RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
2016年ボードゲームBEST3

星屑編

対象
2016年に完全日本語版(または日本語説明書つき)が発売されたゲーム


さて、2016年の当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、日本語版が発売されたボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

1位からランキング形式で発表して参ります!



★2016年1位「ふたつの街の物語」

星屑2016年最高のボードゲームは、


▲「ふたつの街の物語」でした!!!

その理由は……


★最初から最後まで会話が途切れない!

こんなにも会話が続くゲームを、ぼくは知りませんでした。

いや、マジですごいんですよ、このゲーム!

プレイ中、どのタイミングでテーブルを見回しても、
常にみんなが会話をしているんです…!

ほとんどのボードゲームは、
ちょちょい会話をはさみながら進行していく感じですが、

このゲームは、全員が、常に、会話をすることになります!

街にタイルを配置するとき、
"2人"で相談して配置するというルールで、
必ず会話が発生するように設計されているんです。

しかも、あーだこーだと色々な可能性を追っていると、
会話がどこまでも続いていって、終わらないほど…!

さらに、ここがポイントなんですが、
初心者と熟練者がごちゃ混ぜの卓であっても、
ちゃんと会話が成立する
のが面白いんです!

初心者初心者では、
手探りの状態で、どんな街をつくっていくか、
ワクワクをふくらませながらの会話になりますし、

熟練者熟練者では、
1タイルあたりの点数を少しでも高くするためには
どうするべきかの飽くなき挑戦が始まりますし、

初心者熟練者では、
初心者熟練者に質問を投げかけたり、
熟練者初心者に点数アップのコツを教えたりと、
これはこれで良い交流の場になります。

どうあっても会話が発生して、
どうあっても会話が続いていく…。

ぼくですね、この「ふたつの街の物語」は、
すごいコミュニケーション・ツールだと思っているんです…!


★1~7人対応という受け皿の広さ!

プレイ人数が6人までというゲームが多い中で、
このタイトルは7人まで同時にプレイできます

この1人の差が大きくって、
ボードゲーム会を主催している身としては、
卓を立てるときに、何度も助けられました!

逆に、人数が少なくなってもプレイできるのも、
このタイトルの良くできているところです。

4~7人プレイでは、ほとんどプレイ感が変わりません

そして、3人プレイでは"三角関係"を味わうことができます。
2人プレイ時は、特別ルールが適用されます。

しまいには、
ソロ用の「オートマカード」まで用意されていて…、
本当に、どこまでも親切設計なゲームだと思いました!


★シンプルゆえに飽きが来ない!

ふたつの街の物語」はシンプルです。

街は、たった14枚のタイルで完成してしまいますし、
タイルの種類も6種類しかありません。

星屑2016-2

おかげでルールの説明が簡単で、
初心者さんにもすんなりと理解してもらいやすいです。

一方で、ゲームに慣れてくると、
6種類のタイルの得点計算のバランスの絶妙さに気付き、
ある一定の点数を超える難しさを知ります。

星屑2016-3

それでも、
ひとつの街の点数を高くすることはできるんですが、
このタイトルの肝は"ふたつの街"…。

ふたつの街の点数を同時に底上げしなければなりませんし、
ふたつの街を全く同じにすることは、まずできません。

ルールはシンプルなんですが、
そのルールひとつひとつが、計算し尽くされている
んですね。

そんな中で、
1点でも2点でも高みを目指して、
隣のプレイヤーと知恵を絞り合いながら、
お互いの考えを出し合いながら、
その時々の最良の街をつくり上げていく…!


星屑2016-1

もう、何回やっても何回やっても飽きがこないどころか、
やるたびに、どんどん楽しくなっていって…、

文句なしで、
これが星屑2016年ナンバーワンでした!



★2016年2位

「ポーション・エクスプロージョン」


星屑2016年2番手のボードゲームは、


▲「ポーション・エクスプロージョン」でした!!

その理由は……


★この手で、落ちものパズルゲーム!

星屑は、テレビゲームの「ぷよぷよ」が好きです。
もっというと「ぷよぷよSUN」が大好きなんですが、
まぁそれは置いといて、

ぷよぷよ」が、
"ぷよ"の消去と落下を利用することで、
〈連鎖〉を発生させるように、

ポーション・エクスプロージョン」も、
落下により、同じ色のビー玉を衝突させることで、
〈連鎖〉を発生させることができます。

ポーエク-k-09

そして、〈連鎖〉によって獲得した大量のビー玉は、
文字通り手中に収めるわけです

ぷよぷよ」のような"落ちものパズル"を、
自分の手で動かして、そして、つかみ取れる…!

なんだか、
テレビの画面に自分の手を突っ込んだような、
そんな不思議な感覚
を味わえるのが…、
この「ポーション・エクスプロージョン」でした!


★初心者にオススメしやすい!

ビー玉のパズルを思いっきり堪能できるように、
周辺のルールはシンプルにまとめられています。

自分のターンにできることは限られていて、
悩みこむことは、あまりありません。

また、
ポーションのレシピは「」によって、
ポーションの効果は「アイコン」によって、
点数表示も、統一された「リボン」によって、
それぞれ一目瞭然になっています。

ポーエク-k-03

総じて、初心者にやさしい設計で、
直接触れるというリアル感も相まって、
ボードゲームを始めたばかりのプレイヤーさんに
もってこいのタイトルです!


ですので、星屑は、
ボードゲーム会を主催するときには、
必ず「ポーション・エクスプロージョン」を持ち込んで…、
飛び入り参加の初心者さんがいらしたら、
まずオススメするタイトルの一つにしています。

自分で胸を張ってオススメできるタイトルということもあって、
ポーション・エクスプロージョン」が2番手に入りました!

ポーエク-k-01



★2016年3位「*該当なし」

星屑の3番手ですが、ありませんでした

1番手・2番手は、もうスパッと決まったんですが、
このワン・ツーに続くタイトルが見当たらず…。

良ゲーは多かったんですが、
箱を抱きしめて眠りたいくらいのゲームは、
2作品までとなりました。



てな感じの、星屑の2016年でした!

4人以下なら「ポーション」が、
5人以上なら「ふたつの街」が、
マジでオススメですので、
未プレイの方は、ぜひ試してみてください…!



2017年もステキなボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!





記事を閉じる▲

【2016/12/31 23:59】 | 今月のボードゲーム |
2016年ボードゲームBEST3

しーぷ編

対象
2016年に完全日本語版(または日本語説明書つき)が発売されたゲーム


さて、今年も残すところ、あと2日となりました。( ̄▽ ̄ )

今年もたくさんのボードゲームが発売されて、
夫婦ともどもボドゲ充することができたわけですが…、

ここから残り2記事は、妻しーぷと私星屑の、
今年のボードゲームBEST3」で締めて参りたいと思います!



★昨年のおさらい

2015年のしーぷNO.1タイトルは、


▲「ノイシュヴァンシュタイン城」でしたね。

あの憧れのノイシュヴァンシュタイン城が舞台で、
自分だけのお城をつくるというテーマに、
しーぷはすっかり魅了されたわけです…!

その「ノイシュヴァンシュタイン城」は、
今年、待望の拡張「シークレット」が発売され、
新タイルや"お堀"に"秘密の通路"といった要素が追加されて、
よりお城づくりにのめり込めるようになりました!!



星屑の記憶では、特に女性に人気の高いタイトルで、
40~50代の主婦の方々にも楽しんでもらえたのが、
すごく印象に残っています。



去年は1タイトルだけの提示だった妻しーぷですが、
今年は"ベスト3"ということで、3タイトルを挙げてもらいました。

はたして何を選らんだのか、
1位からランキング形式で発表していきましょう!



★2016年1位「セレスティア」

しーぷ2016年最高のボードゲームは、


▲「セレスティア」でした!

では、その理由を聞いてみましょう。


☆コンポーネントの雰囲気の良さ

まず、飛行船のインパクトがすごいです!

セレス-o-15

コルト・エクスプレス」の列車もそうですが、
立体的な乗り物って、すごくワクワクします!

そして、色とりどりの都市タイル

セレス-k-16

"ファンタジー世界"という舞台が、
やさしいタッチのイラストでよく表現されていますし、
形が楕円形というのが、またすばらしい!

カクカクしたタイルが多いボードゲームの中にあって、
この丸さが、セレスティアの雰囲気をより良くしています

本当にセレスティアは、
コンポーネントの完成度が端から端まで高くて、
しっかりとテーブルの上に世界観をつくり上げてくれます…!



☆ゲーム内容の雰囲気の良さ

セレスティアは、扱いやすいゲームです。

6人まで対応というプレイ人数の幅に、
テンポが良くて30分で片が付くプレイ時間

そして、協力の要素

個人戦のゲームのわりには、
チーム戦をやっている感があるので、
ギスギスしにくい

それどころか、
バトンタッチしながら飛行船を進めていくので、
残っている者どうしの一体感すら味わえる…!

