FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ニット・ウィット」




★開封

紹介記事

ニットウィット-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

ニットウィット-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

糸巻きと紐が良い味を出している、
シブい感じのジャケットです。

ニットウィット-o-03
▲箱のウラ面

①編む②回答③得点という、たった3ステップで、
ゲームのシステムは簡単そうですね!

ニットウィット-o-06
スペック

プレイ人数で糸巻きなどの使用数が変わるようです。
その他のプレイ感は変わらなそう?



★箱をオープン!

ニットウィット-o-04
外箱から内箱を引っ張り出して…、

ニットウィット-o-05
▲開いてみましょう!

ニットウィット-o-07
▲パカッと!

ニットウィット-o-08
▲フタ裏にはルルブがあって、

ニットウィット-o-09
▲おおうっ、これは豪華ですね…!



★内容物

ニットウィット-o-10
ルールシート(日本語・全4ページ)

半分弱が図解って感じのルルブです。
しーぷに渡したら、サクッと読み終わっていました。


ニットウィット-o-11
糸巻紐の輪×8色

色鮮やかな紐が巻かれた糸巻です!
糸巻には「」~「」の数字がふられています。


ニットウィット-o-12
洗濯バサミ×8色

紐の輪と同色の洗濯バサミです。
ワードタグをはさむのに使います。


ニットウィット-o-13
ボーナスボタン×4個

1点」~「4点」を表すボタンです。
より早く回答することで、高得点のボタンを獲得できます。


ニットウィット-o-14
回答用紙色鉛筆

回答を書き込むためのシートと白鉛筆です。

ニットウィット-o-15
▲回答用紙が黒ということで、
▲鉛筆は白なんですね…!( ̄▽ ̄*)

ニットウィット-o-16
▲なお、白い回答用紙も別途ありますので、
▲こちらをコピーすれば、ボールペン等でも大丈夫になります。


ニットウィット-o-17
ワードタグ×114枚

さまざまな"特徴"が書かれたタグです。

ニットウィット-o-18
▲これを洗濯バサミにはさむことで、
▲ゲームを進めていくことになります。



★糸巻と洗濯バサミの準備

ニットウィット-o-19
▲箱の内側の説明どおりに、準備をしていきましょう。

ニットウィット-o-20
▲同じ色の、糸巻洗濯バサミを用意して、

ニットウィット-o-21
糸巻から紐の輪を外し、
(外しにくい紐もありましたが、強引に外しました…汗)

ニットウィット-o-22
洗濯バサミに通して、

ニットウィット-o-23
▲輪っかをつくって、また紐を通し、

ニットウィット-o-24
▲こんな感じで、洗濯バサミ紐の輪を結びます。

ニットウィット-o-25
▲8色ぶん、すべてできたら準備OK!

ニットウィット-o-26
糸巻はというと、すっ裸になりました…( ̄▽ ̄;)



★ゲームのイメージ

ルルブを読んだしーぷの説明をもとに、
このゲームがどんなものなのか、再現してみます!

ニットウィット-o-27
▲まず、紐の輪を置いてから、

ニットウィット-o-28
ワードタグを1枚引いて、

ニットウィット-o-29
▲引いたワードタグを洗濯バサミにはさんで、

ニットウィット-o-30
▲紐の輪の中に糸巻を配置します。

ニットウィット-o-31
▲これを、時計回りで各プレイヤーがくり返していくと…、

ニットウィット-o-32
▲最終的には、こんな感じに…!
(プレイヤーの人数によって、使用数が変わります)

ここから、各プレイヤーは回答用紙に、
糸巻1つにつき1つの言葉や名称を書き込んでいきます。

回答は、その糸巻を囲んでいるワードタグの"特徴"が、
すべて合致しているものでなければなりません。


ニットウィット-o-34
▲例えば、この「」の糸巻は、
▲"生きている"と"背が高い"の紐の輪に囲まれています。

これに合致する名称で、すぐ浮かぶのは…「キリン」とか!

ただし、他のプレイヤーと回答がバッティングしてしまうと、
その回答は無効になってしまうようです。

ですので…「巨人のリャオ投手」など、
他のプレイヤーとかぶりにくそうな回答を書き込んでおきましょう!

(※注)

あとから画像をチェックしたら、
"美味"の紐の輪もかかっていますね…!

"生きている"と"背が高い"と"美味"に合致する言葉…。

うーん、わからんです!( ̄▽ ̄;)

どなたか思いついたら教えてください!!


ニットウィット-o-33
▲こちらの「」の糸巻は、"生きている"と"灰色"と"濃い"。

ゾウ」とか「ネズミ」とかが、すぐに浮かびましたが、
"濃い"かどうかは、ちょっとビミョーですね…。

このゲームでは、「ニット・ウィット!」と宣言することで、
回答への抗議が行えるようです。

もし、「そんなに濃くないじゃん!」とツッコミを受けてしまうと、
得点が認められないかもしれません…( ̄▽ ̄;)



★コメント

紐の輪糸巻で、
どうやって言葉を使ったコミュニケーションゲームをするんだろう…?

と、すごく疑問に思っていたんですが、
なるほど、こういうことだったんですね!

ニットウィット-o-35

まだ、ちょっと触ったぐらいのものですが、
これが結構、考えさせられます…!

2人でも不足なく楽しめるゲームですが、
人数が多ければ多いほど、バッティング珍回答が期待できますので、
どこかのボードゲーム会で、がっつりとプレイしてみたいです!



紹介記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/01/21 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ニット・ウィット  
|
大分県大分市で開催された、
「Nuko-mahi AnalogGame Off」さんの
"第9回1日ボードゲームデイ"に参加!


先月の話ですが、ちょいちょい思い出しながら、
星屑視点で振り返って参ります!


★インディゴ

この日の一発目に立てさせてもらった卓が「インディゴ」!
星屑がいちばん推しているタイトルです!

161223大分-01
▲各プレイヤーは、タイルを配置することで…、

161223大分-02
をつなぎ、宝石を自分の陣地に導いていくというゲーム!

大人でも子どもでも、
初心者でも熟練者でも、
みんなで楽しむことができて、
星屑必携のタイトルの一つになっています…!

161223大分-03
▲今回も、かなりグニャグニャな道ができあがりました!

結果は星屑の勝利でしたが、
スコアはかなりの僅差でした…!



★スカイアイランド

161223大分-04

"競り"の要素のあるタイルゲームで、
タイルが大好きな星屑にはたまらないゲームです!

ここでは、
星屑の領土の変遷を見ていきましょう…!

161223大分-05
1ラウンド目

まだまだ芽生えたばかりの小さな領土です。

161223大分-06
2ラウンド目

お城からコインのある道をつなぎ、収入を増やしていきます。

161223大分-07
3ラウンド目

1ラウンド毎の収入7金にまで伸びました!
これで、後半のやりくりが楽になりそうです…!

161223大分-08
4ラウンド目

海をどうつくっていくかで悩みますね…。

161223大分-09
5ラウンド目

ここまで来ると、もう完成を見据えながら…という感じです。

161223大分-10
6ラウンド目

これで完成!

161223大分-11
▲結果は1点差星屑の辛勝…!

得点計算こそ、ちょっとだけややこしいですが、
やっぱりプレイしていて、すごくワクワクするゲームでした!



★ノイシュヴァンシュタイン城

161223大分-12

お城をつくるゲーム「ノイシュヴァンシュタイン城」!

3人プレイで、三者三様のお城が完成!!!

161223大分-13

161223大分-14

161223大分-15

しかし、どれがどなたのお城だったか、
すっかり忘れてしまいました…!( ̄▽ ̄;)ヒキダサン ハイコサン ゴメンナサイ…



★たたらばと森

適切な植林伐採をくり返して、
森を管理しつつ、"永代たたら"の建築を目指すゲームです。

161223大分-19
▲初期配置では「カシ」が乱立していますが…、

161223大分-20
▲すぐさま伐採されていき…、

161223大分-21
▲人工林の「アカマツ」や「スギ」の幼木が植林され…、

161223大分-22
▲すくすくと育っては、また伐採されて…。

表面的には森を管理するゲームなんですが、
そのプレイ感は、かなりシビアな陣取りゲームで…!

