RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

アドレナリン-k-19

2017年2月はコレ!

「アドレナリン」



★さらっとゲームの説明!

アドレナリン」は、


武器を手に取って


▲フィールドを走り回って


▲相手を撃って


▲そしてリロードして次のターンに備える、


▲いわゆる"FPS"風のゲームです!



★さらっとゲームの流れ!

☆自分のターンのアクション

自分のターンでは、
アクションを2回プレイすることができます。

アクションは3種類あって、
同じアクションを2回プレイしてもOKですし、
違うアクションを1回ずつプレイしてもOKです。

その3種類のアクションとは、

①走り回る

走り回る場合は、
自分のフィギュアをタテヨコで1~3スペース移動させます

アドレナリン-k-01

このとき、

アドレナリン-k-02
「ドア」を通過することはできますが、

アドレナリン-k-03
「壁」を通過することはできませんので、注意しましょう。


②アイテムを拾う

各スペースには「アイテム」が配置されていて、
1アクションで、これを1つ拾うことができます

アドレナリン-k-04

アイテムには2種類あって、

アドレナリン-k-05
▲1つ目は「武器」。

すべて威力と効果範囲が違う「武器カード」は、
最大で3枚までしか所持できませんので、
どの3枚にするか悩まされます…!

アドレナリン-k-06
▲2つ目は「弾薬」。

武器のリロードや、オプション効果の使用などには、
3種類ある弾薬が必要になりますので…、
弾薬タイル」もしっかり拾って、弾薬を補充しておきましょう!


③相手を撃つ

手札から「武器カード」をプレイすれば、
対戦相手のフィギュアを撃つことができます

アドレナリン-k-07

武器には、それぞれ個性があり、

アドレナリン-k-08
接近戦用のもの、

アドレナリン-k-09
狙撃用のもの、

アドレナリン-k-10
広い範囲にダメージを与えられるもの…と、

いずれも相手に対する自分の位置取りが重要になりますので、
うまく走り回って、あるいは相手を動かすことによって、
常にベストなポジショニングを心がけましょう!


☆得点方法

プレイヤーが武器で撃たれると、

アドレナリン-k-11
▲プレイヤーボードにダメージが入ります。

アドレナリン-k-12
▲このダメージが合計で「11」になったターンの終了時、

アドレナリン-k-13
▲そのプレイヤーは死亡し、得点計算が行われます!

アドレナリン-k-14
いちばんダメージを与えていたプレイヤーから順に、
8点6点4点…とポイントを獲得し、

さらに、初弾を命中させていたプレイヤー1点を獲得します。

アドレナリン-k-15
死亡したプレイヤーリスポーン(=復活)しますが、
▲このとき、「8点」の上にスカルが置かれて、
▲次にこのプレイヤーを死亡させたときに得られるポイントが、
▲8点からではなく6点からになります。
(いちばんダメージを与えたプレイヤーから6点→4点→2点…)

また、ゲーム終了時には、

アドレナリン-k-16
キルショット(=11ダメージ目を与えた)の回数の多い順に、
▲8点→6点→4点…とポイントを獲得できます。



★このゲームのポイント!

☆武器がユニーク揃い!

このゲームの主役は、
なんといっても「武器カード」です!

まず、数ある武器の中で何を使うか…?

それを考えるだけで、もう本当にワクワクします!!

どんな状況でも撃てるように、
近距離用と中距離用と遠距離用を1つずつ確保するか、

それとも、
ダメージの大きな武器ばかりを集めて、
一撃の火力を重視して戦っていくか。

あるいは、
広い範囲を撃てる武器を揃えて、
全員にちょっかいをかけていくのも良いかもしれません。

はたまた、
武器同士のコンボ性を考えてみるのも面白いです!

例えば、星屑の実践例ですが、

アドレナリン-k-17
▲「スレッジハンマー」の"特殊射撃モード"で、
黄プレイヤー3ダメージを与えつつ、
▲2スペースノックバックさせて…、

アドレナリン-k-18
黄プレイヤーを「ウィスパー」の射程圏に収め、
▲待ってましたとばかりに必殺の狙撃…!

こういうのが決まると気持ち良いですね!!( ̄▽ ̄*)

選んだ武器を、あれこれ考えながら運用して、
その性能を最大限に発揮させていく…!


この試行錯誤が、
アドレナリン」の醍醐味の一つだと思います!



☆お気楽にFPSを楽しめる!

"戦い"がテーマのゲームというのは、
どうしてもギスギスしがちなものですが…、

この「アドレナリン」は、
すごく良い雰囲気でプレイを続けることができます!

その理由は、どうやら2つありまして…、


①一人が集中狙いされにくい

アドレナリン」では、
死亡してもすぐに復活するんですが、

得点方法で説明したとおり、
死亡したプレイヤーからは得られるポイントが減り
いわゆる"おいしくない"ターゲットになります。

このシステムによって、
一人だけが狙われ続けるといったようなことは起こりにくく、
うまい具合に狙いが分散してくれます!



②ダメージを受けると速くなる

通常、こういうゲームでは、
ダメージを受ければ受けるほど弱体化していくものですが、
アドレナリン」では、むしろ強化されていくんです…!

一定数のダメージを受けると、
"アドレナリン・アクション"が解放され…、
アイテムを拾う前や、相手を撃つ前の移動力が増えます

おかげで、ダメージを受けたときの悲壮感がなく、
どんと来い!」と構えることができます!!

ダメージを与える側は、何の気兼ねもせずに、
バンバン撃っていくことができるわけです!



残りHPが少なくて積極的に攻められない…とか、
自分一人だけ狙われ続けてつらい…とか、
ヘイトが集まるから撃つのを躊躇する…とか、

みみっちいことは一切、考えずに、
気持ちよく撃って撃って撃ちまくりましょう!!



…と、いうわけで、

2月のボードゲームは「アドレナリン」でした!

これでテレビゲームの中だけではなく、
テーブルの上でもFPSの雰囲気を楽しむことができます!!


さて、来月は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



アドレナリン 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/28 23:59】 | 今月のボードゲーム 【タグ】 アドレナリン  
|
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

2017年1月はコレ!

「ニット・ウィット」



★さらっとゲームの説明!

ニット・ウィット」は、
決められた特徴すべてに合致する言葉を考えるゲームです。

例えば、
"燃えやすい"と"男性"の2つの特徴を、
どちらも兼ね備えた言葉を考えてみましょう。

あなたは、
どのような言葉が思い浮かんだでしょうか…?





★さらっとゲームの流れ!

このゲームは、
「編む」→「回答」→「得点」の流れで進行します。


☆編む

編む」のフェイズでは、
プレイヤーたちが時計回りで"デザイン"をしていきます。

自分のターンが回ってきたら…、

①紐の輪を置く

ニットウィット-k-01
▲自分の紐の輪1本を使い、
▲すでにテーブル上に配置されている糸巻1個を囲みます。

ニットウィット-k-02
▲1本の紐の輪の中に、糸巻が2個以上入らなければ、
どの糸巻を囲んでもOKです。

なお、
1ターン目だけは、まだ糸巻が配置されていませんので、
紐の輪だけを置くことになります。

ニットウィット-k-03



②ワードタグの配置

ニットウィット-k-05
糸巻を囲んだ紐の輪洗濯バサミに、

ニットウィット-k-04
▲箱の中から引いたワードタグ1枚を、

ニットウィット-k-06
▲はさみます。

これで、この紐の輪の中にある糸巻には、
"パワフル"という"特徴"がついたわけです。


③糸巻1個の配置

最後に、自分の糸巻1個を配置します。

糸巻を配置できる場所は、
紐の輪によって区切られたスペースのうち、
まだ糸巻が配置されていない場所
です。

つまり…、

ニットウィット-k-07
▲この場合は、この4ヵ所になります。

配置できる場所になら、
どこに糸巻を配置してもOKです。

ニットウィット-k-08
▲例えば、ここにドン!


