RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-000


★ルール確認-目次-
ゲームの準備
→各プレイヤーへの配布物など

ゲームの概要
→勝利条件&終了条件やターンの流れなど

コマの配置(1/2)
→建物コマと屋根コマ

コマの配置(2/2)
→小屋コマと商人コマと城壁コマ

宮殿タイル&塔タイル
→獲得方法や奪取方法

追加要素
→ティータイルと井戸



メディナ 関連記事
開封記事
サマリー置場

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/10/06 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-6-1

★ルール確認

初回:ゲームの準備

前回:宮殿タイル&塔タイル
今回:追加要素←いまココ


星屑が入手した「メディナ」は第2版ですが、
この第2版から、2つの追加要素があります。

1つが「ティータイル」。
紫の宮殿へ屋根を置いた順に獲得できるティータイルは、
使い捨てで使用することで、自分のターンのコマの配置を、
2つではなく1つに減らすことができるというもの
です。

メディナ」というゲームでは、
コマを置きたくないけど置かないといけない…!
と、いう状況がちょいちょい発生しますので、
手元にあると心強いタイルとなっています!

そして、もう1つが「井戸」。
井戸の効果は、配置制限追加勝利点です。

まず、井戸の周囲8マスには商人コマしか配置できません。
加えて、井戸からタテヨコに向かって2マス目の地点に、
建物コマか小屋コマが配置されている宮殿には、
追加の4勝利点が加算されます!

これら2つの追加要素を導入して、
第1版とは違った「メディナ」を楽しんでみましょう♪( ̄▽ ̄*)



★ティータイル

メディナ-r-6-2
▲これ飲んでるのは何茶なんだろう…?( ̄▽ ̄*)


☆獲得方法

ティータイルは、
紫の宮殿に自分の屋根コマを置くことで獲得できます。

このとき、獲得できるティータイルの枚数は、
紫宮殿何番目に屋根を置いたかによって決まります。

1番目:3枚
2番目:2枚
3番目:1枚
4番目:なし


メディナ-r-6-3
▲まず、最初に紫宮殿に屋根を置いたプレイヤーは、
▲ティータイルを3枚ゲットです!!!

メディナ-r-6-4
▲次いで、2番目に置いたプレイヤーは2枚
▲3番目が1枚で、4番目は0枚となります。

これにより、まだ育ちきっていなくても、
早めに紫宮殿を確保するメリットが生まれたわけです…!


☆使用方法

ティータイルの使用方法をまとめると…、

・使用は1ターンに1枚まで
・自分のコマの配置数を1減らす
・ティータイルは使い捨て


ティータイルを使用し、"ティーブレイク"を宣言することで、
そのターンの自分のコマの配置数を1減らすことができます

ただし、使用できるのは1ターンにつき1枚までですので、
2枚使って2配置→0配置とすることはできません。

なお、ティータイルは使い捨てですので、
使ったティータイルは箱に戻しておきましょう。

メディナ-r-6-5



★井戸

メディナ-r-6-6
▲たったこれだけで井戸を表現できるってすごい…!( ̄▽ ̄*)


☆配置制限

井戸の周囲8マスには、
商人コマのみ配置できます。

メディナ-r-6-7
▲図にすると、こんな感じ。

図の""のマスには、
建物コマも小屋コマも、もちろん城壁コマも置けません。


☆追加勝利点

井戸からタテヨコに向かって2マス目の地点に、
建物コマか小屋コマが配置されている宮殿には、
追加の4勝利点が加算されます。

メディナ-r-6-8
▲図にすると、こんな感じ。

図の"+4"のマスに宮殿を絡めることで、
ボーナス点がもらえるわけです!


☆井戸の具体例

メディナ-r-6-9
▲この場合…、

のマスに絡む宮殿にボーナス点が入りますので、
緑プレイヤー灰色宮殿4勝利点
青プレイヤー茶色宮殿+4勝利点
赤プレイヤー紫宮殿+8勝利点となります。



星屑の経験で申し上げれば、
初めて「メディナ」をプレイする際は追加要素を外し、
2度目以降のプレイで追加要素を導入するのがよろしいかと!

追加要素なしの「メディナ」も、
十分なバランスを保っていますので…!( ̄▽ ̄*)



メディナ 関連記事
→次回:

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/09/15 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-5-01

★ルール確認

初回:ゲームの準備

前回:コマの配置(2/2)
今回:宮殿タイル&塔タイル←いまココ
次回:追加要素


メディナ」での得点方法は、大きく分けて2つです。

1つが、自分の"宮殿"からの得点。
自分の色の屋根が置かれている宮殿の建物コマ小屋コマと、
それらに隣接する商人コマ城壁コマから、
それぞれ1勝利点を得られます。

そして、もう1つがタイルからの得点です。

この"タイル"という要素によって、
プレイヤーたちは、どの宮殿を、あるいはどの塔を狙っていくか、
戦略を練る必要が出てきます…!



★宮殿タイル

メディナ-r-5-02
▲4枚の宮殿タイル

宮殿タイルは1色につき1枚あって、
灰色の宮殿タイル1勝利点で、
オレンジの宮殿タイル4勝利点で…と、
それぞれ勝利点が違います。

そして、その獲得条件は、
いちばんサイズの大きな宮殿を最後までキープしていることです。

つまり、
いちばん大きな灰色の宮殿を最後までキープしていれば1勝利点で、
いちばん大きなオレンジの宮殿を最後までキープしていれば4勝利点
ということになります。

以下、具体的な例を見ていきましょう!


☆宮殿タイルの所有権

宮殿タイルは、
まず最初に、その色の宮殿に屋根を置いたプレイヤーが獲得します

メディナ-r-5-03
▲今回、紫宮殿に最初に屋根を置いたのは赤プレイヤーでした。
赤プレイヤーは、紫の宮殿タイルを獲得します。

その後、この紫宮殿よりサイズの大きな紫宮殿
他のプレイヤーが確保したら、紫の宮殿タイルは、
より大きな紫宮殿を確保しているプレイヤーのものとなります。

赤プレイヤー紫宮殿のサイズは4コマですので、
5コマ以上紫宮殿を確保したプレイヤーがいたら、
紫の宮殿タイルは所有権が移るわけですね。

メディナ-r-5-04
赤プレイヤー4コマ紫宮殿に屋根を置いた後、
▲2番目に紫宮殿に屋根を置いたのは緑プレイヤーでした。

しかし、緑プレイヤー紫宮殿のサイズは4コマ
赤プレイヤー4コマを超えることができませんでしたので、
紫の宮殿タイルの所有権は、赤プレイヤーのままです。

メディナ-r-5-05
▲続いて、3番目に紫宮殿に屋根を置いたのは青プレイヤーでした。

青プレイヤー紫宮殿のサイズは5コマで、
赤プレイヤー4コマを超えましたので、
紫の宮殿タイルの所有権が、赤プレイヤーから青プレイヤーに移ります!


