FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キングドミノ:拡張 巨人の時代」




キングドミノ-p-5-99

「キングドミノ」 関連記事

初回:プレイ記その1

前回:プレイ記その4(クエスト挑戦編・下)
今回:プレイ記その5(巨人攻防編)←いまココ
次回:未定

キングドミノ開封記事
巨人の時代開封記事



大分県宇佐市で「キングドミノ:拡張 巨人の時代」!

ここまでは【クエスト】の2連戦ということで、
サブタイトル「巨人の時代」の""の字の要素もありませんでしたが、
やっとこさ、その【巨人】とのご対面になります!!

なんと王冠を潰してしまうというオキテ破りな巨人が迫る中で、
星屑しーぷは無事に王国をつくり上げられるのでしょうか…?



★なんとかの巨人

さて、今回のゲームで導入する【巨人】については、
こちらの記事で詳しく紹介しているんですが、

ま、ざっくり説明すると、

キングドミノ-p-5-47
巨人のドミノ(ウラが英字)を、

キングドミノ-o-e1-31
▲自分の王国に配置したら、

キングドミノ-o-e1-36
巨人王冠1つを消さないといけないよ!( ̄▽ ̄;)

逆に、

キングドミノ-p-5-48
足跡のドミノ(ウラが49~54)を、

キングドミノ-o-e1-37
▲自分の王国に配置したら、

キングドミノ-o-e1-39
巨人他の王国に押し付けられるよ♪( ̄▽ ̄*)

…てな感じ!


しーぷ「そもそも、その巨人って何なの?」
しーぷ「どこから湧いて出たの??」

星屑「王国がつくられているのを見るやいなや、」
星屑「お城の周りの山々から駆け下りてきたのが巨人で、」
星屑「なにやら分け前を要求してくるらしい」

しーぷ分け前…?」

星屑「例えば、草原からはをよこせって言ってきて、」
星屑からはをよこせって言ってくる感じかな」

しーぷ「ああ、だから王冠が減っちゃうのか…」

星屑「かなり理不尽な話だけど、」
星屑「相手が巨人だからね、仕方ないね」

しーぷ「ぐぬぬ、巨人め…!」

星屑「そっか、」
星屑しーぷは昔、阪神ファンだったもんなぁ」

しーぷ「今でも矢野さんとか赤星さんとか好きだよ」

星屑「ちなみに俺は福大出身の梅野選手を応援しとるばい!」

閑話休題――



★スタンバイ

それでは、

キングドミノ-p-5-01
▲今回は48枚+12枚の追加ドミノを使って、
▲ゲームを始めて参りましょう。

キングドミノ-o-e1-25
【巨人】のルールを導入するには、
▲基本の48枚のドミノだけではなく、
▲拡張で追加された12枚のドミノも必要になるのです…!

キングドミノ-p-5-03
▲さて、これまでは4枚のドミノを引いていましたが、
【巨人】では5枚のドミノを引いて、

キングドミノ-p-5-04
アルファベット(A~Fの順)→数字(小さい順)に並べます。

キングドミノ-p-5-05
▲そして、オモテ向きに。

で、ここからがポイントなんですが、

キングドミノ-p-5-06
▲5枚のうちの3段目、
▲つまりド真ん中のドミノを、

キングドミノ-p-5-07
▲ゲームから除去
▲このドミノはもう使いませんので、
▲脇によけるなり、箱に戻すなりしておきましょう。

キングドミノ-p-5-08
▲こうして残った4枚のドミノを、

キングドミノ-p-5-09
▲通常通りに選択していって、

キングドミノ-p-5-10
▲これでスタンバイOKとなります!

今までは、
4枚並べて→4枚から選ぶ
だったのが、
5枚並べて→真ん中の1枚を捨てて→4枚から選ぶ
に変更されたというわけですね。



★1~2枚目

スタンバイだけでなく、
各ラウンドの補充も同じ流れになります。

キングドミノ-p-5-11
▲まず、5枚のドミノを英字→数字の順に並べて、

キングドミノ-p-5-12
真ん中の1枚除去

ここからドミノの選択&配置です。

キングドミノ-p-5-13
星屑の1~2枚目の配置。

今回は【クエスト】を導入していませんので、
だいぶ気楽に配置することができますね♪( ̄▽ ̄*)

まずは、無難な立ち上がり。

キングドミノ-p-5-14
しーぷの1枚目の配置。

一方のしーぷは、
いきなりアルファベットのドミノ…つまり、
巨人のイラストが描かれているドミノを配置しました!