…以上の「紐の輪」→「ワードタグ」→「糸巻き」の配置を、
時計回りで各プレイヤーがプレイしていくことによって、

ニットウィット-k-09
▲こうなって、

ニットウィット-k-10
▲こうなって…、

ニットウィット-k-11
▲最終的には、このような"デザイン"が完成します!



☆回答

"デザイン"が完成したら、
プレイヤーの1人が「始め!」と合図して、
プレイヤーたちは回答を始めていきます。

回答とは、自分の回答用紙に、
糸巻1個につき、1つの"言葉"を書き込んでいくことです。

1個の糸巻は、1本以上の紐の輪に囲まれていて、
紐の輪には、それぞれワードタグが留められています。

回答用紙に書き込む言葉は、
その糸巻を囲んでいる紐の輪の、
すべてのワードタグの"特徴"に合致していなければなりません


例えば…、

ニットウィット-k-15
▲5番の糸巻は、
▲"安い"の紐の輪に囲まれていますので、
▲「牛丼」などが思い浮かびますね。

ニットウィット-k-14
▲3番の糸巻は、
▲"想像上の"と"太い"と"パワフル"とを、
▲全て満たす必要がありますので…、
▲「トロール」など、だいぶ回答が絞られる感じです。

すべての糸巻に、1つずつ言葉を書き終えるか、
もうこれ以上は思い浮かばないと諦めるかしたら…、

ニットウィット-k-12
▲あらかじめテーブルの中央に置いておいた、
▲「ボーナスボタン」を1つ受け取ります。
(このとき、より穴の数が多いボタンを受け取りましょう)

ボーナスボタンを受け取ったプレイヤーは、
それ以上、回答することができません


ボーナスボタンは、
プレイヤー人数より1つ少ない個数が置かれていて、
最後のボーナスボタンが取られた時点で、
回答の時間は終了となります。



☆得点

最後に、全員が回答を発表してから、得点計算となります。

プレイヤーたちが回答を発表している最中、
もし、納得のいかない回答が出てきた場合
ニット・ウィット!」と宣言することで、その回答に抗議できます。

抗議が発生したら、
回答者が10秒間で弁明した後、
回答者も含めた全員でふさわしいかどうかの判定を行い、
これで賛成多数であれば、得点として認められます。
(同数未満の場合は回答が無効となってしまいます…)

また、回答がバッティングしてしまった場合は、
どちらの回答も無効となります。

全員の発表が終わったら、
おのおので得点を集計していきましょう。

各糸巻については、
囲まれている紐の輪の数の本数=得点となり、
つまり、1本の紐の輪に囲まれている糸巻は1点で、
3本の紐の輪に囲まれている糸巻は3点です。

最後にボーナスボタンの点数を加えて…、
(ボタンの穴の数がそのまま点数になります)

いちばん得点の高いプレイヤーがゲームに勝利します!



★実際にプレイしてみた!

先日、私星屑が初プレイしたときの記録がありますので、
ここに載せてみたいと思います…!

プレイヤーは、私星屑と妻しーぷと、
星屑のテニス仲間のFさんの3人です。

ニットウィット-k-13

・糸巻①「燃えやすい」「男性」

星屑:ライオンズの中継ぎ陣

星屑「ぼくの回答は"ライオンズの中継ぎ陣"です」
※個人の感想です。

Fさん「なるほど、よく炎上するピッチャーは、」
Fさん「たしかに燃えやすいといえますねぇ」

しーぷ「今のライオンズの中継ぎ陣は、」
しーぷ「いうほど炎上しなくないかな…?」

しーぷ「って、実は私も、」
しーぷ「"制球力がないピッチャー"って書こうとしたんだけどね」

星屑「やめたんだ?」

しーぷ「野球ネタは星屑と被りそうで」

Fさん「さすが奥さんのことを読み切っていますねぇ…!」


しーぷ:アントニオ猪木

しーぷ「結局、私は"アントニオ猪木"さんにしました」

Fさん「おおっ、これは、ちょっと自分と近いですねぇ」


Fさん:松岡修造

Fさん「自分は"松岡修造"さんだったんです」

星屑「ああ、たしかに燃えやすい男性ですね…!」

しーぷ「松岡修造さんも一瞬だけ浮かんだけど、」
しーぷ「これも回避しててよかった!」

Fさんしーぷさん、見事な危機回避能力ですねぇ」
Fさん「おかげで回答が無効にならずにすみました…!」



・糸巻②「燃えやすい」「柔らかい」

星屑:ウール

星屑「ぼくの回答は"ウール"です」

しーぷ「あっ…」


しーぷ:毛糸

しーぷ「私の回答は"毛糸"…!」

Fさん「"ウール"と"毛糸"…これはバッティングなんでしょうか?」

しーぷ「"毛糸"のことを"ウール"って言ったりしますからね、」
しーぷ「ここはキビしめの判定で、私と星屑共倒れってことで」

星屑「あまりにも回答がベタすぎたか…!」


Fさん:綿

Fさん「ちなみに、自分の回答は"綿"だったんです」

星屑「おおっ、同じ繊維系ですが、」
星屑「華麗にバッティングを回避してきましたね…!」

Fさん「これは自分の運が良かったようですねぇ」



・糸巻③「うるさい」「柔らかい」「短い」

星屑:ひよこ

星屑「ぼくの回答は"ひよこ"です」

Fさんニット・ウィット!

星屑「おっと、抗議が入ってしまいましたか」

Fさん「"うるさい"と"柔らかい"はともかく、」
Fさん「"短い"については、弁明をお願いしたいですねぇ」

星屑「えっと…そうですね…足の長さ…とか?」

しーぷ「疑問系で弁明されても…( ̄▽ ̄;)」

投票により、星屑の回答は否決されました。


しーぷ無回答

しーぷ「私は思いつかなかった…」

Fさん「これはお題が難しかったですからねぇ」


Fさん:大阪のおばちゃん

Fさん「自分は"大阪のおばちゃん"ですねぇ」

星屑ニット・ウィット!

