FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
TCG「カードファイト!!ヴァンガード」




星屑のヴァンガード講座その1(1/4)

今回:ヴァンガード講座その1(1/4)←いまココ
次回:ヴァンガード講座その1(2/4)


星屑、今でこそバリバリのボードゲーマーですが、
数年前まではカードファイターをやってました。

そのカードゲームを通じてできた友人たちと、
ボードゲームを始めて、今の星屑になり…。

つまり、星屑にとって、
カードゲームは今の環境の原点といえます。

そして、数あるカードゲームの中で、
いちばん好きなのが「カードファイト!!ヴァンガード」!

この「ヴァンガ」の最大の特長は、
ルールの根本部分が非常にシンプルなところで、
誰でも簡単に始めることができます…!

…なんて書いたら、
ぼくがブシロードさんの回し者っぽい感じですが、( ̄▽ ̄;)

ヴァンガ仲間を増やしたいのは事実で、
その一環として、今回、
ヴァンガの記事を書いてみたいと思い立ちました!

「星屑のヴァンガ講座その1」は、
初めてヴァンガに触れるプレイヤーを想定し、
刀剣乱舞」と「ゴールドパラディン」という、
1000円ちょっとで購入できるデッキを使用して、
実際に2つのデッキで対戦を進めながら、
ルールの説明をしていく
という趣旨となっています。

また、「その1」ということで、
初心者がややこしく感じがちな、
カードごとの能力はほとんど排除してしまって、
ゲームの基本ルールのみで対戦していきます


カードごとの能力が、このゲームの醍醐味ではありますが、
それよりも、まずは基本ルールを押さえるのが大事だと、
星屑は個人的に思っていますので、
こういうカタチにしてみました。

この記事を読めば、ヴァンガの基本ルールが把握できる!

…ように書き進めて参りますので、
どうか、お付き合いいただけたらと思います。( ̄▽ ̄*)



★「カードファイト!!ヴァンガード」について

カードファイト!!ヴァンガード」とは、
2人のファイターがデッキを持ちよって、
1対1の対戦をするカードゲームです。
(実は2対2や3対3のルールもありますが、ここでは割愛します)

ファイターは、それぞれ、
地球によく似た惑星"クレイ"に、
か弱い"霊体"の姿で降り立って、
惑星クレイの住人たちの力を借りながら、
戦いにその身を投じていきます。

霊体となったファイターに出来ることは、たったの2つ

1つ目が〈ライド〉で、
惑星クレイの住人に、自分の霊体を"憑依"させて、
その住人の能力をファイター自身に付与します

2つ目が〈コール〉で、
惑星クレイの住人を、自分の周りに呼びよせて、
ともに戦う仲間となってもらいます


〈ライド〉〈コール〉によって、戦力を整え、
相手を攻撃し、ダメージを与えて…、
そのダメージが6点となってしまったファイターは、
惑星クレイの大地から消滅してしまい、敗北となるわけです。

※以後、惑星クレイの住人のことを「ユニット」と呼びます。



★「デッキ」について

ヴァンガの対戦は、
デッキとスペースさえあれば、すぐに出来ます。

デッキについては2種類あって、

1つが、メインで使う「メインデッキ」、
もう1つが、助太刀用の「Gデッキ」です。


☆メインデッキ

メインデッキのカード枚数には、2つのルールがあります。

・「トリガーユニット」がちょうど16枚であること。

V講座-1-01
▲「トリガーユニット」は、カード下部が黄色です。


・「ノーマルユニット」がちょうど34枚であること。

V講座-1-02
▲「ノーマルユニット」は、カード下部がです。

以上、16枚34枚合計50枚でメインデッキが完成します。

市販されている「トライアルデッキ」という商品は、
必ず、このルール通りの構成になっています。
(この記事で使用するデッキが、まさにトライアルデッキです)

また、他にも、

・同じ名前のカードは4枚までしか投入できない。
・「ヒールトリガー」と「守護者」は各4枚までしか投入できない。


というルールもありますが、
トライアルデッキであれば、やはり全て守られています。


☆Gデッキ

Gデッキには、「Gユニット」を16枚まで投入できます。

ただし、今回使用する「トライアルデッキ」には、
そもそも4枚しか「Gユニット」が入っていませんので、
あるだけ全て投入しておくことにします。

V講座-1-03
▲「Gユニット」は、カード下部がです。
▲そして、カードのウラ面の模様が銀色になっています。



★ファイトの流れ

ヴァンガのファイトの流れは…、

①スタンドフェイズ
→ユニットをスタンドさせる。
 →これにより、ユニットが行動できるようになる。

②ドローフェイズ
→デッキからカードを1枚引く。

③ライドフェイズ
〈ライド〉することで、自身を強化する。

④メインフェイズ
〈コール〉することで、仲間を呼びよせる。
起動能力を使うこともできる。

⑤バトルフェイズ
→ユニットで相手にアタックする。

⑥エンドフェイズ
→何かしらの処理が発生することがある。
(GユニットGゾーンに置くなど)

と、なっていて、なんだかややこしそうですが、
追って説明していきますので、ご安心ください。

慣れてくると、
流れるように進めることができるようになりますよ!



さて、それでは実際にファイトを進めていきましょう!

星屑が「刀剣乱舞」のデッキを使い、
しーぷが「ゴールドパラディン」のデッキを使います。

軽く説明しますと…、

ゴールドパラディン」とは、
惑星クレイの神聖国家ユナイテッド・サンクチュアリの第二正規軍で、
テンポよく仲間を呼び出し、戦力を増やしていくスタイルを得意とするクランです。

一方の「刀剣乱舞」は、
オンラインゲーム「刀剣乱舞」とのコラボで、
刀剣男士たちの多彩な能力が光るクランです。

※クラン=ユニットたちが所属する組織



★今回だけの特別ルール

記事の冒頭で書いた通り、
今回は、基本ルールを集中的に説明する都合で…、

V講座-1-08
ユニットごとの能力を使用しません。

ただし、2種類だけ、

V講座-1-09
▲「守護者」の能力と、

V170102
▲「Gユニット」の超越の能力のみ、

取り入れたいと思います。
これらは、数ある能力の中でも最重要なものですので…!



★ファイトの準備

V講座-1-04
▲まず、(あれば)プレイマットを敷いてから、

V講座-1-05
▲デッキの中から「グレード0」のカードを1枚抜き出して、
(テキスト欄に"先駆"って書いてあるのがオススメです)

V講座-1-06
▲「ヴァンガードサークル」にウラ向きで置きます。

これを"ファーストヴァンガード"といって、
ファイト開始時のファイターの憑依先となります!

V講座-1-07
▲「Gデッキ」と「メインデッキ」もウラ向きで、この位置に。
▲「メインデッキ」の方は、よくシャッフルしておきましょう。

そして、じゃんけん等で先攻・後攻を決めてから…、

V講座-1-10
▲お互いのファイターは、
▲自分のデッキからカードを5枚引いて手札にします。

もし、この5枚が気に入らなければ、
1度だけ好きな枚数を引きなおすことができます。

理想的な初手は、
「グレード1」「グレード2」「グレード3」が揃っていて、
できるだけ「グレード0」がない手札。


星屑が引いた5枚の中には、
グレード1」も「グレード2」も「グレード3」もありましたので…、

V講座-1-11
▲「グレード0」のカード1枚を山札に戻し、シャッフルして、

V講座-1-12
▲戻した枚数と同じ1枚引きなおしました

引きなおしたカードも「グレード0」でしたが、
もう、これ以上の引きなおしはできません。

さあ、お互いの手札が整ったら、
いよいよファイトの始まりです…!

スタンドアップ・ヴァンガード!

と掛け声をかけながら、

V講座-1-13
▲お互い、同時にファーストヴァンガードオモテにします!



★1ターン目(しーぷのターン)

しーぷは、ファーストヴァンガードの「コエル」から、

しーぷ「ゴルボ…ゴルボドゥクライド!」
しーぷ「って、言いづら…!」

V講座-1-14
▲「曙光の騎士 ゴルボドゥク」に〈ライド〉しました!