☆小屋コマも宮殿に含まれる

しつこいようですが、
"宮殿"には建物コマだけでなく、小屋コマも含まれます。

そして、小屋コマは屋根がある建物へ接続できますので、
これを利用すれば…、

メディナ-r-5-06
▲宮殿のサイズを超えられてしまった後でも、
▲ふたたび抜き返して、宮殿タイルを奪還することが可能です!

赤プレイヤーは、2つの小屋コマを接続することにより、
紫宮殿のサイズを4マス6マスに拡大し、
青プレイヤーから紫の宮殿タイルを取り返しました…!

こうして、宮殿タイルの奪い合いをくり返していき、
ゲーム終了時に、各色の宮殿タイルを所有しているプレイヤーが、
その勝利点を得ることができるわけです!




★塔タイル

メディナ-r-5-13
▲4枚の塔タイル

塔タイルは4枚あって、
それぞれ得られる勝利点が異なります。

そして、その獲得条件は、
それぞれの塔から伸びる城壁コマに、
最後に自分の宮殿を隣接させること
です。

このとき、宮殿の色やサイズは関係なく、
とにかく最後に隣接させたもの勝ちとなります。

以下、具体例を見ていきましょう!


☆塔タイルの所有権

塔タイルも、
まず最初に、その塔から伸びる城壁に自分の宮殿を隣接させたプレイヤーが獲得します

メディナ-r-5-07
▲今回、4の塔から伸びる城壁に、
▲最初に自分の宮殿を隣接させたのは赤プレイヤーでした。
赤プレイヤーは、4の塔タイルを獲得します。

メディナ-r-5-08
▲続いて、同じく4の塔から伸びる城壁に、
青プレイヤーが自分の宮殿を隣接させました。

塔タイルは、より後に隣接させたプレイヤーに所有権が移りますので、
青プレイヤー赤プレイヤーから4の塔タイルを受け取ります。


☆小屋コマも宮殿に(以下略)

例によって、小屋コマも宮殿に含まれます。

ここで申し上げたいことは、
城壁に隣接するのは小屋コマでもOKということです。

メディナ-r-5-09
青プレイヤー4の塔タイルを取られてしまった赤プレイヤーは、
のマスに小屋コマを配置することによって…、

メディナ-r-5-10
4の塔から伸びる城壁に自分の宮殿を隣接させて、
4の塔タイルを取り返すことができます…!


☆商人コマの獲得

城壁への隣接は、後になればなるほど有利です。

なんてったって、塔タイルは、
最後に隣接させたプレイヤーのものになるのですからね…!

それでは、最初に塔タイルを獲得するメリットは、
一体どこにあるかというと…、

1の塔2の塔3の塔の塔タイルを、
最初に獲得したプレイヤーは、ボーナスの商人コマも獲得できるんです!

メディナ-r-5-11
▲例えば、2の塔タイルを最初に獲得したプレイヤーは、
商人コマ2つも一緒に獲得できます。

メディナ-r-5-12
1の塔を最初に獲得すれば商人コマ3つ獲得で、
4の塔は商人コマのボーナスこそありませんが、
▲塔タイル自体の勝利点が4点…!

序盤と終盤で、
プレイヤーたちが狙う塔は変わっていくわけです!( ̄▽ ̄*)




サマリー「メディナ(コマ・タイル)」
▲こちらが今回の内容のまとめです。


次回がルール確認の最終回で、追加要素のチェックになります!



メディナ 関連記事
→次回:追加要素

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/09/12 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-4-17

★ルール確認

初回:ゲームの準備

前回:コマの配置(1/2)
今回:コマの配置(2/2)←いまココ
次回:宮殿タイル&塔タイル


基本的には、
みんなで建物コマをつないで大きくした宮殿に、
どのタイミングで屋根コマを置いてGETするか…?

と、いうのが「メディナ」というゲームなんですが、

そこに、さらなる3種類のコマが加わることによって、
戦略の幅が大きく広がります…!


今回の記事では、
そんな3種類のコマ――「小屋コマ」「商人コマ」「城壁コマ」の、
配置の方法や役割についてチェックしていきましょう!



★小屋コマ

役割→宮殿の拡張
接続先→建物コマ(屋根があってもOK)
隣接不可→他の宮殿(建物&小屋)



☆接続先

すでに屋根が置かれている宮殿には、
新たな建物コマを接続できない
…というのは、
前回の記事で2回くらい確認しました。

メディナ-r-4-01
▲屋根があるので建物コマを接続できない例。

それでも、せっかく宮殿をゲットしたんだし、
なんとか大きくして、勝利点を増やしたい…!( ̄▽ ̄;)

そんなアナタの要望を叶えてくれるのが、
とっても便利な「小屋コマ」なんです!!

小屋コマは、
屋根の有無に関係なく、建物コマにタテ・ヨコで接続可能で、
宮殿を1マスぶん大きくすることができます!

メディナ-r-4-02
▲建物コマは接続できませんでしたが、
小屋コマなら接続することができるんです…!

メディナ-r-4-03
▲元々、建物コマが2つしかない宮殿でしたが、
▲小屋コマを2つ接続することで、
▲勝利点が倍(2点→4点)になりました!!


☆小屋コマも"宮殿"に含まれる

これも何度目かの話になりますが、
"宮殿"には建物コマだけでなく、
小屋コマも含まれます

そして、この後に登場する「商人コマ」と「城壁コマ」は、
隣接する"宮殿"に追加の勝利点をもたらします

つまり…、

メディナ-r-4-04
▲追加の勝利点を得るために商人コマや城壁コマに隣接するのは、
▲建物コマだけではなく、小屋コマでもOKということです!

自分の宮殿と、商人コマや城壁コマの間に、
1マスのスペースがあって届かない…というときは、
うまく小屋コマを配置して、"橋渡し"してあげましょう♪( ̄▽ ̄*)


☆小屋コマに小屋コマは接続不可

最後に、ありがちな勘違いなんですが…、

メディナ-r-4-20
小屋コマに小屋コマを接続することはできません

小屋コマの接続先は、
あくまで「建物コマ」であることに注意してください。



★商人コマ

役割→隣接する宮殿への加点
接続先→商店街の片端(どちらか)
隣接不可→同時に2人以上の商人



☆接続先

商人コマは、ひと筆書きの"商店街"をつくり、
隣接する宮殿に追加の勝利点をもたらしてくれるんです!

