屑は、
このラウンドの最後に「ダイヤモンド商人」のタイルを獲得し、
次のラウンドでプレイすることができます



☆星屑4アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って、

モンバサ-p-1-2-10
▲「産物カード」のアクションをプレイし、
カード公開エリアからカードを購入します。

バナナを2枚とも使って、
その数量を「」(「産物+1」込み)としたので、
コスト4以下のカードを購入することができます。

モンバサ-p-1-2-11
ダイヤモンド保有に情熱を燃やす星屑
▲ここで4コストの「ダイヤモンド商人カード」を購入し、
▲手札に入れました!

このタイプのダイヤモンド商人カードには4色あって、
それぞれ、4社の勅許会社に対応しています。

今回、星屑が購入したのはカイロのカード。

このカードには、カイロ株1株内蔵されている上に、
カイロの勅許会社が押さえている鉱山があれば、
追加でダイヤモンドを獲得できるという効果があります!

モンバサ-p-1-2-12
▲使用済みとなったカードは裏返しておきましょう。
▲このとき、「産物+1」のタイルも一緒に裏返します



☆星屑5アクション目

星屑は、アクションエリアのタイルを使って、

モンバサ-p-1-2-13
▲「ダイヤモンド商人カード」のアクションをプレイします。

このダイヤモンド商人カードは、すごくシンプルなタイプで…、

モンバサ-p-1-2-14
ダイヤモンド記録トラック1マス前進させて、
2コインを獲得。

同じ「ダイヤモンド商人カード」でも、
ビミョーに内容が異なっていますので、
獲得する際は注意しておきましょう…!



☆アクション終了

さて、このラウンドも5アクションで止まりましたので、
アクション終了を実行していきたいと思います。

モンバサ-p-1-2-15
星屑は、次のラウンドで必要となる「2コーヒー」を回収してから、

モンバサ-p-1-2-16
アクションエリアのカードをスライドさせます。



3.次ラウンド準備フェイズ

a)ラウンド記録トラックからコインを帳簿タイル公開エリアに移す

モンバサ-p-1-2-17
▲次は第3ラウンドですね。


b)カード公開エリアの補充

モンバサ-p-1-2-18
▲補充した結果、このようになりました。
▲右列の「ダイヤモンド商人カード」がお買い得な感じに…!


c)ボーマスマーカー(&ボーナスタイル)をプレイヤーに戻す

モンバサ-p-1-2-19
▲2人ともボーナストークンを手元に戻してから…、

モンバサ-p-1-2-20
星屑は、
▲予約していた「ダイヤモンド商人」のタイルを受け取ります。



星屑、このラウンドは"つなぎのラウンド"と割り切って、
帳簿管理ダイヤモンド保有準備にあてました。

こうして、しっかりと手札が整ったところで…、
第3ラウンドは大きく動いてまいりましょう!( ̄▽ ̄*)


次回に続きます!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(3/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/18 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(1/8)

ルール説明(別窓で開きます)

前回:プレイ記その1(0/8)
今回:プレイ記その1(1/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/8)


★第1ラウンド

さあ、ゲームの準備も無事に終わって…、

いよいよ私星屑と妻しーぷは、
アフリカの大地に足を踏み入れてまいります!



1.計画フェイズ

まずは、このラウンドにプレイするアクションを決めていきましょう。

自分の手札から、プレイしたいアクションのカードを選んで、
アクションエリアに配置します。

最初は、3枚までしか配置することができませんが、
ダイヤモンドトラックと、帳簿記録トラックの進み具合で、
最大5枚まで配置することができるようになります。


a)アクションエリアにカードを配置する

モンバサ-p-1-1-01
星屑は、手札から「1コーヒー」「2コーヒー」「2拠点拡大」を選び、

モンバサ-p-1-1-02
裏向きアクションエリアに配置しました。

ちなみに、プレイヤーボード上部の、
すでに表になっている3枚のカードは、
開始タイル」によって指定され、
1ラウンド目では使用できなくなっているカードです。
(1つ前の記事14.プレイヤーごとの準備にて配置済み)


b)カードを表にする

全プレイヤーが、アクションエリアへの配置を終えたら、
一斉にアクションエリアのカードを表にします


星屑「もうオープンしても大丈夫かな?」

しーぷ「いつでもいいよ!」

星屑「じゃあ…、」
星屑「いっせーの、せっ!」クルックルックルッ

モンバサ-p-1-1-03
星屑は、この3枚をオープン。

そして……

モンバサ-p-1-1-04
▲奇遇なことに、
しーぷ全く同じ3枚をオープンしていました!