つまり、今のしーぷは、
この「ゴルボドゥク」の姿になっているということです。

そして、パワーが「コエル」の5000から、
ゴルボドゥク」の7000にアップしました!!

本来は、ここから攻撃に移るところなんですが、

先攻ファイターの1ターン目はアタックできない。

というルールがありますので、
1ターン目は、こんなところで終了となります。



★2ターン目(星屑のターン)

①スタンドフェイズ

スタンドフェイズでは、
攻撃を終えて行動できなくなっているユニットをすべて
行動できる状態に戻します


とはいえ…、

V講座-1-15
▲まだ星屑のユニットは1度も攻撃していませんので、
▲このターンのスタンドフェイズでは何も起こりません。



②ドローフェイズ

ドローフェイズでは、
デッキからカードを1枚引きます。

V講座-1-16
▲このターンは「後藤藤四郎」を引いてきました。



③ライドフェイズ

ライドフェイズでは、
現在のヴァンガードの1つ上or同じグレードのカードを、
現在のヴァンガードの上に重ねる〈ライド〉ができます


V講座-1-17
▲現在のヴァンガードは、
▲「グレード0」の「博多藤四郎」ですので、

V講座-1-18
〈ライド〉できるカードは「グレード1」か「グレード0」。

〈ライド〉するときは、
できるだけ上のグレードを目指した方が強くなれますので…、


星屑後藤藤四郎ライド!」

V講座-1-19
▲「グレード1」の「後藤藤四郎」にライドしました!

これにより星屑の姿が、
博多藤四郎」から「後藤藤四郎」に変わります…!



④メインフェイズ

メインフェイズでは、
現在のヴァンガードのグレード以下のカードを、
「リアガード」として〈コール〉することができます。


現在のヴァンガード(=後藤藤四郎)は「グレード1」ですので、
〈コール〉できるカードは「グレード1」か「グレード0」。

〈コール〉する場所は、

V講座-1-20
リアガードサークルなら、どこでもOKです。


星屑「同じく後藤藤四郎コール!」

V講座-1-21
星屑は、左列の前列に「後藤藤四郎」を〈コール〉しました!

ここでおさらいですが、

ヴァンガード=ファイター自身
リアガード=呼びよせた仲間

…ですので、
同じ「後藤藤四郎」が2枚並んでいますが、

中央は、星屑が憑依した「後藤藤四郎」で、
左列は、呼びよせた仲間の「後藤藤四郎」となっています。



⑤バトルフェイズ

バトルフェイズでは、
自分の前列のヴァンガードとリアガードが、
相手の前列のユニット1体にアタックできます。


さあ、〈ライド〉〈コール〉で揃えたユニットたちで、
さっそく相手のユニットへ攻撃していきましょう…!

V講座-1-22
▲アタックできるのは、前列のユニットだけです。

このターンは、前列に2体のユニットがいますので、
2度のアタックを仕掛けることができますね!!

そして、アタックの順番は、
そのときの状況によって好きに決めることができます。

・1回目のアタック

V講座-1-23
▲まずは、リアガードの「後藤藤四郎」で、
相手のヴァンガードアタックすることにします。


星屑「リアガードの後藤藤四郎で、」
星屑「ヴァンガードのゴル…ゴルボドゥクアタック!」

V講座-1-24
▲ユニットがアタックするときには、
▲そのユニットを横向きに倒して
▲"レスト"状態にしなければなりません。

さて、
後藤藤四郎」と「ゴルボドゥク」の対決ですが…、

V講座-1-25
▲「後藤藤四郎」のパワー8000で、
▲「ゴルボドゥク」のパワー7000です。

攻撃側のパワーが防御側のパワー以上なら、
アタックはヒットします!


相手ヴァンガードにアタックがヒットした場合
相手は「ダメージチェック」が発生して、
ダメージを受けることになります。

V講座-1-26
しーぷはデッキから1枚めくって、

V講座-1-27
▲そのカードを「ダメージゾーン」に置きます。

これで、しーぷ1点のダメージが入りました!

このダメージが6点になって時点で、
ファイターの"霊体"は惑星クレイから消滅し、
敗北となってしまいます…!

つまり星屑は、
あと5点のダメージを与えたら勝利となるわけです。

勝利を目指して、どんどん攻撃していきましょう!


・2回目のアタック

星屑「今度はヴァンガードの方の後藤藤四郎で、」
星屑ゴルボドゥクアタック!」

V講座-1-28
▲今度はヴァンガードアタックします!

そして、
ヴァンガードでアタックした場合
ドライブチェック」が発生します!!

V講座-1-29
星屑はデッキから1枚めくって、

V講座-1-30
▲そのカードを手札に入れます。

ドライブチェック」では、
手札を増やすことができる上に、
もしも、めくったカードが"当たり"だったら、
追加でパワーアップ回復などが発生するんです…!

これができるのはヴァンガードのユニットだけですので、
このゲームで、いかにヴァンガードが特別かが分かりますね。


一方のしーぷは、
ヴァンガードにアタックがヒットしましたので、
やはり「ダメージチェック」が発生します。

V講座-1-31
しーぷがめくったカードの右肩には、
▲""というアイコンがありました。"当たり"です!


しーぷ「あ、ドロートリガーゲット!」


これは「トリガー」といって、
ダメージチェック」や「ドライブチェック」のときにめくられると、
ユニット1体のパワーを+5000することができ、
さらに、アイコンの種類ごとの追加効果が発生します!

この「ドロートリガー」の場合は、
・ユニット1体のパワーを+5000することに加えて、
・デッキからカードを1枚引きます。



しーぷ「カードを1枚引いて…、」
しーぷ「パワー+5000ゴルボドゥクに!」

V講座-1-32
しーぷはカードを1枚引いて、
▲「ゴルボドゥク」のパワーを+5000しました!

これで、もう星屑にはアタックできるユニットがいませんので、
バトルフェイズは終了となります。



⑥エンドフェイズ

ターンを相手に渡します。

なお、
トリガーによるパワーアップは、
次のターンには持ち越されません。




★3ターン目(しーぷのターン)

V講座-1-33
しーぷグレード2の「カディルス」に〈ライド〉して、
▲同じくグレード2の「エリオ」を〈コール〉しました。

そして攻撃が始まります…!

V講座-1-34
▲まずは、ヴァンガードの「カディルス」で、
ヴァンガードの「後藤藤四郎」にアタック!

ヴァンガードのアタックですので、
ドライブチェック」が発生します。

V講座-1-35
しーぷがめくったカードは、
▲トリガーではありませんでした。

とはいえ、このアタックは星屑ヴァンガードヒットしましたので、
星屑には「ダメージチェック」が発生してしまいます。

V講座-1-36
星屑がめくったカードは「ドロートリガー」!

V講座-1-37
▲デッキから1枚引いて、

V講座-1-38
▲ユニット1体のパワーを+5000します。
星屑には1点目ダメージが入りました。

さて、ドロートリガーの効果で、
ヴァンガードの「後藤藤四郎」のパワーがアップしたのを見て、

V講座-1-39
しーぷはリアガードの「エリオ」で、
リアガードの「後藤藤四郎」にアタックしてきました。

リアガードにアタックがヒットした場合
ファイター自身はダメージを受けませんが、
そのリアガードは退却してしまいます。

大事な戦力である「後藤藤四郎」を失いたくはないですので、
ここは"ガード"をすることで守ってあげましょう!

V講座-1-40
手札から「秋田藤四郎」を、
▲ガーディアンサークルに〈コール〉!!

V講座-1-41
ガーディアンとしてコールした場合に限って、
▲パワーではなく"シールド"の数値を見ます。

V講座-1-42
リアガードの「後藤藤四郎」のパワー8000に、
ガーディアンの「秋田藤四郎」のシールド5000を足して、
▲合計パワー13000となり、アタックを防ぐことができました!

