RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「スピンデレラ」




★開封

スピデレ-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

スピデレ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比k…あ。( ̄▽ ̄;)オキ ワスレタ

3匹の悪そうなクモたちが、
木の上から道行くアリたちを狙っていますね…!

スピデレ-o-03
▲箱のウラ面

右上にアイコンがある通り、
このゲームは「ドイツ年間キッズゲーム大賞」作品です!
(同年のノミネート作品に「おしくらモンスター」)

スピデレ-o-34
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの20分
キッズゲーム大賞ということで対象年齢6歳~となっています。



★箱をオープン!

スピデレ-o-04
▲一発目はルルブ

スピデレ-o-05
▲その下にボードがあって、

スピデレ-o-06
▲さらにボードがあり、

スピデレ-o-07
▲底部にパーツ類などがあって、以上でした!



★組み立て!

スピンデレラ」は、
ゲームをプレイするにあたって組み立てを行う必要があります。

といっても、その手順はとても簡単なようですので、
サクッと進めて参りましょう!
スピデレ-o-08
▲まずは内箱から、内容物を全て取り除いて、

スピデレ-o-09
▲その上にレーストラックを乗せます。

スピデレ-o-10
▲次に、箱の四隅にを植えていきましょう。

スピデレ-o-11
▲箱の内外からはさみ込むカタチですので、木には安定感があります。

スピデレ-o-12
▲そして、木の上にクモの巣を乗せ、

スピデレ-o-13
スナップボタンで固定。

スピデレ-o-14
▲さらに、クモの巣の上に2匹のクモを這わせたら、

スピデレ-o-15
▲そのクモに向かって、ウラ側からマグネットを貼り付けましょう。

スピデレ-o-16
▲以上で、組み立ては完了となります!



★内容物

スピデレ-o-17
ルールブック(4ヵ国語・各5ページ)

ドイツ語フランス語イタリア語…そして英語が載っていました!

余談ですが、言語によってクモ2匹の名前が変化していて、
ドイツ語とフランス語の場合はロベルトクラウスで、
イタリア語の場合はロベルトカルロで、
英語の場合はパーカーペーターと名付けられています。

ってことは、日本語だったらタロー&ハナコなのかな…?( ̄▽ ̄*)ナンチャッテ

スピデレ-o-27
スピデレ-o-28
アリのレーストラック(9マス/14マス)

両面のゲームボードです。
ショートコースロングコースを使い分けることで、
プレイ時間を調整することができます。

スピデレ-o-29
クモの巣

セットの天井部分となるボードです。
赤い点は、レーストラックのマスの真上に位置しています。
(場所によっては直下にマスがない点も)


スピデレ-o-18
アイコンダイス(緑)×1

自分のターンに、
どのアクションをプレイするかを決定付けるダイスです。

アリ」が3面、「葉っぱ」が2面、「クモ」が1面あります。

スピデレ-o-19
▲アリのダイス(茶色)×1

アリ」のアクションで参照するダイスです。

出目は「」~「」が1面ずつで、
出目のマス数だけ自分のアリ1匹を進めます。

スピデレ-o-20
クモのダイス(黒)×1

クモ」のアクションで参照するダイスです。

出目は「」と「」が3面ずつで、
出目の数だけクモ1匹を動かします。

スピデレ-o-21
アリ×4色・各3匹

各プレイヤーが競走させるアリです。

ゲームは、
自分のアリを最初に3匹ともゴールさせたプレイヤーの勝利となります!

スピデレ-o-22
クモ(糸なし)×2匹

クモの巣の上を這わせるクモです。

この2匹の移動に連動して、下のクモも動きます…!

スピデレ-o-23
クモ(糸あり)×1匹

2つのマグネットが付いたクモです。

彼女(彼?)こそが、このゲームの主役で、
その名前を"スピンデレラ"と申します!
(この名前はどの言語でも共通)

スピデレ-o-24
切り株×1

葉っぱ」のアクションによって、
レーストラックのマスを"移動する"切り株です。

スピデレ-o-25
▲その内側は空洞になっていて…、

スピデレ-o-26
▲ゲーム中、アリを内側に閉じ込めてしまうことがあります…!

閉じ込められたアリは、切り株が他のマスへと移動するまで、
身動きが取れなくなりますが、クモから捕まえられることもありません。

また、切り株があるマスへの移動は、
ダイスの出目を1マスぶん余計に消費します。



★クモでアリをキャッチ!

このゲームは、
基本的には"アリさんのレースゲーム"です。

しかし、そこに、
"クモで相手のアリを捕まえられる!"という画期的な要素が加わって、
とてもエキサイティングなゲームに仕上がっています…!

せっかくですので、
さっそく、実際にクモでアリをキャッチしてみましょう!!

スピデレ-o-30
▲いま、クモアリの直上に迫っていて、
▲もう少しでキャッチできるという場面…!

この状況で、クモの巣(屋上)のクモを動かすと…、

スピデレ-o-31
▲するするとクモの糸が伸びていって、
クモアリをカチッとキャッチしました!!
(クモにもアリにもマグネットが仕込まれています)

スピデレ-o-32

捕まってしまったアリは、スタート地点に戻されてしまい、
見事にアリを捕まえたプレイヤーは、
ご褒美として自分のアリを進めることができます!

こんな気の抜けない環境の中で、
なんとか自分のアリを進めて、勝利を目指しましょう…!( ̄▽ ̄ )



★コメント

星屑、ゲームセンターではクレーンゲームが好きなんですが、
それに少し近いプレイ感だと聞いて、この「スピンデレラ」に
すごく興味を持っていました。

で、実際にプレイしてみると、
そんなに自由にクモ(=クレーン)を動かせるわけではないんですが、
獲物を掴んだ時の快感は、確かにクレーンゲームのそれに近いというか、
ガッツポーズしたくなるような気持ちにさせてくれますね♪( ̄▽ ̄*)


本格派のゲームというわけではなく、
細部の甘さとかあって、"すごくデキが良い"というわけではないですが、
重いタイトルを消化した後なんかに、リラックスしてプレイすると、
いい歳の大人たちが大笑いしながら楽しむことができます!

これまた余談ですが、
ちょうどセアカゴケグモやらヒアリやらが話題になっていた時期なので、

セアカゴケグモヒアリの頂上決戦か…!

という感じでも盛り上がったり。( ̄▽ ̄ )


そして、なんといっても「キッズ大賞」ということで、
子どもたちには文句ナシの大好評です!!

小学生も中学生も異口同音に「これ面白い♪」と言ってくれて、
星屑の知る限りでは、子どもにウケなかったことがありません…!

スピデレ-o-33

ただ、リプレイ性に難を感じますので、
入手してまでプレイして欲しいとは言いにくいですが、
機会があれば一度プレイしてみて欲しいゲームだと思いました♪( ̄▽ ̄*)



スピンデレラ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/31 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 スピンデレラ  
|
ボードゲーム
「メディナ」




★サマリー置き場

サマリー「メディナ」


自分用に作ったサマリーを.jpgで貼っていますので、
ご自由にお使いください♪( ̄▽ ̄*)

(※注)
サマリーは、あくまで自分用ですので、私星屑に最適化されています!
細かい点については、各サマリーの下の説明をご参照ください。



サマリー「メディナ(各種条件)」
1枚目【各種条件・初期コマ数】

自分のターンでは、
必ずコマを2つ配置しなければなりませんが、
途中からコマを配置できなくなる状況が発生します。

配置できないプレイヤーは飛ばして、
配置できるプレイヤーたちだけがプレイを続けていき、
誰もコマを配置できなくなった時にゲームが終了します。

なお、コマを1つしか配置できない場合は、
その1つのみを配置しなければなりません。


このゲームの勝者は、
最も得点の高いプレイヤーです。

その得点は、
自分の色の屋根を置いた宮殿(建物小屋)と、
その宮殿にタテ・ヨコでつながる商人城壁から、
それぞれ1コマにつき1点ずつ獲得します。

さらに、
ゲーム終了時に宮殿タイル塔タイルを保有していれば、
それぞれのタイルから1~4点を獲得します。


ゲーム開始時、
各プレイヤーに配られるコマは表の通りですが、
2~3人プレイ時は、追加で"中立"の屋根コマを受け取ります。

3人プレイ時は、
残った1色の屋根コマを1人1つずつ、
(余った1コマは箱にしまう)

2人プレイ時は、
残った2色のうち1色の屋根コマを1人2つずつ、
(余った1色の4コマは箱にしまう)

