RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その2(2/2)

キンドミ-p-アイキャッチ-2

初回:プレイ記その1(1/3)

前回:プレイ記その2(1/2)
今回:プレイ記その2(2/2)←いまココ


1ゲーム目の反省点を踏まえて、
ここまでソツのないプレイングを続けている妻しーぷ

対する私星屑はというと、
頼みの綱がだけという苦しい状況になってしまいました。( ̄▽ ̄;)

両極端なプレイスタイルとなった二人の対戦は、
どのような結末を迎えるのでしょうか…?



★5ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-2-01
▲5ターン目に補充されたのは左の4枚。


星屑「おおっ、恵みのが出た上に、」
星屑王冠付きの牧草地が手の届くところにある…!」

しーぷ「あらー、欲張って鉱山を取るんじゃなかった…」

星屑「まだ俺にもチャンスがあるかも!」


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-2-02
星屑は、まずダブル海のドミノを確保して、

キンドミ-p-2-2-03
ダブル森は王国の右上に配置。

キンドミ-p-2-2-04
▲ここで、王国内に「」ができてしまったことで、

星屑「(あ、この王国は完成しないんだ…)」

星屑「(やっぱり俺にチャンスはなさそう…)」

今更ながら、星屑は「調和」の破綻に気付いたのでした。( ̄▽ ̄;)

キンドミ-p-2-2-05
▲気を取り直して、2コマ目で王冠2つの牧草地を押さえ、

キンドミ-p-2-2-06
王冠1つの海を配置して、海エリアを強化します。


しーぷ「さすがに王冠付きの牧草地は渡してもらえないか…」

星屑「妨害よりも、自分のことを優先していくスタイルだけど…、」
星屑「このドミノを渡すと、残りが消化試合になっちゃうからね」

キンドミ-p-2-2-07
しーぷは残ったドミノを確保した後、
▲前ターンに獲得した王冠2つの牧草地を接続しました。



★6ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-2-08
▲6ターン目に補充されたのは右の4枚。

キンドミ-p-2-2-09
▲この補充により、箱の中のドミノは空っぽになりました。


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-2-10
▲このターンも1番手の星屑は、
▲王冠には見向きもせず、のドミノを選択。

キンドミ-p-2-2-11
▲さらに、王国に配置するのはダブル海のドミノ…!


星屑「もう俺はに生きてに死ぬ!」

星屑「まさに星屑大暴走【キャント・ストップ】やー!!」

しーぷ星屑らしい思い切りの良さね」

しーぷ「じゃあ、私は…、」

キンドミ-p-2-2-12
しーぷ王冠2つの沼地を選んでから、

しーぷ必殺!

しーぷ羊天国【シープ・パラダイス】!!

キンドミ-p-2-2-13
▲ついに牧草地を完成させました…!
▲おまけに麦畑も完成!!

キンドミ-p-2-2-14
▲そして、これが星屑にとって最後のチョイスです。

さて、次の最終ターンでは、星屑はドミノを1枚しか置けません。
(もう1枚は、どうあっても入らないため)

そのラスト1枚で星屑が配置したいのは、
2段目ののドミノです。

しかし、ここで1段目の麦畑麦畑のを選んでしまうと、
最終ターンに1段目のドミノから置かなければならないので、
その麦畑麦畑ラスト1枚のドミノとなってしまいます。

つまり、のドミノは置けなくなるわけですね。

それでは困りますので、
ここでの選択肢は、よりも下段のドミノに絞られて…、

星屑は3段目の麦畑鉱山のドミノを選択しました!

キンドミ-p-2-2-15
王冠2つの牧草地は、麦畑の接続により、なんとか配置…( ̄▽ ̄;)

キンドミ-p-2-2-16
しーぷも、王冠2つの沼地スタートタイルに接続して…、

ついに最終ターンを迎えます!!



★最終ターン

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-2-17
▲もはや補充はありません。
▲残り4枚のドミノを、上から順番に配置していくだけです。


②ドミノの選択&配置

まずは、しーぷダブル麦畑ドミノからですが…、

しーぷあ、あれ…?

星屑「ん、どうしたの?」

しーぷしまった、どこにも置けない!!

星屑「え」

キンドミ-p-2-2-18
しーぷの王国を見てみると、
▲確かに麦畑を接続できる場所が一つもありません…!


しーぷ「前のターンに沼地を押さえて安心してたけど、」
しーぷ「そっか、配置は上段のドミノからだったね…」

星屑「まさかの勘違いなの…!?」

しーぷ「うん、そのまさか…」


キングドミノ」のルールでは、
1枚でも配置できないドミノが発生してしまったら、
そのドミノが捨て札になるだけではなく、
以降のドミノも全て捨て札になってしまいます。


つまり、
この時点でしーぷの王国づくりは終わったのです…!


星屑「といっても、俺もあと1枚で終わるんだけどね」

キンドミ-p-2-2-19
星屑は、2段目のドミノを、

キンドミ-p-2-2-20
▲王国の上側に配置します。

そして、このために犠牲になった3段目の麦畑鉱山ドミノは、

キンドミ-p-2-2-21
▲予定通り捨て札となって…、

これでゲームが終了しました!!



★得点計算

星屑「さて、どうなったかな?」

しーぷ「まさか、最後の最後で破綻するなんて…!」

キンドミ-p-2-2-23
星屑のドミノによる得点は47点

星屑36点まで伸びたのが大きかった!」

しーぷ「確か、1ゲーム目の36点じゃなかったっけ?」

星屑「あっちは12マスで36点で、」
星屑「こっちは9マスで36点…、」

星屑王冠1つの威力がよく分かるね!」

キンドミ-p-2-2-25
星屑の城は中央にはなく、
星屑の王国は完成していませんので、
▲追加得点はありませんでした。


キンドミ-p-2-2-24
▲一方、しーぷのドミノによる得点は32点

しーぷ「思ったよりも牧草地が伸び切らなかったなぁ…」

星屑中央王国を目指すと、」
星屑「どうしても広さを稼ぎにくくなるからね」

しーぷ「逆に星屑は、」
しーぷ「ハナから中央王国を捨てることで、」
しーぷ「思う存分、を広げることができたってわけだ」

キンドミ-p-2-2-26
しーぷの城は中央にあり、
しーぷの王国は完成していませんので、
しーぷは「中央王国」の10点を得ます。


その合計得点は…、
星屑47得点で、しーぷ42得点

よって、星屑の勝利です!!


星屑「うおっ、」
星屑「まさか勝てるとは思わなんだ…!」

しーぷ「油断したー!」
しーぷ「こんなカタチで詰めの甘さが出ちゃうとは…」

星屑追加ルールの面白みが出たね」

星屑中央王国調和も、得点は大きいけど、」
星屑「やっぱりプレイングが縛られてしまうわけで」

しーぷ「私、中盤あたりから、」
しーぷ「王冠を捨ててでも完成を目指すべきだったかなぁ」

星屑「まぁ、すべては結果論だけど、」
星屑「取捨選択が大事なのは間違いないよね」

しーぷ星屑は見事に取捨選択して、」
しーぷ「追加得点なしで47点…」

星屑「その辺、よく出来てるゲームだと思った!」
星屑中央王国調和も強すぎない…というか、」

星屑「今までも何度かプレイしてきたけど、」

星屑「1~2地形に特化するプレイングが強いかと思えば、」
星屑「4地形を使ったバランス型で勝ったプレイヤーさんもいたし、」

星屑「王国が完成した方が強そうなイメージがあったけど、」
星屑「未完成の王国でも普通に勝っちゃうし…」

しーぷ「なんというか、ゲームバランスが絶妙って感じね」

星屑「そうなんよ!」
星屑「だから、何度でもくり返してプレイしたくなる…!」

しーぷ「次は、また違う追加ルールを導入してみる?」

星屑「そうやね、」
星屑「いつか"壮大な決闘"もやってみたいね!!」



…というわけで、「キングドミノ」の2連戦でした!