しーぷ「これは、またキレイに被ったね」

星屑「夫婦ってのは、」
星屑「ボドゲのプレイングまで似てくるもんなんかねぇ…( ̄▽ ̄ )」



2.アクションフェイズ

全員のアクションエリアが公開されたら、
各プレイヤーは、時計回りで1アクションずつプレイしていきます。

なお、アクションをプレイするには、

・アクションエリアのカードを使う(=裏向きにする)

・ボーナスマーカーを使う(=ボード上に配置する)


…の、どちらかをする必要があります。


☆星屑1アクション目

まず星屑は、1つ目のボーナスマーカーを使って…、

モンバサ-p-1-1-06
▲「MAXコーヒー」のアクションをプレイすることにしました。

このボーナススペースの見方ですが、

左の丸枠が、ボーナスマーカーを置く場所であり、
置くための条件でもあります。

一方、右の表は、
条件をクリアした際に獲得できる報酬ですね。

今回の条件となっている"MAXコーヒー"ですが、これは、
自身のアクションエリアに、表向きで出ているコーヒーの数量が、
全プレイヤーの中で最多(同数可)であること
…です。

モンバサ-p-1-1-05
▲現在、星屑のアクションエリアには3コーヒーが出ていて、

モンバサ-p-1-1-50
しーぷ3コーヒーですので、同数となりました。

この場合は、最多タイということで、
条件をクリアしたことになります

報酬を見てみると、
3コーヒー以上で条件をクリアした場合は…、

モンバサ-p-1-1-08
カイロ会社記録トラック3マス前進でした。
▲これで、星屑カイロの勅許会社に少し肩入れしたことになります。


星屑「ところでさ、」

しーぷ「うん?」

星屑「"MAXコーヒー"っていうと、アレを思い出すよね?」

しーぷアレって、えっと…、」
しーぷよく関東で見かけるアレのこと?」

星屑「そう!」
星屑「よく関東で見かける……」

モンバサ-p-1-1-07

星屑マックスコーヒー!」デデーン

しーぷ「え、なんで星屑iPadに」
しーぷ「マックスコーヒーの写真が入ってるの…?」

しーぷ「この辺じゃ見かけないよね、これ」

星屑「うん、千葉県在住の友人に頼んで、」
星屑「仕事帰りにスーパーで買って撮って送ってもらった!」

しーぷ「な、なんて付き合いの良い友人さんなの…!」



☆星屑2アクション目

星屑1アクション目が終わり、
しーぷ1アクション目が終わって…、

星屑2アクション目となります。

今度は星屑アクションエリアのカードを使うことにしました。

モンバサ-p-1-1-09
▲「産物カード」のアクションで、新たなカードを購入します。

産物カードは、1アクションで1種類の使用となりますが、
同じ種類の産物であれば何枚でも使うことができます

星屑は、コーヒーを同時に2枚使用して、その数量を「」とし、
コスト3以下のカードを購入することにしました。

モンバサ-p-1-1-10
星屑が目をつけたのは「ダイヤモンド商人カード」。
▲コストは「」ですので、ジャストです!

モンバサ-p-1-1-11
▲購入したカードは、そのまま自身の手札に入れて…、
▲次のラウンドから、さっそく使えるようになります。

なお、1アクションでのカード購入は1枚までです。

もし、カードコストよりも産物の数量の方が多かった場合、
会社記録トラックを進めることで、差額を消化することになります。

モンバサ-p-1-1-12
▲最後に、使用済みのカード裏向きにしておきます。

☆1アクション目の「MAXコーヒー」のアクションのときは、
あくまでコーヒーの数を参照しただけでしたので、
裏向きにする必要はありませんでした。



☆星屑3アクション目

しーぷが2アクション目をプレイし、
星屑3アクション目となりました。

星屑は2つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-1-13
▲「第1プレイヤー」のアクションを行います。

このアクションの条件は、
第1プレイヤーの1アクション目でないこと

現在、星屑第1プレイヤーではありますが、
これが3アクション目ですので、条件をクリアしています。

報酬は、
第1プレイヤートークンと、1帳簿管理ポイントです。

モンバサ-p-1-1-14
▲まず、星屑は次のラウンドでの第1プレイヤーを確定させて、

さらに、1帳簿管理ポイントを使います。

帳簿管理ポイントを使うことで、帳簿トークンを獲得し、
自身の帳簿記録トラックに配置することができ…、

これが帳簿による勝利点につながっていくわけです…!

