RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ひつ陣」




★開封

ひつ陣-o-01
▲今回はamazonでポチりました!


★箱の外観

ひつ陣-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

やたらとインパクトのあるタイトルからの、
シンプルでかわいらしいジャケットですね!

ひつ陣-o-03
▲箱のウラ面

内容は個性いっぱいのひつじたちを並べるゲームとのこと。
どうやら"陣取り"の要素はないようです。よかった…( ̄▽ ̄;)←苦手

ひつ陣-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間はやや短めの20~30分

対象年齢8歳~となっていますが、
数字さえ分かれば、もっと小さな子でもプレイできるかと思います!



★箱をオープン!

ひつ陣-o-05
▲箱の中には、めいっぱいのカードが2包みと、

ひつ陣-o-06
ルルブのみが入っていました!



★内容物

ひつ陣-o-07
ルールブック(日本語・両面)

さらさらっと読める内容で、
難しいことは特に書いてありません。

ひつ陣-o-08
▲後はカード類となります。

ひつ陣-o-09
スタートプレイヤーカード×1枚

牧羊犬なのかペットなのかは判りませんが、
とにかくワンちゃんがかわいいカードです♪( ̄▽ ̄*)

なお、このゲームでは、
スタPカードは最後まで動きません。

ひつ陣-o-10
ボーナスカード×7枚

ゲーム終了時、各プレイヤーの牧場内にある、

・鈴アイコンのカードの最大接続数
・ハートアイコンのカードの数
・星アイコンのカードの数


…を比べて、
それぞれの上位プレイヤーが得られるカードです。

2人プレイでは、およそ得点の3~4割を占める感じでした。

ひつ陣-o-11
ひつ陣-o-12
ひつじカード×100枚

このゲームの主役を務めるカードたちです!

写真うつりの関係で、カードに濃淡が出てしまっていますが、
カードはピンクの全6色ですね。

ひつじカードには、
手札から牧場に配置するときに参照する「数字」と、
アイコンによって示されている「特殊効果」と、
このひつじが"何匹でいたいか"を表す「ひつじの数」と、
"何匹でいたいか"を満たしたら得られる「VP(勝利点)」が、
それぞれ記載されています。

ちなみに、私星屑はもちろんピンク羊がお気に入りで、
しーぷはジャケットにもなっている黄羊が好きだと申しておりました♪
(色による表情の違いをチェケラ!!)



★どんなゲーム?

ひつ陣」は…、

ひつ陣-o-14
▲共通の場から選んで獲得した「ひつじカード」を、
▲自分の「牧場」に配置していくだけのゲームです!

その配置方法ですが、

ひつ陣-o-20
▲すでに自分の牧場に並べているひつじカードのうち、
▲任意の1枚を「起点」に指定して、

ひつ陣-o-16
▲その「起点」に、手札から出したひつじカードを、
▲"ひと筆書き"の要領で接続していきます。

このとき、配置するひつじカードは、

・「起点」の数字と同じ数字のカード
・「起点」の数字から並び数字になっているカード

…の、どちらかであれば、
手札から一度に何枚でも出すことができます。

例えば「起点」が「」のカードならば、
」→「」→「」→「」や、または、
」→「」→「」…といった接続ができるわけですね。

ひつ陣-o-18
▲そして、ひつじたちには、
▲それぞれ"何匹でグループをつくりたいか"という要望があり…、

ひつ陣-o-17
▲同じ色のひつじをつなげて、この要望を満たしてあげることで、
▲プレイヤーはVP(勝利点)を獲得することができます!
(この画像の場合、灰色羊も1グループだけ完成していますね)

他にも…、

ひつ陣-o-13
▲カードごとに「特殊効果」があり、
▲これによってボーナスのVPが獲得できます!

"こっちを立てると、こっちが立たない"…というジレンマの中で、
いちばんVPを稼いで勝利するのは誰か…?

ひつじのパズルを楽しんでまいりましょう♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

星屑と妻しーぷ
""のゲームと""のゲームは積極的に集めることにしておりまして、
今回も、その一環としてポチりました!

そうです、タイトル買いです。
いつも通り、ほとんど内容を知らないままに手を出しました。

同ブランドのタイトルでは、
以前に購入した「ジャングリラ」がピンときませんでしたので、
正直なところ、そんなに楽しみにはしていなかったんですが…、

この「ひつ陣」は良かった!!

アクションの内容もゲームの目的もごくシンプルで、
2人プレイだとあっという間に終わります。

それでいて、ジレンマはしっかりと感じられて
かといって、プレイしていて息苦しさのようなものはなく
のびのびと考えながらカードとにらめっこできる…!

そして、なんといってもひつじがかわいい♪( ̄▽ ̄*)

ルールも、バランスも、
この小さな箱に、きっちりとまとめあげられています!


星屑
"必携の小箱"といえば「DMD」と「ゼロ」でしたが、
これからは「ひつ陣」も追加することにしました…!

ひつ陣-o-19
しーぷと対戦中の星屑の図。

さっそく、次回からは、
しーぷとのひつ陣プレイ記を書いていきたいと思います!!



ひつ陣 関連記事
→プレイ記その1

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/22 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ひつ陣  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




★開封

NEメセナ-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

NEメセナ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

星屑「ところで"メセナ"ってどういう意味??」

しーぷ「企業が芸術とか文化とかの活動を支援することだよ」

ヤバイ、まったく知らなかった…( ̄▽ ̄;)ベンキョウ ブソク

NEメセナ-o-03
▲箱のウラ面

前作は"目指すは国民的大企業"でしたが、
今作は"麗しき日々よ来たれ"…と雰囲気が変わっています。

プレイ人数は1~4人で、
プレイ時間は30~45分と、
スペックの方は変更ありません。



★箱をオープン!

NEメセナ-o-04
▲一発目はルルブで、

NEメセナ-o-05
▲その下にカードが4ブロックあって…、

NEメセナ-o-06
▲以上ですね。相変わらずシンプルな構成です!



★内容物

NEメセナ-o-07
説明書×1部(日本語・全30ページ)

ルールに追加要素はありますが変更点はありません
今回も、惚れ惚れするくらい見やすいレイアウトになっています♪

NEメセナ-o-08
▲あとはカード類

NEメセナ-o-09
▲おなじみの小型カードたち。

労働者」が各色5枚に減りました(前作は各色7枚)。
これは、より完成度が高まったということでしょうか…?