星屑「"うるさい"はともかく、」
星屑「"柔らかい"と"短い"の弁明をお願いします」

Fさん「これは、あくまで自分のイメージなんですが、」
Fさん「ふくよかで足が短そうだと思いましてねぇ」
※あくまで個人の感想です。

星屑「あー、なんというか、」
星屑めぞん一刻に出てくる一ノ瀬さんみたいな?」

Fさん「そうですそうです。まさにあんな感じですねぇ」

星屑「一ノ瀬さんは大阪のおばちゃんじゃないけど、」
星屑「妙に納得してしまった…」

投票により、Fさんの回答は可決されました。



・糸巻④「うるさい」「太い」「男性」

星屑:デーブ大久保

星屑「ぼくの回答は"デーブ大久保"氏です」

Fさん「デーブ大久保氏といえば、」
Fさん「お二人が好きなイーグルスの監督でしたねぇ」

しーぷ「私はイーグルスは好きですが、デーブ大久保氏はちょっと…」

星屑「あらら、俺はわりと好きだったけどなぁ」
星屑「フェニックスリーグでは熱心に指導してたし」

しーぷ「でも、ベンチ内で1万円札を出してる監督はちょっと…」

星屑「あれマジでなんだったんだろうね…?( ̄▽ ̄;)」


しーぷ:松村邦洋

しーぷ「私は"松村邦洋"さん!」

Fさん「ああ、その手があったんですねぇ…!」
Fさん「自分は全く思い浮かびませんでした」


Fさん無回答



・糸巻⑤「うるさい」「太い」

星屑:電動ドリル

星屑「ぼくの回答は"電動ドリル"です」

Fさんニット・ウィット!

星屑「あれ、おかしいですか…?」

Fさん「"うるさい"はともかく"太い"はどうなんでしょう?」

星屑「それでは三段論法で弁明します」

しーぷ「うん、やってみて」

星屑「"名探偵コナン"に出てくる蘭ちゃんの髪型はドリル!」

星屑「あのドリルは間違いなく太い!!」

星屑「ってことで電動ドリルも太い!!!」

投票により、星屑の回答は否決されました。


しーぷ:暴走族のマフラー

しーぷ「気を取り直して…、」
しーぷ「私の回答は"暴走族のマフラー"です」

Fさん「おおっ、これは文句なしで太くてうるさいですねぇ」


Fさん:クマゼミ

Fさん「自分の回答は"クマゼミ"でした」

星屑「あれ"うるさい"ですけど、"太い"ですっけ?」

Fさん「ちょっと画像検索してみてくださいよ」

星屑「じゃあ、クマゼミ…検索っと…」
星屑「あ、これ思った以上に太いわ!

星屑「オーケーです。抗議しません…!」



・糸巻⑥「短い」

星屑:休み時間

星屑「ぼくの回答は"休み時間"です」

しーぷ「なるほど、体感時間に訴えかけてきたのね…!」

Fさん「休み時間と聞くと、」
Fさん「なぜか勝手に授業時間との対比をしてしまって、」
Fさん「相対的にも短く感じますしねぇ」


しーぷ:mm(ミリ・メートル)

しーぷ「私の回答は"mm"でした」

星屑「これは上手いな…!」

Fさん「mmを長いという人は、まずいないですからねぇ」


Fさん:貧乏性な小学生が使うエンピツ

Fさん「みなさん、記憶にありませんか?」
Fさんすごく短くなるまでエンピツを使い倒す小学生を」

星屑それ、若かりし頃のぼくです!

Fさん「おおっ、星屑さん、まさにそうだったんですね!」

星屑「途中からエンピツ削りで削れなくなって、」
星屑「最後はカッターで削っていっていましたよ!」

しーぷ「それで、あれでしょ?」
しーぷ「キャップをつけて、持つ場所を確保してるんでしょ?」

星屑「そうそうそう!」
星屑「いやぁ、懐かしいなぁ…!」

Fさん「ちょっとおたずねしたいんですけど、」
Fさん「あれって、どういった心理なんですか?」

星屑「あれはですねぇ、」
星屑「ほとんど自己満足と意地でしたね」

しーぷ「それで、あれ限界までいったらどうしてたの?」
しーぷ「部屋に並べて飾ってたりとか…?」

星屑「いや、普通に捨ててたよ?」

しーぷ「あ、そこは意外とドライなんだね…」



…てな感じで、
発表タイムいちいち会話が盛り上がりました!

"言葉を使ったコミュニケーションゲーム"の名はダテじゃなくて、
本当にコミュニケーションがはかどるゲームですね…!



★このゲームのポイント!

☆頭の体操にもってこい!

複数の特徴をすべて満たす言葉というのは、
これが思うほど簡単には浮かばないことが多くて、
がっつりと頭を回転させることができます。

おかげで、このゲームを繰り返しプレイしていたら、
めっちゃ頭が柔らかくなりそうです…!

ただし、こういうゲームですので、
知識量や発想力の差が露骨に出てしまいます。

特に、大人と子どもでは語彙力の差が大きいですので、
大人と子どもが混ざってプレイする場合は、
ある程度、大人がフォローしてあげた方が良いかもですね。


☆地味に心理戦がアツい!

このゲームには、
他のプレイヤーと回答が被ると、
どちらも回答が無効になってしまう
というルールがあります。

これを回避する方法は、
他のプレイヤーには思いつかないような回答を出すか、
他のプレイヤーが思いつきそうな回答を予測するか、
おおよそどちらかです。

しかし、そんなにしょっちゅう、
ユニークな回答を連発できるものでもありませんので…、

だいたいは、
自分が出した回答を他のプレイヤーが出してくるかどうかの、
"読み"が大事になってきます。

この心理戦が地味にアツくて…!

あまりにもベタすぎる回答を、
みんなが避けた結果、誰も回答しなかった…!
とか、

意外すぎる回答が、
よりにもよってバッティングしてしまった…!
とか、

みんなで回答を発表する場面では、
そういった結果も楽しむこともできるんです!!


☆内容物が美しい!

そして、なんといっても、
糸巻紐の輪といった内容物が美しいですね!

これ、インテリアとしてリビングに飾っておいたら、
普通の人はボードゲームだと気付かないんじゃないかな…?

雰囲気が良いボードゲーム会や、
会場がオシャレなボードゲーム会には、
ぜひとも持ち込んでみたいタイトルです!



…と、いうわけで、

1月のボードゲームは「ウィット・ニット」でした!

プレイ人数の幅が広く、扱いやすいタイトルでもありますね。

さて、来月は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



ニット・ウィット 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/01/31 00:01】 | 今月のボードゲーム 【タグ】 ニット・ウィット  
|
2016年ボードゲームBEST3

星屑編

対象
2016年に完全日本語版(または日本語説明書つき)が発売されたゲーム


さて、2016年の当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、日本語版が発売されたボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

1位からランキング形式で発表して参ります!



★2016年1位「ふたつの街の物語」

星屑2016年最高のボードゲームは、


▲「ふたつの街の物語」でした!!!

その理由は……


★最初から最後まで会話が途切れない!

こんなにも会話が続くゲームを、ぼくは知りませんでした。

いや、マジですごいんですよ、このゲーム!

プレイ中、どのタイミングでテーブルを見回しても、
常にみんなが会話をしているんです…!

ほとんどのボードゲームは、
ちょちょい会話をはさみながら進行していく感じですが、

このゲームは、全員が、常に、会話をすることになります!

街にタイルを配置するとき、
"2人"で相談して配置するというルールで、
必ず会話が発生するように設計されているんです。

しかも、あーだこーだと色々な可能性を追っていると、
会話がどこまでも続いていって、終わらないほど…!

さらに、ここがポイントなんですが、
初心者と熟練者がごちゃ混ぜの卓であっても、
ちゃんと会話が成立する
のが面白いんです!

