RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キャッチ・ザ・ムーン」




★開封

CTM-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

CTM-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。


しーぷミステリウムみたいな素敵なイラストね!」

星屑「確かに、俺もディクシットのカードを思い出した!」


CTM-o-03
▲箱のウラ面

簡単なルール説明を見てみると、
つまり変則的なタワー系バランスゲームのようですね。

CTM-o-04
スペック

対象年齢6歳~で、
プレイ人数は広めの2~6人で、
プレイ時間は短めの20分



★箱をオープン!

CTM-o-05
▲一発目はルルブ

CTM-o-06
▲その下に、コマ類ダイスはしごがあって、

CTM-o-07
▲最後に土台が出てきました。

CTM-o-08
▲なお、箱の底部はダイストレイになっているようです。



★内容物

CTM-o-09
ルールブック(全8ページ)

しーぷが「絵本の表紙みたい!」と感嘆の声を上げたルルブですが、
そのページをめくると、中は意外や意外、
すごく和風なデザインになっていて驚きました…!( ̄▽ ̄;)

CTM-o-10
はしご×30本

全部で10種類はしごは、それぞれ3本ずつあります。

CTM-o-11
プラスチック製土台×1つ

ぽつぽつと空いている穴にまっすぐなはしご2本を挿し込んで、
ゲームはスタートするようです。

CTM-o-12
木製の月の涙×7個

"月の涙"という、なんだか日本酒の銘柄っぽいコレは、
はしごを接地させてしまったプレイヤーが受け取ることになります。
そうして最後に月の涙の数が最少のプレイヤーが勝者というわけですね。

CTM-o-13
木製ダイス×1個

3種類の出目が、それぞれ2面ずつある特製ダイス。
自分のターンが回ってきたら、まず振って、
その出目の指示に従ってはしごをかけていきます…!

CTM-o-14
▲もし、はしご2本の出目ならば、

CTM-o-15
他のはしご2本ちょうどに触れるように、

CTM-o-16
新たなはしごを配置しなければなりません。

CTM-o-17
▲もし、はしご1本の出目ならば、

CTM-o-18
他のはしご1本のみに触れるように、
新たなはしごを配置しなければなりません。

CTM-o-19
▲2本以上のはしごに触れない繊細さが求められますね…( ̄▽ ̄ )

CTM-o-20
▲そして、の出目ならば、

CTM-o-21
新たなはしごの一端が全体で最も高い位置に来るように、
▲なおかつ、他のはしご1本か2本のみに触れるように、
▲配置しなければなりません。

こうして次々とはしごを配置していって、
その中で崩さない我慢くらべをするというわけです。( ̄▽ ̄*)



★コメント

さっそく、妻しーぷとお試しプレイをしてみたんですが、

CTM-o-22
▲こんな感じになりました!!

いびつなカタチのはしごを、どう配置したら崩さないですむか…?

これが、意外と大丈夫だったり意外と大丈夫じゃなかったり

はしごが接地しない限り、配置のやり直しがきくというルールのおかげで、
頭の中でのイメージを、どんどん試してみられる面白さがありました!
(そしてあっさり落下して、顔を見合わせて笑って…みたいな)

CTM-o-23

万人受けするかというと、ちょっと分からないですが、
バランスゲームが好きな方にはオススメですね。

星屑なんかは、
さっきから一人で延々とはしごをかけ続けてたり。( ̄▽ ̄*)
(しーぷはというと、あまりにも崩してしまうので諦めてしまいました…)

来月のウチのボドゲ会に持っていきますので、
ぜひぜひ、星屑と月をつかみましょう♪



キャッチ・ザ・ムーン 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/28 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 キャッチ・ザ・ムーン  
|
ボードゲーム
「ひつ陣」




★開封

ひつ陣-o-01
▲今回はamazonでポチりました!


★箱の外観

ひつ陣-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

やたらとインパクトのあるタイトルからの、
シンプルでかわいらしいジャケットですね!

ひつ陣-o-03
▲箱のウラ面

内容は個性いっぱいのひつじたちを並べるゲームとのこと。
どうやら"陣取り"の要素はないようです。よかった…( ̄▽ ̄;)←苦手

ひつ陣-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間はやや短めの20~30分

対象年齢8歳~となっていますが、
数字さえ分かれば、もっと小さな子でもプレイできるかと思います!



★箱をオープン!

ひつ陣-o-05
▲箱の中には、めいっぱいのカードが2包みと、

ひつ陣-o-06
ルルブのみが入っていました!



★内容物

ひつ陣-o-07
ルールブック(日本語・両面)

さらさらっと読める内容で、
難しいことは特に書いてありません。

ひつ陣-o-08
▲後はカード類となります。

ひつ陣-o-09
スタートプレイヤーカード×1枚

牧羊犬なのかペットなのかは判りませんが、
とにかくワンちゃんがかわいいカードです♪( ̄▽ ̄*)

なお、このゲームでは、
スタPカードは最後まで動きません。

ひつ陣-o-10
ボーナスカード×7枚

ゲーム終了時、各プレイヤーの牧場内にある、

・鈴アイコンのカードの最大接続数
・ハートアイコンのカードの数
・星アイコンのカードの数


…を比べて、
それぞれの上位プレイヤーが得られるカードです。

2人プレイでは、およそ得点の3~4割を占める感じでした。

ひつ陣-o-11
ひつ陣-o-12
ひつじカード×100枚

このゲームの主役を務めるカードたちです!

写真うつりの関係で、カードに濃淡が出てしまっていますが、
カードはピンクの全6色ですね。

ひつじカードには、
手札から牧場に配置するときに参照する「数字」と、
アイコンによって示されている「特殊効果」と、
このひつじが"何匹でいたいか"を表す「ひつじの数」と、
"何匹でいたいか"を満たしたら得られる「VP(勝利点)」が、
それぞれ記載されています。

ちなみに、私星屑はもちろんピンク羊がお気に入りで、
しーぷはジャケットにもなっている黄羊が好きだと申しておりました♪
(色による表情の違いをチェケラ!!)



★どんなゲーム?

ひつ陣」は…、

ひつ陣-o-14
▲共通の場から選んで獲得した「ひつじカード」を、
▲自分の「牧場」に配置していくだけのゲームです!

その配置方法ですが、

ひつ陣-o-20
▲すでに自分の牧場に並べているひつじカードのうち、
▲任意の1枚を「起点」に指定して、

ひつ陣-o-16
▲その「起点」に、手札から出したひつじカードを、
▲"ひと筆書き"の要領で接続していきます。

このとき、配置するひつじカードは、

・「起点」の数字と同じ数字のカード
・「起点」の数字から並び数字になっているカード

…の、どちらかであれば、
手札から一度に何枚でも出すことができます。

例えば「起点」が「」のカードならば、
」→「」→「」→「」や、または、
」→「」→「」…といった接続ができるわけですね。

ひつ陣-o-18
▲そして、ひつじたちには、
▲それぞれ"何匹でグループをつくりたいか"という要望があり…、

ひつ陣-o-17
▲同じ色のひつじをつなげて、この要望を満たしてあげることで、
▲プレイヤーはVP(勝利点)を獲得することができます!
(この画像の場合、灰色羊も1グループだけ完成していますね)

他にも…、

ひつ陣-o-13
▲カードごとに「特殊効果」があり、
▲これによってボーナスのVPが獲得できます!

"こっちを立てると、こっちが立たない"…というジレンマの中で、
いちばんVPを稼いで勝利するのは誰か…?

ひつじのパズルを楽しんでまいりましょう♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

星屑と妻しーぷ
""のゲームと""のゲームは積極的に集めることにしておりまして、
今回も、その一環としてポチりました!

そうです、タイトル買いです。
いつも通り、ほとんど内容を知らないままに手を出しました。

同ブランドのタイトルでは、
以前に購入した「ジャングリラ」がピンときませんでしたので、
正直なところ、そんなに楽しみにはしていなかったんですが…、

この「ひつ陣」は良かった!!

アクションの内容もゲームの目的もごくシンプルで、
2人プレイだとあっという間に終わります。

それでいて、ジレンマはしっかりと感じられて
かといって、プレイしていて息苦しさのようなものはなく
のびのびと考えながらカードとにらめっこできる…!