この2ゲームからは、学んだことが実に多くて、
星屑しーぷも"何か"をつかめたような気がします。
(決してイッシーカラドラではなく)

これを次のプレイにつなげられたら良いのですが…( ̄▽ ̄ )


2人対戦で48枚のドミノを全て使い、
7マス×7マスの王国をつくる"壮大な決闘"については、
いつやることになるか分かりませんが、
プレイした際には、また記事にするつもりです。
お楽しみに!


それでは、
長い記事に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

次回もしーぷ羊天国【シープ・パラダイス】が炸裂します!!

管理人・星屑トランペッター



「キングドミノ」 関連記事
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/21 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その2(1/2)

キンドミ-p-アイキャッチ-2

初回:プレイ記その1(1/3)

前回:プレイ記その1(3/3)
今回:プレイ記その2(1/2)←いまココ
次回:プレイ記その2(2/2)


大分県宇佐市で「キングドミノ」!

前回に引き続き、私星屑と妻しーぷで、
それぞれの王国の拡大を競っていきます…!

2ゲーム目は、少しばかりのスパイスを効かせて…ということで、
2つの選択ルールを導入してみることにしました!

よりパズル感が増した「キングドミノ」を制するのは、
果たして、どちらの国王なのでしょうか…?



★選択ルール

キングドミノ」には4つの選択ルールがあるんですが、
今回は、その中の「中央王国」と「調和」を導入します。

☆中央王国

王国の中央に城があれば+10名声点


""というのは"スタートタイル"のことで、
"中央"というのは"上からも左からも3マス目"ということになります。

つまり、ゲーム終了時に、
5マス×5マス内の、ちょうど真ん中に城があれば、
追加の10点を獲得できる
というわけですね!

キンドミ-p-2-1-28
▲こちらが「中央王国」の条件を満たしている例で、

キンドミ-p-2-1-29
▲こちらは「中央王国」の条件を満たしていない例です。

王国の完成・未完成に関わらず、
とにかく城が真ん中にあれば10点となります。


☆調和

王国が完成すれば+5名声点


"完成"というのは、
"5マス×5マス=25マスの正方形の王国が出来上がること"です。

つまり、ドミノを1枚も捨て札にしなければ、
追加の5点を獲得できる
というわけですね!

キンドミ-p-2-1-30
▲こちらが「調和」を満たしている例で、

キンドミ-p-2-1-31
▲こちらは「調和」を満たしていない例です。


中央王国」と「調和」を両立させることができれば、
それだけで+15点となりますので…気張ってまいりましょう!!



★1ターン目

①ドミノの補充

ドミノを4枚引いて、数字の小さい順に並び直してから、
1ターン目のドミノの選択が始まります…!


②ドミノの選択

キンドミ-p-2-1-01
▲1ターン目だけの"くじ引き"の結果は、
星屑しーぷ星屑しーぷの順となりました。


星屑「さて、前回はのお陰で高得点だったわけだし…、」
星屑「今回も、とりあえずから押さえていこうかね」

キンドミ-p-2-1-02
星屑の1手目は王冠1つの森を選択。


しーぷ「これ、簡単にを取らせてしまうと、」
しーぷ「また手の付けられないことになっちゃいそうだから…、」

キンドミ-p-2-1-03
▲しーぷの1手目も王冠1つの森をチョイス。


星屑「うーん、楽には走らせてくれんか…( ̄▽ ̄;)」
星屑「まるでイーグルスに迫るホークスみたいやね!」

しーぷ「やめてよ、ここんとこ毎日ヒヤヒヤしてるんだから…!」

キンドミ-p-2-1-04
星屑の2手目はを含むドミノを選択。


しーぷ「結局、を持っていかれるんだよね…」

キンドミ-p-2-1-05
▲最後にしーぷが残りの1枚に国王駒を置いて、
▲ターンエンドです!



★2ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-1-06
▲2ターン目に補充されたのは右側の4枚。


星屑「あのさ、1段目のに"何か"がいるよね…?」

しーぷ「これ、あの有名なネス湖の"ネッシー"じゃない?」

星屑「それか、池田湖の"イッシー"かも?」

しーぷ「どう考えても鹿児島県が舞台のゲームではないでしょ…!」

スーパーマリオ64」に"ドッシー"ってのもいましたね。( ̄▽ ̄*)


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-1-07
▲1番手の星屑王冠1つの海を選択。


しーぷ「あら、王冠付きの森を選ばなかった…?」

星屑イッシーに切り替えていく!」

キンドミ-p-2-1-08
▲移動元のドミノは、このように配置。

王国の左側にを出しておきます。

キンドミ-p-2-1-09
▲2番手のしーぷ王冠1つのドミノを選択。


しーぷ「じゃあ、王冠付きの森は遠慮なくいただきます」

星屑「よし、これでイッシーは俺のものだ…!」

しーぷ「なにそのイッシーへの執念…」

キンドミ-p-2-1-10
▲3番手の星屑のドミノを選択。


星屑「ねんがんのイッシーをてにいれたぞ!」

しーぷ王冠2つ広い海…これはヤバイかも…!」

キンドミ-p-2-1-11
のドミノは、城の左に配置。

ここから左上に向かって海エリアを広げていく構想です!

キンドミ-p-2-1-12
▲一方のしーぷはS字からのスタートとなりました。



★3ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-1-13
▲3ターン目に補充されたのは左側の4枚。


しーぷ「この牧草地の上空にも"何か"がいるみたいね」

星屑「あの影は…まさか…、」
星屑「ドラゴンロードの"カラドラ"じゃないか…!?」

しーぷカラドラ…?」

星屑ダンジョンクエストの宝物庫の主だよ!!」

しーぷ「え、ダンクエのドラゴンに正式名称があったんだ…」

星屑「まさか、こんな平和な場所でカラドラと戦うことになるとは…!」

しーぷ「いや、ならないから!!」
しーぷそういうゲームじゃないからこれ…!


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-1-14
▲1番手の星屑王冠1つの海を選択。


星屑「よし、これで3つ目の海の王冠ゲットだ!」

星屑「(麦畑の王冠は取られるだろうけど、)」
星屑「(今回も、どうやらは不作みたいだし…)」

キンドミ-p-2-1-15
星屑ダブル海のドミノを、王冠付きの海に接続しました。


しーぷ「えっ、うそ、その位置でいいの??」


さて、この星屑の一手にしーぷが驚きの声を上げましたが、
それもそのはず…、

キンドミ-p-2-1-16
▲「中央王国」を目指すには、
城の両サイドを2マスにする必要があり…、

キンドミ-p-2-1-17
▲城の左側を3マスにしてしまった時点で、
星屑の「中央王国」は破綻してしまうのです。


しーぷ「そんな、いきなり10点を諦めなくても…」

星屑「いや、」

星屑「俺は星屑!」
星屑「自由を愛し束縛を嫌うみずがめ座!」

星屑「10点に縛られて、窮屈なプレイングになるくらいなら、」
星屑「10点を捨てて、思い通りのプレイングをしてやんよ!!」

しーぷ「…ああ、そういうことね。あなたらしい」

しーぷ「それなら、私は何としても10点を拾って、」
しーぷ「その上で私らしいプレイングをしてみせる…!」

キンドミ-p-2-1-18
▲2番手と3番手のしーぷは、
▲いずれも牧草地のみのドミノを選択!!


星屑「なにっ!?」

星屑王冠付きの麦畑を放棄して、」
星屑ダブル牧草地を2枚とも持っていく…だと…!」

しーぷ「ふふふ…、」

しーぷ「私はしーぷ!」
しーぷあらゆる羊を愛でる者!」

しーぷカヴェルナだろうがひつじとどろぼうだろうが、」
しーぷ「どのゲームでも私の本命は羊だよ…!」

星屑「…ノリノリだね、しーぷ

しーぷノッてあげてんのよ!!!