初心者初心者では、
手探りの状態で、どんな街をつくっていくか、
ワクワクをふくらませながらの会話になりますし、

熟練者熟練者では、
1タイルあたりの点数を少しでも高くするためには
どうするべきかの飽くなき挑戦が始まりますし、

初心者熟練者では、
初心者熟練者に質問を投げかけたり、
熟練者初心者に点数アップのコツを教えたりと、
これはこれで良い交流の場になります。

どうあっても会話が発生して、
どうあっても会話が続いていく…。

ぼくですね、この「ふたつの街の物語」は、
すごいコミュニケーション・ツールだと思っているんです…!


★1~7人対応という受け皿の広さ!

プレイ人数が6人までというゲームが多い中で、
このタイトルは7人まで同時にプレイできます

この1人の差が大きくって、
ボードゲーム会を主催している身としては、
卓を立てるときに、何度も助けられました!

逆に、人数が少なくなってもプレイできるのも、
このタイトルの良くできているところです。

4~7人プレイでは、ほとんどプレイ感が変わりません

そして、3人プレイでは"三角関係"を味わうことができます。
2人プレイ時は、特別ルールが適用されます。

しまいには、
ソロ用の「オートマカード」まで用意されていて…、
本当に、どこまでも親切設計なゲームだと思いました!


★シンプルゆえに飽きが来ない!

ふたつの街の物語」はシンプルです。

街は、たった14枚のタイルで完成してしまいますし、
タイルの種類も6種類しかありません。

星屑2016-2

おかげでルールの説明が簡単で、
初心者さんにもすんなりと理解してもらいやすいです。

一方で、ゲームに慣れてくると、
6種類のタイルの得点計算のバランスの絶妙さに気付き、
ある一定の点数を超える難しさを知ります。

星屑2016-3

それでも、
ひとつの街の点数を高くすることはできるんですが、
このタイトルの肝は"ふたつの街"…。

ふたつの街の点数を同時に底上げしなければなりませんし、
ふたつの街を全く同じにすることは、まずできません。

ルールはシンプルなんですが、
そのルールひとつひとつが、計算し尽くされている
んですね。

そんな中で、
1点でも2点でも高みを目指して、
隣のプレイヤーと知恵を絞り合いながら、
お互いの考えを出し合いながら、
その時々の最良の街をつくり上げていく…!


星屑2016-1

もう、何回やっても何回やっても飽きがこないどころか、
やるたびに、どんどん楽しくなっていって…、

文句なしで、
これが星屑2016年ナンバーワンでした!



★2016年2位

「ポーション・エクスプロージョン」


星屑2016年2番手のボードゲームは、


▲「ポーション・エクスプロージョン」でした!!

その理由は……


★この手で、落ちものパズルゲーム!

星屑は、テレビゲームの「ぷよぷよ」が好きです。
もっというと「ぷよぷよSUN」が大好きなんですが、
まぁそれは置いといて、

ぷよぷよ」が、
"ぷよ"の消去と落下を利用することで、
〈連鎖〉を発生させるように、

ポーション・エクスプロージョン」も、
落下により、同じ色のビー玉を衝突させることで、
〈連鎖〉を発生させることができます。

ポーエク-k-09

そして、〈連鎖〉によって獲得した大量のビー玉は、
文字通り手中に収めるわけです

ぷよぷよ」のような"落ちものパズル"を、
自分の手で動かして、そして、つかみ取れる…!

なんだか、
テレビの画面に自分の手を突っ込んだような、
そんな不思議な感覚
を味わえるのが…、
この「ポーション・エクスプロージョン」でした!


★初心者にオススメしやすい!

ビー玉のパズルを思いっきり堪能できるように、
周辺のルールはシンプルにまとめられています。

自分のターンにできることは限られていて、
悩みこむことは、あまりありません。

また、
ポーションのレシピは「」によって、
ポーションの効果は「アイコン」によって、
点数表示も、統一された「リボン」によって、
それぞれ一目瞭然になっています。

ポーエク-k-03

総じて、初心者にやさしい設計で、
直接触れるというリアル感も相まって、
ボードゲームを始めたばかりのプレイヤーさんに
もってこいのタイトルです!


ですので、星屑は、
ボードゲーム会を主催するときには、
必ず「ポーション・エクスプロージョン」を持ち込んで…、
飛び入り参加の初心者さんがいらしたら、
まずオススメするタイトルの一つにしています。

自分で胸を張ってオススメできるタイトルということもあって、
ポーション・エクスプロージョン」が2番手に入りました!

ポーエク-k-01



★2016年3位「*該当なし」

星屑の3番手ですが、ありませんでした

1番手・2番手は、もうスパッと決まったんですが、
このワン・ツーに続くタイトルが見当たらず…。

良ゲーは多かったんですが、
箱を抱きしめて眠りたいくらいのゲームは、
2作品までとなりました。



てな感じの、星屑の2016年でした!

4人以下なら「ポーション」が、
5人以上なら「ふたつの街」が、
マジでオススメですので、
未プレイの方は、ぜひ試してみてください…!



2017年もステキなボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!





記事を閉じる▲

【2016/12/31 23:59】 | 今月のボードゲーム |
2016年ボードゲームBEST3

しーぷ編

対象
2016年に完全日本語版(または日本語説明書つき)が発売されたゲーム


さて、今年も残すところ、あと2日となりました。( ̄▽ ̄ )

今年もたくさんのボードゲームが発売されて、
夫婦ともどもボドゲ充することができたわけですが…、

ここから残り2記事は、妻しーぷと私星屑の、
今年のボードゲームBEST3」で締めて参りたいと思います!



★昨年のおさらい

2015年のしーぷNO.1タイトルは、


▲「ノイシュヴァンシュタイン城」でしたね。

あの憧れのノイシュヴァンシュタイン城が舞台で、
自分だけのお城をつくるというテーマに、
しーぷはすっかり魅了されたわけです…!

その「ノイシュヴァンシュタイン城」は、
今年、待望の拡張「シークレット」が発売され、
新タイルや"お堀"に"秘密の通路"といった要素が追加されて、
よりお城づくりにのめり込めるようになりました!!



星屑の記憶では、特に女性に人気の高いタイトルで、
40~50代の主婦の方々にも楽しんでもらえたのが、
すごく印象に残っています。



去年は1タイトルだけの提示だった妻しーぷですが、
今年は"ベスト3"ということで、3タイトルを挙げてもらいました。

はたして何を選らんだのか、
1位からランキング形式で発表していきましょう!



★2016年1位「セレスティア」

しーぷ2016年最高のボードゲームは、


▲「セレスティア」でした!

では、その理由を聞いてみましょう。


☆コンポーネントの雰囲気の良さ

まず、飛行船のインパクトがすごいです!

セレス-o-15

コルト・エクスプレス」の列車もそうですが、
立体的な乗り物って、すごくワクワクします!

そして、色とりどりの都市タイル

セレス-k-16

"ファンタジー世界"という舞台が、
やさしいタッチのイラストでよく表現されていますし、
形が楕円形というのが、またすばらしい!

カクカクしたタイルが多いボードゲームの中にあって、
この丸さが、セレスティアの雰囲気をより良くしています

本当にセレスティアは、
コンポーネントの完成度が端から端まで高くて、
しっかりとテーブルの上に世界観をつくり上げてくれます…!