これを配置してしまうと――

キングドミノ-p-5-15
王冠を狙って、巨人が山から下りて来ます…!

が、しかし、
現在のしーぷ王国には王冠が1つもありませんので、

キングドミノ-p-5-16
巨人はすごすごと山へ帰っていきましたとさ。

このように、
巨人ドミノを配置したタイミングで、
自分の王国に王冠が1つもなければ
巨人の効果は無効になります。

キングドミノ-p-5-17
しーぷの2枚目の配置。

これは理想的なプレイングでしたね!

巨人が去った直後の配置によって、
鉱山2つの王冠は無傷です♪♪

キングドミノ-p-5-18
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★3~4枚目

キングドミノ-p-5-19
▲補充されたのが左の4枚。

キングドミノ-p-5-20
星屑の3枚目の配置。

さてさて、
王冠がある星屑王国に巨人が来てしまいました…!

星屑は、自分の王国の王冠1つを選び、
巨人で潰さなければなりません…( ̄▽ ̄;)

主要産業となるへの被害を抑えたい星屑は、

キングドミノ-p-5-21
平原王冠1つ巨人で潰しました…。

星屑さん、ごめんよ…!」

キングドミノ-p-5-22
星屑の4枚目の配置。

星屑「守りたい、この

しーぷ巨人の機嫌次第だよねぇ」

キングドミノ-p-5-23
しーぷの3~4枚目の配置。

このラウンドも巨人の影響がないしーぷは、
ゆうゆうとを茂らせていきます。

キングドミノ-p-5-24
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★5~6枚目

キングドミノ-p-5-25
▲補充されたのが右の4枚。

星屑「うぎゃー!」
星屑巨人ドミノが2枚も来やがったー!!」

しーぷ「うわ、ラッキー♪」
しーぷ「この並びだと、両方とも回避できる…!」

キングドミノ-p-5-26
星屑の5~6枚目の配置。

このラウンドについては、
を広げられて理想的な配置だといえます。

このラウンドについては…。

キングドミノ-p-5-27
しーぷの5枚目の配置。

ここで巨人ドミノを配置したしーぷは、

キングドミノ-p-5-28
鉱山王冠1つを潰しました。

しーぷ「これ、1マスに王冠2つあるけど、」
しーぷ「潰すのは1つだけでいいんだよね?」

星屑「イグザクトリー(そのとおりでございます)」
星屑巨人1につき王冠1やけん」

しーぷ「そこら辺、律儀な巨人よね…」

キングドミノ-p-5-29
しーぷの6枚目の配置。

鉱山をスケープゴートにつつ、
を広げていくようですね。

キングドミノ-p-5-30
▲次のドミノの選択は、このようになってしまいました…。



★7~8枚目

キングドミノ-p-5-31
▲補充されたのが左の4枚。

星屑「ここから地獄の巨人2連チャン!!

しーぷ「立場が逆だったらと思うとゾッとするよ…」

キングドミノ-p-5-32
星屑の7枚目の配置。

これによって現れた2体目の巨人で、
平原の2つ目の王冠を潰します。

キングドミノ-p-5-33
星屑の8枚目の配置。

さらに3体目の巨人ですが、
もはや以外の王冠が残っておらず、
泣く泣く王冠を潰すハメに…!

キングドミノ-p-5-34
しーぷの7~8枚目の配置。

しーぷはといえば、
まるで住む世界が違うかのような普通の配置です。

キングドミノ-p-5-35
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★9~10枚目

キングドミノ-p-5-36
▲補充されたのが右の4枚。

星屑「これ、また巨人を取らされるパティーンやん!!」

しーぷ「そうね、私が巨人ドミノを残してしまえば、」
しーぷ星屑は取らざるを得ないもんね」

キングドミノ-p-5-37
星屑の9~10枚目の配置。

見た目は整った王国が出来上がりつつあるんですが、
いかんせん巨人が邪魔すぎる…!

キングドミノ-p-5-38
しーぷの9~10枚目の配置。

こちらの主要産業は、やはりのようですね。
はたして最終形は、どのようになるのか…?