そして、なんといってもひつじがかわいい♪( ̄▽ ̄*)

ルールも、バランスも、
この小さな箱に、きっちりとまとめあげられています!


星屑
"必携の小箱"といえば「DMD」と「ゼロ」でしたが、
これからは「ひつ陣」も追加することにしました…!

ひつ陣-o-19
しーぷと対戦中の星屑の図。

さっそく、次回からは、
しーぷとのひつ陣プレイ記を書いていきたいと思います!!



ひつ陣 関連記事
→プレイ記その1

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/22 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ひつ陣  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その2(2/2)

キンドミ-p-アイキャッチ-2

初回:プレイ記その1(1/3)

前回:プレイ記その2(1/2)
今回:プレイ記その2(2/2)←いまココ


1ゲーム目の反省点を踏まえて、
ここまでソツのないプレイングを続けている妻しーぷ

対する私星屑はというと、
頼みの綱がだけという苦しい状況になってしまいました。( ̄▽ ̄;)

両極端なプレイスタイルとなった二人の対戦は、
どのような結末を迎えるのでしょうか…?



★5ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-2-01
▲5ターン目に補充されたのは左の4枚。


星屑「おおっ、恵みのが出た上に、」
星屑王冠付きの牧草地が手の届くところにある…!」

しーぷ「あらー、欲張って鉱山を取るんじゃなかった…」

星屑「まだ俺にもチャンスがあるかも!」


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-2-02
星屑は、まずダブル海のドミノを確保して、

キンドミ-p-2-2-03
ダブル森は王国の右上に配置。

キンドミ-p-2-2-04
▲ここで、王国内に「」ができてしまったことで、

星屑「(あ、この王国は完成しないんだ…)」

星屑「(やっぱり俺にチャンスはなさそう…)」

今更ながら、星屑は「調和」の破綻に気付いたのでした。( ̄▽ ̄;)

キンドミ-p-2-2-05
▲気を取り直して、2コマ目で王冠2つの牧草地を押さえ、

キンドミ-p-2-2-06
王冠1つの海を配置して、海エリアを強化します。


しーぷ「さすがに王冠付きの牧草地は渡してもらえないか…」

星屑「妨害よりも、自分のことを優先していくスタイルだけど…、」
星屑「このドミノを渡すと、残りが消化試合になっちゃうからね」

キンドミ-p-2-2-07
しーぷは残ったドミノを確保した後、
▲前ターンに獲得した王冠2つの牧草地を接続しました。



★6ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-2-08
▲6ターン目に補充されたのは右の4枚。

キンドミ-p-2-2-09
▲この補充により、箱の中のドミノは空っぽになりました。


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-2-10
▲このターンも1番手の星屑は、
▲王冠には見向きもせず、のドミノを選択。

キンドミ-p-2-2-11
▲さらに、王国に配置するのはダブル海のドミノ…!


星屑「もう俺はに生きてに死ぬ!」

星屑「まさに星屑大暴走【キャント・ストップ】やー!!」

しーぷ星屑らしい思い切りの良さね」

しーぷ「じゃあ、私は…、」

キンドミ-p-2-2-12
しーぷ王冠2つの沼地を選んでから、

しーぷ必殺!

しーぷ羊天国【シープ・パラダイス】!!

キンドミ-p-2-2-13
▲ついに牧草地を完成させました…!
▲おまけに麦畑も完成!!

キンドミ-p-2-2-14
▲そして、これが星屑にとって最後のチョイスです。

さて、次の最終ターンでは、星屑はドミノを1枚しか置けません。
(もう1枚は、どうあっても入らないため)

そのラスト1枚で星屑が配置したいのは、
2段目ののドミノです。

しかし、ここで1段目の麦畑麦畑のを選んでしまうと、
最終ターンに1段目のドミノから置かなければならないので、
その麦畑麦畑ラスト1枚のドミノとなってしまいます。

つまり、のドミノは置けなくなるわけですね。

それでは困りますので、
ここでの選択肢は、よりも下段のドミノに絞られて…、

星屑は3段目の麦畑鉱山のドミノを選択しました!

キンドミ-p-2-2-15
王冠2つの牧草地は、麦畑の接続により、なんとか配置…( ̄▽ ̄;)

キンドミ-p-2-2-16
しーぷも、王冠2つの沼地スタートタイルに接続して…、

ついに最終ターンを迎えます!!



★最終ターン

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-2-17
▲もはや補充はありません。
▲残り4枚のドミノを、上から順番に配置していくだけです。


②ドミノの選択&配置

まずは、しーぷダブル麦畑ドミノからですが…、

しーぷあ、あれ…?

星屑「ん、どうしたの?」

しーぷしまった、どこにも置けない!!

星屑「え」

キンドミ-p-2-2-18
しーぷの王国を見てみると、
▲確かに麦畑を接続できる場所が一つもありません…!


しーぷ「前のターンに沼地を押さえて安心してたけど、」
しーぷ「そっか、配置は上段のドミノからだったね…」

星屑「まさかの勘違いなの…!?」

しーぷ「うん、そのまさか…」


キングドミノ」のルールでは、
1枚でも配置できないドミノが発生してしまったら、
そのドミノが捨て札になるだけではなく、
以降のドミノも全て捨て札になってしまいます。


つまり、
この時点でしーぷの王国づくりは終わったのです…!


星屑「といっても、俺もあと1枚で終わるんだけどね」

キンドミ-p-2-2-19
星屑は、2段目のドミノを、

キンドミ-p-2-2-20
▲王国の上側に配置します。

そして、このために犠牲になった3段目の麦畑鉱山ドミノは、

キンドミ-p-2-2-21
▲予定通り捨て札となって…、

これでゲームが終了しました!!



★得点計算

星屑「さて、どうなったかな?」

しーぷ「まさか、最後の最後で破綻するなんて…!」

キンドミ-p-2-2-23
星屑のドミノによる得点は47点

星屑36点まで伸びたのが大きかった!」

しーぷ「確か、1ゲーム目の36点じゃなかったっけ?」

星屑「あっちは12マスで36点で、」
星屑「こっちは9マスで36点…、」

星屑王冠1つの威力がよく分かるね!」

キンドミ-p-2-2-25
星屑の城は中央にはなく、
星屑の王国は完成していませんので、
▲追加得点はありませんでした。


キンドミ-p-2-2-24
▲一方、しーぷのドミノによる得点は32点

しーぷ「思ったよりも牧草地が伸び切らなかったなぁ…」

星屑中央王国を目指すと、」
星屑「どうしても広さを稼ぎにくくなるからね」

しーぷ「逆に星屑は、」
しーぷ「ハナから中央王国を捨てることで、」
しーぷ「思う存分、を広げることができたってわけだ」

キンドミ-p-2-2-26
しーぷの城は中央にあり、
しーぷの王国は完成していませんので、
しーぷは「中央王国」の10点を得ます。


その合計得点は…、
星屑47得点で、しーぷ42得点

よって、星屑の勝利です!!


星屑「うおっ、」
星屑「まさか勝てるとは思わなんだ…!」

しーぷ「油断したー!」
しーぷ「こんなカタチで詰めの甘さが出ちゃうとは…」

星屑追加ルールの面白みが出たね」

星屑中央王国調和も、得点は大きいけど、」
星屑「やっぱりプレイングが縛られてしまうわけで」

しーぷ「私、中盤あたりから、」
しーぷ「王冠を捨ててでも完成を目指すべきだったかなぁ」

星屑「まぁ、すべては結果論だけど、」
星屑「取捨選択が大事なのは間違いないよね」

しーぷ星屑は見事に取捨選択して、」
しーぷ「追加得点なしで47点…」

星屑「その辺、よく出来てるゲームだと思った!」
星屑中央王国調和も強すぎない…というか、」

星屑「今までも何度かプレイしてきたけど、」

星屑「1~2地形に特化するプレイングが強いかと思えば、」
星屑「4地形を使ったバランス型で勝ったプレイヤーさんもいたし、」

星屑「王国が完成した方が強そうなイメージがあったけど、」
星屑「未完成の王国でも普通に勝っちゃうし…」

しーぷ「なんというか、ゲームバランスが絶妙って感じね」

星屑「そうなんよ!」
星屑「だから、何度でもくり返してプレイしたくなる…!」

しーぷ「次は、また違う追加ルールを導入してみる?」

星屑「そうやね、」
星屑「いつか"壮大な決闘"もやってみたいね!!」



…というわけで、「キングドミノ」の2連戦でした!

