FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
麻雀拡張-p-1-a-01

☆プレイ記その1(2/2)

前回:プレイ記その1(1/2)
今回:プレイ記その1(2/2)←いまココ
次回:


引き続き、「麻雀拡張カード」を使っての麻雀です。
南入からの波乱の展開をご覧ください…!



☆南一局 親:もっち ドラ:1s

麻雀拡張-p-1-b-01
▲「つまみ食い

牌を山から順番にツモるのではなく、
好きなところから適当にツモってよい。

(ワン牌からは取れない。)



「イラストの牌が、なんか寿司みたいですね」

「(ピンク牌、かわいい…!)」


麻雀拡張-p-1-b-02
▲さて、この局に限って、どこからでもツモることができます


「でもさ、これって、」
確率が変動するわけではないよね」

「まぁ、どこからツモっても期待値は同じだからね」

「なんというか、」
自分の運命力が試される感じでしょうか…?」


麻雀拡張-p-1-b-03
▲カードのイラスト通り、歯抜けになっていく山…( ̄▽ ̄;)

そんな中……


Fさんリーチ!


麻雀拡張-p-1-b-04
Fさんがリーチをかけます!

そして、次巡……


「これで一発ツモだったらかっこいい

Fさん自分の運命力を信じますよ…!
Fさんこれだッ!


しかし、これは残念ながらハズレ……

でしたが、リーチから2巡後、


Fさん今度こそ…!

Fさんよし、ツモ!!

「「おー!」」


麻雀拡張-p-1-b-05
Fさん、見事な運命力でツモりました!
リーチツモドラ1

そういえば、この「つまみ食い」の効果にこそ、
いちばん自動卓が活きた気がしました



☆南二局 親:ミッツ ドラ:8p

麻雀拡張-p-1-b-06
▲「初心者の勘違い

この局、数牌の1と9はつながっているものとしてメンツを作ることができる。

(例:912、891。したがって、89というターツはリャンメン待ち。フリテンに注意!)



ペンチャン待ちが、ないってことか…」

「そういうことになりますね」

全部の数牌が同じ条件なのか…!」

「いわゆる"壁"なんかが、機能しませんねぇ」


麻雀拡張-p-1-b-07
ドラ8pは、普通だったらビミョーなトコですが、
▲このルールの場合、ぜんぜんアリな感じに!


平和がやりやすくなるね」

「てことは、19牌が簡単に出てこなくなるのか」

「といっても、タンヤオはタンヤオだから…」


なんて会話をしていると……


もっちリーチ!


麻雀拡張-p-1-b-08
もっちさんがリーチ
▲リーチ牌は喰われて、一発を消されましたが…、
もっちさん、912pの順子を利用し、
36s待ちの気持ち良い先制攻撃です!

麻雀拡張-p-1-b-09
▲そのもっちさんを、Fさんが追っかけます!
▲こちらは82mのリャンメン待ち…!
▲なにこれ"パーリャンワン"って読めばいいのかな?

麻雀拡張-p-1-b-10
▲結果、もっちさんが山うにさんからロンあがり!
▲裏ドラは乗らず、リーチのみ。

平和だけではなく、一盃口もアツいルールでしたね。
数牌を活かす系は、いろいろと幅が広がって楽しそうです!



☆南三局 親:山うに ドラ:中

麻雀拡張-p-1-b-11
▲「沈黙

ポンもチーもカンもリーチも一切できない。

場に3000点支払えば、
一人1回だけポン、チー、カン、リーチをしてもよい。



デフレ系か…!」

リーチをかけるのに、
「リー棒と3000点で…、合計4000点!」

「かといって、」
鳴いて3000点を上回るのも簡単じゃないし…」

打点を上げる技術が問われる局になりそう…!」


麻雀拡張-p-1-b-12
▲案の定というか、最初から役牌が安い展開に。


「ところでさ、」

「うん?」

そのパイの実はチーできるの?

麻雀拡張-p-1-b-13

このパイの実は、俺が食べるからチーできない…!

そ、そうなのか…


冗談も交えつつ、あっという間に終盤に近づいたところで……


麻雀拡張-p-1-b-14
▲親の山うにさんがリーチをかけます!

麻雀拡張-p-1-b-15
4000点は安くないですが……


山うに供託だから、アガりさえすれば返ってくる…!


