RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「リトルタウンビルダーズ」




★開封

LTB-o-01
▲今回はamazonでポチりました!


★箱の外観

LTB-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

前作の「開拓王」と同じテイストのイラストです。

魚を釣って、ビールを飲んで…と、
どこか、お気楽な雰囲気が漂っていますね。( ̄▽ ̄*)

LTB-o-03
▲箱のウラ面

見出しは"新天地に自分たちの町を築こう!!"。

どうやら、
みんなで一つの町をつくって、その貢献度を競う!
…といったテーマのようです。

LTB-o-04
スペック

プレイ人数は標準的な2~4人で、
プレイ時間は短めの30分
対象年齢10歳~となっています。

プレイヤーの人数によって、
コマなどの数が調整されていますので、
2人でも3人でも4人でも、違和感の無いプレイが可能です。
(プレイ感は変わります)



★箱をオープン!

LTB-o-05
▲一発目はルルブ

LTB-o-06
▲その下にサマリーがあって…、

LTB-o-07
▲ここで色々と出てきましたね。
コマ類チップ類タイル

LTB-o-08
▲さらにコマ類があって、

LTB-o-09
▲最後がゲームボードでした!



★内容物

LTB-o-10
ルールブック(日本語・全12ページ)

ゲームの内容が、かなり噛み砕いて説明されているルルブです。

丁寧さが、そのままページ数になっている感じですので、
読み進めるのは苦になりませんでした♪( ̄▽ ̄*)

LTB-o-11
タイルリスト×1枚(両面)

ゲームに登場する全てのタイルの解説書です。

タイルの内容自体がシンプルですので、
こちらも、なんら難しくありません。

LTB-o-12
メインボード×1枚(両面)

町づくりの舞台となる、全プレイヤー共有のボードです。

裏表で地形の配置が異なっていて、
初回はボードの右上にタイトルロゴがある面を使った方がよいとのこと。

LTB-o-13
資源コマ×4種・各15個

4種類の資源()を表すキューブです。

主にメインボード上の草原にワーカーを配置することで獲得し、
建物を建てたり、建物を稼動させたりするのに使います。

LTB-o-14
ワーカーコマ×4色

各プレイヤーの部下(=ワーカー)となるコマです。

メインボード上の草原に配置することで資源を得たり、
建設現場に配置することで建物を建築したりと、
プレイヤーの手足となって働いてくれます。

LTB-o-15
家コマ×4色

自分が建てた建物を示すためのコマです。

自分が建てた建物を稼動させるのはタダですが、
他人が建てた建物を稼動させるには1金を支払わなければなりません。

LTB-o-16
お金チップ(1金/3金)
プレイヤーマーカー×4色
勝利点チップ(両面)
ラウンドマーカー

各種チップおよびマーカーです。

プレイヤーマーカーは、ボード外周の得点トラックに使い、
勝利点チップは、得点が40点を超えたときに使います。

LTB-o-17
スタPマーカー×1枚

ラウンドごとに時計回りで交代する、
スタートプレイヤーが持つマーカーです。

てか、ルルブに"スタP"って表記は初めて見たかも…!

LTB-o-18
建物タイル×29枚(うち「」×5枚)

町を彩る、さまざまな建物のタイルです。

ゲームごとに、5枚畑タイルに加えて、
ランダムに(あるいは任意で)12枚建物タイルをピックアップし、
合計17枚の中から、各プレイヤーは建築を行うことになります。

LTB-o-19
目標タイル×15枚

ゲーム開始時に、各プレイヤーに配られるタイルです。
(配る枚数はプレイヤーの人数によって変動)

各プレイヤーは、おのおの秘密裏に自分の目標の達成を目指して、
達成したタイミングで、その目標タイルを公開し、
これがゲーム終了時に追加点となります。



★どんなゲーム?


リトルタウンビルダーズ」は、
かなりシンプルな部類のワーカープレイスメントゲームです!

このゲームでのワーカーは、

LTB-o-20
▲2人プレイなら、1人につき5コマ、

3人プレイなら、1人につき4コマ、
4人プレイなら、1人につき3コマ、
…と定まっていて、
ゲームは全4ラウンドで行われます。

つまり、
2人プレイでは1プレイヤーにつき20アクション、
3人プレイでは1プレイヤーにつき16アクション、
4人プレイでは1プレイヤーにつき12アクション、
…と、なるわけですね。

プレイ時間が30分となっていることからも分かる通り、
かなり展開の速いゲームになっているんです!