☆ゲーム内容の雰囲気の良さ

セレスティアは、扱いやすいゲームです。

6人まで対応というプレイ人数の幅に、
テンポが良くて30分で片が付くプレイ時間

そして、協力の要素

個人戦のゲームのわりには、
チーム戦をやっている感があるので、
ギスギスしにくい

それどころか、
バトンタッチしながら飛行船を進めていくので、
残っている者どうしの一体感すら味わえる…!

妨害要素が少なめ
というのも、
ギスギスしにくい理由の一つになっています。

総じてゲームの雰囲気が良く、
いつも気持ちよくプレイさせてもらえていますね。

しーぷ2016-3

ボードゲーム会のスタッフとしての立場でも、
安心して卓を立てることができます。


☆最後に……

ボードゲーム初心者のプレイヤーさんへ。

パワーカード」だけ、最初はややこしいと思います。
いつ使うとか、誰が使えるとか、1枚1枚ちがうので…。

そこで、もしピンとこなかったら、
まずはパワーカード抜きでプレイしてみてください。

セレスティアは、パワーカード以外の部分が、
びっくりするほどシンプルに設計されているんです。

乗客は、降りるか残るかの2択ですし、
船長は、カードを出せるか出せないかだけ。

1度プレイしたら、すぐに覚えられますので、
それからパワーカードを投入していきましょう。

まずは、「迂回路」と「魔法の望遠鏡」がオススメ。
この2枚はタイミングが被らず(※星屑のサマリー参照)、
内容も分かりやすいです。

こうして、1枚ずつチェックしていけば、
最後にはパワーカードをマスターできているはずですよ。



…と、しーぷのコメントでしたが、
なにやら最後はアツい解説になってしまっていました。( ̄▽ ̄ )

ほんと、しーぷはセレスティアが大好きなので、
セレスティアを語りだしたら止まらない感じです…!

星屑のサマリーは、ここに貼っておきますね。

「セレスティア」サマリー



★2016年2位「パンデミック イベリア」

しーぷ2016年2番手のボードゲームは、


▲「パンデミック イベリア」でした!

この理由も聞いてみましょう。


☆まったく違ったパンデミックを味わえる!

背景を中世ヨーロッパに移した「パンデミック」で、
ワクチンが作れず病原体も根絶できず
それでもって飛行機での移動がない

これ、パンデミックとしてどうなんだろう…?

正直、プレイ前は不安だらけでした。

ところが、実際にプレイしてみると、
鉄道を敷きつつ先へ進んだり、
水を浄化することで病原体を止めたりと、
不安を打ち消してあまりある独自要素の数々に、
一気に引き込まれていき…、

ついには、本家のパンデミックよりも、
イベリアの方が好きになってしまっていました!


時代をさかのぼって、
環境は退化してしまっているんですが、
ゲームのシステムはむしろ進化しているというのは、
なんだか不思議な感覚ですね。



星屑が購入を見送った「イベリア」ですが、
まさか妻しーぷがこんなにも気に入るとは…!

星屑は未プレイなんですが、
中津市のボドゲ友達のもっちさんも、
別府市のボドゲ友達のアダチさんも、
みんな口を揃えて面白いとおっしゃるので、
マジで面白いゲームみたいですよ!



★2016年3位「オーディンの祝祭」

しーぷ2016年3番手のボードゲームは、


▲「オーディンの祝祭」でした!

しーぷワーカープレイスメントが苦手なはずですが…?


☆とても"優しい"ワーカープレイスメント!

こんなにワーカープレイスメントが楽しいと思ったのは、
生まれて初めてです!


そもそも、なぜ私(*しーぷ)が、
ワーカープレイスメントが苦手かというと、
ワーカーの数をうまく増やせないからです。

アグリコラ」しかり、
ナショナルエコノミー」しかり…。

そんな悩みを打破してくれたのが「オーディンの祝福」で、
なんとこのゲーム、ワーカーが勝手に増えてくれるんです!

すると次の問題は、そのワーカーたちの食い扶持になりますが、
これまた、定期的に食料が差し入れられます

まさに至れり尽くせりで、
どうぞ後はゲームを思う存分、楽しんでくださいっていう設計。
ありえないくらいに敷居が低いです。

お陰でストレスなくプレイできて、

宝物タイルのパズル要素を楽しんだり、
島の開拓を楽しんだり…。

しーぷ2016-1

ほんと、なんというか、
私にとって画期的なワーカープレイスメントの登場でした!

しーぷ2016-2



オーディンの祝祭」は星屑もプレイしてみましたが、
確かに敷居が低い印象でした。

マジでゲーム側からの手助けが多いので、
がっつりとメインのパズルゲームに集中できます。

ルールも思ったよりずっとシンプルですので、
いわゆる"重ゲー"の中では、
入門用になり得るんじゃないかと思いました。

高額ですが、いつかは入手したいですね。
しーぷとも約束したし…( ̄▽ ̄ )



…てな感じで、2016年のしーぷBEST3、
しーぷ本人のコメントを添えて発表して参りました!

星屑のベスト3とはタイトルが一切かぶらず、
夫婦でも感じ方の違う2016年になったんだなぁと、
改めてボードゲームのバラエティの豊かさに感服ですね。


さあ、明日は星屑のBEST3を発表させてもらって、
2016年の当ブログは終了となります…!






記事を閉じる▲

【2016/12/30 23:59】 | 今月のボードゲーム |
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

2016年12月はコレ!

「たたらばと森」



★amazonでゲームを説明!

たたらばと森」は、


植林伐採をくり返すことで、


を管理しつつ、


たたらば製鉄して、


▲"永代たたら"の建築を目指すゲームです!



★さらっとゲームの流れ

プレイヤーは森を移動して、
植林伐採をくり返していきます。

伐採をすることで、
建材」か「お金」を獲得することができますが、
どちらが獲得できるかは、伐採した木の種類によって変わります

そこで、プレイヤーは、
獲得したいものによって、適した木を植えて、
そして手入れをしていかなければなりません。


植林したまま放置しておくと、
木はどんどん扱いの難しい種類へと変遷してしまうのです。

さてさて、いち早く建材とお金を貯めて…、

製鉄を行う場所である"たたらば"の進化形で、
屋根があって天候に左右されない"永代たたら"を、
いちばん最初に建築するプレイヤーは誰でしょうか…?