NEメセナ-o-10
初期公共職場カード×6枚

NEメセナ-o-11
ラウンドカード×9枚

初期公共職場カードも、ラウンドカードも、
効果は前作と全く同じで、イラストのみ差し変えられています。

NEメセナ-o-12
建物カード×73枚

新カードがズラリと並ぶと、なんだかワクワクしますね…!
おなじみのフレーバーテキストも、ピリリと良い味を出しています。

NEメセナ-o-13
消費財カード×22枚

なるほど、こうきたか!!

前作の"バナナ"のインパクトが忘れられず、
新作はどんな消費財カードになるんだろうと、
楽しみにしていたんですが…これまた期待以上でした!



★前作との違い

さて、ここで前作から何が変わったかをチェックしてみましょう。

NEメセナ-o-14
▲説明書をめくってみると…、

すでに「ナショナルエコノミー」をプレイ済みのプレイヤーは、
最初の見開き2ページさえ読めば大丈夫とのこと。

つまり、この2ページで追加要素が網羅されているわけですね。

その追加要素は、

☆勝利点トークン
☆変動建設コスト


以上2つのようです。


☆勝利点トークン

NEメセナ-o-15
▲今作から新たに加わった「勝利点トークン」。

ど真ん中に「+1」の数字があって、
その下に「3枚=10」の表示があります。

この勝利点トークンは、

NEメセナ-o-16
▲「宮大工」「菜園」「研究所」の職場を使用すると獲得できます!

そして、獲得した勝利点トークンは、

NEメセナ-o-17
▲3枚集めると、1組で10点として扱い、

NEメセナ-o-18
▲3枚に満たないものは、1枚につき1点として扱います。

例えば、
5枚なら10+1+1=12点となり、
7枚なら10+10+1=21点となるわけです。

となると、
できるだけ3枚セットを目指したいですね…!


☆変動建設コスト

一方こちらは、
条件を満たすことで建設コストが安くなるというものです。

NEメセナ-o-19
▲対象は「食品工場」「工業団地」「大聖堂」の3枚。

中でも「大聖堂」は、
同じく追加要素の勝利点トークンが条件になっています。

コスト6で50勝利点は、あまりにも大きいですので…、
いろんなアプローチを考えて、ぜひ狙ってみたいものですね♪( ̄▽ ̄*)



☆前作との互換性

NEメセナ-o-20
建物カードを観察してみると、

左下に"MECENAT"の文字があります。
そして、カードのウラ面は前作と共通です。

ということは、
前作のカードと混ぜてしまっても問題ないということになります。

しかしながら、

本作は拡張セットではありません。
(略)「メセナ」単体で遊べるようになっています。
前作のカードと混ぜてのプレイは推奨しておりません。


- 説明書より


…とのことですので、
あえて自分だけの構築で独自のゲームバランスを目指すのでもなければ、
混ぜずにプレイするのが無難なようですね。



☆消費財カード

NEメセナ-o-13

さて、今作の消費財カードも手が込んでいます!

NEメセナ-o-21
▲なんと、消費財カードだけで4種類の遊びができるんです!!

・消費財神経衰弱
・消費財かるた
・消費財ババ抜き
・消費財おみくじ


本編と合わせて、これ一箱で5つの遊び方があるなんて、
なんてお得なんでしょうか…!

取り急ぎ「消費財かるた」だけプレイしてみたんですが、
これが地味に面白かったです♪( ̄▽ ̄*)



★星屑のお気に入りカード

最後に、
星屑が"フレーバーテキスト"を気に入った建物カードを、
3枚ほどピックアップしてみたいと思います!

NEメセナ-o-22
▲「鉄道駅

フレーバーテキストは、"駅ビルは駅から徒歩10分"。

星屑、生まれて初めて渋谷駅に降り立ったとき、
脱出するのに長い時間がかかったのは良い(?)思い出です…( ̄▽ ̄ )

NEメセナ-o-23
▲「会計事務所

フレーバーテキストは、"1+1=任意の整数"。

いわゆる"会計士ジョーク"ですよね。
このゲームだからこその雰囲気が醸し出されていて、たまりません…!

NEメセナ-o-24
▲「博物館

フレーバーテキストは、"ほんとうに売却不可"。

機能の「売却不可」からの、念を押すような流れがツボりました!!
今作のカードの中で、いちばんのお気に入りです♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

まさか続編が出るとは思っていなかったので、
発売に気付いて驚いた「ナショナルエコノミー メセナ」…!

前作には大変お世話になったのもあって、大慌てでポチりました。

箱を開けて、とりあえず、
建物カードのフレーバーテキストを眺めているだけで引き込まれて、
なんだか本でも読んでいるような不思議な心地に…( ̄▽ ̄*)

そして、もちろんゲーム本編もプレイしてみたんですが、
建物カードの一新で、当たり前ですがプレイ感に変化があり、

ベースこそ同じなんですが、
そこに小さな変化がたくさんあるといいますか…、

プレイするごとに自分の成長を感じられるゲームを、
またリフレッシュして一からプレイできる
というのは、
本当にありがたいことです…!

ほんと私星屑、以前は狂ったようにプレイしていてですね、

NEメセナ-o-25
▲トランペットケースと楽譜でもあれば、

NEメセナ-o-26
▲それをテーブル代わりに、どこでも1ゲームやっちゃうほどで…!

ここのところ、ずっと「ナショナルエコノミー」をサボっていましたので、
また新たな気持ちで復帰していきたいと思います!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
前作プレイ記
前作開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/09 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ダンジョンヒーローマネージャー」




★開封

DHM-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

DHM-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ヒーローたちがダンジョンに突入しているイラストです。
戦士や魔法使いっぽい姿が見て取れますね。

DHM-o-03
▲箱のウラ面

ウラ面は、どうやら冒険者募集のビラのようです。
アルバイト募集くらいの軽いノリですが、その内容は…( ̄▽ ̄ )

DHM-o-04
スペック

プレイ人数は、やや広めの2~6人
プレイ時間は60~90分で、人数が増えると伸びる感じ。
6人ともなると結構かかるんじゃないかな…?



★箱をオープン!

それでは開けていきましょう。

DHM-o-05
▲一発目はサマリー

DHM-o-06
ルルブはこの位置で、

DHM-o-07
▲その下にタイル台紙と、

DHM-o-08
ゲームボードがあって、

DHM-o-09
▲最後にカード類その他でした。



★タイル抜き!

DHM-o-10
▲ではでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきます!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

DHM-o-12
▲はい、完了…!