キングドミノ-p-5-39
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★11~12枚目

そして、ついに最終ラウンドです。

キングドミノ-p-5-39
▲こちらが最後の4枚。

星屑「11枚目で巨人が来て、」
星屑「12枚目で巨人が去る流れか」

しーぷ「ってことは、」
しーぷ「最後に巨人を押し付けられるってわけね」

キングドミノ-p-5-40
星屑の11枚目の配置。

巨人ドミノを配置しましたので、
巨人1体を置かなければなりません。

キングドミノ-p-5-41
▲やはり他に選択肢がないですので、
王冠を潰します。

キングドミノ-p-5-42
しーぷの11~12枚目の配置。

これでしーぷの王国は一旦、完成です。

キングドミノ-p-5-43
星屑の12枚目の配置。

足跡ドミノを配置したことにより、
星屑は自分の王国の巨人1体を選んで、
しーぷに押し付けることができます!


星屑「あなたが落としたのは、」
星屑草原の巨人ですか?」
星屑湖の巨人ですか?」

しーぷ草原の巨人…かな」

星屑「正直なしーぷには、」
星屑湖の巨人をあげましょう」

しーぷ「やっぱり落としたのは湖の巨人かも」

星屑「欲張りなしーぷには、」
星屑湖の巨人をあげましょう」

しーぷ「選択肢の意味…( ̄▽ ̄;)」

キングドミノ-p-5-44
しーぷは、鉱山2つ目の王冠を潰しました…!

以上で、ゲームエンドとなります!



★得点計算

★星屑王国

キングドミノ-p-5-45
5王冠×8マス=40点
2王冠×5マス=10点
1王冠×1マス= 1点

40+10+1=51点


★しーぷ王国

キングドミノ-p-5-46
 :4王冠×7マス=28点
 :1王冠×5マス= 5点
平原2王冠×2マス= 4点
 :1王冠×2マス= 2点
鉱山1王冠×2マス= 2点

28+5+4+2+2=41点


結果、5141で、
星屑の勝利となりました!!
[ブログ]勝利星屑



星屑「え?」
星屑「俺が勝ったの??」

星屑巨人が3体もおるけん、」
星屑「絶対、負けたと思ってた…」

しーぷ「いうて、最後の最後で私も2体になったし、」
しーぷ「なによりが大きかったね」

星屑「このだけで40点かぁ」

しーぷ巨人をたくさん取ったぶん、」
しーぷ王冠もたくさん取れてたってことじゃないかな」

星屑「ハイリスクハイリターン的な?」

しーぷ「そのリスクを以外に分散できたから、」
しーぷ「よりリターンが輝いたカタチだよね」

しーぷ「私はといえば、巨人こそ上手くかわせたけど、」
しーぷ「どの土地も、いまひとつ伸ばし切れなかった…」

星屑「虎穴に入らずんば的な?」

しーぷ「そうね、この【巨人】ルールは、」
しーぷ巨人との付き合い方がモノを言うような気がする」

星屑「なんてか、リスクマネージメント的な面白さなのかな」

しーぷ「そう、必要なドミノは臆せず取りにいって、」
しーぷそれで巨人が来たら上手く処する…みたいな、」
しーぷ「メリハリのあるプレイングができたら気持ち良いと思うの!」

星屑「まァまた、5人プレイの機会もあるやろうけん、」
星屑「そん時もよろしく頼んます」

しーぷ「次は負けないよ…!」


最後までご覧いただき、ありがとうございました♪
次回も大分県宇佐市でボードゲーム!


「キングドミノ」 関連記事
→次回:未定

ボードゲーム記事一覧






記事を閉じる▲

【2018/11/15 00:01】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ:拡張 巨人の時代」




キングドミノ-p-4-99

「キングドミノ」 関連記事

初回:プレイ記その1

前回:プレイ記その3(クエスト挑戦編・上)
今回:プレイ記その4(クエスト挑戦編・下)←いまココ
次回:プレイ記その5(巨人攻防戦)

キングドミノ開封記事
巨人の時代開封記事



大分県宇佐市で「キングドミノ:拡張 巨人の時代」!

前回に引き続き、私星屑と妻しーぷで、
巨人の時代の【クエスト】に挑戦して参ります♪( ̄▽ ̄*)

【誇大妄想】【失われた一隅】も、
一筋縄ではいかない、クセが強いものでしたが、
果たして今回は、どんな試練になるのでしょうか…?



★今回のクエスト

しーぷ「それで、今回のクエストも任意で決めるの?」

星屑「いや、今回はランダムでいこうと思う」

しーぷ「じゃあ【誇大妄想】【失われた一隅】は抜きかな」

星屑「そうやね、連チャンは避けたいし、」
星屑「ついでに定番の【中央王国】【調和】も抜いて、」
星屑「それ以外の13枚をシャッフルして2枚ドローしよう」

キングドミノ-p-4-01
▲その結果がこちら。

1枚目は【不毛の王】で、
王冠のない5マス以上の平地は、
それぞれ10点になるというもの。

2枚目は【地元経済・沼】で、
城の周囲8マスにあるは、
それぞれ5点になるというものです。



★スタンバイ

それでは、

キングドミノ-p-4-02
▲前回の残りの24枚のドミノを使って、

キングドミノ-p-4-03
▲ゲームを始めて参ります!