①各プレイヤーの手番

自分のターンが回ってきたら、
プレイヤーは1~2移動→2アクションの順番でプレイします。


一、移動(1or2マス+α)

たたらば-k-01
▲移動は強制で、自分のコマを1~2マス移動させる必要があります。

たたらば-k-02
▲「足マーカー」を消費すれば、さらに移動力を+1できます。
※1度に最大で4枚まで消費可能。


二、アクション(2回+α)

アクションは3種類あり、
その中から2アクションを行います。
※同じアクションでも違うアクションでもOKです。


イ.植林

自分のコマの隣の空きマスに、
自分の色の「アカマツ」か「スギ」を植えます。

たたらば-k-03
▲「アカマツ」を植える場合は、寝かせて配置し、

たたらば-k-04
▲「スギ」を植える場合は、"1"の面を上に寝かせて配置します。

寝かされたコマは"幼木"の状態を、
立っているコマは"成木"の状態を表しています。

たたらば-k-05


ロ.伐採

自分のコマの隣のマスの"成木"を伐採します。

たたらば-k-06
▲「アカマツ」を伐採すると、2銭を獲得し、
▲「スギ」を伐採すると、1銭or3建材を獲得します。
※獲得時に選択

たたらば-k-07
▲「アカマツ」と「スギ」は伐採後、
▲それぞれの"幼木"に戻ります。

もしも、他のプレイヤーの色の木を伐採する場合は、
そのプレイヤーに1銭を支払わないといけません

たたらば-k-08

また、

たたらば-k-09
▲「カシ」を伐採すると、1銭or1建材を獲得します。
※「カシ」は初期配置されている木です。

カシ」は伐採後、消滅します。


ハ.足マーカーを得る

たたらば-k-10
足マーカー1枚獲得します。


★追加アクション

追加アクションは、
アクション回数を消費せずに行います。


☆「たたら」の建築

たたらば-k-11
2銭2建材を支払うことで、

たたらば-k-12
▲2つめの「たたら」を建築します。
※自分のコマと無関係に、好きな空きマスに配置できます。

以後、1ターンのアクション回数が2回→3回に増えます。


☆「永代たたら」の建築

たたらば-k-13
10銭10建材を支払うことで、

たたらば-k-14
▲「永代たたら」を建築します。

この「永代たたら」の建築がゲーム終了条件であり、
ゲームの勝利条件にもなっています。




②ラウンドの終了処理

一、遷移札の公開

遷移札」をプレイ人数と同じ枚数公開して、
このラウンドに成長する森が決定します。

例えば、

たたらば-k-15
▲遷移札が「空白」「」「」「」だった場合、

たたらば-k-16
▲「」の森が2段階、「」の森が1段階、成長するわけです。


二、森の成長と遷移

遷移札によって決定した森の中の全ての木のうち、

たたらば-k-17
▲"幼木"は、

たたらば-k-18
▲"成木"になります。

ただし、「スギ」だけは、

たたらば-k-19
▲"幼木1"→"幼木2"→"成木"と、1段階多いです。

そして、

たたらば-k-20
▲"成木"は、違う種類の木の"幼木"に遷移します。

例えば、

たたらば-k-21
▲「アカマツ」が「クヌギ」に遷移すると、
▲獲得できるお金が2銭から1銭に減ってしまいますし、

たたらば-k-22
▲「クヌギ」や「スギ」の遷移先である「ブナ」は、
▲伐採すらできなくなり、ただの障害物と化してしまいます…。

森が良いカタチで成長できるように、
正しく手を入れていきましょう!


三、スタートプレイヤーの移動

たたらば-k-23
スタートプレイヤーが時計回りで移ります。


こうしてラウンドをくり返していって、
最初に「永代たたら」を建築できたプレイヤーが勝利です!

同じラウンド中に、複数のプレイヤーが「永代たたら」を建築したら、
所持している「お金」がより多いプレイヤーの勝利となり、
それも同数なら、「建材」の所持数で判定します。



★このゲームのポイント!


☆木の温もりを感じられるゲーム!

「木」が主役のタイトルです。

」といえば、たびたびボードゲームに登場しますよね。

すぐに浮かんだのが、
「カタンの開拓者たち」や「アグリコラ」や「ケイラス」など、
主に"資源"としての登場が多いように思います。

しかし今回は、"数ある資源のうちの1つ"ではなく、
"たった1つの資源"としての登場で…、

当然ですが、
植林するにも伐採するにも、その相手は必ず「」で、
お金を産み出すにも建材を産み出すにも、元は必ず「」です。

そしてゲーム中、ずっと触れているのは、もりだくさんの木駒…!

たたらば-k-24

」というテーマに触れ、
それだけではなく、じかに指で「」に触れ、
まさに「木」のフルコースなゲームになっています!!



☆スペースと想像力のゲーム!

そんな「」のゲームの内容ですが、
これはもう、いかにスペースを上手く使えるかって感じ!

どういうことかと申しますと、
とにかく盤面が狭いんです…!

たたらば-k-25

ただでさえマス数が少ないのに、
いろんな木がニョキニョキと生えているので、
移動するだけでも一苦労、
植林するのも一苦労…。

移動を1歩間違えただけで、
ああ、伐採する木が1本減った、
植林する木が1本減った…と、なってしまいます。

そんなシビアな環境の中で、
森の成長と遷移をイメージして、
できるだけムダなく行動しなくてはなりません


まったく違うジャンルなんですが、
ぼくが思ったのは"サッカー"っぽいな、と。

限られたスペースの中で立ち回って、
活かせそうなスペースを見出していく
…みたいな。

ゲーム終了条件が緩めで、
プレイ時間が短めになっているのも相まって、
すごく、こう、密度の高いゲームが楽しめます

…なんてゴチャゴチャ書きましたが、

そんなに難しく考えずに、まったりとプレイして、
森の成長や遷移を見守っていくだけでも面白いゲームですよ!


たたらば-k-26

たたらば-k-27

たたらば-k-28



…と、いうわけで、

12月のボードゲームは「たたらばと森」!

寒い寒い冬に、そっと温もりをくれるステキなタイトルでしたね。

さて、来月は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



たたらばと森 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/12/29 00:01】 | 今月のボードゲーム 【タグ】 たたらばと森  
|
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

2016年11月はコレ!

「トレジャーハンター」



★amazonでゲームを説明!

トレジャーハンター」は、


ドラフトによって決まった9枚のカードを手に、


高山と、


ジャングルと、


地底洞窟に赴き、


お宝をゲットするゲームです!


▲その帰り道には、
ゴブリンが待ち構えていますが…、


▲頼もしい番犬を引き連れていれば、
▲まったく問題はありません。


▲そうしてゲーム終了時、
もっとも宝物とコインを稼いだプレイヤーが勝利となります!



★さらっとゲームの流れ

フェイズ1:ドラフト

トレハン-k-01
▲まず、全プレイヤーにカードを9枚ずつ配ります。

トレハン-k-02
▲各プレイヤーは、このうち1枚を選んで確保して、

トレハン-k-03
残り8枚を隣のプレイヤーに渡します。

トレハン-k-04
▲隣から渡された8枚のうち、また1枚を確保して、

トレハン-k-05
残り7枚を隣のプレイヤーに渡します。

これをくり返していって、
9枚目を確保した時点でドラフトは終了となり…、

トレハン-k-06
▲その9枚が、このラウンド中の自分の手札となります。



フェイズ2:手札のプレイ

ステップA:宝物タイルの獲得

このステップでは、
高山ジャングル地底洞窟の順番で旅をします!

トレハン-k-07

そして、それぞれの場所では、
仲間の強さの合計最高のプレイヤーが「MAX」の宝物を、
仲間の強さの合計最低のプレイヤーが「MIN」の宝物を、
獲得することになります。

これは、
準備を万全に整えられたトレジャーハンターと、
着の身着のままで、いち早く到着したトレジャーハンターが、
それぞれ宝物を獲得できた
ということを表しているようです。

さて、まずは高山の宝物を誰が獲得するか?からスタート。

トレハン-k-09
▲全プレイヤーは、手札の青いカード全て公開してから、
※手札に青いカードがあれば必ず公開しなければなりません!

