FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
★2018年のボードゲームBEST3

2018ランク-0


さて、2018年も当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、日本語版が発売されたボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

3位からランキング形式で発表して参ります!



と、その前に、
しーぷの2018年ナンバーワンは――


★しーぷNo.1「ドロップイット」



しーぷ「やっぱコレだね!」

星屑「おお、ドロップイットか!」

しーぷ落とすだけで楽しいゲームって、すごいと思うの!!」

Dイット-o-34 Dイット-o-35

星屑「このゲームはマジで、」
星屑「プレートを落とすだけで進行していくもんな」

しーぷ「それでいて、」
しーぷ「どのプレートをどの位置から落とすかの戦術要素も、」
しーぷ「落としたプレートのイレギュラーな挙動という運要素もあって、」
しーぷシンプルなのに飽きさせない設計になってるんだよね」

星屑「ゲームが進むにつれて得点が高くなるけん、」
星屑「最後まで勝ち負けが分からんところも良いよね」

しーぷ「器用さが問われるアクション系のゲームは苦手だけど、」
しーぷ「これは珍しく私でも大丈夫なアクション系だった!」


プレイ人数は2~4人で、プレイ時間は30分前後。

つかみバッチリのカラフルで印象的なビジュアルに、
小学校低学年でも難なくプレイできるシンプルなルールで、
落としたプレートの行方には、みんなで一喜一憂できます♪( ̄▽ ̄*)

唯一のネックは値段の高さで、amazon価格が7千円前後…。
(※2018年末現在)

それでも買って全く後悔のなかった「ドロップイット」が、
しーぷの今年のナンバーワン作品となったようです!

開封&紹介記事



さてさて、ここから改めて星屑のBEST3をば!



★2018年3位「トロール&ドラゴン」



星屑ランキングにあっては、
かなり珍しくランクインした"小箱ゲーム"です。

詳しくは開封記事に書いていますが、

ただのバースト系ダイスゲームと思いきや、
突如はじまるリアルタイムのダイスバトルが、
とにかく、めちゃくちゃアツい…!

トロドラ-o-46
トロドラ-o-47

ダイヤを拾うときのじっくり感と、
金塊を拾うときのバタバタ感の、
極端なテンポの差がメリハリを生み出して、
序盤から終盤まで集中力が途切れません!

また、箱のサイズが小さめなので、
バッグに入れての持ち運びも容易。

加えて、準備に時間がかからず、
場所もとらず、プレイ時間も短めと、
とにかくフットワークが軽いゲームなんですね。

価格も2千円台の前半(2018年末現在)と、
内容に対しての割安感があって嬉しかったです!

2018ランク-3

決してゲーム会のメインに据えるような作品ではありませんが、
非常に優秀な"スーパーサブ"ということでの3位。

来年以降も、
卓を温めるために、あるいは卓をつなぐために、
トロール&ドラゴン」は星屑の必携とさせてもらいます♪( ̄▽ ̄*)

開封&紹介記事



★2018年2位「ノームの村」



しーぷNo.1の「ドロップイット」と同じく、
"とあるアクション"だけで進行していくゲームです。

その"とあるアクション"というのが、
ノームに見立てたコマをカップから振り出すというもの!

ノームの村-o-16

ノームの村-o-18
ノームの村-o-20

振り出したコマの数でアクションが自動決定するため、
そこに選択肢はなく、つまり戦略がなく、
ほとんど頭を使わないでプレイすることになります…!

また、カップを振る技術が高まっても、
狙い通りの数をピタリと振り出すのは難しく、
経験者が圧倒的に優位となりにくいのも特徴です。

要するに、
建前ぬきで誰にでも勝つチャンスがあるゲームなんですね!

それでも達人の域になると、
ピタリと「10人」を連発して、
酒場に入り浸っての荒稼ぎ…とかいう、
マジメに店で働いていられない展開(笑)になりますが、
それはそれ、めったに見られない世界のお話で…( ̄▽ ̄ )

2018ランク-2

頭を空っぽにして、えいやっとカップを振って、
出てきたノームの数でワイワイ盛り上がれる、
良質なアクションゲーム「ノームの村」が、
星屑の2位となりました!!

開封&紹介記事



★2018年1位「スプリングメドウ」



ダークホースです!

まったくノーマークだったタイトルが、まさかの1位。
星屑、自分でも驚きの結果となりました…!

というのが、この「スプリングメドウ」、
そもそも購入する予定すらなかったんです。

それというのも、ウヴェさんのパズル3部作の、
1作目「コテージガーデン」が"もう一歩"で、
2作目「インディアンサマー」が"ピンとこない"で、
3作目には、もはや期待がもてず…( ̄▽ ̄;)

ぶっちゃけ完全にスルーしていたところで、
ウヴェさん作品をこよなく愛するボドゲ仲間のヤマシタさんに、
よかったら…とプレイさせてもらった結果――

ああ、これだよ!
これこそ俺が欲しかったパズルゲームだ!!