途中途中で、結構えげつないプレイングも飛び出しつつ、

161223大分-23
星屑が"永代たたら"を建築したことによって、
▲ゲームは終了へ向かい…、

161223大分-24
▲結果は所持金の差で星屑の勝利!

161223大分-25
▲終了時の盤面は、かなりになっていました。

星屑「…そういえば、」
星屑はまちゃん、すごくこのゲームに詳しかったですけど、」
星屑「お持ちだったりするんですか??」

はまちゃん「いや、持ってはいないんだけど、」
はまちゃん「こういうゲーム、好きなんですよ」

星屑スギだけに好きなんですねぇ( ̄▽ ̄*)」

はまちゃん「あはははは…」

なかじ「ぶ、ブナん(無難)なネタ、いきましたね!」

星屑「ありがとうなかじさん、のってくれて…!」

ただでさえ12月の寒い時期に、寒いダジャレを飛ばしてしまい、
正直すまんかったです!( ̄▽ ̄;)



★ダンジョンクエスト・クラシック

161223大分-26

NAGOさんでは何度目かになる「ダンクエ」です!
今度こそは、死亡率9割の壁を突破していきたいところ…!

161223大分-27
▲ですが、ソッコーでO嶋さんが「底なし穴」に落ちてしまうと、

161223大分-28
はまちゃんも早すぎる死を迎えてしまい、

いきなりなかじさん星屑だけになってしまいます…!

161223大分-29
▲その星屑は、宝物庫まであと2マスの位置に接近。

いつものパターンなら、ここから謎の大回りをさせられてしまうのが、
この「ダンクエ」のお約束なんですが…、

161223大分-30
▲この日は、気持ちが悪いくらい、あっさりと道がつながって、

161223大分-31
星屑は難なく財宝の獲得に成功します!!

星屑「よし、ぼくはこれで帰りますね!」

O嶋「いやいや星屑さん、」
O嶋もう1回くらいトライしておいた方がいいんじゃない?

星屑「うーん、それもそうですね、」
星屑引いた財宝、価値がイマイチでしたし、トライしてみましょう…!

と、O嶋さんの甘い誘惑に乗った星屑でしたが…、

161223大分-32
▲これがドラゴンの逆鱗に触れてしまい…、

161223大分-33
▲あわれ星屑ドラゴンにぶっ殺されてしまいました…!

これで残るはなかじさんのみ。

なかじさんは、無事に帰還できさえすれば勝利ですが…、

161223大分-51
▲帰り道に「デーモン」につかまってしまい…、

161223大分-35
▲それを振り切ろうとするなかじさんでしたが、
▲背中に強力な一撃を浴びてしまい、死亡…!

やはり安心と信頼の「ダンクエ」ブランドですね!
今回も、無事に全滅となってしまいました…!



★ピクテル

161223大分-38

カードを組み合わせて絵をつくり、
何の絵か当ててもらうゲーム「ピクテル」。

今回も、ユニークな作品がたくさん登場しました!

161223大分-39
▲「ポケモン

モンスターボールでモンスターを捕まえている場面ですね。

161223大分-40
▲「ド根性ガエル

これは「」のカード1枚で答えが出て、すごかったです!

161223大分-41
▲「君の名は。

これまた2枚だけで答えが出て、
作成者と回答者の息がピッタリと合っていましたね…!

161223大分-42
▲「アルプスの少女ハイジ

実は星屑は、
オープニングのハイジのブランコをイメージして作成したんですが、
回答者はクララだと思って「アルプスの少女ハイジ」と答えたようで…!

ビミョーに作成者と回答者のイメージにズレがありましたが、
それでも正解は正解ですので、ポイントが入りました!

こういうところも「ピクテル」の面白みですよね。( ̄▽ ̄*)



★その他

161223大分-16
▲「セレスティア

星屑、「魔法の望遠鏡」を持ちながら、使いこなせず…!
悔しい敗北でした!


161223大分-37
▲「ふたつの街の物語

第2ラウンドや第3ラウンドで、やたらと悲鳴が聞こえてきたので、
おそらくバッティングが多かったんだと思われます…!


161223大分-43
▲「ひつじとどろぼう

今回は星屑、うまくどろぼうをかわして勝利できました。


161223大分-44
▲「タンブリンダイス

8人での大会形式。
決勝卓では、女性ばかりのアツい戦いが繰り広げられました…!

161223大分-45
▲「お邪魔者

せっかくK様が体を張ってくれたのに、
最終盤の星屑の妨害が1ターン早くて、負けを近づけてしまい…!

申し訳なさとともに、
お邪魔者になって初めて、このゲームの面白みがよく分かりました!



…と、こんなところで9時間に渡るゲームデイが終了!!

161223大分-46
▲プレイ数は30以上にのぼりました…!
▲そして、やっぱりNAGOさんでは「カタン」が大人気ですね!



その後、忘年会があってから…、

161223大分-47
▲「中村屋」さんで二次会!!

161223大分-48
星屑は初めて「狩歌(かるうた)」をプレイしました。

161223大分-49
▲そして「人狼」!
占い師かぁと思っていたら、手違いで配りなおしになって…、

星屑「(あ、これになる気がする…)」

161223大分-50
▲案の定、配られたカードは人狼…!

まったく自信がありませんでしたが、
同じく人狼オオツカさんがガッツリとフォローしてくれて、
おかげで残り3人というとろまで生きながらえました!

すごくオシャレなお店でプレイする「人狼」は、
一味ちがって、とても良い雰囲気でした!!



さて、あれから年が明けましたが…、

NAGOの皆さん、2017年もよろしくお願いします!


記事を閉じる▲

【2017/01/20 00:01】 | 遠征記 【タグ】 ボードゲーム会@大分県  
|
大分県大分市で開催された、
「Nuko-mahi AnalogGame Off」さんの
"第8回1日ボードゲームデイ"に参加!


161123大分-01
▲「西部公民館」での開催でした。

2ヵ月前の話ですが、ちょいちょい思い出しながら、
星屑視点で振り返って参ります!


この日は、
NAGOきっての外交官・はまちゃんの不在により…、

161123大分-02
▲ボードゲームの数が、やや少なめでした。

はまちゃんのボードゲームといえば、
マイ台車で運搬するほどの量ですからね…!

ご本人不在の中でも、
はまちゃんはちょくちょく話題に上がっていた記憶があります。

はまちゃん大人気!!( ̄▽ ̄*)



★ヒット・ザ・ロード

さて、私星屑が、
このゲームデイでいちばん印象的だったのが、
がろうさんがお持ち込みの「ヒット・ザ・ロード」でした!

161123大分-03

ゾンビによって崩壊してしまったアメリカを舞台に、
シカゴからロサンゼルスへ向かうゲームなんですが、
途中でゾンビがうじゃうじゃ湧いてきて…という感じのダイスゲーム。

逃げゾンビ」や「ゾンビタワー3D」といった、
"ゾンビゲーム"が大好物な星屑
ウキウキしながら西海岸を目指します…!

そして、この日の星屑は、

161123大分-04
▲やたらとダイス運が良くって、

161123大分-05
▲ゾンビたちを、ちぎっては投げ、ちぎっては投げの大活躍!!

星屑(フハハ!)
星屑(我が超星屑砲【ダスト・シュート】の前にひれ伏すがいい…!)

161123大分-06
▲ゲーム終盤まで、どれだけゾンビが迫ろうとも…、

161123大分-07
▲その全てを返り討ちにしてしまいます!!!

星屑「(そうだ!)
星屑「(俺こそがガンスリンガーだ…!)

しかし、いくらなんでも調子に乗りすぎたのか、
最終盤の、いちばん大事な局面で、いきなり流れが変わってしまい…、

161123大分-08
▲最後の最後で出目に恵まれず…、

161123大分-09
▲あわれ星屑、最後はあっさりとゾンビの餌食になってしまいました…!

それにしても、
いちいちコンポーネントが素晴らしくて、
すごく味のあるゲームですね!!

このほど日本語版も発売されたということで、
いずれは星屑もゾンビコレクションの一つに…( ̄▽ ̄*)



★アサラ

こちらは星屑が持ち込んだ、
ワーカープレイスメント・ゲーム「アサラ」です。

161123大分-10
▲今日も今日とて、塔を建ててまいりましょう!