妨害要素が少なめ
というのも、
ギスギスしにくい理由の一つになっています。

総じてゲームの雰囲気が良く、
いつも気持ちよくプレイさせてもらえていますね。

しーぷ2016-3

ボードゲーム会のスタッフとしての立場でも、
安心して卓を立てることができます。


☆最後に……

ボードゲーム初心者のプレイヤーさんへ。

パワーカード」だけ、最初はややこしいと思います。
いつ使うとか、誰が使えるとか、1枚1枚ちがうので…。

そこで、もしピンとこなかったら、
まずはパワーカード抜きでプレイしてみてください。

セレスティアは、パワーカード以外の部分が、
びっくりするほどシンプルに設計されているんです。

乗客は、降りるか残るかの2択ですし、
船長は、カードを出せるか出せないかだけ。

1度プレイしたら、すぐに覚えられますので、
それからパワーカードを投入していきましょう。

まずは、「迂回路」と「魔法の望遠鏡」がオススメ。
この2枚はタイミングが被らず(※星屑のサマリー参照)、
内容も分かりやすいです。

こうして、1枚ずつチェックしていけば、
最後にはパワーカードをマスターできているはずですよ。



…と、しーぷのコメントでしたが、
なにやら最後はアツい解説になってしまっていました。( ̄▽ ̄ )

ほんと、しーぷはセレスティアが大好きなので、
セレスティアを語りだしたら止まらない感じです…!

星屑のサマリーは、ここに貼っておきますね。

「セレスティア」サマリー



★2016年2位「パンデミック イベリア」

しーぷ2016年2番手のボードゲームは、


▲「パンデミック イベリア」でした!

この理由も聞いてみましょう。


☆まったく違ったパンデミックを味わえる!

背景を中世ヨーロッパに移した「パンデミック」で、
ワクチンが作れず病原体も根絶できず
それでもって飛行機での移動がない

これ、パンデミックとしてどうなんだろう…?

正直、プレイ前は不安だらけでした。

ところが、実際にプレイしてみると、
鉄道を敷きつつ先へ進んだり、
水を浄化することで病原体を止めたりと、
不安を打ち消してあまりある独自要素の数々に、
一気に引き込まれていき…、

ついには、本家のパンデミックよりも、
イベリアの方が好きになってしまっていました!


時代をさかのぼって、
環境は退化してしまっているんですが、
ゲームのシステムはむしろ進化しているというのは、
なんだか不思議な感覚ですね。



星屑が購入を見送った「イベリア」ですが、
まさか妻しーぷがこんなにも気に入るとは…!

星屑は未プレイなんですが、
中津市のボドゲ友達のもっちさんも、
別府市のボドゲ友達のアダチさんも、
みんな口を揃えて面白いとおっしゃるので、
マジで面白いゲームみたいですよ!



★2016年3位「オーディンの祝祭」

しーぷ2016年3番手のボードゲームは、


▲「オーディンの祝祭」でした!

しーぷワーカープレイスメントが苦手なはずですが…?


☆とても"優しい"ワーカープレイスメント!

こんなにワーカープレイスメントが楽しいと思ったのは、
生まれて初めてです!


そもそも、なぜ私(*しーぷ)が、
ワーカープレイスメントが苦手かというと、
ワーカーの数をうまく増やせないからです。

アグリコラ」しかり、
ナショナルエコノミー」しかり…。

そんな悩みを打破してくれたのが「オーディンの祝福」で、
なんとこのゲーム、ワーカーが勝手に増えてくれるんです!

すると次の問題は、そのワーカーたちの食い扶持になりますが、
これまた、定期的に食料が差し入れられます

まさに至れり尽くせりで、
どうぞ後はゲームを思う存分、楽しんでくださいっていう設計。
ありえないくらいに敷居が低いです。

お陰でストレスなくプレイできて、

宝物タイルのパズル要素を楽しんだり、
島の開拓を楽しんだり…。

しーぷ2016-1

ほんと、なんというか、
私にとって画期的なワーカープレイスメントの登場でした!

しーぷ2016-2



オーディンの祝祭」は星屑もプレイしてみましたが、
確かに敷居が低い印象でした。

マジでゲーム側からの手助けが多いので、
がっつりとメインのパズルゲームに集中できます。

ルールも思ったよりずっとシンプルですので、
いわゆる"重ゲー"の中では、
入門用になり得るんじゃないかと思いました。

高額ですが、いつかは入手したいですね。
しーぷとも約束したし…( ̄▽ ̄ )



…てな感じで、2016年のしーぷBEST3、
しーぷ本人のコメントを添えて発表して参りました!

星屑のベスト3とはタイトルが一切かぶらず、
夫婦でも感じ方の違う2016年になったんだなぁと、
改めてボードゲームのバラエティの豊かさに感服ですね。


さあ、明日は星屑のBEST3を発表させてもらって、
2016年の当ブログは終了となります…!






記事を閉じる▲

【2016/12/30 23:59】 | 今月のボードゲーム |
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

2016年12月はコレ!

「たたらばと森」



★amazonでゲームを説明!

たたらばと森」は、


植林伐採をくり返すことで、


を管理しつつ、


たたらば製鉄して、


▲"永代たたら"の建築を目指すゲームです!



★さらっとゲームの流れ

プレイヤーは森を移動して、
植林伐採をくり返していきます。

伐採をすることで、
建材」か「お金」を獲得することができますが、
どちらが獲得できるかは、伐採した木の種類によって変わります

そこで、プレイヤーは、
獲得したいものによって、適した木を植えて、
そして手入れをしていかなければなりません。


植林したまま放置しておくと、
木はどんどん扱いの難しい種類へと変遷してしまうのです。

さてさて、いち早く建材とお金を貯めて…、

製鉄を行う場所である"たたらば"の進化形で、
屋根があって天候に左右されない"永代たたら"を、
いちばん最初に建築するプレイヤーは誰でしょうか…?



①各プレイヤーの手番

自分のターンが回ってきたら、
プレイヤーは1~2移動→2アクションの順番でプレイします。


一、移動(1or2マス+α)

たたらば-k-01
▲移動は強制で、自分のコマを1~2マス移動させる必要があります。

たたらば-k-02
▲「足マーカー」を消費すれば、さらに移動力を+1できます。
※1度に最大で4枚まで消費可能。


二、アクション(2回+α)

アクションは3種類あり、
その中から2アクションを行います。
※同じアクションでも違うアクションでもOKです。


イ.植林

自分のコマの隣の空きマスに、
自分の色の「アカマツ」か「スギ」を植えます。

たたらば-k-03
▲「アカマツ」を植える場合は、寝かせて配置し、

たたらば-k-04
▲「スギ」を植える場合は、"1"の面を上に寝かせて配置します。

寝かされたコマは"幼木"の状態を、
立っているコマは"成木"の状態を表しています。

たたらば-k-05


ロ.伐採

自分のコマの隣のマスの"成木"を伐採します。

たたらば-k-06
▲「アカマツ」を伐採すると、2銭を獲得し、
▲「スギ」を伐採すると、1銭or3建材を獲得します。
※獲得時に選択

たたらば-k-07
▲「アカマツ」と「スギ」は伐採後、
▲それぞれの"幼木"に戻ります。

もしも、他のプレイヤーの色の木を伐採する場合は、
そのプレイヤーに1銭を支払わないといけません

たたらば-k-08

また、

たたらば-k-09
▲「カシ」を伐採すると、1銭or1建材を獲得します。
※「カシ」は初期配置されている木です。

カシ」は伐採後、消滅します。


ハ.足マーカーを得る

たたらば-k-10
足マーカー1枚獲得します。


★追加アクション

追加アクションは、
アクション回数を消費せずに行います。


☆「たたら」の建築

たたらば-k-11
2銭2建材を支払うことで、

たたらば-k-12
▲2つめの「たたら」を建築します。
※自分のコマと無関係に、好きな空きマスに配置できます。

以後、1ターンのアクション回数が2回→3回に増えます。


☆「永代たたら」の建築

たたらば-k-13
10銭10建材を支払うことで、

たたらば-k-14
▲「永代たたら」を建築します。

この「永代たたら」の建築がゲーム終了条件であり、
ゲームの勝利条件にもなっています。




②ラウンドの終了処理

一、遷移札の公開

遷移札」をプレイ人数と同じ枚数公開して、
このラウンドに成長する森が決定します。

例えば、

たたらば-k-15
▲遷移札が「空白」「」「」「」だった場合、

たたらば-k-16
▲「」の森が2段階、「」の森が1段階、成長するわけです。


二、森の成長と遷移

遷移札によって決定した森の中の全ての木のうち、

たたらば-k-17
▲"幼木"は、

たたらば-k-18
▲"成木"になります。

ただし、「スギ」だけは、

たたらば-k-19
▲"幼木1"→"幼木2"→"成木"と、1段階多いです。

そして、

たたらば-k-20
▲"成木"は、違う種類の木の"幼木"に遷移します。

例えば、

たたらば-k-21
▲「アカマツ」が「クヌギ」に遷移すると、
▲獲得できるお金が2銭から1銭に減ってしまいますし、

たたらば-k-22
▲「クヌギ」や「スギ」の遷移先である「ブナ」は、
▲伐採すらできなくなり、ただの障害物と化してしまいます…。

森が良いカタチで成長できるように、
正しく手を入れていきましょう!


三、スタートプレイヤーの移動

たたらば-k-23
スタートプレイヤーが時計回りで移ります。


こうしてラウンドをくり返していって、
最初に「永代たたら」を建築できたプレイヤーが勝利です!