忘れず受け取りましょう。

サマリー「メディナ(ゲームの流れ)」
2枚目【ゲームの流れ】

ゲーム開始時に、
商人コマ1つをゲームボード上に配置する必要があります

マス数が多くて、どのマスに置くか悩みがちですので、
できるだけプレイ回数の多い人が置いてあげましょう。

さらに、
ゲームボードの隅には、宮殿タイルと塔タイルを配置しますが、
このうち、塔タイルの上には商人コマを置く必要があります

ナンバー4以外の塔に、決められた数の商人コマを置きましょう。


ターン中にプレイすることは、たった1つで、
自分のコマ2つをゲームボードに配置することだけです。

この2つのコマは、
まったく同じコマを2つでも、
違うコマを1つずつでも構いません。

ただし、2つは可能な限り置かなければならず、
例え、それを置くことで自分が不利になろうとも、
置くことから逃れることはできません。

例外として、
2人プレイ時の、ゲーム開始直後の1人目のターンと、
3人プレイ時の、ゲーム開始直後の2人目までのターンでは、
先手と後手の有利・不利を埋めるために、
コマを(2つではなく)1つだけ配置します。


このゲームでは、
すでにゲームボード上に配置されているコマに、
新たなコマを接続することで宮殿を大きくしていきますが、

コマを接続するときは、
必ずタテ・ヨコで接続しなければならず、
ナナメでの接続はできません。

逆に、"異なる宮殿どうしが接してはならない"というルールでは、
タテ・ヨコだけではなく、ナナメでの隣接も禁止されています。


ゲーム中、宮殿タイルや塔タイルを獲得することがありますが、
場合によっては、これらを同時に獲得しうることもあり、
このダブル獲得はルールで認められています。


"中立"の屋根を置いた宮殿は、
どのプレイヤーのものでもなくなり、
誰にも得点をもたらさなくなります。
(他人に取られるくらいなら潰そう的な)

本来、
1色の屋根は、1色の宮殿に1つまでしか置けませんが、
中立屋根だけは、この制限を受けません。

例えば、
中立の緑屋根を、異なる2つの紫宮殿に、
それぞれ1つずつ配置することは可能です。

最後に、
1色の宮殿を全プレイヤーが(1ヵ所ずつ)獲得した場合、
その色の建物は、ゲームから取り除くというルールがありますが、
このとき、まだ中立屋根が残っているからといって、
取り除くのをストップする…ということはありません。

サマリー「メディナ(コマ)」
3枚目【コマ】

ここからは各種コマの説明ですね。

それぞれ、
"どこに接続できるか"と"隣接できない場所"がポイントです。


建物コマは、
すでにゲームボードに配置されている、
同じ色の建物コマにのみ、タテ・ヨコで接続できます。

オレンジの建物の隣にオレンジの建物
紫の建物の隣に紫の建物…といった具合ですね。

ただし、同じ色の建物であっても、
屋根が置かれている建物には接続できません。

さらに、
他の宮殿に隣接するように配置することもできません。

例え同じ色であっても、
違うカタマリの宮殿の建物と小屋に、
タテ・ヨコ・ナナメで隣接しないようにしましょう。

このようなルールがありますので、
場合によっては、接続できる場所が1ヵ所もないことがあります。

そのときは、任意のマスに配置して、
新たな宮殿を作り始めることができます。


屋根コマは、
ひとカタマリの宮殿に1つまで乗せることができ、
乗せたら、その宮殿は自分の所有となります。
(つまり、その宮殿から得点を得られるわけです)

すでに屋根が乗っている宮殿には、
もはや屋根を乗せることができなくなり、
建物を接続して拡大することもできなくなります。
(小屋は接続可能です)

そして、
1人のプレイヤーが屋根を乗せられるのは、
1色の宮殿につき1つまでと決まっています。

つまり、各プレイヤーは、
最大で4つまでしか宮殿を所有できません。

最後に、
ある1色の宮殿を、全プレイヤーが所有したとき、
全プレイヤーは、自分のついたての中から、
その色の建物コマを全て出して、
ゲームから取り除く必要があります。


小屋コマ(家畜小屋コマ)は、
建物にのみ接続することができますが、
接続する建物について、屋根の有無は問わず、
さらに、どの色の建物にでも接続可能です。
(ただし、他の宮殿の建物や小屋に隣接しないこと)

自分が所有する宮殿にはもちろん、
他のプレイヤーが所有する宮殿の建物にも接続できますので、
スペースを奪うなどの妨害にも使用できます。

小屋と建物の、ひとカタマリで宮殿となりますので、
自分の宮殿に連なる小屋は、1つにつき1点になります。

サマリー「メディナ(コマ・タイル)」
4枚目【コマ・タイル】

商人コマは、ゲーム開始時に1つだけ配置されています。

その最初の商人に、新たな商人を接続するカタチで、
ひとつながりのマーケット・ストリートが広がっていき、
(便宜上、サマリー内では"商店街"としています)
これにタテ・ヨコで接している宮殿には、
商人コマ1つにつき1点が加算されます。

ただし、商人を接続する際に、
すでに配置してある商人2つ以上にタテ・ヨコで接するような
置き方をすることはできません。


城壁コマは、
塔か、すでに配置されている城壁に接続できます。

城壁にタテ・ヨコで接している宮殿には、
城壁1つにつき1点が加算されます。

ただし、異なる塔から伸びる城壁どうしは、
少なくとも1スペースを空けておかねばなりません。
(このスペースが、街への入り口なので…)


宮殿タイルは、
より大きな宮殿を所有するプレイヤーが保有するタイルで、

塔タイルは、
各塔から伸びる城壁に、いちばん最後に自分の宮殿を
接続させたプレイヤーが保有するタイルです。

サマリー「メディナ(追加ルール)」
5枚目【追加ルール】

最後に、第2版からの追加ルールです。


ティータイルは、
紫の宮殿を所有した順に多くを獲得でき、
使い捨てることで、自分のコマ配置数を1つ減らせます。
(敵に塩を送りたくないとき等に)

なお、紫の宮殿に中立屋根が乗った場合、
そのぶんのティータイルはゲームから除去されます。


井戸は、
その周囲8マスへのコマの配置を制限し、
(商人しか置けない)
十字方向の4スペースに建物か小屋がある宮殿に、
追加の4点をもたらします。



メディナ 関連記事
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/27 23:59】 | ルール説明 【タグ】 メディナ  
|
ボードゲーム
「アラカルト」




★サマリー置き場

サマリー「アラカルト(その他)」サマリー「アラカルト(ターンの流れ4人ぶん)」


自分用に作ったサマリーを.jpgで貼っていますので、
ご自由にお使いください♪( ̄▽ ̄*)

(※注)
サマリーは、あくまで自分用ですので、私星屑に最適化されています!
細かい点については、各サマリーの下の説明をご参照ください。



サマリー「アラカルト(勝利条件・終了条件)」
1枚目【勝利条件/終了条件】

誰かが3つ目のスタートークンを獲得した瞬間、
ゲームは終了し、そのプレイヤーの単独勝利となります。

誰かが3つ目のスタートークンを獲得する前に、
他の2つのゲーム終了条件のどちらかが満たされた場合、
ゲームは終了し、最も勝利点を獲得したプレイヤーが勝利します。
(同点の場合は勝利を分かち合う)


各プレイヤーへの配布物のうち、
コーヒーカップ」はランダムで1枚引いた後、
オモテ向き(ピンク面)で自分の前に置きます。


サマリー「アラカルト(ターンの流れ)」
2枚目【ターンの流れ】

アクションは2択の中から3アクションとなります。

同じアクションを3回続けても、
(例:調味料→調味料→調味料)
違うアクションを組み合わせてもOKです。
(例:コンロ→調味料→コンロ)


スプーンはアクション数のカウントに使います

左隣のプレイヤーにスプーンを3本とも渡したら、
自分の3アクションが終わったということになり、
左隣のプレイヤーにターンが移ります。
(3アクション→コーヒーブレイク→ターン終了でもOK)