V講座-1-43
▲守られた「後藤藤四郎」はその場に残り、
▲守った「秋田藤四郎」はドロップゾーンに置きます。



今回はここまでにしておきましょう。

次回の冒頭でおさらいをしますので、
引き続き、ご覧いただけたらと思います!



次回:その1(2/4)





記事を閉じる▲

【2017/01/03 00:01】 | カードゲーム |
TCG「カードファイト!!ヴァンガード
500円トライアルデッキ

「太陽の騎士」



★開封

Vゴルパラ500--01
▲GEOさんで2箱買ってきましたので、開封してみます!!


★箱をオープン!

Vゴルパラ500--02
▲開けてみると…、

Vゴルパラ500--03
▲中身はこんな感じ!

・紙製プレイマット(ウラ面デッキ解説書)
・新ファーストガイド
・構築済みデッキ(カード52枚)
・PRカード
×1枚

そして、

Vゴルパラ500--04
クランカード(ゴールドパラディン)
▲これはカードの仕切りとかに使えそうですね。



★デッキの内容

さて、ここからは、
デッキのカードを1枚ずつ見ていきましょう。

☆グレード4

Vゴルパラ500--05
▲「黄金竜 スカージポイント・ドラゴン」×1枚(PRカード)

これ、本来はセット内容に含まれていないカードで、
調べてみると、初回生産ロット限定のPRカードでした!

そんな「スカージポイント」は、Gユニットのカードです。

その能力は、ストライドしている間、
山札からユニットがコールされるたびに、
そのコールされたユニットと、
「スカージポイント」自身の、
パワー+5000する
というもの!

"山札からユニットをコールする"には、
グルグウィント」や「エリオ」の能力を使う必要がありますが、
複数回、山札からのコールを成功させることができれば、
そのたびにユニット2体のパワー+5000することができ、
とってもロマンがあります!!

山札からユニットをコール手段があるならば、
ぜひ、この「スカージポイント」がストライドしているターンに、
集中させていきたいところですね…!


Vゴルパラ500--06
▲「黄金竜 レイブレス・ドラゴン」×2枚

結束の能力を持つGユニット

結束(ユナイト)とは、
そのターン中、リアガードサークルかガーディアンサークルに、
2枚以上のカードをコールしていれば発動することができる能力
で、
これは手札からのコールでも、山札からのコールでもOKです。

レイブレス」の結束能力は、
「レイブレス」自身のパワー+5000に加えて、
前列のリアガードのパワー+2000する
というもの。

スカージポイント」に比べると、
発動の条件が易しくなり、
そのぶん、効果がおとなしめになっています。

ターン開始時の手札や盤面を見て、
山札からのコールができそうなら「スカージポイント」を、
できそうになければ「レイブレス」を…というイメージで、
うまく使い分けていきたいところですね!



☆グレード3

Vゴルパラ500--07
▲「旭光の騎士 グルグウィント」×2枚

このデッキの中心となるカードです!!!
ヴァンガードサークル専用の能力を2つ持っています。

Gユニットが2枚以上オモテになっているときに使える、
GB2(ジェネレーションブレイク2)の能力は、
このユニットがアタックされたときに、
カウンターブラストとソウルブラストを1ずつ支払うことで、
山札の上から4枚見て、そのうちの1枚を、
ガーディアンとしてコールすることができる
というもの。

このゲームでは、あまり数の多くない、
相手のターン中に使う守りの能力です。

運良く、完全ガードの「キャンディス」でも引き当てようものなら、
それこそ完全に相手の計画を狂わせることすらできてしまいます!

もう1つの能力は、
Gユニットがストライドしたときに、
カウンターブラスト1を支払うことで、
山札の上から4枚見て、そのうち1枚を、
コールしてパワー+2000する
というもの。

単純に戦力が増えるだけでも心強い感じですが、
その上、「スカージポイント」や「レイブレス」の、
能力の発動に貢献することもできます!

スカージポイント」であれば、
ユニット2体のパワー+5000が確定しますし、
レイブレス」であれば、
あと1枚のコールで能力が発動できるわけです。

攻守に渡っての活躍が望める「グルグウィント」は、
本当にバランスの良いカードだと思います…!


Vゴルパラ500--08
▲「ディヴィニティランサー・ドラゴン」×4枚

結束能力は、
このユニットのパワー+3000するというシンプルなもの。

リアガードサークルでも使える能力ですので、
後列にパワー7000以上のユニットを配置して、
合計パワー21000以上のアタックを心がけましょう!


Vゴルパラ500--09
▲「ブレードクロス・ライオン」×2枚

ヴァンガードサークル専用の能力2つ持ち。

GB1の能力は、
ヴァンガードへのアタック時に+6000されるというもの。

後列からパワー5000以上でブーストすれば、
それなりのプレッシャーをかけることができます。

2つ目の能力は、
このユニットがヴァンガードサークルに登場したとき、
カウンターブラスト2を支払うことで、
山札の上から4枚見て、そのうちの1枚を、
リアガードサークルにコールする
というもの。

ややコストが高く、登場時の1回きりしか使えません。
このカード自体のパワーも10000と低く、
少し使いづらいカードになってしまっています…。



☆グレード2

Vゴルパラ500--10
▲「暁光の騎士 イアゴー」×4枚

特に能力のない、いわゆる"バニラ"カードです。


Vゴルパラ500--11
▲「神聖魔道士 エリオ」×2枚

リアガードサークル専用の能力は、
アタックがヴァンガードにヒットしたとき、
カウンターブラスト1を支払い、
このユニットをソウルに置くことで、
山札の上から3枚見て、そのうちの1枚を、
リアガードサークルにコールする
というもの。

ひとたび効果が発動すれば、
単純に攻撃回数が1回増えたり、
スカージポイント」の能力につなげられたりと、
相手にとっては厄介なことこの上ない感じです…!


Vゴルパラ500--12
▲「新陽の騎士 カティルス」×2枚

結束能力は、
このユニットのパワー+3000というシンプルなもの。

後列に「ルノー」を配置することによって、
合計パワー21000に乗せることができます。

そうでなくても、
単独でヴァンガードにアタックできて頼もしい限りですね!


Vゴルパラ500--13
▲「反照の騎士 カポイル」×2枚

GB1の能力は、
インターセプト時の合計シールド15000になるというもの。

シールド15000というのは、手札2~3枚ぶんに相当しますので、
うまくインターセプトに使えたら、良い手札の節約になります。



☆グレード1

Vゴルパラ500--14
▲「朝影の騎士 キマルクス」×4枚

イアゴー」と同じく"バニラ"です。

カポイル」の後列に配置すれば、
合計パワー16000に押し上げることができます。


Vゴルパラ500--15
▲「紅日の騎士 ルノー」×2枚

GB1は、
結束能力を持つユニットをブーストしたとき、
パワー+2000する
というもの。

ただし、このデッキには結束持ちが少なくって…。


Vゴルパラ500--16
▲「曙光の騎士 ゴルボドゥク」×4枚

ちょっとややこしい能力で、
このユニットをコールしたとき、
自分の手札からグレード3のカードを相手に見せて、
山札から「グルグウィント」を探して、手札に加えて、
最後に手札から1枚捨てる
というもの。

手札にグレード3が無いときや、
山札からコールしたときには発動できませんが、
このデッキの要となる「グルグウィント」を、
確実に手札に引き込むことができるキーカードです!

また、手札に残したままであれば、
これ1枚でストライドのコストを支払えます


Vゴルパラ500--17
▲「神聖魔道士 キャンディス」×2枚

このデッキの「守護者(センチネル)」です。

能力は、
手札からカードを1枚捨てることで、
どんなアタックでも完全に防ぐ
というもの。

グルグウィント」のGB2の能力で、
ガーディアンサークルにコールされた場合でも、
やはり手札1枚を捨てれば、完全ガードとなります!