…てな感じで、
パズルゲームとしてもタイルゲームとしても、
一気に私星屑の中で歴代上位に食い込みました!

春の草原-o-99

まずテーマが、
雪の山道を、春の緑に塗り替えてハイキングしようという、
なんともハートウォーミングな話。

そして、その通り、
白いゲームボード緑のタイルで埋めていくという、
非常に分かりやすいゲーム内容。

ゲームの軸がカッチリとしています

さらに、終盤の巻き返しが容易なシステムによって、
追いつかなきゃとか急がなきゃとか、焦るが必要なく、
どっしりと自分のプレイングに徹していればよくて、
ストレスを感じずにプレイすることができるんです!

つまりは、
とにかく自分のやりたいことをやって、その上で得点を競える…!

この人の進み具合がどうだから…
あの人の得点がどれくらいだから…


そんなことを、気にしなくていい。

自分がやりたいようにやって、
ただただ、その結果をぶつけてやればいい!


――という意識で、
繰り返し繰り返しプレイしていたんですが、
その結果、同点での距離決着が何度もあり、
あるいは109対108対107みたいな僅差も多々ありで…!

2018ランク-1

ゲーム中は自分のパズルに集中して、
ゲーム後に俺のパズルはどげんやったとかいな?と。

それが、1点差で勝っていたり、負けていたり。

かなりシビれます!!
そして、また繰り返してプレイしたくなる…!


春の草原-o-03

3部作で尻すぼみしていくことなく、
ちゃんと3作目が集大成という鮮やかな結論。

2位も3位もアクション系という中にあって、
堂々の1位は、やはり星屑らしくタイル系の、
スプリングメドウ」になりました♪( ̄▽ ̄*)

ちなみに、定価は約6千円ですが、
実勢価格は4千円強くらいになっていて、
(つまりは在庫過多ということで複雑な心境ですが)
金額的にもオススメできる作品になっています…!

開封&紹介記事



…と、こんなところで今年の、

ブログ「大分県宇佐市でボードゲーム!

を〆させていただきましょう。


2019年もステキなボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!







記事を閉じる▲
スポンサーサイト




【2018/12/31 00:01】 | その他 |
ボードゲーム
「トロール&ドラゴン」




★開封

トロドラ-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

トロドラ-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

小箱ではありませんが、難なく持ち運べるサイズです。

イラストの中では、大きなトロールドラゴンを背に、
人々(と猫)が財宝を抱えて逃げ出しています…!

トロドラ-o-03
▲箱のウラ面

5ヵ国語によるゲーム内容の紹介です。

冒険者よ!
王様へ財宝を捧げるために、
トロールとドラゴンに挑むのだ!
これは、きみの運が試されるゲームである!


というようなコトが書かれていると思います(意訳)。

トロドラ-o-04
スペック

プレイ人数はやや広めの2~5人で、
プレイ時間はお手軽な20分
対象年齢7歳~です。

基本的には3人以上でのプレイを前提としていて、
2人プレイの場合は、ちょっとだけルールが変わります。

余談ですが、対象年齢が7歳以上というのは、
同じLOKIの「SOSダイナソー」と一緒ですね。



★箱をオープン!

トロドラ-o-05
▲一発目はルルブ

トロドラ-o-06
▲その下に台紙があって、

トロドラ-o-07
▲底部には財宝ダイスがありました!

トロドラ-o-08
▲内箱も使用するゲームということで、
▲内部にもイラストが描かれています。



★切り取り!

トロドラ-o-09
▲とりあえず、6枚の台紙から、

トロドラ-o-10
袋のようなものを切り取り取っておきましょう!



★内容物

トロドラ-o-11
ルールブック(5ヵ国語・全44ページ)