コーヒーブレイク」は、
手持ちのコーヒーカップを使い捨てることで、
1ターンに1回までアクションを消費せずにプレイできます。

使い終わったコーヒーカップは、
オモテ(ピンク面)を上にしてコーヒートレイに置きます。


サマリー「アラカルト(料理について)」
3枚目【料理について】

料理を「完成」させるには、
レシピに示されている範囲内の火力
レシピに示されている各調味料が必要数以上あり
かつ、各調味料が3粒未満でなければいけません。

逆に「失敗作」というのは、
レシピに示されている火力を超えてしまったか、
1種類の調味料(塩も含む)が3粒以上になってしまったものをいいます。

料理を完成させたら、
完成させた料理は、自分の完成トレイに置き、
フライパンの中の調味料はシンクに流し、
フライパンの火力は「」に戻します。

もしも完成した料理が"完璧"だったら、
つまり、レシピに示されている調味料と、
ジャスト同数の調味料で料理を完成させたら、
その料理にはスタートークン1つを乗せます。

その後、料理のストックの山から新たな1皿を選び、
レシピの面を上にして、自分のフライパンに入れます。
このとき、すでに完成させた色の料理は選べず、
まだ完成させていない色の料理を選ばなければなりません。
(その色がストックに残っていない場合は、任意の色の料理を選ぶ)

また、ゲーム中に1人につき1回だけ
料理ではなく「クレープ」を選ぶこともできます。
※クレープの詳細は後述

ここからは失敗作の処分について。

このゲームでは、他のプレイヤーのターン中でも、
自分の料理が失敗作になってしまうことがありますが、
その処分は必ず自分のターン中に行います。

というのも、
一部のコーヒーカップの効果を使うことで、
失敗作を復活させられる可能性があり、
処分は、その可能性が潰えてからでも可能です。
(ダメだったら諦めましょう)

失敗作を処分する手順ですが、
まず失敗作をゴミ箱に捨てて、
フライパンの中の調味料はシンクに流し、
フライパンの火力は「」に戻します。

その後、新たな料理1皿をフライパンの中に入れます。


調味料を補充する際、
小瓶に入れる塩の数が足りなければ、
あるだけ入れておきます。


ダイスを振って火力が「」を超える目が出た場合、
超過分は全て無視します(つまり7のままです)。


サマリー「アラカルト(クレープ・ダイス)」
4枚目【クレープ/ダイス】

クレープを作り始めた場合、
完成するか、または失敗作になるまで、
アクションがコンロ→フライパン返し×2に固定されます。


コンロのアクションでダイスを振って、
コーヒーカップ」の目が出たら、
コーヒートレイからウラ(緑面)のコーヒーカップを1つ引いて、
オモテ(ピンク面)で自分の前に置きます。

もしもコーヒートレイにウラのコーヒーカップが残っていなければ、
他のプレイヤーから未使用のコーヒーカップを1つ盗みます
このとき、勝利点のコーヒーカップだけは盗めません。


サマリー「アラカルト(コーヒーカップ)」
5枚目【コーヒーカップ】

他のプレイヤーとコンロ一式を交換するというのは、
誰か1人のコンロとフライパンとその中身を受け取り、
自分のコンロとフライパンとその中身を渡すということです。

このとき、どちらかのフライパンに、
失敗作クレープが入っていたら、交換することができません。


3アクションを得る効果は、
あくまでアクション数が3増えるだけで、
コーヒーブレイクの回数までは増えません。


他のプレイヤーのフライパンに調味料を加えるというのは、
自分以外の誰か1人のフライパンを選んで、
自分が調味料を加えるアクションを1回行うということです。
(妨害要素ですね)


すでにオーバーしていてもOKというのは、
失敗作を復活させられるという意味です。



アラカルト 関連記事
本体開封
拡張①開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/24 23:59】 | ルール説明 【タグ】 アラカルト  
|
ボードゲーム
「アラカルト:デザート拡張」




★開封

アラカルト-o-1-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

アラカルト-o-1-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

表紙は、基本セットに引き続き顔が縦長な人たちのイラストです。
サブタイトル通り、テーブルには"デザート"が多く並んでいます!

アラカルト-o-1-03
▲箱のウラ面

4ヵ国語による内容の説明。
基本セットはドイツ語のみでしたので、増えてますね♪( ̄▽ ̄*)

アラカルト-o-1-04
スペック

プレイ人数2~5人と広くなりました!
これはありがたい…!

そして念のためですが、これは「拡張セット」ですので、
基本セットがないと遊ぶことができません。



★箱をオープン!

アラカルト-o-1-05
▲一発目はルルブ

アラカルト-o-1-06
▲その下にタイル台紙で、

アラカルト-o-1-07
▲底部にはカード類フライパンと、

アラカルト-o-1-08
小瓶調味料があって、以上でした!



★タイル抜き!

アラカルト-o-1-09
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

アラカルト-o-1-10
▲はい、完了…!

アラカルト-o-1-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

アラカルト-o-1-12
ルールブック(4ヵ国語・各2ページ)

基本セットのルルブと違い、
英語のページがあったので本当に助かりました♪( ̄▽ ̄*)


アラカルト-o-1-13
コンロフライパン

アラカルト-o-1-14
トレイクレープスタートークン

5人目用のコンポーネントのセットです。

めちゃ細かい話ですが、
コンロのリベットが金属ではなくプラスチックになっています。


アラカルト-o-1-15
小瓶調味料

5つ目となる白いキャップの小瓶と、
その中に入れる20粒の調味料です。

アラカルト-o-1-23

プレイヤーは、基本セットの4つの小瓶以外に、
この新たな小瓶を利用できるようになりました!

白いキャップの小瓶には、
4種類の調味料が入っていますので、
調味料を幅広く使う料理にはもってこいですね!!

そして、この小瓶にはもう一つ特徴があって、
が1粒も入っていません…!
(再補充の際も投入しない)

これは一見、良いことずくめのように思えますが……


アラカルト-o-1-16
塩料理×5

この拡張で、料理が5つ増えました!
いずれも白いタイルで、よくよくウラ面を見てみると…、

アラカルト-o-1-17

各タイルの中段、見えますかね??
必要な調味料にが加わっているんです…!

基本セットでは"お邪魔虫"でしかなかったが、
一転して欠かせない素材に化けてしまいました!

4色の小瓶には、それぞれ5粒ずつしか入っておらず、
白い小瓶にいたっては、1粒も入っていない…。

"塩料理"を完成させるのは、少しばかり骨が折れそうですね…( ̄▽ ̄;)


アラカルト-o-1-18
コーヒーカップ×6

この拡張では、
コーヒーカップも6つ追加されています!

そのうちの2種類新たな効果を持っていて、

「ゴミ箱」のコーヒーカップは、
新たな料理を選ぶときに、ゴミ箱の中の失敗作を選べるというもの。

失敗作を"リサイクル"って、なかなか豪快なことしますね…!

「風味中和剤」のコーヒーカップは、
フライパンから調味料か1粒除去できるというもの。

調味料を入れすぎて失敗作になってしまいそうなとき、
あるいは"完璧"な料理を目指して調味料を調整したいときに、
間違いなく重宝する効果です!!


アラカルト-o-1-19
▲最後にカード類

アラカルト-o-1-20
メニューカード×16

カードについては完全な新要素ですね!

このメニューカードは、
ゲーム開始時に各プレイヤーに3枚ずつ配られて、
プレイヤーたちは、その中から1枚を選び出し、
ウラ向きで自分のコンロの隣に置きます

(選ばなかったカードと未使用のカードは箱に戻す)

そうして、ゲームが終了したとき、
自分のメニューカードの要件を全て満たしていれば、
追加の勝利点がもらえる
という寸法です!

これにより、2つ以下だと全く意味がなかったスタートークンに、
"勝利点に変換できるかもしれない"という道が開けました…!

なお、この場合のスタートークンは、
どの料理を完成させたときに得たものでもOKとのことです。



★コメント

せっかくなので、
基本セットだけでなく、拡張セットも一緒に入手してみました!


ボードゲーム会では、
プレイヤー5人で何か…ということが稀によくありますが、
この5人っていう人数は、すごくビミョーなんですよね。

大半が4人までというゲームばかりで、
6人までプレイ可能なゲームは、わりと時間がかかることが多くて…。

そんな中にあって、
単純に4人ゲームを5人ゲームに広げてもらえるのは、
ボドゲ会の主催者として、すごく助かります♪( ̄▽ ̄*)


そして、この拡張はプレイ人数が増えるだけではなくて、
かゆいトコロに手を届かせてくれる新要素を、
数こそ多くないですが、しっかりと導入してくれました!