キンドミ-p-2-1-19
▲3ターン目のしーぷの配置。


星屑「こころなしか、カタチが日本列島に似てるね」

しーぷ「だとしたら西日本は海底都市なんですがそれは…」

キンドミ-p-2-1-20
▲結局、王冠1つの麦畑星屑が確保することになり、

キンドミ-p-2-1-21
のドミノは、タテ並びで配置しました。



★4ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-1-22
▲4ターン目に補充されたのは右側の4枚。


星屑「うわっ、ここで王冠2つの牧草地げな…!」

しーぷ「しかも鉱山まである♪」

星屑「これを読み切った上で、」
星屑「4ターン目の1番手と2番手を取ったというのか…!」

星屑しーぷ…おそろしい子!」

しーぷ「いや、私、エスパーではないんですけど…」


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-1-23
しーぷは、もちろん王冠付きの鉱山牧草地を押さえます!

キンドミ-p-2-1-24
▲そして、4マスぶんの牧草地は、この配置。


星屑「やばい、牧草地が順調に広がっている上に、」
星屑中央王国調和も達成する気マンマンだ…!」

しーぷ「事故さえ起こらなければ、どっちもいけるはず!!」

星屑「よしんば事故ったとしても、」
星屑スタートタイルの2辺が空いてるしなぁ…、」

しーぷ「想定外のドミノを引き取ることになっても、」
しーぷスタートタイルに接続すればいいからね」

星屑「保険もバッチリかけてるとは、」
星屑「たった1ゲームの経験で…なんという成長…!」

キンドミ-p-2-1-25
星屑は、残った2枚のドミノを確保してから、

キンドミ-p-2-1-26
▲王国の右下に王冠付き麦畑を、

キンドミ-p-2-1-27
▲王国の左下に王冠付き海を、それぞれ配置。

実は、この配置をした時点で、
星屑の王国は「中央王国」だけでなく「調和」まで破綻してしまいました!
(もはや、どうあっても12枚すべてのドミノは収まりません)

しかし、それに星屑が気付くのは、もう少し後になってから…( ̄▽ ̄;)



やはり「中央王国」を放棄したのは無謀だったのでしょうか。

自分らしさのあるプレイングに固執する星屑に対して、
無理のない計画を着実に進めていくしーぷ

この時点で、すでに決定的といえそうな展開ですが、
大見得を切った星屑に、まだ勝機はあるのか…?


次回に続きます!



「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その2(2/2)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/20 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その1(3/3)

キンドミ-p-アイキャッチ-1

初回:プレイ記その1(1/3)

前回:プレイ記その1(2/3)
今回:プレイ記その1(3/3)←いまココ
次回:プレイ記その2(1/2)


星屑と妻しーぷの王国づくりも、
いよいよ大詰めとなりました。

お互い、残り4枚ずつのドミノで、
それぞれの王国を完成へと導いていきます…!



★6ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-1-3-01
▲このターンの補充により、ついに山札が尽きました。

キンドミ-p-1-3-02
▲そして、めくった4枚のドミノですが…、
▲その内の2枚が王冠2つの鉱山を含んでいます!!


しーぷ「これは仲良く1枚ずつ…って流れかな?」

星屑「うぅ、2枚とも欲しかったなぁ…( ̄▽ ̄ )」

しーぷ「なんて欲張りな…!」



②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-1-3-03
▲まずは、しーぷが3段目のドミノをチョイス。

ここから2連続で星屑の選択となります。

キンドミ-p-1-3-04
▲1つ目の国王駒で4段目のドミノを選んで、

キンドミ-p-1-3-05
牧草地のドミノを王国に配置。

キンドミ-p-1-3-06
▲さらに、2つ目の国王駒では1段目のドミノを選んでから、

キンドミ-p-1-3-07
王冠1つの森を王国の右上に配置しました。

キンドミ-p-1-3-08
▲その後、しーぷが残った2段目のドミノを確保して、

キンドミ-p-1-3-09
しーぷの王国は、このようになりました。



★最終ターン

①ドミノの補充

最終ターンは、ドミノの補充も選択もありません
残り4枚のドミノを順番に配置していくのみです。


②ドミノの配置

キンドミ-p-1-3-10
星屑、ギリギリセーフで確保できた王冠1つの森は、

キンドミ-p-1-3-11
▲王国の右下に配置。


星屑「これだけを広げられたら満足だなぁ!」

しーぷ「なんだかんだで、王冠も3つになってるんだね」


キンドミ-p-1-3-12
▲そして、ここからはしーぷの2連続ですが…、

キンドミ-p-1-3-51
▲まず2段目のドミノを配置してから、

キンドミ-p-1-3-14
▲3段目のドミノを、

キンドミ-p-1-3-15
▲3段目の王冠2つの鉱山を…、


しーぷ大失敗だー!!!

星屑「ああ、入らなかったのか…( ̄▽ ̄;)」


キングドミノ」で王国をつくる際には、
必ずタテ5マス×ヨコ5マスの正方形の中に収めなければなりません。

もしも、配置できないドミノが発生してしまったら、
そのドミノが捨て札になるだけではなく、
以降のドミノも全て捨て札になってしまいます。



しーぷ「中盤に"デコボコ"をつくっちゃったのがダメだったね」

星屑「"デコボコ"があると、確定で完成しなくなるんだっけ…?」


キンドミ-p-1-3-31
▲4ターン目の「」からの、

キンドミ-p-1-3-32
▲5ターン目の「」の図。

実は4ターン目の時点で、
しーぷの王国が完成しない運命は定まっていたんですね。

展開が早いゲームだからこそ、綿密な計画を立てるべきだと、
これまた良い教訓になりました…!


キンドミ-p-1-3-16
▲対して星屑は、ラスト・ドミノの王冠付き鉱山を…、

キンドミ-p-1-3-17
▲難なく配置して、王国を完成させてみせました!!


星屑「よーし、得点計算をしよう!」

しーぷ「ほんと、あっという間に終わったね…!」



★得点計算

ここで、得点計算の方法を軽くおさらいしておきましょう。

同じ種類の地形の"ひとつながり"ごとに、
王冠の数×マスの数=勝利点の計算をしていきます。

キンドミ-p-1-3-18
▲この麦畑は3マスで、王冠を1つ含みますので、
▲1王冠×3マス=3勝利点です。

キンドミ-p-1-3-19
▲この鉱山は2マスで、王冠を4つ含みますので、
▲4王冠×2マス=8勝利点です。

キンドミ-p-1-3-20
▲一方、こちらの麦畑牧草地王冠を含みませんので、
▲いずれも0勝利点となってしまっています。

同様に、王国のすべての地形を計算していくと…、

キンドミ-p-1-3-21
星屑の王国はこのようになり、

キンドミ-p-1-3-22
しーぷの王国はこのようになりました!

その合計得点は…、

キンドミ-p-1-3-23
星屑49勝利点で、しーぷ24勝利点

よって、星屑の勝利です!!


しーぷ「ダブルスコアをつけられたー!?」

星屑がすくすくと育っていってくれたけんね!」

星屑「結局、森の王冠3つ止まりだったけど、」
星屑12マスまで伸ばせたのが大きかった!!」

しーぷ「バクチは大成功だったみたいね」

星屑「大自然の恵みに感謝だよ!」

しーぷ「その恵みが私の麦畑にももたらされていたら…」

星屑「次は季節がめぐって豊作の秋になるかもしれんけん、」
星屑「このまま続けて、もう1ゲームやろうよ!」

しーぷ「そうだね、今度こそ納得のいく王国をつくってみせる…!」


…というわけで、プレイ記は2ゲーム目へと続きます!

2ゲーム目は、
選択ルールの「中央王国」と「調和」を導入し、
より計画性が問われる展開となりますが、
はたして二人は上手くやりくりできるのでしょうか…?

どうぞ、お楽しみに!!
(ブログの更新は6/21頃を予定しています)



「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その2(1/2)
開封記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/06/16 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その1(2/3)

キンドミ-p-アイキャッチ-1

前回:プレイ記その1(1/3)
今回:プレイ記その1(2/3)←いまココ
次回:プレイ記その1(3/3)


星屑と妻しーぷの「キングドミノ」は、中盤戦に突入します。

星屑に特化した王国を、
しーぷ麦畑沼地を中心に据えた王国を、
それぞれ目指してのプレイングですが、
ここからのドミノの引きやいかに…?