西の5ヵ国語によるルルブです。

1言語につき8ページで、
最後の2ページは同のブランド製品紹介になっています。

トロドラ-o-12
冒険袋×5つ

各プレイヤーが、
洞穴から持ち出した財宝を入れておくための袋です。

ウラ面は3刻みのトラックになっていて、
ゲーム終了時、金塊の得点をカウントするのに使います。

トロドラ-o-13
トロールの手

プレイヤーがトロールに捕まってしまったときに、
集めていたダイヤモンドを差し出す場所です。

プレイヤーが捕まるごとにダイヤモンドは溜まっていって、
誰かがドラゴンを目覚めさせてしまったタイミングで、
目覚めさせたプレイヤー以外全員での山分けとなります。

トロドラ-o-14
ダイヤモンド×60個
トロドラ-o-15
金塊×50個

プレイヤーたちが獲得を目指す2種類の財宝です。

ダイヤモンドには1勝利ポイントの価値があり、
金塊には3勝利ポイントの価値があります。

トロドラ-o-16
ダイヤモンドの洞穴ダイス×4個
「財宝の洞穴」ダイス×2個
ドラゴンダイス×2個

ゲーム中で使用する3種類のダイスです。

※この記事内ではダイヤダイス金塊ダイスドラゴンダイスと呼称。

同じ種類のダイスでも、出目の内容が異なり、

ダイヤ1「ダイヤ×2/ドア×2/鍵×1/トロール×1」
ダイヤ2「ダイヤ×2/ドア×1/鍵×2/トロール×1」
ダイヤ3「ダイヤ×2/ドア×1/鍵×1/トロール×2」
ダイヤ4「ダイヤ×2/ドア×1/鍵×1/トロール×2」

金塊1「金塊1個×1/金塊2個×1/空白×4」
金塊2「金塊1個×1/金塊2個×1/空白×4」

ドラゴン1「ドラゴン×1/空白×5」
ドラゴン2「ドラゴン×2/空白×4」

…という内訳になっています。



★どんなゲーム?

トロール&ドラゴン」は、

トロドラ-o-17
財宝が眠る洞窟に侵入し、

トロドラ-o-18
▲手前の部屋にあるダイヤモンドや、

トロドラ-o-19
▲奥の部屋にある金塊を拾って、

洞窟から持ち出すゲームです!

ただし――

トロドラ-o-20
▲あまり欲をかきすぎて、
▲洞窟内でトロールに捕まってしまったり、
ドラゴンを目覚めさせてしまったりすると、
▲集めた財宝を失い、洞窟から持ち出すことができません…!

どれだけ財宝を拾っても、
洞窟から持ち出せなければ絵に描いたモチですので、
上手にタイミングを見極めて、洞窟から脱出しましょう!

(※友情出演:キングドミノ王様コマ)



★ゲームの流れ

トロール&ドラゴン」は、とにかくセットアップが速いです。

トロドラ-o-21
▲内箱の2つのスペースにダイヤモンド金塊を入れて、

トロドラ-o-22
▲全員に冒険袋を配って、

トロドラ-o-23
▲3種類のダイスを並べたら準備OK!

さくっとゲームを始めることができます♪( ̄▽ ̄*)

ゲームは時計回りで進行して、
自分のターンが回ってきたら――


①ダイヤダイス4個を振る

トロドラ-o-24
▲まずはダイヤダイス4個を振りましょう。



②ダイヤモンドを取る

こうして振ったダイヤダイスの中に、

トロドラ-o-25
ダイヤの出目があれば、

トロドラ-o-26
▲その個数ぶん、内箱からダイヤを拾います。

ここでの注意点なんですが、
拾ったダイヤは、まだ自分のものにはなっていません!

拾ったダイヤは、洞窟の外へ持ち出すことで、
初めて自分の冒険袋に入れることができるのです。



③トロールによるブロック

一方で、

トロドラ-o-27
トロールの出目のダイスはブロックされてしまいます。

ブロックされたダイスは、もはや、
このターン中に振り直すことができません



④振り直しor脱出

①ダイヤダイスを振って、
②ダイヤの出目ぶんのダイヤを取って、
③トロールの出目のダイスをブロックしたら…、


ここで④2択の問題となります!

選択肢1ブロックされていない、
     全てのダイヤダイス振り直す

選択肢2:「脱出!」と宣言し、
     このターンに拾ったダイヤを全て冒険袋に入れて、
     (=ダイヤの獲得が確定)
     自分のターンを終了する。


一つずつ見ていきましょう。

まずは選択肢1
こんなもんじゃ満足できねぇとばかりに、
さらなるダイヤを求める場合は、

トロドラ-o-28
▲まだブロックされていないダイヤダイスを、
全て振り直します

トロドラ-o-29
▲振り直した後は、これまでと同じく、
ダイヤの出目ぶんのダイヤを追加で拾い、
トロールの出目のダイスを追加でブロックして…、

またまた同じ2択の問題に行き着くわけです。

すなわち、さらに残りを振り直すか、脱出するか。

この振り直しは、望む限り続けられますが、
しかしながら――

トロドラ-o-30
▲ダイス運が尽き果てて、
4個のダイヤダイス全てブロックされてしまうと…、

トロドラ-o-31
▲このターン中に拾ったダイヤは、
全てトロールに没収されてしまい
自分のターンが強制終了してしまいます!

当たり前ですが、ブロックされているダイヤダイスが、
増えれば増えるほど没収される確率は高くなりますので…、

そこで選択肢2

脱出!」と宣言することで、
没収される前にダイヤ洞窟の外へ持ち出し

トロドラ-o-32
▲自分の冒険袋に入れて、
ダイヤの獲得を確定させましょう!