1アクションで2種類以上の調味料をゲットできる「白い小瓶」に、
これまで"お邪魔虫"でしかなかったに活路を見出した「塩料理」に、
失敗してもワンチャン希望を残してくれる「風味中和剤」に、
ざっくりとプレイングの方向性を定めてくれる「メニューカード」…!

いずれも堅実で扱いやすいものばかりです。

また、ルール的には、
お好きなものを自由に付け足してくださいって感じなので、

初心者のプレイヤーさんが右も左も分からなそうだったら、
メニューカード」を投入して軽く道筋を示してみよう!とか、

妨害要素のあるコーヒーカップと入れ替えて、
妨害要素のないコーヒーカップだけを採用してみよう!とか、

白い小瓶」を投入した上で、あえて「塩料理」を外すことで、
白い小瓶」の優位性を高めてみよう!とか、

プレイヤー間でルールのカスタマイズがしやすいのもポイントですね♪


てな感じで、
ビシッとゲームを締めてくれている「デザート拡張」は、

野球でいえば"クローザー"で、

コース料理でいえば、
まさに"デザート"の役目を果たしているといえるでしょう!!

肝心のデザート料理が登場しなかったけど…( ̄▽ ̄;)プリン ハ ドコ?


アラカルト-o-1-21
▲ちなみに、拡張セットこれだけですので、

アラカルト-o-1-22
基本セットの箱に全て収めることができます…!
(内箱を外す必要がありますが)


もうこれ、常にマイカーに積んでおきますので、
ボードゲーム会でプレイしたい方は、お気軽に声をかけてくださいね♪



アラカルト 関連記事
本体開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/23 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 アラカルト  
|
ボードゲーム
「アラカルト」




★開封

アラカルト-o-0-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

アラカルト-o-0-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

表紙は、シェフ(?)が料理のようなものを作っているイラストです。
材料とか盛り付けとか、えらい雑だけど大丈夫なのかな…?( ̄▽ ̄;)

アラカルト-o-0-03
▲箱のウラ面

おままごとセットのような豪華コンポーネントの写真を見て、
すでに星屑は童心にリターンしちゃいそう…!


アラカルト-o-0-04
スペック

プレイ時間はやや短めの30~45分で、
プレイ人数は標準的な2~4人
(別売の拡張を導入すれば5人までプレイ可能です)

対象年齢は8歳~となっていますが、フライパンさえ返せれば、
もっと小さなお子さんでもプレイできそうな気がします。



★箱をオープン!

アラカルト-o-0-05
▲一発目はルルブ

アラカルト-o-0-06
▲その下にタイル台紙があって、

アラカルト-o-0-07
▲底部には調理器具調味料がありました!



★タイル抜き!

アラカルト-o-0-08
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

アラカルト-o-0-09
▲はい、完了…!

アラカルト-o-0-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★組み立て!

このゲームで使用する「コンロ」は組み立て式になっています!

アラカルト-o-0-11
ルールブックにて図解されている手順に従って、
4人ぶんのコンロを組み立てて参りましょう!!

アラカルト-o-0-12
▲1つのコンロを組み立てるのに必要なパーツはこちら。

アラカルト-o-0-13
▲AのパーツはAの穴に、BのパーツはBの穴に、
▲それぞれ挿し込んで…、

アラカルト-o-0-14
▲コンロの土台を作ります。

アラカルト-o-0-15
▲ダイヤルには金具を入れて…、

アラカルト-o-0-16
▲反対側を固定したらOK!

アラカルト-o-0-17
▲あっという間にコンロが1つ完成しました!!

こうして4つのコンロを作っていくわけですが、
途中で問題が発生してしまいます!

アラカルト-o-0-18
▲封入されていた4つの金具のうちの1つが、
▲あきらかにサイズ違い…!

星屑が入手した箱に、たまたま手違いがあったようですね…( ̄▽ ̄;)

アラカルト-o-0-19
▲残念ながら、コンロが1つだけ完成しませんでしたが…、

ホームセンターで同じサイズの金具を探してくるか、
あるいは8面ダイスを代用することで、対処したいと思います!



★内容物

アラカルト-o-0-20
ルールブック(ドイツ語・全4ページ)

ところどころに分かりやすい図解がありますが、
星屑、ドイツ語なので全く読めません!!


アラカルト-o-0-21
コンロ×4

各プレイヤーが使用するコンロです。

火力調節のダイヤルがあり、
その火力は「」~「」までの8段階となっています。

アラカルト-o-0-22
フライパン×4

コンロの上に置くフライパンです。

よく見てみると、フライパンの底部には、
メーカーのマスコットのイラストが施されています♪( ̄▽ ̄*)カワイイ


アラカルト-o-0-23
小瓶×4色

調味料を入れておくための、かわいらしい小瓶です。

アラカルト-o-0-24
調味料×4種類・各20粒

調味料は、レモンコショウハーブパプリカに、

アラカルト-o-0-25
×25粒

を加えて、全部で5種類あります。

アラカルト-o-0-26
▲4色の小瓶は、それぞれ、
同色の調味料を15粒と、
5粒入れることで完成。

実はは"お邪魔虫"のような扱いです…( ̄▽ ̄;)


アラカルト-o-0-27
料理×20

ズラリと並ぶ料理の、オモテ面にはイラスト勝利点があり、

アラカルト-o-0-28

ウラ面には、必要な火力調味料が示されています。

料理は、ややアバウトでも完成するにはするんですが…、

アラカルト-o-0-29
スタートークン×12

料理を"完璧"に作ることができれば、
このスタートークンを受け取って、
勝利がグッと近づきますので、
できるだけ"完璧"な完成を目指したいですね♪

いうなれば、
完璧ではない料理の完成は"技あり"や"有効"で、
完璧な料理の完成は"一本"って感じです!( ̄▽ ̄ )

アラカルト-o-0-30
クレープ×4

ゲーム中に1人につき1枚だけ作ることができるクレープで、
見事に"フライパン返し"を成功させれば、5勝利点をゲットできます!!

アラカルト-o-0-31
完成料理用トレイ×4

そして、無事に完成した料理クレープは、
この立派なトレイの上に置かれますが…、

アラカルト-o-0-32
ゴミ箱×1

火力が強すぎたり、調味料を入れすぎたりして、
失敗してしまった料理の行き先はゴミ箱です…( ̄▽ ̄;)


星屑「まさに俺の必殺技やね!」

星屑超星屑砲【ダスト・シュート】!!

しーぷ「お料理ゲームで使う技じゃなからそれ…!」

アラカルト-o-0-33
シンク×2

なお、料理が完成したり失敗したりした際、
フライパンに入っていた調味料はシンクに置かれます。
(その後、小瓶内の調味料がなくなったら補充)


アラカルト-o-0-34
アラカルト-o-0-35
ダイス×1

コンロの火力を上げるために振るダイスです。

数字の目が出たら、その数字ぶんだけ火力を上げますが、
数字以外の目が出たら、特別な効果が発生します…!

アラカルト-o-0-36
コーヒーカップ×13

ダイスを振って、運良く"コーヒーカップ"の目が出たら、
受け取ることができるトークンです。

1勝利点になるものの他、
使い捨てながら便利な効果を持つものが4種類あります!

アラカルト-o-0-37
コーヒーカップ用トレイ×1

コーヒーカップを置いておくための共用トレイです。

緑のスペース未使用のコーヒーカップを置き、
ピンクのスペース使用済みのコーヒーカップを置きます。


アラカルト-o-0-38
スプーン×3

ターンプレイヤーを表すスプーンです。

1アクションをプレイするたびに、
スプーン1本を左隣のプレイヤーに渡し、
3本とも渡したら、ターン終了となります。



★どんなゲーム?

アラカルト」は、見た目どおりのお料理アクションゲームです!

プレイヤーたちは、

アラカルト-o-0-39
▲フライパンに調味料を投入したり、

アラカルト-o-0-40
▲フライパンでクレープをひっくり返したりして、

とにかく料理を作り、勝利点を競います!!

とはいえ、
小瓶から調味料が出すぎたり、あるいは出てくれなかったり
フライパン返しを敢行したらクレープが吹っ飛んでしまったりして…、

このゲームの料理には、
現実の料理とは違った妙な難しさがあるのです…!

ステキな調理器具や調味料に囲まれて、
みんなで不思議な料理遊びを楽しみましょう♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

しーぷ「あのさ、」

星屑「うん」

しーぷこのゲームの料理、なんかヘンじゃない…?