DHM-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

DHM-o-13
ルールブック(日本語・全16ページ)

厚めのページ数に、ぎっしりの文字。
そして正直、読みにくい内容でした…( ̄▽ ̄;)

DHM-o-14
アイコン効果早見表×2枚(両面)

せっかくのサマリーなんですが、
どうせならゲームの手順を入れて欲しかった…。

DHM-o-15
ゲームボード×1枚

わりと広めのボードです。
上から雇用→街→ダンジョンと3つのフェイズが分かりやすく、
また、カードの配置や効果のアイコンも丁寧に示されています。

ルルブ&サマリーと打って変わって、これは良いものですね!!

DHM-o-16
コイン×3種類

ダンジョンで英雄にモンスターを倒してもらうことで入手でき、
ゲーム終了時にいちばん獲得していたプレイヤーが勝者となります!

DHM-o-17
トークン類

6金を受け取って8金を返済する借金トークンと、
ダイスの出目を±1できる神殿の祝福トークンと、
ゲームボードの中央に置くラウンドマーカーです。

DHM-o-18
賃金マーカー×6個

ゲームボード上段の各酒場に配置して、
酒場ごとの冒険者の賃金を表示します。

DHM-o-19
コマ×6色・各1個

自分が利用する街の建物や、挑戦するダンジョンに置くコマです。
(ぼくの箱は黄色のコマが欠品していました…メールしておこう…)

DHM-o-20
色付きダイス×6色・各1個

プレイヤーたちが1個ずつ持つダイスで、
各フェイズの入札のときに使用します。

DHM-o-21
白ダイス×6個

こちらは普通に振るためのダイスです。
主にモンスターとの戦闘時に使います。


DHM-o-22
▲最後にカード類

DHM-o-23
英雄カード×30枚

プレイヤーが酒場で雇って、ダンジョンに送り込む英雄たちです。
10種類の職業があり、1つの職業につき3枚の色違いがあります。

そして、
彼らが成長すると、カードが裏返えって…、

DHM-o-24
▲新米英雄から熟練英雄にクラスチェンジし、強くなります!!


DHM-o-27
モンスター/罠カード()×15枚

ダンジョンの各部屋に配置して、英雄と戦闘を行うモンスターや罠です。
緑のカードは、その中でも最弱の"ゴブリン族"。

なお、各ダンジョンの最深部には必ず"ラスボス"が待ち構えています…!

DHM-o-28
モンスター/罠カード()×15枚

第3と第4のダンジョンで待ち構えているのが、
赤のカードの"カオスデーモン族"です。

このあたりから、
油断すると簡単に英雄が全滅しだします…( ̄▽ ̄;)

DHM-o-29
モンスター/罠カード()×15枚

第5と第6のダンジョンで仁王立ちしているのが、
紫のカードの"アンデッド"です。

素人にはオススメできませんので、
しっかりと英雄を強化してから挑みましょう!


DHM-o-25
装備カード×36枚

英雄に持たせることで、追加の能力を付与できる装備品です。

武器防具道具の3種類があって、
1人の英雄につき、それぞれ1枚まで所持させられます。

DHM-o-26
マジックアイテムカード×18枚

より強力な効果を持った装備品です。

使い方は装備カードと同じですが、
装備カードが街の"闇の店"で1ゴールドで売れるのに対して、
マジックアイテムカード3ゴールドで売ることができます。

ラスボス紫ダンジョンで戦闘するとき、
装備が整っていると心強いですよ…!( ̄▽ ̄*)



★コメント

DHM-o-30
▲箱のウラにも明記されているとおり、

プレイヤーは冒険者をダンジョンへと送り込み、
モンスターを倒して、お宝を持ち帰ってもらい、
自分の手は一切汚さずに、その分け前をいただく――


そんな滅茶苦茶な設定のゲームが、
この「ダンジョンヒーローマネージャー」です。

星屑
"自分の手は汚さない"とか、
"他人の犠牲なんざ厭わない"とか、
そういうダークな設定が大好物なもんで、
(あくまで設定だけです。リアルでそんなことはないですよ…?)
ゲームの説明を読んだ瞬間にポチってしまっていました!

それで、わくわくしながらルールブックをめくってみたんですが、

DHM-o-31
▲これはひどいですね!(良い意味で!)

画期的な世界観で、つかみはバッチリ!!

…だったんですが、
実際にプレイしてみると、システムの荒さが目につきました。

雇用フェイズ→街フェイズまではすんなり進むんですが、
ダンジョンフェイズ(=戦闘)になるとルールブック片手に大混乱…。

もうちょっと分かりやすい戦闘にできなかったのかな…?
ヒトコトで言うと"ピンとこない"感じです。

とはいえ、根っこはシンプルにデザインされていますし、
サマリーを自作したら、もっとすんなりいくかも…ということで、
ただいま自作サマリー作成中…。

DHM-o-32
▲せっかく魅力的なカードが多いゲームですので、

この先も可能な限りプレイを重ねて、
なんとかモノにしていきたいと思っています。( ̄▽ ̄ )



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/08 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ダンジョンヒーローマネージャー  
|
ボードゲーム
「スタータップス」




★開封

スタタ-o-01
▲結婚式の引き出物の一つとして頂いたので、さっそく開封してみます!


★箱の外観

スタタ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

とってもオシャレな、6つの"企業ロゴ"がジャケットです。
ピンク黄緑のツートンカラーが良い味を出しています!

スタタ-o-03
▲箱のウラ面

プレイヤーは投資家になり、
有望な企業に投資して利益を独占するというゲームのようですね。

スタタ-o-04
スペック

プレイ人数は広めの3~7人で、
プレイ時間は短めの20分
インストは、おそらく2,3分といったところでしょうか。



★箱をオープン!

それでは箱を開けていきましょう。

スタタ-o-05
▲一発目は特典のステッカー

スタタ-o-06
▲その下にルルブがあって、

スタタ-o-07
▲ぎっしりのチップ類が登場…!

スタタ-o-08
▲最後は底にカード類でした。



★内容物

スタタ-o-09
遊び方説明書(4ヵ国語)

ルールは縦長の1ページに収まっています。

カードを獲得して→カードを出すという2アクションだけで、
ゲームは進んでいくようです。

スタタ-o-12
資金チップ×70枚

オモテが「」で、ウラが「」になっています。

ゲーム中は「」の面だけを使い、
ある条件によって、得点計算時に「」へと裏返ることがあるようです。

スタタ-o-10
独禁チップ×6種・各1枚

6つの企業について、それぞれ、
確保しているカード枚数が最多のプレイヤーが受け取り、
デメリットメリットが発生します。

スタタ-o-11
得点チップ×3種・各4枚

オプションルールの"ラウンドゲーム"採用時に使うチップです。

各ゲームの、
1位が「+2」,2位が「+1」,3位が「-1」を受け取り、
4ゲームの総合得点で勝敗を競います。

スタタ-o-13
▲そして、最後にカード類

スタタ-o-14
企業カード×6種・全45枚

色別に「」~「10」の数字がふってあるカードです。
各カードは、その数字ぶんの枚数あります。

たとえば、
」の"ジラフビアー"は5枚あって、
」の"ヒッポパワーテクス"9枚あるわけです。

このシステムを見ると、


▲「もっとホイップを」や、


▲「チーキーモンキー」を思い出しますね!( ̄▽ ̄*)



★コメント

ワンナイト新郎」と同じく、
結婚式の引き出物として、弟分のなつくんから頂いたゲームです!

