RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ソーリー!スライダーズ」




☆プレイ動画その2

前回:プレイ動画その1
今回:プレイ動画その2←いまココ
次回:プレイ動画その3


前編


後編

(アップロード時にエラーが出たので分割しました)
…やっぱり緊張しちゃってますが、
星屑と妻しーぷによる「ソリスラ」のプレイ動画でした!

なんか、こう冒頭に挨拶を入れてみようということで、
しーぷと話し合ってみて…、

コント系とか、小芝居系とか、
深夜の外国人テレビショッピング系とか、
いろいろ考えてはみたんですが、
かなり無難な感じに落ち着いちゃいましたね…( ̄▽ ̄ )

動画撮影にも、少しずつ慣れていかなきゃ…!


今回は緑面の「的ボード」を使ったゲームで、
お互い相手を穴に蹴落とすような展開を 期待 予想していましたが、
わりと自滅が多かったですね。
自分で自分に「ソーリー!」って言っちゃうような…。

狙いすぎてとか、ついうっかりでとかで、
ボールコマが穴に吸い込まれていってしまうのは、
この緑面のニヤリとさせられる場面の一つだと思います!( ̄▽ ̄ )ニヤリ

最後、動画がぶった切れちゃってるし、
もう妻は出勤してしまって撮り直しはできないしで、
編集時するとき、かなり焦りましたが…、
(そして見事に尻切れトンボになってしまいましたが)
結果は同じラウンドに同着となり、引き分け

6ラウンド目までもつれた結果がこれだよ!!!

と、思わず嘆いてしまいました…!(笑)


続く第3回戦は、
"危険ポイント"がある赤面を使ってのゲームを予定しています。
これまた、長期戦になりそうな気がしますが…、

どうか次回も、お楽しみに!



→次回:プレイ動画その3
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/03 06:01】 | プレイ記 【タグ】 ソーリー!スライダーズ  
|
ボードゲーム
「ソーリー!スライダーズ」




☆プレイ動画その1

…相変わらずド緊張してしまっていますが、( ̄▽ ̄;)
星屑と妻しーぷによる「ソリスラ」のプレイ動画でした!


この「ソリスラ」ですが、
2人プレイ時にはコースのアレンジができます。


ソリスラ-d-1-1
「I字」型にセットしてよし、

ソリスラ-d-1-2
▲「L字」型にセットしてよし、

さらに、バーンボードを2枚ではなく4枚使うことで、

ソリスラ-d-1-3
こんなコースにすることも可能なんです!

そんな選択肢の中で、今回は撮影の都合もあり、
バーンボード2枚の「L字」型でプレイしてみました。

また、4種類ある「的ボード」の中からは、
いちばん決着の早い「黄色ボード」をチョイス。

ボールコマを中央の穴に入れると、
得点コマ1つを無条件でゴールさせられますので、
最短1ラウンドでゲームが終わります…!

逆に、もっと長いゲームを楽しみたいならば、
緑ボード」を選ぶことで、今度は穴に落ちると、
いちばん進んでいる得点コマ1つをスタートに戻さなければならず、
三歩進んで二歩下がるような展開
に変えてしまえるわけです。


さて、
黄色ボード」の「L字」でプレイしてみての感想ですが…、

まず、やっぱり「黄色ボード」は気持ち良いですね!

パターゴルフ…とはちょっと違いますが、
"穴を狙う"というのは、シンプルながらアツくなれるルールで、
カップインしたときには思わずガッツポーズが出ます!!

そして、「L字」は「I字」と違って、
向かい合って対戦しませんので、
(どちらかというと隣どうしでの対戦)
やり合っている感が薄いというか何というか、
結果、自分のカップインに専念しやすかったですね!

そんな感じでしたので、
かなりあっさりな結末になりましたが…、
軽いノリでプレイするなら、このセッティングが良さげだと思いました!


次回のプレイ時には「緑ボード」を選んで、
妨害要素が少し濃そうなゲームにチャレンジしてみます!( ̄▽ ̄*)



→次回:
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/01/24 00:01】 | プレイ記 【タグ】 ソーリー!スライダーズ  
|
タンダイ-d-1-01

    
     ▲アクションゲーム「タンブリンダイス

▲今回は動画でお送りします!
(※音量にお気をつけください)

以上、つたない動画で恐縮でしたが、
10万PV記念タンブリンダイス大会」の模様をお送りしました!

あー、やたら緊張した…( ̄▽ ̄;)

ちなみに、今回の撮影環境は……

タンダイ-d-1-02
▲こんな感じでした!

で、どう撮影していたかと申しますと…、

タンダイ-d-1-04
▲ボードゲームタワーの上にiPadを乗せて、
▲俯瞰で撮影していた感じです…!

これからも、こんなカタチで、
ドッカーン!」や「ストライク」の動画を
配信していけたらと思っています!



「タンブリンダイス」 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧








記事を閉じる▲

【2016/11/03 00:01】 | プレイ記 【タグ】 タンブリンダイス  
|


アゴ
10万プレビューおめでとうございます!

タンブリンダイスは動画で見た方が面白さが伝わって良かったです(´ω` )/

ありがとうございます!
星屑トランペッター
動画のアップは、かなり悩んだんですが…、

アクション系のボードゲームの記事は、
静止画と文字だけでは限界がありましたので、
この機会にとトライしてみました!

タンブリンダイスの場合、
どんな力加減だと、どんな飛び方をするか…みたいなのが、
お伝えできたのではないかと思っています♪( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「ワインレーティング」




☆プレイ記その1(3/3)

初回:プレイ記その1(1/3)

前回:プレイ記その1(2/3)
今回:プレイ記その1(3/3)←いまココ


陣取りゲーム「ワインレーティング」の初プレイも、いよいよ大詰め!

第2ラウンド3529と逆転に成功した星屑は、
下戸ながらに勝利を目指します…!



★第3ラウンド

やはり、まずはラウンド前の準備から。

①ワイナリーに置かれている同色のコインを回収する。

ワイレー-p-1-3-11
▲前ラウンドの終了時のワイナリーは、こんな感じでしたので、
各ワイナリーの各色のコインの半数(切り下げ)を除去すると…、

ワイレー-p-1-3-12
▲2枚のコインは1枚に減らし、
▲1枚のコインはそのままとなりました。

各色のコインが同数になったワイナリーは、
もともとオーナーだった色のプレイヤーが、引き続きオーナーとなります。

今回の場合は、
下から3列目の「カリフォルニア」が該当しますね。


②スタート時と同じように、評価カードを配る。

ワイレー-p-1-2-18
▲場に2色2枚ずつの評価カードを配置してから、
▲残りのカードを各プレイヤーに配り…、

ワイレー-p-1-2-19
ドラフトします!

そして星屑第2ラウンドに続き、
このラウンドも「スワリング」を入手できませんでした…( ̄▽ ̄;)


③各プレイヤーは、コインを4枚ずつ補充する。

最後に、このラウンドのコイン4枚を受け取ったら準備完了です!
さあ、最終ラウンドに突入してまいりましょう…!



☆しーぷ1ターン目→星屑1ターン目
ワイレー-p-1-2-20
しーぷは2人のワイナリーが交差する場所に「雄大な広がり」を、
星屑は自分のワイナリーが交差する場所に「バランス良い」を、
▲それぞれ配置しました。


星屑「いきなり"雄大"…?」
星屑「その3点は、しーぷイタリーだけじゃなくって、」
星屑「俺のボルドーにも入る…ってことは、」
星屑しーぷボルドーを奪いにくるつもりかな…?」チラッ

しーぷ「さあ、どうでしょう」…コホン

しーぷ「で、星屑の方は、静かな立ち上がりってわけね」

星屑「ま、まぁ、ラウンドの初手だからね…」

星屑「(ここで大きい数字を置いたら、)」
星屑「(しーぷが持っているであろう「スワリング」で、)」
星屑「(絶対に持っていかれちまうからなァ…)」


自分の「スワリング」が0枚ということは、
相手は「スワリング」を2枚持っているかもしれない…!
(伏せカードの中という可能性も大いにありますが)

終盤戦になるにつれ、
お互い腹の探り合いが加速しはじめます!!