この2ゲームからは、学んだことが実に多くて、
星屑しーぷも"何か"をつかめたような気がします。
(決してイッシーカラドラではなく)

これを次のプレイにつなげられたら良いのですが…( ̄▽ ̄ )


2人対戦で48枚のドミノを全て使い、
7マス×7マスの王国をつくる"壮大な決闘"については、
いつやることになるか分かりませんが、
プレイした際には、また記事にするつもりです。
お楽しみに!


それでは、
長い記事に最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

次回もしーぷ羊天国【シープ・パラダイス】が炸裂します!!

管理人・星屑トランペッター



「キングドミノ」 関連記事
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/21 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その2(1/2)

キンドミ-p-アイキャッチ-2

初回:プレイ記その1(1/3)

前回:プレイ記その1(3/3)
今回:プレイ記その2(1/2)←いまココ
次回:プレイ記その2(2/2)


大分県宇佐市で「キングドミノ」!

前回に引き続き、私星屑と妻しーぷで、
それぞれの王国の拡大を競っていきます…!

2ゲーム目は、少しばかりのスパイスを効かせて…ということで、
2つの選択ルールを導入してみることにしました!

よりパズル感が増した「キングドミノ」を制するのは、
果たして、どちらの国王なのでしょうか…?



★選択ルール

キングドミノ」には4つの選択ルールがあるんですが、
今回は、その中の「中央王国」と「調和」を導入します。

☆中央王国

王国の中央に城があれば+10名声点


""というのは"スタートタイル"のことで、
"中央"というのは"上からも左からも3マス目"ということになります。

つまり、ゲーム終了時に、
5マス×5マス内の、ちょうど真ん中に城があれば、
追加の10点を獲得できる
というわけですね!

キンドミ-p-2-1-28
▲こちらが「中央王国」の条件を満たしている例で、

キンドミ-p-2-1-29
▲こちらは「中央王国」の条件を満たしていない例です。

王国の完成・未完成に関わらず、
とにかく城が真ん中にあれば10点となります。


☆調和

王国が完成すれば+5名声点


"完成"というのは、
"5マス×5マス=25マスの正方形の王国が出来上がること"です。

つまり、ドミノを1枚も捨て札にしなければ、
追加の5点を獲得できる
というわけですね!

キンドミ-p-2-1-30
▲こちらが「調和」を満たしている例で、

キンドミ-p-2-1-31
▲こちらは「調和」を満たしていない例です。


中央王国」と「調和」を両立させることができれば、
それだけで+15点となりますので…気張ってまいりましょう!!



★1ターン目

①ドミノの補充

ドミノを4枚引いて、数字の小さい順に並び直してから、
1ターン目のドミノの選択が始まります…!


②ドミノの選択

キンドミ-p-2-1-01
▲1ターン目だけの"くじ引き"の結果は、
星屑しーぷ星屑しーぷの順となりました。


星屑「さて、前回はのお陰で高得点だったわけだし…、」
星屑「今回も、とりあえずから押さえていこうかね」

キンドミ-p-2-1-02
星屑の1手目は王冠1つの森を選択。


しーぷ「これ、簡単にを取らせてしまうと、」
しーぷ「また手の付けられないことになっちゃいそうだから…、」

キンドミ-p-2-1-03
▲しーぷの1手目も王冠1つの森をチョイス。


星屑「うーん、楽には走らせてくれんか…( ̄▽ ̄;)」
星屑「まるでイーグルスに迫るホークスみたいやね!」

しーぷ「やめてよ、ここんとこ毎日ヒヤヒヤしてるんだから…!」

キンドミ-p-2-1-04
星屑の2手目はを含むドミノを選択。


しーぷ「結局、を持っていかれるんだよね…」

キンドミ-p-2-1-05
▲最後にしーぷが残りの1枚に国王駒を置いて、
▲ターンエンドです!



★2ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-1-06
▲2ターン目に補充されたのは右側の4枚。


星屑「あのさ、1段目のに"何か"がいるよね…?」

しーぷ「これ、あの有名なネス湖の"ネッシー"じゃない?」

星屑「それか、池田湖の"イッシー"かも?」

しーぷ「どう考えても鹿児島県が舞台のゲームではないでしょ…!」

スーパーマリオ64」に"ドッシー"ってのもいましたね。( ̄▽ ̄*)


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-1-07
▲1番手の星屑王冠1つの海を選択。


しーぷ「あら、王冠付きの森を選ばなかった…?」

星屑イッシーに切り替えていく!」

キンドミ-p-2-1-08
▲移動元のドミノは、このように配置。

王国の左側にを出しておきます。

キンドミ-p-2-1-09
▲2番手のしーぷ王冠1つのドミノを選択。


しーぷ「じゃあ、王冠付きの森は遠慮なくいただきます」

星屑「よし、これでイッシーは俺のものだ…!」

しーぷ「なにそのイッシーへの執念…」

キンドミ-p-2-1-10
▲3番手の星屑のドミノを選択。


星屑「ねんがんのイッシーをてにいれたぞ!」

しーぷ王冠2つ広い海…これはヤバイかも…!」

キンドミ-p-2-1-11
のドミノは、城の左に配置。

ここから左上に向かって海エリアを広げていく構想です!

キンドミ-p-2-1-12
▲一方のしーぷはS字からのスタートとなりました。



★3ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-1-13
▲3ターン目に補充されたのは左側の4枚。


しーぷ「この牧草地の上空にも"何か"がいるみたいね」

星屑「あの影は…まさか…、」
星屑「ドラゴンロードの"カラドラ"じゃないか…!?」

しーぷカラドラ…?」

星屑ダンジョンクエストの宝物庫の主だよ!!」

しーぷ「え、ダンクエのドラゴンに正式名称があったんだ…」

星屑「まさか、こんな平和な場所でカラドラと戦うことになるとは…!」

しーぷ「いや、ならないから!!」
しーぷそういうゲームじゃないからこれ…!


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-1-14
▲1番手の星屑王冠1つの海を選択。


星屑「よし、これで3つ目の海の王冠ゲットだ!」

星屑「(麦畑の王冠は取られるだろうけど、)」
星屑「(今回も、どうやらは不作みたいだし…)」

キンドミ-p-2-1-15
星屑ダブル海のドミノを、王冠付きの海に接続しました。


しーぷ「えっ、うそ、その位置でいいの??」


さて、この星屑の一手にしーぷが驚きの声を上げましたが、
それもそのはず…、

キンドミ-p-2-1-16
▲「中央王国」を目指すには、
城の両サイドを2マスにする必要があり…、

キンドミ-p-2-1-17
▲城の左側を3マスにしてしまった時点で、
星屑の「中央王国」は破綻してしまうのです。


しーぷ「そんな、いきなり10点を諦めなくても…」

星屑「いや、」

星屑「俺は星屑!」
星屑「自由を愛し束縛を嫌うみずがめ座!」

星屑「10点に縛られて、窮屈なプレイングになるくらいなら、」
星屑「10点を捨てて、思い通りのプレイングをしてやんよ!!」

しーぷ「…ああ、そういうことね。あなたらしい」

しーぷ「それなら、私は何としても10点を拾って、」
しーぷ「その上で私らしいプレイングをしてみせる…!」

キンドミ-p-2-1-18
▲2番手と3番手のしーぷは、
▲いずれも牧草地のみのドミノを選択!!


星屑「なにっ!?」

星屑王冠付きの麦畑を放棄して、」
星屑ダブル牧草地を2枚とも持っていく…だと…!」

しーぷ「ふふふ…、」

しーぷ「私はしーぷ!」
しーぷあらゆる羊を愛でる者!」

しーぷカヴェルナだろうがひつじとどろぼうだろうが、」
しーぷ「どのゲームでも私の本命は羊だよ…!」

星屑「…ノリノリだね、しーぷ

しーぷノッてあげてんのよ!!!