それで、ちょっと驚いたのが、

スタタ-o-15
限定特典ロゴステッカーで…、

スタタ-o-16
▲これがピンクオレンジ(と茶色)だったんですよ!!

星屑は自他ともに認めるピンク好きで、
なつくんは自他ともに認めるオレンジ好き

このステッカーは、全6種類からランダムで3枚封入されているんですが、
見事に2人のマイカラーを引き当てることができました♪( ̄▽ ̄*)

メモリアルなボードゲームで発生したミラクルに、
なにか運命のようなものを感じずにはいられません…!


そんな「スタータップス」ですが、
実は星屑、前々から気になっていたんです。

といっても、
タイトルに"スター"が入っているという単純な理由なんですが、
いつか買おうと思っていた…ところ、こういうカタチで入手に至って、
これもまた驚きの一つでした。


星屑「これ、実は狙ってたゲームなんだけど、」
星屑「選んだのには何か理由があったん??」

なつ「それはですね、箱のウラ側に…、」

スタタ-o-17

なつ「"未来を、信じて進め"って書いてあって、」
なつ「なんだか星屑さんらしいかなって」

星屑「ああ、なるほど、」
星屑「いかにも俺が言いそうなセリフやもんね…!」


積み重なるボードゲームの中で、
他とは違う輝きを見せるタイトル――

なつくんが選んでくれた「スタータップス」は、
星屑にとって、そんな存在になりそうです。



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/07 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 スタータップス  
|
正体隠匿系ゲーム
「ワンナイト新郎」


★開封

一夜新郎-o-01
▲結婚式の引き出物の一つとして頂いたので、さっそく開封してみます!


★箱の外観

一夜新郎-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

どう見てもご祝儀袋なジャケットですね!

一夜新郎-o-03
▲箱のウラ面

ゲームは、
披露宴後の夜のパーティー(二次会的な?)を舞台に行われるようです。

一夜新郎-o-04
スペック

スペックはツッコミ所が多めになっています。( ̄▽ ̄*)
プレイ時刻が推奨されているのは珍しいですねぇ。



★箱をオープン!

それでは開けていきます。

一夜新郎-o-05
▲この、ご祝儀袋っぽいのはサマリーで、

一夜新郎-o-06
▲お次は得点チップ

一夜新郎-o-07
▲その下に二度見禁止札と、

一夜新郎-o-08
キャラカードがあって、

一夜新郎-o-09
▲最後はマニュアルでした!



★内容物

一夜新郎-o-10
マニュアルサマリー

マニュアルは両面、サマリーは片面です。
ルールはいたって簡単で、あっという間に読み終わります。

【ゲームの流れ】

①配られたキャラカードを見る。

②フリートーク

③一斉にカップル成立

一夜新郎-o-15
得点チップ(2点/1点)

ラウンドごとに得点が入り、
誰かが8点or0点になったらゲーム終了です。

一夜新郎-o-14
二度見禁止札×8枚

各プレイヤーは、
ラウンドごとに1度だけ誰か1人のキャラカードを覗き見ることができ、
見られたプレイヤーは、自分のキャラカードに二度見禁止札を置きます。

それにしても、この"二度見禁止"の文字を見ていると、
無性に串カツが食べたくなるのは気のせいでしょうか…( ̄▽ ̄ )


そして、ラストは全9枚のキャラカードです!

一夜新郎-o-11
正規カップル組(3枚)

新郎」&「新婦」に「仲人」と、
披露宴の定番メンバーが揃っています。

そんな彼らの勝利条件は、もちろん、
「新郎」&「新婦」のカップルを成立させること!

一夜新郎-o-12
元サヤ狙い組(4枚)

元カノ」&「元カレ」…?
なにやら一気にキナ臭くなって参りましたね…!

彼ら彼女らの勝利条件は、なんとなんと、
「新郎」or「新婦」との元サヤを成立させること!

一夜新郎-o-13
ジェンダーフリー組(2枚)

マニュアルによれば、
"性別の壁はないが通常の倫理観はある人たち"らしいです。

そんな彼らの勝利条件は、
「元カレ」or「元カノ」とのカップルを成立させること!


この3陣営が入り乱れて、
一体どんなパーティーになっちゃうんでしょうか…?( ̄▽ ̄;)



★コメント

このほど私星屑
大事な弟分であるなつくんの結婚式に参列してきました。

一夜新郎-o-16
▲披露宴でスピーチする星屑の図。

その際に頂いた引き出物の一つが、

一夜新郎-o-17
▲この箱で、

中から出てきた2つのゲームのうち、
片方が「ワンナイト新郎」だったんです!

いやぁ、
まさか新郎から「ワンナイト新郎」をもらうことになるなんて、
予想だにしていなかったので、これには星屑
思いきり意表を突かれてしまいました…!

それで、さっそくフタを開けて、ルールをチェックしてみたんですが、
これは「ワンナイト人狼」とは、まったくの別物なんですね。

なんというか、完全に"パーティーゲーム"に仕上がっていて、
正体隠匿系ゲームは正体隠匿系ゲームでも、
ガチガチではなくって、わきあいあい!って感じでしょうか。

こちらは気軽にプレイすることができそうです♪( ̄▽ ̄*)

プレイ人数が6人以上と、やや敷居が高いですので、
まずはオープンのボードゲーム会に持ち込んでみたいと思います。

それでは最後に、
なつくん、ステキなゲームをありがとう!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/03 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ワンナイト新郎  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




★開封

キングドミノ-o-01
▲amazonから届いたので、開封していきます!

→プレイ記はこちら


★箱の外観

キングドミノ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

箱は、わりと小さめですね。
とてものどかなイラストが描かれています!

キングドミノ-o-03
▲箱のウラ面

2~4人でのプレイが可能で、所要時間は15分
2人プレイ時のみ、わずかにルール変更があります。

8歳以上となっていますが、
足し算さえできれば、もう少し小さい子でもいけそうです。



★箱をオープン!