161123大分-11
▲はい、まずは小さな塔を1本建てて…、

161123大分-12
▲その塔を伸ばしつつ、
▲2本目3本目の塔を建設します。

161123大分-13
▲最終的には、こんな感じになりました!

今回は、我ながら良い出来ですね。
これは勝利への手ごたえアリだと確信しました、が…、

161123大分-14
▲勝ったのは5本もの塔をおっ建てたカトーさん!!!

常に、しっかりと場を見渡していて、
名誉点の稼ぎ方が素晴らしかったです…!

お手本にしたいプレイングでした!



★その他

161123大分-15
▲「ナンジャモンジャ

正直、これ苦手でした…!
記憶力に自信ナシだと、どうしても置いてけぼりになりますね…。


161123大分-16
▲「マモノノ。

福岡の言葉のセリフが書かれているカードが印象的だった「マモノノ。」。
福岡県久留米市で制作されたゲームだとかで、なるほどですね!
すごく親近感が湧きました…!


161123大分-17
▲「トレジャーハンター

人数が多いと、プレイしたくなるタイトルです。
6人プレイだと、手札のコントロールが難しくて、
良い感じに"パーティーゲーム"になってくれます!


161123大分-18
▲「ひつじとどろぼう

長らくNAGOさんで卓を立てたいと思っていて、
やっと立てることができた「ひつじとどろぼう」です。

それにしても星屑は、いつもで得点しながら、
いいように羊を盗まれて終わるパターンが多いんですよね…。
もうちょっと「小屋」を意識したプレイングを心がけねば…!


161123大分-19
▲「スモールワールド・アンダーグラウンド

星屑が長らく積んでいたゲームを、ここでプレイさせてもらいました。

アンダーグラウンド」は、
種族や特殊能力の説明が、だいぶ難しいですね…( ̄▽ ̄;)
かなりあやふやなインストになってしまって申し訳なかったです…!



…と、こんな感じで、

161123大分-20
▲この日もボードゲームを1日かけて楽しみました!

星屑
1日ボードゲームデイにはちょちょい参加させてもらっていますが、
肝心の「nuko-mahi」さんには、ほとんど行けていませんので…、
2月以降、なんとか行きたいなァと画策しています。( ̄▽ ̄ )


記事を閉じる▲

【2017/01/19 00:01】 | 遠征記 【タグ】 ボードゲーム会@大分県  
|
宇佐ロップイヤーズ
ゲーム会

日時:2017年1月15日(日)10~18時
場所:ウサノピア講習室(2)
参加:11名



あらためまして、みなさん、
明けましておめでとうございます!


今年も「宇佐ロップイヤーズ」を、よろしくお願いします…!

さて、そのOPENボードゲーム会の新年一発目は、

170115宇佐-01
すごい雪になってしまいました!!

夏に開催したときは、
あまりの暑さにみんなでカキ氷を食べたものですが、
半年経つと、当たり前ですが真逆になっちゃいますね…( ̄▽ ̄;)

さらに、
この日は備え付けの空調が不調だったのか…、

170115宇佐-02
▲広い部屋にストーブが1台だけ…!

ザ・冬のボドゲ会って感じになってしまいましたが、
それでも2017年のボドゲ会を始めて参ります!



★タンブリンダイス・ミディアム



北九州ボードゲーム交流会さんでの大会では、
びっくりするほど成績が悪かった私星屑

宇佐に帰って、今度こそ好成績をと意気込みますが、
ゲームは激しい展開になり…、

全4ラウンドの2ラウンド目

170115宇佐-03
中央の4倍ゾーンにダイスが3つ乗ってから、
▲大混戦が始まります…!

星屑これは狙ってくださいと言っているようなものッ!

170115宇佐-04
▲まず星屑が突入して、
ティラさんのダイスを押し出すと…、

ティラ乗るしかない!
ティラこのビッグウェーブに…!

170115宇佐-05
▲負けじとティラさんも乗せてきて、
▲なんと1スペースに全員のダイスがある状態!!

KENまだまだ行けるッ!

170115宇佐-06
▲さらにKENさんが続いて、
狭い中で5つものダイスがひしめき合っています!

もうこれ以上は乗らないというタイミングで…、

170115宇佐-07
▲今度はがろうさんの一撃!
▲この出目が、なんと「」で、
▲すごく良い位置につけています…!

KENさんのダイスは押し出され、
ティラさんのダイスも大ピンチ!!

170115宇佐-08
▲そして最後、またもやがろうさんが、
▲ダメ押しの一打で終止符を打ちました…!

なんと、がろうさんは4打で54点!!
1スペースに自分の3つのダイスを残すなんていう、
とんでもない芸当をやってのけました!

それにしても、
みなさん、すごい集中力でしたね!( ̄▽ ̄*)

その後…、

170115宇佐-09
星屑がアシストして、
ティラさんのダイスを「」の4倍にしてしまったり、

KENさんが4打で56点を稼ぎ出し、
がろうさんに肉薄したりもしましたが…、

170115宇佐-10
▲結果はがろうさんの勝利となりました!



★ドクターエウレカ



実は星屑
これ買おうかどうしようかと迷っていたんですが、
ちょうどがろうさんが持ち込んでくれましたので、
試しにプレイさせてもらうことにしました!

170115宇佐-11
▲「エウレカ」は、めくったカードに示された通りに、
▲容器内の微粒子を入れ替えるパズルゲームです。

で、そんなにパズル系に強くないはずの星屑なんですが…、

星屑えっと、完成したら、こう宣言するんですよね?

星屑エウレカ!

170115宇佐-12
▲1枚目のカードから、すんなりと入れ替え完了…!

星屑エウレカ!!

170115宇佐-13
▲2枚目以降も、これまたサクッと入れ替えていって…、

星屑エウレカ!!!

170115宇佐-14
▲怒涛の勢いで5枚のカードを完成させて、
▲なんと星屑が勝利してしまいました…!

これは星屑、得意なのかもしれません!
パズルにも、相性というものがあるんですかねぇ…。

容器を傾けるのが、なんだか科学者にでもなったようで、
めっちゃテンションが上がるゲームでした!



★トゥクトゥクウッドマン



寒いので、アクションゲームを続けます!!

タワー系ゲーム「トゥクトゥクウッドマン」!
コアを落とさないように、樹皮を落として参りましょう…!

ところが今回の樹皮は、ところどころ手ごわくって、

170115宇佐-15
この樹皮とか、

170115宇佐-16
この樹皮とか、

ビミョーに落ちそうで落ちない…!

そうこうしているうちに、
星屑がコアを落としてしまい、
がろうさんがコアを落としてしまい…。

結果、最後までコアを1つも落とさず、
地道に樹皮を集めたKENさんが勝利しました!

170115宇佐-17
星屑4点

次はコアを落とさないように頑張ります!( ̄▽ ̄ )



★ノイシュヴァンシュタイン城



ウチのボドゲ会では久しぶりの登場となった、
お城づくりゲーム「ノイシュヴァンシュタイン城」。

拡張の「シークレット」から部屋タイルを追加して、
よりバラエティに富んだお城を目指しましょう!

その序盤、星屑は…、

170115宇佐-18
庭園の"柵"判定で首をひねることになります。

ルール上、庭園の"柵"は、
他のタイルと隣接させることができませんが、
これは隣接しているような、していないような…( ̄▽ ̄;)
(※画像をクリックで拡大表示)

じっくりとプレイヤー4人で判定した結果、
これは接触していないだろうということで、
配置は許されました!

170115宇佐-19
▲最終的な星屑のお城がこちら。

ロビー入ってすぐ迷宮!とかいう、
他の部屋に行かせる気ゼロなお城です…!

170115宇佐-20
▲得点レースの方は、ティラさん青葉さんのデッドヒートでしたが、
▲最後は、わずか1点差で…、

170115宇佐-21
青葉さんが競り勝ちました!!

全種類の部屋タイルを揃えた、
非常にバランスの良いお城に仕上がっていますね!



★ポーション・エクスプロージョン



去年、星屑が2番目に好きだったタイトルです!!