麻雀拡張-p-1-b-16
▲そして、強気の宣言どおり、ツモあがり!
リーチツモ一盃口
▲無事に、4000点は返却されました…!



☆南三局1本場 親:山うに ドラ:3m

麻雀拡張-p-1-b-17
▲「リサイクル

配牌が配られた後、手牌から6牌を選び、自分の下家に渡す。

(上家から6牌を受け取るので、手牌の総数は変わらない)



「これ、大富豪大貧民っぽいですね」

「ああ、確かに…!」


麻雀拡張-p-1-b-18
山うにさんは、ヤオチュー牌を中心に6牌を選び、
▲下家のFさんへ渡すことにしたようです。

麻雀拡張-p-1-b-19
▲そのFさんは、あえてヤオチュー牌を残して
中張牌ばかりを下家のもっちさんへ。

麻雀拡張-p-1-b-20
▲全員が、下家に渡す6牌を決めたら…、
一斉に受け渡しを行います!

麻雀拡張-p-1-b-21
Fさんは狙い通り、
▲まるで積み込んだかのような、大量のヤオチュー牌をゲット!

上家から、
ヤオチュー牌が流れてくるか
中張牌が流れてくるか
それとも、バラバラだったりするのか…。

これは、ひとつの駆け引きですね!

なお、結果は……

麻雀拡張-p-1-b-22
▲親の山うにさんがもっちさんからロンあがり!
タンヤオのみで連チャンです!
▲自身が6牌を流した相手のFさんを、しっかりと止めました…!

麻雀拡張-p-1-b-23
▲一方のFさんは、いまいちスピードが乗らず…、
▲最後まで思惑通り、とはなりませんでした。



☆南三局2本場 親:山うに ドラ:2s

麻雀拡張-p-1-b-24
▲「ベルトコンベア

3順目まで、鳴いたりリーチしたりできない。

親に4順目が回ってきた時のツモの前に、
全員手牌13牌全部を自分の上家に渡す。

(つまり自分の下家の手牌が自分のものとなる)

4順目以降は、通常通りプレイする。



「つまり、これは…、」
3巡の間で、どこまで配牌をぶち壊して、
上家にぶん投げられるかって話だね」

「とはいえ、捨てた牌は自分のフリテン候補になるから…」

「そっか、簡単に中張牌は捨てられないか…」


麻雀拡張-p-1-b-25
Fさんは、とりあえず123mの順子を…、

麻雀拡張-p-1-b-26
2m切りで崩します

こんな感じで、みんな思い思いの破壊工作をして…、

麻雀拡張-p-1-b-27
▲3巡目が終了。
▲このタイミングで、時計回りに13牌を回します

麻雀拡張-p-1-b-28
全力で破壊された配牌は、
▲たまったもんじゃありませんね…( ̄▽ ̄;)


自分に来た牌と、渡した相手の捨て牌を見比べると、
破壊の過程が分かっちゃうね…

いやすぎる…!


この局は、さすがにみんな苦しかろう……

と思いきや!


もっちリーチ!


麻雀拡張-p-1-b-29
もっちさんがリーチ!
▲すごいのは、その内容で、
▲驚くことに万子のイッツーが確定してる…!
▲それも、最初に2m7mを捨てられていたにもかかわらず!

麻雀拡張-p-1-b-30
▲これをキッチリとツモあがりして、
リーチツモ平和一気通貫ドラ1
▲な、な、なんと跳満です!!

すごいなもっちさん、どうやったんだ…?

まさか、この局でハネるとは思いませんでした!



☆南四局 親:Fさん ドラ:7m

さてオーラス…!

トップ目のFさんは、なんでもいいのでアガって、
親の和了止を決めてしまいたいところ!