☆しーぷ2ターン目→星屑2ターン目
ワイレー-p-1-2-21
しーぷは「ドイツ」にコイン2枚を投資して、
星屑は自分のワイナリーの交差点に「凝縮感」を配置しました。


しーぷ「ここでタテ列に参入させてもらうね」
しーぷ「ドイツを買収…じゃなかったドイツに投資!」

星屑「ん、なるほど、そう来たか…!」

ワイレー-p-1-3-13

星屑「(ドイツのタテ列の3ヵ所の空きスペースのうち、)」
星屑「(しーぷのヨコ列と交差しているのは1ヵ所で、)」
星屑「(俺のヨコ列と交差しているのは2ヵ所……)」

ワイレー-p-1-3-14

星屑「(俺自身の列に、俺はマイナスカードを置きたくないし、)」
星屑(しーぷの交差点にマイナスカードを置こうものなら、)」
星屑「(それは「スワリング」で配置転換されてしまう……)」

ワイレー-p-1-3-15

星屑「(つまり、このドイツのタテ列に、)」
星屑「(俺はおいそれと評価カードを置けないってわけだ…!)」

星屑「(これぞしーぷ裏必殺技であるところの、)」
星屑「(羊包囲網【シープ・サイクロン】か!)」

星屑「(とはいえ、しーぷの残りコインは2枚になったから、)」
星屑「(どうやら「スワリング」は手札に1枚しかないようだし、)」
星屑「(その1枚はマイナスカード対策に使ってくるはずだから…、)」

星屑「(ここは、ほどほどに自分の点数を上積みしておこう)」

星屑「よし、オーストラリアカリフォルニアに"凝縮感"!!」

しーぷ「自分の交差点に2点カード…控えめね…?」

星屑「(こういう数字に対しては、「スワリング」を使いにくかろう…!)」



☆しーぷ3ターン目→星屑3ターン目
ワイレー-p-1-2-22
しーぷは自分の交差点に「王侯貴族御用達」を配置して、
星屑しーぷの列に「ダシの効いた」を配置しました。


しーぷ「ここはこれしかない!」
しーぷ「"王侯貴族御用達"!!!!」

星屑「(いやに序盤からガンガン飛ばしてくるなァ)」
星屑「(もしかしたらマジで「スワリング」を2枚とも握ってて、)」
星屑「(俺に「スワリング」がないことを知ってるのかも…?)」

星屑「(どのみち、ここからは選択肢も限られてくるし…、)」

星屑「じゃあ、そのヨコ列に"ダシ"を効かせよう」

しーぷ「うーん、そうだよね……」



☆しーぷ4ターン目→星屑4ターン目
ワイレー-p-1-2-23
しーぷは自分の列に「ヴィンテージ」を配置して、
星屑は自分の列に「桃源郷」を配置しました。


しーぷイタリーのワインを"ヴィンテージ"に!」

星屑「(そのタテ列だけ、まだ誰もオーナーになってないんよね)」
星屑「(それにしても、やたら目立つ列になったなァ…!)」

ワイレー-p-1-3-16

星屑「(ここに釣り針を垂らしてみたら、)」
星屑「(しーぷが引っかかってオーナーになるかもしれんぞ…!)」

星屑「じゃあ俺は、カリフォルニアを"桃源郷"にする!」

しーぷ「ほう……」



☆しーぷ5ターン目→星屑5ターン目
ワイレー-p-1-2-24
しーぷは「ヤマナシ」にコイン2枚を投資して、
星屑は自分の交差点に「5月の風と妖精」を配置しました。


しーぷ「そのヤマナシ買った!」

星屑「(よし、釣れた…!)」

星屑「(これでしーぷコインを使い切ったから、)」
星屑「(もはや「スワリング」も投資もできないし…、)」

星屑「(一方の俺はコインを4枚とも温存してるから、)」
星屑「(ヤマナシを強奪することができる!)」

星屑「じゃあ、俺は自分の交差点に"5月の風"を置かせてもらおう!」

しーぷ「え、5点カードを2枚とも持ってたの…!?」

星屑「(その代わり、「スワリング」は0枚だったんだけどね…)」



☆しーぷ6ターン目→星屑6ターン目
ワイレー-p-1-2-25
しーぷは2人の交差点に「ワイン的な何か」を配置して、
星屑は2人の交差点に「酢です」を配置しました。


しーぷ「はい、オーストラリアイタリーは""でした!」

星屑「じゃあ、ドイツスペインは"ワイン的な何か"でした!」


もはや残っている空きスペースは、
いずれも2人のワイナリーの交差点のみです。

このマイナスカードは、痛み分けってことになりますね。



☆しーぷ7ターン目→星屑7ターン目
ワイレー-p-1-2-26
しーぷは2人の交差点に「芳醇」を配置して、
星屑は「ヤマナシ」にコイン2枚を投資しました。

ワイレー-p-1-3-17
▲その「ヤマナシ」ですが、
▲現オーナーのしーぷのコイン数を、
▲後追いの星屑上回れていませんので、
▲この時点では依然としてしーぷがオーナーです。


星屑「(この時点では、ね……)」



☆しーぷ8ターン目→星屑8ターン目
ワイレー-p-1-2-27
しーぷは2人の交差点に「個性的」を配置して、
星屑は立て続けに「ヤマナシ」にコイン2枚を投資しました。

ワイレー-p-1-3-18
▲さあ、これで星屑しーぷのコイン数を上回りましたので、
▲「ヤマナシ」のオーナー星屑になりました!


しーぷ「あー、これは完敗だ…!」

星屑「よし、狙い通りの展開になってくれた!!」



これで全てのターンが終了しましたので、
最後の得点計算に入っていきましょう!

ワイレー-p-1-2-28
伏せカードの内訳はこちら!


星屑しーぷスワリングを持ってると思ってた」

しーぷ星屑スワリングを持ってると思ってた」

星屑「まさか2枚とも伏せカードだったとは…!」

しーぷ「こんなこともあるんだねぇ」


ワイレー-p-1-2-29
▲それではカウントしていきましょう。

星屑は、
タテ列の「ヤマナシ」が9点で、
タテ列の「オーストラリア」が6点で、
タテ列の「ボルドー」が6点で、
ヨコ列の「カリフォルニア」が5点で、
ヨコ列の「スペイン」が6点で、
同色ボーナスが2列で8点でした!

しーぷは、
タテ列の「ドイツ」が-1点で、
ヨコ列の「イタリー」が5点で、
ヨコ列の「ブルゴーニュ」が4点で、
同色ボーナスはありませんでした。

結果は文句なしで…、

ワイレー-p-1-2-30
星屑の勝利です!!


星屑「ところで、」
星屑「この得点トラックって、なんで55点止まりなんだろう?」

しーぷ「"55"って数字に、なにかワイン的な意味があるのかな…?」



はい、というわけで、
ワインレーティング」の初プレイでした!

表面的にはネタ満載の面白ゲームで、
内面的にはガチガチの戦略ゲームで…、

ほんと、たった16枚のカードから溢れ出る"凝縮感"を感じます!

2人プレイでは、真っ向からの殴り合いになりましたが、
3人プレイ以上になると、また違った味わいになりそうですので…、

次はウチのボードゲーム会に持ち込んでみようと……
って、よく考えたら、これ妻が買ったんでしたね。

しーぷに、持ち込んでもらいたいと思います!( ̄▽ ̄*)



今回も、
最後までご覧いただいて、ありがとうございました!


星屑しーぷは、一緒にワインを飲むことはできませんが、
このゲームなら、一緒にプレイしていけそうです…!


管理人・星屑トランペッター



「ワインレーティング」 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/10/31 19:10】 | プレイ記 【タグ】 ワインレーティング  
|
ボードゲーム
「ワインレーティング」




☆プレイ記その1(2/3)

前回:プレイ記その1(1/3)
今回:プレイ記その1(2/3)←いまココ
次回:プレイ記その1(3/3)


さあ、
21の大差で迎える「ワインレーティング」の第2ラウンドです!

星屑は、少しでも差を縮めていきたいところ…!



★第2ラウンド

次のラウンドに進むためには、
3つの準備をする必要があります。


①ワイナリーに置かれている同色のコインを回収する。

前のラウンドまでにワイナリーに置かれたコインのうち、
半数(切り下げ)を箱に回収します

(つまり、ゲームから除外します)

↓具体的な数はこちら↓

ワイレー-p-1-3-01
▲同色のコインが2枚置かれているワイナリーからは、

ワイレー-p-1-3-02
▲コインを半数の1枚回収することになります。



②スタート時と同じように、評価カードを配る。

ワイレー-p-1-2-02
▲まずは、場に2色2枚ずつ評価カードウラ向きで並べてから、

ワイレー-p-1-2-03
▲残りのカードを各プレイヤーに手札として配り、

ワイレー-p-1-2-04
▲その手札の半数を交換します。



③各プレイヤーは、コインを4枚ずつ補充する。

ワイレー-p-1-2-05
▲毎ラウンド、コインは4枚使えるというわけですね。



これで準備が整いましたので、
第2ラウンドを始めてまいりたいと思います!

なお、スタートプレイヤーは、
前のラウンドまでの累計点が低かった星屑です。



☆星屑1ターン目→しーぷ1ターン目
ワイレー-p-1-2-06
星屑しーぷのワイナリーの列に「酢です」を置き、
しーぷは自分のワイナリーの列に「清らか」を置きました。


星屑「やーい、イタリーのワインは""でやんの!」

しーぷ「ちょ、初手から""とか凶悪すぎるでしょ…!」

星屑「この突き抜ける酸味を味わうがいい!」

しーぷ「いいよ、カリフォルニアのワインは"清らか"なんだから…!」



☆星屑2ターン目→しーぷ2ターン目
ワイレー-p-1-2-07
星屑しーぷのワイナリーの列に「個性的」を置き、
しーぷは自分のワイナリーの列に「凝縮感」を置きました。


星屑「いきなり""に"凝縮感"を醸し出してきた…だと…?」

しーぷ「これが王侯貴族御用達になった前例があるからね」

星屑「わからん!」
星屑「やっぱり王侯貴族たちの好みが分からん!」

しーぷ「で、星屑は、またマイナスカードを置いてからに…」

星屑「いや、だってさ、」
星屑駅館川の清らかさは個性的だし!」

しーぷ「もうカリフォルニアに駅館川は流さなくていいから…!」



☆星屑3ターン目→しーぷ3ターン目
ワイレー-p-1-2-08
星屑は「オーストラリア」のワイナリーにコイン2枚を投資して、
しーぷは自分のワイナリーの列に「王侯貴族御用達」を配置しました!


