RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「おしくらモンスター」




★開封

押しくら-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

押しくら-o-02
▲箱の外に日本語説明書

押しくら-o-03
▲箱のオモテ。ボールペンとのサイズ比較。

えらくユニークなモンスターが並んでいます。
ちょっとシュールな光景かも…!( ̄▽ ̄*)

なお、見ての通り原題は「PUSH a MONSTER」です。

押しくら-o-04
▲箱のウラ面

この写真を見ると、モンスターを押し出すゲームのように見えますが、
実際はモンスターを押し出しちゃダメなゲームなんです!

押しくら-o-05
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間はサクッと片付く15分間
対象年齢がかなり低くて、5歳~となっています。

押しくら-o-06
▲そして、「ドイツ年間キッズゲーム大賞」では、
2015年にノミネートされたゲームでもあるようですね…!
(同年の大賞は「スピンデレラ」)



★箱をオープン!

押しくら-o-07
▲一発目はシール

押しくら-o-08
ルルブはこの位置で、

押しくら-o-09
▲その下にタイル台紙があって、

押しくら-o-10
▲底部には木駒台座と、

押しくら-o-11
ダイスがありました。



★タイル抜き!

押しくら-o-12
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

押しくら-o-13
▲はい、完了…!

押しくら-o-14
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易

すべて四角形のタイルでしたので、だいぶ楽な部類でした♪( ̄▽ ̄*)



★シール貼り!

続いて、木駒ダイスシールを貼っていきましょう!

押しくら-o-15
ダイスの6面と、6種類の木駒の片面に、
▲それぞれ対応するシールを、

押しくら-o-16
▲ペタペタと貼っていきます。

これが地味に骨の折れる作業で、
特に黄色のシールは、普通に貼ると木駒からはみ出てしまうので、
ビミョーにナナメにして貼らなければなりませんでした…( ̄▽ ̄;)

説明書にも、
"この作業は慎重に行う必要があります。"
"必ず大人の人が行ってください。"
…と書いてありますので、その通りにするのが無難でしょうね。



★内容物

押しくら-o-17
ルールブック(3ヵ国語・全8ページ)

ドイツ語英語フランス語での記載があります。

押しくら-o-18
闘技場×1

このゲームの舞台となる場所です。

グニャグニャといびつなカタチをしていて、
いくつかの出っ張り部分の使い方が重要になってきます…!

押しくら-o-19
モンスターコマ×27

闘技場の上で押し合いをする、
カタチや大きさの違う6種類のモンスターたちです。

押しくら-o-20
モンスター押し込みタイル×2枚1組

この2枚のタイルを重ねることで…、

押しくら-o-21
▲スライド式になり、
モンスターを闘技場へ押し込むことができます!

押しくら-o-22
モンスタータイル×81

自分がモンスターコマを闘技場から落としてしまったときに、
他のすべてのプレイヤーが受け取ることになるタイルです。

ゲーム終了時、受け取ったタイルを横一直線に並べて、
その長さがいちばん長いプレイヤーが勝者となります!

押しくら-o-23
ダイス×1

自分のターンの最初に振るダイスです。
出た目のモンスターを、闘技場に押し込みます。

なお、「」の目が出た場合に押し込むのは、
ストックに残っている数が最多のモンスターです。
(最多が同数の場合は、任意のモンスターを選ぶ)



★どんなゲーム?

押しくら-o-24
▲闘技場の上に放たれたモンスターたち…!

押しくら-o-28
▲プレイヤーはダイスを振って、
▲出た目のモンスターを…、

押しくら-o-25
▲闘技場へ"完全に収まるように"押し込まなければなりません!
(他のモンスターは、はみ出てもOK…ただし落とさないように)

押しくら-o-26
▲このとき、もしも他のモンスターを、
▲闘技場から落としてしまったら…、

押しくら-o-27
▲他のプレイヤーたちは、落下したモンスターのタイルを受け取り、
▲この横幅の長さが長くなるほど勝利に近づく…というゲームです!
(モンスターによって、横幅の長さが違います)



★コメント

たまにはキッズゲームに手を出してみようということで、
やたらとタイトルがそそる「おしくらモンスター」を入手…!

これ、あくまで"子ども向け"の幅を広げるのが目的で、
大人どうしでバチバチとプレイすることなんて、
そんなに想定していなかったんですが…、

押しくら-o-30

うおっ、ギリギリで持ち堪えたぞ…!

もう次は絶対に落ちる未来しかないじゃん!

ぐはっ、でかいのが2つも落ちちゃった!!


実際にやってみると、
いい大人でも普通に盛り上がりました!!

そもそもの闘技場の面積が狭いので、
途中から落ちること前提になるんですが…、

そんな中で、
いかに落とす数を減らすかとか、
どのコマを落として傷を浅くするかとか、
ちゃんと戦略的な要素も見え隠れしていて、
どうやら、ただの大味なだけのゲームではなかったようですね…!
(いや、良い意味で大味は大味なんですが)

押しくら-o-29

コンポーネントに対する箱の大きさがネックで、
やや持ち運びが大変ですが…、

ボードゲーム会にお子さんが参加されてもされなくても、
持ち込む価値のあるゲームだと思います♪( ̄▽ ̄*)



おしくらモンスター 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2017/07/13 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 おしくらモンスター  
|