RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「フェアリータイル」




★開封

フェアタイ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

フェアタイ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

王女ドラゴンを優しくなでているイラストです。
右奥にいる騎士の遠さがちょっと切ない…( ̄▽ ̄;)

フェアタイ-o-03
▲箱のウラ面

タイルを置いてキャラクターを移動して…と、
とてもシンプルな概要になっていますね。

フェアタイ-o-04
スペック

プレイ人数2~4人と標準的で、
プレイ時間30分と短め。
対象年齢8歳~です。

"訪れる"や"越えて"の意味が解って、
キャラクターの動かし方(3パターン)を把握できれば、
お子さんでも十分にプレイ可能でしょう。

というか、
お子さんにこそプレイしてもらいたいテーマですよね!( ̄▽ ̄*)



★箱をオープン!

フェアタイ-o-05
▲一発目はルルブ

フェアタイ-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

フェアタイ-o-07
▲トレイにフィギュアカード類トークンで、
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

フェアタイ-o-08
▲それでは、4枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

フェアタイ-o-09
▲はい、完了…!

フェアタイ-o-10
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

タイルの枚数が少ないので、
あっという間でしたね。

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★内容物

フェアタイ-o-11
ルールブック(日本語・全12ページ)

ページ数がやや多めですが、
1ページあたりの文字数は少なめなルルブです。

図解もあちこちにあって、読み進めやすくなっています!

フェアタイ-o-12
キャラクターフィギュア×3体

左から、ドラゴン王女騎士のフィギュアです。

聞いた話、値段のわりにフィギュアの質が高いと、
一部で話題になっていたらしいですね!( ̄▽ ̄*)
(「フェアリータイル」参考価格3,888円)

フェアタイ-o-13
魔法トークン×4枚

1ターンに2アクションする際に使うトークンです。

自分の手札を交換したターンに"空白"の面から"魔法"の面にし、
以後のターンに空白の面に戻すことで2アクションできます。

フェアタイ-o-14
開始タイル×3枚

王女騎士ドラゴンのシンボルが、
それぞれ入っている3枚のタイルです。

ゲームは、この3枚をつなげるところから始まります。

フェアタイ-o-15
通常タイル×12枚

開始タイルの周りにつなげて、
王国の地形を増やすためのタイルです。

ウラ面は、オモテ面とは違う地形配置なので、
リプレイ性が高くなっています。

フェアタイ-o-16
▲最後にカード類

フェアタイ-o-17
早見表カード×4枚

各キャラクターの動かし方と、地形の種類
そして、ターンの詳細が記されたサマリーです。

これに沿ってインストすれば、
すんなりと話が進むと思います!

フェアタイ-o-18
ページカード×36枚

4人なら9枚ずつ、3人なら12枚ずつ…と、
ゲーム開始時に、全36枚を全員に配りきってしまうカードです。

受け取ったカードの山は、自分の""となり、
カード一枚一枚が本の"ページ"となります。

カードのテキスト欄には、
上部に"目的"が、下部に"物語"が記されてあって――



★どんなゲーム?

フェアリーテイルならぬ「フェアリータイル」は、
自分の全てのカードの目的を満たし、
自分の本の物語を完結させるゲーム
です。

フェアタイ-o-19
▲プレイヤーは、常に1枚のカードを持ち、
▲そのカードの"目的"の達成を目指します。
(画像のカードの目的は"王女騎士が森で出会う")

目的を達成するためには、

フェアタイ-o-20
王国に新たな土地タイルを追加したり

王女騎士ドラゴンを動かしたりしなければなりません!

3体のキャラクターの動かし方は、それぞれ異なり…、

フェアタイ-o-21
王女は、
1マスしか移動できませんが、
追加でからへ飛び移ることができます。

フェアタイ-o-22
騎士は、
2マス移動することができますが、
隣のマスへは移動できません。

フェアタイ-o-23
ドラゴンは、
進行方向の端まで一気に移動できますが、
途中で止まることができません。

キャラクターの動きには、いずれもクセがありますが、
自分のカードの目的に沿うよう、うまく動かしましょう…!


フェアタイ-o-24
▲カードの目的をクリアすれば、
▲そのカードの"物語をを読み上げることができます。

こうして、
カードの目的のクリアと、物語の読み上げを繰り返していって、
最初に自分の全てのカードの物語を読み終えたプレイヤーが勝者です!



★コメント

プレイしてみての率直な感想ですが、
強引に王女と騎士をくっつける(物理)ゲーム!って感じでした。
(もちろん、王女とドラゴン、騎士とドラゴンもひっつけますが)

気分は、なんというかお見合いの世話人


星屑「ふたりを無理矢理くっつけるゲームといえば、」
星屑「俺、前に"フラグ建設株式会社"っていうのを考えててさ」

しーぷ「あー、なんか作ってたね」
しーぷ「主人公と、食パンをくわえた女の子をぶつけるヤツだったっけ」

星屑「そうそう」
星屑「お互いのデッキをうまく組んで、タイミングを合わせて、」
星屑「曲がり角で鉢合わさせるカードゲームね」

しーぷ「あれ、どうなったの?」

星屑「カードの調整が行き詰ってしまってさ…、」
星屑「そのうちに"えんだん!"の方が進んじゃって」

しーぷ「なにその片付け中に読書が捗る的な」

星屑「援団が完成したら、フラ建もがんばるよ」

しーぷ「まず援団が完成するんですかねぇ……」

閑話休題。

フェアタイ-o-26

フェアリータイルですが、ゲーム性としては、

相手の手の内がハッキリと分からないので、妨害要素が薄く
(相手の動きを見ていると、おぼろげに目的が分かることも)

カードによって難易度に差があるので、手札の運の要素が濃く
(すんなり行ったり行かなかったり)

目的が常に1つなので、やることに限りがあってテンポが早いです。

そもそものファンタジーなテーマも相まって、
総じてライトで気楽なプレイ感になっています。

絶対に誰よりも早く目標をクリアしてやるぜー!

…というプレイングよりも、

よし、俺の物語がまた一歩進んだぜ!!

というプレイングの方が楽しめそうな作品ですね。

実際、
タイルゲームというジャンルにワクワクしていた私星屑よりも、
魔法の国の物語というテーマにワクワクしていた妻しーぷの方が、
より目を輝かせていたような気がしました♪( ̄▽ ̄*)

フェアタイ-o-25

おそらくですが、ゲーム初心者とか熟練者とか云々よりも、

王女と騎士の森での出会いを、
カードの文面以上に膨らませて想像できる方
や、

全てのカードの目標をクリアして完成した物語の、
その先の物語をイメージできるような方
にこそ、

いちばん向いているゲームなんだと思います!



フェアリータイル 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2018/04/10 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 フェアリータイル  
|