星屑ヤマナシのワインは""だし"個性的"だし、」
星屑「えらいことになってるけど…、」

星屑オーストラリアは"清らかな凝縮感"でいい感じやね」

星屑「ここはオーストラリアに投資しとこう!」

しーぷ「じゃあ今のうちに、カリフォルニアのワインを、」
しーぷ「"王侯貴族御用達"にしておこうかな」

星屑「う、今度は酢じゃなくて駅館川が王侯貴族御用達か!」

しーぷ「もういいよ!」
しーぷもう駅館川は聞き飽きたよ…!



☆星屑4ターン目
ワイレー-p-1-2-09
星屑は自分のワイナリーの列が交差する場所に「桃源郷」を配置!


星屑「ここだ!」
星屑「このスペースに"桃源郷"を置けば、」
星屑「俺のオーストラリアスペインプラス5点になる…!」

しーぷ「そっか、」
しーぷタテ列にもヨこ列にも自分のワイナリーがあったら、
しーぷそれがクロスするスペースは""になるわけね



☆しーぷ4ターン目
ワイレー-p-1-2-10
▲ここで、しーぷは「スワリング」の効果を発動!!

その手順は…、

ワイレー-p-1-3-03
▲まず、任意の空きスペースに、
▲「スワリング」を配置して、その上にコイン2枚を乗せます。
(この「スワリング」は+2点の扱いです)

ワイレー-p-1-3-04
▲次に、配置済みの評価カードの中から、
場所を入れ替えたいカードを選んで…、

ワイレー-p-1-3-05
そのカードと「スワリング」を配置転換!!

これにより、星屑のワイナリーの列には「-2」が、
しーぷのワイナリーの列には「+2」が再配置されました…!


しーぷ自分のワイナリーのクロスするスペースっていうのをヒントに、」
しーぷ「入れ替え先を考えてみたよ」

星屑「クロスするスペース……」
星屑「って、俺のワイナリーがクロスしてる場所に、」
星屑マイナスカードを持ってきたわけか…!」

ワイレー-p-1-3-06
星屑オーナーの「ボルドー」も「スペイン」も-2点!!


星屑「これは…してやられた!」

星屑「それにしても、」
星屑自分の点を上げつつ、相手の点を下げるなんて…、」

星屑スワリング…おそろしい子!


そういえば、カードに書いてあったんですが、

ワイレー-p-1-3-07
▲「スワリング」というのは、
ワインを反時計回り(右利き)に回すことなんですね!
▲下戸の星屑、またひとつ賢くなりました…!( ̄▽ ̄ )



☆星屑5ターン目
ワイレー-p-1-2-11
星屑は自分のワイナリーの列に「5月の風と妖精」を配置!


星屑「我がボルドーに"5月の風"が吹き抜けるぜ!」

しーぷ「いま10月だよ?」

星屑「ってことは風力が倍だな!」

しーぷ「ちょっとなに言ってるか分かんない…( ̄▽ ̄;)」



☆しーぷ5ターン目→星屑6ターン目
ワイレー-p-1-2-12
しーぷは「ブルゴーニュ」にコイン2枚を投資して、
星屑はその列に「ダシの効いた」を配置しました!


しーぷ「じゃあ、よく分かんないんだけど、」
しーぷ「その5月の風とやらに投資してみるよ」

星屑「でも、その5月の風には…、」
星屑「よく"ダシが効いている"のでした!」

しーぷダシの効いた風が吹くブルゴーニュなんていやすぎる…!」



☆しーぷ6ターン目→星屑7ターン目
ワイレー-p-1-3-08
しーぷは自分のワイナリーの列に「ビロード」を配置して、
星屑は自分のワイナリーの列に「ヴィンテージ」を配置しました。


しーぷ「それでも"ビロード"のような滑らかさがあれば、」
しーぷちょっとは誤魔化せるかもしれない…!」

星屑「誤魔化すのかよ!」
星屑「って、点数的にはマジで誤魔化せてるし…!

ダシの効いた」→-3点
ビロード」→+3点



☆しーぷ7ターン目→星屑8ターン目
ワイレー-p-1-2-14
しーぷは2人のワイナリーが交差する列に「芳醇」を配置して、
星屑は「カリフォルニア」にコイン2枚を投資しました!!

ワイレー-p-1-3-09
▲「カリフォルニア」にはしーぷのコインが1枚ありましたが、
星屑がコインを2枚置いて、しーぷのコイン数を上回りましたので、
▲「カリフォルニア」のオーナーしーぷから星屑に移ります…!


しーぷ「ぎゃー、いちばんの稼ぎ頭が!!!」

星屑「これを強奪できたのは美味しいわ…!」


スワリング」を使ったしーぷは、投資の1ターンを失っていますので、
これで第2ラウンドの得点計算となります。

ワイレー-p-1-2-15
▲伏せカードの内訳は、こんな感じでした!


星屑「"王侯貴族御用達"が"ワイン的な何か"だったんですが、」
星屑「それは……」

しーぷ「きっと、王侯貴族にしか分からない味があるんだよ…( ̄▽ ̄;)」


ワイレー-p-1-2-16
▲それぞれカウントしていくと……

星屑は、
タテ列の「オーストラリア」が8点で、←凝縮感のある桃源郷
タテ列の「ボルドー」が2点で、←10月の風が吹くワイン的な何か
ヨコ列の「カリフォルニア」が2点で、←王侯貴族御用達のワイン的な(ry
ヨコ列の「スペイン」が10点で、←ヴィンテージの桃源郷
同色ボーナスが1列で4点でした!

しーぷは、
ヨコ列の「イタリー」が3点で、←凝縮された酢
ヨコ列の「ブルゴーニュ」が5点で、←ダシの効いた風とビロード
同色ボーナスはありませんでした。

結果、大差のポジションがひっくり返って…、

ワイレー-p-1-2-17
星屑、驚きの大逆転です!!


しーぷカリフォルニアをとられたのが響いたね…」

星屑「あれ、同色ボーナス込みで、実質6点になったからね!」
星屑カリフォルニアがなかったら逆転できてなかった」

しーぷ「うーん、それじゃあ、」
しーぷ「次のラウンドで逆転サヨナラを狙いましょうかね…!」



えっと実は、ここだけの話、
第2第3ラウンドのプレイ記はさらっと流すつもりだったんですが、
…なんて嬉しいお言葉をいただいたので、私星屑、張り切っちゃって、
ボリュームを落とさずに最後までプレイ記を書き切ることにしました!

それで、当初の予定では全2編のプレイ記でしたが、

フルボリュームだと、どうしても、
プレイ中の会話を録音したボイレコとの格闘に、
時間がかってしまいますので…、

全3編に変更させてもらいます。

ということで、次回こそ最終回です!

逆転した星屑が逃げ切るのか、
それともしーぷの再逆転があるのか…?

どうぞ、お楽しみに!



「ワインレーティング」 関連記事
→次回:プレイ記その1(3/3)
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/10/30 20:10】 | プレイ記 【タグ】 ワインレーティング  
|
ボードゲーム
「ワインレーティング」




☆プレイ記その1(1/3)

今回:プレイ記その1(1/3)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/3)


大分県宇佐市で「ワインレーティング」!

ついに、ついにです!

星屑の妻しーぷが、
自分でボードゲームを購入しました!!

今まで、夫婦折半でボードゲームを購入したことはあったんですが、
しーぷが自分で欲しいタイトルを見つけて購入したのは初めて…!

そんな記念すべきしーぷ1箱目のボードゲームは、
陣取りゲーム「ワインレーティング」!

これをしーぷ星屑2人でプレイしてまいりたいと思います!!



★ゲームの準備

ワイレー-p-1-1-01
▲まずは、ワイナリーカードこんな感じで並べます。
▲このとき、カードの内容は気にしなくてOKです。


ワイレー-p-1-1-02
▲次に、16枚評価カードを、

ワイレー-p-1-1-03
シャッフルして、ひとつの山にします。

評価カードは2色の混合ですので…、
星屑色別にシャッフルしてから、"たがいちがい"な山をつくりました。
(※マニュアル的には色関係なくシャッフルっぽいです)

その後、評価カードの山から、
2色のカードを2枚ずつ取り出して、

ワイレー-p-1-1-04
こんな感じに、ウラ向きで配置します。
(このウラ向きのカードは、ラウンド終了まで非公開です)

評価カード16枚のうち、4枚を配置して、
残る評価カードは12枚になりました。

この12枚をすべてプレイヤーに配って、手札にします。

2人プレイなら、1人6枚ずつ
3人プレイなら、1人4枚ずつ
4人プレイなら、1人3枚ずつ

…といった具合です。

最小公倍数って便利ですね…!( ̄▽ ̄*)

ワイレー-p-1-1-05
2人プレイの場合は、手札6枚ずつとなります。

各プレイヤーは、自分の手札の内容をチェックして…、

ワイレー-p-1-1-09
手札の半分左隣のプレイヤーに渡します。
▲いわゆる"ドラフト"ってヤツですね!