Vゴルパラ500--18
▲「くれすがる」×3枚

リアガードサークルに登場したときの能力は、
他のユニットをパワー+2000するというもの。

山札から登場したときなんかは、
相手からしたら想定外な+2000が、
良い奇襲になってくれるかもしれません。



☆グレード0

Vゴルパラ500--19
▲「早天の騎士 コエル」×1枚

このデッキのファーストヴァンガードです。

GB1結束は、
このユニットをソウルに置くことで、
山札の上から3枚見て、そのうちの1枚を、
コールしてパワー+2000する
というもの。

もはや、おなじみな能力ですね!

せっかくならば、
スカージポイント」がストライドしたターンに使いたいところです。


Vゴルパラ500--20
▲「フレイム・オブ・ビクトリー」×2枚

能力持ちのクリティカルトリガーです。

FOV」自身の能力は、
このユニットをソウルに置くことで、
ユニット1枚のパワー+3000する
というもの。

グルグウィント」のGB2の能力には、
ソウルブラスト1が必要となりますので、
ソウルを増やす意味でも、この能力は便利です。


Vゴルパラ500--21
▲「速撃のラストレスナイト」×2枚
▲「目利き鑑定人ドナリー」×4枚
▲「インパーティブ・オウル」×4枚
▲「キュアラブル・エンジェル」×4枚

トリガーユニットです。
合計で、4種類のトリガーが4枚ずつとなっています。



★デッキを組んでみた!

今回は同じデッキを2箱購入しましたので、
ほぼ全てのカードが4枚ずつ揃いました。

これで、デッキ構築の自由度が広がりましたので、
星屑なりのデッキを組んでいきたいと思います…!

ちなみに、同名のカードは4枚までしか入れられません

Vゴルパラ500--22
Gユニット(全6枚)

Gユニットは、
メインデッキとは別枠の「Gデッキ」に16枚まで投入できます。

が、2箱合わせても6枚止まりでしたので、
とりあえず「スカージ」も「レイブレス」も全て入れておきました。


そして、ここからが全50枚の「メインデッキ」になります!

Vゴルパラ500--23
グレード3(8枚)

グルグウィント」は確定として、
あとは「ドラゴン」か「ライオン」か…。

少し迷いましたが、
パワー11000で、リアガードでも能力を使える、
ドラゴン」の方に軍配が上がりました。

Vゴルパラ500--24
グレード2(11枚)

山札からのコールを狙える「エリオ」に、
攻撃の要となる「カティルス」と、
守備の要となる「カポイル」。

しっかりとバランスが取れていると思います。

Vゴルパラ500--25
グレード1(14枚)

完全ガードの「キャンディス」は4枚必須です。
グルグウィント」やGユニットの支えとなる「ゴルボドゥク」も4枚。

あと6枚の枠で悩みましたが、
ルノー」は能力の対象が少ないので見送りにして…、

バニラの「キマルクス」を4枚と、
パワーの低い「くれすがる」は2枚の採用としました。

Vゴルパラ500--26
トリガーユニット(16枚)

スタンドトリガーを抜いて、
クリティカルトリガー8枚の編成です。
あとはヒールトリガードロートリガーが4枚ずつ。

Vゴルパラ500--19
FV(ファーストヴァンガード)

FVは、自動的に「コエル」になりました。



★コメント

500円のトライアルデッキと聞いて、
わりと以前から気にはなっていて…、

でも、どうせ安かろう悪かろうだろうなと油断していたら、
ところがどっこい、思ったより良いデッキでした!

ちゃんとデッキとしてカタチにしようとすると、
2箱必要ですので、結局1000円なんですが、
逆に1000円でデッキが完成したことにびっくりです…!

大会で上位を目指すとかじゃなく、
友達どうしで普通にヴァンガードを楽しむだけなら、
これで問題なくファイトできます。

1100円の「刀剣乱舞」のデッキの質に驚いて、
1000円の「太陽の騎士」のデッキの質に驚いて…。

さて、こうなると、
この1000円ちょっとのデッキ同士が対戦したら、
どんなファイトになるのかが気になります!!

と、いうわけで、
実際にファイトして記事にしてみたいと思います。

年内か年明けになるかは未定ですが、
ヴァンガード未プレイの方にも分かるように、
じっくりと書き上げていくつもりですので…、
ご興味がおありの方は、どうぞお楽しみに!( ̄▽ ̄*)





記事を閉じる▲

【2016/12/19 00:15】 | カードゲーム |
TCG「カードファイト!!ヴァンガード
タイトルトライアルデッキ

「刀剣乱舞-ONLINE-」



★開封

久しぶりにヴァンガを購入しましたので、
ちょっくら開封記事を書いてみたいと思います!


★箱の外観

V刀剣-t1-01
▲箱のオモテ

最近のトライアルデッキは、
看板的なカードがハッキリと見えてて良いですね!

V刀剣-t1-02
▲箱のウラ

カードの構成などが書いてあります。

V刀剣-t1-03
▲そして、この「刀剣乱舞」の初回生産分には、
ブースターパックが1パック付属しているようです…!

これ、1パック300円しますからね。
めちゃありがたい♪( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

V刀剣-t1-04
▲さっそく開けてみましょう!

V刀剣-t1-22
▲デッキ以外の内容物は、
▲特別同梱の「ブースターパック」と、
▲ウラ面が"デッキ解説書"になっている「プレイマット」、
▲そして、ヴァンガードのルールが書かれている「ファーストガイド」。

V刀剣-t1-05
デッキはこちらです!

ここからは、
デッキの内容を1枚ずつ見ていきましょう。



★デッキの内容

☆グレード4

V刀剣-t1-17
▲「髭切(ひげきり)」×4枚

このデッキのGユニット

Gユニットとは、
50枚のメインデッキとは別枠で用意しておいて、
条件が整ったときに助太刀してくれるカードのことです。
(ですので、この商品はカード全"54枚"入りとなっています)

ストライドしたターンの能力は、
ドライブチェックでグレード3がでたら、
リアガード1枚とこのユニットのパワーを+5000する
というもの。

シンプルで分かりやすい能力ですね。
Gユニットはドライブチェックを3回行えますので、
チャンスも多くて良い感じです!


真剣必殺ということで、
発動にはダメージを「3以上」受けている必要がありますが、
そこは上手くダメージコントロールしていきましょう。



☆グレード3

V刀剣-t1-06
▲「小狐丸(こぎつねまる) 特」×4枚

このデッキの軸となるカードです!

このカードがヴァンガードのときに、
Gユニット(「髭切」など)がストライドしたら、
カウンターブラスト1を支払うことで…、

①山札の上から1枚見る。
②見たカードを山札の上か下に置く。
③山札の上から1枚引く。
④ソウルチャージ1枚。


という流れで効果を発揮します。

看板のわりには
なんというか、"便利屋さん"って感じですね。

特に、ソウル不足に陥りがちな「刀剣乱舞」にとって、
ソウルチャージの能力はありがたいと思います!


V刀剣-t1-07
▲「明石国行(あかしくにゆき)」×4枚

このデッキの、もう1種類のグレード3ユニットです。

真剣必殺は、
・相手ヴァンガードにアタックしたときに、
・このユニットがブーストされているなら、
・ソウルブラスト1を支払うことで、
このユニットのパワーが+3000される
というもの。

こちらは「子狐丸 特」と違って、
リアガードサークル上でも能力を発揮できます。

ただ、条件が多いわりには効果が薄いというか…。

とはいえ、
パワー7000以上のユニットにブーストされれば、
リアガードサークルからパワー21000以上のアタック
仕掛けることができますので…、
しっかりと盤面を整えていきたいところですね!