しーぷ「ドミノをシャッフルし直さないのね?」

星屑「どうせ俺にカウンティングはできんけん、」
星屑「前回の残り湯でも問題ないっしょ!」

しーぷ「残り湯…( ̄▽ ̄;)」

星屑おんせん県おおいただけに!!!」ドヤッ

キングドミノ-p-4-04
▲ドミノを4枚、数字の小さい順に並べて、
▲すべてオモテ向きに。

星屑「前回は俺が先攻やったけん、」

しーぷ「今回は私が先攻だね」

キングドミノ-p-4-05
▲と、いうわけで、
しーぷ星屑星屑しーぷの順番で、
▲初手を選択しました。

しーぷ「1枚目は、3段目か4段目かで悩んだけど、」
しーぷ【地元経済・沼】で10点が確定すると考えたら、」
しーぷ王冠よりダブル沼なのかなって思って」

星屑「うん、確かに難しい2択よなぁ」
星屑「確実な5点リードか、未来につながる王冠2つか」

星屑「俺に選択権があったとしても、」
星屑「かなり迷ってたと思うよ…!」



★1~2枚目

そうして初手が決まった後、

キングドミノ-p-4-06
▲補充されたのが右の4枚。

星屑は1マスだけか」

しーぷ「あちゃー、あれは取られちゃうね」

キングドミノ-p-4-07
星屑の1~2枚目の配置。

当然、は城にくっつけるとして、
問題はダブル森ですが、これを反対側に配置します。

できるだけ城をで囲みたいですからね。
他の地形は遠くに…という方針です。

キングドミノ-p-4-08
しーぷの1~2枚目の配置。

しーぷも方針は全く同じようですね。

キングドミノ-p-4-09
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★3~4枚目

キングドミノ-p-4-10
▲補充されたのが左の4枚。

しーぷがない…!」

星屑「先手を取ったときに目当ての地形がないの、」
星屑「つらいよね…( ̄▽ ̄;)」

キングドミノ-p-4-11
星屑の3~4枚目の配置。

城の周囲にを集めつつ、
以外の地形は外周へ追いやります。

キングドミノ-p-4-12
しーぷの3~4枚目の配置。

しーぷも、うまく城の周りを空けにかかっていますね。

キングドミノ-p-4-13
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



さて、この時点での、

キングドミノ-p-4-25
【地元経済・沼】の状況ですが、

キングドミノ-p-4-14
星屑が2マスの10点で、

キングドミノ-p-4-15
しーぷも2マスの10点と、

完全に互角の戦いとなっています!

ここから、より城の周囲を泥まみれにすることができるのは、
どちらの王様になるのでしょうか…?


しーぷ「っていうか、お城の周りがってイヤすぎる!!」

星屑「RPGとかだと、だいたい魔王城の周辺はだよね」

しーぷ「そっか、私らは魔王だったのか…( ̄▽ ̄;)」

星屑「そのうち、某配管工さんが城に突入してくるかも」

しーぷ「じゃあ橋の奥にオノを置いとかなくちゃ…!」

星屑「いつの時代のクッパだよ!笑」



★5~6枚目

キングドミノ-p-4-16
▲補充されたのが右の4枚。

星屑「相っ変わらずの不足!!」

しーぷ「ま、元々が10マスしかないからね」

キングドミノ-p-4-17
星屑の5~6枚目の配置。

これでもかと城の周りに空白をつくって、
あとはさえ来れば…という構えです。

キングドミノ-p-4-18
しーぷの5~6枚目の配置。

この[5]枚目の配置によって、
しーぷ【不毛の王】を1セット完成させたことになります。
(※王冠のない5マス以上の)