2人プレイの場合は、左隣というか単純に相手に渡します。
3人プレイの場合は、4枚の半分の2枚を左隣のプレイヤーに渡し、
4人プレイの場合は、1枚だけを左隣のプレイヤーに渡すようです。


ワイレー-p-1-1-10
星屑は、6枚の半分の3枚しーぷに渡しました。

手札に残したのは、
最大の「」と、最小の「-3」と、
どうやら強力なカードらしい「0(スワリング)」です。

星屑しーぷ3枚渡したということは、
しーぷ星屑3枚渡すということで…、


ワイレー-p-1-1-11
しーぷからは、「」「-2」「」の3枚がやってきました。
▲これが、第1ラウンド星屑の手札になります。


そして、各プレイヤーは…、

ワイレー-p-1-1-06
プレイヤーカードコイン4枚を受け取ります。
▲4色あるうちの、好きな色を選びましょう。

使わない色のプレイヤーカードとコインは箱へ戻し、
使う色のコインのあまり(8枚ずつ)は箱から出しておきます。


最後に、スタートプレイヤーを適当な方法で決めるんですが…、


しーぷ「どうやって決めようか?」

星屑「そうやね、じゃあお酒が弱い俺からってことで」

しーぷ「え、あ、はい、そうだね、」
しーぷなんかよく分からないけど、それでいこう…!( ̄▽ ̄;)」


ワイレー-p-1-1-07
▲下戸な星屑スタートプレイヤー用コルクを受け取ります。

あ、そうそう、忘れていましたが…、

ワイレー-p-1-1-08
コインプレイヤーカードの上に乗せておくとグッドです!

コインは必ず2枚1組で使うんですが、
左の2枚が1回目、右の2枚が2回目…と、
これで一目瞭然になりました!!


さて、準備が完了しましたので、ゲームを始めてまいりましょう!



このゲームはターン制です。
スタートプレイヤーから時計回りで進行します。

そして、自分のターンにできることは、

・カードを空きスペースに配置する〈評価〉

または、

・コイン2枚をワイナリーに置く〈投資〉

…この2択です。

まずは、
カードを配置することで、各ワイナリーを〈評価〉していきます。

〈評価〉は「点数」によってあらわされて、
各ワイナリーには点数が付けられていきます

そして、
点数が付けられたワイナリーに、コイン〈投資〉することで、
そのワイナリーの"オーナー"になることができて、
自分がオーナーとなったワイナリーの点数が、
そのまま自分の得点となる
わけです。


と、説明はこんなところで、
とりあえずゲームを進めてみましょう!



★第1ラウンド

""には16枚の評価カードを配置するスペースがあり、
そのうち4枚は、すでに伏せて置かれています。

プレイヤーは、
残る12枚ぶんの空きスペースに、
手札からカードを配置して〈評価〉することができます。


☆星屑1ターン目
ワイレー-p-1-1-12
星屑は、このスペースに手札から評価カードを配置しました。

ワイレー-p-1-1-13
▲評価カードには「点数」の表示があり、
▲さらに、"評価内容"も記されています。

カードを配置するときに、この評価内容を読み上げると、
すごく"それっぽく"レーティングすることができるようです!


星屑「このワイナリーのワインはね、」
星屑まるで駅館川の流れのように"清らか"なんよ!

しーぷ「えっと、駅館川って、いうほど清らかだっけ…?」

しーぷ「てか、この会話、そのままプレイ記に載せるんだよね?」
しーぷ宇佐市を流れる川なんて、誰も知らないでしょうに…( ̄▽ ̄;)」

星屑「しょうがないやん、」
星屑「なんか、まっ先に浮かんだのが駅館川やったんやけん…!」

※ちなみに、"やっかんがわ"って読みます。


ワイレー-p-1-1-15
▲さて、星屑が「1点」の評価カードを配置したことにより、
▲このカードと同列のワイナリーが、それぞれ「+1点」となりました!

こうして評価カードを配置していくことによって、
8ヵ所のワイナリーに点数が付いていくわけです。



☆しーぷ1ターン目
ワイレー-p-1-1-14
しーぷは「1点」の評価カードを配置。


しーぷ「オーストラリアのワインはね、」
しーぷ"清らか"な上に"バランス"も良いんだよ

星屑「そのさ、ワインのバランスって何なんだろうね?」

しーぷ「そういえばそうね。ワインのバランス……」

星屑「…あれか、シャンパンタワー的な?」

しーぷ「いや、そんな物理的なバランスじゃない思う…( ̄▽ ̄;)」



☆星屑2ターン目
ワイレー-p-1-1-16
星屑は「-2点」の評価カードを配置。
▲このカードのタイトルは、なんと「酢です」…!


星屑「スペインのワイナリーなんやけど、」
星屑実は""で"バランス"を取っとったんよ!

しーぷ「え、え、どういうことなの?」

星屑「要するに、酢のシャンパンタワーってことやね」

しーぷ「なんかゴチャ混ぜになってるし…!」


これで、右下の「スペイン」の点数は、1-2=-1点に…。
そりゃ、酢だったんですもんね…( ̄▽ ̄;)



☆しーぷ2ターン目
ワイレー-p-1-1-17
しーぷは「2点」の評価カードを配置。


しーぷ「ブルゴーニュのワイナリーのワインは、」
しーぷ"凝縮感"があってドレッシーな魅力があるんだよ

星屑「それ、ヨコ列のブルゴーニュはいいかもしれんけどさ、」
星屑「タテ列のボルドー酢が凝縮されちゃった感じなんだけど…」

しーぷ「大丈夫。ボルドーのワイナリーのオーナーにはならないから!」

星屑「うわ、ボルドーかわいそう…!」



星屑3ターン目
ワイレー-p-1-1-18
▲ここで星屑は「-3点」のカードを配置!!!


星屑「あまりにもボルドーがかわいそうやけん、」
星屑「ブルゴーニュも道連れに……」

星屑「えっと、」
星屑「ブルゴーニュのワインは、めっちゃ"シが効いてる"から!
星屑まるで田舎の味噌汁を思い出す、ダシと埃の味わいだから!

しーぷ「うわ、その上、"凝縮感"があるなんて…、」
しーぷさよなら、ブルゴーニュ……


とばっちりで「ブルゴーニュ」は、2-3=-1点に…!

得点が、いとも簡単に変動していきます!!



☆しーぷ3ターン目→星屑4ターン目
ワイレー-p-1-1-19
しーぷが「4点」の「ヴィンテージ」カードを置くやいなや、
星屑は「ボルドー」に2コイン〈投資〉しました!


星屑酢が凝縮されちゃった感じのワインなのに、」
星屑「"ヴィンテージ"って付くだけで、」
星屑「こんなにも評価が上がるなんて…!」

しーぷ「ヴィンテージって、なんかすごそうな響きだもんね」

星屑「よし、俺はボルドーのワイナリーに投資するぞっ!」

ここでルールの補足です。

〈評価〉ではなく〈投資〉をするときには、
必ず自分のコインを2枚使います。

同じワイナリーに2枚とも置くか、
違うワイナリーに1枚ずつ置くか、
どちらかを選ぶことができます。

まだコインが置かれていないワイナリーに置いたら、
そのワイナリーは自分がオーナーになります。

すでにコインが置かれているワイナリーに置く場合、
そのワイナリーに、いちばんコインを置いているプレイヤーの枚数を上回れば、自分がそのワイナリーのオーナーになれます。

このゲームの得点は、自分がオーナーになっているワイナリーからしか稼げませんので、1ラウンドにつき4枚のコインを上手く使って、評価が高いワイナリーのオーナーを目指しましょう!




☆しーぷ4ターン目
ワイレー-p-1-1-20
▲一方のしーぷも、「イタリー」に2コインを置きました。


しーぷイタリーは、いまのところ"ヴィンテージ"なだけだからね」
しーぷ「これからの成長が楽しみ…!」

星屑「なるほど、将来性をとったというわけか!」



☆星屑5ターン目
ワイレー-p-1-1-21
星屑は立て続けに投資します。
▲「スペイン」にコイン2枚!!


星屑「じゃあ俺は、」
星屑「"バランスの良い酢"のスペインの可能性に賭けてみよう!」

しーぷ「わ、そこのオーナーをかって出ちゃうの…!?」



☆しーぷ5ターン目
ワイレー-p-1-1-22
しーぷも2ターン連続で投資!!
▲今度は「カリフォルニア」にコイン2枚です。


しーぷ「私はしっかりと、将来性のあるところを押さえていくよ!」

星屑「えっと、これで2人ともコインを使い切ったから、」
星屑「あとは手札勝負ってことになるね」

しーぷ「あ、ほんとだ、いつの間にかコインがなくなってた…( ̄▽ ̄;)」



☆星屑6ターン目
ワイレー-p-1-1-23
▲ここで星屑は、
▲とっておきの5点カード5月の風と妖精」を配置!