もっちさんに、いつかのリベンジ・マッチを挑まれましたので、
大喜びで受けて立ちました…!

170115宇佐-22
▲さて星屑は、序盤から積極的に教授の助力を得ていくスタイル!

星屑の助力マーカー数=ラウンド数

…そんな等式が成り立つくらい、
毎ターンのように助力をもらっていきます。

これは、強引にでも薬品を完成させて、
とにかく回転数を上げていきたい…というのもありますが、

ガンガン連鎖を起こしたら気持ち良い!というのが大きいですね。

もちろん、助力なしで大連鎖を起こせれば最高ですが…、

170115宇佐-23
▲こんな都合の良い連鎖なんて、
▲そうそう回ってこないですからね…( ̄▽ ̄;)

170115宇佐-24
▲結果は、わずかな差で星屑もっちさんを上回りました。

なお、ゲーム自体は青葉さん大逆転勝利となりました…!



★キルクス・マクシムス



どうしても星屑が多人数でプレイしたかったタイトルです。
そして、ありがたいことに5人でのプレイが叶いました!

さあ5台の戦車での古代的レースゲームは、
どんな展開になるのでしょうか…?

170115宇佐-25
▲まずは星屑、好スタートを切ってコーナーに進入します。

2009年のエリザベス女王杯が頭にあった星屑は、
このまま大逃げを打とうとする…んですが、

170115宇佐-26
▲あっさりと他の戦車に追いつかれてしまいます…!

このゲームは、初期のスピードがみんな同じですので、
序盤は団子状態になりやすいようですね。

以降は、ダイスの出目によって、
スピードを調整したり、レーンを変更したりして、
じわじわと差がついていく感じです。

170115宇佐-27
▲やたらレーン変更の出目にばかり恵まれた星屑の図…( ̄▽ ̄;)

また、レース中は走るだけではなくて、
ダイスの出目次第では、他の戦車に攻撃することもできます!

これが思っていたよりも激しくって、
一度に3つの鉄びしがバラまかれたり
一度に3本の槍を投げつけられたりすることもザラで…!

どのプレイヤーの戦車にも、
じわじわとダメージが蓄積していきます!!

そんな中で、レースは…、

170115宇佐-30
▲まず、暫定3着だった星屑が、
▲後ろから迫ってきたティラさんを受けて、

170115宇佐-32
▲ダメージゲージ「」に…!

170115宇佐-31
▲あわれ星屑鉄屑と化してしまいました!!

170115宇佐-28
▲一方で、中盤まで半周差で遅れていたヤマシタさんは、

170115宇佐-29
▲脅威の追い込みで暫定1位に立ちますが…、

その背中をFさんが虎視眈々と狙います!

どうすればヤマシタさんの戦車を破壊して、
自分の順位を1つでも上げられるか…?

170115宇佐-33
▲しかし、それにはヤマシタさんがまいた鉄びしが邪魔!!

それでもFさんは考えに考え抜いて、
自分が倒れる前にヤマシタさんを落とせるルートを見つけ出し、
順位を繰り上げることに成功…!

そしてレースは、
暫定1位のヤマシタさん鉄屑と化したことで
暫定2位だったがろうさん正真正銘の1位になり、勝利しました!

ほんとハチャメチャな展開でしたが、楽しかったです!!



★6ニムト



宇佐では珍しくオトナ9人での「ニムト」!

フルメンバーには1人足りませんが、
この人数での「ニムト」は、カオスな展開になりがちですよね…!

170115宇佐-34
▲で、1枚目からこんな感じ!

かろうじて引き取りは発生しませんでしたが、
2列に集中したカタチになりました!!

で、ゲームはぐちゃぐちゃな感じに進んで、

170115宇佐-35
▲こんなとか…!

結果はしーぷ-1点で勝利!

一方、最下位のFさんは…、

Fさんこれは、もうカウントしたくないですねぇ!!

というくらい、牛を引き取ってしまっていました…!



【からあげ大戦争!(第10回戦)】

★ソーリー!スライダーズ

大分県中津市大分県宇佐市
はたして、どちらのからあげが美味しいのかを、
ボードゲームのチーム戦で競い合う企画……

からあげ大戦争!

まぁ先月で中津陣営の勝ち越しが確定して、
中津市のからあげの方が美味しいという結論には
いたってしまったんですが…、

まだまだ2戦ほど残っていますので、
消化試合ということで続けて参りたいと思います…!



さて、今回のタイトルは、
アクションゲームの「ソーリー!スライダーズ」です。

底部にパチンコ玉が仕込まれたポーンを滑らせて、
的ボードの点数を狙い、得点コマを進めていくというゲーム。


ソーリー!スライダーズ」には4タイプの"的ボード"があるんですが、
この全てを、中津陣営宇佐陣営の2チームに分かれてプレイして、
ゴールさせることができた得点コマの多いチームの勝利とします。

出場メンバーは、

中津陣営が、ヤマシタさんもっちさんの中津在住コンビ!
そして宇佐陣営は、Fさん星屑の宇佐在住コンビです!

Fさん星屑といえば、
前日はクソ寒い中でテニスのダブルスを組んでいた仲!!

大きな体から、安定感のある堅実なプレイスタイルのFさんと、
身軽さを活かして、どこまでもボールを追いまわす星屑のタッグなら、
向かうところ敵なしに違いありません…!

さあ今日という今日こそは、
中津陣営に一泡ふかせて差し上げましょう!( ̄▽ ̄*)


☆GAME1:早く家に帰ろう!

いちばんシンプルな的ボードです。
中央でポーンを止めるほど、点数が高くなり、
得点コマをゴールへ進めやすくなります!


さっそくゲームは始まり、ラウンドが進んで…、


星屑「次は、ぼくのターンですね!」

Fさん星屑さん、お願いしますよ…!」

星屑Fさんのポーンを押し上げつつ、」
星屑「自分のポーンも高得点に乗せてみせますっ!」

星屑「でやっ!!!」スーッ

ガッシャーン!!

星屑「ああっ!?」
星屑Fさんのポーンをなぎ倒してしまった上に、」
星屑「自分のポーンは場外へ行ってしまった…!」

Fさん「うわあああああ!!!」


このゲームでは、
ポーンが的ボードの外へ出たり、倒れたりしてしまうと、
いちばん進んでいる得点ポーンをスタートに戻さなければなりません!

味方のポーンをアシストするつもりが、
むしろ足を引っ張ってしまった星屑…!( ̄▽ ̄;)


Fさん「いや、大丈夫です!」
Fさん「ここから挽回しましょう!!」

星屑Fさん…!」

170115宇佐-36
▲1ゲーム目の結果は、
もっちさん2Fさん1ヤマシタさん3星屑4で、
▲合計で中津陣営5宇佐陣営5の同点…!

ミスはありながらも、なんとか中津陣営に食い下がり、
続く2ゲーム目につなぎました!



☆GAME2:落とし穴

この的ボードは、中央に穴が開いていて、
ポーンを穴にすっぽりと入れることができれば、
無条件で得点コマ1つをゴールさせることができます!


穴は、ポーンがやっと納まるくらいの大きさですので、
簡単には入らないものなんですが…、

170115宇佐-37
▲これをヤマシタさんは見事に1投目で沈めてみせます!

「「「SUGEEEEEEEEEE!!!」」」

さらに、これで終わらないのがヤマシタさんで…、

170115宇佐-38
▲なんと2投目も沈めて、連続で成功!!

「「ほげえええええぇぇぇぇぇ!!」」

これはもう、敵ながら天晴れという他ありません…!

170115宇佐-39
▲その後、もっちさんも1度穴に入れ…、
▲1ゲーム目と合わせて、中津陣営11宇佐陣営8

中津陣営針に糸を通すようなコントロールにより、
大きな3点の差がついてしまいました…!



☆GAME3:ターボソーリー!

今度は逆に、
穴に入ったらペナルティというゲームです。

そして、さっそくもっちさんが穴にはまりかけて、
宇佐陣営のペアは、なんとか蹴落とそうと目論見ますが…、

170115宇佐-40
▲反対側からヤマシタさんがブロック!!

