FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ドロップイット」




★開封

Dイット-o-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

Dイット-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

"ドロップ"というゲームタイトルの通り、
上からカラフルな図形的な何か落下しているイラストです。

図形は4色で、種類は正方形三角形菱形に、
それからタイトルの""にもなっているもありますね。

なんだか、算数の授業を思い出しますなぁ(* ̄▽ ̄)テーヘン カケル タカサ ワル ニ

Dイット-o-03
▲箱のウラ面

ゲームのプレイ風景の中心に、
デデーンと透明なスタンドがそびえ立っています!

Dイット-o-04
スペック

プレイ人数2~4人で、
プレイ時間30分
対象年齢8歳以上です。

下の項目も見てみると、
プレイするにあたっては、
テクニックが重要(5/5)で、
運の要素は控えめ(2/5)
入門難易度は易しい(5/5)とのこと。
右下だけ分かりません。
どなたか教えてください…!( ̄▽ ̄;)



★箱をオープン!

Dイット-o-05
▲一発目はルルブ

Dイット-o-07
▲その下に、プラスチック製の透明なボードがあり、

Dイット-o-08
▲底には土台木製のプレート

Dイット-o-09
▲最後にタイル台紙と、

Dイット-o-10
細長い何かがあって、
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

Dイット-o-11
▲それでは、1枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

Dイット-o-12
▲はい、完了…!

Dイット-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。
▲珍しく10秒フラットでした!!

たいへんさ:苦□□■楽

ぬきやすさ
:難□□■易



★組み立て!

続いて、箱ウラの写真の中にもあった、
プレイボードを組み立ててみましょう…!

と、いっても、
透明ボード土台に挿し込むだけなので、
構造はいたってシンプルです!

Dイット-o-14
▲まず、土台には横一文字のスリットが入っていますが、

Dイット-o-15
▲スリットの一端にはストッパーがあって、
▲もう一端にはストッパーがありません。

透明ボードは、ストッパーが無い方から挿し込みます。

Dイット-o-16
▲このとき、透明ボードの円のマークが手前にくるようにして、
▲挿し込むようにしましょう。

Dイット-o-17
土台透明ボードを奥まで差し込んだら、
プレイボードは自立できるようになります!

Dイット-o-18
▲さらに、
土台には土台ボードをペタリと置いて、
透明ボードにはサイドボードをストンと落としましょう。

Dイット-o-19  Dイット-o-20
▲このとき、土台ボードサイドボードは、
A~Dのアルファベットが一致しなければなりません。

以上で完成です!!

Dイット-o-21
▲なお、プレイボード得点ボードと一緒に、
▲ゲームの内箱にセットすることもできます。



★内容物

Dイット-o-22
ルールブック(ドイツ語)

箱と同じ表面積のルルブです。

写真が多めに使われています。


Dイット-o-24
土台×1
Dイット-o-23
透明ボード×1

Dイット-o-25
土台ボードサイドボード×1セット

プレイボードにセットするボード類です。

×印が打たれている図形のコマが隣接すると、
その得点が0になることを表しています。

さらに、

Dイット-o-26
ヴァリアントルールで使用する、
▲色バージョンのボードも同梱。


Dイット-o-27
コマ×4種9枚・各4色

プレイボードへ落下させるコマです。

正方形三角形菱形が2枚ずつと、
が3枚ずつで1セットとなり…、

Dイット-o-28
▲これが4人ぶんで4セットあります。

Dイット-o-29
▲透明ボードの隙間と、コマの厚みの比較。



Dイット-o-30
得点ボード×1枚

5の倍数のマスにのみ数字がある、1マス1点のシンプルなボードです。

スタートのマスには、
得点トラックが時計回りであることを示す矢印があります。

Dイット-o-31
得点マーカー×4色・各1個

各プレイヤーの得点を記録するマーカーです。

プレイボードに落下させるコマと混ざらないよう、
厚みのある立方体になっています。

Dイット-o-32
得点タイル×4色・各1枚

片面が「+25」で、もう片面が「+50」のタイルです。

得点ボードは1周25点ですので、
2周目や3周目の突入時に出すことになります。

Dイット-o-33
ジョーカータイル×4色・各2枚

難易度を下げるヴァリアントルールで使用するタイルです。

得点の条件を満たせなかったときに使い捨てれば、
無条件で得点することができます。
(未使用でゲームを終えると1枚3点)



★どんなゲーム?


ドロップイット」は、
落ちモノ形のパズルゲーム(物理)です!

ゲームの目的と流れは実にシンプルで…、

Dイット-o-34
▲自分のターンに、手持ちのコマから1つを選び、

Dイット-o-35
▲そのコマをタイトル通り「落下」させることで、

Dイット-o-36
▲少しでも高い位置に着地させることを目指し、
コマの着地点の高さに応じた点数を得るというもの。

時計回りで順番にコマを落下させていって、
全プレイヤーが手持ちのコマを落とし切った時点で、
もっとも得点の高いプレイヤーが勝者です!



★得点

自分のターンにコマを1枚落下させた直後に、
そのコマの着地点の高さに応じた点数を得ます。

Dイット-o-37
▲例えば、落下させた赤の正方形コマが、
▲この位置に着地すると、

Dイット-o-38
▲この赤コマ5点のラインを越えていますので、

Dイット-o-39
赤プレイヤー5点を得ます!

もしも、もう1つ上のラインを越えることができたら、
5点ではなく6点を得られるということですね。

さらに、得点要素はもう1要素あって、
それが「ボーナス円」です。

Dイット-o-51
ボーナス円は、プレイボードに何ヵ所かあって、

Dイット-o-40
落下させたコマがボーナス円と重なれば
追加の点数を得ることができます!