★3ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-1-2-01
▲3ターン目のドミノ選択権は、
星屑しーぷしーぷ星屑の順ですね。

キンドミ-p-1-2-02
▲箱の中の山札から4枚のドミノを引いて、
▲数字の小さい順に並べ直してから、

キンドミ-p-1-2-03
▲すべてのドミノをオモテ向きにします。


星屑「おっ、鉱山のドミノが出たね!」

しーぷ「わ、ほんとだ…!」
しーぷ「こんな時に限って、私が後手だなんて!!」



②ドミノの選択&配置

星屑「それじゃあ遠慮なく…、」

キンドミ-p-1-2-04
星屑は、4段目のドミノに国王駒を移動させました。

黒い鉱山のドミノは、
全96マス中、たったの6マスしか存在しませんが、
そのうち5枚王冠が付いています!!

2マス以上の接続ができれば美味しいですし、
なにより、相手に取られると厄介ですので、
これを確保できたのはラッキーでした♪( ̄▽ ̄*)

キンドミ-p-1-2-05
▲続いて、移動元のドミノを自分の王国へ。

キンドミ-p-1-2-06
▲ここまでの6マス中、実に5マスがという配置です。


星屑「しかし、いまだに王冠付きの森はゼロ…!」

しーぷ「わりとバクチな展開になってきたね」


王冠を含まない土地は、どれだけ広げても0点です。
星屑、ちょっぴり不安になってきました…( ̄▽ ̄;)


キンドミ-p-1-2-07
▲そして、しーぷはこのチョイス。


星屑「あえて俺にを残した…だと…?」

しーぷ「バクチの結果、ちゃんと見届けてあげるからね」


キンドミ-p-1-2-08
▲2枚のドミノを配置して、しーぷの王国はこのようなりました。

星屑と対照的に、危なげない感じですね!


キンドミ-p-1-2-09
▲最後に星屑は、2段目のドミノに国王駒を移動させて、

キンドミ-p-1-2-10
麦畑のドミノを王国に配置しました。

麦畑の接続により、星屑は現在2得点
ここからの勝利点の伸びは、本当に次第です…!



★4ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-1-2-11
▲さて、4ターン目に補充されるドミノですが…、


星屑「ここで48番か!!」

しーぷ「ってことは、アレね。ラッキー♪」


このゲームのドミノは、数字が大きいほど"強力"になっています。
そして、ドミノの枚数は全48枚…。

つまり、ラストナンバー48番のドミノは、
このゲームで最強のドミノというわけなんです…!

キンドミ-p-1-2-12
▲その正体は、王冠3つの鉱山!!!

4ターン目のドミノ選択権は、
しーぷ星屑しーぷ星屑ですので、ここは必然的に…、



②ドミノの選択&配置

しーぷ「それじゃあ遠慮なく、いっただっきまーす♪」

星屑「ぎゃー!!!」

キンドミ-p-1-2-13
しーぷは大喜びで48番のドミノを確保しました!

もしも星屑が、王冠3つの鉱山を押さえられていたら、
前のターンに確保した王冠2つの鉱山に接続して、
5王冠×2マス=10勝利点になっていたというのに…!

これは「キングドミノ」においての"順番"の重要性が、
本当によく分かる事例ですね…( ̄▽ ̄;)


キンドミ-p-1-2-14
星屑は気を取り直して、2段目のドミノをチョイス。

王冠3つの前では霞んでしまうとはいえ、
初めて王冠付きの森を確保することができました!

キンドミ-p-1-2-15
のドミノは王国の左上に配置。
▲これでの面積は7マスになりました。

そして、次のターンに王冠付きの森を接続できますので、
最低でもから8勝利点は生み出せそうです。


キンドミ-p-1-2-16
しーぷの2コマ目は、
王冠付きの海をスルーして、最上段のドミノを確保。

キンドミ-p-1-2-17
▲折り返し時点で、しーぷの王国はこんな感じになっていました。


しーぷ「本当はのドミノを確保したかったけど、」
しーぷ「これより上には伸ばせないからね…」

星屑「タテもヨコも5マス以内に収めないといけないルールで、」
星屑「もうタテが5マスになっとーもんなぁ」

しーぷ「それに、次のターンも1番手になれたから、」
しーぷ「これで良かったと思うの」

星屑「まさか、次も鉱山のドミノが出るなんてことが…!?」


キンドミ-p-1-2-18
▲最後に、星屑は余りモノのドミノを確保。

余りモノといっても、
これは王冠あり、ありで、美味しいですね!

キンドミ-p-1-2-19
鉱山の王国の左下に配置して…、

これで、星屑の王国もタテが5マスとなり、
あとはヨコに伸ばしていくのみとなりました。



★5ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-1-2-20
▲5ターン目に補充されたドミノがこちら。


星屑「さすがに、もう鉱山は出なかったね」

しーぷ「わりと期待してたのになぁ…!」



②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-1-2-21
▲まず、しーぷが4段目のドミノをチョイス。


星屑「あれ、王冠付きの森は残してくれるんだ?」

しーぷ「そりゃあ、余裕があれば渡したくないけど、」
しーぷ「自分の王国を安定させるのが先決だからね」


キンドミ-p-1-2-22
▲ここから星屑の国王駒が連続します。
▲いずれも、を含むドミノを確保してから、

キンドミ-p-1-2-23
▲ココと、

キンドミ-p-1-2-24
▲ココにドミノを配置。

この配置により、わずかながらに得点が入った上、
さらなるの拡大を図ることができました!!


キンドミ-p-1-2-25
▲一方で、しーぷの王国には麦畑が広がり、
沼地も余力を残している感じですね…!



さて、ゲームも中盤を抜けて、
あとは仕上げを残すばかりとなりました。

はたして、
星屑は最後に輝けるのか、
しーぷ麦畑は豊作を迎えられるのか…?


次回、最終回です!



「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(3/3)
開封記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/06/15 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その1(1/3)

キンドミ-p-アイキャッチ-1

今回:プレイ記その1(1/3)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/3)


大分県宇佐市で「キングドミノ」!

星屑、好きなボードゲームのジャンルは「タイル」なんですが、
このほど、そんなタイルゲームの新定番が登場しましたね!

その名も「キングドミノ」!!

数字ではなく、さまざまな"地形"が描かれた「ドミノ」を配置して、
自分の王国を広げていくゲームです。

すでに何度かプレイしているんですが、
その中から今回は、妻しーぷとの2人プレイの模様をお送りします!



★ゲームの準備

☆テーブル中央の準備

まずは、48枚ある「ドミノ」をシャッフルしましょう。

キンドミ-p-1-1-01
▲ウラ面(数字がある面)を上にして、
▲麻雀牌を混ぜるような感じでシャッフルします。


星屑「これって、普通はカードみたいに切るものなのかな…?」

しーぷ「私、手が小さくて切るの苦手だから、」
しーぷ「この"ごちゃ混ぜ"の方がやりやすいかも」

星屑「よし、じゃあ我が家ではこのやり方でいこう!( ̄▽ ̄*)」


キンドミ-p-1-1-02
▲シャッフルが終わったら、
▲箱の左側に、このように収めましょう。

さて、今回は2人プレイということで、
使用するドミノは24枚だけとなります。


星屑「ちなみに、3人プレイのときは36枚なんよ」

しーぷ「つまり、1人につき12枚ってことなのね」

星屑「そう。4人プレイなら48枚ぜんぶになるってわけ」


キンドミ-p-1-1-03
▲今回のゲームでは、手前側の24枚を使うことにして、
▲目印に手持ちのカードを挿し込んでおきます。



☆各プレイヤーの準備

キンドミ-p-1-1-04
▲この3点セットが、各プレイヤーの受け取るものです。

2人プレイのときのみ、同じ色の国王駒を2つ受け取ります。
(3~4人プレイ時は1つだけ)

キンドミ-p-1-1-05
▲そして通常は、
スタートタイルの上に立体の城を建てるんですが…、

キンドミ-p-1-1-06
▲今回は撮影の都合上、このような使い方をすることにしました。

星屑ピンクの城で、しーぷ青の城です。

キンドミ-p-1-1-07
▲以上で、あっという間にゲームの準備は終了

さっそく、王国を広げるために、
新たな土地を探しにいきましょう!!



