RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ライミース」




★開封

ライミース-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

ライミース-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

箱のサイズは想像よりも少し大きくて、
タテヨコの面積が「セレスティア」と同じくらいでした。

ライミース-o-03
▲箱のウラ面

ゲーム内容はカード配置→ワーカー配置→得点という、
カルカソンヌ」に似たシステムのようですね。

ライミース-o-04
スペック

プレイ人数1~2人で、
プレイ時間20分
対象年齢8歳~です。

これ1箱では最大人数2名ですが、
同じものを追加で購入すれば、
1箱につき最大人数を2名増やすこともできます



★箱をオープン!

ライミース-o-05
▲一発目はルルブで、

ライミース-o-06
▲その下にカード類コマ類
▲内容物はこれだけでした!

箱、もうちょい小さくして欲しかった…( ̄▽ ̄;)



★内容物

ライミース-o-07
ルールブック(原語&英語・全4ページ)

2ヵ国語によるルルブです。

ルールがシンプルですので、
ページ数は少なめとなっています。


ライミース-o-08
ワーカー駒×2色・各7体

カード上に配置する、いわゆるミープルですね。

配置された地形によって「職業」が変化し、
その職業によって得点方法が決まります。


ライミース-o-09
地形カード×2色・各24枚

24枚で1組の、正方形のカードです。

まったく同じ組み合わせが2セットあり、
それぞれウラ面がになっています。
(ミープルと同じ2色ですね)

一方のオモテ面には、4マスの地形の中心に、
1~24までの番号がふられていて…、

ライミース-o-10

番号と地形の内容は、
これまたで同じになっています。
(上の画像では、左2列がで右2列が)



★どんなゲーム?


ライミース」は、
まったく同じ条件で対戦する、
マップ作成&ワーカー配置ゲームです。

各プレイヤーは、
まったく同じ内容のデッキから、
まったく同じカードを、
まったく同じ順番で引いて、
それぞれのやり方でつなげていきます。

さらに、
まったく同じ数のミープルを、
それぞれのタイミングで配置して、
より得点の高いプレイヤーが勝者となります!



☆ラウンドの流れ

ゲームの準備として、
最初にを決めましょう。

ライミース-o-11
▲親は自分のデッキをシャッフルし、

ライミース-o-12
▲子は自分のデッキを1~24の順に正しておきます。


①カードを1枚引く。※必須

各ラウンドの第1ステップは、
地形カードのドローです。

ライミース-o-13
▲まず、親が自分のデッキから1枚引いて、
▲その番号を子に伝えます。

ライミース-o-14
▲子は、伝えられた番号のカードを、
▲自分のデッキから探して、引っぱり出します。


②カードを1枚置く。※必須

各ラウンドの第2ステップは、
地形カードの配置です。

第1ステップで引いたカードを、

ライミース-o-15
横向きでも、

ライミース-o-16
逆向きでも、

もちろん正位置でも、
好きな向きで配置することができます。

このとき、
親と子が同じ向きにする必要はありません。
自分で自分のカードの向きを決めましょう。


③ワーカー駒を1体置くor動かす。※任意

各ラウンドの第3ステップは、
ミープルの配置(または移動)です。

自分の手元にあるミープル1体を、

ライミース-o-17
▲第2ステップで配置したばかりの地形カードの、
▲好きなマスに置くことができます。

ライミース-o-18
▲あるいは、置かなくてもOKです。
(ミープルの残数が0体なら、そもそも置けません)

新たなミープルを置く代わりに、
すでに置いてあるミープルを、
隣接するエリアの好きなマスに移動させることもできます

(エリア=タテヨコでつながる同じ種類の地形のひとかたまり)


…以上、

①カードを1枚引く。※必須
②カードを1枚置く。※必須
③ワーカー駒を1体置くor動かす。任意


で、1ラウンドとなり、
以降のラウンドも同じ流れの繰り返しです。

ライミース-o-19
▲やはり、親がカードを引いて、番号を子に伝え、
▲子は同じ番号のカードを自分のデッキから探し出し、

ライミース-o-20
▲2枚目以降の地形カードは、
▲前のラウンドまでに置いたカードに、タテか、

ライミース-o-21
ヨコで隣接するように置かなければなりません。

そして、
ミープルを置くか置かないか(or移動するかしないか)――。

これを繰り返して、

ライミース-o-22ライミース-o-23
▲マップを広げていき…、

ライミース-o-24ライミース-o-25
タテ4枚×ヨコ4枚の正方形のマップが完成したら、
▲ゲームは終了し、得点計算となります。



☆得点方法

このゲームの得点源は、7体のミープルのみです。

ミープルたちは、
4種類ある地形のうち、どこに配置されるかによって、
職業」が変化し、得点方法が決まります。


・畑→農夫

ライミース-o-26
▲""に配置されたミープルの職業は「農夫」です。

農夫
タテヨコでつながる畑1マスにつき1点

ライミース-o-27
▲例えば、この農夫は、

ライミース-o-28
▲自分のがタテヨコで7マスつながっていますので、
▲1点×7マス=7点となります。
(右下のはナナメ右下なので、つながっていません)