そんな商人コマの配置方法ですが…、

メディナ-r-4-05
▲すでに置かれている商人コマの列のうち、
両端のどちらかに、タテ・ヨコで接続します

メディナ-r-4-06
▲この場合、置けるマスは6ヵ所です。

ここで、いちばん右のマスに新たな商人コマを置くと…、

メディナ-r-4-07
▲次の選択肢は5択になります。

さらに、ここでは商人コマを右下に置いてみましょう。

すると…、

メディナ-r-4-09
▲左端の商人コマには、3マスの選択肢がありますが、

メディナ-r-4-08
▲右端の商人コマには、1マスの選択肢(×)しかなく、
▲しかも、そのマスは2人の商人に隣接してしまいますので、
▲商人コマを配置することができません。

商人コマの並びの位置が、自分にとって不都合な場合、
このような感じで、意図的に配置の選択肢を狭めることができます…!

逆に、自分の宮殿に近い場合は、
選択肢がなくならない配置を心がけましょう♪( ̄▽ ̄*)


☆接続先の選択肢が無い場合

建物コマの配置のときも、
同じような話がありましたが…、

メディナ-r-4-10
▲商人コマの列の、両端どちらにも、
▲新たな商人コマを接続できない場合は、

メディナ-r-4-11
他の商人コマに隣接しない任意のマスに置くことができます。

これは我田引水の大チャンスですので、
少しでも自分の宮殿を囲めそうな位置を選びましょう!

メディナ-r-4-12
▲商人コマを上手く並べられるか否かで、
▲得られる勝利点は大きく変わります…!

まさに勝利点の格差社会や!!!( ̄▽ ̄;)



★城壁コマ

役割→隣接する宮殿への加点
接続先→塔or城壁
隣接不可→異なる塔の城壁どうし



☆接続先

城壁コマは、他のコマと違って、
メディナの街の外周に配置していくことになります。

メディナ-r-4-13
▲城壁コマを配置できる場所は、

メディナ-r-4-14
▲四隅の「」の隣か、または、

メディナ-r-4-15
▲すでに置かれている城壁コマの隣です。


☆1辺に1ヵ所のゲート

異なる塔から伸びる城壁どうしは、
最低でも1マス以上は空けておかないといけません


メディナ-r-4-16
▲この隙間は"シティ・ゲート"を表していて、
▲住民の出入りに欠かせないものとなっているようです。



5種類のコマの紹介は以上となります…!

建物コマで宮殿をつくる。

屋根コマで宮殿をゲットする。

小屋コマで宮殿を拡大する。

商人コマ城壁コマを隣接させる。

…というのが「メディナ」の大まかな流れですね!

次回は、
もう一つの得点要素であるところの「タイル」について、
チェックしていきたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



メディナ 関連記事
→次回:宮殿タイル&塔タイル

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/09/09 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-3-01

★ルール確認

初回:ゲームの準備

前回:ゲームの概要
今回:コマの配置(1/2)←いまココ
次回:コマの配置(2/2)


今日から2記事に渡って、
各種コマの置き方をチェックしていきます!

さて、「メディナ」のコマは5種類あって…、

メディナ-r-1-18
▲つなげていくことで"宮殿"をつくる「建物コマ」、

メディナ-r-1-15
建物コマに乗せることで、
▲その宮殿を自分のものにできる「屋根コマ」、

メディナ-r-1-19
建物コマに接続することで、
▲宮殿を拡大できる「小屋コマ」、

メディナ-r-1-20
▲宮殿と宮殿の間に"商店街"をつくり、
▲隣接する宮殿に勝利点をもたらす「商人コマ」、

メディナ-r-1-21
▲ボードの外周に配置して、
▲隣接する宮殿に勝利点をもたらす「外壁コマ」、

と、それぞれ異なる役割を持っているわけです。

この中から、まずはゲームの基盤となる、
建物コマ」と「屋根コマ」について説明していきましょう!



★建物コマ

役割→宮殿の構成
接続先→屋根のない同色の建物コマ
隣接不可→他の宮殿(建物&小屋)



☆接続先

建物コマは、屋根のない同色の建物コマにのみ、
タテヨコで接続することができます。

メディナ-r-3-02
▲いま、紫の建物コマを配置しようとしていますが…、

は屋根のない同色()の建物コマですので、
新たな紫の建物コマ接続することができます

は同色()の建物コマですが、すでに屋根がありますので、
新たな紫の建物コマ接続することはできません

は屋根こそありませんが、色が違いますので、
紫の建物コマ接続することはできません


☆隣接不可

建物コマは、他の宮殿(建物&小屋)に隣接するようには、
配置することができません

メディナ-r-3-03
▲ここに、紫の建物コマを配置する場合…、

まず、前提として、
灰色の宮殿や、屋根がある宮殿には、
接続することができません。

そこで、左下の宮殿にタテ・ヨコで接続しようと思いますが、

×のマスには、紫の建物コマ置くことができません
上の1マスは、灰色の宮殿と隣接してしまいますし、
右の2マスは、屋根がある宮殿と隣接してしまいます。
(ナナメの隣接もできないことは、前回の記事で説明しました)

よって、
のマスの中から1マスを選んで、
紫の建物コマを配置することになります。


☆接続先の建物コマが無い場合

建物コマを配置しようにも、
接続できる宮殿が無い場合は、
隣接不可ではない任意のマスに置くことができます

メディナ-r-3-04
▲いま、紫の建物コマを配置しようとしているところですが、
▲屋根のない紫の宮殿が全くありません。

こんなときは、

メディナ-r-3-05
▲好きなマスに置くことができます。

ただし、やはり他の宮殿と隣接するような配置はできませんので、
それだけは気をつけましょう!



★屋根コマ

役割→宮殿の確保(所有)
配置場所→屋根のない宮殿の建物コマ
配置不可→自分が屋根コマを置いている色の宮殿



☆配置場所

屋根コマは、まだ屋根コマが乗っていない宮殿の建物コマにのみ、
配置することができます

しかしながら、すでに自分が屋根コマを置いている色の宮殿へは、
屋根コマを配置することができません

自分の色の屋根コマを配置した宮殿は、自分だけのものとなり、
得点計算時、自分に得点をもたらしてくれます!