なお、
このゲームでは"21000"という合計パワーは、
ひとつ重要なラインになっています。



☆グレード2

V刀剣-t1-08
▲「大倶利伽羅(おおくりから)」×3枚

特に能力のない、いわゆる"バニラ"といわれるカードです。
(バニラ=ノンフレーバーという意味)
そのぶん、パワーが高めになっています。

後述の「堀川国広」が能力を使ってブーストしてくれれば、
ちょうど合計パワー21000になって良い感じ。


V刀剣-t1-09
▲「和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)」×2枚

真剣必殺は、
・ブーストされたとき、
・ソウルブラスト1を支払うことで、
このユニットのパワーが+3000されて、
さらに、このユニットのアタック終了時、
後列の、真剣必殺の能力を持つユニット1枚を、
手札に戻すことができます。


ユニットを手札に戻すという効果は、
登場時に1回きりしか発動できない能力を持つ、
グレード1の「堀川国広」と特に相性が良くて…、

登場して能力を使った「堀川国広」を、
このユニットで手札に戻してしまえば、
また次のターンに「堀川国広」を登場させて、
能力を再使用できるわけです!

この二振りのコンボは、ぜひ狙ってみたいですね。


V刀剣-t1-10
▲「同田貫正国(どうだぬきまさくに)」×2枚

ぼくが(キャラ的に)好きなカードです。

真剣必殺はシンプルで、
ヴァンガードへのアタックがパワー+3000されるというもの。

単独でグレード3のヴァンガードを攻めることができます!


V刀剣-t1-11
▲「長曽祢虎徹(ながそねこてつ)」×4枚

真剣必殺は、
他のグレード2以下のリアガードがアタックしたとき、
そのターン中、このユニットのパワー+3000される
というもの。

"そのターン中"というのがポイントで、
他のG2以下のリアガードがアタックするたびに、
パワー+3000が累積されていきます!!!

…が、このデッキの中には、
アタック回数を増やせるようなカードがありませんので、
どんなに頑張ってもパワーは3000しかアップしません。

ブースターパックに収録されている、
三日月宗近 特」&「加州清光 特」のコンボと絡めれば、
ちょっと面白そうだったりするんですが…。

ともかく、このユニットは最後にアタックさせてあげましょう!



☆グレード1

V刀剣-t1-12
▲「後藤藤四郎(ごとうとうしろう)」×4枚

グレード1のバニラです。

このデッキでは、あまり活きませんが…、

しいていうならば、
パワー11000のリアガードの後列でブーストすれば、
パワー9000の相手リアガードを駆逐しやすくなります。


V刀剣-t1-13
▲「今剣(いまのつるぎ)」×4枚

Gユニットをサポートするカードです。
これが4枚入っているのはマジでありがたい…!

使い方が2パターンありまして、

パターン1:手札にある場合

これ1枚でストライドのコストを支払えます。

パターン2:リアガードサークルにある場合

このユニットをソウルに置くことで、
Gユニットのパワーを+5000して、
さらに、誉(ほまれ)の能力を付与します。


」というのは、
相手ヴァンガードにアタックをヒットさせた際、
1ターンを通して1度だけ発動できる能力で…、

今剣」が付与するは、
相手ヴァンガードへのアタックがヒットしたとき、
ソウルブラスト1を支払うことで、
カウンターチャージ2を行える
というものです。

カウンターチャージを行うことで、
小狐丸 特」や「堀川国広」のスキル使用回数を
増やすことができますので…、
髭切」がストライドしたターンには、
狙ってみるのも面白いかもしれません!


V刀剣-t1-14
▲「堀川国広(ほりかわくにひろ)」×3枚

和泉守兼定」と相性の良いユニット…というのは、
さきほど少し触れました。

そんな「堀川国広」の真剣必殺は、
・このユニットがリアガードサークルに登場したとき、
・カンターブラスト1を支払うことで、
ソウルチャージ1を行い、
このユニットのパワーを+3000します。


カウンターブラストさえ支払えれば、
登場するだけでスキルを使うことができ、
刀剣乱舞」にとっては貴重なソウルを増やして、
さらに、自身のパワーを11000に底上げできます。

11000というパワーは、
相手のグレード3のユニットに単独でアタックできる数値ですし…、
パワー10000の「大倶利伽羅」をブーストすれば、
合計パワー21000となって強力です!

攻撃にも支援にも回れて、
さらにソウルチャージもできる万能なスキルですが…、
唯一の欠点は、登場時の1ターン限りで使いきりという点。

それを、「和泉守兼定」のスキルを使うことで、
登場回数を増やして補えるというわけなんです…!


V刀剣-t1-15
▲「不動行光(ふどうゆきみつ)」×3枚

ある意味、デッキで最重要なカードですね。

攻撃には全く向きませんが、
守備をさせたら一級品の「守護者(センチネル)」の1枚。

その能力は、
手札からカードを1枚捨てることで、
どんなアタックでも完全に防いでしまう
という、
いわゆる"完全ガード"と呼ばれるものです。

本来、相手の高パワーのアタックを防ぐには、
手札を何枚も何枚も使わなければなりませんが、
この「不動行光」は、たったの2枚でシャットアウトしてくれます!

そんな強力な「守護者」には、いくつか種類がありますが、
守護者」のカードは合わせて4枚までしか、
デッキに投入することができません。

逆に、このデッキには3枚しか「守護者」が入っていませんので、
あと1枚、「物吉貞宗」あたりを補強しておくとよいでしょう。
(その際は、代わりに「後藤藤四郎」を1枚抜くと良いかもです)





☆グレード0

V刀剣-t1-16
▲「博多藤四郎(はかたとうしろう)」×1枚

プレイヤーの最初の分身「ファーストヴァンガード」となる、
グレード0で「先駆」の能力を持つユニットです。

先駆の能力を持つユニットは、
ライドされた際に、リアガードサークルへ移動できます。

さらに、もう1つスキルがあり、
・カウンターブラスト1を支払って、
・このユニットをソウルに置くことで、
山札の上から5枚見て、
真剣必殺の能力を持つカード1枚を手札に加えて、
1枚加えたら、手札から1枚選んで捨てる
…というものです。

このデッキの大半のカードは、真剣必殺を持っていますので、
選択の幅が広く、そのときに必要なカードをピックアップしやすいです。

カウンターブラスト1と、このユニットと、手札1枚が犠牲になり、
あまり燃費は良くない感じですが…、
それでも、必要なカードがあるときは使ってみましょう!


V刀剣-t1-18
▲クリティカルトリガー「薬研藤四郎(やげんとうしろう)」×4枚
▲ドロートリガー「秋田藤四郎(あきたとうしろう)」×4枚
▲スタンドトリガー「乱藤四郎(みだれとうしろう)」×4枚
▲ヒールトリガー「五虎退(ごこたい)」×4枚

いずれも「トリガーユニット」です。

ヴァンガードのメインデッキには、
トリガーユニット」がちょうど16枚入っていなければなりません。

そして、トリガーユニットには4種類ありますが、
このデッキには4種類が4枚ずつ入っています。

トリガーは、種類ごとに効果が違い、

突破力を重視するなら「クリティカル」、
攻撃回数を重視するなら「スタンド」、
手札を引くチャンスを増やすなら「ドロー」、

…というようなイメージで、新たにカードを買い足して、
デッキ内のトリガーの比率を変えてみるのも面白いです。


(そこら辺のカードショップなら、10円とかで売っていると思います)

なお、ダメージを回復できる「ヒールトリガー」だけは、
4枚までしか入れることができません。
そして、最大の4枚入れておくことを強くオススメします。



★ブースターパック

同梱されていたタイトルブースター「刀剣乱舞-ONLINE- 弐」も、
せっかくですので開けてみましょう!

実は2箱買っていますので、パックも2袋あります!!

V刀剣-t1-19
ドキドキ……

(※画像をクリックで拡大表示されます)

V刀剣-t1-21
1パック目

おおっ、「守護者」の「物吉貞宗」が出ました!
これはラッキーです!!

V刀剣-t1-20
2パック目!!

なんと!
RRR(トリプルレア)の「鶴丸国永 特」が出ました…!
鶴丸国永 特」は2枚1組で使うカードですので、
中古でもう1枚買おうか悩むところですね…( ̄▽ ̄;)



★コメント

ぼく、ボードゲームを始める前は、
この「ヴァンガード」のファイターをしていましたので、
ヴァンガ」には、めちゃめちゃ思い入れが深いんです!