麻雀拡張-p-1-b-31
▲「綻びた山

配牌が配られた後、各自4牌ずつ山牌を表向きにする。
(つまり4人で16牌表向きにする)

ただしワン牌は対象外。
(ドラ表示牌と区別がつかなくなるので)


麻雀拡張-p-1-b-32
▲そんなわけで、16牌がめくられました。

順番は、親から反時計回りで1枚ずつ…とかが妥当かもですね。
そして、めくる牌は上でも下でもOKのようです

今回は、みんながめくった牌が全て上段でした。

よって、鳴きが入らない限り、
Fさんミッツさんの2人が、めくられた上段からツモることになります。


「これ、めくられてる方がいいのか、」
「それとも、めくられてない方がいいのか…」

めくれてたら、」
計算できる有利と、バレバレな不利があるから…」

一長一短って感じなのかな?」


結局、鳴きが入らないまま中盤となり…、

麻雀拡張-p-1-b-33
山うにさんがリーチ!
▲待ち牌は、5mのボシャで…、

麻雀拡張-p-1-b-34
▲このまま鳴きが入らなければ、
▲お目当てのは、トップ目のFさんがツモることに…!

これはFさんに直撃で逆転勝利があるかもしれない、アツい展開!!

麻雀拡張-p-1-b-35
▲そして、そのFさんが追っかけリーチ!
▲待ちは58p

麻雀拡張-p-1-b-36
Fさん的には5巡後8pをツモれる予定っぽいですが、
その2巡前をつかんでしまうと、
山うにさんに振り込んでしまいます…!

Fさんがアガるためには、
をつかむまでの残り2巡で、
自身山うにさんが58pをツモらないといけません!

…なんてことは、当のFさんは知る由もなく。

後ろから見ている星屑はハラハラな展開!!

そして、ついにまで、あと1枚となり……

麻雀拡張-p-1-b-37
▲この直前の牌を、山うにさんがツモって、捨てて…、
▲ああ、Fさん北をつかんでしまうのか……

と、思いきや!


Fさんロン!!


麻雀拡張-p-1-b-38
Fさんをつかんでしまう1歩前で、山うにさんからロンあがり…!
リーチ平和ドラ2!!

麻雀拡張-p-1-b-39
なんということでしょう!
1つ前8pで、それを山うにさんがつかんでしまったのです…!


山うにリーチをかけたときは、
山うに死の宣告! という感じだったんですけどね…

星屑「いやァ、見てるこっちがハラハラしました!」

山うに最後に、良いブログのネタになったんじゃないですか?(笑)」

星屑「はい! 本当にドラマチックなクライマックスでした…!」



☆結果

優勝:Fさん(35.7)
2位:もっち(1.4)
3位:山うに(▲15.8)
4位:ミッツ(▲21.8)


麻雀拡張-p-1-b-40
▲最後の最後、死の宣告を乗り越えた末にFさん優勝
▲本当に、おめでとうございます!



…と、いうわけで「麻雀拡張カード」でした!

ほんとコレ、あらゆる対応力が問われますね。

ふだん、
攻撃型の人も、防御型の人も、
高打点型の人も、速攻型の人も、
面前型の人も、副露型の人も、
ここでは型を柔軟に変えながらプレイしないといけない…!

ひとつ、違う角度からの麻雀の勉強になりそうな感じです。


そういえば、今回は出なかったカードが、まだまだありますので…、
次のプレイ時は、まず、そちらの消化を優先しましょうかね。

プレイ記その2では、私星屑も参戦してみようかな…!( ̄▽ ̄*)



今回も、ちょいと長めの記事を、
最後までご覧いただき、ありがとうございました!


星屑、対局に向けて、しっかりと裏声練習をしておきますね…!


管理人・星屑トランペッター



麻雀拡張カード 関連記事
→次回:
開封

[ボードゲーム記事一覧]


記事を閉じる▲

【2016/06/23 00:01】 | プレイ記 【タグ】 麻雀拡張カード  
|
麻雀拡張-p-1-a-01

☆プレイ記その1(1/2)

今回:プレイ記その1(1/2)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/2)


大分県宇佐市で「麻雀拡張カード」!

各局の最初にカードを1枚公開し、
その局の間は、公開されたカードの効果を適用して
麻雀をプレイする
という「麻雀拡張カード」。

いつもの麻雀に、ちょいとスパイスをかけて、
少し変わった麻雀を楽しんで参りましょう!