メディナ-r-3-06
▲いま、赤プレイヤーが屋根コマを配置しようとしていますが…、

メディナ-r-3-07
▲すでに屋根コマが乗っている宮殿には、
▲新たな屋根コマを配置することはできません。

メディナ-r-3-08
▲加えて、赤プレイヤーは、
▲すでに紫の宮殿に自分の屋根コマを配置済みですので、
▲これ以上、紫の宮殿へ屋根コマを置くことはできません。

メディナ-r-3-09
▲結果、赤プレイヤーは、
灰色の宮殿に屋根コマを配置しました。

なお、宮殿の中のどの建物コマの上に屋根を置くかは自由です。
ゲームの進行や、得点計算への影響は全くありませんので、
いちばんイケてると思える場所に配置しましょう♪( ̄▽ ̄*)


☆配置は宮殿1色につき1つまで

すでに自分の屋根コマが置かれている色の宮殿へは、
屋根コマを配置できない…というのは、つまり、

屋根コマの配置は、宮殿1色につき1つまで!

…と、言い換えることができます。

メディナ-r-3-11
▲プレイヤーが4つ持っている屋根コマは、
4色の宮殿に1つずつ…というわけですね。


☆1色の宮殿を全員が獲得した場合の処理

プレイヤー全員が、ある1色の宮殿に屋根コマを置いた場合、
その色の建物コマは、即座に全てゲームから除外します


メディナ-r-3-15
▲例えば、紫の宮殿全員が屋根コマを置いたら、

メディナ-r-3-16
▲全員、自分のついたての中から紫の建物コマを全て出して、
ゲームから取り除かなければなりません
(箱に戻しておきましょう)


☆配置後は建物コマの接続不可

すでに建物コマの配置ルールで説明済みですが…、

メディナ-r-3-10
▲一度、屋根コマを乗せてしまった宮殿には、
▲それ以上、建物コマを接続することができなくなります

概要の記事で触れたとおり、「メディナ」では、
自分の屋根がある宮殿の建物コマの数が、
そのまま勝利点になります
ので…、

建物コマが3つの宮殿は3勝利点、
建物コマが5つの宮殿は5勝利点です。

つまり、屋根コマを乗せるということは、
その宮殿の建物コマからの勝利点を確定させることに他なりません。

それならば、
できるだけ建物コマの多い宮殿に屋根を乗せたいところですが、
宮殿が大きくなるのを悠長に待っていれば、
先に他のプレイヤーに取られてしまうかもしれない…( ̄▽ ̄;)

このジレンマが「メディナ」の面白みになっていて、
"どれくらいのサイズの宮殿を狙うか"というのは、
一つの大きなテーマです!


ここで、4人プレイ時の建物コマの使用数を見てみると、

メディナ-r-3-12
▲建物コマ1色につき20個。

これを4人で割ると5個ですので、4人プレイのときは、
5個以上の宮殿…というのが目安になるかもしれませんね。( ̄▽ ̄ )

最後に、
そんな5個以上の宮殿の獲得方法の一例を示しておきましょう。

メディナ-r-3-13
▲自分のターンが回ってきたときに、
▲まだ誰も屋根を置いていない、
▲建物コマ4個の宮殿がありましたので…、

メディナ-r-3-14
▲1アクション目で建物コマを接続して、
▲2アクション目で屋根コマを乗せることで、
▲建物コマ5個の宮殿をゲットすることができました!



メディナ」というゲームの基盤は、

みんなで建物コマを配置していく中で、
いつ、どの宮殿に屋根コマを置くか…!


と、いうところにあります。

そして、そんなシンプルな陣取りゲームを彩るのが、
他の3種類のコマたちなんですが…、

それはまた、次回のお話です!



メディナ 関連記事
→次回:コマの配置(2/2)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/09/08 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-2-00

★ルール確認

前回:ゲームの準備
今回:ゲームの概要←いまココ
次回:コマの配置(その1)


前回の記事でゲームの準備についてはバッチリですので、
今回はゲームの概要をチェックしていきたいと思います!

で、まるっと"概要"なんてコトバでまとめちゃいましたけど、
具体的に何の話かというと申しますと、

★ゲームの終了条件

★ゲームの勝利条件&得点方法

★ターンの流れ

★〈接続〉と〈隣接不可〉について


…以上の4項目です!

まずは表面的なところをサラッと流してから、
順次、細かいところを掘り下げて参ります!



★終了条件


メディナ」の終了条件は、

誰もコマを置けないことです。


メディナ-r-2-01
持ち駒がなくなってしまった

あるいは、
コマが残っていても、置けるマスがなかったすると、
そのプレイヤーのターンは飛ばされます

こうして、コマを置けるプレイヤーだけが残っていき、
最後に、誰もコマを置けなくなったタイミングで、
ゲームは終了するというわけです。



★勝利条件&得点方法


メディナ」の勝者は、

いちばん勝利点の高いプレイヤーです。


そして、その勝利点の獲得方法は、
コマによるものと、タイルによるもの2種類があります。

コマによる勝利点は、
自分の宮殿を構成する建物コマ小屋コマに加えて、
自分の宮殿に隣接する城壁コマ商人コマから獲得します。

タイルによる勝利点は、
ゲーム終了時に保持していたタイルから獲得します。

ここでは、
実際に並べたコマを見ながら、
得点計算の方法をチェックしてみましょう!


☆建物コマ

メディナ-r-2-02
▲自分の色の屋根コマが乗っている、ひと続きの建物コマは、
1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-03
▲この場合、建物コマが5つ連なっていますので、
赤プレイヤー5勝利点を獲得します。
(屋根の下の建物コマのカウントも忘れずに!)


☆小屋コマ

メディナ-r-2-04
▲自分の色の屋根コマが乗っている、ひと続きの建物コマに、
タテヨコで接続している小屋コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-05
▲この場合、3つの小屋コマが接続していますので、
赤プレイヤー3勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③)


※重要※

ひとカタマリの建物コマ小屋コマを、
まとめて"宮殿"と呼称します。

メディナ-r-2-06
建物コマだけでなく、
小屋コマも含めて"宮殿"です!

この"宮殿"というキーワードは、
以降、ちょいちょい登場しますので、
しっかり押さえておきましょう…!