星屑「"バランスの良い酢"のワインとは、すなわち、」
星屑"5月の風と妖精"を表現したものだったのさ!

しーぷ「えっと、ぜんぜん意味が分かんないんだけど…( ̄▽ ̄;)」

星屑「大丈夫、俺もまったく分からん!」
星屑なんたって下戸だし!

しーぷ「いや、酒豪でも分かんないと思うよ…!」



☆しーぷ6ターン目
ワイレー-p-1-1-24
しーぷは「3点」のカードを配置。


しーぷ「カリフォルニアのワインはね、」
しーぷ清らかで、そして"雄大な広がり"を感じさせてくれるんだよ

星屑「でも、その清らかさは駅館川だよね?」

しーぷ「いやカリフォルニアに駅館川はないから!」
しーぷ「てか、どんだけ駅館川が好きなの…!?」



☆星屑7ターン目
ワイレー-p-1-1-25
星屑は「スワリング」のカードを配置。

はい、ここで、もう1つ補足です。

スワリング」のカードには、
2通りの使い道があります。

「0点」のカードとして使う。

または、

コインを2枚置いて、「スワリング」の効果を使う。

…このどちらかです。


「0点」のカードとして使う場合は、
他の点数のカードと同じように処理します。


「スワリング」を行う場合は、

まず、
「スワリング」のカードを空きスペースに配置して、
その上にコインを2枚乗せます。


2枚のコインを乗せた「スワリング」のカードは、
「2点」として扱います。


その後、
配置した「スワリング」のカードと、
すでに配置されている他のカード1枚の、
場所を入れ替えます。


入れ替えるときは、
オモテ/ウラの向きを変えないようにしましょう
(つまり、伏せカードとも入れ替えられます)

この「スワリング」を上手く使えば、
自分のワイナリーが有利になるように、
評価カードを再配置できるかもしれません…!


しかし…、

ワイレー-p-1-1-26
▲今回は、乗せる2コインがありませんので、
▲普通に「0点」のカードとして配置するしかありませんでした…。

逆にいうと、「スワリング」を1回するということは、
かわりに〈投資〉が1回できなくなるということなんですね。



☆しーぷ7ターン目
ワイレー-p-1-1-27
しーぷも「スワリング」を「0点」として配置。



☆星屑8ターン目
ワイレー-p-1-1-28
星屑は「2点」のカードを配置しますが…、


星屑ぐ…、イタリーのワインが"芳醇"だなんて…!

しーぷ「私のワイナリーの評価を上げてくれてありがとう♪」


相手にだけ利がある配置になろうとも、
カードは必ず置かなければならないのです…!



☆しーぷ8ターン目
ワイレー-p-1-1-29
▲そして最後にしーぷのトドメの一撃が炸裂!!!!!
▲5点カードの「桃源郷」です…!


しーぷ「楽しみにしてたイタリーのワインが、」
しーぷついに"桃源郷"にまでたどり着いたみたいね

星屑「うわ、なんだろう、」
星屑イタリーのワインが、どことなく神々しい感じに…!



さて、これで手札もコインも使いきって、
第1ラウンドの得点計算となります。

ワイレー-p-1-1-30
▲まずは、伏せカードオモテにします。


星屑「げ、スペインのワインは、」
星屑「正確にはワインじゃなくて"ワイン的な何か"だったのか…!」

しーぷ「まぁ、""だしね…( ̄▽ ̄;)」

星屑「逆にボルドーは、」
星屑「""なのに"王侯貴族御用達"になってるし…!」

しーぷカリフォルニアも同じく"王侯貴族御用達"になれたね」
しーぷ「しっかりと将来性を見極められた感じで良かった♪」


…これで、16枚の評価カードが全て出揃いましたので、
各プレイヤーは、自分のワイナリーの点数を合計していきます。

星屑は、
タテ列の「ボルドー」が8点で、←酢だけど王侯貴族御用達
ヨコ列の「スペイン」が1点…!←ワイン的な何か

しーぷは、
ヨコ列の「イタリー」が9点で、←桃源郷が見えた
ヨコ列の「カリフォルニア」が8点!!←なるべくして王侯貴族御用達

さらに、
自分の列に同じ色のカードが4枚並んでいたら、
追加で「+4点」
となりますが…、

ワイレー-p-1-1-31
▲これをしーぷは「イタリー」で達成しました!

得点計算の結果……

ワイレー-p-1-1-32
▲いきなり大差です!!



さあ下戸の星屑、この差をひっくり返すことができるのでしょうか…?

次回に続きます!



「ワインレーティング」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/3)
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/10/29 00:01】 | プレイ記 【タグ】 ワインレーティング  
|
ボードゲーム
「パンデミック」




☆プレイ記その1(7/7)

初回:プレイ記その1(0/7)

前回:プレイ記その1(6/7)
今回:プレイ記その1(7/7)←いまココ


ついにゴールが見えてきたしーぷ星屑のチーム。

あとはもう最後まで突っ走るのみです…!



★星屑8ターン目

①4つのアクションを実行する

星屑「じゃあ、赤の治療薬を発見して来るけん!」

しーぷ「いってらっしゃい!」

パンデ-p-1-7-01
星屑1~3アクション目
星屑はバグダッドから出発して、2都市を通り、
調査基地のあるパリに戻りました。

パンデ-p-1-7-02
星屑4アクション目
▲そして、手札から赤カード5枚を捨てて…、

パンデ-p-1-7-03
赤の治療薬を発見!!!


星屑「さあて、」

星屑星屑立直【スターダスト・リーチ】!!!



②プレイヤーカードを2枚引く

現在、
しーぷの手札に黄カードが3枚、
星屑の手札に黄カードが2枚、
それぞれありますので…、

これ、何を引いても変わらんですね。( ̄▽ ̄ )

パンデ-p-1-7-04
▲まず、1枚目はアルジェ。

そして……

パンデ-p-1-7-05
▲2枚目はエピデミック!!!

何を引いても変わらんとかいいましたが、
このカードだけは別でした…!


星屑「完っ全に油断しとった!」

しーぷ「さっきまでのカード運に、かげりが出てきたかな…?」

星屑「確かに、そんな気がする…( ̄▽ ̄;)」


エピデミックの処理を進めていきましょう。

1.感染率の上昇

パンデ-p-1-7-06
▲まず〈感染率表〉のマーカーを、右へ1マス進めます。

これで「」のマスに到達してしまいましたので、
次の感染の処理以降は、感染カード3枚引くことになります…!


2.感染

パンデ-p-1-7-07
▲次に、感染カードの山いちばん下のカードを、

パンデ-p-1-7-08
公開して、捨て札にします。
▲公開された都市には、病原体コマ3つ配置。


星屑「端っこの方でよかった…( ̄▽ ̄;)」

しーぷアウトブレイクしても、影響が小さいからね」


3.度合いの増加

パンデ-p-1-7-09
感染カードの全ての捨て札を、シャッフルしてから、
感染カードの山札の上に乗っけます。


前回のエピデミックからの捨て札は、
赤カードが2枚に、青カード&黒カードが4枚。
これにヨハネスブルクが加わって…、

感染カードの山札の上から7枚のうち、
3枚がアウトブレイクを引き起こすカードということになりました…。



③感染の処理

星屑「7枚の中から3枚を引いて、」
星屑「特定の3枚を引かない確率って、どれくらいなんだろ…?」

しーぷ「案ずるより産むが易しっていうし、引いちゃいなさいな」

星屑「そうやね、とりあえず引いてみよう!」

パンデ-p-1-7-10
▲今回の感染は、パリとアルジェとエッセン

見事に全て根絶していました…!


星屑「うおっ、ぜんぶ当たり…だと…?」

しーぷ「カード運、かげってなかったね!」



★しーぷ9ターン目

①4つのアクションを実行する

しーぷ「あとは、星屑黄色のカードを渡して、」
しーぷ星屑黄色の治療薬を発見するだけだね」

星屑パリで待っとるけん!」

パンデ-p-1-7-11
しーぷは、手札から現在地の「デリー」の都市カードを捨てて、
チャーター便による移動を行います。

自分の現在地の都市カードを捨てれば、
世界のどこへでも飛んでいけるんです…!


しーぷ星屑は、もし現実でこのカードをゲットしたらどこに行きたい?」

星屑「…特に行きたいところはないから、チケット屋さんに売って、」
星屑「そのお金で、パソコンのケースと電源を買い換えるかな」

しーぷ「そういえば、メインのPCが不調なんだったね…」

パンデ-p-1-7-12
しーぷ1アクション目
しーぷ星屑のマスへチャーター便を飛ばし、

パンデ-p-1-7-13
しーぷ2~4アクション目
▲「研究員」の特殊能力で、
▲3枚の黄カード星屑に渡しました!!!


星屑これで5枚そろった…!

しーぷ「次のターンでフィニッシュだね!!」



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデ-p-1-7-14
しーぷが引いたカードは、この2枚。
エピデミックでさえなければ問題ありませんね。



③感染の処理

さて、感染カードの山札の上から4枚のうち、
根絶している感染カードは1枚しかありませんので…、

ここは確定で2回以上のアウトブレイクが発生します!!