星屑「いやいや、そんなことないよ!」

星屑しーぷが大好きなフィッシュ・アンド・チップスも、」
星屑「ちゃんと仕上がってるし…、」

アラカルト-o-0-41

しーぷ「いやいやいや!」
しーぷ「これリアルにポテチを並べただけじゃん!

星屑「額面どおりフィッシュ・アンド・チップスになってるよね」

しーぷ「いや、なってないから!」
しーぷせめてポテチは袋から出そうよ…!

星屑「(あ、生魚の方じゃなくて、そっちにツッコむんだ)」

しーぷ「他にもさ、」

しーぷ「ハンバーガーがキセルくわえてたり、」

アラカルト-o-0-51

しーぷ「七面鳥?が飲んだくれてたり、」

アラカルト-o-0-52

しーぷ「パスタに斧が刺さってたり…、」

アラカルト-o-0-53

しーぷどうなってんの、このゲームは…!

星屑「でも、ほらドイツらしくブルストっぽいのもあるし?」
星屑シェフの人も一生懸命やってるわけだし?

アラカルト-o-0-42

しーぷ「じゃあ星屑は、」
しーぷ「この導火線が出てる何かを食べられる??」

アラカルト-o-0-54

星屑絶対イヤです勘弁してくださいゴメンナサイ!!!


と、いうわけで「アラカルト」です!

星屑アクション要素があるゲームで所有しているのは、
タンブリンダイス」や「ソーリー!スライダーズ」など、
特にテーマがないものばかりなので…、

しっかり"お料理"というテーマがある「アラカルト」は、
ずっとずっと気になっていました…!

実際に入手して、この手で触れてみると、
アクション自体に派手さはないんですが、
なんというか、ほどよくクスッと笑えるような面白さや、
もう1回チャレンジしたい!と思わされる何かが、
このゲームには詰まっているように感じます。

コンポーネントが目を引くものばかりで、
また、コンポーネントの質が高めですので、
(金具は間違ってたけど…)
あまりボードゲームに触れたことがないプレイヤーさんに
オススメしやすい
というのもポイントですね。

アラカルト-o-0-43

童心に返って、子どもたちと一緒にプレイするもよし、
童心に返らずに、大人どうしでガチのおままごと対決をするもよし、

失敗しても笑えるだけのお料理を楽しんでみたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



アラカルト 関連記事
拡張①開封

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/22 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 アラカルト  
|
ボードゲーム
「キングダムビルダー」




★開封

キンビル-o-01
▲今回はamazonでポチりました!


★箱の外観

キンビル-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

"王国をつくる"というテーマにふさわしい、
とても壮大なイラストが表紙となっています!

キンビル-o-03
▲箱のウラ面

組み換え可能なゲームボードに、
引いたカードによって変化する得点条件―。

リプレイ性の高さがアピールされていますね!

キンビル-o-04
▲箱にマークがある通り、この「キングダムビルダー」は、
2012年のドイツ年間ゲーム大賞に輝いたゲームです…!

キンビル-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間はやや短めな45分
対象年齢8歳~となっています。



★箱をオープン!

キンビル-o-06
▲一発目はボードやタイルの台紙でした!

キンビル-o-07
▲その下に、同じメーカーの「エスケープ」の広告があって、

キンビル-o-08
ルルブはここに。

キンビル-o-09
▲底部にはカード類ジッパーと、

キンビル-o-10
▲大量のコマ類があって、以上でした!



★タイル抜き!

キンビル-o-11
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

キンビル-o-12
▲はい、完了…!

キンビル-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

キンビル-o-14
ルールブック(原語・全8ページ)

英語版とかもあると聞きましたが、
この箱はドイツ版だったみたいですね。


キンビル-o-21
スタートプレイヤータイル×1枚

スタートプレイヤーが所有するタイルです。
このゲームでは、スタートプレイヤーは最後まで変わりません。


キンビル-o-15
区画ボード×8枚

全部で8種類あるゲームボードです。

ゲームでは、このうち4枚を組み合わせて一つのマップをつくります!

キンビル-o-20
▲区画ボードのオモテ面

1枚のボードは、100マスの地形で構成されていて…、

その内訳は、
自分の入植地コマを建設できる5種類の地形と、
自分の入植地コマを建設できない2種類の地形と、
特別な効果を持つ「」と「特定地域」です。

キンビル-o-16
▲区画ボードのウラ面

使用しない区画ボードのウラ面は、
得点トラックとしてゲーム終了時に利用します。


キンビル-o-17
キンビル-o-18
特定地域タイル×8種類・全28枚

区画ボードの「特定地域」のマスに2枚ずつ配置するタイルです。

このタイルを獲得することで、
追加アクションをプレイすることができるようになります!

キンビル-o-19
サマリーカード×8枚

特定地域タイルの効果を図解してくれるカードです。

一辺がギザギザになっているので、
区画ボードに接続することができます。


キンビル-o-22
▲ここからコマ類

キンビル-o-23
入植地コマ×4色・各40個

各プレイヤーが1色ずつ担当し、区画ボードに配置していくコマです。

カードによって示された条件通りにコマを配置することで、
得点を獲得することができます!

キンビル-o-24
得点マーカー×4色

得点計算のときに使うマーカーで、
ゲーム終了時にしか使用しません。


キンビル-o-25
▲最後にカード類

キンビル-o-26
地形カード×5種類・各5枚

自分のターン終了時1枚引くカードです。

次の自分のターンは、
引いたカードの地形のマスに、入植者コマ3つ配置します。

キンビル-o-27
キンビル-o-28
王国の建設者カード×10枚

ゲームの開始時3枚引くカードです(全プレイヤーで共有)。

引いたカードによって、
そのゲームの得点条件がガラッと変化します!



★どんなゲーム?

キングダムビルダー」は、

キンビル-o-29
▲毎ターン、引いたカードの地形のマスに、

キンビル-o-30
▲自分の"家コマ"を置くことで…、

自分の王国を作っていくゲームです。

ポイントはどこにコマを置くかで、
王国の建設者カードに示された条件通りにコマを置いていくことで、
得点を稼ぐことができます!

その王国の建設者カードというのが、1ゲームごとに引き直しになり、
つまりゲームをプレイするたびに得点条件が変化するわけですが…、

ここで、いくつか得点条件の例をご紹介しましょう!

キンビル-o-31
▲「騎士」のカードは、

とにかく同じ横列にコマを集中させることで、
得点が伸びるというもの!

具体的には、自分がコマを置いている横列のうち、
いちばん個数の多い列のコマ1個につき2点になります。

キンビル-o-35
▲この場合、いちばんコマが多い横列では14個ありますので、
▲14×2=28点です!

キンビル-o-32
▲「漁師」のカードは、

とにかく水域の隣のマスにコマを集中させることで、
得点が伸びるというもの!

具体的には、
水域の隣のマスに置いた自分のコマ1個につき1点になります。

キンビル-o-36
▲この場合、水域の隣のマスには27個のコマがありますので、
▲27×1=27点です!

キンビル-o-33
▲「商人」のカードは、

城や特定地域を自分のコマでつなぐことで得点を得られるというもの!

具体的には、
自分のコマでつながっているor特定地域が1ヵ所につき4点になります。

キンビル-o-37
▲この場合、2ヵ所特定地域2ヵ所がつながっていますので、
▲(2+2)×4=16点です!

…と、いった感じで、
わりと簡単な条件に沿ってコマを置いていくだけですので、
ゲームのシステムはかなりシンプルなものになっています。

ただし、
実際には他のプレイヤーとの競争があったり、
コマを置くにあたっての制限があったりして、
しっかりと頭を使わせてくれるゲームでもあるんです…!( ̄▽ ̄ )



★コメント

星屑が住む大分県宇佐市から、
南へ1時間ほどの距離にある大分県大分市

そこに「NAGO」というアナログゲームサークルがあり、
そこでカトーさんという方がボードゲームをされていて、
そのカトーさんから教えてもらったゲームの一つが、
この「キングダムビルダー」でした。

カトーさんとは、
2回ほどキングダムビルダーで同卓させてもらったんですが、

20160503NAGO-15
▲初めてのときも、

161023大分-06
▲2回目のときも、

星屑は(ピンクのコマがなかったので)黒いコマを一直線に並べ、
これでもかと「騎士」の得点を荒稼ぎしまくったことから、
"星屑の暗黒騎士団"というプレイスタイルが定着…!

陣取り系のゲームが実は不得意な星屑にしては珍しく、
キングダムビルダーは大好きなタイトルの一つになりました!