今回のメンツは……

星屑のテニス仲間「Fさん
星屑のボードゲーム仲間「もっち」さん
もっちさんと同じ職場の「山うにとうふ」さん
もっちさんと同じ職場の「ミッツ」さん


赤ドラは入っていますが無効としています。



☆東一局 親:もっち ドラ:1m

もっちさんの親からスタートとなりました。

まずは、この局のカードをめくって……

麻雀拡張-p-1-a-02
▲「白鳥の湖

「ポン」「チー」「ロン」「ツモ」等、
すべての発声を裏声でしなければならない。

裏声で言うのを忘れた場合、または発声しなかった場合、
場に1000点支払う。

(ロンを忘れた場合は、すべての積み棒を次の局に持ち越す)



星屑「うわ、いきなりコレかぁ…!」

星屑「そういえばFさんは、」
星屑裏声の練習をしたって言ってましたね」

Fさん「はい、しっかりと練習してきましたよ…!」


「これって、普通の会話は裏声じゃなくてもいいんですよね?

「そうですね、日常会話とかは普通でOKです


ここから普通に会話しつつ、
ツモって打って、ツモって打って……


もっちリーチ!(裏声)


麻雀拡張-p-1-a-03
もっちさんから早いリーチ!


「あ、忘れてなかったですね」

「これ、油断したら忘れそう…」

ツモ!(裏声) とか普通に忘れてそうですよね

「ちょっと練習しとこうかな…」

オイ!(裏声) 鬼太郎!(裏声)」

どうですか!?(裏声)」

「すばらしい裏声です!」

よーし、がんばるぞ!(裏声)」

「というか、ぜんぶ裏声にしとけば間違いないですよね

「それは少し反則気味ですが…、」

結果として場が面白くなりそうなので、アリですね!」


とか何とか話しているうちに…、


Fさんリーチ!(裏声)


しっかりと練習してきていたFさんが、
追っかけ裏声リーチ

そして……


Fさんツモ!(裏声) ツモ!(裏声) ツモ!(裏声)


麻雀拡張-p-1-a-04
Fさんがツモあがり!
リーチタンヤオ平和三色同順ドラ1
▲見事なメンタンピン三色…!

結局、誰も裏声ミスをしませんでしたので、
罰金は発声…発生しませんでした!

裏声がないと罰金がとれるし、
裏声があったら面白いし、
どっちに転んでも愉快な効果ですね…!




☆東二局 親:ミッツ ドラ:9m

さて、続いてのカードは……

麻雀拡張-p-1-a-05
▲「リーチ攻撃

リーチをかけて上がった場合、本来の裏ドラに加えて、
もう2つ裏ドラをめくる。

リーチをかけないで上がった場合、全員に1000点ずつ支払う。


(裏ドラをめくる場合は、ワン牌の裏になっているところならどこでもよい)



「とりあえず、裏声が残ってヤバイです」

「あ、それ分かります(笑)」


「今回は、リーチ攻撃ですね」

リーチをかけずにアガると、3000点の失点…」

「ということは、ヘタなアガリだと赤字に…!」

「逆に、リーチあがりの場合…、」

平和系だと、ほぼドラが乗りそうで強いですね」

トイトイ系はトイトイ系で、ドラ爆弾のロマンがアツい…!」


この局、鳴いてしまうと、
アガったときに3000点の支払いが待っている上、
リーチをかけられた後の守備がキツすぎるわけで…、

誰からも鳴きが入らない中……

麻雀拡張-p-1-a-06
▲親のミッツさんが7巡目にリーチ!

このリーチを受けて、さすがにみんな守備に回ります

さきほど跳満をアガって、勢いのあるFさんも、
ターツを落としてオンリ……

かと思いきや、回し打ちがうまくいき、
フリテンながらテンパイまでこぎつけました!


Fさん「あの頃の…ツッパってた頃の俺…!」
Fさん「よみがえれ!」

Fさんリーチ!

麻雀拡張-p-1-a-07
Fさん、親にツッパってのフリテンリーチ
▲さあ、この69pをツモれるか…!

しかし、結果は流局となりました…。

麻雀拡張-p-1-a-08
▲なお、ミッツさんはカン6s待ち。


Fさんもしカードがなかったら、
Fさんあんな強引なリーチは、まずかけませんでしたねぇ

スリルがあって楽しかったです!


攻める側は、
多少の条件の悪さくらいでは、無理にでもリーチをかけにいき

守る側は、
絶対に放銃できないので、メンツだろうと現物をどんどん落としていく

なんというか、すごく攻守のメリハリが効いた局になりました…!