モンバサ-p-1-1-15
▲帳簿タイル公開エリア左4列が、
1帳簿管理ポイントで得られる帳簿タイルですので…、

モンバサ-p-1-1-16
▲その中の1枚を獲得して、自分の帳簿記録トラックに配置します。

配置する場所はどこでもOKですが、
前から順番に並べた方が、インク壺マーカーを進めやすいですので、
星屑は2番目の場所に配置しておきました。

モンバサ-p-1-1-17
▲こうして、帳簿タイルを獲得したことにより、
帳簿タイル公開エリア空きができたらば…、

モンバサ-p-1-1-18
帳簿タイルの山から、
同じランク(A~C)の帳簿タイルを取って、

モンバサ-p-1-1-19
補充しておきます。



☆星屑4アクション目

星屑は、アクションエリアのカードを使って…、

モンバサ-p-1-1-20
▲「拠点拡大カード」のアクションをプレイしました。

このアクションでは、
4社ある勅許会社から1社を選んで、
その会社の拠点を、アフリカ内で拡大させることができます。

なお、今回は2拡大ポイントあります。

モンバサ-p-1-1-21
星屑が選んだのはモンバサ
▲このゲームのタイトルにもなっている都市の勅許会社です。

このモンバサに""で隣接する領域のうち、
まずは1ヵ所を選びます。

モンバサ-p-1-1-22
星屑は、モンバサ左下の領域を選択しました。
▲この領域との境は"1本線"ですので、1拡大ポイントを消費。
▲拡大先の領域に、モンバサ貿易拠点コマを配置します。

これで、モンバサの拠点を拡大することができました…!

さらに、もう1拡大ポイントが残っていますので、
続けて拠点を拡大することができます!

今度は、モンバサに隣接する領域か、
モンバサ貿易拠点コマがある領域に隣接する領域か、
どちらでも選ぶことができます。

モンバサ-p-1-1-23
星屑は、配置したばかりの貿易拠点コマ左上の領域を選択して、
▲その境には"1本線"がありますので、やはり1拡大ポイントを消費。
モンバサ貿易拠点コマを置きました。

ちなみに、"2本線"を越える場合は2拡大ポイントが必要となります。

また、選択した領域に、すでに他の会社の貿易拠点コマがある場合は、
さらに追加で1拡大ポイントが必要となります。

…さて、これで星屑は拡大ポイントを使い果たしました。

モンバサ-p-1-1-24
▲貿易拠点コマを置いたことで、モンバサ株価が「」に上昇!
モンバサの株があれば、1株1勝利点となります。

それでは、この拠点拡大による報酬を受け取りましょう!

モンバサ-p-1-1-25
▲今回の報酬は、1ダイヤモンド2コインです。

モンバサ-p-1-1-26
ダイヤモンド記録トラック1マス進めて、
2コインをゲット!!

モンバサ-p-1-1-27
▲最後に、今回のアクションで配置した貿易拠点コマを…、

モンバサ-p-1-1-28
タテからヨコに倒しておきます。
▲こうすることで、すでに配置済みのコマだったのか、
▲それとも置いたばかりのコマなのかを判別できるわけです。

モンバサ-p-1-1-29
▲使ったカードも、忘れずに裏返しておきましょう。



☆星屑5アクション目

星屑は、ラスト3つ目のボーナストークンを使って、

モンバサ-p-1-1-30
▲「産品+1」のボーナスタイル予約しました。

条件として、1コインを銀行へ支払わなければなりません。

産品+1」を予約したことで、
次のラウンドに、産品カード1枚の数量を+1することができます!