キンドミ-p-2-1-19
▲3ターン目のしーぷの配置。


星屑「こころなしか、カタチが日本列島に似てるね」

しーぷ「だとしたら西日本は海底都市なんですがそれは…」

キンドミ-p-2-1-20
▲結局、王冠1つの麦畑星屑が確保することになり、

キンドミ-p-2-1-21
のドミノは、タテ並びで配置しました。



★4ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-2-1-22
▲4ターン目に補充されたのは右側の4枚。


星屑「うわっ、ここで王冠2つの牧草地げな…!」

しーぷ「しかも鉱山まである♪」

星屑「これを読み切った上で、」
星屑「4ターン目の1番手と2番手を取ったというのか…!」

星屑しーぷ…おそろしい子!」

しーぷ「いや、私、エスパーではないんですけど…」


②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-2-1-23
しーぷは、もちろん王冠付きの鉱山牧草地を押さえます!

キンドミ-p-2-1-24
▲そして、4マスぶんの牧草地は、この配置。


星屑「やばい、牧草地が順調に広がっている上に、」
星屑中央王国調和も達成する気マンマンだ…!」

しーぷ「事故さえ起こらなければ、どっちもいけるはず!!」

星屑「よしんば事故ったとしても、」
星屑スタートタイルの2辺が空いてるしなぁ…、」

しーぷ「想定外のドミノを引き取ることになっても、」
しーぷスタートタイルに接続すればいいからね」

星屑「保険もバッチリかけてるとは、」
星屑「たった1ゲームの経験で…なんという成長…!」

キンドミ-p-2-1-25
星屑は、残った2枚のドミノを確保してから、

キンドミ-p-2-1-26
▲王国の右下に王冠付き麦畑を、

キンドミ-p-2-1-27
▲王国の左下に王冠付き海を、それぞれ配置。

実は、この配置をした時点で、
星屑の王国は「中央王国」だけでなく「調和」まで破綻してしまいました!
(もはや、どうあっても12枚すべてのドミノは収まりません)

しかし、それに星屑が気付くのは、もう少し後になってから…( ̄▽ ̄;)



やはり「中央王国」を放棄したのは無謀だったのでしょうか。

自分らしさのあるプレイングに固執する星屑に対して、
無理のない計画を着実に進めていくしーぷ

この時点で、すでに決定的といえそうな展開ですが、
大見得を切った星屑に、まだ勝機はあるのか…?


次回に続きます!



「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その2(2/2)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/20 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その1(3/3)

キンドミ-p-アイキャッチ-1

初回:プレイ記その1(1/3)

前回:プレイ記その1(2/3)
今回:プレイ記その1(3/3)←いまココ
次回:プレイ記その2(1/2)


星屑と妻しーぷの王国づくりも、
いよいよ大詰めとなりました。

お互い、残り4枚ずつのドミノで、
それぞれの王国を完成へと導いていきます…!



★6ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-1-3-01
▲このターンの補充により、ついに山札が尽きました。

キンドミ-p-1-3-02
▲そして、めくった4枚のドミノですが…、
▲その内の2枚が王冠2つの鉱山を含んでいます!!


しーぷ「これは仲良く1枚ずつ…って流れかな?」

星屑「うぅ、2枚とも欲しかったなぁ…( ̄▽ ̄ )」

しーぷ「なんて欲張りな…!」



②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-1-3-03
▲まずは、しーぷが3段目のドミノをチョイス。

ここから2連続で星屑の選択となります。

キンドミ-p-1-3-04
▲1つ目の国王駒で4段目のドミノを選んで、

キンドミ-p-1-3-05
牧草地のドミノを王国に配置。

キンドミ-p-1-3-06
▲さらに、2つ目の国王駒では1段目のドミノを選んでから、

キンドミ-p-1-3-07
王冠1つの森を王国の右上に配置しました。

キンドミ-p-1-3-08
▲その後、しーぷが残った2段目のドミノを確保して、

キンドミ-p-1-3-09
しーぷの王国は、このようになりました。



★最終ターン

①ドミノの補充

最終ターンは、ドミノの補充も選択もありません
残り4枚のドミノを順番に配置していくのみです。


②ドミノの配置

キンドミ-p-1-3-10
星屑、ギリギリセーフで確保できた王冠1つの森は、

キンドミ-p-1-3-11
▲王国の右下に配置。


星屑「これだけを広げられたら満足だなぁ!」

しーぷ「なんだかんだで、王冠も3つになってるんだね」


キンドミ-p-1-3-12
▲そして、ここからはしーぷの2連続ですが…、

キンドミ-p-1-3-51
▲まず2段目のドミノを配置してから、

キンドミ-p-1-3-14
▲3段目のドミノを、

キンドミ-p-1-3-15
▲3段目の王冠2つの鉱山を…、


しーぷ大失敗だー!!!

星屑「ああ、入らなかったのか…( ̄▽ ̄;)」


キングドミノ」で王国をつくる際には、
必ずタテ5マス×ヨコ5マスの正方形の中に収めなければなりません。

もしも、配置できないドミノが発生してしまったら、
そのドミノが捨て札になるだけではなく、
以降のドミノも全て捨て札になってしまいます。



しーぷ「中盤に"デコボコ"をつくっちゃったのがダメだったね」

星屑「"デコボコ"があると、確定で完成しなくなるんだっけ…?」


キンドミ-p-1-3-31
▲4ターン目の「」からの、

キンドミ-p-1-3-32
▲5ターン目の「」の図。

実は4ターン目の時点で、
しーぷの王国が完成しない運命は定まっていたんですね。

展開が早いゲームだからこそ、綿密な計画を立てるべきだと、
これまた良い教訓になりました…!


キンドミ-p-1-3-16
▲対して星屑は、ラスト・ドミノの王冠付き鉱山を…、

キンドミ-p-1-3-17
▲難なく配置して、王国を完成させてみせました!!


星屑「よーし、得点計算をしよう!」

しーぷ「ほんと、あっという間に終わったね…!」



★得点計算

ここで、得点計算の方法を軽くおさらいしておきましょう。

同じ種類の地形の"ひとつながり"ごとに、
王冠の数×マスの数=勝利点の計算をしていきます。

キンドミ-p-1-3-18
▲この麦畑は3マスで、王冠を1つ含みますので、
▲1王冠×3マス=3勝利点です。

キンドミ-p-1-3-19
▲この鉱山は2マスで、王冠を4つ含みますので、
▲4王冠×2マス=8勝利点です。

キンドミ-p-1-3-20
▲一方、こちらの麦畑牧草地王冠を含みませんので、
▲いずれも0勝利点となってしまっています。

同様に、王国のすべての地形を計算していくと…、

キンドミ-p-1-3-21
星屑の王国はこのようになり、

キンドミ-p-1-3-22
しーぷの王国はこのようになりました!

その合計得点は…、

キンドミ-p-1-3-23
星屑49勝利点で、しーぷ24勝利点

よって、星屑の勝利です!!


しーぷ「ダブルスコアをつけられたー!?」

星屑がすくすくと育っていってくれたけんね!」

星屑「結局、森の王冠3つ止まりだったけど、」
星屑12マスまで伸ばせたのが大きかった!!」

しーぷ「バクチは大成功だったみたいね」

星屑「大自然の恵みに感謝だよ!」

しーぷ「その恵みが私の麦畑にももたらされていたら…」

星屑「次は季節がめぐって豊作の秋になるかもしれんけん、」
星屑「このまま続けて、もう1ゲームやろうよ!」

しーぷ「そうだね、今度こそ納得のいく王国をつくってみせる…!」


…というわけで、プレイ記は2ゲーム目へと続きます!

2ゲーム目は、
選択ルールの「中央王国」と「調和」を導入し、
より計画性が問われる展開となりますが、
はたして二人は上手くやりくりできるのでしょうか…?