キングドミノ-p-4-19
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★7~8枚目

キングドミノ-p-4-20
▲補充されたのが左の4枚。

星屑「ここでが固まってキタ━━━(゚∀゚)━━━!!」

しーぷ「よっし、良いタイミング!」

キングドミノ-p-4-21
星屑の7~8枚目の配置。

綱渡りのような配置が続きますが、
なにげにムダのない王国へと仕上がりつつあります。

キングドミノ-p-4-22
しーぷの7~8枚目の配置。

こちらもダブル畑のドミノを使っての器用な配置です。

キングドミノ-p-4-23
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



さて、王国づくりも終盤戦に差し掛かりますが、

キングドミノ-p-4-24
▲ここで【不毛の王】の状況を見てみると…、

キングドミノ-p-4-26
星屑王冠なしのが、それぞれ4マスとなり、
▲どちらも【不毛の王】にリーチがかかっています。

キングドミノ-p-4-27
しーぷは、すでに【不毛の王】を達成していて、
▲他には平地に可能性を残していますね。

しーぷ「といっても、」
しーぷ「次に王冠ありのを2枚置くから、」
しーぷ【不毛の王】は、ここで打ち止めかな」

星屑「俺はをどうするかが難しいところで、」
星屑「このままだと、ちょっと不毛すぎるんだよね…」



★9~10枚目

キングドミノ-p-4-28
▲補充されたのが右の4枚。

星屑「うお、絶好のタイミングで鉱山…だと…!?」

しーぷ「ぎゃあ、それはヤバいヤツだ…!」

キングドミノ-p-4-29
星屑の9~10枚目の配置。

ここまで来ると、あとはクロージングですね。

王冠3つの鉱山をお迎えする場所をつくって、
最終ラウンドに備えます。

キングドミノ-p-4-30
しーぷの9~10枚目の配置。

しーぷは城周辺のを増やしつつ、
平原をまとめにかかりました。

キングドミノ-p-4-31
▲次のドミノの選択ですが、
王冠を1つでも増やしたい星屑と、
王冠が逆に【不毛の王】を消してしまうしーぷとで、
▲お互いの利害が一致して、Win-WInな結果に!!

こういう、ただの殴り合いにならないところが、
キングドミノの2人プレイの美点だと思います♪




★11~12枚目

そして、あっという間の最終ラウンドです。

キングドミノ-p-4-31
▲こちらが最後の4枚。

キングドミノ-p-4-32
星屑の11~12枚目の配置。

予想通り、不毛すぎるが出来上がってしまったのと、
左側のが4マス止まりで【不毛の王】を逃したのが、
結構な痛手になってしまいましたが、
それでも最後に鉱山が伸びたおかげで、
勝負できる王国になったと思います。

キングドミノ-p-4-33
しーぷの11~12枚目の配置。

しーぷ「うーん、間違えた!」

星屑「マジかっ」

しーぷ「前のラウンドと配置を逆にした方が良かったね」

キングドミノ-p-4-30

しーぷ「そしたら、【地元経済】は1マス減るけど、」
しーぷ「上の平原王冠が5つになるし、」
しーぷも全部つながるしで、」
しーぷ「得点が大きく伸びてたわ…!」

星屑「別に矛盾はないんだし、」
星屑「今からでも修正したら??」

しーぷ「いや、あの時点で気付かなかったんだから、」
しーぷ「これが私のリザルトだよ」

しーぷ「これを教訓にして、」
しーぷ「もっと頭をやわらかくするっ!」

星屑「おおっ、見上げた向上心や!!」



★得点計算

★星屑王国

キングドミノ-p-4-34
▲各地形が、
鉱山6王冠×3マス=18点
 :3王冠×5マス=15点
 :3王冠×3マス= 9点
▲18+15+9=42点

キングドミノ-p-4-35
【不毛の王】1セット10点

キングドミノ-p-4-36
【地元経済・沼】3マス15点

42+10+15=67点


★しーぷ王国

キングドミノ-p-4-37
▲各地形が、
平原2王冠×6マス=12点
▲  :3王冠×2マス= 6点
 :2王冠×3マス= 6点
▲  :1王冠×1マス= 1点
 :2王冠×4マス= 8点
▲12+6+6+1+8=33点

キングドミノ-p-4-38
【不毛の王】1セット10点

キングドミノ-p-4-39
【地元経済・沼】4マス20点

33+10+20=63点


結果、6763の僅差で、
星屑の勝利となりました!!
[ブログ]勝利星屑


星屑「ん?」
星屑しーぷさん、間違えたって言ってなかったっけ??」

しーぷ「うん、間違えたねぇ」

星屑「間違えた結果が、」
星屑「俺とたったの4点差?」

しーぷ「そだねー」

星屑か、勝った気がしない…!