ところが、そんなステキなゲームを教えてくれたカトーさんは、
その後、転勤で他県へと移ってしまわれたんです…。

星屑の周りでキングダムビルダーの卓を立てる人はいなくなって、
そもそもカトーさんがいないキングダムビルダーなんて…というのもあり、
しばらく、このゲームに触れることはありませんでした。

しかし、ここ最近になって、
星屑の身近にボードゲームの初心者さんが増えてきたのを受けて、

ぼくもカトーさんみたいに、
みんなにキングダムビルダーの面白さを伝えられたら…!

と、星屑自身がキングダムビルダーの卓を立てたいと思い始めて、
ついに入手に踏み切りました。

いつか、また、
カトーさんとキングダムビルダーをプレイできる日を楽しみに、
…ついでにツォルキンとかモンバサとかもできる日を楽しみに、
星屑大分県でこのゲームを続けていきたいと思います!

キンビル-o-34

あ、もちろん福岡県にも持っていきますので、
城南開催でも、ぜひぜひプレイしましょう♪( ̄▽ ̄*)



キングダムビルダー 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/21 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 キングダムビルダー  
|


カトー
俺もまた一緒にキングダムビルダーを遊んだり、今度こそモンバサができるのを楽しみにしてます(^ ^)

>>カトーさん
星屑トランペッター
カトーさん、お久しぶりです!
お元気ですか??
いつか絶対にモンバサしましょうね♪( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「メディナ」




★開封

メディナ-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

メディナ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

"メディナ"というのは、サウジアラビア西部にある都市とのこと。
そのメディナを舞台に、なにやら"建築"が行われるようですね!

メディナ-o-03
▲箱のウラ面

写真を見てみるに、
いろんな形や色の駒が登場するみたいです♪( ̄▽ ̄*)タノシミ!!

メディナ-o-04
▲ウラ面の右下には"NEW EDITION"の文字が!

今回、入手したのは"第2版"だったようで、

内容物が一新されて、
ゲームボードが両面になって、
新たなルールが加わっているとのこと…!

メディナ-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
(旧版は3~4人だったらしいです)
プレイ時間も標準的な60分間で、
対象年齢10歳~となっています。



★箱をオープン!

メディナ-o-06
▲一発目はルルブ

メディナ-o-07
▲その下にタイル台紙と、

メディナ-o-08
ゲームボードがあって、

メディナ-o-09
▲底部にはスコアシートと、大量のコマ類…!

メディナ-o-10
▲最後にジッパーと、井戸のコマがありました。



★タイル抜き!

メディナ-o-11
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

メディナ-o-12
▲はい、完了…!

メディナ-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★組み立て!

このゲームのついたては、組み立て式になっています。

メディナ-o-14
3枚の台紙から、

メディナ-o-15
▲パーツを丁寧に抜き取り、
本体を軽く折り曲げて…、

メディナ-o-16
屋根を乗っけたら完成です!

ほんと、屋根を乗せるだけなので、
プレイするたびに組み立て&解体も簡単にできそうですね。



★内容物

メディナ-o-17
ルールブック(英語・全6ページ)

日本語説明書が付属していないので、
ルルブが英語で本当に助かりました…!( ̄▽ ̄;)ドイツゴ トカハ ムリ

メディナ-o-18
ゲームボード(両面)

プレイ人数によって、面を使い分けることができるボードです。

具体的には、
2人プレイ時は10×14マスの面を使って、
3~4人プレイ時は11×16マスの面を使います。

メディナ-o-20
ついたて×4色

各プレイヤーが、屋根以外のコマを隠すためのついたてです。
(屋根だけは公開情報なので出しておく)

それにしても、数あるボードゲームのついたての中でも、
こんなにも出来の良いついたては珍しいかもしれません…!

メディナ-o-21
塔タイル×4枚

ゲームボード四隅にある塔から伸びる城壁の、そのまた先端から、
いちばん近いところに宮殿を持つプレイヤーが受け取るタイルです。

ゲーム終了時に所有していれば、額面通りのボーナス点が入ります。

メディナ-o-22
宮殿タイル×4枚

4色ある建物それぞれについて、いちばん大きな建物を、
宮殿として自分のものにしているプレイヤーが受け取るタイルです。

ゲーム終了時に所有していれば、額面通りのボーナス点が入ります。

メディナ-o-23
建物×4色・各20個

ゲームボード上に、
いくつかのルールに従って建てていくコマです。

基本的には、
同じ色の建物がタテヨコで連なることになり、これを"宮殿"といいます。

メディナ-o-24
屋根×4色・各4個

ボードゲーム上の建物に乗せることで、
その建物を含む宮殿を自分のものにすることができるコマです。

自分のものにした宮殿は、建物1個につき1点になります。

メディナ-o-31
▲実際に乗っけてみると、こんな感じに♪( ̄▽ ̄*)ウツクシイ

メディナ-o-25
家畜小屋×12個
商人×31個
城壁×36個
×4個

色が付いていないコマたちです。

いずれも、宮殿にタテヨコで接することで、
コマ1個につき宮殿の得点を+1点します。
(塔だけは、得点に絡まないベース的なものです)

ただし、コマの種類によって、
ゲームボードへの配置ルールが全く違います。


最後に、以下は追加ルールのコンポーネントです。

メディナ-o-26
井戸×1セット

井戸の周囲8マスには、商人のコマしか配置できず、
井戸から東西南北へ向けて2マス目の位置に建物家畜小屋があれば、
そのプレイヤーはゲーム終了時に+4点のボーナスを得ます。
(訳が間違ってたらごめんなさい…!)

メディナ-o-27
ティータイル×6枚

紫の建物を自分の宮殿にしたときに受け取るタイルです。
使用すると"ティーブレイク"となり、自分のターンを飛ばせます
(訳が間違ってたらごめんなさい…!)


星屑:英検4級…( ̄▽ ̄;)



★お試しプレイ!

メディナ-o-28
▲最初は建物も人も少ない、さみしいメディナでしたが、

メディナ-o-29
▲ゲーム終了時には、ずいぶん賑やかな感じに…!

つまりは、みんなで建物を並べていきつつも、
良さげな建物ができあがったら、自分の屋根を置いて乗っ取って、
さらに、家畜小屋城壁商人をつなげて得点を伸ばして…みたいな、
ふんだんにコマを使ったガチガチの陣取りゲームでした!



★コメント

これまた、ずいぶん前から狙っていたゲームでしたが、
amazonのマケプレで7,500円のときに買い逃してしまい、
その後はずっと1万円台になっていて、入手を諦めていていました。

ところが先日、ふとamazonをチェックしてみると、
唐突に7,500円を割っていて…!

それで、やっと手に入れるに至りました♪( ̄▽ ̄*)

とはいえ、amazonのコメントに"カビている"とあったので、
やや警戒しながら到着を待っていたんですが…、

箱を開けて、うん、本当にカビっぽいニオイがしました

幸いにも、ボードやコマ自体に問題はありませんでしたので、
どうにかしてニオイを解消していきたいと思います。

ファブリーズ…じゃダメだよなぁ…( ̄▽ ̄;)サスガニ


さて、ゲームの内容の方ですが、
建物&屋根という超シンプルなシステムに、
家畜小屋やら商人やら何やらとゴチャゴチャしたルールを加えた、
何というか"ぶっとい幹に葉っぱがたくさん"な陣取りゲームという印象。

メディナ-o-30

そして、このゲームいちばんのセールスポイントは、
なんといってもコンポーネントの美しさですよね!

星屑、システムはだいぶ違いますが、
ワールド・モニュメント」を思い出しました…!

ワルモニュ-o-36
▲同じく建築ゲームの「ワールド・モニュメント

メディナ」は初心者向き…とはいえそうにないゲームですが、
ボードゲームならではの"美しさ"を味わえるタイトルの一つですので、
ワールド・モニュメント」とセットで運用していきたいと思います!



メディナ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/20 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 メディナ  
|

カビは
Feiron@歪みねぇ
う~ん。陰干しですかねぇ~

>>ロンさん
星屑トランペッター
陰干し、良いですね!
さっそく試してみます♪( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲
ボードゲーム
「イモムシ・イモムシ」




★開封

イモムシ-o-01
▲今回は人づてで入手しました!