どうぞ、お楽しみに!!
(ブログの更新は6/21頃を予定しています)



「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その2(1/2)
開封記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/06/16 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その1(2/3)

キンドミ-p-アイキャッチ-1

前回:プレイ記その1(1/3)
今回:プレイ記その1(2/3)←いまココ
次回:プレイ記その1(3/3)


星屑と妻しーぷの「キングドミノ」は、中盤戦に突入します。

星屑に特化した王国を、
しーぷ麦畑沼地を中心に据えた王国を、
それぞれ目指してのプレイングですが、
ここからのドミノの引きやいかに…?



★3ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-1-2-01
▲3ターン目のドミノ選択権は、
星屑しーぷしーぷ星屑の順ですね。

キンドミ-p-1-2-02
▲箱の中の山札から4枚のドミノを引いて、
▲数字の小さい順に並べ直してから、

キンドミ-p-1-2-03
▲すべてのドミノをオモテ向きにします。


星屑「おっ、鉱山のドミノが出たね!」

しーぷ「わ、ほんとだ…!」
しーぷ「こんな時に限って、私が後手だなんて!!」



②ドミノの選択&配置

星屑「それじゃあ遠慮なく…、」

キンドミ-p-1-2-04
星屑は、4段目のドミノに国王駒を移動させました。

黒い鉱山のドミノは、
全96マス中、たったの6マスしか存在しませんが、
そのうち5枚王冠が付いています!!

2マス以上の接続ができれば美味しいですし、
なにより、相手に取られると厄介ですので、
これを確保できたのはラッキーでした♪( ̄▽ ̄*)

キンドミ-p-1-2-05
▲続いて、移動元のドミノを自分の王国へ。

キンドミ-p-1-2-06
▲ここまでの6マス中、実に5マスがという配置です。


星屑「しかし、いまだに王冠付きの森はゼロ…!」

しーぷ「わりとバクチな展開になってきたね」


王冠を含まない土地は、どれだけ広げても0点です。
星屑、ちょっぴり不安になってきました…( ̄▽ ̄;)


キンドミ-p-1-2-07
▲そして、しーぷはこのチョイス。


星屑「あえて俺にを残した…だと…?」

しーぷ「バクチの結果、ちゃんと見届けてあげるからね」


キンドミ-p-1-2-08
▲2枚のドミノを配置して、しーぷの王国はこのようなりました。

星屑と対照的に、危なげない感じですね!


キンドミ-p-1-2-09
▲最後に星屑は、2段目のドミノに国王駒を移動させて、

キンドミ-p-1-2-10
麦畑のドミノを王国に配置しました。

麦畑の接続により、星屑は現在2得点
ここからの勝利点の伸びは、本当に次第です…!



★4ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-1-2-11
▲さて、4ターン目に補充されるドミノですが…、


星屑「ここで48番か!!」

しーぷ「ってことは、アレね。ラッキー♪」


このゲームのドミノは、数字が大きいほど"強力"になっています。
そして、ドミノの枚数は全48枚…。

つまり、ラストナンバー48番のドミノは、
このゲームで最強のドミノというわけなんです…!

キンドミ-p-1-2-12
▲その正体は、王冠3つの鉱山!!!

4ターン目のドミノ選択権は、
しーぷ星屑しーぷ星屑ですので、ここは必然的に…、



②ドミノの選択&配置

しーぷ「それじゃあ遠慮なく、いっただっきまーす♪」

星屑「ぎゃー!!!」

キンドミ-p-1-2-13
しーぷは大喜びで48番のドミノを確保しました!

もしも星屑が、王冠3つの鉱山を押さえられていたら、
前のターンに確保した王冠2つの鉱山に接続して、
5王冠×2マス=10勝利点になっていたというのに…!

これは「キングドミノ」においての"順番"の重要性が、
本当によく分かる事例ですね…( ̄▽ ̄;)


キンドミ-p-1-2-14
星屑は気を取り直して、2段目のドミノをチョイス。

王冠3つの前では霞んでしまうとはいえ、
初めて王冠付きの森を確保することができました!

キンドミ-p-1-2-15
のドミノは王国の左上に配置。
▲これでの面積は7マスになりました。

そして、次のターンに王冠付きの森を接続できますので、
最低でもから8勝利点は生み出せそうです。


キンドミ-p-1-2-16
しーぷの2コマ目は、
王冠付きの海をスルーして、最上段のドミノを確保。

キンドミ-p-1-2-17
▲折り返し時点で、しーぷの王国はこんな感じになっていました。


しーぷ「本当はのドミノを確保したかったけど、」
しーぷ「これより上には伸ばせないからね…」

星屑「タテもヨコも5マス以内に収めないといけないルールで、」
星屑「もうタテが5マスになっとーもんなぁ」

しーぷ「それに、次のターンも1番手になれたから、」
しーぷ「これで良かったと思うの」

星屑「まさか、次も鉱山のドミノが出るなんてことが…!?」


キンドミ-p-1-2-18
▲最後に、星屑は余りモノのドミノを確保。

余りモノといっても、
これは王冠あり、ありで、美味しいですね!

キンドミ-p-1-2-19
鉱山の王国の左下に配置して…、

これで、星屑の王国もタテが5マスとなり、
あとはヨコに伸ばしていくのみとなりました。



★5ターン目

①ドミノの補充

キンドミ-p-1-2-20
▲5ターン目に補充されたドミノがこちら。


星屑「さすがに、もう鉱山は出なかったね」

しーぷ「わりと期待してたのになぁ…!」



②ドミノの選択&配置

キンドミ-p-1-2-21
▲まず、しーぷが4段目のドミノをチョイス。


星屑「あれ、王冠付きの森は残してくれるんだ?」

しーぷ「そりゃあ、余裕があれば渡したくないけど、」
しーぷ「自分の王国を安定させるのが先決だからね」


キンドミ-p-1-2-22
▲ここから星屑の国王駒が連続します。
▲いずれも、を含むドミノを確保してから、

キンドミ-p-1-2-23
▲ココと、

キンドミ-p-1-2-24
▲ココにドミノを配置。

この配置により、わずかながらに得点が入った上、
さらなるの拡大を図ることができました!!


キンドミ-p-1-2-25
▲一方で、しーぷの王国には麦畑が広がり、
沼地も余力を残している感じですね…!



さて、ゲームも中盤を抜けて、
あとは仕上げを残すばかりとなりました。

はたして、
星屑は最後に輝けるのか、
しーぷ麦畑は豊作を迎えられるのか…?


次回、最終回です!



「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(3/3)
開封記事

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2017/06/15 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ」




☆プレイ記その1(1/3)

キンドミ-p-アイキャッチ-1

今回:プレイ記その1(1/3)←いまココ
次回:プレイ記その1(2/3)


大分県宇佐市で「キングドミノ」!

星屑、好きなボードゲームのジャンルは「タイル」なんですが、
このほど、そんなタイルゲームの新定番が登場しましたね!

その名も「キングドミノ」!!

数字ではなく、さまざまな"地形"が描かれた「ドミノ」を配置して、
自分の王国を広げていくゲームです。

すでに何度かプレイしているんですが、
その中から今回は、妻しーぷとの2人プレイの模様をお送りします!



★ゲームの準備

☆テーブル中央の準備

まずは、48枚ある「ドミノ」をシャッフルしましょう。

キンドミ-p-1-1-01
▲ウラ面(数字がある面)を上にして、
▲麻雀牌を混ぜるような感じでシャッフルします。


星屑「これって、普通はカードみたいに切るものなのかな…?」

しーぷ「私、手が小さくて切るの苦手だから、」
しーぷ「この"ごちゃ混ぜ"の方がやりやすいかも」

星屑「よし、じゃあ我が家ではこのやり方でいこう!( ̄▽ ̄*)」


キンドミ-p-1-1-02
▲シャッフルが終わったら、
▲箱の左側に、このように収めましょう。

さて、今回は2人プレイということで、
使用するドミノは24枚だけとなります。


星屑「ちなみに、3人プレイのときは36枚なんよ」

しーぷ「つまり、1人につき12枚ってことなのね」

星屑「そう。4人プレイなら48枚ぜんぶになるってわけ」


キンドミ-p-1-1-03
▲今回のゲームでは、手前側の24枚を使うことにして、
▲目印に手持ちのカードを挿し込んでおきます。



☆各プレイヤーの準備

キンドミ-p-1-1-04
▲この3点セットが、各プレイヤーの受け取るものです。

2人プレイのときのみ、同じ色の国王駒を2つ受け取ります。
(3~4人プレイ時は1つだけ)

キンドミ-p-1-1-05
▲そして通常は、
スタートタイルの上に立体の城を建てるんですが…、

キンドミ-p-1-1-06
▲今回は撮影の都合上、このような使い方をすることにしました。

星屑ピンクの城で、しーぷ青の城です。

キンドミ-p-1-1-07
▲以上で、あっという間にゲームの準備は終了

さっそく、王国を広げるために、
新たな土地を探しにいきましょう!!