☆城壁コマ

メディナ-r-2-07
▲自分の色の屋根コマが乗っている宮殿(建物コマ&小屋コマ)に、
タテヨコで隣接している城壁コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-08
▲この場合、宮殿には3つの城壁コマが隣接していますので、
赤プレイヤー3勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③+城壁コマ③)


☆商人コマ

メディナ-r-2-09
▲自分の色の屋根コマが乗っている宮殿(建物コマ&屋根コマ)に、
タテヨコで隣接している商人コマは、1つにつき1勝利点です。

メディナ-r-2-10
▲この場合、

メディナ-r-2-11
▲宮殿には6つの商人コマが隣接していますので、
赤プレイヤー6勝利点を獲得します。
(建物コマ⑤+小屋コマ③+城壁コマ③+商人コマ⑥)

結果、赤プレイヤーは、この紫の宮殿から、
5+3+3+6=17勝利点を獲得したわけですね!


☆宮殿タイル&塔タイル

一方、タイルの得点計算は、よりシンプルで…、

メディナ-r-2-12
▲単純に、タイルの数字どおりの勝利点を獲得します。

つまり、
」と記されているタイルは2勝利点ですし、
」と記されているタイルは4勝利点というわけです。

タイルは、ゲーム中に持ち主がコロコロと変わり、
最終的には、ゲーム終了時に保持していたプレイヤーのものとなります。



★ターンの流れ


自分のターンが回ってきたら、

手持ちのコマを2つ配置しなければなりません。


これは強制で、
例え、敵に塩を送ることになってしまうとしても
必ず手持ちのコマ2つを、ゲームボードに置く必要があります。

ただし、
手持ちのコマが残り1つの場合や、
ルール上、どうしても1つしか置けない場合は、
1つだけ置けばOKです。

メディナ-r-2-13

コマを2つ配置するにあたって、
2つのコマの組み合わせは自由となっています。

メディナ-r-2-14
▲全く同じコマを2つでもOKですし、

メディナ-r-2-15
▲色ちがいのコマを1つずつでもOKですし、

メディナ-r-2-16
▲種類ちがいのコマを1つずつでもOKです。

コマを2つ置いたら、
時計回りで次のプレイヤーのターンとなります。



★〈接続〉と〈隣接不可〉について

この記事のラストになりますが、
ここで、ちょっと大事なことを説明しておきます。

次回の記事からは、
コマごとの配置方法をチェックしていくんですが、
その前提として、

〈接続〉と〈隣接不可〉

…について、知っておいてもらいたいのです。

〈接続〉とは、
コマとコマをつなげることを指して、

〈隣接不可〉とは、
つなげられないコマとコマのことを指します。

ここに、大きなポイントがあって、

〈接続〉の場合は、
タテヨコのみであるのに対して、

〈隣接不可〉の場合は、
タテヨコに加えてナナメまで含むんです!

と、コトバで説明しても伝わりにくいですので、
以下、画像を交えて解説していきましょう。


☆〈接続〉はタテ・ヨコ

コマを配置する際、他のコマに接続する場合は、
タテヨコでしか接続できません。

メディナ-r-2-17
▲ボード上にある、紫の建物コマに、
▲新たな紫の建物コマを接続する場合、

メディナ-r-2-18
タテヨコには接続できますが、

メディナ-r-2-19
ナナメには接続できません

…と、これはボードゲームのルールではよく見かける話。

問題はここからです…!


☆〈隣接不可〉はタテ・ヨコ・ナナメ

詳細は後に回しますが、「メディナ」では、
異なる宮殿どうしは〈隣接不可〉というルールがあります。

メディナ-r-2-20
▲例えば、紫の宮殿灰色の宮殿は、
隣接させることができません

ここでいう〈隣接不可〉というのが、
タテヨコで隣接させられないだけでなく、
ナナメでの隣接も不可となっているのです!

少し、例を見てみましょう。

紫の宮殿にごく近い灰色の宮殿に、
新たな灰色の建物を接続するという状況で…、

メディナ-r-2-21
▲この場合、×のマスに灰色の建物コマを置くと、
紫の建物コマタテで隣接してしまいます。
(ので、×のマスには配置できません)

加えて…、

メディナ-r-2-22
▲こちらの×のマスに灰色の建物コマを置いても、
紫の建物コマナナメで隣接してしまいますので…、

メディナ-r-2-23
灰色の建物コマを接続できるのは、
▲こののマスのみというわけなんです。

ちなみに、
"ナナメ隣接不可ルール"に沿って、建物コマの配置を続けると…、

メディナ-r-2-24
▲このような感じになり、
▲宮殿と宮殿の間に"路地裏"が形成され…、

メディナ-r-2-25
▲"路地裏"には、商人コマで"商店街"をつくることができます。

メディナ-r-2-26
▲もしも、宮殿のナナメでの隣接がアリだったらば、
▲せっかくの"路地裏"が分断されてしまいますので…、

メディナ-r-2-27
▲どうやら、それを防ぐために、
ナナメでの隣接は不可というルールにしているようですね。



以上を踏まえた上で、
次回からはコマごとの配置方法をチェックしていきたいと思います!



メディナ 関連記事
→次回:コマの配置(その1)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/09/07 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「メディナ」




メディナ-r-1-01

★ルール確認

今回:ゲームの準備←いまココ
次回:ゲームの概要

→ルール確認まとめ
サマリー置き場
開封記事


それでは、
今日から「メディナ」のルールをチェックしていきます!

日本語説明書がなくてもゲームが進行できるように、
細部までこだわって記事を書いていく所存ですので、
どうか、お付き合いください♪( ̄▽ ̄*)


さて、まずはゲームの準備からですね。

ゲームの準備については、
本体付属の英語ルールブックに沿って、確認を進めていきます。

ルールブックには①~⑨の手順がありますが、
その中では"追加要素"となっていますので、
これは後回しにして…、

①ゲームボードの配置
②塔コマと塔タイルの配置
④商人コマの塔タイルへの配置
⑤商人コマのゲームボードへの配置
⑥宮殿タイルの配置
⑧各コマの受け取り
⑨スタートプレイヤーの決定


そして、

③井戸コマの配置
⑦ティータイルの配置


…の順番で見ていきましょう!

