RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
星屑楽天イーグルスの応援団活動中につき、
ガッツリとブログを書く時間がありませんので、
今日はボードゲームの記事をお休みします

代わりに、何かつらつらと…。

今日のタイトルは、

"住みたい場所"の決定打は「気の合う仲間」でした。
ぼくが、生まれ育った福岡県から、
新天地の大分県宇佐市に引っ越してきて、
ぼちぼち3年近くになります。

福岡にいたときは、
このまま一生ずっと福岡にいるんだろうなァ( ̄▽ ̄ )
…くらいに思っていたんですが、

結婚を機に大分に引っ越してから、
ひとつ、考えないといけないことができました。

ぼくは、いずれどこに定住すべきだろう…?

このまま、ずっと大分県宇佐市に住み続けるのか、
あるいは、故郷の福岡に再び戻った方がいいのか…。


この2つの土地は、いわゆる「都会」と「田舎」で、

片や、福岡県福岡市の人口は約146万人(全市中7位)、
片や、大分県宇佐市の人口は約6万人(全市中457位)。

福岡市は、博多に天神にとビルが立ち並び、
宇佐市は、どこまでも麦畑田んぼが広がり…。

てな感じで、
都会」に住みたければ福岡市
田舎」に住みたければ宇佐市
という分かりやすい選択肢なんですが…。

しかし、ぼくにとって、
都会」か「田舎」か、なんていうのは選択肢になりませんでした

amazonが届けば、あるいは楽天が届けば、駿河屋が届けば、
ぶっちゃけ「都会」とか「田舎」とかは無関係だったんです。


これは、ぼくのライフワークであるところの「趣味」が、
"場所を問わない"ものばかりというのが大きくて…、

ボードゲームは、テーブルがあればどこでもできますし、
テニスにしても、コートさえあればどこでもできます。

必要なアイテムは、前述のとおり通販で揃いますし、
場所なんていうのは、どこだっていいんです

それよりも問題は、
ぼくの趣味は、いずれも相手があって初めて成立するということ。

つまり重要なのは、「場所」よりも「」の方だということになります。


この「」というのも、
単純に人口が多ければいいという話ではなくて、

一緒にいて心地良い人たちというか、
相性が良い人たちというか、
なんというか"気が合う人たち"でないと意味がありません。

こういうのって、めぐり合わせの問題なんだと思います。

そう考えると、
より気の合う仲間たちとめぐり会えた土地がベストだと、
自分の中で、ひとつ結論が出ました。


そして、ぼくにとって現時点で、
そういう土地というのは大分県宇佐市に他なりません…!

ならば、ぼくは大分県宇佐市で暮らしていきたい!と、
こちらも結論が出ました。


と、こんな風に思えるくらい、
この大分県でステキな仲間たちに恵まれて、
ぼくは、とってもとっても幸せです…!
( ̄▽ ̄*)


記事を閉じる▲

【2016/06/29 00:01】 | 人生 |
忙しいときはサクッとポエムを書いてみるコーナー!
今週、他所のブログと掛け持ちで忙しくて…。

今回のタイトルは、

DMMのレンタルDVDの返信用封筒の宛名を
「御中」と書き直さずに投函する罪


レンタルビデオがレンタルDVDになったかと思えば、
今やレンタルDVDが自宅に配達される世の中。

星屑と妻しーぷが利用しているのが、
DMMのレンタルDVD配達サービスです。

大分県宇佐市には、
GEO」はありますが「TSUTAYA」がなく、
借りられないDVDも多いですので、
割高でもイナカでは良いサービスですね。

さて、宅配DVDというのは、
封筒に入ったレンタルDVDが自宅に届いて、
観終わったらポストに投函するという感じ。

ポストに投函する際は、
もちろん宛名の「」を「御中」に書き直すわけですが……

ぶっちゃけ、これが面倒になってきました

DVDが入っている封筒がビニール製で、
ボールペンでは書きにくいので、
油性マジックを引っ張りだしてきて書くんですが、

このインクが手についたり何だりで…、

うがー!