★ゲームの目的

しーぷ「それで、これは何を目指すゲームなんだっけ?」

星屑「えっと、ドミノを選んで配置していくことで、」
星屑5×5マスの正方形の王国をつくっていくんだけど、」

キンドミ-p-1-1-41

星屑「ドミノは配置の仕方によって、名声点を生み出してくれるんよ」

しーぷ「ほうほう」

星屑「具体的には、」

星屑"王冠"があるマスに、」

キンドミ-p-1-1-42

星屑同じ"地形"を接続していくことで、」

キンドミ-p-1-1-43

星屑王冠の数×地形のマスの数名声点がもらえるって感じ」

キンドミ-p-1-1-44

しーぷ「なるほど」

星屑「で、全員の王国が完成した後に得点計算をして、」
星屑いちばん名声点を獲得したプレイヤーが勝利!!

しーぷ「オッケー、把握したよ!」



★1ターン目

ゲームは全12ターン(2人プレイ時は6ターン)に渡って行われて、

1ターンごとの流れは…、

①ドミノの補充

②ドミノの選択&配置

と、なります。

ただし、
1ターン目だけはドミノの「配置」がありません


①ドミノの補充

ターンの初めに、山札から4枚のドミノを補充します
(※3人プレイ時のみ3枚)

キンドミ-p-1-1-08
▲まずは、デッキの手前から4枚を引いて…、

キンドミ-p-1-1-09
箱の下側に、縦一列で並べましょう。

次に、これらのドミノを上から数字の小さい順に並べ直します

キンドミ-p-1-1-10
▲こんな感じ。

最後に、すべてのドミノをオモテ向きにします

キンドミ-p-1-1-11
▲クルッと。

デッキからドミノを4枚引く

ドミノを上から数字の小さい順に並び直す

ドミノをオモテ向きにする

以上で、ドミノの補充は完了です!



②ドミノの選択 ※1ターン目のみ配置なし

新たなドミノが補充されたら、
各プレイヤーは順番に、受け取るドミノを選びます

この、ドミノを選ぶ順番ですが…、

1ターン目だけは、
全員の国王駒を手の中でシャッフルしてから、1個ずつ取り出し、
自分の駒が出てきた順に選んでいく
…という方法をとります。

キンドミ-p-1-1-12
▲今回は撮影の都合もあって、布袋を使うことにしました。

すべての駒を布袋に入れて、1個ずつ取り出していきます。

キンドミ-p-1-1-13
▲1個目は青の駒


しーぷ「あ、私の駒だね」
しーぷ「さて、どのドミノにしようかな…」

星屑「とりあえず、王冠がないと話が始まらないんだよね」

しーぷ「そうね…、」
しーぷ「じゃあ、この王冠つき麦畑を選んでみる」


キンドミ-p-1-1-14
しーぷは3段目のドミノをチョイスしました。


星屑「さあ、次の駒の色は…、」


キンドミ-p-1-1-15
▲2個目はピンクの駒


星屑「今度は俺みたいやね」

星屑「俺は、この大森林っぽいドミノにしてみようかな!」


キンドミ-p-1-1-16
星屑は1段目のドミノをチョイスしました。


キンドミ-p-1-1-17
▲そして、3個目もピンクの駒!!


星屑「お、連続かぁ…!」


キンドミ-p-1-1-18
星屑は2段目のドミノをチョイスしました。


しーぷ「あれ、あえて王冠を選ばない…?」

星屑「今回の俺はに生きることにするぜ!」


キンドミ-p-1-1-19
▲ラスト4個目は青の駒


しーぷ「じゃあ、遠慮なく、」
しーぷ「王冠を2枚とももらっておくね」


キンドミ-p-1-1-20
▲残った4段目のドミノをしーぷが確保して、

1ターン目が終了しました!



★2ターン目

2ターン目からは、ドミノを選んだ後に、
前のターンに選んだドミノを自分の王国に配置します


①ドミノの補充

キンドミ-p-1-1-21
▲デッキから4枚のドミノを引いて、

キンドミ-p-1-1-22
▲上から数字の小さい順に並べ直します。

キンドミ-p-1-1-23
▲最後に、すべてのドミノをオモテ向きにして、
▲2ターン目のドミノの選択肢が決まりました!



②ドミノの選択&配置

2ターン目からのドミノを選ぶ順番は、
自分の駒が上から何番目にあるかで決まります

キンドミ-p-1-1-23
▲つまり、この場合は、

ピンク駒星屑が1番目と2番目で、
青駒しーぷが3番目と4番目になるわけです。


しーぷ「なるほど、それもあって、」
しーぷ「1ターン目は上から2枚のドミノを確保していたわけだ」

星屑「いや、今回は、」
星屑「マジでを狙いにいった結果なんよ」

しーぷ「あ、そうなのね…」

星屑「で、やっぱりこのターンも狙いで、」


キンドミ-p-1-1-24
星屑は、1段目のドミノをチョイスしました。

このタイミングで…、

キンドミ-p-1-1-25
▲駒の移動元のドミノ(=前のターンに選んだドミノ)を、

キンドミ-p-1-1-26
自分の王国に配置します!

最初、王国には「スタートタイル」しかなく、
まずは、このスタートタイルにドミノを接続させることになります。

スタートタイルは、
どんな種類の地形でも接続させることができる"ワイルドドミノ"で、

ここに、タテヨコかでドミノをつなげるわけですが…、

キンドミ-p-1-1-37


星屑「こうかな…?」

星屑「いや、こうしよう!」


キンドミ-p-1-1-27
星屑は、このようにドミノを接続しました。


キンドミ-p-1-1-28
▲そして、上から2番目も星屑ですので、
▲続けて2枚目のドミノを選びます。


星屑「ここは王冠を確保しておこう」


キンドミ-p-1-1-29
▲さらに、駒の移動元のドミノを王国に配置します。

キンドミ-p-1-1-30

さて、スタートタイル以外のドミノに接続する場合は、
最低1つの地形がつながらないといけません

キンドミ-p-1-1-31
▲例えば、これはがつながっているのでOK!

キンドミ-p-1-1-32
▲一方、こちらは麦畑なのでNG!

キンドミ-p-1-1-33
▲この場合は、片方は麦畑ですが、
▲もう片方がでつながっていますのでOKとなります!

で、結局、星屑はこの配置でいくことにしました。


しーぷ「順調にが伸びてるねぇ」

星屑「俺ってばエコだよね!!」


キンドミ-p-1-1-35
▲その後、しーぷは3番目と4番目の駒を動かして、

キンドミ-p-1-1-36
▲ドミノはこのように配置していました。


しーぷ「せっかくの王冠だから、うまく活かしていきたいね!」

星屑「俺はこれから王冠をゲットしなきゃだ…!( ̄▽ ̄;)」



いきなり方向性が分かれた2人ですが、
ここからどんな王国ができあがっていくのでしょうか…?


次回に続きます!



「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その1(2/3)
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/14 23:59】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「ナショナルエコノミー メセナ」




★開封

NEメセナ-o-01
▲amazonから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

NEメセナ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

星屑「ところで"メセナ"ってどういう意味??」

しーぷ「企業が芸術とか文化とかの活動を支援することだよ」

ヤバイ、まったく知らなかった…( ̄▽ ̄;)ベンキョウ ブソク

NEメセナ-o-03
▲箱のウラ面

前作は"目指すは国民的大企業"でしたが、
今作は"麗しき日々よ来たれ"…と雰囲気が変わっています。

プレイ人数は1~4人で、
プレイ時間は30~45分と、
スペックの方は変更ありません。



★箱をオープン!