キングドミノ-o-04
▲一発目は台紙

キングドミノ-o-05
▲その下にルルブがあって、

キングドミノ-o-06
▲最後がタイルコマ類でした。



★組み立て!

キングたちのキャッスルをビルドっていきましょう!

キングドミノ-o-07
▲こちらを丁寧に切り抜いてから、

それぞれ4枚一組の厚紙をはめ込んでいくと…、

キングドミノ-o-08
▲あっという間にお城が完成しました♪( ̄▽ ̄*)



★内容物

キングドミノ-o-09
ルールブック(日本語)

ルールがシンプルですので、ページ数は少なめです。
最終ページにはタイルの内訳が載っています。

キングドミノ-o-10
コマ×4色・各2つ

自分のタイルを確保するときに使うコマです。
基本は1プレイヤーにつき1色1個ですが、
2人プレイ時のみ同色を2個使います。

ピンクのコマがあるだけで、
星屑的には入手した価値があったというもの…!( ̄▽ ̄*)

キングドミノ-o-08
お城×4色

初期タイルの上に置いて、自分の色を表示します。

キングドミノ-o-11
初期タイル×4枚

各プレイヤーの王国のスタート地点です。
どんなタイルでも隣接させることができる、
ワイルドカード的な存在でもあります。

キングドミノ-o-12
ドミノタイル×48枚

このゲームの主役となる"ドミノ"です。
タイルのウラ面には「」~「48」の数字がふってあって、
数字が大きいほど有用なタイルとなっています。

キングドミノ-o-13
キングドミノ-o-14

一方で、オモテ面には6種類の土地のイラストが描かれていて、
中には"王冠"があるものもあります。

この王冠があるマスに、同じ種類の土地を隣接させていけば、
得点が伸びていく
…という寸法ですね!( ̄▽ ̄*)



★プレイしてみた!

先日のボードゲーム会で、
星屑、さっそく「キングドミノ」をプレイしてみました!

キングドミノ-o-16
▲各プレイヤーは、自分の王国に配置したいタイルを選び、
▲どんどん王国を拡大させていきます。

キングドミノ-o-17
星屑の途中経過。

これ、うまく同じ種類の土地を連続させられると気持ち良いですね♪

ただし、それだけでは得点することはできず、
しっかりと"王冠"を確保していかなければなりません。

キングドミノ-o-18
▲ゲーム終盤の様子。

最終的に5×5=25マスの正方形の王国にする必要があり、
みんなウンウンうなりながら、ラストの調整をしていました…!

キングドミノ-o-19
▲そうして完成した星屑の王国!

得点は、各土地の「マス数」×「王冠の数」の合計になります。
(例えば右下のであれば、4マス×3王冠12点)

星屑の合計点は33点と、ぼちぼちの結果でしたが、
ちゃんと正方形の王国を完成させられて大満足でした♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

星屑の身近でめちゃくちゃ話題に上がっていたので、
試しに買ってみた「キングドミノ」。

これが評判に違わず、
簡単なルールながらゲーム展開は悩ましいという、
いわゆる"リプレイ性"の非常に高いものでした!

星屑大のタイルゲーム好きというのもありますが、
また星屑の定番タイトルが一つ増えた感じですね。

2~4人の範囲でプレイ人数を選ばず、
たった15分で終わるテンポの良さもありますので、

タイルゲームを人に勧めるときの入門ゲームとして、
愛用していきたいと思っています♪( ̄▽ ̄*)

キングドミノ-o-15
▲箱がコンパクトで持ち運びやすいのもメリットですね!



キングドミノ 関連記事
プレイ記その1(1/3)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/02 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム「ポーション・エクスプロージョン」

拡張セット「第五の材料」




★開封

ションジョン-o-1-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!

基本ゲームの開封記事はこちら


★箱の外観

ションジョン-o-1-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

うわ、めっちゃ教授さんが増えてる!!!( ̄▽ ̄ )

ションジョン-o-1-03
基本ゲームとのサイズ比較。

並べてみると、ひと回りくらい小さいですね。

ションジョン-o-1-04
▲箱のウラ面

今回からの新要素は、
大きく分けて3つあるようです。

・不気味な力の結晶、その名も幽霊のエクトプラズム!
・さらにゲームを盛り上げる魔法の薬品!
・ゲームをがらっと変える数々の教授!


ションジョン-o-1-05
スペック

拡張を入れても、スペックには変化がありません。

なお、この拡張セットだけでは遊ぶことができず、
ポーション・エクスプロージョン」の基本ゲーム必須です。



★箱をオープン!

ションジョン-o-1-06
▲一発目はペーパー

ションジョン-o-1-07
▲その下にルルブがあって、

ションジョン-o-1-08
タイル台紙があり、

ションジョン-o-1-09
▲最後がビー玉でした!



★タイル抜き!

ションジョン-o-1-10
▲それでは、6枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ションジョン-o-1-11
▲はい、完了…!

ションジョン-o-1-12
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■□□楽

ぬきやすさ
:難□■□□□易

例によって薬品タイルが抜きにくかったです。
1枚1枚、慎重に抜いていくことをオススメします!



★内容物

ションジョン-o-1-13
ペーパー×1枚

このゲーム、いつの間にかアプリになっていたんですね。
星屑、アプリでボドゲはプレイしないもので知りませんでした…!


ションジョン-o-1-14
ルールブック(日本語・全4ページ)

追加ルールの説明のみですので、ページ数は少なめ。


ションジョン-o-1-15
万能材料玉×12個

この拡張のタイトルにもなっている、5色目の材料玉です。

いわゆる"ワイルドカード"的な扱いで、
どの色の材料玉としてもみなすことができます


ションジョン-o-1-16
称賛トークン×15個

これ単体で使用するわけではなくて、
追加ルールによって受け取ることがあるようです。

表示の通り、1個につき+1ポイントになります。

ションジョン-o-1-17
叱責トークン×15個

こちらは1個につき-1ポイントですね。


ションジョン-o-1-18
教授タイル×7枚

ゲーム開始時に1枚を選ぶことによって、
ゲームの基本ルールが変更されるというタイルです。

変更内容は、
条件つきで獲得したビー玉の1つを交換できるというものから、
ビー玉をテーブルに落としたらペナルティというものまで様々…!