追加要素を導入しない場合は③⑦は飛ばして、
追加要素を導入する場合は③⑦を飛ばさずに、
ご覧いただけたらと思います。



①ゲームボードの配置

ゲームボードをテーブル中央に置きます。

メディナ」のゲームボードは"両面"になっていて…、

メディナ-r-1-02
3~4人プレイ時はマス数の多い面を、

メディナ-r-1-03
2人プレイ時はマス数の少ない面を、

それぞれ使用します。



②塔コマと塔タイルの配置

4つの塔コマと、4枚の塔タイルを配置します。

メディナ-r-1-04
▲4つの塔コマは、城壁スペースの四隅に、

メディナ-r-1-05
▲立てて置きましょう。

メディナ-r-1-06
▲4枚の塔タイルは、4つの塔コマの脇に配置します。

塔タイルには「1~4」の番号がふってありますが、
左上に「」を、右下に「」を、右上に「」を、左下に「」を、
それぞれ置いてください。
(ゲームボードに緑色の数字で示されています)



④商人コマの塔タイルへの配置

置いたばかりの塔タイルの上に、商人コマを配置します。

メディナ-r-1-07
商人コマの配置数は、塔タイルの番号によって違って…、

メディナ-r-1-08
▲「」の塔タイル上には3体
▲「」の塔タイル上には2体
▲「」の塔タイル上には1体
▲「」の塔タイル上には0体

それぞれ置いてください。



⑤商人コマのゲームボードへの配置

商人コマ1体を、ゲームボード上の1マスに配置します。

メディナ-r-1-09
商人コマの配置先ですが、
城壁スペースに接さない1マスをランダムに選ぶとなっています。

メディナ-r-1-10
▲つまり、この枠の中からランダムに1マス…というわけですね。

ランダムですので、どこでも良いわけですが、
もしも決めかねるようでしたら…、

メディナ-r-1-11
▲商人コマをつかんで、ゲームボードの少し上から、

メディナ-r-1-12
▲ポトリと落として、

メディナ-r-1-13
▲落下地点のマスに配置する…というのもアリかもしれません。
(正式な方法ではなく、私星屑の個人的なやり方です)



⑥宮殿タイルの配置

4枚の宮殿タイルを、ボードゲーム上に配置します。

メディナ-r-1-14
▲配置する場所は、ゲームボード上部のスペースです。



⑧各コマの受け取り

各プレイヤーは、おのおの5種類のコマを受け取ります。

受け取るコマの数は、
プレイ人数によって変動しますので気をつけましょう!


☆屋根コマ

屋根コマは4色あり、
基本的には自分の色のコマを4つ受け取ります。

加えて、プレイ人数が4人未満の場合は、
"中立コマ"として追加の屋根コマを受け取ります。

メディナ-r-1-15
4人プレイ時
自分の色の屋根コマを4つ受け取る。

(例)
青プレイヤーは、青い屋根コマを4つ受け取ります。

メディナ-r-1-16
3人プレイ時
自分の色の屋根コマ4つに加えて、
未使用の色のコマ1つを受け取る。

(例)
青プレイヤーは、青い屋根コマ4つに加えて、
誰も使っていない緑の屋根コマ1つを受け取ります。

屋根コマが1つ余ることになりますが、
これはゲームから取り除いてください。

メディナ-r-1-17
2人プレイ時
自分の色の屋根コマ4つに加えて、
未使用の色のコマ2つを受け取る。

(例)
青プレイヤーは、青い屋根コマ4つに加えて、
誰も使っていない黄の屋根コマ1つを受け取ります。

屋根コマが1色ぶん丸々余ることになりますが、
これはゲームから取り除いてください。


☆建物コマ

建物コマも4色ありますが、
こちらはプレイヤーカラーではありません。

各プレイヤーは、
建物コマを4色とも受け取ることになります。

メディナ-r-1-18
4人プレイ時1人につき各色5つずつ
3人プレイ時1人につき各色6つずつ
2人プレイ時1人につき各色8つずつ

(例)
4人プレイ時、青プレイヤーは、
4色の建物コマを5つずつで、
合計20の建物コマを受け取ります。


☆小屋コマ

メディナ-r-1-19
4人プレイ時1人につき3つずつ
3人プレイ時1人につき4つずつ
2人プレイ時1人につき4つずつ


☆商人コマ

メディナ-r-1-20
4人プレイ時1人につき6体ずつ
3人プレイ時1人につき8体ずつ
2人プレイ時1人につき12体ずつ


☆城壁コマ

メディナ-r-1-21
4人プレイ時1人につき9個ずつ
3人プレイ時1人につき12個ずつ
2人プレイ時1人につき15個ずつ


☆ついたて

こうして受け取ったコマは、
自分の「ついたて」の中に隠します。

メディナ-r-1-22
▲ゲーム中、各プレイヤーのコマの残数は非公開情報です。

メディナ-r-1-23
▲しかしながら、屋根コマだけはついたての外に出して、
▲常に公開しておかなければなりません。



⑨スタートプレイヤーの決定

スタートプレイヤーを決めます。

その方法はルールブックに載っていませんので、
自由に決めてください。

最近、宮殿を訪れた人…とかがテーマに即してるかも?( ̄▽ ̄*)



以上で追加要素以外の準備は完了です!



③井戸コマの配置(追加要素)

-追加要素その1-
井戸コマを、ゲームボード上の1マスに配置します。

メディナ-r-1-24
▲配置場所の条件は、さきほどの商人コマと同じです。
城壁スペースに隣接しないマスの中から、
ランダムに1マスを選んで置いてください。
(商人コマと同じマスにはならないように)



⑦ティータイルの配置(追加要素)

-追加要素その2-
6枚のティータイルを、ゲームボード上に配置します。

メディナ-r-1-25
▲場所はゲームボードの左上隅です。



以上で、すべての準備が完了しました!

メディナ-r-1-26

これでゲームを始めることができます♪( ̄▽ ̄*)



メディナ 関連記事
→次回:ゲームの概要

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/08/18 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「マウナ・ケア」




★サマリー置き場

開封記事
プレイ記

サマリー「マウナ・ケア」


自分用に作ったサマリーを.jpgで貼っていますので、
よろしければ、ご自由にお使いください♪( ̄▽ ̄*)



サマリー「マウナ・ケア(各種条件)」

サマリー「マウナ・ケア(準備)」

サマリー「マウナ・ケア(ゲームの流れ)」

サマリー「マウナ・ケア(移動)」


マウナ・ケア 関連記事
開封記事
プレイ記

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/08/06 23:59】 | ルール説明 【タグ】 マウナ・ケア  
|
ボードゲーム
「メディナ」




★サマリー置き場

サマリー「メディナ」


自分用に作ったサマリーを.jpgで貼っていますので、
ご自由にお使いください♪( ̄▽ ̄*)