NEメセナ-o-04
▲一発目はルルブで、

NEメセナ-o-05
▲その下にカードが4ブロックあって…、

NEメセナ-o-06
▲以上ですね。相変わらずシンプルな構成です!



★内容物

NEメセナ-o-07
説明書×1部(日本語・全30ページ)

ルールに追加要素はありますが変更点はありません
今回も、惚れ惚れするくらい見やすいレイアウトになっています♪

NEメセナ-o-08
▲あとはカード類

NEメセナ-o-09
▲おなじみの小型カードたち。

労働者」が各色5枚に減りました(前作は各色7枚)。
これは、より完成度が高まったということでしょうか…?

NEメセナ-o-10
初期公共職場カード×6枚

NEメセナ-o-11
ラウンドカード×9枚

初期公共職場カードも、ラウンドカードも、
効果は前作と全く同じで、イラストのみ差し変えられています。

NEメセナ-o-12
建物カード×73枚

新カードがズラリと並ぶと、なんだかワクワクしますね…!
おなじみのフレーバーテキストも、ピリリと良い味を出しています。

NEメセナ-o-13
消費財カード×22枚

なるほど、こうきたか!!

前作の"バナナ"のインパクトが忘れられず、
新作はどんな消費財カードになるんだろうと、
楽しみにしていたんですが…これまた期待以上でした!



★前作との違い

さて、ここで前作から何が変わったかをチェックしてみましょう。

NEメセナ-o-14
▲説明書をめくってみると…、

すでに「ナショナルエコノミー」をプレイ済みのプレイヤーは、
最初の見開き2ページさえ読めば大丈夫とのこと。

つまり、この2ページで追加要素が網羅されているわけですね。

その追加要素は、

☆勝利点トークン
☆変動建設コスト


以上2つのようです。


☆勝利点トークン

NEメセナ-o-15
▲今作から新たに加わった「勝利点トークン」。

ど真ん中に「+1」の数字があって、
その下に「3枚=10」の表示があります。

この勝利点トークンは、

NEメセナ-o-16
▲「宮大工」「菜園」「研究所」の職場を使用すると獲得できます!

そして、獲得した勝利点トークンは、

NEメセナ-o-17
▲3枚集めると、1組で10点として扱い、

NEメセナ-o-18
▲3枚に満たないものは、1枚につき1点として扱います。

例えば、
5枚なら10+1+1=12点となり、
7枚なら10+10+1=21点となるわけです。

となると、
できるだけ3枚セットを目指したいですね…!


☆変動建設コスト

一方こちらは、
条件を満たすことで建設コストが安くなるというものです。

NEメセナ-o-19
▲対象は「食品工場」「工業団地」「大聖堂」の3枚。

中でも「大聖堂」は、
同じく追加要素の勝利点トークンが条件になっています。

コスト6で50勝利点は、あまりにも大きいですので…、
いろんなアプローチを考えて、ぜひ狙ってみたいものですね♪( ̄▽ ̄*)



☆前作との互換性

NEメセナ-o-20
建物カードを観察してみると、

左下に"MECENAT"の文字があります。
そして、カードのウラ面は前作と共通です。

ということは、
前作のカードと混ぜてしまっても問題ないということになります。

しかしながら、

本作は拡張セットではありません。
(略)「メセナ」単体で遊べるようになっています。
前作のカードと混ぜてのプレイは推奨しておりません。


- 説明書より


…とのことですので、
あえて自分だけの構築で独自のゲームバランスを目指すのでもなければ、
混ぜずにプレイするのが無難なようですね。



☆消費財カード

NEメセナ-o-13

さて、今作の消費財カードも手が込んでいます!

NEメセナ-o-21
▲なんと、消費財カードだけで4種類の遊びができるんです!!

・消費財神経衰弱
・消費財かるた
・消費財ババ抜き
・消費財おみくじ


本編と合わせて、これ一箱で5つの遊び方があるなんて、
なんてお得なんでしょうか…!

取り急ぎ「消費財かるた」だけプレイしてみたんですが、
これが地味に面白かったです♪( ̄▽ ̄*)



★星屑のお気に入りカード

最後に、
星屑が"フレーバーテキスト"を気に入った建物カードを、
3枚ほどピックアップしてみたいと思います!

NEメセナ-o-22
▲「鉄道駅

フレーバーテキストは、"駅ビルは駅から徒歩10分"。

星屑、生まれて初めて渋谷駅に降り立ったとき、
脱出するのに長い時間がかかったのは良い(?)思い出です…( ̄▽ ̄ )

NEメセナ-o-23
▲「会計事務所

フレーバーテキストは、"1+1=任意の整数"。

いわゆる"会計士ジョーク"ですよね。
このゲームだからこその雰囲気が醸し出されていて、たまりません…!

NEメセナ-o-24
▲「博物館

フレーバーテキストは、"ほんとうに売却不可"。

機能の「売却不可」からの、念を押すような流れがツボりました!!
今作のカードの中で、いちばんのお気に入りです♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

まさか続編が出るとは思っていなかったので、
発売に気付いて驚いた「ナショナルエコノミー メセナ」…!

前作には大変お世話になったのもあって、大慌てでポチりました。

箱を開けて、とりあえず、
建物カードのフレーバーテキストを眺めているだけで引き込まれて、
なんだか本でも読んでいるような不思議な心地に…( ̄▽ ̄*)

そして、もちろんゲーム本編もプレイしてみたんですが、
建物カードの一新で、当たり前ですがプレイ感に変化があり、

ベースこそ同じなんですが、
そこに小さな変化がたくさんあるといいますか…、

プレイするごとに自分の成長を感じられるゲームを、
またリフレッシュして一からプレイできる
というのは、
本当にありがたいことです…!

ほんと私星屑、以前は狂ったようにプレイしていてですね、

NEメセナ-o-25
▲トランペットケースと楽譜でもあれば、

NEメセナ-o-26
▲それをテーブル代わりに、どこでも1ゲームやっちゃうほどで…!

ここのところ、ずっと「ナショナルエコノミー」をサボっていましたので、
また新たな気持ちで復帰していきたいと思います!



「ナショナルエコノミー」 関連記事
前作プレイ記
前作開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/09 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ナショナルエコノミー  
|
ボードゲーム
「ダンジョンヒーローマネージャー」




★開封

DHM-o-01
▲駿河屋さんから届いたので、さっそく開封していきましょう!


★箱の外観

DHM-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

ヒーローたちがダンジョンに突入しているイラストです。
戦士や魔法使いっぽい姿が見て取れますね。

DHM-o-03
▲箱のウラ面

ウラ面は、どうやら冒険者募集のビラのようです。
アルバイト募集くらいの軽いノリですが、その内容は…( ̄▽ ̄ )

DHM-o-04
スペック

プレイ人数は、やや広めの2~6人
プレイ時間は60~90分で、人数が増えると伸びる感じ。
6人ともなると結構かかるんじゃないかな…?



★箱をオープン!

それでは開けていきましょう。

DHM-o-05
▲一発目はサマリー

DHM-o-06
ルルブはこの位置で、

DHM-o-07
▲その下にタイル台紙と、

DHM-o-08
ゲームボードがあって、

DHM-o-09
▲最後にカード類その他でした。



★タイル抜き!

DHM-o-10
▲ではでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきます!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

DHM-o-12
▲はい、完了…!

DHM-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

DHM-o-13
ルールブック(日本語・全16ページ)

厚めのページ数に、ぎっしりの文字。
そして正直、読みにくい内容でした…( ̄▽ ̄;)

DHM-o-14
アイコン効果早見表×2枚(両面)

せっかくのサマリーなんですが、
どうせならゲームの手順を入れて欲しかった…。

DHM-o-15
ゲームボード×1枚

わりと広めのボードです。
上から雇用→街→ダンジョンと3つのフェイズが分かりやすく、
また、カードの配置や効果のアイコンも丁寧に示されています。

ルルブ&サマリーと打って変わって、これは良いものですね!!

DHM-o-16
コイン×3種類

ダンジョンで英雄にモンスターを倒してもらうことで入手でき、
ゲーム終了時にいちばん獲得していたプレイヤーが勝者となります!