これはゲームの良いスパイスになってくれそうですね♪( ̄▽ ̄*)


ションジョン-o-1-19
恐怖の大鍋ボード×1つ

今回から追加された「万能材料玉」の初期配置場所です。

教授タイル薬品タイルの効果によって、
プレイヤーは手持ちの材料玉と万能材料玉を交換し、これにより、
万能材料玉がゲームに投入されていく
という仕組みになっています。


そして、最後は4種類の「薬品タイル」です。

ションジョン-o-1-20
▲薬品タイル「恐怖調合薬

手の中のビー玉1個を、
恐怖の大鍋のビー玉1個と交換する。

ションジョン-o-1-21
▲薬品タイル「幽霊汗飲薬

対戦相手のプールからビー玉1個を奪い、
それを恐怖の大鍋のビー玉1個と交換する。

ションジョン-o-1-22
▲薬品タイル「羽毛感触薬

横並びで連続する同じ色のビー玉2個以上を獲得する。

ションジョン-o-1-23
▲薬品タイル「変色塗装薬

手の中のビー玉から1色を選び、
その色のビー玉を全て、違う1色として扱う。

薬品タイルの裏表を間違えて撮影してしまった…( ̄▽ ̄;)



★コメント

昨年、
星屑2番目にハマったボドゲ「ポーション・エクスプロージョン」!
(詳しくはこちらをご覧ください♪)

その、待ちに待った拡張セットが登場しました!!

星屑、同じくこのゲームを持っているもっちさんと、
拡張が来るとしたらどんなのかな?という話題で、

新しい薬品タイルは来るでしょうね!」とか、
ビー玉に5色目が登場するんじゃないですか?」とか、

ワクワクしながら予想していたんですが、

薬品タイルは4種類も増えたし、
5色目はジョーカー的なビー玉だし、
さらに教授がうじゃうじゃやって来たし、
なんかいかにもな大鍋まであるし…で、
拡張セットは予想を完全に上回るものになっていました!!

そして、「ポーション・エクスプロージョン」といえば、
ルールブックのはっちゃけ具合に定評がありますが…、

ションジョン-o-1-25

今回も期待通りのルールブックでしたね!

教授タイル」のルビが、
"オノオノス・ドクジブス・ルールズ"!!

しーぷオノオノ…ドクジ…ルール…
しーぷ各々の…独自の…ルール…!?
しーぷあ、相変わらずのカタカナ表記ね!!( ̄▽ ̄;)」

星屑これを楽しみにしとったんよ…!


ションジョン-o-1-24

さて、今週末は、
ちょうど福岡市城南区でのボードゲーム会がありますので、
さっそく卓を立ててみたいと思っています。

というか、できることなら、
ポーション専用卓」を一日中立てていたいくらい…!

ご参加くださるプレイヤーさんにおかれましては、
ぜひぜひ拡張ポーションをプレイしてみてください♪( ̄▽ ̄*)



ポーション・エクスプロージョン 関連記事
拡張セットルール確認
基本ゲーム開封
基本ゲーム紹介
基本ゲームプレイ記

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/05/25 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ポーション・エクスプロージョン  
|
ボードゲーム
「コテージ・ガーデン」




★開封

コテガー-o-02
▲amazonのマケプレから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

コテガー-o-03
▲まず、箱の外に日本語説明書が付属していました!

コテガー-o-04
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

植木鉢やスコップが入った木箱のイメージですね。
いきなりおしゃんてぃな雰囲気が全開です♪( ̄▽ ̄*)

コテガー-o-05
▲箱のウラ面

書いてあることは全く分かりませんが、
庭づくりゲームであることは、しっかりと伝わってきます!!

コテガー-o-06
スペック

ゲームの目的もルールもシンプルですので、
小学校低学年からプレイできるところがポイント!

また、ソロプレイによるスコアアタックも可能となっています。



★箱をオープン!

コテガー-o-07
▲一発目はダイスキューブ

コテガー-o-08
ルルブはこの位置でした。

コテガー-o-09
▲その下にゲームボードタイル台紙があって、

コテガー-o-10
▲以上です!



★タイル抜き!

コテガー-o-11
▲それでは、8枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

コテガー-o-12
▲はい、完了…!

コテガー-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★組み立て!

さて、お次は「手押し車」を組み立てていきましょう!

コテガー-o-14
▲必要なのは本体車輪です。

コテガー-o-15
▲まず、本体の前面を持ち上げます。

コテガー-o-16
▲そして、その前面に差し込むように、
▲本体の側面を持ち上げます。

コテガー-o-17
▲さらに、本体の背面を持ち上げてから、

コテガー-o-18
▲仕上げの車輪を差し込めば…、

コテガー-o-19
▲立派な「手押し車」が完成しました♪( ̄▽ ̄*)



★内容物

コテガー-o-20
ルールブック(全10ページ)

原語の方は、これオランダ語なのかな…?
それにしても、表紙の"汚れ"に妙なこだわりを感じますね…!

コテガー-o-21
ゲームボード(1~3人プレイ面)

ゲーム中、花タイルの"苗床"となるゲームボードです。

コテガー-o-22
ゲームボード(4人プレイ面)

ゲームボードの反対側は4人プレイ用ということで、
ボード四隅にも小さなマスがあります。

コテガー-o-41
パラソル×1枚

ゲームボードから花タイルを試し取りするときに、
代わりに置いておくタイルです。

コテガー-o-40
庭師ダイス×1個

ゲームボードの外周を進むダイスで、
振るわけではなく、ラウンド数を表示するために使います。

コテガー-o-23
花壇(明るい面)

花タイルを植える場所です。

コテガー-o-24
花壇(暗い面)

"明るい面"の反対側は"暗い面"になっていて、
全部で18種類の花壇があるいことになります!!

コテガー-o-25
▲ちなみに、各花壇の左下には、
▲「」~「」のナンバーがふってあり…、

今回は何番を使おう!とか、
今回は何番を外そう!とか、
調整できるようになっているようですね!

コテガー-o-26
作業台×4枚

各プレイヤーの得点をカウントする場所が、この作業台です。

コテガー-o-27
▲なお、最後の1マスで得点が跳ね上がるのがキモとなっています…!

コテガー-o-28
植木鉢キューブ鉢カバーキューブ

作業台の、得点トラックの上に置くキューブです。

コテガー-o-29
蜂の巣トークン

いち早く「20点」のマスに到達したプレイヤーが獲得できるトークンで、
2着までのプレイヤーはボーナス点を得ます!

コテガー-o-30
植木鉢トークン

花タイルの代わりに、花壇に配置することができるトークンです。

コテガー-o-31
猫トークン

条件を満たすともらえる猫トークンは、
選べる2種類の効果をもたらします。

コテガー-o-32
▲ちなみに、猫は全部で7種類…!