★箱の外観

イモムシ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

原題が「ワームアップ!」と聞くと、
名前が似ている「キャメルアップ」を思い出しますね!( ̄▽ ̄ )

イモムシ-o-03
▲箱のウラ面

このゲームのデザイナーは、
ハゲタカのえじき」や「ガイスター」で有名な、
アレックス・ランドルフさんです!

イモムシ-o-04
スペック

バッティング・ゲームということで、
プレイ人数3~5人となっていて、
2人プレイは出来ません

対象年齢5歳~と、数字さえ分かればOKな感じで、
プレイ時間は短めの15~20分となっています。



★箱をオープン!

イモムシ-o-05
▲まずは大量のコマダイス

イモムシ-o-06
▲その下にルルブゴールテープがありました!



★内容物

イモムシ-o-07
ルールブック(英語・全4ページ)

図解が解りやすいルルブですね♪( ̄▽ ̄*)

イモムシ-o-08
ゴールタイル×1枚

見ての通り"フィニッシュ・ライン"で、
これに最初に触れることができたイモムシがレースに勝利します!

イモムシ-o-09
ポスト×4本

サイズは全て同じですが、
このうち2本がスタートポストで、
このうち2本がゴールポストです。

そして…、

イモムシ-o-10
ゴールポストは、ゴールタイルに挿し込んで使います。

イモムシ-o-11
イモムシの節×5色・各7個

各プレイヤーが1色ずつ担当するイモムシです。

イモムシ-o-12
▲球体を半分に割ったような節を7個つなげることで、
▲1匹の長いイモムシ●●●●●●●にします…!

イモムシ-o-13
ダイス×5色

これは振るためのダイスではなくて、
自分が何歩進みたいかの意思表示をするためのダイスです。

目は「」「」「」「」と「」で、空白の目は使用しません。

なお、色は各イモムシに対応しています。



★どんなゲーム?

イモムシ・イモムシ」は、
バッティング要素のあるレースゲームです。

"バッティング"とは、つまり、
他の人と同じ数字を出しちゃダメってことですね!( ̄▽ ̄ )

イモムシ-o-14
勝利条件は、自分のイモムシを上手く操って、
いちばんにゴールタイルに触れさせること!

ゲームは入札移動をくり返すことで進んでいきます。



☆入札

各プレイヤーは、

イモムシ-o-15
▲自分のダイスの目のうち、

イモムシ-o-16
自分が進みたい歩数の数字を上にして、手で隠します。

そうして、全員がダイスを手で隠したら、

イモムシ-o-17
▲全プレイヤーは自分のダイスを一斉に公開…!

このとき、同じ目が2つ以上公開されたら、
その目のプレイヤーたちは、
移動することができません

(上の画像の場合、「」を出した2人は移動不可)

また、目がバッティングせずに、
移動することができるプレイヤーは、
次回の入札では、
その目を公開することができません

(上の画像の場合、ピンクプレイヤーは次に「」を出せない)



☆移動

移動に成功したプレイヤーは、
公開した目の数だけ、自分のイモムシを移動させます

ここでは、
ピンクのイモムシ4歩移動させてみましょう!

イモムシ-o-18
イモムシの端にある""を、

イモムシ-o-19
▲反対側の端へと動かし、

イモムシ-o-20
▲同じように2個目→3個目と動かして、

イモムシ-o-21
▲これで4個のを動かし終えました…!

イモムシ-o-22
▲ちょっとだけですが、ゴールに近づきましたね♪( ̄▽ ̄*)

バッティングが発生してしまうと、
移動できるイモムシは1~2匹だけ…となりがちですが、

イモムシ-o-23
▲まったくバッティングしなかった場合は、

イモムシ-o-24
▲このような激しい展開になることもあります…!( ̄▽ ̄;)
移動時、他のイモムシに接触してはいけません!



☆「X」の目

もしも入札のときに、

イモムシ-o-25
▲「」の目を公開してバッティングしなければ、

他の人が公開しなかった歩数の中から、
好きな歩数を1つ選んで移動できる
上に…、
(上の画像の場合は「」か「」を選べる)

イモムシ-o-26
ゴールタイルに挿し込んであるポスト1つ外して

イモムシ-o-27
ゴールタイルコンパスのように回転させることで、

イモムシ-o-28
ゴールタイルを、自分にとって都合の良いように、
▲なんと動かすことができるんです…!

当然、他のプレイヤーも狙ってきますので、
」をバッティングさせないのは難しいですが…、

状況によっては、
ゴールの方からイモムシに飛び込ませて勝利!
…なんてロマンもあるかもしれませんね♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

これ、ずーっと気になっていたゲームだったんですが、

先日、福岡市の「ギルドバー」さんで初プレイして、
その後、やっぱり欲しいなって思ってたときに、

ボードゲーム仲間の一人から、

ピンクのイモムシが入ってるセットがあるけん、星屑さんに譲るよ!」

…という"ピンクつながり"で、
あれよあれよと私星屑の手元に舞い込んできてくれました!!

どうやら、

セットによってはピンクではなくて茶色だったり、
(そもそも箱のウラのイラストにピンクのイモムシはいない…)

黄色イモムシが2匹(=節が14個)入っていたりで、
(「ギルドバー」さんに置いてあったのがそうでした)

ピンクのイモムシをゲットできたのは、
めちゃめちゃラッキーだったようです♪( ̄▽ ̄*)カンシャ!!


さて、ピンク好き星屑自身がプレイするのはもちろんのこと、

最近はウチのボードゲーム会も、
よく初心者さんが参加してくださいますので、
ハゲタカのえじき」からの"ステップアップ"として、
この「イモムシ・イモムシ」を常備しておこうと思っています!



イモムシ・イモムシ 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/19 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 イモムシ・イモムシ  
|
ボードゲーム
「スピーク・イージー」




★開封

スピージー-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

スピージー-o-02
▲箱の外に日本語説明書

スピージー-o-03
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

これから社交ダンスでも始めそうな姿の男女ですが、
実は彼らは、対立するギャングのボスどうしで、
まさに都市を挟んで睨み合っている最中だったりします…!

スピージー-o-04
▲箱のウラ面

写真の盤面は、中国の「軍人将棋」のものと全く同じですね!

スピージー-o-05
スペック

プレイ人数2人専用で、
プレイ時間は短めの30分

対象年齢8歳~となっていて、ルールはシンプルな部類ですが、
"非合法酒場"がテーマで、"汚職警官"や"悪女"が登場するゲームを、
無垢な子どもに与えるというのは抵抗が…( ̄▽ ̄;)



★箱をオープン!

スピージー-o-06
▲一発目はルルブ

スピージー-o-07
▲その下にゲームボードがあって、

スピージー-o-08
▲最後がコマ類で、以上でした!



★内容物

スピージー-o-09
ルールブック×1枚(英語・片面)

薄汚れているように見えますが、そういうデザインです。
英語なので、なんちゃ読めます♪( ̄▽ ̄*)


スピージー-o-10
ゲームボード×1枚

ゲームの舞台となる都市です。

ボード上には、左右にそれぞれ25のマスがあり、
そのマスの上にコマを並べることになります。

また、マスとマスはラインでつながっていて、
コマはラインを通って、他のマスへと移動できます。

このとき、移動できるマス数には制限があって…、

背景が黄色の「通り」では、
直線であれば一度に何マスでも移動可能ですが、

背景が緑色の「路地」では、
路地内の移動であれ、路地内外からの出入りであれ、
一度に1マスしか移動できません。

そして、敵味方のコマを問わず、
他のコマを飛び越しての移動は一切できません

さらに、ボード上には、
緑色の「隠れ家」と、黄色の「バー」の2種類の建物があり、
それぞれに役割があります(後述)。


スピージー-o-11
コマ類(25枚1セット×2色)

プレイヤーが操るギャングたちのコマです。

プレイヤーは、それぞれ25枚のコマを駆使して、
相手のギャングを駆逐し、相手の非合法酒場の場所を探ります。

その25枚の内訳は…、

スピージー-o-12
特別な能力を持つ4種類のコマと、

スピージー-o-13
スピージー-o-14
数字による強弱がある8種類のコマです。

コマどうしが遭遇すると、対決が発生して、
単純に数字の大きい方が勝ち、小さい方のコマはゲームから除外されます
(同じ数字の場合は相討ちで、お互いに除外)

一方で、特別な能力を持つコマは対決のルールが違い…、

「FBI捜査官」は、
どんな相手でも相討ちにすることができます。

「悪女」は、
子供」以外の相手を相討ちにすることができます。

「子供」は、
悪女」以外の相手に遭遇すると除外されてしまいますが、
通り」であれば直線でなくても移動し続けることができます。

「スピーク・イージー」は、いうなれば自分の急所で、
これを相手に発見されることが、このゲーム唯一の敗北条件です。

なお、「スピーク・イージー」と「悪女」は移動することができません



★どんなゲーム?