同じラウンド中に、複数のプレイヤーが「永代たたら」を建築したら、
所持している「お金」がより多いプレイヤーの勝利となり、
それも同数なら、「建材」の所持数で判定します。



★このゲームのポイント!


☆木の温もりを感じられるゲーム!

「木」が主役のタイトルです。

」といえば、たびたびボードゲームに登場しますよね。

すぐに浮かんだのが、
「カタンの開拓者たち」や「アグリコラ」や「ケイラス」など、
主に"資源"としての登場が多いように思います。

しかし今回は、"数ある資源のうちの1つ"ではなく、
"たった1つの資源"としての登場で…、

当然ですが、
植林するにも伐採するにも、その相手は必ず「」で、
お金を産み出すにも建材を産み出すにも、元は必ず「」です。

そしてゲーム中、ずっと触れているのは、もりだくさんの木駒…!

たたらば-k-24

」というテーマに触れ、
それだけではなく、じかに指で「」に触れ、
まさに「木」のフルコースなゲームになっています!!



☆スペースと想像力のゲーム!

そんな「」のゲームの内容ですが、
これはもう、いかにスペースを上手く使えるかって感じ!

どういうことかと申しますと、
とにかく盤面が狭いんです…!

たたらば-k-25

ただでさえマス数が少ないのに、
いろんな木がニョキニョキと生えているので、
移動するだけでも一苦労、
植林するのも一苦労…。

移動を1歩間違えただけで、
ああ、伐採する木が1本減った、
植林する木が1本減った…と、なってしまいます。

そんなシビアな環境の中で、
森の成長と遷移をイメージして、
できるだけムダなく行動しなくてはなりません


まったく違うジャンルなんですが、
ぼくが思ったのは"サッカー"っぽいな、と。

限られたスペースの中で立ち回って、
活かせそうなスペースを見出していく
…みたいな。

ゲーム終了条件が緩めで、
プレイ時間が短めになっているのも相まって、
すごく、こう、密度の高いゲームが楽しめます

…なんてゴチャゴチャ書きましたが、

そんなに難しく考えずに、まったりとプレイして、
森の成長や遷移を見守っていくだけでも面白いゲームですよ!


たたらば-k-26

たたらば-k-27

たたらば-k-28



…と、いうわけで、

12月のボードゲームは「たたらばと森」!

寒い寒い冬に、そっと温もりをくれるステキなタイトルでしたね。

さて、来月は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



たたらばと森 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/12/29 00:01】 | 今月のボードゲーム 【タグ】 たたらばと森  
|
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

2016年11月はコレ!

「トレジャーハンター」



★amazonでゲームを説明!

トレジャーハンター」は、


ドラフトによって決まった9枚のカードを手に、


高山と、


ジャングルと、


地底洞窟に赴き、


お宝をゲットするゲームです!


▲その帰り道には、
ゴブリンが待ち構えていますが…、


▲頼もしい番犬を引き連れていれば、
▲まったく問題はありません。


▲そうしてゲーム終了時、
もっとも宝物とコインを稼いだプレイヤーが勝利となります!



★さらっとゲームの流れ

フェイズ1:ドラフト

トレハン-k-01
▲まず、全プレイヤーにカードを9枚ずつ配ります。

トレハン-k-02
▲各プレイヤーは、このうち1枚を選んで確保して、

トレハン-k-03
残り8枚を隣のプレイヤーに渡します。

トレハン-k-04
▲隣から渡された8枚のうち、また1枚を確保して、

トレハン-k-05
残り7枚を隣のプレイヤーに渡します。

これをくり返していって、
9枚目を確保した時点でドラフトは終了となり…、

トレハン-k-06
▲その9枚が、このラウンド中の自分の手札となります。



フェイズ2:手札のプレイ

ステップA:宝物タイルの獲得

このステップでは、
高山ジャングル地底洞窟の順番で旅をします!

トレハン-k-07

そして、それぞれの場所では、
仲間の強さの合計最高のプレイヤーが「MAX」の宝物を、
仲間の強さの合計最低のプレイヤーが「MIN」の宝物を、
獲得することになります。

これは、
準備を万全に整えられたトレジャーハンターと、
着の身着のままで、いち早く到着したトレジャーハンターが、
それぞれ宝物を獲得できた
ということを表しているようです。

さて、まずは高山の宝物を誰が獲得するか?からスタート。

トレハン-k-09
▲全プレイヤーは、手札の青いカード全て公開してから、
※手札に青いカードがあれば必ず公開しなければなりません!

トレハン-k-10
▲親から時計回りで「アクションカード」(*後述)をプレイしたら、
※アクションカードのプレイは任意です。

トレハン-k-11
高山においての強さの「MAX」と「MIN」が確定し、

トレハン-k-12
▲「MAX」と「MIN」のプレイヤーは宝物を獲得します!
※宝物の中にはマイナスのものもあります…。

これと同じ要領で、
ジャングル地底洞窟の宝物の獲得プレイヤーが決まったら、
このステップは終了となります。

★アクションカード

それぞれの場所での仲間の強さは、
アクションカード」によって増減します。

使い捨てですので、
高山ジャングル地底洞窟のどこで使うか、
しっかりと見極めていかなければなりません…!

☆炎の剣

トレハン-k-13
▲その場所での強さ+4

☆ゴブリンの傭兵隊

トレハン-k-14
▲その場所での強さ+8(3コイン消費)

☆縮む魔法薬

トレハン-k-15
▲その場所での強さ-2

☆こん睡の魔法

トレハン-k-16
自分の仲間1枚を無効

☆しもべ

トレハン-k-17
▲同色の場所での強さ2倍



ステップB:ゴブリン撃退

このステップでは、
全員もれなくゴブリンたちの略奪を受けてしまいます…!

トレハン-k-18
3枚並ぶ「ゴブリンタイル」のうち、

トレハン-k-19
▲自分の「番犬カード」の"撃退力"が足りていないタイルの上に、

トレハン-k-20
コインを置かなければなりません…( ̄▽ ̄;)

そして、撃退力が最高だったプレイヤーは、

トレハン-k-21
撃退した全てのゴブリンタイルを、
その上のコインごと獲得します!!

みんながゴブリンを撃退できず、
ゴブリンの上に多額のコインがあるラウンドならば、
一攫千金のチャンスです…!

☆対ゴブリン案山子

トレハン-k-22
▲そのラウンドはゴブリンからの略奪を受けません
(撃退力ゼロでも、コインを奪われません)




ステップC:コイン獲得

このステップでは、
手札の「コインカード」の額面ぶん、コインを獲得します!

トレハン-k-23
▲例えば、このような手札なら4コインの獲得となります。



フェイズ3:黄スクロール&次ラウンド準備

黄色いスクロールを持っているプレイヤーは、
このタイミングで使用することができます。

トレハン-k-24
黄色いスクロールは、
そのラウンドの手札の内容に応じて、
追加のコインを獲得できるというものです。

トレハン-k-25
▲一方、灰色のスクロールは、
ゲームを通して獲得した宝物やゴブリンタイルに応じて、
追加のコインを獲得できるというものです。


最後に、次のラウンドの準備を行います。

トレハン-k-26
宝物を補充し、

トレハン-k-27
ゴブリンタイルを補充し、
ラウンドマーカーを進めたら、

次のラウンドに進みます。


こうして、全5ラウンドが終了した時点で、
最高得点のプレイヤーがゲームに勝利します!



★このゲームのポイント!

☆ドラフト終盤のアツい押し付け合い!!

このゲームの各ラウンドは、
ドラフトの時点で9割ぐらい終わっているようなものです。

もう、なんといってもドラフトが全て

ボード上の、各地の宝物の配置を見渡して、
あ、このカードは持ってたらヤバい…と思ったら、
それは全プレイヤーが同じことを思っているわけで、
ドラフトの周回が終わりに近づくほど、
ヤバいカードのババ抜き状態になって、
そのカードの押し付け合いになります…!

いま、あのカードは誰の手元にあって、
あと何人を経て自分の手元に…と考えながら、
計画を立てていかなければなりません。

ここら辺の駆け引きが、マジでアツいですね!


☆高額な宝物をゲットできたら気持ち良い!!

逆に、
ドラフト序盤は良いカードの取り合いになりますが、
ここで思惑通りにカードを揃えることができて、
高額の宝物の獲得につながったら、
本当に気持ち良いです!

計 画 通 り 

って感じで、もう最高ですね…!

さらに、これが「スクロール」とかみ合って、
得点を倍増させることができようものなら、
もうアドレナリンがドバドバです!!


☆思い通りにいかないからこそ…!

…と、まぁ、計画通りにいけば気持ち良いですが、
だいたいは、そんなに上手くいきません

なぜなら、そこに全プレイヤーの思惑が絡んでくるからです。

そして、このゲームは、
プレイヤーたちの思惑が交錯するように設計されていますので、
誰かが上手くいくと、誰かが上手くいかなくて…の繰り返し。

自分の思惑と、まったく逆の展開になってしまうこともよくあります。

そんな中で、苦労して苦労して、
念願の宝物をつかみ取ったときの喜びといったら…!


ぜひ、みなさんにも味わって欲しいです♪( ̄▽ ̄*)



…と、いうわけで、

11月のボードゲームは「トレジャーハンター」でした!