最近ではボードゲームばかりになって、
しばらくヴァンガの方はお休みしていたんですが…、

しーぷが好きな「刀剣乱舞」のトライアルデッキをお店で見かけて、
ついつい勢いでで購入してしまっていました。( ̄▽ ̄ )

それにしても、最近のヴァンガのデッキって、
ほんと1~2箱買えば戦える感じなんですね。

以前は、同じトライアルデッキを4箱買わないと、
まともなデッキを組めませんでしたが…、
この「刀剣乱舞」のトライアルデッキなんかは、
普通に、これ1箱で戦えるデッキになっていてびっくりです!
(「物吉貞宗」だけは、1枚だけ補充した方がいいですが)

せっかくデッキを買いましたので、
しーぷとファイトしてみて、
その模様をプレイ記にしてみようかと思っています。






記事を閉じる▲

【2016/12/18 00:01】 | カードゲーム |
「PS4ジェットブラック500GB(CUH-2000AB01)」



★開封

PS4-500-o-02
▲amazonから届いたので、さっそく開封してみましょう。


★箱の外観

PS4-500-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲想像していたよりも、だいぶコンパクトな箱なんですね。

PS4-500-o-04
▲箱のウラ
▲"さぁ、いこう。ボクらの遊び場へ"…というキャッチフレーズ。
▲ボドゲ会といい、PS4といい、なにかと"遊び場"が充実していて、
▲ぼくはとっても幸せです…!( ̄▽ ̄*)

PS4-500-o-05
▲箱の側面
▲内容品は、ここに記載されていました。



★箱をオープン!

箱の側面を開いて…、

PS4-500-o-06
▲一発目はコントローラーケーブル類

PS4-500-o-07
▲その下にゲーム機本体があって、

PS4-500-o-08
▲これを引っ張り出したら…、

PS4-500-o-09
▲底にルルb…取説ですね。

PS4-500-o-10
▲最後に包装を取り去って、いよいよPS4とご対面です…!



★内容物

PS4-500-o-11
PS4本体
▲上から見ても、あまりコンパクトさが分かりませんが…、

PS4-500-o-12
▲側面から見ると一目瞭然ですね。薄い…!
▲そして、ひし形のようなカタチをしています。

PS4-500-o-13
本体正面
ソフトの排出口と、排出ボタン電源ボタンがあります。
USBは距離を置いて2つ。

PS4-500-o-14
本体背面
▲左から、電源コードUSBHDMILANの挿し口となっています。


PS4-500-o-15
ワイヤレスコントローラー
▲これ、正面の上部は、タッチパッドになっているんですね…!

PS4-500-o-16

▲正面下部には、ヘッドセットの挿し口があります。
▲ゲームをしながらのボイスチャットが捗りそう!

PS4-500-o-17
▲背面にUSBケーブルの挿し口があって、
▲その上の三角形は、カメラに認識させるための何からしいです。


…ここからは、ケーブル類が続きます。

PS4-500-o-18
電源コード
▲長さは約1.5mあります。

PS4-500-o-19
USBケーブル
▲コントローラーの接続&充電用ですね。

PS4-500-o-20
HDMIケーブル
▲長さは約2mで、我が家的にはジャストなサイズでした!

PS4-500-o-21
ヘッドセット
▲ガラケーのハンズフリーみたいな感じでしょうか。
▲これをコントローラーにつなげて、ボイチャができるみたいです!


なお、LANケーブルは同梱されていませんでしたので…、

PS4-500-o-22
▲自前で適当なのを用意しておきました。
▲参考までに、2mのが家電量販店にて400円くらい。


PS4-500-o-23
印刷物一式
▲ボードゲームのルールブックと違って、
▲あまり読みたくならないのはなぜだろう…( ̄▽ ̄ )



★コメント

今年最後の大きな買い物です!

前々から欲しいなァ欲しいなァと思っていながら、
なかなか踏み出せないでいたんですが、

9月半ばに新型が発売されて価格が下がったのと、
10月発売のボドゲにピンとくるタイトルが少なかったのに、
ぐいっと背中を押されて…、

ついにPS4をポチッてしまいました…!


さて、このPS4で何をプレイするか…ですが、


大分県中津市のボードゲーマー・KENさんが、
▲もう、ずーっと推し続けている「ディビジョン」!


福岡市在住で、星屑の弟分のなつくんが、
▲コレをプレイしたいがためにPS4を買ったという、
▲「オーバーウォッチ」!

まずは、この2タイトルから始めていきます!!

やっぱり、一緒にプレイできる人が居るのが大きいです!


平日はPS4をプレイして、
週末はみんなでボードゲーム会で…。

ああ、ゲーム三昧って、ほんっと最高ですね…!( ̄▽ ̄*)





記事を閉じる▲

【2016/10/04 00:01】 | テレビゲーム |
NINTENDODS
「すみっコぐらし むらをつくるんです」



★キャンペーンに当選した!

"すみっコリクエスト"がクリアできないのかと思った件について!
3DS「すみっコぐらし むらをつくるんです」をプレイしてみた!


先日、私星屑宅の郵便受けに……

すみっコ当選-01
このような箱が届いていたんです!

すみっコぐらし むらをつくるんです」といえば、
星屑と妻しーぷがハマっている癒し系ゲーム!

…からのお届け物って、なんだろう?

すみっコ当選-02
▲とりあえず箱を開けてみると…、

すみっコ当選-03
▲中からこんなものが!!

すみっコ当選-04
▲どうやら、プレゼントキャンペーンに当選したようですね!

ぱんぱかぱーん♪

そういえば、ソフトの購入直後に、
なんかアンケートハガキを投函した記憶があります。

それにしても、まさか当たるなんて…!( ̄▽ ̄*)

すみっコ当選-05
〈浴衣のぺんぎん?てのりぬいぐるみ〉をゲット♪

せっかくなので、ぐるりと見回してみましょう。

すみっコ当選-06
正面
マイクを持って…何を歌っているんでしょうか?

すみっコ当選-07
反対側
▲こう見ると、なんか海苔巻きみたいですね。( ̄▽ ̄*)
すみっコ当選-08
側面
▲すみっコの""の文字が入ったうちわがかわいいです。

すみっコ当選-09
タグもしっかりと付いていました!

ひと通り見回したら……

すみっコ当選-10
星屑宅のぬいぐるみゾーンへ!


いやァ、ステキなぬいぐるみが増えて嬉しいです!

ぺんぎん?は、すみっコの中でも大好きなキャラですので、
なおさらグッときました!

日本コロムビアさん、ありがとうございました♪( ̄▽ ̄*)





記事を閉じる▲

【2016/09/26 00:01】 | テレビゲーム |
ナーフ N-ストライクエリート

「ミッションAppタクティカルレールマウント」



★開封

NApp-o-01
▲amazonのマケプレから届きましたので、さっそく開封してみます!


★箱の外観

NApp-o-02
箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲「ラピッドストライク」に取り付けてる的な雰囲気のパッケージです。

NApp-o-03
箱のウラ
▲おそらくアプリの画面内の、説明があります。

NApp-o-04
箱の側面
▲例によって、並行輸入品です。



★箱をオープン!

NApp-o-05
▲厚紙を引っぺがすと、こんな感じでした!



★内容物

NApp-o-07
デバイス・シェル×1
▲iPhoneやiPodを格納するパーツです。


NApp-o-06
レール・アタッチメント×1
▲デバイス・シェルをブラスターに取り付けるパーツです。



★取り付け!

それでは、実際に取り付けてみましょう!