☆東二局1本場 親:ミッツ ドラ:1p

麻雀拡張-p-1-a-09
▲「風力発電

字牌を切ったプレイヤーは、続けてもう1度ツモる。

・さらに字牌を切ったらまたさらにツモる
・ツモりたくない場合でもツモらなくてはならない
鳴かれた場合はツモれない


麻雀拡張-p-1-a-10
ミッツさんは、を切ってツモを切ってツモ、そして1m切り。
▲河が、普通ではありえない感じになりました…!

麻雀拡張-p-1-a-11
Fさんは、を切ってツモを切ってツモを切ってツモ
▲そして、を切って……というところで、
▲そのもっちさんに鳴かれて
白を切ってのツモはなくなりました


字牌、引いてこないかなー?

なんか字牌を引けると嬉しい

字牌で、すごいテンションが上がる…!


字牌落とし勢の3人が盛り上がる中……

麻雀拡張-p-1-a-12
もっちさんだけは、どうやら独自路線を走るようです…!

そして……

麻雀拡張-p-1-a-13
▲そのもっちさんがFさんからロンあがり!
▲役は、
▲結局もっちさんは、字牌を1枚も切りませんでした…!


もっち「カードのおかげで、字牌が安くなったね

もっち普通は抱えてそうなのも、どんどん出てきて…


みんなが、どんどん字牌を捨てて、
手を数牌で満たしていく中、
逆に、安くなった字牌で待ち構える…!

この局は、完全にもっちさんの作戦勝ちとなりました!



☆東三局 親:山うに ドラ:8p

麻雀拡張-p-1-a-14
▲「闇市

手牌を河に捨てた後、前回自分が捨てた牌を裏返す。
(裏返した牌はフリテンの対象にならない)



「え、これってどういうこと…?」

「つまりですね……」


麻雀拡張-p-1-a-15
▲2巡目以降、牌を捨てたら…、

麻雀拡張-p-1-a-16
その前に自分が捨てた牌を裏返します

麻雀拡張-p-1-a-17
▲4巡目には、こんな感じに。
▲それぞれ、最後の捨て牌だけが表を向いています


俺、何を捨てたんだっけ…?

も、もう過去には興味ないから…(震え声)」

とりあえず、全部を覚えるのは無理やね…

自分に必要な牌だけ覚えとくか…


麻雀拡張-p-1-a-18
▲そんな中、ミッツさんが789mチー


普通なら、チャンタかホンイツか判りそうなものですが…

捨て牌が裏向いてると、まったく判りませんね…!


麻雀拡張-p-1-a-19
▲五里霧中といった中、結果は流局に…。
山うにさん、Fさんミッツさんがテンパイでした。

記憶力が問われて、ほぼフリテンが存在しない…。
特に守備を得意とするプレイヤーにとっては逆風かもしれませんね。



☆東三局1本場 親:山うに ドラ:6s

麻雀拡張-p-1-a-20
▲「露出狂

手牌を4牌オープンした状態で打つ。
オープンにしている牌を切った場合や鳴いた場合は、
別の牌をオープンにし、常に手牌が4牌見えている状態にする。


麻雀拡張-p-1-a-21
▲全員、常に4牌をオープンしておかなければなりません。

このオープンは一見、デメリットしかないっぽいですが…、


逆に利用してやる…!


麻雀拡張-p-1-a-22
万子が多いぞと威嚇しておいて、
実は他の万子はゼロ山うにさん。

麻雀拡張-p-1-a-23
24mと開いておいて、
▲しっかりと3mは握っているFさん


どう露出したらいいんだろう…?

ただ露出するだけではダメだと思うんですよ

露出に意味を持たせないと…!

お前ら、俺の露出を見ろ!!!

おお、あの露出は点数高めですね!

アイツの露出に対抗してやる…!

俺たち、露出で解り合えるんだよな…!

……えーっと、これ、なんの話だったっけ?


この愛すべき露出狂たちの、
一般人に聞かれたら誤解されそうな会話、
いつぞやのゲスな展開を思い出しますね…( ̄▽ ̄;)

5月重ゲ会の「封建領主」参照


「冗談は置いといて…、」
「あがり気配がなさそうな見せかけ露出は有効っぽいよね

それで強いのがチートイツ

「ああ、確かに、変化自在な露出ができそうですね…!」


そして……

麻雀拡張-p-1-a-24
もっちさんが、この露出でリーチ!