さて、お次は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



トレジャーハンター 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/12/28 00:01】 | 今月のボードゲーム 【タグ】 トレジャーハンター  
|
その月、印象的だったボードゲームを紹介するコーナー。

2016年7月はコレ!

「セレスティア」



★amazonでゲームを説明!

セレスティア」は、


▲プレイヤーたちが飛行船に乗り込み、


▲代わりばんこに船長を務めながら、


ファンタジー世界を遊覧飛行し、


お宝を集めるゲームです!


遠くの都市へ行けば行くほど、


より高価なお宝にめぐり会えますが、


▲もし、船長が障害を乗り越えられないと、


▲飛行船は墜落してしまいますので…、


船長の顔色をうかがって、危なそうならば、


▲ほどほどのところで降りてしてしまいましょう…!



★さらっとゲームの流れ

セレス-k-01
▲各ラウンドの初め、
▲飛行船はスタートの都市「メイジ」にあります。

セレス-k-02
▲みんなで交代して船長になって、飛行船を進めて、
▲目指すは最後の都市「ライトシティ」です!



①船長がダイスを振る

プレイヤーの中の1人が船長になり、
イベントダイス」を振ります。

セレス-k-03
▲このとき振るダイスの個数は、
次の都市のタイルに示されています。

セレス-k-04
▲振られたダイスの出目のイベントが発生し…、

船長のプレイヤーが、自身の手札の中に、
イベントに対応する「装備品カード」を持っていなければ、
飛行船は墜落してしまうことになります…!

イベントは全て何かしらの"障害"で、
船長が適切な装備品を持っていれば、
障害を乗り越えて進むことができるわけです!



②乗客は「残る」or「下船する」を選ぶ

船長以外のプレイヤーたちは、
時計回りで「残る」か「下船する」かを宣言します。

船長の手札の枚数や顔色をうかがいながら、
船長が適切なカードを持っているかを予想して、
飛行船に残るか、下船するかを決めましょう。

セレス-k-05
▲下船することにした場合、
▲下船した都市の「宝物カード」を1枚獲得します。

★パワーカード「放出」

セレス-k-06

このタイミングで「放出」を使えば、
船長以外の乗客1人を、強制的に下船させることができます。




③船長が「進む」or「ギブアップ」を宣言

乗客たち全員が、残るか下船するかを決め終わったら、
船長は「進む」か「ギブアップ」かを宣言します。

セレス-k-07
▲発生したイベントに対して、
対応する装備品カードを持っていれば、

セレス-k-08
▲その装備品カードを捨てて飛行船を進めます

対処するカードが足りない場合
船長は「ギブアップ」と言う他ありません…。

★パワーカード「迂回路」

セレス-k-09

このタイミングで「迂回路」を使えば、
イベントダイスを好きな数だけ振りなおすことができます。

このカードは、
船長ではないプレイヤーも使用できます


★パワーカード「突風」

セレス-k-10

このタイミングで「突風」を使えば、
空白の出目のイベントダイスを振りなおさせることができます。

このカードのみ、
下船したプレイヤーも使用できます




④飛行船の「移動」or「墜落」

パワーカードの効果も含めて、
飛行船が墜落したかどうかをチェックします。

墜落してしまった場合
飛行船に残っているプレイヤーたちは、
宝物を得られずに終わります

墜落しなかった場合
飛行船は1マス先の都市へ進みます。

★パワーカード「魔法の望遠鏡」

セレス-k-11

このタイミングで「魔法の望遠鏡」を使えば、
飛行船は無条件で次の都市へ進みます


★パワーカード「ジェットパック」

セレス-k-12

このタイミングで「ジェットパック」を使えば、
墜落してしまった場合でも、
墜落前にいた都市の宝物を獲得することができます。




⑤船長交代

次の都市へ進んだら、船長は交代となります。

飛行船に残っているプレイヤーの中で、
時計回りにグルグルと交代
していき、
もし残っているプレイヤーが1人になったら、
そのプレイヤーが最後まで船長です。



◎次のラウンドへ

飛行船が墜落してしまうか、
最後の都市「ライトシティ」に到達すると、
次のラウンドになります。

セレス-k-13
▲飛行船を最初の都市「メイジ」に戻して、

セレス-k-14
▲プレイヤーは全員、再搭乗し、

セレス-k-15
▲手札を1枚補充しましょう。

誰かの宝物の点数が50得点に達したラウンドで
ゲームは終了し、最高点のプレイヤーが勝利します!



★このゲームのポイント!

☆良い雰囲気のチキンレース!

やることがシンプルなゲームです。

乗客のときは、下船するか残るかの2択だけ。
船長のときは、ダイスを振って、出せるならカードを出すだけ。


それだけでゲームは進み、
そして、ところどころでドラマが生まれて、盛り上がります!

このゲームの主役は船長ですが、
その船長の役が持ち回りになっていて、
プレイヤー全員にスポットが当たるようになっているのが、
盛り上がりのうまい仕掛けになっているんでしょうね。

船長になったとき、
しっかりとカードを出して飛行船を進められたら、
なんだか、ひと仕事した気分になれるものですし、
逆に、もし墜落させてしまっても、
飛行船に残っていた乗客たちは各々の意思で残っているので、
船長にかかる責任なんてものはないですし、
ここら辺のバランスの取り方もすばらしいです!

そして、これ、ぼくはピンとこなかったんですが、
しーぷは「空中都市タイル」がお気に入りとのことで…、

セレス-k-16

ファンタジーなイラストもそうなんですが、
空中都市タイルの、丸みをおびたカタチ
これのおかげで、
ゲーム全体の印象が"やわらかく"見えて、すごく惹かれた!
と言っていました。

妨害要素もほとんどなくて、
総じて雰囲気が良くなるように設計されている「セレスティア」。

5~6人で何しようかというときには、
ぜひオススメしたいタイトルです!



…と、いうわけで、

7月のボードゲームは「セレスティア」でした!

このゲームには、ほんとお世話になっています。

「セレスティア」サマリー
▲自作サマリー

さて、お次は、
どんな印象的なボードゲームが登場するのでしょうか…?

また新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!



セレスティア 関連記事
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/12/27 00:01】 | 今月のボードゲーム 【タグ】 セレスティア  
|
ボードゲーム
「ダンジョンロール」




★開封

ダンロー-o-02
▲積みゲーを開封していきます!


★箱の外観

ダンロー-o-01
▲箱だけで、すでにワクワクするカタチをしていますね…!

カタチがカタチですので、収納方法で少し悩みますが、
むしろ、インテリアとして飾っておくのもアリかと思いました。

ゲーム中は、実際にこの宝箱の中から、
宝物を取り出すことになります!( ̄▽ ̄*)

なお、スペックは以下の通りです。

・1~4人用
・8歳~
・約15分




★箱をオープン!

宝箱を開ける要領で、箱を開けていきます。

ぼくの頭の中では、
ゼルダ」の"テテテテー♪"という効果音が流れました!( ̄▽ ̄*)

ダンロー-o-03
▲パカッと一発目は盛りだくさんのダイス

ダンロー-o-04
あれっ、これで終わり…?と思いきや、

ダンロー-o-05
▲ダンボール紙の下にタイル台紙と、

ダンロー-o-06
▲ここにルルブがあって、

ダンロー-o-07
▲最後にカード類

ダンロー-o-08
▲これで正真正銘、ラストでした。



★タイル抜き!

ダンロー-o-09
▲それでは、5枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン!

ダンロー-o-10
▲はい、完了…!

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

一つ一つ見ていきます。

ダンロー-o-11
ダンジョン突入の手引書(原語・日本語)

日本語の方は、箱の外に貼り付けられていました。

ダンロー-o-12
英雄の書(原語・日本語)
▲プレイヤーキャラクターの英雄たちの能力が詳しく書かれています。

こちらも日本語の方はベタ付けでした。

ダンロー-o-13
英雄カード×8枚

ダンロー-o-14
日本語シート(英雄カード用)×8枚

各プレイヤーは、
ナイト」や「クルセイダー」といった「英雄」になり、
英雄ごとの〈特技〉〈究極技〉を使うことができます!

さらに、レベルアップ条件を満たすことで、
オカルティスト」→「ネクロマンサー」や、
ミンストレル」→「バード」といった感じで"達人"になり、
より強力な〈特技〉〈究極技〉を使えるようになります!!

ダンロー-o-15
経験値トークン×24枚

ダンジョンに挑んだり、ドラゴンを討伐したり、
あるいは宝物を使わずに残しておいたりすることで
得られるのが、この経験値です。

ゲーム終了時、
経験値が最も高いプレイヤーが勝者となります!

ダンロー-o-16
宝物トークン×36枚

チェストを開けたり、ドラゴンを討伐したりすると、
ランダムで宝箱の中から獲得できるトークンで…、

ダンロー-o-17
モンスター撃破の補助や、

ダンロー-o-18
さまざまな効果を得られる他、

ゲーム終了時まで使わずに残しておけば、
追加の経験値になります。

ダンロー-o-19
パーティーダイス×7個

冒険者(の役のプレイヤー)が使うダイスで、
各面には仲間を表すアイコンが描かれています。

この仲間たちをけしかけることで、
冒険者はモンスターを撃破していくわです…!