しーぷ「なんだかんだで、」
しーぷ【不毛の王】は同点だったし、」
しーぷ【地元経済】は私の5点リードだしね」

星屑「しっかし、【地元経済】はコレ、」
星屑「対象がかで全く感触が違うもんやなぁ!」

しーぷ10マスしかなけど、」
しーぷ26マスもあるからね」

キングドミノ-p-4-00

星屑「なんてか、」
星屑何枚配置できないかだったけど、」
星屑何枚配置できるかになる感じ」

しーぷ「だから、同じ【地元経済】でも、」
しーぷ「きっぱりと別のゲームになって面白いよね」

星屑「なにより、内周を空けないといけないスリルよな!」

キングドミノ-p-4-21
▲必死の外回り。

しーぷ「もう一つの【不毛の王】の方は、」
しーぷ「特に損得勘定がシビアな辺り、」
しーぷ「他のと一線を画してると思った」

星屑「同じ5マスでも、」
星屑王冠ゼロなら10点で、」
星屑王冠1つなら5点で、」
星屑王冠2つなら10点で、」
星屑「っていう話だね」

しーぷ「そうそう」
しーぷ「中途半端に王冠1つあるよりも、」
しーぷ「むしろ、ない方が点数が増える場合は、」
しーぷ「"下手に王冠を取れない"っていう、」
しーぷ「キングドミノでは珍しい状況が発生するんだよね」

星屑王冠ゼロで5マスっていうのも意外とムズくて、」
星屑4マス止まりで10点を逃したり、」
星屑「逆に6マス目以降のムダなマスを広げちゃったり…」

キングドミノ-p-4-35
8マス(全体の1/3)を使って10点の図。
▲余剰の3マスぶん損をしているわけですな。

しーぷ「ま、お気軽に、」
しーぷ「広げた土地に王冠が1つも付かなかったときの、」
しーぷ「いわゆる"保険"だよってくらいに考えるのもアリかもね」

星屑「ほんと、いろんなこと考えられて、」
星屑「いや、やっぱり良い拡張だよコレ!」

しーぷ「それで、次が【巨人】なんだっけ?」

星屑「うん、ちょうど1勝1敗だし、」
星屑「次の【巨人】でケリを着けようか…!」


次回に続きます!


「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その5

ボードゲーム記事一覧






記事を閉じる▲

【2018/11/12 00:01】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|
ボードゲーム
「キングドミノ:拡張 巨人の時代」




キングドミノ-p-3-99

「キングドミノ」 関連記事

初回:プレイ記その1

前回:プレイ記その2
今回:プレイ記その3←いまココ
次回:プレイ記その4

キングドミノ開封記事
巨人の時代開封記事



大分県宇佐市で「キングドミノ:拡張 巨人の時代」!

あの「キングドミノ」に待望の拡張が登場しました…!

って、まぁそれは開封記事の方で紹介済みなんですが、
実際の動きがどんな感じになるかというところを、
今回も私星屑と妻しーぷによるプレイ記にて、
お届けして参りたいと思います♪( ̄▽ ̄*)



★2つの追加要素

さてさて、キングドミノを拡張する「巨人の時代」には、
大きく分けて2つの追加要素があり――


キングドミノ-p-3-44
▲その1つ目が【巨人】で、
▲新たなドミノの配置によって王国に現れ、
▲"お邪魔虫"として減点要素となるもの。

キングドミノ-o-e1-40
▲2つ目が【クエスト】で、
▲全17種類の中から1ゲームにつき2種類を選び、
▲追加の得点要素となるものです。

このうち――

"クエスト挑戦編(上)"と題した今回、そして、
"クエスト挑戦編(下)"となる次回については、
【クエスト】のみをプラスオンして、

"巨人攻防戦"と題する予定の次々回については、
【巨人】のみをプラスオンして、

それぞれ、プレイしていきたいと思います!!



★今回のクエスト

【クエスト】を導入する場合は、
全17枚のクエストタイルの中から、
ランダムに2枚を引いて適用するわけですが、

今回は、私星屑と妻しーぷ
お互いに1枚ずつ選ぶことにしました。

その結果、出揃った2枚のクエストタイルが――

キングドミノ-p-3-01
▲こちらです!

星屑のチョイスは、
王冠を直線3マスに並べる【誇大妄想】で、

しーぷのチョイスは、
城を王国の隅に置く【失われた一隅】

いずれも一筋縄ではいかないクエストですが、
星屑しーぷは上手く王国を広げられるでしょうか…?



★スタンバイ

それでは、

キングドミノ-p-3-02
▲タイル分配塔に1~48のドミノをセットして、

キングドミノ-p-3-03
▲ゲームを始めて参ります!