さあ、この2つのターツはどういう意味でしょうか…?
これで堂々とペン3m待ちしているとは思いづらいですが……

麻雀拡張-p-1-a-25
▲これが素直なペン3m待ち…!

麻雀拡張-p-1-a-26
ミッツさんと山うにさんは、おたがいを露出していて…、
▲こんな見せ合いも、このカードならではですね。

麻雀拡張-p-1-a-27
▲結局、最後はもっちさんがFさんからロンあがり!
▲裏ドラは乗らず、リーチのみ。


「おや、素直に3s待ち…」
「いわゆる"誘い受け"というヤツですねぇ!」


さきほどの「闇市」とは真逆で、
情報が見えすぎるというのも、
これはこれで難しいものでした…!




☆東四局 親:Fさん ドラ:4m

さて、東場も四局までやって来ました。

麻雀拡張-p-1-a-28
▲「回文

捨て牌で「しんぶんし」ができたら1500点、
「たけやぶやけた」ができたら3000点を全員からもらう。


※「しんぶんし」は捨て牌がABCBA、
「たけやぶやけた」はABCDCBAの状態になること。



「これって、第1打からじゃないとダメなんですか?

「はい、アタマから作り始めて、
作り終えたら、それっきりって感じみたいです」


麻雀拡張-p-1-a-29
▲「たけやぶやけた」に出来る山うにさんの配牌ですが、
▲ここから2p7p西を2枚ずつ落とすのは痛すぎる…。

とはいえ、「たけやぶやけた」を完成させれば、
3人から3000点ずつで、合計9000点
子の満貫よりも高いですので…、

ここは行くのもアリでしょうか…!

麻雀拡張-p-1-a-30
▲さて、4巡目が終わって折り返し地点
▲次で、誰が回文を作りにいったかが判明します。!

麻雀拡張-p-1-a-31
▲5巡目。
▲なんと、もっちさん以外は全員、決行していました…!
▲意外とみんな、トイツを持っていたんですね…( ̄▽ ̄ )

さあ、これは3人が回文完成か……

と思いきや!


山うにチー!


麻雀拡張-p-1-a-32
山うにさん、鳴いてミッツさんの回文を崩しにいきました…!


ミッツうわ、これはキツい!!


鳴かれた4pを、もう1枚持っていればリカバリーできますが、
さすがに持ってはいなかったようで…、

麻雀拡張-p-1-a-33
▲回文を完成させたのはFさんと、

麻雀拡張-p-1-a-34
山うにさんの2人。


鳴かれたら、ほぼ終わりってのが厳しいなぁ…」

「でも、やらないと、やった人との差が大きいし…」


なんとも悩ましい回文勢をよそに…、

麻雀拡張-p-1-a-35
▲回文を回避したもっちさんは、しれっとツモあがり!
▲役は

回文を作らなかった人は、その点差的に、
意地でもアガリに行かないといけませんので、
プレッシャーがかかりそうですね。

一方、回文を作った人は、
あとは悠々と守備固めでもOKですので、
気楽かもしれません。

もっとも、鳴きが入る可能性がありますし、
そもそも配牌の時点で絶望的かもしれず、

回文は簡単には仕上がりそうにありませんが…( ̄▽ ̄;)



…てな感じで、東場が終了!
そのまま南入いたします!

ここからは、どんなカードが登場するのでしょうか…?


次回も、お楽しみに!



麻雀拡張カード 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/2)
開封

[ボードゲーム記事一覧]


記事を閉じる▲

【2016/06/22 00:01】 | プレイ記 【タグ】 麻雀拡張カード  
|


アゴ
この拡張カード?気になってたので、とても嬉しい記事です!
思っていたよりユニークな効果が多そうで、買ってみたくなりました
今からでも手に入るかなぁ…

やっぱり、これ気になりますよね!
星屑トランペッター
>>アゴさん

なんでもかんでもオススメしちゃう私星屑ですが、
麻雀拡張カード」は本当にオススメです!

記事をご覧の通り、一局一局がぜんぜん違った展開となって、
最初から最後まで気が抜けず、そしてワクワクします♪( ̄▽ ̄*)

入手方法について、
ぼくは5月のゲームマーケット開催時に、
自家通販の予約受付で購入しましたが、
現在は販売に関する情報がなくて…( ̄▽ ̄;)

とはいえ、再販や続編の予定があるらしいですので、
また情報が出てくると思いますよ!