……となること数回。

書き直すのをやめてしまいました。

もう、いいや、と。

仕事上の書類とか、そこら辺はしっかりと書き直しますが、
もうこれ、DMMはいいよね…。
月に4回とか繰り返すのに、毎回毎回は大変だもんね…。
もう俺、DMMには非常識と思われていいや…。

と、それでも罪の意識に苛まれながら、
今日も宛名を書き直さずに、ポストに投函してきました。

俺ってホント罪なヤツ…。


記事を閉じる▲

【2015/11/15 00:01】 | 人生 |
忙しいときはサクッとポエムを書いてみるコーナー!
今週、他所のブログと掛け持ちで忙しくて…。

今回のタイトルは、

「趣味」で他の人に迷惑をかけるという罪


「撮り鉄」というと、
もはや傍若無人の代名詞みたいになってしまっていますが、

その趣味の、ごく一部の人のせいで、
その趣味全体が悪く言われてしまうというのは、

「撮り鉄」だけに限らないようですね。

危険な運転や改造をする人がいる「競技自転車」だとか、

警察を煽っていくスタイルの人がいる「クルマ」だとか、

それぞれ、本来はとても良い趣味なのに、
ごくごく一部の人のせいで、悪いイメージが付く


なんというか、

趣味に楽しませてもらっているのに、その趣味に泥を塗る行為

って、マジで意味が分かりません。

何がしたいんだろう。

私は、真っ当に趣味を楽しみます。それが当たり前のことですからね。


記事を閉じる▲

【2015/11/14 00:01】 | 人生 |
忙しいときはサクッとポエムを書いてみるコーナー!

今回のタイトルは、

「オヤの趣味を引き継ぐ」とかいう親孝行


「親孝行」について考えてみたんですよ。

ありきたりな話ですが、
星屑(27)、結婚して実家を出て、オヤのありがたみを痛感しました

いや、オヤってマジすごくね?

仕事して!
子ども育てて!
自分の趣味も楽しんで!

今の私では、仕事と趣味までしか手が回らないので、
子ども育てるなんて絶対に無理です。

でも、オヤは私を育て上げてくれたんだなーって。

そんな「オヤ」に、いわゆる「親孝行」を、と考えました。


「親孝行」と聞いて浮かぶモノ

温泉旅行とか?
肩たたき券とか?

いや、それはそれで喜んでくれそうだけれども、

もっとこう効果時間の長い、
ボードゲームでいえば"持続系"の親孝行はないだろうか…?

ストレートに

いや、それは今の生活じゃ難しいし…。

そうして思いついたのが、「趣味を引き継ぐ」という親孝行でした。


趣味を引き継ぐ」といっても、

ゲームみたいに、
"親世代から子世代に能力を継承"とか、そんなのは無理なので、

単純に、オヤの趣味を自分も続けていく。これだけです。


幸いにも私の両親は二人とも健在で、

父:テニス
母:トレッキング

と、それぞれ趣味を楽しんでいます。

私はスポーツではテニスが好きなんですが、
この先ずっとテニスを続けていこうと決めました。

つまり、父の趣味のテニスを、息子も続けていくわけです。


私には子どもがいませんが、
子どもがいたらと仮定して、考えてみました。

私の趣味はボードゲームです。

もし自分に子どもがいて、その子がボードゲームをしてくれたら、
絶対に嬉しいと思います。

一緒にプレイなんか出来たら最高でしょうね。

そして、
自分が老人になって、寝たきりになってしまったとします。
もう自分にはボードゲームができない。

それでも子どもがボードゲームをしていてくれたら、
やっぱり嬉しいと思います。

何かが、こう"つなげられた"的な。

最終的に、死を迎えるわけですが、
この先も子どもがボードゲームを続けてくれるかも、と思ったら、
未練とか残らないと思うんです。


↑の「ボードゲーム」を「テニス」に置き換えたら、
まるまる私の父になるんじゃないかなーって、
勝手に考えました。
父の本心は分かりませんが。

でも、どうせ"親の心、子知らず"とか云いますし、
ここは善意を押し付けちゃおうと思います


ここでのポイントは、
イヤイヤ趣味を続けるんじゃ、まったく意味がないということでしょうね。

たまたま、父の趣味を私も好きになったので、
せっかくだから、この先も続けていく
、という感じ。

オヤと趣味が合ったら、それを続けていくだけで、
永続的な親孝行ができるかもしれない…!


これは何か可能性のようなものを感じました


残念ながら母の趣味「トレッキング」に関しては、
特に食指が伸びませんでしたので…、

母への親孝行は、また考えたいと思います。


記事を閉じる▲

【2015/11/13 00:01】 | 人生 |