キングドミノ-p-3-04
▲ドミノを4枚、数字の小さい順に並べて、

キングドミノ-p-3-05
▲オモテ向きに。

星屑「スタートプレイヤーはどうする??」

しーぷ「そうねぇ…、」
しーぷ「そこの壁に立てかけてあるラケットで決めようか」

星屑「お、おう」
星屑「じゃあ当てた方が先攻な!」

星屑「フィッチ?」

しーぷ「スムースで!」

グルグルグルグル…ボスンッ

星屑「うまくクッションに倒せて良かった」

しーぷ「結果は…ラフだね」
しーぷ「じゃあ星屑の先攻でよろしく」

星屑「なら、とりあえず王冠を取るとして、」
星屑なら…にしておこうかな」

キングドミノ-p-3-06
星屑は4段目を選択。

しーぷ「ここから私が2枚だっけ?」

星屑「そそ」
星屑「そして俺が1枚」

しーぷ「カタン方式だね」

キングドミノ-p-3-07
しーぷは1段目と3段目を選択。

星屑「じゃあ、残った1枚を…」

キングドミノ-p-3-08
星屑が2段目を選んで、
▲これでスタンバイOKです!



★1~2枚目

初手が決まった後、

キングドミノ-p-3-09
▲補充されたのが右の4枚。

しーぷ「あら、ぜんぶ王冠ありね」

星屑「これは美味しい並びですなぁ!」

キングドミノ-p-3-10
星屑の1~2枚目の配置。

は犠牲にしてしまって、
の周辺にスペースを確保します。

キングドミノ-p-3-11
しーぷの1~2枚目の配置。

こちらは、のツートンカラー王国ですね。

キングドミノ-p-3-12
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★3~4枚目

キングドミノ-p-3-13
▲補充されたのが左の4枚。

星屑が多いなぁ」

しーぷが多いねぇ」

キングドミノ-p-3-14
星屑の3~4枚目の配置。

狙い通りにを広げていきます。

キングドミノ-p-3-15
しーぷの3~4枚目の配置。

こちらもキッチリと、を広げていますね。

キングドミノ-p-3-16
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



さて、ここでチェックしておきたいのが、

キングドミノ-p-3-17
▲クエストの【誇大妄想】です。

【誇大妄想】は、
直線で3つ以上並んだ王冠が、
1セットにつき10点になるというもの。

つまりは、
王冠をタテ・ヨコ・ナナメのいずれかに、
3つ続けて並べればいいわけですが、

キングドミノ-p-3-18
星屑はナナメに3つの王冠を並べており、

キングドミノ-p-3-19
しーぷもまたナナメに3つの王冠を並べていて、

いま現在は、
どちらも【誇大妄想】10点という状況になっています。

破綻せずにドミノを配置していくだけでも骨が折れる中、
王冠の位置まで気にかけるのは、リスクを伴いますが、
なにぶん、リターンの10点が大きいですので、
2セット目も狙っていきたいところです…!



★5~6枚目

キングドミノ-p-3-20
▲補充されたのが右の4枚。

しーぷ王冠の量がヤバい…!」

星屑「なんでか鉱山って、かたまること多いよね…( ̄▽ ̄;)」

キングドミノ-p-3-21
星屑の5~6枚目の配置。

順調にの拡大を続けられています。

そして、
[6]枚目に配置したドミノの右上に王冠を置ければ、
2セット目の【誇大妄想】も達成できる算段です。

キングドミノ-p-3-22
しーぷの5~6枚目の配置。

こちらは、鮮やかなくらいにが伸びています。

下から2段目の王冠のヨコ並びも見逃せませんね。

キングドミノ-p-3-23
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



では、
ここでもう一つのクエストであるところの、

キングドミノ-p-3-24
【失われた一隅】もチェックしてみます。

【失われた一隅】は、
王国の四隅の、いずれかに城があれば20点というもの。

現状では、
星屑しーぷも左下の隅に城を置けていますが…、

キングドミノ-p-3-25
▲城の上も右も埋まっているしーぷに対して、

キングドミノ-p-3-26
星屑は城の上に空きスペースを残しており、

現在のドミノの受け入れの幅については、
星屑の方が有利とみることができそうです。



★7~8枚目

キングドミノ-p-3-27
▲補充されたのが左の4枚。

しーぷ「一転して王冠が寂しくなったね」

星屑「メリハリのある補充やなぁ!」

キングドミノ-p-3-28
星屑の7~8枚目の配置。

ここで、星屑は城の上のスペースを埋めてしまいました。

一応…、

キングドミノ-p-3-45
【誇大妄想】のリーチが3つ、
▲かかってはいるんですが…。

キングドミノ-p-3-29
しーぷの7~8枚目の配置。

最上段のヨコ列に【誇大妄想】の可能性を残しつつ、

キングドミノ-p-3-31
▲2セット目の【誇大妄想】を完成させます!