★ゲームの目的

しーぷ「それで、これは何を目指すゲームなんだっけ?」

星屑「えっと、ドミノを選んで配置していくことで、」
星屑5×5マスの正方形の王国をつくっていくんだけど、」

キンドミ-p-1-1-41

星屑「ドミノは配置の仕方によって、名声点を生み出してくれるんよ」

しーぷ「ほうほう」

星屑「具体的には、」

星屑"王冠"があるマスに、」

キンドミ-p-1-1-42

星屑同じ"地形"を接続していくことで、」

キンドミ-p-1-1-43

星屑王冠の数×地形のマスの数名声点がもらえるって感じ」

キンドミ-p-1-1-44

しーぷ「なるほど」

星屑「で、全員の王国が完成した後に得点計算をして、」
星屑いちばん名声点を獲得したプレイヤーが勝利!!

しーぷ「オッケー、把握したよ!」



★1ターン目

ゲームは全12ターン(2人プレイ時は6ターン)に渡って行われて、

1ターンごとの流れは…、

①ドミノの補充

②ドミノの選択&配置

と、なります。

ただし、
1ターン目だけはドミノの「配置」がありません


①ドミノの補充

ターンの初めに、山札から4枚のドミノを補充します
(※3人プレイ時のみ3枚)

キンドミ-p-1-1-08
▲まずは、デッキの手前から4枚を引いて…、

キンドミ-p-1-1-09
箱の下側に、縦一列で並べましょう。

次に、これらのドミノを上から数字の小さい順に並べ直します

キンドミ-p-1-1-10
▲こんな感じ。

最後に、すべてのドミノをオモテ向きにします

キンドミ-p-1-1-11
▲クルッと。

デッキからドミノを4枚引く

ドミノを上から数字の小さい順に並び直す

ドミノをオモテ向きにする

以上で、ドミノの補充は完了です!



②ドミノの選択 ※1ターン目のみ配置なし

新たなドミノが補充されたら、
各プレイヤーは順番に、受け取るドミノを選びます

この、ドミノを選ぶ順番ですが…、

1ターン目だけは、
全員の国王駒を手の中でシャッフルしてから、1個ずつ取り出し、
自分の駒が出てきた順に選んでいく
…という方法をとります。

キンドミ-p-1-1-12
▲今回は撮影の都合もあって、布袋を使うことにしました。

すべての駒を布袋に入れて、1個ずつ取り出していきます。

キンドミ-p-1-1-13
▲1個目は青の駒


しーぷ「あ、私の駒だね」
しーぷ「さて、どのドミノにしようかな…」

星屑「とりあえず、王冠がないと話が始まらないんだよね」

しーぷ「そうね…、」
しーぷ「じゃあ、この王冠つき麦畑を選んでみる」


キンドミ-p-1-1-14
しーぷは3段目のドミノをチョイスしました。


星屑「さあ、次の駒の色は…、」


キンドミ-p-1-1-15
▲2個目はピンクの駒


星屑「今度は俺みたいやね」

星屑「俺は、この大森林っぽいドミノにしてみようかな!」


キンドミ-p-1-1-16
星屑は1段目のドミノをチョイスしました。


キンドミ-p-1-1-17
▲そして、3個目もピンクの駒!!


星屑「お、連続かぁ…!」


キンドミ-p-1-1-18
星屑は2段目のドミノをチョイスしました。


しーぷ「あれ、あえて王冠を選ばない…?」

星屑「今回の俺はに生きることにするぜ!」


キンドミ-p-1-1-19
▲ラスト4個目は青の駒


しーぷ「じゃあ、遠慮なく、」
しーぷ「王冠を2枚とももらっておくね」


キンドミ-p-1-1-20
▲残った4段目のドミノをしーぷが確保して、

1ターン目が終了しました!



★2ターン目

2ターン目からは、ドミノを選んだ後に、
前のターンに選んだドミノを自分の王国に配置します


①ドミノの補充

キンドミ-p-1-1-21
▲デッキから4枚のドミノを引いて、

キンドミ-p-1-1-22
▲上から数字の小さい順に並べ直します。

キンドミ-p-1-1-23
▲最後に、すべてのドミノをオモテ向きにして、
▲2ターン目のドミノの選択肢が決まりました!



②ドミノの選択&配置

2ターン目からのドミノを選ぶ順番は、
自分の駒が上から何番目にあるかで決まります

キンドミ-p-1-1-23
▲つまり、この場合は、

ピンク駒星屑が1番目と2番目で、
青駒しーぷが3番目と4番目になるわけです。


しーぷ「なるほど、それもあって、」
しーぷ「1ターン目は上から2枚のドミノを確保していたわけだ」

星屑「いや、今回は、」
星屑「マジでを狙いにいった結果なんよ」

しーぷ「あ、そうなのね…」

星屑「で、やっぱりこのターンも狙いで、」


キンドミ-p-1-1-24
星屑は、1段目のドミノをチョイスしました。

このタイミングで…、

キンドミ-p-1-1-25
▲駒の移動元のドミノ(=前のターンに選んだドミノ)を、

キンドミ-p-1-1-26
自分の王国に配置します!

最初、王国には「スタートタイル」しかなく、
まずは、このスタートタイルにドミノを接続させることになります。

スタートタイルは、
どんな種類の地形でも接続させることができる"ワイルドドミノ"で、

ここに、タテヨコかでドミノをつなげるわけですが…、

キンドミ-p-1-1-37


星屑「こうかな…?」

星屑「いや、こうしよう!」


キンドミ-p-1-1-27
星屑は、このようにドミノを接続しました。


キンドミ-p-1-1-28
▲そして、上から2番目も星屑ですので、
▲続けて2枚目のドミノを選びます。


星屑「ここは王冠を確保しておこう」


キンドミ-p-1-1-29
▲さらに、駒の移動元のドミノを王国に配置します。

キンドミ-p-1-1-30

さて、スタートタイル以外のドミノに接続する場合は、
最低1つの地形がつながらないといけません

キンドミ-p-1-1-31
▲例えば、これはがつながっているのでOK!

キンドミ-p-1-1-32
▲一方、こちらは麦畑なのでNG!

キンドミ-p-1-1-33
▲この場合は、片方は麦畑ですが、
▲もう片方がでつながっていますのでOKとなります!

で、結局、星屑はこの配置でいくことにしました。


しーぷ「順調にが伸びてるねぇ」

星屑「俺ってばエコだよね!!」


キンドミ-p-1-1-35
▲その後、しーぷは3番目と4番目の駒を動かして、

キンドミ-p-1-1-36
▲ドミノはこのように配置していました。


しーぷ「せっかくの王冠だから、うまく活かしていきたいね!」

星屑「俺はこれから王冠をゲットしなきゃだ…!( ̄▽ ̄;)」



いきなり方向性が分かれた2人ですが、
ここからどんな王国ができあがっていくのでしょうか…?


次回に続きます!



「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/3)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/14 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「アイスクール」




☆プレイ動画その1

アイスクール-d-1


【大分県宇佐市でボードゲーム第25回】にて撮影した、
アイスクール」のプレイ動画を編集してみましたので、
ここに貼り付けてみたいと思います!


★第1~2ラウンド



第2ラウンドでは、
星屑が2度も他のペンギンを生贄に捧げる鬼畜プレイングを見せ、
星屑らしい見せ場(?)をつくりました…!

これぞ必殺の生贄大作戦【スターダスト・サクリファイス】!!

それにもかかわらず、
星屑に肉薄していた風紀委員を飛ばしてくれた上に、
ガードマンにまでなってくれたがろうさんには、
もう感謝感激雨アラレです…!( ̄▽ ̄*)

今回はご恩に報いることができませんでしたが、
いつか必ずお返ししますね!



★第3~4ラウンド



そして最後は、ぜんぶ青葉さんが持っていっちゃいました!

ミスショット…からの、

アイススケートで2枚抜きぃぃぃ!!