ダンロー-o-20
ダンジョンダイス×7個

ダンジョンロード(の役のプレイヤー)が使うダイスです。

ダンジョンロードが振って出した出目によって、
冒険者の前に立ちはだかるモンスターが決まります!

なお、出目はモンスターだけではなくて、
冒険者の役に立つ「チェスト」や「ポーション」もあり、
苦しいばかりではないようになっているようですね。

ダンロー-o-21
レベルダイス(10面)×1個

こちらは振るためのダイスではなくて、
レベル数(=ターン数)を表示するためのダイスです。



★コメント

箱がステキだという理由だけで、
ろくに内容も確認せずに購入したタイトルだったんですが、

これ、シンプルなダイスゲームって感じで気に入りました!

ダイスを振ってパーティーメンバーを決めるので、
ごちゃごちゃ悩まなくて済みますし、

かといって、まったく考える要素がないわけではなく、
どのタイミングで英雄の〈究極技〉を使うかとか、
どのあたりで宿に帰って経験値を確定させるかとか、
ほどよい感じで判断を求められるんです!

そして、なんといっても、
宝物を獲得するときのワクワク感…!( ̄▽ ̄*)
宝箱の中から宝物を取り出すのが楽しいので、
どんどんドラゴンに挑みたくなります!!

また、どの仲間がどのモンスターに強いか、
出目の色が揃えてあることによって一目瞭然で、
とてもプレイヤーに優しい設計だと感じました!

※パーティーダイスとダンジョンダイスを見比べる分かりますが、
戦士ゴブリンに強く、
僧侶スケルトンに強く、
魔道士ウーズに強く、
盗賊チェストを開けられます。

ダンロー-o-22

1人でスコアアタックもできますし、
みんなで盛り上がることもできますし、
これは手に入れてよかったと思いました!!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2016/12/22 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ダンジョンロール  
|
ボードゲーム
「ベア・ヴァレー」




★開封

ベアヴァレ-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

ベアヴァレ-o-02
▲箱の外側に日本語説明書が貼っ付いていました。

ベアヴァレ-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。
▲思わず「ひえっ」とビビってしまいそうなジャケットです…( ̄▽ ̄;)

ベアヴァレ-o-04
▲箱のウラ面
▲ドイツ製ですが、文章は英語でした。

ベアヴァレ-o-05
スペック
▲プレイヤー人数が幅広く、時間は短めのようですね。



★箱をオープン!

ベアヴァレ-o-06
▲一発目はカード類コマ類

ベアヴァレ-o-07
▲その下にルルブがあって、

ベアヴァレ-o-08
▲底にタイル台紙でラストでした。



★タイル抜き!

ベアヴァレ-o-09
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

ベアヴァレ-o-10
▲はい、完了…!

ベアヴァレ-o-11
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

ベアヴァレ-o-12
ルールブック(原語・日本語)

ベアヴァレ-o-13
▲このルールブック、原語版は40ページなんですが、
▲日本語版は32ページに納まっています。

ベアヴァレ-o-24
▲すごいですね、ホビージャパンさん。
▲どうまとめたんでしょうか…?( ̄▽ ̄*)

ベアヴァレ-o-15
プレイヤートークン×6個
▲リュックサックを背負った、かわいいコマですね!

ベアヴァレ-o-16
金貨トークン×8個
▲上級ルールで使用する「金貨」です。
▲これを3枚集めると、勝利がグッと近づくんだとか!

ベアヴァレ-o-17
アイテム・トークン×18個
▲こちらも上級ルールで使用するトークン類です。

ベアヴァレ-o-18
▲ここからはカード類

ベアヴァレ-o-19
プレイヤー・カード×6枚
▲プレイヤートークンには、このカードが1枚ずつ対応していて、
▲上級ルールでは各々ボーナス弱点が付与されます!

ベアヴァレ-o-14
対訳表×1枚
▲カードのウラ面に、そのまま貼れる仕様です。

ベアヴァレ-o-20
谷カード×15枚
▲初期配置に使うカードです。

この中のスタート地点から目的地キャンプへと辿り着くのが、
このゲームの目的となります。

ベアヴァレ-o-21
野外カード×79枚
〈調査〉することによって広がっていく、"熊川"周辺の地形です。

ベアヴァレ-o-22
▲中でも、さまざまなイラストがある場所では、
▲アイテムの配置や、熊の出現が発生します…!



★コメント

星屑、"逃げる系"のゲームが好きです!

特に好きなのは、
「ポンペイ滅亡」や「マウナ・ケア」といった、
"溶岩から逃げる系"ですが…、

溶岩が絡まなくても、
「アイランド」のような"脱出系"のゲームも好きで、

その「アイランド」と同じメーカーの、
同じ"脱出系"のタイトルということで、
この「ベア・ヴァレー」を購入してみました!!

ちょっとルルブを読んでみたんですが、

カードをめくって道つないで、
自分のコマを進めていく!


という、分かりやすいルールをベースにしつつ、

1ターンに動けば動くほど、
日没が近づき、道に迷いやすくなってしまったり


山や森といった地形に侵入してしまうと、
そこからの移動が厄介になってしまったり
と、

自然のコワさが、そこかしこに表現されています…!

そして、なんといっても、このゲームの主役は「」!!

なんと、プレイヤーが全員脱落してしまうと、
「熊」の単独勝利になる…なんて展開もあるらしく、
パッケージの表紙どおりの恐怖を味わうことができそうです…!

ベアヴァレ-o-23

箱が小さめなのもポイントですね!

あとは、ややルールが複雑ですので、
コンパクトなサマリーだけ作っておこうと思います。





記事を閉じる▲

【2016/12/21 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ベア・ヴァレー  
|
大分県別府市で開催された、
「第1回 別府アナログゲーム会」に参加!

161217別府-18

その模様を、私星屑視点で振り返って参ります♪


さてさて、
待ちに待った「別府アナログゲーム会」の第1回です!

→第0回の模様はこちら

なにやら今回からは、
APU」の留学生さんたちもご参加になるとのことで、
英語が赤点星屑は、内心ヒヤヒヤですが、
とにかく楽しんで参りたいと思います!



★じゃぱらん

星屑の、この日の一発目は「じゃぱらん」でした!

161217別府-01
▲いろいろな項目の、
都道府県ランキングを予想していきましょう…!

で、
女性の長寿ランキング」とか「卵の出荷ランキング」とかは、
あーだこーだと仮説を立てながら予想していけたんですが、

161217別府-02
▲「ペルー人の人口ランキング」なんかは、
▲どう仮説を立てたものかすら分からなくて…!

そんな時、このお題の正解をビシバシと当てた青プレイヤーさんには、

ペルーは分からないから、ブラジル人の多い所で考えてみた!

…と、なるほど、そういうアプローチをするべきなんだと、
とても勉強になる考察を見せていただきました!

そして、NAGOのおにょさんは、

鹿児島県にペルー人の友達が2人いるから鹿児島県で!

と、これまた経験がモノを言った面白い予想…!

想像していたよりずっと、
会話が弾むゲームなんだなーって印象を受けました!!

161217別府-03
▲最後のお題は「みつばの生産高」!

み、みつば…?
あの、お吸い物とかに入ってたりする…?

星屑、さっぱり想像つかないので、
深く考えず首都圏に予想を散らしてみたところ、

そのうちの一つ、千葉県が実は1位で…!

このゲームは、予想した都道府県が1位だと、
逆にペナルティを受けてしまうルールがあり、
(2~4位を正解すると高得点)
星屑は思わず悲鳴を上げてしまいました…( ̄▽ ̄;)

なお、ご当地・大分県も、地味に6位に入っており…、

もう星屑は、
みつば生産高」の1位6位を忘れることはないと思います!

161217別府-04
▲最終結果は青プレイヤーさんの圧勝!!

一方、星屑-6点まで後退してしまいました…( ̄▽ ̄;)



★ストリームス

別府アナログゲーム会」では恒例となっている、
全員参加の「ストリームス大会」です!

前回、神のような引きを見せた主催のアダチさんでしたが、
今回も神がかっていました…!

161217別府-05
▲2戦目の1~2枚目で、立て続けに「30」「」と引いたんです!!

星屑は、16マスの70点を狙って、
最初と最後に2マスぶんの遊びをつくっておきました。

161217別府-06
▲そこからは順調に進んでいきましたが…、

161217別府-07
▲最後の最後、「」~「12」のどれかが来ればという場面で、
▲ラストカードは「23」…。

4マスではなく、5マスの遊びをつくっておけば…!

星屑、残念ながら2連勝とはなりませんでした。( ̄▽ ̄ )



★ピクテル

海外からの留学生さんたちと卓を囲むかもということで、
星屑が持ち込んでいたのが、買ったばかりの「ピクテル」。

そして、実際に卓を囲む機会があり、
一緒にプレイさせてもらうことに。

でも星屑英語が赤点でインストができない…なんて心配は、
めっちゃバイリンガルな留学生さんが吹き飛ばしてくれました!!