しーぷ「って、確定でアウトブレイクって判ってたら、」
しーぷ「なんか逆に開き直れる感じだね」

星屑「心臓に優しいね」


とはいえ、心臓に悪いところも、
それはそれで、このゲームの醍醐味だったりしますが…( ̄▽ ̄*)

パンデ-p-1-7-15
▲1枚目はソウル

さっそく来てしまいましたね…!

パンデ-p-1-7-16
ソウルには、すでに3つの病原体があり、
1都市には3つまでしか病原体を置けませんので…、

アウトブレイクが発生しました!!!

ソウル線でつながる全ての都市に、
病原体が1つずつバラまかれます…!

パンデ-p-1-7-17
▲すなわち、北京上海東京に病原体を1つずつ配置!!!

幸いにも、この3都市の病原体は、いずれも3つ未満でしたので、
連鎖的なアウトブレイクには至りませんでした…!

これは、ほんと運が良かったと思います…。

パンデ-p-1-7-18
アウトブレイクが発生したらば、その回数を記録していき…、
合計8回目のアウトブレイクが発生すると、その時点で、
▲世界は大混乱となって敗北してしまうんです…( ̄▽ ̄;)

パンデ-p-1-7-19
▲2枚目は、根絶済みのシカゴ
▲そして3枚目はヨハネスブルグで…、

パンデ-p-1-7-20
▲これまたアウトブレイク発生!!!

パンデ-p-1-7-21
▲隣接するキンシャサハルツームに病原体を配置します。

ヨハネスブルグは隣接する都市が少なかったので、
被害がかなり小さくて済みました…!

パンデ-p-1-7-22
▲これで、アウトブレイク回数2回に。

しかしながら、パンデミックの反撃もこれまで…。



★星屑9ターン目

①4つのアクションを実行する

星屑「これが……」

星屑ファイナル・ターンだ!!!

パンデ-p-1-7-23
星屑は、調査基地があるパリで、

パンデ-p-1-7-24
星屑1アクション目
▲手札から黄カードを5枚捨てて…、

パンデ-p-1-7-25
黄の治療薬を発見!!!!


星屑終わったああああああああああ!!!!!

しーぷお疲れー!!!!!

パンデ-p-1-7-26
▲4つの治療薬が全て発見されて、
世界はパンデミックに打ち勝ったのでした…!(参考記録)



と、いうわけで、
久しぶりの「パンデミック」でしたが、
勝利することができました!(参考記録)

パンデ-p-1-7-27
▲プレイヤーカードの山札の残りは15枚(参考記録)。


今回は、いろいろな運のめぐり合わせが最高でした!

正直、役割で「危機管理官」を引いた時点で、
負けを覚悟していたんですが…、

序盤からイベントカードがどんどん出てくれたお陰で、
危機管理官」の能力を最高に引き出すことができて、
かなりゲームを有利に進めていけましたし、

カードの引きが強かったお陰で、
大ピンチに陥ることがありませんでしたし…。

いつだったか、星屑のテニス仲間のFさんは、

勝てるときはあっさり勝てて、負けるときはあっさり負けるゲーム

…という率直な感想を言っていましたが、
まさに、それの勝ちパターンの方だったように思います!


次回は、また違う役割カードを使って、
エピデミックカードも5枚に増やしてみたりして、
そして、なにより感染カードの処理を飛ばさないようにして、
プレイする予定です!



長いプレイ記を最後までご覧いただき、ありがとうございました!

しーぷ星屑の、パンデミックとの戦いはまだまだ続きます…!

管理人・星屑トランペッター



「パンデミック」 関連記事
→次回:

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2016/10/13 00:01】 | プレイ記 【タグ】 パンデミック  
|


アゴ
勝利おめでとうございます!
パンデミックいいですよね、みんなで協力する一体感が好きです^^*

もし興味がおありでしたら、「パンデミック・クトゥルフ」なんてどうでしょうか?
けっこうカツカツないいバランスに仕上がっていて面白いです!

ありがとうございます!
星屑トランペッター
>>アゴさん

おっしゃるとおり、
ほんと、このゲームの一体感は最高ですよね!

数ある協力ゲームの中でも、
パンデミックはマジで大好きなタイトルです!

そして「パンデミック・クトゥルフ」も、すごく興味があります!
いまは、まわりのプレイヤーが次々に購入しているのを、
ぼくも欲しいなーと指をくわえて見ている状態ですが…( ̄▽ ̄;)

いずれは「パンデミック・イベリア」ともども、
入手できたらと思っていますので、
そのあかつきには、必ずプレイ記を書きたいと思います!

パンデミックの世界での星屑の活躍に、ご期待ください!( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「パンデミック」




☆プレイ記その1(6/7)

初回:プレイ記その1(0/7)

前回:プレイ記その1(5/7)
今回:プレイ記その1(6/7)←いまココ
次回:プレイ記その1(7/7)


病原体の根絶は、必須ではありません。

根絶することでのメリットは大きく、
それが間接的に勝ちにつながることはありますが…、

根絶自体は勝利条件に含まれていません。

場合によっては、根絶を狙ってターンを浪費したばかりに、
肝心の、治療薬の発見が間に合わなかった…なんていう、
負けの要素にすらなってしまうこともあります…。

それでも、星屑黒の病原体の根絶にこだわったのは……



★しーぷ7ターン目

①4つのアクションを実行する

星屑「このカードを使ったらさ、」
星屑1ターンで黒の根絶ができると思うっちゃん」

パンデ-p-1-6-01
星屑は、手札から「空輸」のイベントカードをプレイ!

イベントカードは、
自分のターン中でなくとも、いつでも使うことができます。

そして、「空輸」の効果は、
プレイヤーのコマ1つを、いずれかの都市へ移動するというもの。


星屑しーぷのコマ、動かすけんね?」

しーぷ「うん、お任せするよ」

パンデ-p-1-6-02
星屑は「空輸」の効果で、
しーぷのコマをマイアミからモスクワへ運びます!

さて、ここから……

パンデ-p-1-6-03
しーぷ1アクション目
▲まずはモスクワの病原体を除去!!

モスクワには2つの病原体がありますが…、

パンデ-p-1-5-18
黒の治療薬が発見されていることにより、
▲黒の都市の病原体を除去する場合は、その全てを除去できます…!

パンデ-p-1-6-04
しーぷ2~3アクション目
▲お次は、イスタンブールを通ってバグダッドへ行き、

パンデ-p-1-6-05
しーぷ4アクション目
▲バグダッドの3つの病原も一気に除去!!!

これで…、

パンデ-p-1-6-06
▲世界から黒の病原体が消滅して、

パンデ-p-1-6-07
黒の病原体は"根絶"なりました…!


星屑「やった!」

しーぷ「やったね!」

星屑「これで、と黒2色の感染カードを無視できるけん、」
星屑「相っ当、楽になるよ…!」

しーぷ「あとは黄色の治療薬!!」
しーぷ「もうひと息ふた息、がんばろう!」



②プレイヤーカードを2枚引く

さて、しーぷはプレイヤーカードの山札からドローしますが…、

パンデ-p-1-6-08
▲その1枚目がエピデミックカード!!


しーぷ「わ、このタイミングで出るんだ」

星屑「あれ、これってもしかして、」
星屑ベストタイミングってヤツじゃないかな?」

しーぷ「どうゆうこと?」

星屑「いやさ、感染カードの捨て札に、」
星屑青カード黒カードが多いけん、」
星屑「山札の上に戻してくれるんだったら、」
星屑「めっちゃありがたいと思って」

しーぷ「そっか、その2色は根絶してるから、」
しーぷ「山札の上にあった方がいいもんね!」
しーぷ「確かにありがたいかも…!」


とりあえず、感染の処理を進めていきましょう。

1.感染率の上昇

パンデ-p-1-6-09
▲まず〈感染率表〉のマーカーを、右へ1マス進めます。

まだ「」ですので、
感染カードを引く枚数は2枚のままです。


2.感染

パンデ-p-1-6-10
▲次に、感染カードの山の、いちばん下のカードを、

パンデ-p-1-6-11
公開して、捨て札にします。
▲公開された都市には、病原体コマを3つ配置。

しかし、黒の病原体は根絶していますので、
病原体コマの配置を回避できました!


さて、ここで…、

しーぷこのカードを使っておこうと思うの」

パンデ-p-1-6-12
しーぷは手札から「人口回復」のイベントカードをプレイ!

このカードは、エピデミック時の、
感染度合いの増加の間にも使用することができるんです。

その効果は、
感染カードの捨て札の中から、1枚をゲームから除外できるというもの。

除外した感染カードの都市では、
以後、病原体が発生しなくなりますので、
どのカードを除外するか、考えどころです…!