(※注)
サマリーは、あくまで自分用ですので、私星屑に最適化されています!
細かい点については、各サマリーの下の説明をご参照ください。



サマリー「メディナ(各種条件)」
1枚目【各種条件・初期コマ数】

自分のターンでは、
必ずコマを2つ配置しなければなりませんが、
途中からコマを配置できなくなる状況が発生します。

配置できないプレイヤーは飛ばして、
配置できるプレイヤーたちだけがプレイを続けていき、
誰もコマを配置できなくなった時にゲームが終了します。

なお、コマを1つしか配置できない場合は、
その1つのみを配置しなければなりません。


このゲームの勝者は、
最も得点の高いプレイヤーです。

その得点は、
自分の色の屋根を置いた宮殿(建物小屋)と、
その宮殿にタテ・ヨコでつながる商人城壁から、
それぞれ1コマにつき1点ずつ獲得します。

さらに、
ゲーム終了時に宮殿タイル塔タイルを保有していれば、
それぞれのタイルから1~4点を獲得します。


ゲーム開始時、
各プレイヤーに配られるコマは表の通りですが、
2~3人プレイ時は、追加で"中立"の屋根コマを受け取ります。

3人プレイ時は、
残った1色の屋根コマを1人1つずつ、
(余った1コマは箱にしまう)

2人プレイ時は、
残った2色のうち1色の屋根コマを1人2つずつ、
(余った1色の4コマは箱にしまう)

忘れず受け取りましょう。

サマリー「メディナ(ゲームの流れ)」
2枚目【ゲームの流れ】

ゲーム開始時に、
商人コマ1つをゲームボード上に配置する必要があります

マス数が多くて、どのマスに置くか悩みがちですので、
できるだけプレイ回数の多い人が置いてあげましょう。

さらに、
ゲームボードの隅には、宮殿タイルと塔タイルを配置しますが、
このうち、塔タイルの上には商人コマを置く必要があります

ナンバー4以外の塔に、決められた数の商人コマを置きましょう。


ターン中にプレイすることは、たった1つで、
自分のコマ2つをゲームボードに配置することだけです。

この2つのコマは、
まったく同じコマを2つでも、
違うコマを1つずつでも構いません。

ただし、2つは可能な限り置かなければならず、
例え、それを置くことで自分が不利になろうとも、
置くことから逃れることはできません。

例外として、
2人プレイ時の、ゲーム開始直後の1人目のターンと、
3人プレイ時の、ゲーム開始直後の2人目までのターンでは、
先手と後手の有利・不利を埋めるために、
コマを(2つではなく)1つだけ配置します。


このゲームでは、
すでにゲームボード上に配置されているコマに、
新たなコマを接続することで宮殿を大きくしていきますが、

コマを接続するときは、
必ずタテ・ヨコで接続しなければならず、
ナナメでの接続はできません。

逆に、"異なる宮殿どうしが接してはならない"というルールでは、
タテ・ヨコだけではなく、ナナメでの隣接も禁止されています。


ゲーム中、宮殿タイルや塔タイルを獲得することがありますが、
場合によっては、これらを同時に獲得しうることもあり、
このダブル獲得はルールで認められています。


"中立"の屋根を置いた宮殿は、
どのプレイヤーのものでもなくなり、
誰にも得点をもたらさなくなります。
(他人に取られるくらいなら潰そう的な)

本来、
1色の屋根は、1色の宮殿に1つまでしか置けませんが、
中立屋根だけは、この制限を受けません。

例えば、
中立の緑屋根を、異なる2つの紫宮殿に、
それぞれ1つずつ配置することは可能です。

最後に、
1色の宮殿を全プレイヤーが(1ヵ所ずつ)獲得した場合、
その色の建物は、ゲームから取り除くというルールがありますが、
このとき、まだ中立屋根が残っているからといって、
取り除くのをストップする…ということはありません。

サマリー「メディナ(コマ)」
3枚目【コマ】

ここからは各種コマの説明ですね。

それぞれ、
"どこに接続できるか"と"隣接できない場所"がポイントです。


建物コマは、
すでにゲームボードに配置されている、
同じ色の建物コマにのみ、タテ・ヨコで接続できます。

オレンジの建物の隣にオレンジの建物
紫の建物の隣に紫の建物…といった具合ですね。

ただし、同じ色の建物であっても、
屋根が置かれている建物には接続できません。

さらに、
他の宮殿に隣接するように配置することもできません。

例え同じ色であっても、
違うカタマリの宮殿の建物と小屋に、
タテ・ヨコ・ナナメで隣接しないようにしましょう。

このようなルールがありますので、
場合によっては、接続できる場所が1ヵ所もないことがあります。

そのときは、任意のマスに配置して、
新たな宮殿を作り始めることができます。


屋根コマは、
ひとカタマリの宮殿に1つまで乗せることができ、
乗せたら、その宮殿は自分の所有となります。
(つまり、その宮殿から得点を得られるわけです)

すでに屋根が乗っている宮殿には、
もはや屋根を乗せることができなくなり、
建物を接続して拡大することもできなくなります。
(小屋は接続可能です)

そして、
1人のプレイヤーが屋根を乗せられるのは、
1色の宮殿につき1つまでと決まっています。

つまり、各プレイヤーは、
最大で4つまでしか宮殿を所有できません。

最後に、
ある1色の宮殿を、全プレイヤーが所有したとき、
全プレイヤーは、自分のついたての中から、
その色の建物コマを全て出して、
ゲームから取り除く必要があります。


小屋コマ(家畜小屋コマ)は、
建物にのみ接続することができますが、
接続する建物について、屋根の有無は問わず、
さらに、どの色の建物にでも接続可能です。
(ただし、他の宮殿の建物や小屋に隣接しないこと)

自分が所有する宮殿にはもちろん、
他のプレイヤーが所有する宮殿の建物にも接続できますので、
スペースを奪うなどの妨害にも使用できます。

小屋と建物の、ひとカタマリで宮殿となりますので、
自分の宮殿に連なる小屋は、1つにつき1点になります。

サマリー「メディナ(コマ・タイル)」
4枚目【コマ・タイル】

商人コマは、ゲーム開始時に1つだけ配置されています。

その最初の商人に、新たな商人を接続するカタチで、
ひとつながりのマーケット・ストリートが広がっていき、
(便宜上、サマリー内では"商店街"としています)
これにタテ・ヨコで接している宮殿には、
商人コマ1つにつき1点が加算されます。

ただし、商人を接続する際に、
すでに配置してある商人2つ以上にタテ・ヨコで接するような
置き方をすることはできません。


城壁コマは、
塔か、すでに配置されている城壁に接続できます。

城壁にタテ・ヨコで接している宮殿には、
城壁1つにつき1点が加算されます。

ただし、異なる塔から伸びる城壁どうしは、
少なくとも1スペースを空けておかねばなりません。
(このスペースが、街への入り口なので…)