"人"という字は、
こうやって支え合ってできているんですねぇ

星屑「イイハナシダナー( ̄▽ ̄*)」

いい話ではあるんですが、
これで宇佐陣営の執拗なアタックは、あと1歩及ばず…、

170115宇佐-41
中津陣営16宇佐陣営15で最終ゲームへ…!



☆GAME4:外回り

最後の的ボードには、
4つの危険ポイントがあり、ここに止まると0点になってしまいます。


▲プレイ中の様子(一部)。

途中までは良い勝負だったんですが、
中盤から宇佐陣営は自滅していき、ガタガタに…!

最終結果は、

中津陣営24-19宇佐陣営

となって…、

中津陣営が勝利しました!!!


それにしても、
ヤマシタさんもっちさん、すばらしいコンビでした!!

星屑Fさんも、もっとチームワークを磨くために、
引き続きテニスのダブルスに励みたいと思います…!



…と、こんなところで8時間のボドゲ会は終了しました!

170115宇佐-42
▲今回は15タイトルのゲームをプレイ!!
MVP4勝を挙げたがろうさんでした…!

なんか、ゲーム会が終わったあとに、

嫌な事件だったね…

という声が聞こえてきたんですが、
タイムボム・エボリューション」の"えん罪事件"とは、
いったい何があったのでしょうか…?

まぁそれはともかく、

170115宇佐-43

2017年2月宇佐ロップイヤーズは、

2月26日(日)10~18時
通年企画:からあげ大戦争!(最終戦)

ウサノピア講習室(2)で開催します!

みなさんのご参加をお待ちしています♪( ̄▽ ̄*)



次回も、

大分県宇佐市でボードゲーム!





記事を閉じる▲

【2017/01/18 00:01】 | 活動記 【タグ】 ボードゲーム会@大分県  
|
ボードゲーム
「ジャングリラ」




★開封

ジャングリラ-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

ジャングリラ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ジャングリラ」を買った理由は、
このイラストの人の表情だったんです!

なんか、こう謎の吸引力的なものを感じて…!( ̄▽ ̄ )

ジャングリラ-o-03
▲箱のウラ面

"サイコロでジャングルを進み、黄金郷へたどり着け!"

どんなダイスゲームなのでしょうか。ワクワクします!

ジャングリラ-o-04
スペック

プレイ人数は2~5人で、
人数による変更点は、カードの枚数だけみたいです。



★箱をオープン!

ジャングリラ-o-05
▲一発目は大量のチップ類

ジャングリラ-o-06
▲その下にカード類コマ類があって、

ジャングリラ-o-07
サイコロと、シリカゲルも入っていて、

ジャングリラ-o-08
▲底にルルブで、以上となります。



★内容物

ジャングリラ-o-09
ルールブック(日本語・全16ページ)

ページ数は多いですが、
後半は「書状」と「発見物カード」の効果の説明がほとんどです。


ジャングリラ-o-10
プレイヤーコマ×5色

帽子をかぶって歩いている冒険家のコマ、かわいいですね!


ジャングリラ-o-11
サイコロ×10個

まったく同じ6面ダイスが10個あります。
結構な数を振ることになるのかな…?


ジャングリラ-o-12
チップ類×4種

サイコロの出目と同じアイコンですね。
書状」以外は3種類とも"資材"です。


ジャングリラ-o-13
▲ここからカード類


ジャングリラ-o-14
プレイヤーカード×5色

ウラ面がサマリーになっていて、
書状」によるアクションを一覧にしてくれていますね!


ジャングリラ-o-15
スタートカードゴールカード

ゴールカードのイラストは、どこかで見たと思ったら、
外箱のイラストと同じでした。
あれ、ゴールが見えたという場面だったんですね…!


ジャングリラ-o-16
発見物カード×30枚

右上のアイコンが"発見物"の種類で、
左上が発見に必要な資材で、
ど真ん中が、その"発見物"を求めている"支援者"で、
その下が"支援者"から受けられる効果で、
右下が勝利点…とのこと。

このカードを並べることで、ジャングルの""をつくって、
その上をプレイヤーたちのコマが歩いていくんだそうです!


ジャングリラ-o-17
財宝カード×30枚

」のカードは「終了カード」で、
このカードを引いたらゲームは終了へ向かいます。

プレイヤー人数によって、
この終了カードを差し込む位置が変動し、
ゲームの長さが変わる仕組みのようです。


ジャングリラ-o-18
荷馬車アイコン×10枚

"Max+2"という表記があるということは、
このゲームには所持量制限があるのでしょうか…?


ジャングリラ-o-19
スタートプレイヤーカード



★コメント

買うか買うまいか、発売直前まで迷っていたタイトルでしたが、
箱のイラストの人の、謎の吸引力に引き寄せられるカタチで、
結局、最後には入手することにしました!

カード多めのダイスゲームといえば、
まっ先に「王への請願」が思い浮かびましたが、

ダイスを振って入手した資源を使って、
"支援者"のカードを獲得すればするほど、
ダイスを振るときに有利になっていく
…というところが、
あちらとちょっと似てるかなってくらいで、

こちらは、
そもそも"支援者"のカードが"道"になっていたり、
枚数によって様々な効果が受けられる「書状」があったり、
「資材」や「書状」には所持量制限があったりして、

すごくユニークな印象を受けました…!

思ったよりルールがややこしいですが、
そのぶん、しっかり読み込めば楽しいゲームをプレイできそうです!

ジャングリラ-o-20

箱も小さめですので、
次、どこかのボドゲ会に参加するときには、
持っていってみようと思っています。( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/01/17 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ジャングリラ  
|
ボードゲーム
「キルクス・マクシムス」





★開封

キルクス-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

キルクス-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

迫力のあるジャケットですね!

キルクス-o-03
▲箱のウラ面

ゲームの流れが3ステップで紹介されています。

キルクス-o-04
スペック

一応、プレイ人数は2~6人ですが、
2~3人プレイ時1人2役となります。



★箱をオープン!

キルクス-o-05
▲一発目はゲームボードでした!

キルクス-o-06
▲その下にプレイヤーシートと、

キルクス-o-07
タイル台紙

キルクス-o-08
▲そして、ここにルルブがあって、

キルクス-o-09
▲底にはダイスその他で、以上となります。



★タイル抜き!

キルクス-o-10
▲それでは、2枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

キルクス-o-11
▲はい、完了…!

キルクス-o-12
▲量のわりに時間がかかってしまいました。
▲全体的に、すごく抜き出しにくかった…( ̄▽ ̄;)

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難■□□易



★内容物

キルクス-o-22
ルールブック(日本語・全8ページ)

項目数は、そんなに多くはないんですが、
1項目ごとに細かく説明されている感じでした。

コマの動かし方の例が、ちょっと分かりにくかったですね。
理解はできましたが…。


キルクス-o-13
両面ボード(A面)

プレイヤーたちの戦車が走ることになるレースコースです。
A面は、特に何もありませんが…、

キルクス-o-14
▲両面ボード(B面)

B面は、コース上に何かがありますね…!
ここには進入できないのか、それともダメージを受けるのか…?
(※進入したら即死だとルルブに書いてありました!)

なお、両面ボードは2分割されていて、
A面とB面を組み合わせることもできるとのこと。


キルクス-o-15
戦車×5

うーん、これは残念な戦車です…。
台紙の質も良くなかったので、仕上がりがビミョーな感じ…。


キルクス-o-16
両面ラウンドカウンター×6

各プレイヤーの周回数を表示するカウンターです。
それにしても、なぜイルカなのでしょうか?
何か意味がありそうですね!


キルクス-o-17
両面戦車ボード×6枚

スピード」「ダメージ」「勝利の女神の恩恵」が示されていて、
戦車ごとに管理していきます。

裏面もありますが、こちらは追加ルールで使うようです。
戦車ごとに性能が違ってくるんだとか。


キルクス-o-18
ポイントクリップ×18

両面戦車ボードに3つ付けるクリップです。
数値が動いたら、クリップの矢印をスライドさせます。


キルクス-o-19
鉄びしマーカー×20

ゲーム中、鉄びしをまいたときに使用するマーカーです。
鉄びしがあるマスに入ると、1ダメージを受けてしまいます…!


