RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「スピーク・イージー」




★開封

スピージー-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

スピージー-o-02
▲箱の外に日本語説明書

スピージー-o-03
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

これから社交ダンスでも始めそうな姿の男女ですが、
実は彼らは、対立するギャングのボスどうしで、
まさに都市を挟んで睨み合っている最中だったりします…!

スピージー-o-04
▲箱のウラ面

写真の盤面は、中国の「軍人将棋」のものと全く同じですね!

スピージー-o-05
スペック

プレイ人数2人専用で、
プレイ時間は短めの30分

対象年齢8歳~となっていて、ルールはシンプルな部類ですが、
"非合法酒場"がテーマで、"汚職警官"や"悪女"が登場するゲームを、
無垢な子どもに与えるというのは抵抗が…( ̄▽ ̄;)



★箱をオープン!

スピージー-o-06
▲一発目はルルブ

スピージー-o-07
▲その下にゲームボードがあって、

スピージー-o-08
▲最後がコマ類で、以上でした!



★内容物

スピージー-o-09
ルールブック×1枚(英語・片面)

薄汚れているように見えますが、そういうデザインです。
英語なので、なんちゃ読めます♪( ̄▽ ̄*)


スピージー-o-10
ゲームボード×1枚

ゲームの舞台となる都市です。

ボード上には、左右にそれぞれ25のマスがあり、
そのマスの上にコマを並べることになります。

また、マスとマスはラインでつながっていて、
コマはラインを通って、他のマスへと移動できます。

このとき、移動できるマス数には制限があって…、

背景が黄色の「通り」では、
直線であれば一度に何マスでも移動可能ですが、

背景が緑色の「路地」では、
路地内の移動であれ、路地内外からの出入りであれ、
一度に1マスしか移動できません。

そして、敵味方のコマを問わず、
他のコマを飛び越しての移動は一切できません

さらに、ボード上には、
緑色の「隠れ家」と、黄色の「バー」の2種類の建物があり、
それぞれに役割があります(後述)。


スピージー-o-11
コマ類(25枚1セット×2色)

プレイヤーが操るギャングたちのコマです。

プレイヤーは、それぞれ25枚のコマを駆使して、
相手のギャングを駆逐し、相手の非合法酒場の場所を探ります。

その25枚の内訳は…、

スピージー-o-12
特別な能力を持つ4種類のコマと、

スピージー-o-13
スピージー-o-14
数字による強弱がある8種類のコマです。

コマどうしが遭遇すると、対決が発生して、
単純に数字の大きい方が勝ち、小さい方のコマはゲームから除外されます
(同じ数字の場合は相討ちで、お互いに除外)

一方で、特別な能力を持つコマは対決のルールが違い…、

「FBI捜査官」は、
どんな相手でも相討ちにすることができます。

「悪女」は、
子供」以外の相手を相討ちにすることができます。

「子供」は、
悪女」以外の相手に遭遇すると除外されてしまいますが、
通り」であれば直線でなくても移動し続けることができます。

「スピーク・イージー」は、いうなれば自分の急所で、
これを相手に発見されることが、このゲーム唯一の敗北条件です。

なお、「スピーク・イージー」と「悪女」は移動することができません



★どんなゲーム?

スピーク・イージー」の舞台は、
1920年代の禁酒法時代のアメリカです。

プレイヤーはギャング一味のボスとして、
相手の"スピーク・イージー"――すなわち非合法の酒場を、
敵よりも先に見つけ出せば勝利となります!


スピージー-o-15
▲まず、ゲーム開始時に、
▲自分の色の25枚のコマを、自分側の25ヵ所のマスに配置します。

このとき、「スピーク・イージー」のコマは、

スピージー-o-16
▲2ヵ所ある「バー」のどちらかに置かなければならず、

また、「悪女」のコマは、

スピージー-o-17
▲自分側の手前から2列以内に置かなければなりません。

その他のコマの配置については自由ですので、
よく考えながら置いていきましょう…!


お互いに初期配置を終えたら、ターン制でゲームは進行していきます。

スピージー-o-18
▲自分のターンが回ってきたら、
自分のコマ1枚を、ラインに沿って移動させましょう。
(移動のルールについては前述の通りです)

そして、移動先に相手のコマがあるならば、
遭遇したコマどうしの対決が発生…!

スピージー-o-19
▲お互いの数字を比べて、

スピージー-o-20
▲数字の小さい方のコマはゲームから除外され、
▲数字の大きい方のコマのみが、そのマスにとどまります。


スピージー-o-21
▲なお、コマの中には、
数字の強弱にとらわれないものもありますので、

スピージー-o-22
▲うまく使って、相手の数字の大きなコマを追い出しましょう!

スピージー-o-23
▲また、都市内に10ヵ所ある「隠れ家」は、
自分のコマを守ってくれます…!
(相手のコマがある「隠れ家」へはコマを移動させられない)


相手のコマの配置を予想して、
ここぞと思う場所に自分のコマをぶつけ、

もしも対決によって自分のコマが追い出されたなら、
そのときは相手のコマの中身を記憶し、

場合によっては強いコマを「隠れ家」に逃がして温存し、
じわじわと相手のコマの数を減らしていって…、

スピージー-o-24
▲最後は相手の「スピーク・イージー」を、
▲あぶり出してやりましょう!!



★コメント

星屑にとっては、
かなり久しぶりの"2人プレイ専用ゲーム"になります!

といっても、これはいわゆる「軍棋」のバージョン違いですので、
感覚的には将棋セット囲碁セットを入手したような感じですね。



しかしながら、
スピーク・イージー」は「軍棋」に比べて、
ややこしい"階級"が全て"数字"となって簡素化され、
テーマも"戦争"から"抗争"へとやや軽くなり、
だいぶ敷居が下がった印象を受けました!!

スピージー-o-25

ゲームの要素としては、記憶カウンティングに、読み
そして、ブラフ戦略が重要になってきます。

とどのつまりはガチゲーです…!

最近は"二人ゲ会"とか、なかなか開催する機会がないですが、
もしまた開くときには、ラインナップに加えたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



スピーク・イージー 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲
スポンサーサイト

【2017/07/14 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 スピーク・イージー  
|
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。