星屑の説明を、そのまま同時通訳してくれて、
おかげさまで、問題なくゲームは進み…、

161217別府-08
▲ラストのお題のテーマは「マンガ・アニメ・ゲーム」。

作成したしーぷも大苦戦、
回答するみんなも大苦戦となりましたが、

最後は留学生さんが「ドラえもん」と正解を出して終了…!
(左がドラえもんで、右がのび太くん)

いやぁ、貴重な体験でした!

そして、この「ピクテル」のインストだけでも、
英語でできるようになれば、いろいろと幅が広がりそうですね。
マジメに英語の勉強するべか…( ̄▽ ̄ )



★インディゴ

161217別府-09
▲お次は、星屑が好きなゲーム「インディゴ」を。

161217別府-10
▲ゲーム中、いちばん荒れたルートがこちらでした!

本当にこのゲームは、うまく接戦になるようにデザインされていますが、
最後は白プレイヤーさんが抜け出して、単独勝利となりました!



★クク21

9名でのプレイです。

161217別府-11
星屑は初プレイで、おっかなびっくりって感じでしたが…、

ゲーム序盤、いきなり驚きの展開がありました!


しーぷご祝儀ありがとうございます!
星屑ご祝儀ありがとうございます!

しーぷ星屑「「えっ…!?」」

161217別府-12
▲なんと夫婦で「式典」を交換していて…!

そして、これだけではなくって、
1周のうちに「」が2匹も鳴いたり、
他では「道化師」どうしの交換で相討ちが発生したり、
全体的にドラマチックな展開になっていました!

そして最後は、
因縁の対決での一騎打ち…!

前のラウンドで「16」対「15」で決着となっていた2人が、
まったく同じ対戦カードで最終ラウンドの対戦を迎え、

161217別府-14
▲またもや、まったく同じ「16」対「15」で1差の決着!!

びっくりするほどエンターテイメントでした!
これは、またプレイしてみたいです…!( ̄▽ ̄*)



★タンブリンダイス

残り時間がわずかとなり、

161217別府-15
▲9名での「タンブリンダイス」のトーナメント戦で締めることに!

161217別府-16
▲結果からいうと、持ち主の星屑が勝ち抜けたんですが…、

その決勝戦が激しくって、

161217別府-17
▲最終スコアが「」「-4」「-5」となり、
▲勝った星屑のスコアは、なんと0点…!

序盤、星屑のショットによって、
アダチさんのダイスが6×4になったときには、
もうアダチさんの勝利が決まったかに思えたんですが、

そのあと、
打つダイス打つダイスが、どんどん他のダイスを駆逐していき、
終わってみれば、盤上のダイスの数はゼロ個…!

1人だけマイナスのなかった星屑が、
タナボタ的に勝利をつかんだわけです。

それにしても星屑は、、
タンブリンダイス」で善戦(?)したことなんてなかったので、
決勝卓は緊張で指が震えっぱなしでした…( ̄▽ ̄;)



…てな感じで、最初から最後まで激アツだった、
第1回の「別府アナログゲーム会」…!

どのゲームも、必ずといっていいほどドラマが生まれて、
別府は何かを"持ってる"んじゃないかと思わずにはいられません!

次回の開催は未定とのことですが、
また参加できるのを楽しみにしています!!

主催者のアダチさん、そしてミナミさん、別府の皆さん、
今回もありがとうございました!


記事を閉じる▲

【2016/12/20 00:01】 | 遠征記 【タグ】 ボードゲーム会@大分県  
|
TCG「カードファイト!!ヴァンガード
500円トライアルデッキ

「太陽の騎士」



★開封

Vゴルパラ500--01
▲GEOさんで2箱買ってきましたので、開封してみます!!


★箱をオープン!

Vゴルパラ500--02
▲開けてみると…、

Vゴルパラ500--03
▲中身はこんな感じ!

・紙製プレイマット(ウラ面デッキ解説書)
・新ファーストガイド
・構築済みデッキ(カード52枚)
・PRカード
×1枚

そして、

Vゴルパラ500--04
クランカード(ゴールドパラディン)
▲これはカードの仕切りとかに使えそうですね。



★デッキの内容

さて、ここからは、
デッキのカードを1枚ずつ見ていきましょう。

☆グレード4

Vゴルパラ500--05
▲「黄金竜 スカージポイント・ドラゴン」×1枚(PRカード)

これ、本来はセット内容に含まれていないカードで、
調べてみると、初回生産ロット限定のPRカードでした!

そんな「スカージポイント」は、Gユニットのカードです。

その能力は、ストライドしている間、
山札からユニットがコールされるたびに、
そのコールされたユニットと、
「スカージポイント」自身の、
パワー+5000する
というもの!

"山札からユニットをコールする"には、
グルグウィント」や「エリオ」の能力を使う必要がありますが、
複数回、山札からのコールを成功させることができれば、
そのたびにユニット2体のパワー+5000することができ、
とってもロマンがあります!!

山札からユニットをコール手段があるならば、
ぜひ、この「スカージポイント」がストライドしているターンに、
集中させていきたいところですね…!


Vゴルパラ500--06
▲「黄金竜 レイブレス・ドラゴン」×2枚

結束の能力を持つGユニット

結束(ユナイト)とは、
そのターン中、リアガードサークルかガーディアンサークルに、
2枚以上のカードをコールしていれば発動することができる能力
で、
これは手札からのコールでも、山札からのコールでもOKです。

レイブレス」の結束能力は、
「レイブレス」自身のパワー+5000に加えて、
前列のリアガードのパワー+2000する
というもの。

スカージポイント」に比べると、
発動の条件が易しくなり、
そのぶん、効果がおとなしめになっています。

ターン開始時の手札や盤面を見て、
山札からのコールができそうなら「スカージポイント」を、
できそうになければ「レイブレス」を…というイメージで、
うまく使い分けていきたいところですね!



☆グレード3

Vゴルパラ500--07
▲「旭光の騎士 グルグウィント」×2枚

このデッキの中心となるカードです!!!
ヴァンガードサークル専用の能力を2つ持っています。

Gユニットが2枚以上オモテになっているときに使える、
GB2(ジェネレーションブレイク2)の能力は、
このユニットがアタックされたときに、
カウンターブラストとソウルブラストを1ずつ支払うことで、
山札の上から4枚見て、そのうちの1枚を、
ガーディアンとしてコールすることができる
というもの。

このゲームでは、あまり数の多くない、
相手のターン中に使う守りの能力です。

運良く、完全ガードの「キャンディス」でも引き当てようものなら、
それこそ完全に相手の計画を狂わせることすらできてしまいます!

もう1つの能力は、
Gユニットがストライドしたときに、
カウンターブラスト1を支払うことで、
山札の上から4枚見て、そのうち1枚を、
コールしてパワー+2000する
というもの。

単純に戦力が増えるだけでも心強い感じですが、
その上、「スカージポイント」や「レイブレス」の、
能力の発動に貢献することもできます!

スカージポイント」であれば、
ユニット2体のパワー+5000が確定しますし、
レイブレス」であれば、
あと1枚のコールで能力が発動できるわけです。

攻守に渡っての活躍が望める「グルグウィント」は、
本当にバランスの良いカードだと思います…!


Vゴルパラ500--08
▲「ディヴィニティランサー・ドラゴン」×4枚

結束能力は、
このユニットのパワー+3000するというシンプルなもの。

リアガードサークルでも使える能力ですので、
後列にパワー7000以上のユニットを配置して、
合計パワー21000以上のアタックを心がけましょう!


Vゴルパラ500--09
▲「ブレードクロス・ライオン」×2枚

ヴァンガードサークル専用の能力2つ持ち。

GB1の能力は、
ヴァンガードへのアタック時に+6000されるというもの。

後列からパワー5000以上でブーストすれば、
それなりのプレッシャーをかけることができます。

2つ目の能力は、
このユニットがヴァンガードサークルに登場したとき、
カウンターブラスト2を支払うことで、
山札の上から4枚見て、そのうちの1枚を、
リアガードサークルにコールする
というもの。

ややコストが高く、登場時の1回きりしか使えません。
このカード自体のパワーも10000と低く、
少し使いづらいカードになってしまっています…。



☆グレード2

Vゴルパラ500--10
▲「暁光の騎士 イアゴー」×4枚

特に能力のない、いわゆる"バニラ"カードです。


Vゴルパラ500--11
▲「神聖魔道士 エリオ」×2枚

リアガードサークル専用の能力は、
アタックがヴァンガードにヒットしたとき、
カウンターブラスト1を支払い、
このユニットをソウルに置くことで、
山札の上から3枚見て、そのうちの1枚を、
リアガードサークルにコールする
というもの。

ひとたび効果が発動すれば、
単純に攻撃回数が1回増えたり、
スカージポイント」の能力につなげられたりと、
相手にとっては厄介なことこの上ない感じです…!


Vゴルパラ500--12
▲「新陽の騎士 カティルス」×2枚

結束能力は、
このユニットのパワー+3000というシンプルなもの。

後列に「ルノー」を配置することによって、
合計パワー21000に乗せることができます。

そうでなくても、
単独でヴァンガードにアタックできて頼もしい限りですね!