宮殿タイルは、
より大きな宮殿を所有するプレイヤーが保有するタイルで、

塔タイルは、
各塔から伸びる城壁に、いちばん最後に自分の宮殿を
接続させたプレイヤーが保有するタイルです。

サマリー「メディナ(追加ルール)」
5枚目【追加ルール】

最後に、第2版からの追加ルールです。


ティータイルは、
紫の宮殿を所有した順に多くを獲得でき、
使い捨てることで、自分のコマ配置数を1つ減らせます。
(敵に塩を送りたくないとき等に)

なお、紫の宮殿に中立屋根が乗った場合、
そのぶんのティータイルはゲームから除去されます。


井戸は、
その周囲8マスへのコマの配置を制限し、
(商人しか置けない)
十字方向の4スペースに建物か小屋がある宮殿に、
追加の4点をもたらします。



メディナ 関連記事
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/27 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「アラカルト」




★サマリー置き場

サマリー「アラカルト(その他)」サマリー「アラカルト(ターンの流れ4人ぶん)」


自分用に作ったサマリーを.jpgで貼っていますので、
ご自由にお使いください♪( ̄▽ ̄*)

(※注)
サマリーは、あくまで自分用ですので、私星屑に最適化されています!
細かい点については、各サマリーの下の説明をご参照ください。



サマリー「アラカルト(勝利条件・終了条件)」
1枚目【勝利条件/終了条件】

誰かが3つ目のスタートークンを獲得した瞬間、
ゲームは終了し、そのプレイヤーの単独勝利となります。

誰かが3つ目のスタートークンを獲得する前に、
他の2つのゲーム終了条件のどちらかが満たされた場合、
ゲームは終了し、最も勝利点を獲得したプレイヤーが勝利します。
(同点の場合は勝利を分かち合う)


各プレイヤーへの配布物のうち、
コーヒーカップ」はランダムで1枚引いた後、
オモテ向き(ピンク面)で自分の前に置きます。


サマリー「アラカルト(ターンの流れ)」
2枚目【ターンの流れ】

アクションは2択の中から3アクションとなります。

同じアクションを3回続けても、
(例:調味料→調味料→調味料)
違うアクションを組み合わせてもOKです。
(例:コンロ→調味料→コンロ)


スプーンはアクション数のカウントに使います

左隣のプレイヤーにスプーンを3本とも渡したら、
自分の3アクションが終わったということになり、
左隣のプレイヤーにターンが移ります。
(3アクション→コーヒーブレイク→ターン終了でもOK)


コーヒーブレイク」は、
手持ちのコーヒーカップを使い捨てることで、
1ターンに1回までアクションを消費せずにプレイできます。

使い終わったコーヒーカップは、
オモテ(ピンク面)を上にしてコーヒートレイに置きます。


サマリー「アラカルト(料理について)」
3枚目【料理について】

料理を「完成」させるには、
レシピに示されている範囲内の火力
レシピに示されている各調味料が必要数以上あり
かつ、各調味料が3粒未満でなければいけません。

逆に「失敗作」というのは、
レシピに示されている火力を超えてしまったか、
1種類の調味料(塩も含む)が3粒以上になってしまったものをいいます。

料理を完成させたら、
完成させた料理は、自分の完成トレイに置き、
フライパンの中の調味料はシンクに流し、
フライパンの火力は「」に戻します。

もしも完成した料理が"完璧"だったら、
つまり、レシピに示されている調味料と、
ジャスト同数の調味料で料理を完成させたら、
その料理にはスタートークン1つを乗せます。

その後、料理のストックの山から新たな1皿を選び、
レシピの面を上にして、自分のフライパンに入れます。
このとき、すでに完成させた色の料理は選べず、
まだ完成させていない色の料理を選ばなければなりません。
(その色がストックに残っていない場合は、任意の色の料理を選ぶ)

また、ゲーム中に1人につき1回だけ
料理ではなく「クレープ」を選ぶこともできます。
※クレープの詳細は後述

ここからは失敗作の処分について。

このゲームでは、他のプレイヤーのターン中でも、
自分の料理が失敗作になってしまうことがありますが、
その処分は必ず自分のターン中に行います。

というのも、
一部のコーヒーカップの効果を使うことで、
失敗作を復活させられる可能性があり、
処分は、その可能性が潰えてからでも可能です。
(ダメだったら諦めましょう)

失敗作を処分する手順ですが、
まず失敗作をゴミ箱に捨てて、
フライパンの中の調味料はシンクに流し、
フライパンの火力は「」に戻します。

その後、新たな料理1皿をフライパンの中に入れます。


調味料を補充する際、
小瓶に入れる塩の数が足りなければ、
あるだけ入れておきます。


ダイスを振って火力が「」を超える目が出た場合、
超過分は全て無視します(つまり7のままです)。


サマリー「アラカルト(クレープ・ダイス)」
4枚目【クレープ/ダイス】

クレープを作り始めた場合、
完成するか、または失敗作になるまで、
アクションがコンロ→フライパン返し×2に固定されます。


コンロのアクションでダイスを振って、
コーヒーカップ」の目が出たら、
コーヒートレイからウラ(緑面)のコーヒーカップを1つ引いて、
オモテ(ピンク面)で自分の前に置きます。

もしもコーヒートレイにウラのコーヒーカップが残っていなければ、
他のプレイヤーから未使用のコーヒーカップを1つ盗みます
このとき、勝利点のコーヒーカップだけは盗めません。


サマリー「アラカルト(コーヒーカップ)」
5枚目【コーヒーカップ】

他のプレイヤーとコンロ一式を交換するというのは、
誰か1人のコンロとフライパンとその中身を受け取り、
自分のコンロとフライパンとその中身を渡すということです。

このとき、どちらかのフライパンに、
失敗作クレープが入っていたら、交換することができません。


3アクションを得る効果は、
あくまでアクション数が3増えるだけで、
コーヒーブレイクの回数までは増えません。


他のプレイヤーのフライパンに調味料を加えるというのは、
自分以外の誰か1人のフライパンを選んで、
自分が調味料を加えるアクションを1回行うということです。
(妨害要素ですね)


すでにオーバーしていてもOKというのは、
失敗作を復活させられるという意味です。



アラカルト 関連記事
本体開封
拡張①開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/24 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アラカルト  
|