NApp-o-08
▲デバイス・シェルの上部にある、オレンジ色のストッパーを外して、

NApp-o-09
▲デバイス・シェルをパカッと開きます。
▲中にあるデモ画面の紙を取り除くと…、

NApp-o-10
▲その奥から取説が出てきて、

NApp-o-11
▲さらに、その奥からiPod用のカバー(ゴム製)が出てきました。

NApp-o-12
▲この状態で、

NApp-o-13
星屑iPhone4をセット!
▲世代が古いので、空きスペースができますね。

NApp-o-14
▲逆側から見ると、こんな感じ。
▲ちゃんとカメラのレンズが覗いていて、ひと安心です!

NApp-o-15
▲これをレール・アタッチメントにセットして、

NApp-o-16
▲ブラスター上部のタクティカル・レールに差し込めば、
▲スタンバイOKとなります!



★コメント

まず、このアクセサリで使用できるデバイスですが、

・iPhone 4
・iPhone 4S
・iPhone 5

・iPod touch 4
・iPod touch 5


…とのことです!

iPhone 6SEで使用できるかは、
いずれから借りて試してみます。


このアクセサリを入手したことで、
ブラスター視点の動画を撮ることができるようになりましたので、
今度、ナーフで撃ち合いをして、その動画をアップしてみたいですね。

今回は、ひとまず開封までとしておきます。



「ナーフ」記事一覧





記事を閉じる▲

【2016/09/04 00:01】 | ナーフ |
ナーフ製品ラインナップ

その他



星屑が勝手に、スポーツシューティングホビー「ナーフ」の
製品ラインナップシリーズ別にまとめてみるコーナー!

今回は……

ブラスター(=銃)以外周辺アイテムです!

星屑2016年7月よりナーファーデビューしたんですが、
始めた当初、なんというかナーフの情報が集めにくくって
タカラトミーさんの公式ホームページを見ても、
いまいちピンと来ない部分が多かったので…、

いっそのこと、ぼくがまとめてしまおうと思い立ち、
「ナーフ」のシリーズ別まとめ記事を書いてみることにしました!

ただ製品をズラッと並べただけの記事ですが、
よろしければ参考にしてみてください!( ̄▽ ̄*)

この先、知識が増えたらば、ちょいちょい加筆していく予定です!




☆リフィルパック



弾数:エリートダーツ×30
標的:人/紙コップ/他

N-ストライクエリート」シリーズ用の、
いちばん基本的なダーツ(=スポンジ弾)です。

ゾンビストライク」や「モジュラス」のブラスターでも使用できます。

吸盤などがなく、シンプルなぶん、飛距離が出るようです。





☆ユニバーサル マイクロダーツ



弾数:ユニバーサル マイクロダーツ×30
標的:シューティングターゲット/窓ガラス/他

N-ストライクエリート」シリーズ用の、
先端に吸盤がついているダーツです。

ゾンビストライク」や「モジュラス」のブラスターでも使用できます。

窓ガラスなどに引っ付いてくれますので、
ダーツの回収が楽という利点があります。

別売の「シューティングターゲット」との組み合わせが、
ぼく的には特にオススメです!





☆メガリフィルパック



弾数:メガダーツ×10
標的:人/紙コップ/他

N-ストライクエリート メガ」シリーズ専用のダーツです。

エリートダーツ」などとは、まったくサイズが違い、
他のシリーズでは使えませんので、ご注意ください。





☆エリートミサイル



弾数:ミサイル×3
標的:人/紙コップ/他

デモリッシャー」や「サンダーブラスト」などの、
ミサイル」を発射できるブラスターでのみ使用できます。

それにしても、お高い…!( ̄▽ ̄;)





☆シューティングターゲット



両面に合計2種類の柄のターゲットが描かれていて、
いくつかのルールでナーフを楽しむことができます。





☆ストラックターゲット



こちらは、9枚のターゲットを撃ち倒していくタイプです。





スピンターゲット



観覧車のように回転するターゲット
速さが2段階あるようです。





イレブンシューティングポット



これ1台で11種類のシューティングゲームが楽しめる!
…とのこと!





☆18ダーツクリップ



ダーツを18弾も装填できるクリップ(=マガジン)です。
装填するダーツも付属。

同じサイズのクリップは、現状、
ラピッドストライク」くらいからしか入手できませんので、
貴重な一品となっています。

しかしそのぶん高価…!

コストパフォーマンスを求めるならば、装填数は落ちますが、
フリップクリップ」の方をオススメしたいですね。





タクティカルベスト



これはガチ勢向けの装備ですね。
ダーツの補給が簡単にできそうです。

6弾クリップが2つ付属。





タクティカルレールマウント

開封記事



こちらは撮影したい人向きの装備ですね。

iPhoneをセットして、
ブラスター上部のレールに固定することができます。





今後も、随時更新していきます!

「ナーフ」記事一覧


記事を閉じる▲

【2016/08/29 00:01】 | ナーフ |
ナーフ製品ラインナップ

「メガ」シリーズ



星屑が勝手に、スポーツシューティングホビー「ナーフ」の
製品ラインナップシリーズ別にまとめてみるコーナー!

今回は……

N-ストライクエリート」から「メガ」シリーズです!

現在の「ナーフ」の大半が属している、「N-ストライク」シリーズ。

その派生として、大口径の「メガダーツ」を扱うのが、
この「メガ」シリーズとなります!

N雷弓-o-19
▲通常のダーツより、
▲ひと回りもふた回りも大きな「メガダーツ」!!

メガサイズのブラスターから、
メガサイズのダーツを豪快に発射しましょう…!

星屑2016年7月よりナーファーデビューしたんですが、
始めた当初、なんというかナーフの情報が集めにくくって
タカラトミーさんの公式ホームページを見ても、
いまいちピンと来ない部分が多かったので…、

いっそのこと、ぼくがまとめてしまおうと思い立ち、
「ナーフ」のシリーズ別まとめ記事を書いてみることにしました!

ただ製品をズラッと並べただけの記事ですが、
よろしければ参考にしてみてください!( ̄▽ ̄*)

この先、知識が増えたらば、ちょいちょい加筆していく予定です!




★日本版と海外版

ナーフ」には、同じ名前で同じ見た目の製品でも、
タカラトミーさんが発売している日本版と、
主に並行輸入品となる海外版があります。

カタラトミーさんから発売されている日本版は、
トリガーの色がグレーとなっていて、
威力が下方修正されているようです。

一方の海外版は、
トリガーの色がオレンジとなっていて、
本来の威力を発揮できます。

日本版価格が安めで、
海外版威力が高く飛距離が長い

どちらに魅力を感じるかで、
どちらを入手するかを決めるのがよろしいかと思います!

なお、日本版が発売されていないナーフ」もありますので、
この記事では、分けて紹介していきたいと思います。

また、日本版がある「ナーフ」にも、
海外版amazonリンクを貼っていきます。

あわせてチェックしてみてください…!



まずは、日本版がある製品から!

※定価の安い順



☆マグナス



参考価格:2,376円
発売時期:2014年10月

リロード:手動(スライド式)
装填:3弾

カスタマイズ:





☆サイクロンショック



参考価格:2,700円
発売時期:2015年4月

リロード:手動(スライド式)
装填:6弾

カスタマイズ:上レール





☆ロトフューリー



参考価格:4,860円
発売時期:2016年3月

リロード:手動(前方レバー)
装填:10弾

カスタマイズ:上レール





☆センチュリオン



参考価格:7,344円
発売時期:2014年10月

リロード:
装填:クリップ(標準6弾)

カスタマイズ:上レール





☆サンダーボウ



開封記事

参考価格:5,378円
発売時期:2015年7月

リロード:手動(ドローイング)
装填:5弾

カスタマイズ:不可





つづいて、海外版のみの製品です!



☆ライトニングボウ



リロード:手動(ドローイング)
装填:1弾

カスタマイズ:不可





☆ビッグショック



リロード:手動(底部レバー)
装填:1弾

カスタマイズ:不可





☆マストドン



リロード:
装填:

カスタマイズ:





今後も、随時更新していきます!