Vゴルパラ500--13
▲「反照の騎士 カポイル」×2枚

GB1の能力は、
インターセプト時の合計シールド15000になるというもの。

シールド15000というのは、手札2~3枚ぶんに相当しますので、
うまくインターセプトに使えたら、良い手札の節約になります。



☆グレード1

Vゴルパラ500--14
▲「朝影の騎士 キマルクス」×4枚

イアゴー」と同じく"バニラ"です。

カポイル」の後列に配置すれば、
合計パワー16000に押し上げることができます。


Vゴルパラ500--15
▲「紅日の騎士 ルノー」×2枚

GB1は、
結束能力を持つユニットをブーストしたとき、
パワー+2000する
というもの。

ただし、このデッキには結束持ちが少なくって…。


Vゴルパラ500--16
▲「曙光の騎士 ゴルボドゥク」×4枚

ちょっとややこしい能力で、
このユニットをコールしたとき、
自分の手札からグレード3のカードを相手に見せて、
山札から「グルグウィント」を探して、手札に加えて、
最後に手札から1枚捨てる
というもの。

手札にグレード3が無いときや、
山札からコールしたときには発動できませんが、
このデッキの要となる「グルグウィント」を、
確実に手札に引き込むことができるキーカードです!

また、手札に残したままであれば、
これ1枚でストライドのコストを支払えます


Vゴルパラ500--17
▲「神聖魔道士 キャンディス」×2枚

このデッキの「守護者(センチネル)」です。

能力は、
手札からカードを1枚捨てることで、
どんなアタックでも完全に防ぐ
というもの。

グルグウィント」のGB2の能力で、
ガーディアンサークルにコールされた場合でも、
やはり手札1枚を捨てれば、完全ガードとなります!


Vゴルパラ500--18
▲「くれすがる」×3枚

リアガードサークルに登場したときの能力は、
他のユニットをパワー+2000するというもの。

山札から登場したときなんかは、
相手からしたら想定外な+2000が、
良い奇襲になってくれるかもしれません。



☆グレード0

Vゴルパラ500--19
▲「早天の騎士 コエル」×1枚

このデッキのファーストヴァンガードです。

GB1結束は、
このユニットをソウルに置くことで、
山札の上から3枚見て、そのうちの1枚を、
コールしてパワー+2000する
というもの。

もはや、おなじみな能力ですね!

せっかくならば、
スカージポイント」がストライドしたターンに使いたいところです。


Vゴルパラ500--20
▲「フレイム・オブ・ビクトリー」×2枚

能力持ちのクリティカルトリガーです。

FOV」自身の能力は、
このユニットをソウルに置くことで、
ユニット1枚のパワー+3000する
というもの。

グルグウィント」のGB2の能力には、
ソウルブラスト1が必要となりますので、
ソウルを増やす意味でも、この能力は便利です。


Vゴルパラ500--21
▲「速撃のラストレスナイト」×2枚
▲「目利き鑑定人ドナリー」×4枚
▲「インパーティブ・オウル」×4枚
▲「キュアラブル・エンジェル」×4枚

トリガーユニットです。
合計で、4種類のトリガーが4枚ずつとなっています。



★デッキを組んでみた!

今回は同じデッキを2箱購入しましたので、
ほぼ全てのカードが4枚ずつ揃いました。

これで、デッキ構築の自由度が広がりましたので、
星屑なりのデッキを組んでいきたいと思います…!

ちなみに、同名のカードは4枚までしか入れられません

Vゴルパラ500--22
Gユニット(全6枚)

Gユニットは、
メインデッキとは別枠の「Gデッキ」に16枚まで投入できます。

が、2箱合わせても6枚止まりでしたので、
とりあえず「スカージ」も「レイブレス」も全て入れておきました。


そして、ここからが全50枚の「メインデッキ」になります!

Vゴルパラ500--23
グレード3(8枚)

グルグウィント」は確定として、
あとは「ドラゴン」か「ライオン」か…。

少し迷いましたが、
パワー11000で、リアガードでも能力を使える、
ドラゴン」の方に軍配が上がりました。

Vゴルパラ500--24
グレード2(11枚)

山札からのコールを狙える「エリオ」に、
攻撃の要となる「カティルス」と、
守備の要となる「カポイル」。

しっかりとバランスが取れていると思います。

Vゴルパラ500--25
グレード1(14枚)

完全ガードの「キャンディス」は4枚必須です。
グルグウィント」やGユニットの支えとなる「ゴルボドゥク」も4枚。

あと6枚の枠で悩みましたが、
ルノー」は能力の対象が少ないので見送りにして…、

バニラの「キマルクス」を4枚と、
パワーの低い「くれすがる」は2枚の採用としました。

Vゴルパラ500--26
トリガーユニット(16枚)

スタンドトリガーを抜いて、
クリティカルトリガー8枚の編成です。
あとはヒールトリガードロートリガーが4枚ずつ。

Vゴルパラ500--19
FV(ファーストヴァンガード)

FVは、自動的に「コエル」になりました。



★コメント

500円のトライアルデッキと聞いて、
わりと以前から気にはなっていて…、

でも、どうせ安かろう悪かろうだろうなと油断していたら、
ところがどっこい、思ったより良いデッキでした!

ちゃんとデッキとしてカタチにしようとすると、
2箱必要ですので、結局1000円なんですが、
逆に1000円でデッキが完成したことにびっくりです…!

大会で上位を目指すとかじゃなく、
友達どうしで普通にヴァンガードを楽しむだけなら、
これで問題なくファイトできます。

1100円の「刀剣乱舞」のデッキの質に驚いて、
1000円の「太陽の騎士」のデッキの質に驚いて…。

さて、こうなると、
この1000円ちょっとのデッキ同士が対戦したら、
どんなファイトになるのかが気になります!!

と、いうわけで、
実際にファイトして記事にしてみたいと思います。

年内か年明けになるかは未定ですが、
ヴァンガード未プレイの方にも分かるように、
じっくりと書き上げていくつもりですので…、
ご興味がおありの方は、どうぞお楽しみに!( ̄▽ ̄*)





記事を閉じる▲

【2016/12/19 00:15】 | カードゲーム |
TCG「カードファイト!!ヴァンガード
タイトルトライアルデッキ

「刀剣乱舞-ONLINE-」



★開封

久しぶりにヴァンガを購入しましたので、
ちょっくら開封記事を書いてみたいと思います!


★箱の外観

V刀剣-t1-01
▲箱のオモテ

最近のトライアルデッキは、
看板的なカードがハッキリと見えてて良いですね!

V刀剣-t1-02
▲箱のウラ

カードの構成などが書いてあります。

V刀剣-t1-03
▲そして、この「刀剣乱舞」の初回生産分には、
ブースターパックが1パック付属しているようです…!

これ、1パック300円しますからね。
めちゃありがたい♪( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

V刀剣-t1-04
▲さっそく開けてみましょう!

V刀剣-t1-22
▲デッキ以外の内容物は、
▲特別同梱の「ブースターパック」と、
▲ウラ面が"デッキ解説書"になっている「プレイマット」、
▲そして、ヴァンガードのルールが書かれている「ファーストガイド」。

V刀剣-t1-05
デッキはこちらです!

ここからは、
デッキの内容を1枚ずつ見ていきましょう。



★デッキの内容

☆グレード4

V刀剣-t1-17
▲「髭切(ひげきり)」×4枚

このデッキのGユニット

Gユニットとは、
50枚のメインデッキとは別枠で用意しておいて、
条件が整ったときに助太刀してくれるカードのことです。
(ですので、この商品はカード全"54枚"入りとなっています)

ストライドしたターンの能力は、
ドライブチェックでグレード3がでたら、
リアガード1枚とこのユニットのパワーを+5000する
というもの。

シンプルで分かりやすい能力ですね。
Gユニットはドライブチェックを3回行えますので、
チャンスも多くて良い感じです!


真剣必殺ということで、
発動にはダメージを「3以上」受けている必要がありますが、
そこは上手くダメージコントロールしていきましょう。



☆グレード3

V刀剣-t1-06
▲「小狐丸(こぎつねまる) 特」×4枚

このデッキの軸となるカードです!

このカードがヴァンガードのときに、
Gユニット(「髭切」など)がストライドしたら、
カウンターブラスト1を支払うことで…、

①山札の上から1枚見る。
②見たカードを山札の上か下に置く。
③山札の上から1枚引く。
④ソウルチャージ1枚。


という流れで効果を発揮します。

看板のわりには
なんというか、"便利屋さん"って感じですね。

特に、ソウル不足に陥りがちな「刀剣乱舞」にとって、
ソウルチャージの能力はありがたいと思います!


V刀剣-t1-07
▲「明石国行(あかしくにゆき)」×4枚

このデッキの、もう1種類のグレード3ユニットです。

真剣必殺は、
・相手ヴァンガードにアタックしたときに、
・このユニットがブーストされているなら、
・ソウルブラスト1を支払うことで、
このユニットのパワーが+3000される
というもの。

こちらは「子狐丸 特」と違って、
リアガードサークル上でも能力を発揮できます。

ただ、条件が多いわりには効果が薄いというか…。

とはいえ、
パワー7000以上のユニットにブーストされれば、
リアガードサークルからパワー21000以上のアタック
仕掛けることができますので…、
しっかりと盤面を整えていきたいところですね!