しーぷ「思ったんだけど、」
しーぷ「いま、感染カードの捨て札の中に、」
しーぷ黄色の感染カード1枚だけなんだよね」

パンデ-p-1-6-13

星屑「確かに、マイアミ…だけやね」

パンデ-p-1-6-14

星屑マイアミといえば、病原体が3つもある都市か!」

しーぷ「でさ、唯一の黄色カードを除外してしまえば、」
しーぷ「残りは3色になるわけじゃん?」

星屑「そうやね。捨て札から黄色がなくなるけんね」

しーぷ「で、残った3色の中で、根絶してるから…、」

星屑「しばらくは赤の都市だけをマークしとけばよくなるってことか!」

しーぷ「どう?」

星屑「それでいこう!」

パンデ-p-1-6-15
▲「人口増加」の効果で、感染カードの捨て札のうち、
マイアミの感染カードをゲームから取り除きます…!

…話をエピデミックの処理に戻しまして、

3.度合いの増加

パンデ-p-1-6-16
感染カードの全ての捨て札を、シャッフルしてから、
感染カードの山札の上に乗っけます。


乗っけたカードの中には、黄カードが1枚もない!

この情報があるだけで、
ここから数ターンの難易度がガクッと下がりますね…!

パンデ-p-1-6-17
▲最後に、しーぷは2枚目のプレイヤーカードを引きました。



③感染の処理

パンデ-p-1-6-18
▲今回の感染はシカゴ大阪

シカゴ根絶で、

パンデ-p-1-6-19
大阪には3つ目の病原体

このあと、東京にもソウルにも上海にも、
3つ目の病原体が置かれていくことになりますが、
(感染カードの山札の上に乗っている)

赤の治療薬が発見されれば、
一気に病原体を3つずつ除去できますので…、
そこまで悲観する必要もなさそうです。

今回は、エピデミックのお陰で、
むしろ先が見通せる結果になりました…!




★星屑7ターン目

①4つのアクションを実行する

星屑「で、次は、」
星屑しーぷのところに赤カードをもらい行ったらいいんよね?」

しーぷ「ご足労、願えますか?」

星屑「うむ、くるしゅうない!」
星屑パリとバグダッドなんてご近所さんだ」

しーぷ「いや、盤上だから3マス圏内だけど、」
しーぷ「現実ではすごく遠いからね…!」

パンデ-p-1-6-20
星屑1~3アクション目
調査基地のあるパリミラノ→イスタンブールと移動して、
しーぷのいるバグダッドに到着!

赤カードの受け入れ態勢を整えてから…、

パンデ-p-1-6-21
星屑4アクション目
▲「危機管理官」の特殊能力を使って、
▲捨て札から「空輸」をピックアップ!

不測の事態(主にエピデミック)に備えて、
保険をかけておく感じです。



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデ-p-1-6-22
▲ここで引いてきたのが、
マイアミボゴタ黄カード2枚!!


星屑「うお、なんか俺の引きが神がかってる…!」

しーぷ赤の治療薬が見つかったら、」
しーぷ「そのまま黄色の治療薬になだれこめそうだね!」



③感染の処理

パンデ-p-1-6-23
▲今回の感染はアルジェとパリ
▲なんと、どちらも根絶済みの色でした!!


星屑「この流れで、この勢いで…、」
星屑「絶対に世界を救ってみせる…!」



★しーぷ8ターン目

①4つのアクションを実行する

パンデ-p-1-6-24
星屑しーぷのもとへ動きましたので、
▲あとはしーぷ星屑赤カードを渡すだけです!

パンデ-p-1-6-25
しーぷ1~2アクション目
しーぷは「研究員」の特殊能力で、
星屑赤の都市カードを渡します。


星屑
「これで赤の治療薬は見つかったも同然…!」

しーぷ「次のターン、お願いね」

パンデ-p-1-6-26
しーぷ3~4アクション目
しーぷはカラチを通ってデリーへ移動。

しーぷは手札に「デリー」の都市カードを持っていますので、
デリーで使うことで、世界のどこにでも飛べるようにしておくようです。



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデ-p-1-6-27
▲引いたカードは赤カード2枚。
▲これは、もはや移動にしか使わんでしょう。



③感染の処理

パンデ-p-1-6-28
▲今回の感染はエッセンソウル

エッセン根絶していて、

パンデ-p-1-6-29
ソウルには3つ目の病原体が置かれます。



先の展開が読めていると、
ほんと、このゲームはすんなりと進みますね。( ̄▽ ̄*)

次の星屑のターンには、赤の治療薬が発見されるとして、
残るは黄の治療薬1つだけ…!

ここからラストスパートをかけていきましょう!


次回に続きます!



「パンデミック」 関連記事
→次回:プレイ記その1(7/7)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/10/12 00:01】 | プレイ記 【タグ】 パンデミック  
|
ボードゲーム
「パンデミック」




☆プレイ記その1(5/7)

初回:プレイ記その1(0/7)

前回:プレイ記その1(4/7)
今回:プレイ記その1(5/7)←いまココ
次回:プレイ記その1(6/7)


青の病原体の根絶に成功したしーぷ星屑は、
次なる目標を黒の治療薬の発見に定めます。

しかし、その前にやらなければならないことがあって……



★星屑5ターン目

①4つのアクションを実行する

星屑「とりあえず、マイアミ病原体やね」

しーぷ「うん、よろしく!」

パンデ-p-1-5-01
星屑は、手札からリマの都市カードを捨てて、

パンデ-p-1-5-02
星屑1アクション目
エッセンからリマへひとっ飛び!

これでマイアミに肉薄して…、

パンデ-p-1-5-03
星屑2~4アクション目
ボゴタを通ってマイアミへ到達!
▲無事にマイアミ病原体1つを除去できました…!



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデ-p-1-5-04
▲引いたカードは香港ソウル
赤カード4枚も集まりましたが…、

パンデ-p-1-5-05
▲手札制限の7枚を超えてしまったので、
▲泣く泣く香港を捨て札にします…( ̄▽ ̄;)



③感染の処理

パンデ-p-1-5-06
▲今回の感染はパリマイアミ

青の病原体根絶していますので、パリへの感染はなく…、

パンデ-p-1-5-07
マイアミにのみ病原体を1つ配置します。

なんとかマイアミアウトブレイクを阻止できましたので、
次は黒の治療薬の発見に進みましょう…!



★しーぷ6ターン目

①4つのアクションを実行する

黒の治療薬を発見するには、
しーぷ星屑黒カードを渡す必要がありますので、
まずはしーぷ星屑を追っかけなければなりません。

パンデ-p-1-5-08
しーぷ1アクション目
エッセンから、調査基地があるパリへ移動して、

パンデ-p-1-5-09
しーぷ2アクション目
パリからは調査基地ワープアトランタへ飛び、

パンデ-p-1-5-10
しーぷ3アクション目
アトランタからマイアミへ移動して、星屑のいるマスへ到着!

最後に「研究員」の特殊能力を使って、

パンデ-p-1-5-11
しーぷ星屑黒カードのモスクワを渡しました!

パンデ-p-1-5-12
星屑は、またまた手札上限を超えてしまいましたので、
▲今度は上海を捨てて、手札を7枚に減らします。



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデ-p-1-5-13
▲ここでイベントカードを引いてきました!
▲捨て札の感染カード1枚を除外できる「人口回復」です!


星屑「また俺の仕事がはかどるな!」

しーぷ危機管理官がいると、」
しーぷ「ほんっとイベントカードの価値が上がるよね…!」



③感染の処理

パンデ-p-1-5-14
▲今回の感染は上海ソウル

パンデ-p-1-5-15
▲隣どうしの2マスに病原体を配置します。

これ、ちょっと赤の病原体がヤバイ感じですので、
そろそろ手を打っておかないと危なそうですね…。



★星屑6ターン目

①4つのアクションを実行する

さあ、しーぷから5枚目の黒カードを受け取った星屑が、
やるべきコトは一つ…!

パンデ-p-1-5-16
星屑1アクション目
マイアミから、調査基地のあるアトランタへ移動して…、

パンデ-p-1-5-17
星屑2アクション目
黒カード5枚を捨てて、黒の治療薬を発見!!

パンデ-p-1-5-18
▲これで折り返し地点まで来ました!
▲あと2つの治療薬を発見すれば、星屑たちの勝利です…!


星屑「さて、ここからどうする?」

しーぷ「選択肢としては、」
しーぷ「このまま黒の病原体を根絶させてしまうか、」
しーぷ次の治療薬を発見するか…だけど、」

星屑「黒の病原体が、わりと少ない感じやけん、」
星屑「根絶いけるかもしれんよ」

しーぷ「…そうね、黒の病原体を根絶させてしまってから、」
しーぷ赤の治療薬黄の治療薬って流れで押し切ろうか」

パンデ-p-1-5-19
星屑3アクション目
▲ひとまずは、黒の病原体を目指して、
調査基地ワープアトランタからパリへ飛びます。

そして…、

パンデ-p-1-5-20
星屑4アクション目
▲「危機管理官」の特殊能力で、捨て札から「予測」を回収。

これを即座に使って、
感染カードの山札の上から6枚をチェックします!

パンデ-p-1-5-21
▲うっ、これは…!
▲病原体まみれの黄カードが半分を占めていて、

パンデ-p-1-5-22
▲黒のバグダッドにも病原体が3つ…。
▲アウトブレイクにリーチがかかっています…!