トレハン-k-10
▲親から時計回りで「アクションカード」(*後述)をプレイしたら、
※アクションカードのプレイは任意です。

トレハン-k-11
高山においての強さの「MAX」と「MIN」が確定し、

トレハン-k-12
▲「MAX」と「MIN」のプレイヤーは宝物を獲得します!
※宝物の中にはマイナスのものもあります…。

これと同じ要領で、
ジャングル地底洞窟の宝物の獲得プレイヤーが決まったら、
このステップは終了となります。

★アクションカード

それぞれの場所での仲間の強さは、
アクションカード」によって増減します。

使い捨てですので、
高山ジャングル地底洞窟のどこで使うか、
しっかりと見極めていかなければなりません…!

☆炎の剣

トレハン-k-13
▲その場所での強さ+4

☆ゴブリンの傭兵隊

トレハン-k-14
▲その場所での強さ+8(3コイン消費)

☆縮む魔法薬

トレハン-k-15
▲その場所での強さ-2

☆こん睡の魔法

トレハン-k-16
自分の仲間1枚を無効

☆しもべ

トレハン-k-17
▲同色の場所での強さ2倍



ステップB:ゴブリン撃退

このステップでは、
全員もれなくゴブリンたちの略奪を受けてしまいます…!

トレハン-k-18
3枚並ぶ「ゴブリンタイル」のうち、

トレハン-k-19
▲自分の「番犬カード」の"撃退力"が足りていないタイルの上に、

トレハン-k-20
コインを置かなければなりません…( ̄▽ ̄;)

そして、撃退力が最高だったプレイヤーは、

トレハン-k-21
撃退した全てのゴブリンタイルを、
その上のコインごと獲得します!!

みんながゴブリンを撃退できず、
ゴブリンの上に多額のコインがあるラウンドならば、
一攫千金のチャンスです…!

☆対ゴブリン案山子

トレハン-k-22
▲そのラウンドはゴブリンからの略奪を受けません
(撃退力ゼロでも、コインを奪われません)




ステップC:コイン獲得

このステップでは、
手札の「コインカード」の額面ぶん、コインを獲得します!

トレハン-k-23
▲例えば、このような手札なら4コインの獲得となります。



フェイズ3:黄スクロール&次ラウンド準備

黄色いスクロールを持っているプレイヤーは、
このタイミングで使用することができます。

トレハン-k-24
黄色いスクロールは、
そのラウンドの手札の内容に応じて、
追加のコインを獲得できるというものです。

トレハン-k-25
▲一方、灰色のスクロールは、
ゲームを通して獲得した宝物やゴブリンタイルに応じて、
追加のコインを獲得できるというものです。


最後に、次のラウンドの準備を行います。

トレハン-k-26
宝物を補充し、

トレハン-k-27
ゴブリンタイルを補充し、
ラウンドマーカーを進めたら、

次のラウンドに進みます。


こうして、全5ラウンドが終了した時点で、
最高得点のプレイヤーがゲームに勝利します!



★このゲームのポイント!

☆ドラフト終盤のアツい押し付け合い!!

このゲームの各ラウンドは、
ドラフトの時点で9割ぐらい終わっているようなものです。

もう、なんといってもドラフトが全て

ボード上の、各地の宝物の配置を見渡して、
あ、このカードは持ってたらヤバい…と思ったら、
それは全プレイヤーが同じことを思っているわけで、
ドラフトの周回が終わりに近づくほど、
ヤバいカードのババ抜き状態になって、
そのカードの押し付け合いになります…!

いま、あのカードは誰の手元にあって、
あと何人を経て自分の手元に…と考えながら、
計画を立てていかなければなりません。

ここら辺の駆け引きが、マジでアツいですね!


☆高額な宝物をゲットできたら気持ち良い!!

逆に、
ドラフト序盤は良いカードの取り合いになりますが、
ここで思惑通りにカードを揃えることができて、
高額の宝物の獲得につながったら、
本当に気持ち良いです!

計 画 通 り 

って感じで、もう最高ですね…!

さらに、これが「スクロール」とかみ合って、
得点を倍増させることができようものなら、
もうアドレナリンがドバドバです!!


☆思い通りにいかないからこそ…!

…と、まぁ、計画通りにいけば気持ち良いですが、
だいたいは、そんなに上手くいきません

なぜなら、そこに全プレイヤーの思惑が絡んでくるからです。

そして、このゲームは、
プレイヤーたちの思惑が交錯するように設計されていますので、
誰かが上手くいくと、誰かが上手くいかなくて…の繰り返し。

自分の思惑と、まったく逆の展開になってしまうこともよくあります。

そんな中で、苦労して苦労して、
念願の宝物をつかみ取ったときの喜びといったら…!


ぜひ、みなさんにも味わって欲しいです♪( ̄▽ ̄*)



…と、いうわけで、

11月のボードゲームは「トレジャーハンター」でした!

さて、お次は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



トレジャーハンター 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/12/28 00:01】 | 今月のボードゲーム 【タグ】 トレジャーハンター  
|
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

2016年7月はコレ!

「セレスティア」



★amazonでゲームを説明!

セレスティア」は、


▲プレイヤーたちが飛行船に乗り込み、


▲代わりばんこに船長を務めながら、


ファンタジー世界を遊覧飛行し、


お宝を集めるゲームです!


遠くの都市へ行けば行くほど、


より高価なお宝にめぐり会えますが、


▲もし、船長が障害を乗り越えられないと、


▲飛行船は墜落してしまいますので…、


船長の顔色をうかがって、危なそうならば、


▲ほどほどのところで降りてしてしまいましょう…!



★さらっとゲームの流れ

セレス-k-01
▲各ラウンドの初め、
▲飛行船はスタートの都市「メイジ」にあります。

セレス-k-02
▲みんなで交代して船長になって、飛行船を進めて、
▲目指すは最後の都市「ライトシティ」です!



①船長がダイスを振る

プレイヤーの中の1人が船長になり、
イベントダイス」を振ります。

セレス-k-03
▲このとき振るダイスの個数は、
次の都市のタイルに示されています。

セレス-k-04
▲振られたダイスの出目のイベントが発生し…、

船長のプレイヤーが、自身の手札の中に、
イベントに対応する「装備品カード」を持っていなければ、
飛行船は墜落してしまうことになります…!

イベントは全て何かしらの"障害"で、
船長が適切な装備品を持っていれば、
障害を乗り越えて進むことができるわけです!