からの、

アイススケートでフィニッシュ!!!

アイスクール-d-2
▲結果も青葉さん29ポイントで勝利です!

いちばん良いタイミングでアイススケートを使った上に、
2ショットで3匹の魚をGETと、すばらしいプレイング!!


青葉さん、お見事でした…!


それにしても、
本当に「アイスクール」はドラマが多くて面白いですね!

これはウチのボドゲ会の定番になっていくと思います。( ̄▽ ̄*)



アイスクール 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/17 23:59】 | プレイ記 【タグ】 アイスクール  
|
ボードゲーム
「コテージ・ガーデン」




☆プレイ記その1(6/6):最終ラウンド

コテガー-p-1-6-14

初回:プレイ記その1(1/6)

前回:プレイ記その1(5/6)
今回:プレイ記その1(6/6)←いまココ


さて、第5ラウンドで少し説明しましたが…、

第6ラウンド最終ラウンドとなり、
これまでのラウンドとは全く違うルールで進行します。


ルールの違いは大きく3つあって、


★花タイルが3枚未満の花壇は、即座に破棄する。

最終ラウンドに入ったタイミングで、
花タイルが3枚未満の花壇は、もれなく破棄されてしまいます。

そして、この"花タイル"には、
植木鉢トークンネコトークンは含まれません。

すべては第5ラウンドまでのプレイング次第となりますが、

最終ラウンドを2枚の花壇で迎えるプレイヤーもいれば、
1枚も花壇を持たずに迎えるプレイヤーも出てくるわけです。


★花壇が完成しても、代わりの花壇は受け取れない。

最終ラウンド中に花壇が完成しても、
代わりの新たな花壇は受け取れません

よって、花壇は減る一方となり、
最後は必ず0枚になります。


★花壇を持つプレイヤーは、自分のターンごとに2点を失う。

1枚でも花壇を持つプレイヤーは、
自分のターンの開始前に、
得点トラックのキューブを後退させて、
2点を失わなければなりません

花壇が1枚でも2枚でも、失うのは2点ですが、
ターンを迎えるたびに失点します

花壇が0枚のプレイヤーは失点せず
庭師フェイズだけを行いながら、
他のプレイヤーが花壇を完成させるのを待ちます。


そして、最終ラウンドの終了条件は、
全員が残りの花壇を全て完成させることです!



★最終ラウンド

そういうわけで…、

コテガー-p-1-6-02
▲最終ラウンドに突入しましたので、

まず、花タイルが3枚未満の花壇破棄されます…!

コテガー-p-1-6-03
右の花壇4枚あるのでセーフですが、
左の花壇1枚しかありませんので…、

コテガー-p-1-6-04
破棄されてしまいました!!

しかし、これは悲観しなくても大丈夫です。

最終ラウンドは、1ターンごとに2点を失いますので、
完成が遠い花壇を残してしまっていると、
ズルズルと長引いて…失点が大きくなってしまいます。

しかも、いったん最終ラウンドに突入すると、
もはや自分の意思で花壇を破棄することはできなくなり…、
花壇を完成させるまでゲームを止められません

それならば、いっそのこと長居は無用と思い直して、
できるだけ短く最終ラウンドを切り上げるのも、
一つの選択肢になってくるわけです。( ̄▽ ̄ )



☆33ターン目

ターンの開始前に、星屑2点を失います。

失点の方法は2通りあって、
橙キューブ2マス後退させるか、
青キューブ1マス後退させるかです。

コテガー-p-1-6-05
星屑青キューブ1つを、

コテガー-p-1-6-06
1マス後退させることで、2点を失いました…。


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-6-07
▲この2枚の花タイルを見るに、
▲どうやら、これが最後の植え付けになりそうです…!

コテガー-p-1-6-08
星屑は最後の花壇に、

コテガー-p-1-6-09
▲最後の花タイルを配置して、これを完成させました!!


3.得点フェイズ

完成した花壇には、
植木鉢4つ苗カバー3つがありました。

コテガー-p-1-6-10
星屑は、すでにトラック上にあるキューブを、
▲それぞれ進めて…、

はい、これで星屑の花壇はなくなりましたので、
ゲーム終了となりました!



★得点計算

最後に得点を計算していきましょう。

コテガー-p-1-6-11
終点に到達したキューブは、
20点で、40点

コテガー-p-1-6-12
終点に未到達のキューブは、
8点で、6点

よって星屑の得点は74点となりました!

目標の80点には届きませんでしたが、
ひとつのラインとなっている70点は超えることができましたね♪

なにより、たくさんのステキな花壇を完成させることができて、
星屑は大満足でした!!( ̄▽ ̄*)

コテガー-p-1-6-13



…と、いうわけで「コテージ・ガーデン」だったんですが、

ソロプレイでもバッチリ面白かったです!

自分一人ということで何の気兼ねもなく、どこまでも長考できて、
ひたすら自分の世界に浸って、パズルを楽しむことができました!!

そして、これが2人プレイになると、お互いの思惑が交錯して、
ビミョーに計画が狂いだして、また違った面白さになります…!

さらに、なんといっても、
このゲームは最大で4人プレイまで可能なんですよね。

もうほんと、かなり対応力のあるタイトルですので、
いずれは入手して、自分のボドゲ会の鉄板にしたいと思っています!


こんなに素晴らしいゲームを貸してくれたヤマシタさん
本当にありがとうございました!!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/13 23:59】 | プレイ記 【タグ】 コテージ・ガーデン  
|
ボードゲーム
「コテージ・ガーデン」




☆プレイ記その1(5/6):第5ラウンド

コテガー-p-1-5-32

初回:プレイ記その1(1/6)

前回:プレイ記その1(4/6)
今回:プレイ記その1(5/6)←いまココ
次回:プレイ記その1(6/6)


さあ「コテージ・ガーデン」も終盤の第5ラウンドに突入です!

このゲームは第6ラウンドまであるんですが…、

第6ラウンドというのは、ほとんど延長戦のようなもので、
ルールがガラッと変わってしまいます

簡単にまとめると、

・花タイルが3枚未満の花壇は即処分
・完成しても花壇の補充なし
・自分のターンごとに-2点


…ですので、通常のラウンドは、
この第5ラウンドが事実上のラストとなり、
うまくフィニッシュに向かっていく必要があります!



★第5ラウンド

☆25ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-5-01
▲ずっと苗床に残り続けていた正方形の花タイルですが、

コテガー-p-1-5-02
星屑新しい方の花壇に、

コテガー-p-1-5-03
▲こう配置しました!

この正方形の花タイルはまる場所が少ないですからね…。
使うことができて良かったです♪



☆26ターン目

1.補充フェイズ

コテガー-p-1-5-04
▲はい、またこの列に来てしまいました…( ̄▽ ̄;)
▲この2枚は、どうあっても使える気がしませんので…、

コテガー-p-1-5-05
星屑ネコ大先生にお願いして、

コテガー-p-1-5-06
花タイルを補充してもらいます!


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-5-03
▲そして、星屑右の花壇に、

コテガー-p-1-5-07
4マスの花タイルを配置しました!

この花壇は、あと花タイル1枚を配置すれば、
第6ラウンドに持ち越すことができます。

逆に、もし花タイルが3枚に満たなければ
第6ラウンドに入ったときに、この花壇は破棄されてしまいます…。



☆27ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-5-08
▲この2枚だったら、圧倒的に左のタイルが使いやすいですね!

コテガー-p-1-5-09
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-5-10
▲こちらの花タイルを配置しました!

残りの5マスのスペースは…、

コテガー-p-1-5-11
▲この2枚のタイルで埋まりそうです!!



☆28ターン目

1.補充フェイズ

コテガー-p-1-5-12
▲このターンの庭師の列には花タイル1枚以下ですので、

コテガー-p-1-5-13
▲まず花タイルの補充を行います。


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-5-10
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-5-14
2マスの花タイルを配置しました!

これは植木鉢が付いている、お得なタイルです!!



☆29ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-5-16
▲ここも、植え付けるタイルは決まっていて…、

コテガー-p-1-5-15
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-5-17
3マスの花タイルを配置して、この花壇を完成させました!