なお、
このゲームでは"21000"という合計パワーは、
ひとつ重要なラインになっています。



☆グレード2

V刀剣-t1-08
▲「大倶利伽羅(おおくりから)」×3枚

特に能力のない、いわゆる"バニラ"といわれるカードです。
(バニラ=ノンフレーバーという意味)
そのぶん、パワーが高めになっています。

後述の「堀川国広」が能力を使ってブーストしてくれれば、
ちょうど合計パワー21000になって良い感じ。


V刀剣-t1-09
▲「和泉守兼定(いずみのかみかねさだ)」×2枚

真剣必殺は、
・ブーストされたとき、
・ソウルブラスト1を支払うことで、
このユニットのパワーが+3000されて、
さらに、このユニットのアタック終了時、
後列の、真剣必殺の能力を持つユニット1枚を、
手札に戻すことができます。


ユニットを手札に戻すという効果は、
登場時に1回きりしか発動できない能力を持つ、
グレード1の「堀川国広」と特に相性が良くて…、

登場して能力を使った「堀川国広」を、
このユニットで手札に戻してしまえば、
また次のターンに「堀川国広」を登場させて、
能力を再使用できるわけです!

この二振りのコンボは、ぜひ狙ってみたいですね。


V刀剣-t1-10
▲「同田貫正国(どうだぬきまさくに)」×2枚

ぼくが(キャラ的に)好きなカードです。

真剣必殺はシンプルで、
ヴァンガードへのアタックがパワー+3000されるというもの。

単独でグレード3のヴァンガードを攻めることができます!


V刀剣-t1-11
▲「長曽祢虎徹(ながそねこてつ)」×4枚

真剣必殺は、
他のグレード2以下のリアガードがアタックしたとき、
そのターン中、このユニットのパワー+3000される
というもの。

"そのターン中"というのがポイントで、
他のG2以下のリアガードがアタックするたびに、
パワー+3000が累積されていきます!!!

…が、このデッキの中には、
アタック回数を増やせるようなカードがありませんので、
どんなに頑張ってもパワーは3000しかアップしません。

ブースターパックに収録されている、
三日月宗近 特」&「加州清光 特」のコンボと絡めれば、
ちょっと面白そうだったりするんですが…。

ともかく、このユニットは最後にアタックさせてあげましょう!



☆グレード1

V刀剣-t1-12
▲「後藤藤四郎(ごとうとうしろう)」×4枚

グレード1のバニラです。

このデッキでは、あまり活きませんが…、

しいていうならば、
パワー11000のリアガードの後列でブーストすれば、
パワー9000の相手リアガードを駆逐しやすくなります。


V刀剣-t1-13
▲「今剣(いまのつるぎ)」×4枚

Gユニットをサポートするカードです。
これが4枚入っているのはマジでありがたい…!

使い方が2パターンありまして、

パターン1:手札にある場合

これ1枚でストライドのコストを支払えます。

パターン2:リアガードサークルにある場合

このユニットをソウルに置くことで、
Gユニットのパワーを+5000して、
さらに、誉(ほまれ)の能力を付与します。


」というのは、
相手ヴァンガードにアタックをヒットさせた際、
1ターンを通して1度だけ発動できる能力で…、

今剣」が付与するは、
相手ヴァンガードへのアタックがヒットしたとき、
ソウルブラスト1を支払うことで、
カウンターチャージ2を行える
というものです。

カウンターチャージを行うことで、
小狐丸 特」や「堀川国広」のスキル使用回数を
増やすことができますので…、
髭切」がストライドしたターンには、
狙ってみるのも面白いかもしれません!


V刀剣-t1-14
▲「堀川国広(ほりかわくにひろ)」×3枚

和泉守兼定」と相性の良いユニット…というのは、
さきほど少し触れました。

そんな「堀川国広」の真剣必殺は、
・このユニットがリアガードサークルに登場したとき、
・カンターブラスト1を支払うことで、
ソウルチャージ1を行い、
このユニットのパワーを+3000します。


カウンターブラストさえ支払えれば、
登場するだけでスキルを使うことができ、
刀剣乱舞」にとっては貴重なソウルを増やして、
さらに、自身のパワーを11000に底上げできます。

11000というパワーは、
相手のグレード3のユニットに単独でアタックできる数値ですし…、
パワー10000の「大倶利伽羅」をブーストすれば、
合計パワー21000となって強力です!

攻撃にも支援にも回れて、
さらにソウルチャージもできる万能なスキルですが…、
唯一の欠点は、登場時の1ターン限りで使いきりという点。

それを、「和泉守兼定」のスキルを使うことで、
登場回数を増やして補えるというわけなんです…!


V刀剣-t1-15
▲「不動行光(ふどうゆきみつ)」×3枚

ある意味、デッキで最重要なカードですね。

攻撃には全く向きませんが、
守備をさせたら一級品の「守護者(センチネル)」の1枚。

その能力は、
手札からカードを1枚捨てることで、
どんなアタックでも完全に防いでしまう
という、
いわゆる"完全ガード"と呼ばれるものです。

本来、相手の高パワーのアタックを防ぐには、
手札を何枚も何枚も使わなければなりませんが、
この「不動行光」は、たったの2枚でシャットアウトしてくれます!

そんな強力な「守護者」には、いくつか種類がありますが、
守護者」のカードは合わせて4枚までしか、
デッキに投入することができません。

逆に、このデッキには3枚しか「守護者」が入っていませんので、
あと1枚、「物吉貞宗」あたりを補強しておくとよいでしょう。
(その際は、代わりに「後藤藤四郎」を1枚抜くと良いかもです)





☆グレード0

V刀剣-t1-16
▲「博多藤四郎(はかたとうしろう)」×1枚

プレイヤーの最初の分身「ファーストヴァンガード」となる、
グレード0で「先駆」の能力を持つユニットです。

先駆の能力を持つユニットは、
ライドされた際に、リアガードサークルへ移動できます。

さらに、もう1つスキルがあり、
・カウンターブラスト1を支払って、
・このユニットをソウルに置くことで、
山札の上から5枚見て、
真剣必殺の能力を持つカード1枚を手札に加えて、
1枚加えたら、手札から1枚選んで捨てる
…というものです。

このデッキの大半のカードは、真剣必殺を持っていますので、
選択の幅が広く、そのときに必要なカードをピックアップしやすいです。

カウンターブラスト1と、このユニットと、手札1枚が犠牲になり、
あまり燃費は良くない感じですが…、
それでも、必要なカードがあるときは使ってみましょう!


V刀剣-t1-18
▲クリティカルトリガー「薬研藤四郎(やげんとうしろう)」×4枚
▲ドロートリガー「秋田藤四郎(あきたとうしろう)」×4枚
▲スタンドトリガー「乱藤四郎(みだれとうしろう)」×4枚
▲ヒールトリガー「五虎退(ごこたい)」×4枚

いずれも「トリガーユニット」です。

ヴァンガードのメインデッキには、
トリガーユニット」がちょうど16枚入っていなければなりません。

そして、トリガーユニットには4種類ありますが、
このデッキには4種類が4枚ずつ入っています。

トリガーは、種類ごとに効果が違い、

突破力を重視するなら「クリティカル」、
攻撃回数を重視するなら「スタンド」、
手札を引くチャンスを増やすなら「ドロー」、

…というようなイメージで、新たにカードを買い足して、
デッキ内のトリガーの比率を変えてみるのも面白いです。


(そこら辺のカードショップなら、10円とかで売っていると思います)

なお、ダメージを回復できる「ヒールトリガー」だけは、
4枚までしか入れることができません。
そして、最大の4枚入れておくことを強くオススメします。



★ブースターパック

同梱されていたタイトルブースター「刀剣乱舞-ONLINE- 弐」も、
せっかくですので開けてみましょう!

実は2箱買っていますので、パックも2袋あります!!

V刀剣-t1-19
ドキドキ……

(※画像をクリックで拡大表示されます)

V刀剣-t1-21
1パック目

おおっ、「守護者」の「物吉貞宗」が出ました!
これはラッキーです!!

V刀剣-t1-20
2パック目!!

なんと!
RRR(トリプルレア)の「鶴丸国永 特」が出ました…!
鶴丸国永 特」は2枚1組で使うカードですので、
中古でもう1枚買おうか悩むところですね…( ̄▽ ̄;)



★コメント

ぼく、ボードゲームを始める前は、
この「ヴァンガード」のファイターをしていましたので、
ヴァンガ」には、めちゃめちゃ思い入れが深いんです!

最近ではボードゲームばかりになって、
しばらくヴァンガの方はお休みしていたんですが…、

しーぷが好きな「刀剣乱舞」のトライアルデッキをお店で見かけて、
ついつい勢いでで購入してしまっていました。( ̄▽ ̄ )

それにしても、最近のヴァンガのデッキって、
ほんと1~2箱買えば戦える感じなんですね。

以前は、同じトライアルデッキを4箱買わないと、
まともなデッキを組めませんでしたが…、
この「刀剣乱舞」のトライアルデッキなんかは、
普通に、これ1箱で戦えるデッキになっていてびっくりです!
(「物吉貞宗」だけは、1枚だけ補充した方がいいですが)

せっかくデッキを買いましたので、
しーぷとファイトしてみて、
その模様をプレイ記にしてみようかと思っています。






記事を閉じる▲

【2016/12/18 00:01】 | カードゲーム |