②乗客は「残る」or「下船する」を選ぶ

船長以外のプレイヤーたちは、
時計回りで「残る」か「下船する」かを宣言します。

船長の手札の枚数や顔色をうかがいながら、
船長が適切なカードを持っているかを予想して、
飛行船に残るか、下船するかを決めましょう。

セレス-k-05
▲下船することにした場合、
▲下船した都市の「宝物カード」を1枚獲得します。

★パワーカード「放出」

セレス-k-06

このタイミングで「放出」を使えば、
船長以外の乗客1人を、強制的に下船させることができます。




③船長が「進む」or「ギブアップ」を宣言

乗客たち全員が、残るか下船するかを決め終わったら、
船長は「進む」か「ギブアップ」かを宣言します。

セレス-k-07
▲発生したイベントに対して、
対応する装備品カードを持っていれば、

セレス-k-08
▲その装備品カードを捨てて飛行船を進めます

対処するカードが足りない場合
船長は「ギブアップ」と言う他ありません…。

★パワーカード「迂回路」

セレス-k-09

このタイミングで「迂回路」を使えば、
イベントダイスを好きな数だけ振りなおすことができます。

このカードは、
船長ではないプレイヤーも使用できます


★パワーカード「突風」

セレス-k-10

このタイミングで「突風」を使えば、
空白の出目のイベントダイスを振りなおさせることができます。

このカードのみ、
下船したプレイヤーも使用できます




④飛行船の「移動」or「墜落」

パワーカードの効果も含めて、
飛行船が墜落したかどうかをチェックします。

墜落してしまった場合
飛行船に残っているプレイヤーたちは、
宝物を得られずに終わります

墜落しなかった場合
飛行船は1マス先の都市へ進みます。

★パワーカード「魔法の望遠鏡」

セレス-k-11

このタイミングで「魔法の望遠鏡」を使えば、
飛行船は無条件で次の都市へ進みます


★パワーカード「ジェットパック」

セレス-k-12

このタイミングで「ジェットパック」を使えば、
墜落してしまった場合でも、
墜落前にいた都市の宝物を獲得することができます。




⑤船長交代

次の都市へ進んだら、船長は交代となります。

飛行船に残っているプレイヤーの中で、
時計回りにグルグルと交代
していき、
もし残っているプレイヤーが1人になったら、
そのプレイヤーが最後まで船長です。



◎次のラウンドへ

飛行船が墜落してしまうか、
最後の都市「ライトシティ」に到達すると、
次のラウンドになります。

セレス-k-13
▲飛行船を最初の都市「メイジ」に戻して、

セレス-k-14
▲プレイヤーは全員、再搭乗し、

セレス-k-15
▲手札を1枚補充しましょう。

誰かの宝物の点数が50得点に達したラウンドで
ゲームは終了し、最高点のプレイヤーが勝利します!



★このゲームのポイント!

☆良い雰囲気のチキンレース!

やることがシンプルなゲームです。

乗客のときは、下船するか残るかの2択だけ。
船長のときは、ダイスを振って、出せるならカードを出すだけ。


それだけでゲームは進み、
そして、ところどころでドラマが生まれて、盛り上がります!

このゲームの主役は船長ですが、
その船長の役が持ち回りになっていて、
プレイヤー全員にスポットが当たるようになっているのが、
盛り上がりのうまい仕掛けになっているんでしょうね。

船長になったとき、
しっかりとカードを出して飛行船を進められたら、
なんだか、ひと仕事した気分になれるものですし、
逆に、もし墜落させてしまっても、
飛行船に残っていた乗客たちは各々の意思で残っているので、
船長にかかる責任なんてものはないですし、
ここら辺のバランスの取り方もすばらしいです!

そして、これ、ぼくはピンとこなかったんですが、
しーぷは「空中都市タイル」がお気に入りとのことで…、

セレス-k-16

ファンタジーなイラストもそうなんですが、
空中都市タイルの、丸みをおびたカタチ
これのおかげで、
ゲーム全体の印象が"やわらかく"見えて、すごく惹かれた!
と言っていました。

妨害要素もほとんどなくて、
総じて雰囲気が良くなるように設計されている「セレスティア」。

5~6人で何しようかというときには、
ぜひオススメしたいタイトルです!



…と、いうわけで、

7月のボードゲームは「セレスティア」でした!

このゲームには、ほんとお世話になっています。

「セレスティア」サマリー
▲自作サマリー

さて、お次は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



セレスティア 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/12/27 00:01】 | 今月のボードゲーム 【タグ】 セレスティア  
|
今年もやるよ!

2015年ボードゲームBEST3

対象
2015年に完全日本語版(または日本語説明書つき)が発売されたゲーム


☆2014年のBEST3

まずは、昨年のおさらいから!

1位:ダンジョンクエスト クラシック
2位:キャメルアップ
3位:ブループリント



2014年ドイツボードゲーム大賞の「キャメル」は、
当然のランクインでしたが、


それよりも星屑がハマったのは「ダンクエ」!
タイルゲーム好きには堪らないゲームです!


そして、地味に気に入ったのが「ブルプリ」。
こちらは今月の「NAGO」でも好評でした!



さてさて、私星屑の前に、しーぷの2015年ベストを。
本人からのコメントも記載しておきます。



☆しーぷベスト「ミステリウム」

発売日:2015年10月1日

▲「ミステリウム

一番のポイントは、やはりコンポーネントです。
カードの絵を眺めているだけでワクワクします…!

ミステリウム-p-1-a-21

そのカードを受け渡すことで、意思の伝達をしていくわけですが、
たった1枚のカードで伝えるのは難しく、
かといって多く渡せば混乱させてしまう…。
この絶妙なサジ加減が面白いと思いました。

今月のボドゲ201510-01

幽霊サイドが孤独すぎるのが少し気になりますが、
失敗しても諦めずに、
みんなで協力してクリアを目指せるこのゲームが、

2015年で一番インパクトがありました!



今年も一年間、ボードゲームに付き合ってくれた妻しーぷに感謝です。
来年もよろしくお願いします…!( ̄▽ ̄*)

それでは、星屑のベスト3を発表して参りましょう!



☆第3位「ノイシュヴァンシュタイン城」

発売日:2015年8月8日

▲「ノイシュヴァンシュタイン城

タイルゲームが大好きな星屑が、前年から楽しみにしていたゲーム!

城をつくる」というテーマに、あふれるロマンが止まらなくて、
予約開始直後に速攻でポチりました!

このゲームの肝は、なんといっても部屋の種類数!
ごく普通の部屋から、ぜんぜん普通じゃない部屋、ありえない部屋まで、
多種多様な部屋をつなげて、自分だけの城をつくり上げていく…!

城-p-1-2-29

「シティビルダー」同様、得点計算のややこしさが少し難ですが、
このゲームでしか味わえないロマンが確かにありました



☆第2位「ドラコン」

発売日:2015年7月18日

▲「ドラコン

タイルゲームが続きます!

・タイル配置型
・ジャケットにドラゴン
・勝敗判定が額面勝負

……と、すごく前年の「ダンクエ」に似ている感じですが、

ドラコン-k-16

あちらが理不尽ゲーなら、こちらは理詰めゲー…!
妨害をしつつされつつ、パズルを楽しむような感覚!

定例ゲーム会20150725-09

妨害系が苦手な星屑が、これは珍しくハマりました!



☆第1位「コルト・エクスプレス」

発売日:2015年1月8日

▲「コルト・エクスプレス

今年は順当に、ドイツボードゲーム大賞星屑にとっても1位!

7

年が明けてすぐにハマって、
そのままハマり続けて、
年の瀬に拡張が発売されて、またハマって、
思えばずっと「コルト」のターンでした!

コルト・エクスプレス機関車ケーキ
▲今年の星屑誕生日ケーキなんか、コレだったし…!( ̄▽ ̄*)

このゲームについては、結構な量の記事を書きましたので、
紹介とかルール説明とかプレイ記とか、ぜひご覧ください!



2016年も素敵なボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を!






記事を閉じる▲

【2015/12/31 00:01】 | 今月のボードゲーム |