スピーク・イージー」の舞台は、
1920年代の禁酒法時代のアメリカです。

プレイヤーはギャング一味のボスとして、
相手の"スピーク・イージー"――すなわち非合法の酒場を、
敵よりも先に見つけ出せば勝利となります!


スピージー-o-15
▲まず、ゲーム開始時に、
▲自分の色の25枚のコマを、自分側の25ヵ所のマスに配置します。

このとき、「スピーク・イージー」のコマは、

スピージー-o-16
▲2ヵ所ある「バー」のどちらかに置かなければならず、

また、「悪女」のコマは、

スピージー-o-17
▲自分側の手前から2列以内に置かなければなりません。

その他のコマの配置については自由ですので、
よく考えながら置いていきましょう…!


お互いに初期配置を終えたら、ターン制でゲームは進行していきます。

スピージー-o-18
▲自分のターンが回ってきたら、
自分のコマ1枚を、ラインに沿って移動させましょう。
(移動のルールについては前述の通りです)

そして、移動先に相手のコマがあるならば、
遭遇したコマどうしの対決が発生…!

スピージー-o-19
▲お互いの数字を比べて、

スピージー-o-20
▲数字の小さい方のコマはゲームから除外され、
▲数字の大きい方のコマのみが、そのマスにとどまります。


スピージー-o-21
▲なお、コマの中には、
数字の強弱にとらわれないものもありますので、

スピージー-o-22
▲うまく使って、相手の数字の大きなコマを追い出しましょう!

スピージー-o-23
▲また、都市内に10ヵ所ある「隠れ家」は、
自分のコマを守ってくれます…!
(相手のコマがある「隠れ家」へはコマを移動させられない)


相手のコマの配置を予想して、
ここぞと思う場所に自分のコマをぶつけ、

もしも対決によって自分のコマが追い出されたなら、
そのときは相手のコマの中身を記憶し、

場合によっては強いコマを「隠れ家」に逃がして温存し、
じわじわと相手のコマの数を減らしていって…、

スピージー-o-24
▲最後は相手の「スピーク・イージー」を、
▲あぶり出してやりましょう!!



★コメント

星屑にとっては、
かなり久しぶりの"2人プレイ専用ゲーム"になります!

といっても、これはいわゆる「軍棋」のバージョン違いですので、
感覚的には将棋セット囲碁セットを入手したような感じですね。



しかしながら、
スピーク・イージー」は「軍棋」に比べて、
ややこしい"階級"が全て"数字"となって簡素化され、
テーマも"戦争"から"抗争"へとやや軽くなり、
だいぶ敷居が下がった印象を受けました!!

スピージー-o-25

ゲームの要素としては、記憶カウンティングに、読み
そして、ブラフ戦略が重要になってきます。

とどのつまりはガチゲーです…!

最近は"二人ゲ会"とか、なかなか開催する機会がないですが、
もしまた開くときには、ラインナップに加えたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



スピーク・イージー 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/14 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 スピーク・イージー  
|
ボードゲーム
「おしくらモンスター」




★開封

押しくら-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

押しくら-o-02
▲箱の外に日本語説明書

押しくら-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

えらくユニークなモンスターが並んでいます。
ちょっとシュールな光景かも…!( ̄▽ ̄*)

なお、見ての通り原題は「PUSH a MONSTER」です。

押しくら-o-04
▲箱のウラ面

この写真を見ると、モンスターを押し出すゲームのように見えますが、
実際はモンスターを押し出しちゃダメなゲームなんです!

押しくら-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間はサクッと片付く15分間
対象年齢がかなり低くて、5歳~となっています。

押しくら-o-06
▲そして、「ドイツ年間キッズゲーム大賞」では、
2015年にノミネートされたゲームでもあるようですね…!
(同年の大賞は「スピンデレラ」)



★箱をオープン!

押しくら-o-07
▲一発目はシール

押しくら-o-08
ルルブはこの位置で、

押しくら-o-09
▲その下にタイル台紙があって、

押しくら-o-10
▲底部には木駒台座と、

押しくら-o-11
ダイスがありました。



★タイル抜き!

押しくら-o-12
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

押しくら-o-13
▲はい、完了…!

押しくら-o-14
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易

すべて四角形のタイルでしたので、だいぶ楽な部類でした♪( ̄▽ ̄*)



★シール貼り!

続いて、木駒ダイスシールを貼っていきましょう!

押しくら-o-15
ダイスの6面と、6種類の木駒の片面に、
▲それぞれ対応するシールを、

押しくら-o-16
▲ペタペタと貼っていきます。

これが地味に骨の折れる作業で、
特に黄色のシールは、普通に貼ると木駒からはみ出てしまうので、
ビミョーにナナメにして貼らなければなりませんでした…( ̄▽ ̄;)

説明書にも、
"この作業は慎重に行う必要があります。"
"必ず大人の人が行ってください。"
…と書いてありますので、その通りにするのが無難でしょうね。



★内容物

押しくら-o-17
ルールブック(3ヵ国語・全8ページ)

ドイツ語英語フランス語での記載があります。

押しくら-o-18
闘技場×1

このゲームの舞台となる場所です。

グニャグニャといびつなカタチをしていて、
いくつかの出っ張り部分の使い方が重要になってきます…!

押しくら-o-19
モンスターコマ×27

闘技場の上で押し合いをする、
カタチや大きさの違う6種類のモンスターたちです。

押しくら-o-20
モンスター押し込みタイル×2枚1組

この2枚のタイルを重ねることで…、

押しくら-o-21
▲スライド式になり、
モンスターを闘技場へ押し込むことができます!

押しくら-o-22
モンスタータイル×81

自分がモンスターコマを闘技場から落としてしまったときに、
他のすべてのプレイヤーが受け取ることになるタイルです。

ゲーム終了時、受け取ったタイルを横一直線に並べて、
その長さがいちばん長いプレイヤーが勝者となります!

押しくら-o-23
ダイス×1

自分のターンの最初に振るダイスです。
出た目のモンスターを、闘技場に押し込みます。

なお、「」の目が出た場合に押し込むのは、
ストックに残っている数が最多のモンスターです。
(最多が同数の場合は、任意のモンスターを選ぶ)



★どんなゲーム?

押しくら-o-24
▲闘技場の上に放たれたモンスターたち…!

押しくら-o-28
▲プレイヤーはダイスを振って、
▲出た目のモンスターを…、

押しくら-o-25
▲闘技場へ"完全に収まるように"押し込まなければなりません!
(他のモンスターは、はみ出てもOK…ただし落とさないように)

押しくら-o-26
▲このとき、もしも他のモンスターを、
▲闘技場から落としてしまったら…、

押しくら-o-27
▲他のプレイヤーたちは、落下したモンスターのタイルを受け取り、
▲この横幅の長さが長くなるほど勝利に近づく…というゲームです!
(モンスターによって、横幅の長さが違います)



★コメント

たまにはキッズゲームに手を出してみようということで、
やたらとタイトルがそそる「おしくらモンスター」を入手…!

これ、あくまで"子ども向け"の幅を広げるのが目的で、
大人どうしでバチバチとプレイすることなんて、
そんなに想定していなかったんですが…、

押しくら-o-30

うおっ、ギリギリで持ち堪えたぞ…!

もう次は絶対に落ちる未来しかないじゃん!

ぐはっ、でかいのが2つも落ちちゃった!!


実際にやってみると、
いい大人でも普通に盛り上がりました!!

そもそもの闘技場の面積が狭いので、
途中から落ちること前提になるんですが…、

そんな中で、
いかに落とす数を減らすかとか、
どのコマを落として傷を浅くするかとか、
ちゃんと戦略的な要素も見え隠れしていて、
どうやら、ただの大味なだけのゲームではなかったようですね…!
(いや、良い意味で大味は大味なんですが)

押しくら-o-29

コンポーネントに対する箱の大きさがネックで、
やや持ち運びが大変ですが…、

ボードゲーム会にお子さんが参加されてもされなくても、
持ち込む価値のあるゲームだと思います♪( ̄▽ ̄*)



おしくらモンスター 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/13 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 おしくらモンスター  
|