☆アクション終了

アクションエリアのカードがすべて裏返り
3つあったボーナストークン使い切りましたので、
もはや星屑には何もできなくなりました。

星屑は「アクション終了」を実行することになります。


・休止カード配置枠のひとつに積まれているカードすべてを手札に加える

モンバサ-p-1-1-39
▲現在、3枠ある休止カード枠のうち、
どれか1枠のカードをすべて手札に加えます

モンバサ-p-1-1-40
星屑は、左の枠のカードを手札に回収しました。


・アクションカードを表に返して対応する休止カード枠に移す

モンバサ-p-1-1-41
アクションエリアのカード表向きにして、

モンバサ-p-1-1-42
▲そのまま休止カード枠スライドさせます

これで、星屑は全てのアクションを終えました。



3.次ラウンド準備フェイズ

次のラウンドへ向けて、3つの準備をしていきます。


a)ラウンド記録トラックからコインを帳簿タイル公開エリアに移す

モンバサ-p-1-1-31
横並びのコインのうち、いちばん左のコインを…、

モンバサ-p-1-1-32
▲下の丸枠へ移動させます。

これで、次が2ラウンド目だということが表示されました。

また、コインの移動先の帳簿タイルを獲得すると、
オマケで1コインが付いてきて、お得になります!


b)カード公開エリアの補充

モンバサ-p-1-1-34
▲まず、右列のカードは全て捨て札にします。

モンバサ-p-1-1-33
▲その後、全てのカード右詰めにしてから…、

モンバサ-p-1-1-35
中列の上から下左列の上から下…という順番で、
▲山札からカードを補充します。

モンバサ-p-1-1-36
▲これでカードの補充が完了しました!


c)ボーマスマーカー(&ボーナスタイル)をプレイヤーに戻す

モンバサ-p-1-1-37
▲ボード上にある、ボーナスマーカーを各プレイヤーにもどします。

モンバサ-p-1-1-38
▲「産物+1」のボーナスタイルを予約していた星屑は、
▲そちらも手元に持って来ました。



これで、やっとこさ7分の1が終了…!

なんか、もうすでに少し疲れが出てきましたが、
アフリカ開拓は、まだまだ始まったばかりです。( ̄▽ ̄ )


次回に続きます!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/17 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|
ボードゲーム
「モンバサ」




☆プレイ記その1(0/8)

今回:プレイ記その1(0/8)←いまココ
次回:プレイ記その1(1/8)


大分県宇佐市で「モンバサ」!

今回は、勅許会社の時代の貿易競争ゲーム「モンバサ」を、
星屑と妻しーぷの2人でプレイしてまいります!

4つの勅許会社に肩入れして、
アフリカ大陸の各地に貿易拠点を展開し、
株を入手し、株を操作し…、

ダイヤモンド資源を保有して、
帳簿処理もきっちりと行って…、

最後にいちばんカネを稼げたプレイヤーは、
はたして、どちらになるのでしょうか…?



★ゲームの準備

まずは、ゲームの準備をしていきます。

わりとやることが多いですので、
一つ一つ、しっかりとチェックしてきましょう!



1.ゲームボードの設置

2.会社ボードの設置

モンバサ-p-1-0-01
▲まず、中央にゲームボードを設置して、
▲その4辺を囲むように、会社ボードを設置します。

会社ボードには「A1」~「D1」のIDがありますので…、

A1モンバサの辺
B1ケープタウンの辺
C1:サン=ルイの辺
D1カイロの辺

以上のように設置しましょう。




3.貿易拠点コマの配置

お家のカタチの貿易拠点コマを配置していきます。

モンバサ-p-1-0-02
▲各勅許会社のスペースに、同じ色の貿易拠点コマを、

モンバサ-p-1-0-03
15個ずつ並べます。

モンバサ-p-1-0-04
▲4社とも並べると…こんな感じになります!



4.アクションカードの準備(1)

プレイヤーが購入することとなる、
アクションカードの山札をつくっていきます。

モンバサ-p-1-0-05
▲44枚のアクションカード右上隅には、
▲「」~「」のアルファベットがありますので…、

モンバサ-p-1-0-06
アルファベットごとに山をつくって、それぞれシャッフルします。

モンバサ-p-1-0-07
▲その後、「」の山の上に「」の山…という並びで重ねていって、
アクションカードの山札をつくりましょう。

その隣に、捨て山もつくっておくとグッドです!



5.アクションカードの準備(2)

つくったばかりのアクションカードの山札の上から
カードをカード公開エリアに並べていきます。

モンバサ-p-1-0-08
▲まず、右列の上段に配置して、

モンバサ-p-1-0-09
上から順に右列を埋めていきます。

モンバサ-p-1-0-10
▲続いて、中列も上から埋めていき…、

モンバサ-p-1-0-11
▲最後に左列を上から埋めたら完了となります!