DHM-o-17
トークン類

6金を受け取って8金を返済する借金トークンと、
ダイスの出目を±1できる神殿の祝福トークンと、
ゲームボードの中央に置くラウンドマーカーです。

DHM-o-18
賃金マーカー×6個

ゲームボード上段の各酒場に配置して、
酒場ごとの冒険者の賃金を表示します。

DHM-o-19
コマ×6色・各1個

自分が利用する街の建物や、挑戦するダンジョンに置くコマです。
(ぼくの箱は黄色のコマが欠品していました…メールしておこう…)

DHM-o-20
色付きダイス×6色・各1個

プレイヤーたちが1個ずつ持つダイスで、
各フェイズの入札のときに使用します。

DHM-o-21
白ダイス×6個

こちらは普通に振るためのダイスです。
主にモンスターとの戦闘時に使います。


DHM-o-22
▲最後にカード類

DHM-o-23
英雄カード×30枚

プレイヤーが酒場で雇って、ダンジョンに送り込む英雄たちです。
10種類の職業があり、1つの職業につき3枚の色違いがあります。

そして、
彼らが成長すると、カードが裏返えって…、

DHM-o-24
▲新米英雄から熟練英雄にクラスチェンジし、強くなります!!


DHM-o-27
モンスター/罠カード()×15枚

ダンジョンの各部屋に配置して、英雄と戦闘を行うモンスターや罠です。
緑のカードは、その中でも最弱の"ゴブリン族"。

なお、各ダンジョンの最深部には必ず"ラスボス"が待ち構えています…!

DHM-o-28
モンスター/罠カード()×15枚

第3と第4のダンジョンで待ち構えているのが、
赤のカードの"カオスデーモン族"です。

このあたりから、
油断すると簡単に英雄が全滅しだします…( ̄▽ ̄;)

DHM-o-29
モンスター/罠カード()×15枚

第5と第6のダンジョンで仁王立ちしているのが、
紫のカードの"アンデッド"です。

素人にはオススメできませんので、
しっかりと英雄を強化してから挑みましょう!


DHM-o-25
装備カード×36枚

英雄に持たせることで、追加の能力を付与できる装備品です。

武器防具道具の3種類があって、
1人の英雄につき、それぞれ1枚まで所持させられます。

DHM-o-26
マジックアイテムカード×18枚

より強力な効果を持った装備品です。

使い方は装備カードと同じですが、
装備カードが街の"闇の店"で1ゴールドで売れるのに対して、
マジックアイテムカード3ゴールドで売ることができます。

ラスボス紫ダンジョンで戦闘するとき、
装備が整っていると心強いですよ…!( ̄▽ ̄*)



★コメント

DHM-o-30
▲箱のウラにも明記されているとおり、

プレイヤーは冒険者をダンジョンへと送り込み、
モンスターを倒して、お宝を持ち帰ってもらい、
自分の手は一切汚さずに、その分け前をいただく――


そんな滅茶苦茶な設定のゲームが、
この「ダンジョンヒーローマネージャー」です。

星屑
"自分の手は汚さない"とか、
"他人の犠牲なんざ厭わない"とか、
そういうダークな設定が大好物なもんで、
(あくまで設定だけです。リアルでそんなことはないですよ…?)
ゲームの説明を読んだ瞬間にポチってしまっていました!

それで、わくわくしながらルールブックをめくってみたんですが、

DHM-o-31
▲これはひどいですね!(良い意味で!)

画期的な世界観で、つかみはバッチリ!!

…だったんですが、
実際にプレイしてみると、システムの荒さが目につきました。

雇用フェイズ→街フェイズまではすんなり進むんですが、
ダンジョンフェイズ(=戦闘)になるとルールブック片手に大混乱…。

もうちょっと分かりやすい戦闘にできなかったのかな…?
ヒトコトで言うと"ピンとこない"感じです。

とはいえ、根っこはシンプルにデザインされていますし、
サマリーを自作したら、もっとすんなりいくかも…ということで、
ただいま自作サマリー作成中…。

DHM-o-32
▲せっかく魅力的なカードが多いゲームですので、

この先も可能な限りプレイを重ねて、
なんとかモノにしていきたいと思っています。( ̄▽ ̄ )



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/08 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ダンジョンヒーローマネージャー  
|
ボードゲーム
「スタータップス」




★開封

スタタ-o-01
▲結婚式の引き出物の一つとして頂いたので、さっそく開封してみます!


★箱の外観

スタタ-o-02
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

とってもオシャレな、6つの"企業ロゴ"がジャケットです。
ピンク黄緑のツートンカラーが良い味を出しています!

スタタ-o-03
▲箱のウラ面

プレイヤーは投資家になり、
有望な企業に投資して利益を独占するというゲームのようですね。

スタタ-o-04
スペック

プレイ人数は広めの3~7人で、
プレイ時間は短めの20分
インストは、おそらく2,3分といったところでしょうか。



★箱をオープン!

それでは箱を開けていきましょう。

スタタ-o-05
▲一発目は特典のステッカー

スタタ-o-06
▲その下にルルブがあって、

スタタ-o-07
▲ぎっしりのチップ類が登場…!

スタタ-o-08
▲最後は底にカード類でした。



★内容物

スタタ-o-09
遊び方説明書(4ヵ国語)

ルールは縦長の1ページに収まっています。

カードを獲得して→カードを出すという2アクションだけで、
ゲームは進んでいくようです。

スタタ-o-12
資金チップ×70枚

オモテが「」で、ウラが「」になっています。

ゲーム中は「」の面だけを使い、
ある条件によって、得点計算時に「」へと裏返ることがあるようです。

スタタ-o-10
独禁チップ×6種・各1枚

6つの企業について、それぞれ、
確保しているカード枚数が最多のプレイヤーが受け取り、
デメリットメリットが発生します。

スタタ-o-11
得点チップ×3種・各4枚

オプションルールの"ラウンドゲーム"採用時に使うチップです。

各ゲームの、
1位が「+2」,2位が「+1」,3位が「-1」を受け取り、
4ゲームの総合得点で勝敗を競います。

スタタ-o-13
▲そして、最後にカード類

スタタ-o-14
企業カード×6種・全45枚

色別に「」~「10」の数字がふってあるカードです。
各カードは、その数字ぶんの枚数あります。

たとえば、
」の"ジラフビアー"は5枚あって、
」の"ヒッポパワーテクス"9枚あるわけです。

このシステムを見ると、


▲「もっとホイップを」や、


▲「チーキーモンキー」を思い出しますね!( ̄▽ ̄*)



★コメント

ワンナイト新郎」と同じく、
結婚式の引き出物として、弟分のなつくんから頂いたゲームです!

それで、ちょっと驚いたのが、

スタタ-o-15
限定特典ロゴステッカーで…、

スタタ-o-16
▲これがピンクオレンジ(と茶色)だったんですよ!!

星屑は自他ともに認めるピンク好きで、
なつくんは自他ともに認めるオレンジ好き

このステッカーは、全6種類からランダムで3枚封入されているんですが、
見事に2人のマイカラーを引き当てることができました♪( ̄▽ ̄*)

メモリアルなボードゲームで発生したミラクルに、
なにか運命のようなものを感じずにはいられません…!


そんな「スタータップス」ですが、
実は星屑、前々から気になっていたんです。

といっても、
タイトルに"スター"が入っているという単純な理由なんですが、
いつか買おうと思っていた…ところ、こういうカタチで入手に至って、
これもまた驚きの一つでした。


星屑「これ、実は狙ってたゲームなんだけど、」
星屑「選んだのには何か理由があったん??」

なつ「それはですね、箱のウラ側に…、」

スタタ-o-17

なつ「"未来を、信じて進め"って書いてあって、」
なつ「なんだか星屑さんらしいかなって」

星屑「ああ、なるほど、」
星屑「いかにも俺が言いそうなセリフやもんね…!」


積み重なるボードゲームの中で、
他とは違う輝きを見せるタイトル――

なつくんが選んでくれた「スタータップス」は、
星屑にとって、そんな存在になりそうです。



ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/06/07 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 スタータップス  
|