お好みの猫を獲得しましょう♪( ̄▽ ̄*)

コテガー-o-33
手押し車

手押し車の先が、花タイルの列の"先頭"を示します。

特にルールブックには記載がないんですが、
中に猫トークンを注ぎ入れると、とても良い感じです♪( ̄▽ ̄*)


そして最後に主役の花タイル、いってみましょう!

コテガー-o-34
6マス花タイル

最大サイズの花タイルです。
うまく使うことができれば、一気に花壇が完成に向かうでしょう…!

コテガー-o-35
5マス花タイル

こちらも大きな花タイルですが、
"十字"のものと""のものは、よくプレイヤーを泣かせてくれます…( ̄▽ ̄;)

コテガー-o-36
4マス花タイル

使いやすいものが多い中にあって、
"正方形"のタイルだけは花壇を選びますね…。

コテガー-o-37
3マス花タイル

2パターンしかありません。
ボリューム的には物足りない感じですが、
何かと役に立ってくれる場面が多い印象です。

コテガー-o-38
2マス1マス花タイル

小さいだけあって、オマケの植木鉢鉢カバーが付いてきます。
状況によっては欲しくなるタイルですね。



★コメント

同じ大分県北部のボードゲーム仲間にして、
ウヴェ・ローゼンベルグさんが大好きヤマシタさんに、
超が付くほどオススメされまくっていたのが、
この「コテージ・ガーデン」です!!

実際にプレイしてみるまではピンときていなかったんですが、

ヤマシタさんに実物をお借りして、
しーぷや、弟分のなつくんとプレイしてみると、
これがめちゃくちゃ面白くて…!

そして、面白い上に、
1~4人というプレイ人数と、
60分というプレイ時間と、
なにより、初心者にも分かりやすいルールは、
主催するボードゲーム会で"扱いやすい"もので、
これは入手しておきたいと思っていて…、

このほど、ついに購入にいたったわけです!

コテガー-o-01

星屑が入手したことにより、
大分県北部の「コテージ・ガーデン」は合計3箱に!!!

いつか大分県宇佐市で、
"コテージ・ガーデン大会"とか開いてみたいですね♪( ̄▽ ̄*)

コテガー-o-39

コテージ・ガーデン」については、
すでにソロプレイ記を公開していますので、
よろしければ、そちらも合わせてご覧ください…!



コテージ・ガーデン 関連記事
ソロプレイ記

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/04/04 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 コテージ・ガーデン  
|
ボードゲーム
「タンブリンダイス 2017」


★開封

タンダイ2017-o-02
USAから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

タンダイ2017-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ジャケットは「フルサイズ版」とそっくりですが、
盤面のカラーがに一新されていて、
箱の形状が正方形に近くなっています。

タンダイ2017-o-01
▲そして、タイトルの右下に、
▲"2017 Edition"の表記がありますね!

タンダイ2017-o-04
▲箱のウラ面

どうやらルールの変更はなさそうです。

タンダイ2017-o-05
スペック

13歳以上となっていますが、
小学校低学年の子でも問題なくプレイできますよ♪( ̄▽ ̄*)

また、プレイ時間についても、
1ラウンドだけならものの数分で決着がつきます!



★箱をオープン!

タンダイ2017-o-06
▲一発目はルールブック

タンダイ2017-o-07
▲その下にダイスがあって、

タンダイ2017-o-08
ボードと、

タンダイ2017-o-09
パーツと、

タンダイ2017-o-10
▲またボードで…、

タンダイ2017-o-11
▲以上となります!



★内容物

タンダイ2017-o-12
ルールブック(英語・両面)

日本語訳はありませんが、
英語ですし、ルールは簡単ですし、ノープロブレムでしょう♪

タンダイ2017-o-13
ダイス×4色・各4個

の4色から、
の4色に変わっていますね。

サイズの方はほとんど同じかと思われます。
(機会があったら比較してみようかと)

タンダイ2017-o-14
×9本

ボードを支える、縁の下の力持ち的なパーツです。

タンダイ2017-o-15
×12本

ゲームに使用するのは10本ですので、
残りは予備ということでしょうね。

ビシバシとダイスが当たりまくる場所なので…( ̄▽ ̄ )

タンダイ2017-o-16
ボード×4枚

4枚のボードを組み合わせることで、
本体が完成するわけです…!



★組み立て!

タンダイ2017-o-17
ボードボードをはめこんで、

タンダイ2017-o-18
▲ウラ面にを挿し込んで、

タンダイ2017-o-19
本体を立ててから、

タンダイ2017-o-20
を、

タンダイ2017-o-21
▲全10ヵ所に差し込んだら…、

タンダイ2017-o-22
完成です!!



★ミディアム版との比較

星屑が所有している「タンブリンダイス ミディアム」と、
サイズなどを比べてみたいと思います!

タンダイ2017-o-23
の比較。

ひと回り、ふた回り…くらいの違いですね。

タンダイ2017-o-24
高さについては、ほとんど同じです。

タンダイ2017-o-25
本体サイズの方は、やはり差が大きいですね。

特に"スタート位置"が全然ちがって、
ミディアム版と比べると、より思い切ってダイスを転がせそうです!

タンダイ2017-o-26
本体の高さも、段数の違いでミディアム版よりも高くなっています。

これは、ダイスの転がり方が変わってきそうですね。

ミディアム版は、
ダイスが同じ出目のまま滑っていくことが多いですが、

2017年版は、
ゴロゴロと転がって出目が変わりやすいです。


ミディアム版のプレイ動画



★フルサイズ版との比較

同じサイズながら、
色や形状の違う「タンブリンダイス フルサイズ」とも、
ちょっと比べてみましょう!

170325別府-04
▲フルサイズ版が、やや丸みを帯びているのに対して、

2017年版は、どこもかしこも直線になっています。

そして、プレイ感について、
これはあくまで星屑個人の感想なんですが、

フルサイズ版:よく滑る

2017年版:ややブレーキが効く

…という気がしました!

なんといいますか、
フルサイズ版の、あの独特のツルツル感が、
2017年版にはあまり感じられないんですよね。

おかげで2017年版は、
フルサイズ版よりも指で弾きやすいという印象を受けました。
(フルサイズ版は指で弾くと簡単にコースアウトしてしまうので…)

以下に、
ダイスを指で弾いた場合と、
ダイスを転がした場合の、
試し投げ動画を載せてみます。


指で弾いた場合


転がした場合

最後に、
フルサイズ版のプレイ動画を載せておきますので、
ダイスの転がり方の違いをチェックしていただければと思います。


フルサイズ版のプレイ動画



★コメント

このゲームを、どれほど待ちわびたことか…!