ボーナス円大中小の3サイズがあり、
ボーナスは大なら1点、中なら2点、小なら3点です。



★ルール違反

さて、ここまで得点の話をしてきましたが、
実は、得点はルール違反を犯していると0点になってしまいます。

ルール違反の項目は4つありますので、
1つずつチェックしていきましょう。


同じ色との隣接

落下させたコマが、
同じ「色」のコマとくっついてしまった場合は0点です。

Dイット-o-41
▲いま、青の菱形コマを落下させましたが、

Dイット-o-42
▲この菱形コマは、
▲同じ青の正方形コマと隣接してしまいましたので、
▲ルール違反となり、点数が得られません。


同じ形との隣接

落下させたコマが、
同じ「形」のコマとくっついてしまった場合も0点です。

Dイット-o-43
▲いま、緑の円コマを落下させましたが、

Dイット-o-44
▲この円コマは、
▲同じ円のコマと隣接してしまいましたので、
▲ルール違反となり、点数が得られません。


土台タイル&サイドタイルとの隣接

落下させたコマが、
プレイボードの底辺や両端の辺にくっつき、
かつ、土台タイルやサイドタイルで×になっている形なら、
そのコマは0点
になってしまいます。

Dイット-o-45
▲いま、青の円タイルを落下させましたが、

Dイット-o-46
▲この円コマは、
▲プレイボードの左端の辺にくっついている上に、
▲くっついている辺は円がバッテンされているので、
▲ルール違反となり、点数は得られません。
(バッテンされているのが違う形だったらセーフ!)


高さ制限

落下させたコマが、
プレイボードの「上辺」をはみ出てしまった場合は0点です。

Dイット-o-47
▲この画像の例では、ピンクの横線が上限となります。
ラインの上からこんにちは!してしまうとアウツ!!

…以上、
同じ色同じ形を避けつつ、
外周のバッテンに注意し、
上辺も越えないように気をつけて、

得点を重ねていきましょう…!( ̄▽ ̄ )



★コメント


このブログの記事の大半がそうであるように、
未プレイのゲームを体当たりで購入することが多い私星屑ですが、
今回については、実際にプレイしてみてツボって
これは欲しいと強く思った上で、満を持しての購入となりました。

アリの巣の観察器具のような外観のボードゲーム「ドロップイット」です!!


▲アリの巣の観察器具

さて、
そんな感じで鳴り物入りの入団を果たした、
我が星屑軍の「ドロップイット」ですが、
これがまさかの受難に遭遇してしまうことになります。
それも2度!!

その内容というのが――


★星屑ドロップイットの受難

その1「ドロップしないイット」

ドロップイットというゲームは、
文字どおりコマを落下させるものですが…、

Dイット-o-48
▲この画像を見てください。

三角形のコマが落ちきらず、途中で止まってしまう…!

どうやら、
ぼくが手にした製品はプラスチック板の湾曲がひどく、
2枚の板の隙間が狭くなってしまっているようでして。

何度もコマを落としてみたんですが、
中央付近でピタリと止まってしまうんですね…。

対処として、
長い定規を重ねて入れっぱなしにすることで、
少しずつ湾曲を矯正してはいるんですが…、
ドロップしてくれないとゲームにならないので、
とても難儀です…( ̄▽ ̄;)


その2「ネコのトイレ」

こちらは自業自得の話なんですが。

先日、
大分市の猫カフェでのボドゲタイムで、
ドロップイットをプレイしている最中に、
外箱を置きっ放しにしてしまっていた結果…、
その中に猫が用を足しちゃったんです。

Dイット-o-49
▲よほど、しゃがみ心地が良かったんでしょうなぁ…( ̄▽ ̄ )

そんなこんなで、
残念な立ち上がりになってしまった星屑軍のドロップイットですが、
しかし、ゲーム自体はめちゃくちゃ気に入っています!



★お気に入りポイント

かなり扱いやすい!

自立型のボードにカラフルなコマという目を惹くルックスに、
自分の番ではコマを1つ落とすだけというルールの分かりやすさ
そして、30分以内で完結するお手軽さもあって、
ボードゲーム会で、どんな卓にでも出しやすいです。
3人プレイの場合は、4色目のコマを3等分することになりますが、
プレイしていて違和感なんかは特に感じません。
(2人プレイの場合は1人につき2色)


イメージと現実のギャップが笑える!

ここからこう落とせばこうなるだろう…!
…という思惑が、
あらぬ方向へ転がったり、
思いもよらない崩れ方をしたりして、
よく裏切られます

そこが面白い!!

考えに考えて落とした結果、
狙い通りになると歓声が上がり、
全く違う結果に終わると笑いが起こり、
ドロップイットをプレイしているテーブルは、
最初から最後まで雰囲気が良いです!

Dイット-o-50

逆に、難点を挙げるとすれば、
やっぱり一番は値段の高さでしょうか。

コンポーネントがコンポーネントなだけに、
ボードゲームではお高い部類になっていますね…。

そのぶん、モノはしっかりしていて、
(ぼくのはしっかりしすぎてたけど!笑)
お子さんでも、初心者さんでも、問題なく楽しめますので、
買って後悔することはないと思います。

落ちものゲームがお好きな方は、
ぜひぜひ試してみてください♪( ̄▽ ̄*)



ドロップイット 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲

【2018/07/12 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 ドロップイット  
|