コメントを閉じる▲
「麻雀拡張カード」

麻雀拡張c-o-03

★開封

麻雀拡張c-o-01


★箱の外観

麻雀拡張c-o-02
▲はい、それでは袋から取り出して、見て参りましょう!

麻雀拡張c-o-04
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲カードをスリーブに入れてもギリギリ収納できる、最低限のサイズです。

麻雀拡張c-o-05
▲箱のウラ
▲"いつもの麻雀がエキサイティングに!"

・4人専用
・30~60分
・12歳~


麻雀拡張c-o-06
▲箱の側面
▲プレイには別途、麻雀本体が必要……ふふふ、

麻雀拡張c-o-16
▲そんなこともあろうかと、
全自動卓を用意しておいたのさ…!( ̄▽ ̄ )ドヤッ
(すみません、星屑の宝物なので、ここは自慢させといてやってください)



★箱をオープン!

麻雀拡張c-o-07
▲一発目はルルブ

麻雀拡張c-o-08
▲その下にカード類

麻雀拡張c-o-09
以上です!



★内容物

麻雀拡張c-o-14
説明書×1枚(両面)
▲ウラには、"よくある質問"などがありました。

麻雀拡張c-o-10
カード類
▲なにやら2種類あるようですね。

麻雀拡張c-o-11
▲カードのサイズ感
▲ちなみに、星屑64×89mmのスリーブに入れました。

麻雀拡張c-o-12
全体効果カード×22枚
▲局の初めに1枚公開して、全体に効果を及ぼすカード。
▲例えば〈華麗な上がり〉が公開されると、
▲その局は3翻縛りになります!!!( ̄▽ ̄;)

※画像クリックで拡大表示

麻雀拡張c-o-13
個別効果カード×14枚
〈個別効果カード〉という全体効果カードが公開されると、
▲各プレイヤーに1枚ずつ配られるカードです。
▲こっそりと裏ドラを見ることができる〈裏情報〉や、
▲1万点棒で強力なリーチがかけられる〈稲妻リーチ〉など、
▲便利な効果や、ド派手な効果が満載です!( ̄▽ ̄*)



★コメント

星屑
ギャンブルが大嫌いなわりに、
麻雀」は大好きです!
(あと、"ギャンブル"がテーマのゲームも大好き!)

そんなわけで、
前々から気になっていた「麻雀拡張カード」ですが、
やっと入手することができました!

これ、カードを見れば見るほど、
早いとこプレイしたくなりますね…!


さっそく自宅会を開きたいと思います!

麻雀拡張c-o-15
▲プレイ記を書くのが楽しみです…!( ̄▽ ̄*)


記事を閉じる▲

【2016/05/30 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 麻雀拡張カード  
|

#こんばんは
フェビアン
どうもです。
あいにく29日の福岡は結構な雨でしたが、イベントは無事盛況で終了しました。
普段ボドゲに縁のない学生やOLさん、家族の方々にも楽しいでもらえて良かったです。
わざわざご返信ありがとうございました。
ちなみに、こないだ自分もイエサブで『ZERO』買うてまいました。
星屑さんのブログ読んじゃった影響でしょうね~。
ついでの勢いで『よくばりハムスター』『RUMMY17』まで買っちゃいましたが。。
持参のゲーム眺めてると、やはりクニツィア作品..多いかもですねぇ。

『麻雀拡張カード』も面白そうですね!
妙なの見つけてくるなぁ(笑)
※わたしは符計算アリ派ですが。

おはようございます!
星屑トランペッター
>>フェビアンさん

イムズでのイベント、めっちゃ気になっていました!
いろんな方々にボドゲに触れてもらえるのって、良いですね!
ぼくも遊びに行きたかったなァ…( ̄▽ ̄;)

「ZERO」はマジですばらしいゲームですよね!
短時間でサクッとプレイできて、
"ノック"をめぐる駆け引きがアツくて、
"ゼロ"を達成したときの快感といったら、また最高で…!
やっぱりクニツィア先生はすごい!!

いつか、「ゼロ」なり麻雀なり、
フェビアンさんと卓を囲めたら嬉しいです!( ̄▽ ̄*)
※奇遇なことに、ぼくも符計算アリ派です。

コメントを閉じる▲