キルクス-o-30
ダイス×5

このゲームの専用ダイスです。
レーンの変更」の出目だけは2面あります。



★コメント

とにかく戦車がダサい!!!

星屑、このゲームの戦車には心底ガッカリしました。

プラスチックでも木製コマでも何でも良いので、
厚紙以外で用意して欲しかったです…!

なぜ、このゲームの主役に、
もうちょっと力を入れなかったのか…解せぬ…。

…と、まずは最大の不満要素を吐き出させてもらってから、
とりあえず2プレイしてみた感想を。


良かった点は、妨害要素のバランス感覚です。

ダイスの出目によって、
鉄びし投げ槍による妨害を行えますが、
どちらも与えるのが1ダメージというのが気に入りました。

ダメージが少ないですので、
あまり"妨害された感"がなくて、
妨害がありながらもギスギスしにくい
といいますか、

それでいて、
ダメージは確実に蓄積していきますので、
じわじわと移動に制限がかかり退場が近づき…。

うまいことバランスが取られてるなァと思いました!


そして、戦車の動きが止められないというのも良かったです。

渋滞が発生してしまって、
うしろのプレイヤーは身動きが一切とれずイライラ…とかはなくて、
むしろ前の戦車に突っ込めますし、かわす道もありますし、
常に前進することができて、レースの疾走感が素晴らしい!

そのぶん、カーブでは悩まされるんですがね…( ̄▽ ̄ )


一方で難点は、ダウンタイムの長さでしょうか。

ダイスを振ってからのスピード調整と、ルート決定で悩むことが多く、
1プレイヤーごとのターンは、わりと長くなりがちです。
あまりテンポが良くないなァと感じました。
レースの展開が速いので、尚更そう感じるのかもしれませんが。


総合すると、
クレイジー・カート」の一部のシステムに、
Q-JET」のレース要素を足して、
2で割って水で薄めたような印象。

水で薄めたっていうのは、良い意味でです。
そんなにトゲトゲしくない妨害アリのレースゲームって感じですね。

キルクス-o-21

2人プレイでは、
自分でまいた鉄びしを自分で踏むようなところがクスッとくるくらいで、
1回したら、もういいかな…ってなりました。

5人プレイだと、これがかなり盛り上がりました!!
なんというか、みんなで「マリオカート」をやっているような面白さ…!

そして、5人でわちゃわちゃやっているわりには、
最後はなんだかんだで大接戦に収束するんです!

キルクス-o-31
▲中盤で半周差をつけられていたプレイヤーさんが、

キルクス-o-32
▲最後はトップに躍り出たほどで…!

あらためてゲームバランスの良さを実感できました。

やはり2~3人ではなく、
4人以上でのプレイをオススメしたいタイトルですね!



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/01/16 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 キルクス・マクシムス  
|
ボードゲーム
「チームプレー」




★開封

チームプレー-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

チームプレー-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ジャケットの時点で、すでにルール説明がなされています。

手前の役カードと、奥の数字カードを見比べると、
ああ、なるほどって感じですね!( ̄▽ ̄*)

チームプレー-o-03
▲箱のウラ面

"協力型「役コンプリート」カードゲーム"!!

このゲームは、プレイヤーが2人1組で協力して、
手札で役をつくっていこうというものなんです。

チームプレー-o-04
スペック

プレイ人数は3~6人ですが、
推奨は4人または6人です。

奇数人数の場合は、個人戦用ルールが適用されます。

また、8歳以上となっていますが、
足し算ができて、奇数・偶数がわかるなら、
8歳未満でもプレイすることは可能かと思われます。



★箱をオープン!

チームプレー-o-05
▲一発目はルルブ

チームプレー-o-06
▲その下にカード類があって、

チームプレー-o-07
▲以上となります!



★内容物

チームプレー-o-08
ルールブック(日本語・両面)

カードゲームではよくあるパターンの、縦長説明書ですね。
ルールがシンプルですので、書いてあることは少なめです。


チームプレー-o-09
▲ここからカード類


チームプレー-o-10
数字カード×64枚

内訳は、
の「」~「」が各4枚ずつ
の「」~「」が各4枚ずつ

同じ数字は、2色合わせて8枚あるというわけです。


チームプレー-o-11
役カード×46枚

役カードには、
数字カードを揃えてつくる"役"得点が記されています。



★役カード

それでは、
具体的な役のつくり方の例を見ていきましょう。

チームプレー-o-12
▲「」「」「」という役であれば、
赤の並び数字3枚を揃えることで完成します。

同じように…、

チームプレー-o-13
▲「」「」「」「」「」という役であれば、
青の並び数字5枚を揃えることで完成します。

3枚並び3得点だったのに対して、
5枚並び6得点と、相応の得点配分になっていますね。

チームプレー-o-14
▲「」「」「」という役の場合は、
赤のスリーカードを揃えることで完成します。

同じ色の同じ数字は、たった4枚しかありませんので…、
そのうちの3枚を集めるには、相方のフォローが欲しいところです。

チームプレー-o-15
▲やはり、同じ数字を3枚揃えるわけですが、
▲こちらは偶数という指定があり、色の指定はありません

("割り切れる"という意味で一本線が入っています)
(※奇数の場合はギザキザ線です)

チームプレー-o-16
青のカード3枚で足し算を完成させる…という、
▲変化球な役もありますが、視覚的に分かりやすいですね。



★ゲームの流れ

ゲームの流れはシンプルです。

まず、2人1組のチームをつくって、

チームプレー-o-21
▲チームメイト同士が対角線になるように席に着きます。

自分の手番になったら、

①手札が7枚になるように捨てる。

チームプレー-o-22


②場から数字カードを2枚獲得する。

チームプレー-o-23


③チームメイトに数字カードを0~2枚渡す。

チームプレー-o-24

以上で、次のプレイヤーのターンとなります。


各プレイヤーには、
常に役カード1枚ずつ配られていて、
役を完成させるたびに、新たな役カードを受け取ります。
(このとき、使った数字カードは捨て札になります)

チームプレー-o-25

また、場には全員共通の役カード1枚出ていて、
こちらを完成させても得点となります。
(ただし、早い者勝ちです)

そして、これが「チームプレー」の""なんですが、

チームメイト同士での相談は禁止されています!

チームメイトに数字カードを渡すことはできますが、
具体的に何が欲しいかを言ったり、聞いたりはできません

相方の役カードだけではなく、
獲得した数字カードと捨てた数字カードも、よく観察して、
適切な数字カードを差し入れられるようにプレイしましょう!

いずれかのチームが、
チーム内で合わせて8枚目の役を完成させたら、
そこから1周りして、ゲームは終了します。

チームごとに点数計算して、
もっとも得点が高かったチームが勝利です!



★コメント

ありそうでなかったタイプの協力型カードゲーム

"役をつくる"と聞くと、
人によっては難しそうに感じるかもしれませんが…、

この「チームプレー」の役は、
麻雀の役のようなややこしさは一切なくて、
どれもこれも、わかりやすいものばかりとなっています!

そして、それを自分ひとりではなく、、
タイトル通り「チームプレー」で完成させていく…!

"相談禁止"という縛りの中で、

ピタリと息が合って、
必要なカードの受け渡しができることもあれば、

なかなかお互いの思惑がかみ合わず、
渡したカードが返却されてしまう…なんてこともあります。

思わずお互いの顔を見て、
ガッツポーズだったり、苦笑いだったり…、
自分と相方、ふたりだけの"共有"を楽しみましょう!

注意点として、
相談がないということで、
協力型ゲームとしては、会話の盛り上がりが控えめです。

ワイワイガヤガヤ的なのとは、ちょっと違う感じ。

そのぶん、
以心伝心とか目は口ほどにものを言うとか、
そういうのを堪能できるってところをオススメしたいですね!

チームプレー-o-17
▲「チームプレー」をバッグに忍ばせていれば、
▲お手軽に"共有"を楽しむことができますよ…!( ̄▽ ̄*)



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/01/15 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 チームプレー  
|
ボードゲーム
「ケイラス」




★開封

ケイラス-o-01
2014年12月に買ったっきりになっていましたので、
▲ここいらで開封してみようと思います!