3.得点フェイズ

完成した花壇には、
植木鉢4つ苗カバー3つがありました。

コテガー-p-1-5-18
星屑は、
すでにトラック上にある橙キューブと、
まだトラック上にない青キューブを、
▲それぞれ動かします!!

コテガー-p-1-5-19
▲これで橙キューブの1つが20点に到達し、
青キューブ最後の1つが動きました!!

どちらかの色のキューブの最後の1つが動いたとき、
ボーナスとして植木鉢1つを獲得します。


コテガー-p-1-5-20
星屑はストックから植木鉢1つを受け取り、

コテガー-p-1-5-21
右の花壇の1マスに配置しました!

このボーナスの植木鉢はストックしておけず、
その場で花壇に配置しなければなりません
(それができなければ、植木鉢を受け取れません)

コテガー-p-1-5-22
▲最後に花壇の交換をして、ターンを終了します。

さて、星屑の花壇は2枚あって、
左の花壇には花タイル0枚で、
右の花壇には花タイル2枚です。

花壇を第6ラウンドに持ち越すためには、
このラウンド中に3枚以上花タイル
配置しておく必要がありますが…、

残り3ターンで配置できる花タイル3枚ですので、
どうあっても、片方の花壇3枚に届かず
持ち越すことができません…。

そこで星屑は、左の花壇には見切りをつけてしまい、
右の花壇だけに注力していくことにしました!



☆30ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-5-23
▲この2枚のタイルは、
▲どちらも右の花壇には合わないと判断して…、

コテガー-p-1-5-24
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-5-25
6マスの花タイルを、
▲いってしまえば"捨てる"カタチで配置しました。



☆31ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-5-26
▲この中には、めぼしいタイルがあります。

コテガー-p-1-5-07
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-5-27
3マスの花タイルを配置しました!



☆32ターン目

1.補充フェイズ

コテガー-p-1-5-28
▲この列には花タイル1枚しかありませんので、

コテガー-p-1-5-29
花タイル3枚を補充します。


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-5-27
▲そして、星屑右の花壇に、

コテガー-p-1-5-30
5マスの花タイルを配置しました!


4.庭師フェイズ

コテガー-p-1-5-31
▲最後に、庭師ゴールマスに移動させて、
▲ダイスの目を「」にしたら、第5ラウンドは終了です!

そして、庭いじりは次回が最終回となります!



「コテージ・ガーデン」 関連記事
→次回:プレイ記その1(6/6)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/12 23:59】 | プレイ記 【タグ】 コテージ・ガーデン  
|
ボードゲーム
「コテージ・ガーデン」




☆プレイ記その1(4/6):第4ラウンド

コテガー-p-1-4-41

初回:プレイ記その1(1/6)

前回:プレイ記その1(3/6)
今回:プレイ記その1(4/6)←いまココ
次回:プレイ記その1(5/6)


ここまで2枚の花壇を完成させた星屑ですが、
後半戦に入り、さらにギアチェンジしていきたいところです…!



★第4ラウンド

☆17ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-01
▲前のターンに決めていた通り…、

コテガー-p-1-4-02
星屑左の花壇の右上に、

コテガー-p-1-4-03
1マスの花タイルを配置しました!

たとえタイルに花が一つも描かれていなくても
呼称は変わらず"花タイル"のようですね。( ̄▽ ̄ )


3.得点フェイズ

完成した花壇には、
植木鉢4つ苗カバー3つがありました。

コテガー-p-1-4-04
星屑は、まだトラック上にないキューブを、
▲それぞれ進めます。

ここで、
すでにトラック上にあるキューブを進めなかった理由は…、

コテガー-p-1-4-05

青キューブについては、
あと2マスでゴール…というところで、
3マス進むと、1マスぶんが無駄になってしまうからです。

ゴールしたキューブに、まだ進めるマス数が残っていても、
それは無効になってしまいますからね…( ̄▽ ̄;)

橙キューブの方については、
1マスでも進めば、ネズミの赤い線を越えて、
ボーナスのネコ1匹を受け取れるんですが…、
いまは手元にネコが2匹いますので、もったいないわけです。

次のターンに持ち越せるネコは2匹までですからね…。

こういう事情から、
どちらのキューブも、新たなものを進めることにしました!

コテガー-p-1-4-06
▲その後、花タイル待機列に並べて、

コテガー-p-1-4-07
▲花壇を交換してから、ターンを終えます。



☆18ターン目

1.補充フェイズ

コテガー-p-1-4-08
▲この列は、まだ2枚の花タイルが残っていて、
補充フェイズの対象にはなりません。

しかし、この2枚の花タイルは、
どちらも扱いが難しいものですので…、

星屑ネコの力を借りることにしました!

手元のネコには、2通りの使い方があって…、

1.花壇を1マス埋める(いつでも無条件に)。

2.列に花タイルが2枚以上あっても補充を行う。


コテガー-p-1-4-09
星屑は、ネコ1匹を消費して、
花タイルの補充を行います!

コテガー-p-1-4-10
▲このターンの庭師の列の空きマスに、
花タイル待機列から、

コテガー-p-1-4-11
花タイルを補充!!

ネコによる花タイルの補充は、
空きマスが2マスなら、2枚の花タイルを補充し、
空きマスが1マスなら、1枚の花タイルを補充します。
空きマスが0マスの場合は、補充を行えません



2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-12
星屑は、右の花壇の最後のスペースに、

コテガー-p-1-4-13
L字の花タイルを配置して、これを完成させました!


3.得点フェイズ

完成した花壇には、
植木鉢4つ苗カバー2つがありました。

コテガー-p-1-4-14
星屑は、すでにトラック上にあるキューブを、
▲それぞれ進めます。

この移動によって、
青キューブの1つは終点に到達し、20点になりました!!

14点の次が、いきなり20点ですからね。
(橙キューブ15点の次が20点)

高得点を狙おうとするならば、
1つでも多くのキューブをゴールさせることが重要になりそうです!

そして、橙キューブの方はネズミの赤い線を越えましたので…、

コテガー-p-1-4-15
▲ボーナスのネコ1匹星屑の手元にやってきました。

ちょうどネコの力を使ったばかりでしたので、
これはナイスタイミングでしたね!( ̄▽ ̄*)

コテガー-p-1-4-16
▲最後に、掃除と花壇の交換を行います。

それにしても、第4ラウンドに入って、
2ターン連続で花壇を完成させることができました!!

この調子で、後半戦を勢いよく進めて参りましょう…!



☆19ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-17
▲3枚とも5マス以上の大きな花タイルですが…、

コテガー-p-1-4-18
星屑右の花壇に、

コテガー-p-1-4-19
6マスの花タイルを配置しました!

花壇が新しくなると、
大きな花タイルを簡単に配置できて良いですね…!
( ̄▽ ̄*)



☆20ターン目

1.補充フェイズ

コテガー-p-1-4-20
▲この列は、花タイル残り1枚ですので、

コテガー-p-1-4-21
3枚花タイルを補充します。


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-22
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-4-23
5マスの花タイルを配置しました。

これまた、きれいに苗カバーを包み込んでいますね!



☆21ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-24
▲どちらも5マスの花タイルですが…、

コテガー-p-1-4-19
星屑右の花壇に、

コテガー-p-1-4-25
いびつな形の花タイルを配置しました!

いびつな2枚の花タイルが、
見事に調和していて美しいです…!( ̄▽ ̄*)



☆22ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-26
▲よく見たら、この2枚は、
▲どちらも同じタイルですね。

コテガー-p-1-4-23
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-4-27
▲このように配置しました!

絶対に植木鉢苗カバーも潰さない…!

さながら、
横断歩道を渡るときに絶対に白線しか踏まない人のような、
そんな心意気で、星屑は庭いじりを続けます!!



☆23ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-28
▲やや大きめの花タイルが並んでいますが、

コテガー-p-1-4-25
星屑右の花壇に、

コテガー-p-1-4-29
5マスの花タイルを配置しました!

この3枚の花タイルの、
あまりにもピッタリな噛み合いっぷりときたら、
きっと三兄弟か何かなんでしょうね!!!