と、なると…、

パンデ-p-1-5-23
▲並び替えはこんな感じに。

イヤなカードは後回し
にして、
とりあえず時間を稼ぎましょう…。


しーぷ「ところで…、」
しーぷ星屑は、夏休みの宿題は後回しにするタイプだったっけ?」

星屑おうともさ!」ドヤッ

しーぷ「そこで胸を張りなさんな…( ̄▽ ̄;)」

星屑「でもさ、働き始めて、夏休み自体がなくなったけん、」
星屑「おかげで夏休みの宿題からも解放されて幸せやわ!」

しーぷ「そんっなにイヤだったのね…夏休みの宿題…」



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデ-p-1-5-24
黒の根絶を目指そうと言った矢先に、
▲引いてきたのは赤カード…。
▲もう1枚の方は…イベントカードの「空輸」をゲットです!



③感染の処理

パンデ-p-1-5-25
▲今回の感染は東京のみ。

パンデ-p-1-5-26
日本付近が、わりとマジでヤバくなってきました…!



ひとつ判断を誤ると、あっさりと負けにつながってしまうのが、
この「パンデミック」というゲームですが…、

黒の根絶赤の治療薬発見という順番は、
果たして正解となりうるのでしょうか…?


次回に続きます!



「パンデミック」 関連記事
→次回:プレイ記その1(6/7)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/10/11 00:01】 | プレイ記 【タグ】 パンデミック  
|
ボードゲーム
「パンデミック」




☆プレイ記その1(4/7)

初回:プレイ記その1(0/7)

前回:プレイ記その1(3/7)
今回:プレイ記その1(4/7)←いまココ
次回:プレイ記その1(5/7)


青の治療薬を発見した直後に、エピデミックに見舞われてしまった、
しーぷ研究員星屑危機管理官たちの医療研究チーム。

それでも、青の病原体の"根絶"は目前ですので、
確実に一歩ずつ前進してまいりましょう…!



★しーぷ4ターン目

①4つのアクションを実行する

しーぷは予定通り、
サンフランシスコから東へ向かって、
青の病原体の除去をしていきます。

パンデミック-p-1-4-01
▲さて、サンフランシスコには青の病原体3つありますが…、

パンデミック-p-1-4-02
青の治療薬が発見されていることにより、

パンデミック-p-1-4-03
しーぷ1アクション目
▲1アクションで、サンフランシスコの全ての病原体を除去できます!

本来は3アクションかかるところが、
たったの1アクションで片付きましたので…、
いかに治療薬の発見が強力かが分かりますね。( ̄▽ ̄*)


星屑サンッフランシスコのチャイナッタウンの飲茶♪

しーぷ「えらく上機嫌ね」
しーぷ「てか、ミスタードーナツのCM懐かしい…!」


パンデミック-p-1-4-04
しーぷ2~3アクション目
▲次はシカゴへ動いて、シカゴ病原体1つを除去!


星屑「逆に、青の病原体1つしかないと、」
星屑「なんか損した気分になるね…」

しーぷ「その気持ちは少し解るけど、」
しーぷ「病原体なんて、少ないにこしたことはないから…!」


パンデミック-p-1-4-05
しーぷ4アクション目
▲最後にモントリオールへ移動して、しーぷはアクションを終えました。

…アクションは終えたんですが、
手札補充の前に、このイベントカードを使っておきます。

パンデミック-p-1-4-06
しーぷは手札から「予測」を発動!

予測」の効果は、
感染カードの山札の上から6枚を見て、
その順番を入れ替えることができる
というもの!

せっかく青い病原体の"根絶"を目指しているこのタイミングで、
青い都市病原体が湧かないように、調整しておきましょう。

パンデミック-p-1-4-07
感染カードの山札から6枚引いて、

パンデミック-p-1-4-08
▲その内容をチェック。

なんと、6枚のうちの半分青いカードでした!
危ない危ない…!

パンデミック-p-1-4-09
▲危ないといえば、マイアミ病原体がパンパンになっていますので、

パンデミック-p-1-4-11
マイアミ青いカード後回しにして、
▲この直後には大阪とモスクワを引くようにしておきました。

パンデミック-p-1-4-12
▲順番を並べ替えた6枚は、
感染カードの山札の上に乗っけておいて…、

これで、ここから6枚は、内容を知った上で引くことができます!
まさに「予測」って感じですね…!( ̄▽ ̄*)



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデミック-p-1-4-13
▲引いた都市カードはムンバイと北京


しーぷ「黒いカードが溜まってきたね」

星屑「じゃあ、次は黒の治療薬を狙ってみるか…!」



③感染の処理

星屑いったい、どの都市が感染されるんだ…!?

しーぷ知ってるくせに…!( ̄▽ ̄ )」

パンデミック-p-1-4-14
▲引いたカードは、「予測」で並べ替えた通り大阪とモスクワです。

パンデミック-p-1-4-15
▲これまた遠い2つの都市に、病原体を1つずつ配置します。



★星屑4ターン目

①4つのアクションを実行する

星屑「このターンは、静かな夜を回収して使って、」
星屑青い病原体を除去して終わりって感じやね」

しーぷ「うん、それで良いと思うよ」

パンデミック-p-1-4-16
▲まず、捨て札の「静かな夜」を、

パンデミック-p-1-4-17
星屑1アクション目
▲「危機管理官」の特殊能力回収

ここからは青の病原体の除去に入ります!

パンデミック-p-1-4-18
星屑2アクション目
▲現在地のミラノ病原体を除去してから、

パンデミック-p-1-4-19
星屑3~4アクション目
エッセンに移動して、さらに青の病原体を除去!

これで、ヨーロッパの青の病原体全消しとなりました…!



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデミック-p-1-4-20
▲引いたカードはチェンナイとリマ


星屑「これで、俺の黒カード2枚で…、」

しーぷ「私の黒カード3枚…!」

星屑「ってことは、合わせて5枚で…、」

しーぷ治療薬の発見のメドがたったね!!」



③感染の処理

今回も、このイベントカードに助けてもらいましょう…!

パンデミック-p-1-4-21
▲「静かな夜」の効果で、感染の処理をスキップ!

パンデミック-p-1-4-22
再使用した「静かな夜」は、ゲームから除外されますが…、
▲もう十二分に役目を果たしてくれました!!

ありがとう、静かな夜…!



★しーぷ5ターン目

①4つのアクションを実行する

しーぷ「よし、これで……」

パンデミック-p-1-4-23
しーぷ1アクション目
▲現在地のモントリオール青の病原体を除去して…、

パンデミック-p-1-4-24
▲これで、地球上から青の病原体消滅しました!!

パンデミック-p-1-4-25
治療薬が発見されていて、かつ、
ゲームボード上に病原体コマが一切ない病原体は…、

パンデミック-p-1-4-26
▲"根絶"となり、以後、絶対に発生しなくなります!!!


しーぷ「やった…!」

星屑「ついに青の病原体根絶できた…!」


これで、安心して次の目標へと進むことができます!

お次は、黒の治療薬を発見すべく、
ひとまずは2人が合流しないといけません。

パンデミック-p-1-4-27
しーぷは、手札からエッセンの都市カードを捨て札にして、

パンデミック-p-1-4-28
しーぷ2アクション目
エッセンに直行します!

パンデミック-p-1-4-29
▲そのエッセンでは、星屑が待ち構えていて……


星屑「せっかくボードゲームの聖地に2人とも揃ったことだし、」
星屑エッセンボードゲームしていこうぜ!

しーぷ「いいね!」
しーぷ「だったら、パンデミックなんてどうかな…?」

しーぷって、なんでボードゲームの中で、
しーぷボードゲームをする話になってんの…!

しーぷ「変なこと言ってないで、」
しーぷ「ちゃっちゃとカードの受け渡しをするよ!」


パンデミック-p-1-4-30
しーぷは「研究員」の特殊能力で、

パンデミック-p-1-4-31
しーぷ3~4アクション目
星屑にリヤドとムンバイの黒カード2枚を渡しました!!

これで星屑は、黒カード5枚にリーチとなります…!



②プレイヤーカードを2枚引く

パンデミック-p-1-4-32
しーぷが引いた都市カードはモスクワと東京でした。



③感染の処理

パンデミック-p-1-4-33
▲さて、今回の感染カードはエッセンシカゴですが…、

パンデミック-p-1-4-26
青の病原体根絶していますので、
▲病原体コマは配置しません!!


星屑青カード当たりカードになった感じやね!」

しーぷ「ほんと、青カードだったらじゃんじゃん来て欲しい…!」



計画通りに青の病原体根絶できた、
しーぷ研究員星屑危機管理官

しかし、安心するにはまだまだ早くて…、

次の星屑のターンには、
マイアミ感染カードを引くことが予測されています。

パンデミック-p-1-4-09

マイアミには病原体3つあって、
あと1つでも病原体コマが増えてしまうと、
アウトブレイクを引き起こし、
隣接する都市にまで病原体拡散されますので…、

次のターンの4アクションで、
なんとかしなければなりません…!

はたして星屑危機管理官は、
マイアミの危機を救うことができるのでしょうか…?


次回に続きます!



「パンデミック」 関連記事
→次回:プレイ記その1(5/7)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/10/10 00:01】 | プレイ記 【タグ】 パンデミック  
|