★箱の外観

ケイラス-o-02
▲箱のオモテ

この3人のおいちゃんたちは誰なのでしょうか…?
星屑には、まだ分かりません。( ̄▽ ̄ )

ケイラス-o-03
▲箱のウラ面

ケイラス」とは、どうやら村の名前らしく、
その近所に新たな城が建つことになるってんで、
ここからじわじわと発展していくらしいです!

ケイラス-o-04
スペック

1時間~2時間半って書いてますが、
経験者には「初プレイで3時間以上はかかるよ!」と言われました。
これは正真正銘の"重ゲー"ですね…!



★箱をオープン!

ケイラス-o-05
▲一発目は2冊のルルブ

ケイラス-o-06
▲その下にタイル台紙…なんですが、

ケイラス-o-07
▲すでにポロポロとタイルが落っこちていました。
▲これはタイル抜きの手間が省けますね…!( ̄▽ ̄*)

ケイラス-o-08
▲あとはゲームボードと、

ケイラス-o-09
▲もりだくさんのコマ類で、すべてです!



★タイル抜き!

ケイラス-o-10
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

ケイラス-o-11
▲はい、完了…!
▲ひとりでに抜け落ちるだけあって、とても抜きやすかったです!

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう。

ケイラス-o-12
ルールブック(2ヵ国語・全8ページ)

ページ数こそ、ほどほどって感じですが…、
中身は小さい文字がびっしり系のルルブでした!


ケイラス-o-13
ゲームボード×1枚

城の建設予定地へ向けて道が伸び、
その道には、建物を建てるためのマスがズラリと並んでいます!


ケイラス-o-14
1ドゥニエコイン5ドゥニエコイン

ドゥニエ…ちょっと言いにくい…( ̄▽ ̄;)


ケイラス-o-15
行政官コマ監督官コマ

もしかして、
箱のオモテのイラストのおっちゃんたちって、
この行政官と監督官だったりするんでしょうか…?


ケイラス-o-16
職人コマ×5色・各6個ずつ

いわゆるワーカープレイスメントの"ワーカー"ですね。
職人コマを建物に置くことで、アクションを行うようです。


ケイラス-o-17
家コマ×5色・各20個ずつ

建物を建設したり、城の建設に関わったりしたときに
配置するコマのようです。


ケイラス-o-18
マーカー×5色・各7個ずつ

手番順の表示や、恩恵の獲得など、
各所で使われるようです。


ケイラス-o-19
▲ちなみに、コマ類の個数は""って書いてありましたが…、
▲すべてピタリと揃っていて、問題ありませんでした!


ケイラス-o-20
資材コマ×5色

食料布地木材石材黄金の5種類です。


ケイラス-o-21
中立建物タイル×6枚

どのプレイヤーのものでもなく、
初期配置の時点からゲームボード上に置かれる建物です。


ケイラス-o-22
木造建物タイル×8枚

大工」のアクションによって、プレイヤーが建てられる建物です。
大工」は初期配置から登場します。


ケイラス-o-23
石造建物タイル×10枚

石工」のアクションによって、プレイヤーが建てられる建物です。
初期配置には「石工」がありませんので、先に建設する必要があります。


ケイラス-o-24
住宅タイル×7枚

毎ターン、収入をもたらしてくれる建物です。
やはり対応するアクションで建設します。


ケイラス-o-25
名声建物タイル×9枚

建築士」のアクションによって、プレイヤーが建てられる建物です。
自分が所有する住宅タイルと差し替えて配置します。



★コメント

購入した当時は、
まだまだ私星屑ボドゲ読解力が低すぎて、
買ったはいいけどとても扱えそうにないなァとお蔵入り…。

あれから2年経って、
そろそろいけるんじゃないかなァと、
おっかなびっくり引っ張り出してみて、
ルルブを読んで、うーん、ギリギリいけるかな…?

と、星屑の頭の中で、
ボドゲ会への持ち込みの当落線上をさまよっているのが、
このワーカープレイスメント・ゲーム「ケイラス」です。

"重ゲー"といわれるものの中では、
コンポーネントは少なめな方だと思うんですが、

いかんせん、
各ターンのフェイズの処理が多くて…。

パッと書き写しますが、

フェイズ1:収入の獲得

フェイズ2:職人コマの配置
a)パス
b)職人コマ1個を特別・中立・固定建物に置く
c)職人コマ1個を他プレイヤーの建物に置く
d)職人コマ1個を自分の建物に置く
e)職人コマ1個を城に置く。

フェイズ3:特別建物の稼動
a)門
b)交易所
c)商人ギルド
d)馬上槍試合場
e)馬小屋
f)宿屋

フェイズ4:監督官コマの移動

フェイズ5:建物の稼動
a)生産建物
b)建設建物
c)法律家
d)市場
e)露天商
f)教会
g)仕立屋
h)銀行
i)錬金術師
j)宝石細工師

フェイズ6:城の建設

フェイズ7:ターンの終了


と、これを頭に叩き込むのは、やっぱり大変そう…( ̄▽ ̄;)

ですが、ありがたいことに、
北九州ボードゲーム交流会さんでプレイさせてもらえそうですので、
まずは初プレイで勉強させてもらって、
それから復習していけば、何とかなるかもしれません。

ケイラス-o-26
▲いずれ、これをウチのボドゲ会で…!

そういえば、
ケイラス」といえば…、


カードゲーム版もあるらしいですね。

ボードゲームの方の「ケイラス」にハマったら、
こちらも入手してみようかと思っています!



ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/01/14 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ケイラス  
|
ボードゲーム
「トゥクトゥクウッドマン」




★開封

トゥクトゥク-o-01
▲amazonのマケプレから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

トゥクトゥク-o-02
▲ボールペンとのサイズ比較

縦長の箱で、わりと高さがあります。

トゥクトゥク-o-03
▲箱のオモテ

きこりが斧を振るっているイラストです。
この"木"の形状がポイントで…♪( ̄▽ ̄*)

トゥクトゥク-o-04
▲箱のウラ面

ウラ面には英語中国語によるゲームの説明があります。
そして、"産地:中國大陸"との表記。
"made in China"ではないんですね…!

トゥクトゥク-o-05
スペック

誰でも何人でもサクッとプレイできる良いスペックです!



★箱をオープン!

トゥクトゥク-o-06
▲さて、箱を開けていきましょう!

トゥクトゥク-o-07
▲一発目はルルブ。そして左側に

トゥクトゥク-o-08
▲その下にブロック類があって…、

トゥクトゥク-o-09
▲以上で内容物は全てです!



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

トゥクトゥク-o-10
ルールブック(3ヵ国語・全8ページ)

英語中国語と、あと1ヵ国は、これ何語なんだろう…?( ̄▽ ̄;)
ともかく、英語のページを読めば何とかなります!


トゥクトゥク-o-11
切り株ブロック×1

全ての土台となるブロックです。
この上に、他のブロックを重ねていきます。


トゥクトゥク-o-12
コアブロック×8

木の幹となるブロックです。
その四方は、樹皮ブロックをはめるために"凹"型になっています。


トゥクトゥク-o-13
樹皮ブロック×32(全3色)

ゲーム中に獲得を目指すことになるブロックです。
その内側は、コアブロックにはめるために"凸"型になっています。


トゥクトゥク-o-14
×1

ゲーム中、プレイヤーたちが振るう斧です。
"TocTocWoodMan"のロゴ入り。



★ちょっと紹介!

すごくシンプルな内容のタイトルですので、
さらっとゲーム内容を説明してみたいと思います。


☆ゲームの準備

トゥクトゥク-o-15
▲まず、テーブル中央に切り株を置いて、
▲その上にコアを重ねます。

トゥクトゥク-o-16
コアの四方には、樹皮をはめましょう。
(色は得点に関係ありませんのでテキトーでOK)

トゥクトゥク-o-17
▲これをくり返して…、

トゥクトゥク-o-18
▲全てのブロックを使い、
8段重ねの木が完成したら、準備完了となります!



