RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「アルハンブラ」




★本体ルール説明(1/4)

☆ゲームの目的と準備

今回:本体ルール説明(1/4)←いまココ
次回:本体ルール説明(2/4)


おはようございます。星屑です。

今日からは4記事に渡って、
アルハンブラ」のルールを整理していきたいと思います!

その後で、
5つの拡張のルールも整理していきますので、
しばらく続くアルハンブラ期間に、どうかお付き合いください!!



★ゲームの目的

テーマはスペインの"アルハンブラ宮殿"です。

プレイヤーは、
庭園職人や石工といった建築家たちの力を借りて、
"アルハンブラ"の建築を目指します。

その際、建築家たちには、
代価として賃金を支払うことになるんですが…、

この賃金の支払いに使う通貨4種類もあって、
これらを正しく使い分ける必要があるんです…!

うまくお金のやりくりをしながら、
自分だけの"アルハンブラ"をつくりあげていきましょう!

ゲーム中に合計3回得点計算では、
6種類ある建物それぞれについて、
より建築数の多いプレイヤーが点数を得ます。


さらに、
"外壁"の長さによっても点数を得ます。

ゲーム終了時に、
いちばん得点を集めていたプレイヤーが勝者です!



★ゲームの準備

まずはゲームの準備をしていきましょう!


アルハ-r-0-1-05
広場得点ボードをテーブル上に置きます。


アルハ-r-0-1-01
▲各プレイヤーは、
スタートタイル1枚と同色のマーカー2つを受け取り、

アルハ-r-0-1-02
スタートタイルの上にマーカーを1つ置いて、

アルハ-r-0-1-03
得点ボードの左隅に、もう1つのマーカーを置きます。

アルハ-r-0-1-07
▲そして、チャート付き予備エリアを自分の前に置きます。


アルハ-r-0-1-04
建物タイル54枚すべてをの中に入れます。


アルハ-r-0-1-06
▲袋から建物タイル4枚をランダムに引いて、
▲引いた順に、広場の数字のマスに配置します。


アルハ-r-0-1-08
お金カードの山から、得点計算カード2枚とも抜き出して、
▲残りをシャッフルします。


アルハ-r-0-1-09
▲プレイヤーは1人ずつ、初期資金を獲得します。

アルハ-r-0-1-10
お金カードを1枚ずつ公開していって…、

アルハ-r-0-1-11
▲色を問わず、お金の価値の合計が20以上になったら、
公開したカードを全て獲得します

アルハ-r-0-1-12
▲お金カードの公開は、20ジャストでもストップします。

これを1人ずつ行っていき、全員が終えたら…、

アルハ-r-0-1-13
▲以後、お金カードは各プレイヤーの手札に入って、
非公開情報となります。


アルハ-r-0-1-14
獲得したお金カードの枚数が最も少ないプレイヤーが、
スタートプレイヤーになります。
※枚数が同じ場合は、より額面の少ないプレイヤーです。


アルハ-r-0-1-15
▲山札から、
お金カード4枚を表向きで広場のとなりに配置します。


残りのお金カードは…、

アルハ-r-0-1-16
▲まず適当に同じくらいの5つの山に分けてから、

アルハ-r-0-1-17
▲「」と「」の得点計算カードを追加します。

アルハ-r-0-1-18
2つ目の山に「」の得点計算カードを、
4つ目の山に「」の得点計算カードを、
▲それぞれ混ぜて…、
(得点計算カードを混ぜた山はシャッフルしておきましょう)

アルハ-r-0-1-19
1つ目の山いちばんに、
5つ目の山いちばん下になるように…、

アルハ-r-0-1-20
▲5つの山を積んで、ひとつの山札にします。


これで、ゲームの準備が整いました!



次回は、
ゲームの手順について整理していきたいと思います!( ̄▽ ̄*)



→次回:本体ルール説明(2/4)
開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/02/07 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アルハンブラ  
|