思わず、あの曲を思い出しました!( ̄▽ ̄ )

だんごっ♪だんごっ♪だんごっ♪だんごっ♪
だんご三兄弟♪




☆24ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-30
▲このターンの選択肢は、この2枚…。

コテガー-p-1-4-31
▲しかし、これはどちらの花壇にも相性が悪いです…!

そこで…、

コテガー-p-1-4-32
星屑は、またもやネコ先生をお呼び立てして、

コテガー-p-1-4-33
花タイルを補充してもらいました!


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-29
星屑右の花壇の、うなぎの寝床のようなスペースに、

コテガー-p-1-4-34
直線4マスの花タイルを差し込んで、
▲この花壇を完成させました!

たった4枚花タイルで花壇を完成させたのは、
星屑の自己最少記録です…!

ちなみに…、

コテガー-p-1-4-36
星屑が知る限りの最少記録は、
星屑の弟分・なつくん3枚です!( ̄▽ ̄ )



3.得点フェイズ

完成した花壇には、
植木鉢2苗カバー3つがありました。

コテガー-p-1-4-37
星屑は、すでにトラック上にあるキューブを、
▲それぞれ進めます。

この2つのキューブも、
あと少しで終点に到達しますね…!

コテガー-p-1-4-38
青キューブがネズミの赤い線を越えましたので、
ネコ1匹を迎え入れてから…、

コテガー-p-1-4-39
▲掃除と花壇の交換を行いました。


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-4-40
▲最後に、庭師ゴールマスに移動させて、
▲ダイスの目を「」にしたら、第4ラウンドは終了です!


そして、庭いじりは次回に続きます!



「コテージ・ガーデン」 関連記事
→次回:プレイ記その1(5/6)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/10 23:59】 | プレイ記 【タグ】 コテージ・ガーデン  
|
ボードゲーム
「コテージ・ガーデン」




☆プレイ記その1(3/6):第3ラウンド

コテガー-p-1-3-35

初回:プレイ記その1(1/6)

前回:プレイ記その1(2/6)
今回:プレイ記その1(3/6)←いまココ
次回:プレイ記その1(4/6)


あっという間に、庭いじりは中盤戦に突入していきます…!



★第3ラウンド

☆9ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-3-01
▲第3ラウンドの最初のターン。
▲5マスの花タイルがありますが、ここは扱いやすさを優先して…、

コテガー-p-1-3-02
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-3-03
4マスの花タイルを配置しました!

この花壇は、
あとL字の花タイルが1枚で完成します…!



☆10ターン目

さて、このターンでは、
初めての補充フェイズが発生しました!

1.補充フェイズ

補充フェイズは、

コテガー-p-1-3-04
庭師がいる列に、
花タイルが1枚以下しか残っていないターンに発生します。

つまり、花タイルの選択肢が1枚0枚のターンということですね。

補充フェイズでは、

コテガー-p-1-3-07
庭師の列の全ての空きマスに、
(残り1枚なら3マスに/残り0枚なら4マスに)

コテガー-p-1-3-05
花タイルの待機列のうち、
先頭の花タイルから順に

コテガー-p-1-3-06
空きマスと同じ数の花タイルを、

コテガー-p-1-3-08
補充します。
コテガー-p-1-3-06 コテガー-p-1-3-07
▲このとき、
手押し車からの順番庭師からの順番が合うようにしましょう。

手押し車から番目花タイルを、
庭師からマス目に置いて…、

手押し車から番目花タイルを、
庭師からマス目に置いて…といった感じです!

コテガー-p-1-3-09
▲最後に、手押し車を進めることで、
▲新たな先頭の花タイルを示しておきます。
(次回は、ここから補充されていくわけですね!)


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-3-08
▲さあ苗床が潤ったところで、

コテガー-p-1-3-03
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-3-10
3マスの花タイルを配置して、
2枚目の花壇を完成させました!!


3.得点フェイズ

コテガー-p-1-3-10
▲この花壇には、
植木鉢4つ苗カバー2つあります。

よって…、

コテガー-p-1-3-11
橙キューブ1つ4マスと、
青キューブ1つ2マス進めることができます!

この移動では、
すでにトラック上にあるキューブを進めてもOKですし、
まだトラック上にないキューブを進めてもOKです。

コテガー-p-1-3-12
星屑は、橙キューブ青キューブも、
すでにトラック上にあるものを進めました。

これで、現在の星屑の得点は1218点です!


得点を終えましたので、
ここから掃除と花壇の交換を行っていきます。

コテガー-p-1-3-13
▲得点した花壇に配置されていた花タイルは、

コテガー-p-1-3-14
▲待機列の最後尾の後ろに並べます。

コテガー-p-1-3-15
▲そして、得点した花壇を場に裏返して返却し、
▲場からは、おかわりの花壇を裏返さずに受け取ります。

補充フェイズから始まって、得点フェイズまで、
思いがけず長いターンになりましたね…!( ̄▽ ̄ )



☆11ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-3-16
▲5マスの花タイルが2枚も並んでいますが…、

コテガー-p-1-3-17
星屑右の花壇に、

コテガー-p-1-3-18
3マスの花タイルを配置しました!

星屑、この3マスの花タイル左隣には、

コテガー-p-1-3-36
▲いずれ、このタイルを置きたいと思っているんです…!



☆12ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-3-19
▲この右から2番目の6マスの花タイルは、
▲ぜひ使いたいところですが…、

コテガー-p-1-3-20
▲はたして、置ける場所があるのでしょうか…?

コテガー-p-1-3-21
ありますねぇ!( ̄▽ ̄*)

こういうピタリがあると、めっちゃ爽快です!!



☆13ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-3-22
▲ビミョーに扱いづらそうなS字の花タイルは、
▲後回しにしてしまって…、

コテガー-p-1-3-21
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-3-23
4マスの花タイルを配置しました!

良い具合に、植木鉢苗カバーを包み込んでいます…!



☆14ターン目

1.補充フェイズ

コテガー-p-1-3-24
▲この列も残りタイルが1枚以下ですので、
補充していきましょう。

コテガー-p-1-3-25
▲待機列の先頭から3枚の花タイルを補充すると、
▲こんな感じになりました!

とはいえ、
星屑が植え付ける花タイルは最初から決まっていて…、


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-3-18
星屑右の花壇に、

コテガー-p-1-3-26
▲予定通り、6マスの花タイルを配置!

この花壇を、あと3マスで完成としました…!



☆15ターン目

1.補充フェイズ

コテガー-p-1-3-27
▲前のターンで、最下段から花タイルを取ったことにより、
▲このターンにも補充があります。

どうやら、補充フェイズを上手くコントロールしていくことも、
この「コテージ・ガーデン」の醍醐味の一つのようですね!

コテガー-p-1-3-28
▲補充後は、このような並びになりました。


2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-3-23
星屑は、左の花壇に、

コテガー-p-1-3-29
5マスの花タイルを配置。

あと4マスぶんの直線を埋めれば完成ですね!

テトリス」の、あの直線ブロックが欲しくなります…!



☆16ターン目

2.植え付けフェイズ

コテガー-p-1-3-30
▲第3ラウンドの最終ターンです。

コテガー-p-1-3-29
星屑左の花壇に、

コテガー-p-1-3-31
直線3マスの花タイルを配置して、
▲これで残り1マス…!

コテガー-p-1-3-32
▲この1マスを手元のネコで埋めれば、
▲すぐに完成させることもできますが…、
(ネコはいつでも配置することができます)

コテガー-p-1-3-33
▲次のターンには、
苗カバーの花タイルを植え付けられそうですので、
▲ここは、あえてネコを温存しておきましょう。


4.庭師フェイズ

コテガー-p-1-3-34
▲最後に、庭師ゴールマスに移動させて、
▲ダイスの目を「」にしたら、第3ラウンドは終了です!


次回に続きます!



「コテージ・ガーデン」 関連記事
→次回:プレイ記その1(4/6)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/09 23:59】 | プレイ記 【タグ】 コテージ・ガーデン  
|