6.コインの準備(銀行)

モンバサ-p-1-0-12
▲2種類のコインをまとめて、これを銀行とします。



7.コインの準備(ラウンド記録トラック)

ラウンド記録トラックに、コインを配置していきます。

モンバサ-p-1-0-13
ラウンド記録トラックの、「」~「」の上に…、

モンバサ-p-1-0-14
コイン置いていきましょう。

置くコインの枚数ですが、

2人ゲーム:各ラウンド1ポンドずつ
3人ゲーム:(偶数/奇数)ラウンド(2/1)ポンドずつ
4人ゲーム:各ラウンド2ポンドずつ

と、なります。




8.帳簿タイルの準備

帳簿タイルを種類分けしてから、
帳簿タイル公開エリアに配置していきます。

モンバサ-p-1-0-15
▲まず、帳簿タイルランクごとに分けます。
▲このとき、すべて裏向きにしておきましょう。

モンバサ-p-1-0-16
▲続いて、帳簿タイル公開エリアに…、

モンバサ-p-1-0-17
帳簿タイル表向きで配置していきます。
▲このとき、帳簿タイルのランクに気をつけましょう。



9.ボーナスタイルの準備

モンバサ-r-1-42
▲4枚のボーナスタイルを、ボードの脇に置いておきます。



10.プレイヤーごとの準備(受け取り)

モンバサ-p-1-0-18
▲各プレイヤーは、担当する色を決めてから、
以上のものを受け取ります。
(画像、記録マーカーとボーナスマーカーが逆でした!申し訳!)

なお、ボーナスマーカーについては、

2人ゲーム:3個ずつ
3~4人ゲーム:2個ずつ

と、なります。


モンバサ-p-1-0-19
記録マーカーは、4枚ある会社タイルそれぞれの、
▲"最初のマス"に配置します。

モンバサ-p-1-0-20
ダイヤモンドマーカーは、プレイヤーボード上の、
ダイヤモンドのイラストの上に配置します。



11.第1プレイヤーの決定

適当な方法で、
第1プレイヤー(=スタートプレイヤー)を決定します。

モンバサ-p-1-0-21
▲今回は私星屑第1プレイヤーとなり、
第1プレイヤートークンを受け取りました。



12.拠点拡大[1点]カードの分配

モンバサ-p-1-0-22
1点の拠点拡大カードを、1人1枚ずつ受け取ります。

カードの右上隅に「」~「」の数字があり、

第1プレイヤー:右上隅に""のマークがあるカード
第2プレイヤー:右上隅に""のマークがあるカード
(以下同様)

を、それぞれ受け取ります。


モンバサ-p-1-0-23
▲さきほど受け取った初期アクションカードと合わせて、
▲これで初期手札合計10枚となりました。



13.開始タイルの分配

開始タイルを受け取ります。

モンバサ-p-1-0-24
プレイヤーの番手ごとに、受け取るタイルは決まっています。

モンバサ-p-1-0-25
▲受け取った開始タイルは、プレイヤーボードの中央下段に配置します。



14.プレイヤーごとの準備(配置)

さて、開始タイルには4つの項目があって……

モンバサ-p-1-0-26

①特定の開始アクションを示すアイコン3個
モンバサ-p-1-0-28
アイコンで指定された3枚のカードを、手札から抜いて、
▲プレイヤーボード上部の休止カード枠表向きで配置します。


②開始時に所有しているとみなす帳簿タイル
→これが、プレイヤーにとって1枚目の帳簿タイルとなります。


③開始時ボーナス
モンバサ-p-1-0-29
▲指定されたボーナスを受け取ります。
▲今回の場合、モンバサ会社記録トラックを3マス進めます。


④インク壺アイコン
モンバサ-p-1-0-27
▲この場所に、インク壺マーカーを配置します。



モンバサ-p-1-0-30
▲はい、これでゲームの準備が全て完了しました…!


次回から、いよいよゲームスタートとなります!



「モンバサ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(1/8)
ルール説明
開封

ボードゲーム





記事を閉じる▲

【2016/09/16 00:01】 | プレイ記 【タグ】 モンバサ  
|