・水→漁師

ライミース-o-32
▲""に配置されたミープルの職業は「漁師」です。

漁師
岸辺の"釣り小屋"1軒につき1点

ライミーズ-o-41
▲例えば、この漁師がいる水域の…、

ライミーズ-o-42
▲岸辺には、
▲青い屋根の"釣り小屋"が5軒ありますので、
(他の小屋は岸辺から離れている)

ライミーズ-o-43
▲この漁師は1点×5軒=5点となります。


・森→木こり

ライミース-o-29
▲""に配置されたミープルの職業は「木こり」です。

木こり
タテヨコで隣接する1エリアにつき1点

ライミース-o-30
▲例えば、この木こりがいるは、
▲上下左右の8マスとタテヨコで隣接していて、

ライミース-o-31
▲このうち、
▲上側のと右側のは、同じ地形で1エリア扱いとなりますので、
▲1点×6エリア=6点となります。

あれ?
下側の2マスも同じ地形だから1エリア扱いになるんじゃないの??

…と、ぼくも思ったんですが、
と違って、灰色の"やぐら"だけは、
タテヨコで並んでも、1マス1エリアでカウントするとのこと。

の周りに配置するのに都合の良い地形ってことですね!


・やぐら→見張り

ライミース-o-35
▲"やぐら"に配置されたミープルの職業は「見張り」です。

見張り
十字方向にある森1マスにつき1点(他のやぐらで分断)

ライミース-o-36
▲例えば、この見張りにとっての十字方向とは、こんな感じ。

ライミーズ-o-44
▲このうち、右方向については、
▲他のやぐらに視界を遮られていますので、
▲その先を見張ることができない=得点できません。

ライミース-o-38
▲それ以外のをカウントし、
▲1点×4マス=4点となります。


…以上のように、
自分のマップ上の全てのミープルの点数を算出し、
それを合計したものが自分の得点です!

ただし、
同じエリアに2体以上のミープルが配置されている場合、
得点できるのは1体だけとなりますので、
そのようなことがないように気をつけましょう…!



★コメント


サシゲーというものを、
なんだかいつも探している私星屑ですが、
今回も、その流れでの入手となりました。

2人プレイのボードゲーム「ライミース」。

ゲームの流れは、有名どころでいえば、

1707まとめ-04
▲「テイクイットイージー!」や

2016082728湯布院-28
▲「カルバ」と同じで、

複数人のプレイヤーが、
同じカードセット(タイルセット)の中から、
同じカードを、同じ順番でプレイするという、
おそろしく公平なものとなっています。

この手のゲームは、
何よりもフェアネスを重んじるようなプレイヤーに、
特に好まれやすいでしょうね。
(私星屑は大好きです♪)

さて、システムはそうとして、
やることは「カルカソンヌ」っぽいなと感じました。

箱ウラに図解があるとおり、
カードを引く→カードを置く→ミープルを置くというアクション。

こちらはミープルを移動させられるので、
わりと柔軟なプレイングができますが、
その分、手番中に考える要素が増えて、
中盤~終盤あたりは長考になりがちな印象です。

また、24枚というデッキの中で、
1ゲームに使うカードは16枚だけですが、
1枚の中には4マスの地形が入っているため、
見た目よりも奥行きがあります。

シンプルながら、ややクセのある得点方法も、
いい感じにプレイヤーを悩ませてくれますね。

総じて、"20分のサシゲー"という額面のわりに、
考え所がしっかりと作られているゲームだと思いました!

ライミース-o-39

なお、「テイクイットイージー!」と同じく、
このゲームも、同じものを買い足すことで、
プレイ人数を増やすことができるんですが、
あまりにもコスパが悪すぎるんですよね…( ̄▽ ̄;)

定価3,240円で、最大人数+2名。

テイクイットイージー!の方は、
3千円弱で+6名なので、
二の足を踏まずにすむのですが。

ま、ウチのボドゲ会では素直に、
卓が埋まって2人余りになっているときにこそ、
輝いてもらいたいと思います♪



ライミース 関連記事


ボードゲーム記事一覧






記事を閉じる▲

【2018/05/10 23:59】 | 紹介・開封 【タグ】 ライミース  
|


アゴ
このゲーム気になっていたので記事嬉しいです!

なるほど…カルカソンヌに近いのかなぁと思っていたのですが、テイクイットイージーにも近いのですね

どちらも好きだから購買意欲がそそられるぅ

>>アゴさん
星屑トランペッター
アゴさん、こんにちは!

これはなかなかに悩ませてくれるゲームですよ…!
ミープル1体あたりの目標点数をどう設定するか、
そのために、どの地形を利用していくか…。

やりごたえのあるサシゲーですので、
プレ値でなければオススメです♪( ̄▽ ̄*)

コメントを閉じる▲