キングドミノ-p-3-30
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★9~10枚目

キングドミノ-p-3-32
▲補充されたのが右の4枚。

しーぷ「よし、理想的♪」

星屑「ぐぬぬ、が来ない!!」

キングドミノ-p-3-33
星屑の9~10枚目の配置。

王冠のないムダな地形が散見される星屑王国に対して、

キングドミノ-p-3-34
しーぷの9~10枚目の配置。

しーぷ王国は、ほとんどムダなく仕上がりつつあります…!

キングドミノ-p-3-35
▲次のドミノの選択は、このようになりました。



★11~12枚目

そして、ついに最終ラウンドです。

キングドミノ-p-3-35
▲こちらが最後の4枚。

キングドミノ-p-3-36
星屑の11~12枚目の配置。

あと1セットだけでも【誇大妄想】を達成したかったのですが、
残念ながら、狙った位置に王冠を置くことはできませんでした。

キングドミノ-p-3-37
しーぷの11~12枚目の配置。

しーぷよし、やり切った!!

星屑うは、これは綺麗に仕上げたね…!



★得点計算

★星屑王国

キングドミノ-p-3-38
▲各地形が、
3王冠×7マス=21点
2王冠×6マス=12点
1王冠×4マス= 4点
鉱山2王冠×1マス=2点
▲21+12+4+2=39点

キングドミノ-p-3-39
【誇大妄想】1セット10点

キングドミノ-p-3-40
【失われた一隅】が達成で20点

39+10+20=69点


★しーぷ王国

キングドミノ-p-3-41
▲各地形が、
4王冠×8マス=32点
2王冠×9マス=18点
平原1王冠×4マス=4点
鉱山2王冠×1マス=2点
▲32+18+4+2=56点

キングドミノ-p-3-42
【誇大妄想】2セット20点

キングドミノ-p-3-43
【失われた一隅】が達成で20点

56+20+20=96点

結果、9669の大差で、
しーぷの勝利となりました!!

[ブログ]勝利しーぷ


しーぷ【失われた一隅】は難しそうだったけど、」
しーぷ「っていうか難しかったけど、」
しーぷ「案外、何とかなるもんだね」

星屑「ある程度、キングドミノをプレイしてたら、」
星屑「受け入れられる地形の種類を狭めないとか、」
星屑「スタートタイルの周りを空けておくとか、」
星屑「詰まないためのスキルが身についとるけんね」

しーぷ「おかげで上手くいった…というか、」
しーぷ96点は上手くいきすぎた感があるかも」

キングドミノ-p-3-43

星屑「0点のマスが2マスしかない上に、」
星屑「ツートップのを合わせて50点…!」

星屑【失われた一隅】の縛りがあるのに、」
星屑「素の点数だけでこれだけ稼げるのはすごいよ!」

しーぷ「上下でを分断してしまうのは、」
しーぷ「ちょっとコワいところがあったけど、」
しーぷ「結果的にピタリと収まって良かった…!」

星屑「俺はというと、」
星屑「ツートップのを合わせて33点…」

キングドミノ-p-3-40

星屑「もうひと地形、得点源を用意するか、」
星屑「強引に【誇大妄想】を取りにいくかしないと、」
星屑「勝ち目がなかったというわけやね」

しーぷ【誇大妄想】は一見、簡単そうに見えたんだけど、」
しーぷ「実際はドミノの配置との兼ね合いで難しかったわ」

星屑「地形の得点を捨てて、特化してしまえば、」
星屑【誇大妄想】だけでもある程度の点が取れるかもだけど、」
星屑「勝ちにつながるかというと分からんよなぁ」

しーぷ「1ゲームで取れる王冠のマス数が7~8と考えたら、」
しーぷ「それもどこかに限界があるかもしれないね」

星屑「とにもかくにも、」
星屑「そつなく王国を完成させたしーぷに完敗だよ…!」

しーぷ「納得のプレイングで勝つのは、やっぱり気持ち良いね!」
しーぷ「次のゲームもがんばろう♪」


次回に続きます!


「キングドミノ」 関連記事
→次回:プレイ記その4

ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲

【2018/11/11 00:01】 | プレイ記 【タグ】 キングドミノ  
|