☆ゲームの手順

トゥクトゥク-o-26
▲自分の手番では、斧を2回振るいます

横からでも上からでもナナメからでも、
どの方向から、どんな強さで振るってもよくて…、

斧を振るった結果、
落下した樹皮ブロックとコアブロックは、
すべて、落下させたプレイヤーが獲得します。


そして…、

トゥクトゥク-o-32
樹皮は1つ1点で、コアは1つ-5点です。

つまり、
いかにコアを落とさずに、樹皮を落とすか…!
これが、このゲームのテーマとなっています!

★コアブロックと樹皮ブロック

トゥクトゥク-o-19
1つコアブロックにつき、
4つ樹皮ブロックをはめます。

トゥクトゥク-o-20
コアブロックの四方のくぼみに、

トゥクトゥク-o-21
▲上から樹皮ブロックを挿し入れて…、

トゥクトゥク-o-22
▲これでバッチリはまりました

こういう形状ですので…、

トゥクトゥク-o-24
▲樹皮ブロックは、ヨコ方向に引っ張っても抜けませんが、

トゥクトゥク-o-25
タテ方向にはストンと落ちるようになっています…!

これを踏まえて……


トゥクトゥク-o-27
▲斧を横から振るうことで、

トゥクトゥク-o-28
▲ブロックをスライドさせれば、

トゥクトゥク-o-29
▲樹皮は思いのほか簡単に落下します

しかしながら、ゲームが進むにつれて…、

トゥクトゥク-o-30
▲木はどんどんアンバランスに…!

コアを落としてしまうと大きな失点になりますので、
ゲームは終盤へ向けて緊迫ムードになっていって…、

トゥクトゥク-o-31
▲さあ、こんな状態になってしまったとき、
▲プレイヤーはどう斧を振るったものでしょうか…?

木を、横から、上から、あらゆる角度から見て、
どの部分を、どの角度から打てば良いか、
おおいに悩んでプレイしましょう!( ̄▽ ̄ )



★コメント

やっと届きました…!

ずいぶん前に、大分県中津市葉さんから教えてもらった、
タワー系アクションゲーム「トゥクトゥクウッドマン」!!

確か、台湾のデザイナーさんのタイトルだっておっしゃってたかな?
日本では、あまり出回っていないとかで…入手できてめちゃ嬉しいです!

タワー系のアクションゲームといえば、
ジェンガ」とか「キャプテン・リノ」とか「ヴィラ・パレッティ」とか、



豊富なラインナップがありますが、

そんな中にあって、
トゥクトゥクウッドマン」は異彩を放っています!

なんてったって、斧!!!

星屑、テレビゲームでRPGをプレイするときは、
絶対に斧系の武器を選ぶくらいには斧が好きなんですが、

その斧を、リアルに振るうことができるんです…!

もうですね、この事実だけでゴハンを3杯は…って、
星屑斧への果てしないロマンはともかく…( ̄▽ ̄;)コレジャ アブナイヒト ダ

自分の手番には斧を2回振るうだけという、
とてもわかりやすいルールに、

なんてことはないんですが、
グッとくるブロックのギミックに、

子どもでも大人でものめり込んでしまう、
一本の木のダイナミックな変化…!

そんなに大きくない箱の中に、
きっちりとドキドキ感ハラハラ感が詰まっています!!

アクションゲームには、
タンブリンダイス」や「ストライク」や「ドッカーン!」など、
オススメしたいタイトルが多いんですが…、

タワー系ならば、
この「トゥクトゥクウッドマン」がイチオシですね!


こんなにも素晴らしいタイトルを教えてくれた葉さん
本当にありがとうございました!!!



ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/01/13 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 トゥクトゥクウッドマン  
|
ボードゲーム
「サルガッソーからの脱出リボーン」




★開封

サルガ-o-21
▲amazonから届いたので、さっそく開封してみましょう!


★箱の外観

サルガ-o-01
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

イラストの奥へと移動しているのが、
どうやら、宇宙船"ナイトクラーケン号"のようです。

サルガ-o-02
▲箱のウラ

それにしても、ユニークなキャラクターたちですね…!
下部のイラストは、船外活動の様子でしょうか。

サルガ-o-03
スペック

プレイ人数の幅は広めですが、
2人プレイの場合は、1人2役になり、
3人プレイの場合は、登場しないキャラがいるようです。



★箱をオープン!

サルガ-o-04
▲一発目はシートルルブ

サルガ-o-05
▲その下にゲームボードと、

サルガ-o-06
キャラシー

サルガ-o-07
タイル台紙はここにあって、

サルガ-o-08
▲最後にミニチュアダイスガラスタブレットで、
▲以上となります!



★タイル抜き!

サルガ-o-09
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

サルガ-o-10
▲はい、完了…!

サルガ-o-11
▲タイムは、ご覧の通りでした。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

それでは一つ一つ見ていきましょう!

サルガ-o-12
ルールブック(日本語・全8ページ)

ルールだけではなく、各キャラクターの設定なども載っています。

サルガ-o-13
ゲームボード×1枚

中央の"ナイトクラーケン号"を囲むように、
各種ゲージが配置されています。

サルガ-o-16
ガラスタブレット(クリア)

ゲームボード上の、3種類のゲージの上に置くマーカーです。
〈船体ゲージ〉にはクリア
〈観測ゲージ〉には
〈脱出ゲージ〉にはとなっています。

サルガ-o-14
キャラクターシート×6枚

キャプテン」を中心とした5名のクルーたちに、
プリンセス」が加わって、合計6名。

それぞれ違う能力をもっていて、
協力して宇宙船の内外で活動していくことになります。

サルガ-o-17
ガラスタブレット()

キャラクターシートの〈体力ゲージ〉に置くマーカーです。
体力がなくなったキャラクターは、行動不能になってしまいます。

サルガ-o-15
トークン類(4種類)

各船室が受けたダメージを表す「ダメージチップ」、
酸素室が3ダメージを受けると置かれる「酸欠トークン」、
宇宙船に接近し、激突するとゲームオーバーになる「小惑星」、
活動の妨害をしてくる「宇宙海藻」…の全4種類です。

サルガ-o-18
ダイス×2色・各6個

ダイスを振る個数も機会も多いゲームということで、
ダイスはふんだんに用意されていますね。

サルガ-o-19
メタル製ミニチュア×6体

ゲームボード上を移動するミニチュアです。
塗装スキルがあれば、
良い感じに仕上げられるんですけどねぇ…( ̄▽ ̄ )



★コメント

星屑が久しぶりに、勢いだけで買ったタイトルです。

商品の説明文を読んでいると、、
"スターダスト運輸"というワードを発見し…、
とてつもない親近感を覚えて、次の瞬間にはポチっていました!

で、フタを開けてみると…、

サルガ-o-20

あ、「ドラスレ」と一緒の底部…!
あちらとデザイナーさんが同じことに、ここで気付きました。

これ、ほんとコンポーネントの整理が楽で良いんですよね。
めちゃありがたい!!

そして、ゲームの内容ですが、
"「ドラスレ」のコンパクト版"って印象を受けました。

ほとんど同じシステムで、いろいろ縮小されている感じ。

これを、
肩の力を抜いて楽しめると思うか、
淡白で面白みに欠けると思うかは、
プレイヤーによって分かれそうですね。

星屑的には、
ゲームのテーマがハッキリしているところが好みです。

観測
して→ルートを見つけて→脱出する
という分かりやすい流れに、
小惑星が船体に接近するとか、宇宙船内の部屋が故障するとか、
これまた分かりやすいハプニング。

そして、各キャラクターの特殊能力がシンプルなところも良いですね。
独特な世界観や雰囲気も気に入りました!

一方で、
宇宙船の各部屋の説明が、ルールブック内にしかないのが難点。

部屋ごとのアクションや故障時のデメリットは、
ゲームボード上に表記するか、サマリーをつくって欲しかったです。
いちいちルールブックを見なければならず、ゲームが止まります
せっかくテンポが良いタイトルなだけに残念…。

これについては、個人的に、
各部屋の説明や、爆発などのルールをまとめたサマリーを作ってみる予定です。

うまくインストすることができれば、
初心者にも理解してもらえるタイトルだと感じましたので…、
ちょっとインストの練習をしてから、ボドゲ会に持ち込んでみます!





記事を閉じる▲

【2017/01/12 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 サルガッソーからの脱出リボーン  
|