「ナーフ」記事一覧


記事を閉じる▲

【2016/08/28 00:01】 | ナーフ |
ナーフ製品ラインナップ

「モジュラス」シリーズ



今回は……
N-ストライク」から「モジュラス」シリーズです!

現在の「ナーフ」の大半が属している、「N-ストライク」シリーズ。

その派生として、"カスタマイズ"をテーマとするのが、
この「モジュラス」シリーズとなります!

このシリーズのウリは、なんといっても、
4種類の「アップグレードキット」と連動することでの、
最大1,000通り以上ものカスタマイズ!!

"改造"を楽しみたいナーファーにとっては、
まさに最高のシリーズだと思います!

また、ダーツパーツも、
「N-ストライク」シリーズの各ブラスターと互換性があるので、
シリーズの境なく楽しめるんです…!

見た目がカッコイイものから、実用性重視のものまで、
いろんなパーツでカスタマイズしてみましょう!!

星屑2016年7月よりナーファーデビューしたんですが、
始めた当初、なんというかナーフの情報が集めにくくって
タカラトミーさんの公式ホームページを見ても、
いまいちピンと来ない部分が多かったので…、

いっそのこと、ぼくがまとめてしまおうと思い立ち、
「ナーフ」のシリーズ別まとめ記事を書いてみることにしました!

ただ製品をズラッと並べただけの記事ですが、
よろしければ参考にしてみてください!( ̄▽ ̄*)

この先、知識が増えたらば、ちょいちょい加筆していく予定です!




★日本版と海外版

ナーフ」には、同じ名前で同じ見た目の製品でも、
タカラトミーさんが発売している日本版と、
主に並行輸入品となる海外版があります。

カタラトミーさんから発売されている日本版は、
トリガーの色がグレーとなっていて、
威力が下方修正されているようです。

一方の海外版は、
トリガーの色がオレンジとなっていて、
本来の威力を発揮できます。

日本版価格が安めで、
海外版威力が高く飛距離が長い

どちらに魅力を感じるかで、
どちらを入手するかを決めるのがよろしいかと思います!

なお、日本版が発売されていないナーフ」もありますので、
この記事では、分けて紹介していきたいと思います。

また、日本版がある「ナーフ」にも、
海外版amazonリンクを貼っていきます。

あわせてチェックしてみてください…!



まずは、日本版がある製品から!



☆モジュラス



参考価格:7,344円
発売時期:2015年10月

リロード:電動(セミオート)
装填:クリップ(標準10弾)

カスタマイズ:上レール/下レール/銃口/ストック





☆リーコン MK-Ⅱ



参考価格:3,780円
発売時期:2016年3月

リロード:手動(スライド式)
装填:クリップ(標準6弾)

カスタマイズ:上レール/下レール/銃口/ストック





☆イオンファイア



参考価格:1,944円
発売時期:2016年3月

リロード:手動(スライド式)
装填:1弾

カスタマイズ:上レール/下レール/銃口/ストック





ここからは、改造パーツのセットとなる、
アップグレードキット」です!

改造…といっても難しいことは全くなくって、
カチッとはめるだけで簡単に装着することができます!( ̄▽ ̄*)



☆フリップクリップ アップブレードキット



開封記事

参考価格:1,944円
発売時期:2015年10月

カスタマイズ:クリップ





☆アタック&ディフェンド アップブレードキット



開封記事

参考価格:1,944円
発売時期:2015年10月

カスタマイズ:レール/ストック





☆ロングレンジ アップブレードキット



開封記事

参考価格:1,944円
発売時期:2015年10月

カスタマイズ:レール/銃口





☆ステルスOPS アップブレードキット



参考価格:1,944円
発売時期:2015年10月

カスタマイズ:レール/銃口





つづいて、海外版のみの製品です!



☆リーコン バトルスカウト



リロード:手動
装填:10連クリップ

カスタマイズ:上レール/銃口/ストック





☆トライストライク



リロード:手動
装填:ダーツ10/メガダーツ4/ミサイル1

カスタマイズ:上レール/銃口/ストック





今後も、随時更新していきます!

「ナーフ」記事一覧


記事を閉じる▲

【2016/08/27 00:01】 | ナーフ |
ナーフ製品ラインナップ

「ゾンビストライク」シリーズ



今回は……
N-ストライクエリート」から「ゾンビストライク」シリーズです!

現在の「ナーフ」の大半が属している、「N-ストライク」シリーズ。

その派生として、"ゾンビハント"をテーマとするのが、
この「ゾンビストライク」シリーズとなります!

N-ストライクエリート」とはダーツに互換性があって、

しかし、あちらがスタイリッシュなデザインならば、
こちらはものものしいデザインとなっています…!

ギミックにクセのあるものが多く、
なんというか味のあるシリーズですね!

星屑2016年7月よりナーファーデビューしたんですが、
始めた当初、なんというかナーフの情報が集めにくくって
タカラトミーさんの公式ホームページを見ても、
いまいちピンと来ない部分が多かったので…、

いっそのこと、ぼくがまとめてしまおうと思い立ち、
「ナーフ」のシリーズ別まとめ記事を書いてみることにしました!

ただ製品をズラッと並べただけの記事ですが、
よろしければ参考にしてみてください!( ̄▽ ̄*)

この先、知識が増えたらば、ちょいちょい加筆していく予定です!




★日本版と海外版

ナーフ」には、同じ名前で同じ見た目の製品でも、
タカラトミーさんが発売している日本版と、
主に並行輸入品となる海外版があります。

カタラトミーさんから発売されている日本版は、
トリガーの色がグレーとなっていて、
威力が下方修正されているようです。

一方の海外版は、
トリガーの色がオレンジとなっていて、
本来の威力を発揮できます。

日本版価格が安めで、
海外版威力が高く飛距離が長い

どちらに魅力を感じるかで、
どちらを入手するかを決めるのがよろしいかと思います!

なお、日本版が発売されていないナーフ」もありますので、
この記事では、分けて紹介していきたいと思います。

また、日本版がある「ナーフ」にも、
海外版amazonリンクを貼っていきます。

あわせてチェックしてみてください…!



まずは、日本版がある製品から!

※定価の安い順



☆ダブルストライク



参考価格:1,296円
発売時期:

リロード:手動(ハンマー)
装填:2弾

カスタマイズ:上部レール





☆クロスカット



参考価格:2,700円
発売時期:2016年7月

リロード:手動(後部レバー)
装填:2弾

カスタマイズ:上部レール





☆ハンマーショット



開封記事


参考価格:2,700円
発売時期:2016年7月

リロード:手動(ハンマー)
装填:5弾

カスタマイズ:上部レール





☆フリップフューリー



参考価格:3,240円
発売時期:2015年6月

リロード:手動(スライド式)
装填:12弾

カスタマイズ:上部レール





☆スレッジファイア



開封記事

参考価格:4,298円
発売時期:2016年7月

リロード:手動(中折れ)
装填:3弾クリップ×3

カスタマイズ:上部レール





☆ドゥーミネーター



開封記事

参考価格:6,458円
発売時期:2016年7月

リロード:手動(前方グリップ)
装填:24弾

カスタマイズ:上部レール





つづいて、海外版のみの製品です!



☆ターゲットセット



参考価格:
発売時期:

リロード:手動(底部レバー)
装填:1弾

カスタマイズ:





☆クリアショット



参考価格:
発売時期:

リロード:手動(スライド式)
装填:1弾

カスタマイズ:上部レール





☆スリングファイア



参考価格:
発売時期:

リロード:手動(レバー)
装填:クリップ(標準6弾)

カスタマイズ:上部レール





☆ロングショット CS-12



参考価格:
発売時期:

リロード:
装填:クリップ(標準12弾)

カスタマイズ:上部レール/銃口





☆ブレインソー



参考価格:
発売時期:

リロード:手動(スライド式)
装填:8弾

カスタマイズ:





今後も、随時更新していきます!

「ナーフ」記事一覧


記事を閉じる▲

【2016/08/26 00:01】 | ナーフ |