各プレイヤーは、自分の番が回ってきたら、
自分のワーカー1コマを使ってアクションを行います

できるアクションは、

①ワーカーを草原に配置し、周囲のマスの効果を得る

②ワーカーを建築現場に配置し、建物を建築する

…の、2択です。


①ワーカーを草原に配置し、周囲のマスの効果を得る場合は、

LTB-o-21
▲まず、メインボード上の空きマス(=草原)に、
▲自分のワーカー1コマを配置して、
▲その周囲8マス地形建物から効果を得ます。

上の画像の場合、ワーカーの周囲8マスの中には、
を獲得できる1マスと、
を獲得できる2マスありますので…、

LTB-o-22
▲単純に1つと、2つ、獲得できるわけです。


一方、
②ワーカーを建築現場に配置し、建物を建築する場合は、

LTB-o-23
▲まず、メインボード左隅の建築現場に、
▲自分のワーカー1コマを配置します。

LTB-o-24
▲続いて、ずらりと並ぶ建物タイルの中から、
▲自分が建てたい建物を選び、

LTB-o-25
▲その建物のコストを支払って、

LTB-o-26
▲メインボード上の空きマス(=草原)に配置し、
▲自分の家コマを乗せます。

こうして建築した建物は、
自分に勝利点(タイル右上の数字)をもたらす他、
稼動させることで、資源獲得変換を行うこともできるんです!

例えば、この後のターンで…、

LTB-o-27
▲この位置にワーカーを配置したら、
からからからを1つずつ得るのに加えて、
▲「魚市場」で魚1つ3金に変換することができます。
(必要なければ、しなくてもOKです)

なお、このとき、
自分が建てた建物であれば、無料で稼動させることができますが、
他人が建てた建物を稼動するには、1金を渡さなければなりません。

逆にいえば、
自分が建てた建物を、他人が稼動してくれるたびに、
1金の収入を得られるというわけですね!


――こうして、資源を得て、建物を建てて、変換して、
また資源を得て、建物を建てて…を繰り返していって、
4ラウンドを終えたときに、

LTB-o-28
建物タイルの勝利点
目標タイルの勝利点
3金につき1勝利点の合計点が、
▲最も高いプレイヤーが勝者となります!!


そういえば、一つ書き忘れていたんですが…、

各ラウンドの終了時には、
ワーカーたちに食料を供給しなければなりません!

食料というのは、orのことで、
これらをワーカーの数ぶん揃えておかないといけないわけです。

例えば、ワーカーが5コマあれば、
を足して5つ、4ラウンドに渡って供給することになります。

もしも供給できない場合は、
1ワーカーにつき-3勝利点のペナルティが発生しますので、
ばかりではなく、もしっかり収集しておきましょう…!



★コメント

LTB-o-31

開拓王」をポチったのが、
もう3年も前になるのか…と驚きを隠せない、
私こと星屑トランペッターです…!( ̄▽ ̄;)

LTB-o-29

開拓王は、決して難しいゲームではないハズなのに、
なぜか頭に入ってこないというか、
ピンとこないというか、そんな感じで、
拡張まで購入したわりには、
プレイした記憶が2,3回しかないんですよね…。

で、その開拓王のStudio GGさんの新作は、
ゆるめのワーカープレイスメントらしいと耳にして、
お、マジか!と、
この「リトルタウンビルダーズ」をポチってみたわけです。

と、いうのも、
初心者さんにも気軽にプレイしてもらえそうな、
軽めのワーカープレイスメントがないかなって、
探していたところでして。

ここ数ヵ月、
初心者さんとボドゲをする機会が度々あって、
その折に「ワープレってのをやってみたい」なんて言われて、
何を出したらいいんだろう、と。

とりあえず「ふたりコラ」を出して、インストしてみたものの、
どうやらハードルが高いらしく、
(ぼくのインストがイマイチなのかもだけど)
"他の何か"を求めていたんです。

そこに、このリトルタウンビルダーズ

LTB-o-30

プレイしてみると、
選択肢の少なさが初心者さんに優しいと、まず思いました。

自分のターンにできることが、
基本、資源を取る建物を建てるかの2択。

建物は13種類の中から選ぶことになりますが、
テキストがほとんどなくて、どれもこれも効果が分かりやすい。

あの建物を建ててみたいから→この資源とこの資源が欲しい!

…という、
ごくごく自然な流れでゲームを進めることができます。

しかも、その資源の獲得が難しくありません。

ついでに、
自分が目当ての建物を建て損ねてしまっても、
1金で気軽に他のプレイヤーの建物を使えるので、
堅っ苦しさのようなものも薄いです。
(使われる方も1金もらえるメリットが発生しますしね♪)

ワーカープレイスメントでは定番の、
ワーカーへの食料の確保についても、
ちょっと工夫しなきゃだけど、なんとでもなる…程度で、
うまくバランスが取られているように思います。

総じて、
軽快にワーカープレイスメントを楽しめる!
…そんなゲームですね♪( ̄▽ ̄*)

逆に難点は…コスパでしょうか。
4,980円という価格は、どうしても内容に対して割高感がありました。

とはいえ、
ナショナルエコノミー」や「ワイナリーの四季」、
最近では「フルーツジュース」など、
数々のワーカープレイスメントの中にあって、
"町づくり系でライトなワーカープレイスメントは貴重ですので、
初心者さんとはもちろん、
ボードゲーム会でも積極的に卓を立てていきたいと思います!



リトルタウンビルダーズ 関連記事


ボードゲーム記事一覧






記事を閉じる▲

【2018/02/08 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 リトルタウンビルダーズ  
|