ついに、ついに、
"大きい方"の「タンブリンダイス」を手に入れることができました!!

もうヤバイです。
届けてくれた郵便屋さんが、ものすっごくイケメンに見えましたし、
(元々イケメンさんがさらにイケメンに見えました)
ダンボールを開けてブツとご対面してからは、
感極まって、しばらく動くことすらできなかったですし…。

いやホント、よく遠路はるばる、
アメリカから我が家に来てくれました…!

ひとつだけ惜しかった点は、
もしも私星屑大分県宇佐市にいるときだったら、
USA(米国)からUSA(宇佐)へのお届け物とかいう、
ちょっと面白い流れになっていたことなんですが…、

って感激のあまり、自分が何を言っているのか、
よく分かんないですね…。( ̄▽ ̄;)

とにかく、これでダイスを転がし放題になりましたので、
大分県のボードゲーム会でも、
福岡県のボードゲーム会でも、
というか、普通に自宅でも、
タンブリンダイス」を楽しんで参りたいと思います!!

タンダイ2017-o-27

そういえば…、

タンダイ2017-o-28
▲同封されていた、このポストカード

どうやら野球ゲームの宣伝みたいで、
野球好きの星屑、激しく気になっています…!( ̄▽ ̄*)



タンブリンダイス 関連記事
ミディアム版 開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/29 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 タンブリンダイス  
|
ボードゲーム
「ダイス・スター」




★開封

ダイススター-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

ダイススター-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

そのタイトルの通り、
"ダイス"の出目に"スター"がありますね…!

ダイススター-o-03
▲箱のウラ面

内容物もルールもシンプルなようです。
そして箱もコンパクト!

ダイススター-o-04
スペック

20分という短時間で、さらにソロプレイまで可能です。
ソロプレイの場合は、仮想敵との対決になります…!



★箱をオープン!

ダイススター-o-05
▲一発目は布袋

ダイススター-o-06
▲その下にダイスと、

ダイススター-o-07
シートの束

ダイススター-o-08
▲底にルルブで、以上でした!



★内容物

ダイススター-o-09
ルールブック(日本語・全8ページ)

書いてあることは少なめです。
最終ページにはソロプレイルールが載っていました。


ダイススター-o-10
スコアパッド×1冊

1人につき1枚を配布して、
各自ペンで書き込んでいく方式ですね。

ダイススター-o-11
スコアパッドの厚さ

ちなみに両面印刷ですので、この2倍あることになります。
記入には、裏移りしないボールペンなどがオススメ。( ̄▽ ̄ )


ダイススター-o-12
ダイス×14個

色によって個数が違います。

そして、
黄色ダイスの出目は「☆☆3456」で、
他のダイスの出目は「☆23456」です。


ダイススター-o-13
布袋×1つ

ダイスを入れるための袋ですね。
しっかりとロゴが入っていてカッコイイ…!( ̄▽ ̄*)



★どんなゲーム?

詳細はまたにして、ざっくりとまとめてみましょう。

自分のターンが回ってきたら…、

ダイススター-o-14
布袋からダイスを引いて

ダイススター-o-15
引いたダイスを振って

ダイススター-o-16
全員の中央にある〈リザーブ〉に加えます

そして、この〈リザーブ〉からダイスを受け取って
結果を自分のスコアシートに記入していきます

その際、"同じ種類"のダイスは全て受け取らなければなりません

"同じ種類"というのは、3パターンあって…、


・「同じ色」のダイスを全て受け取る

ダイススター-o-17
同じ色を受け取った場合は、

ダイススター-o-18
スコアシートのタテ列に記入していきます。
(受け取ったダイスと同じ色の列です)

スコアシートへの記入方法ですが、

まず、受け取ったダイスの個数ぶん
上からマスを埋めていくことになります。

そのマスのうち、
いちばん下のマスには「受け取ったダイスの出目の合計」を、
他のマスには「×」を記入しましょう。


・「同じ数字」のダイスを全て受け取る

ダイススター-o-19
同じ数字を受け取った場合は、

ダイススター-o-20
スコアパッドのヨコ列に記入していきます。
(受け取ったダイスと同じ出目の列です)

スコアパッドの記入方法は、タテ列のときと似ていて、

まず、受け取ったダイスの個数ぶん
左からマスを埋めていくことになります。

そのマスのうち、
いちばん右のマスには「受け取ったダイスの出目の合計」を、
他のマスには「×」を記入しましょう。

もし、すでに埋まっているマスがあったら、
そのマスは飛ばして、左詰めで空きマスを埋めていきます。

また、ヨコ列にはボーナススペースがありますので、
右側の緑色のマスまでは、はみ出して記入することができます。

なお、タテ列でもヨコ列でも、
マスに空きがない状態でダイスを受け取ってしまうと、
ペナルティを受けて、ゲームが終了してしまいます…。



・「星」のダイスを全て受け取る

ダイススター-o-21
を受け取った場合は、

ダイススター-o-22
スコアパッドの倍率スペースに記入します。

受け取ったダイスの個数ぶん
倍率スペースの好きなマスに「×」を記入しましょう。

倍率スペースヨコ列で見て…、

同じ行が「×」で全て埋まっていれば、その列の点数は「2倍」に、
同じ行に「×」が1つもなければ、その列の点数は「1倍」に、
同じ行に「×」があり、かつ埋まり切っていなければ0倍」に、
それぞれ点数が変動することになります。


こうしてターンが回っていって、

ダイススター-o-23
▲誰かが目的スペースを全て埋めるか、
▲あるいはペナルティを受けると…、

ゲームが終了し、得点計算となります。

ダイススター-o-24
▲各プレイヤーは自分のスコアシートを、
ヨコ列で見て、行ごとに数字を合計し、

ダイススター-o-25
▲さらに、各行の倍率スペース0倍2倍された数字の合計が、
▲自分の得点です。

この得点が最も高いプレイヤーが勝者となります!



★コメント

星屑"星"と付いていたら条件反射でポチる癖があり、
この「ダイス・スター」も、気が付いたらポチってしまっていました!

ルールは思ったより難しそうかと思いきや、
いっぺん回してみるとピンとくるような内容です。

"ダイスゲーム"というのは、それこそ星の数ほどありますが、
この「ダイス・スター」は、その中で光るものがあるのでしょうか…?

明日からのボードゲーム会で、プレイしてみたいと思います!( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/03/18 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ダイス・スター  
|