一度、冒険袋に入った財宝(=ダイヤ金塊)は、
絶対に失うことはありません。ひと安心ですね。

ただし、これで自分のターンは終了です。
今度は、時計回りで次のプレイヤーが洞窟へ。



☆金塊を入手するには

ところで、
ダイヤダイスの出目には、
ダイヤの出目トロールの出目以外に、
あと2種類の出目があります。

それが、ドアの出目鍵の出目です。

トロドラ-o-33
ダイヤダイスが4つともブロックされる前に、
ドアと鍵の出目同時に出すことができれば、
▲奥にある金塊の部屋へ進むことができます。

※進まずにダイヤダイスを振り直すこともできます。

金塊の部屋へ進んだ場合、
なんと、いきなりゲームが直接対決方式に変化…!

ターンプレイヤー以外の全員ドラゴン役となり、
金塊を拾うターンプレイヤーを妨害することになるのです!

その流れですが、

トロドラ-o-46
▲まず、
▲ターンプレイヤーが金塊ダイスを、
▲他の1人がドラゴンダイスを持ち、

トロドラ-o-47
▲同時に振り始めます。

トロドラ-o-34
▲ターンプレイヤーは、ひたすら金塊ダイスを振り続けて、
▲他のプレイヤーたちは、時計回りのローテーションで、
▲振ってはダイスを渡し、振ってはダイスを渡しの繰り返し。


ターンプレイヤーは、
とにかく回転数が全てとばかりに金塊ダイスを振って、

トロドラ-o-35
金塊2個の出目が出れば、

トロドラ-o-36
▲蝶のように金塊2個拾い、

トロドラ-o-37
金塊1個の出目が出れば、

トロドラ-o-38
▲蜂のように金塊1個拾いましょう!


一方で、他のプレイヤーたちは、
ドラゴンを目覚めさせることによって、
ターンプレイヤーを止めなければなりません…!

こちらも、やはり回転数が全てとばかりに、
ドラゴンダイスを振っては左隣に渡し、
振っては左隣に渡して…、

トロドラ-o-39
1つ目ドラゴンの出目が出たら、
▲「ドラゴン!」と叫んで警告を発し、
▲そのダイスを脇によけます。

次のドラゴン役(=左隣)のプレイヤーには、
もう片方のドラゴンダイスだけを渡しましょう。

トロドラ-o-40
▲残り1個のドラゴンダイスで、
2つ目ドラゴンの出目を出すことができたら、
▲「ドラゴンが目を覚ました!」と叫んで、
▲ターンプレイヤーに非情な現実を突きつけます。

トロドラ-o-41
▲ターンプレイヤーが、このターンに拾った財宝は、
▲それまでトロールが没収していたダイヤと合わせて――

トロドラ-o-42
ドラゴン役のプレイヤーたち冒険袋分配されるのです。

※ドラゴンの目を覚ましたプレイヤーから、
 時計回りで1個ずつ受け取っていく流れ。

こうならないために、ターンプレイヤーは、
2つ目のドラゴンの出目が出る前に、
すなわち「ドラゴンが目を覚ました!」と言われる前に、
脱出!」と宣言しなければなりません。

状況によっては、
金塊を1個も拾うことができないまま、
1つ目のドラゴンの出目が出てしまい、
脱出を余儀なくされることもあるでしょう。

金塊の部屋ではリアルタイムでコトが進むので、
どちらの側も気を抜けないわけですね…!

これは余談ですが、
ドラゴンが目を覚ました!」が長ければ、
起きた!」とかに短縮してもいいかもしれません。



☆ゲームの終了

ゲームは、洞窟内のダイヤ金塊がゼロになったら、
そのターンで終了となります。

自分の冒険袋の中の財宝を、
ダイヤは1勝利ポイントで、
金塊は3勝利ポイントで、
それぞれカウントして、
最高ポイントのプレイヤーが勝者です!



★訂正!

上記の☆金塊を入手するにはにて、

金塊ダイスを1個しか振っていない描写がありますが、
正しくは2個振ります。

トロドラ-o-48
トロドラ-o-49
▲ルールブックを見る限りでは、
ラゴンダイスは明確に2つとの表記があるのに対して、
金塊ダイス(正確には財宝の洞窟ダイス)については、
▲1つとも2つとも書いてありませんが、

amazonの商品説明では"2つ振ろう"となっていました。


これも余談なんですが、
プレイ人数が5人の場合は、
あえて金塊ダイス1個にしてしまうのもアリかもです。

このゲームは、プレイ人数が多いほど、
ドラゴンダイスを振るのに手間取ってしまい、
金塊ダイスを振るプレイヤーが有利になりますので、
金塊ダイスの個数を減らすことで、バランスを取り、
大味な展開になるのを防ぐことができます。

まぁでも、基本的には、
ジャラジャラと景気よく金塊を稼ぎたいですので、
金塊ダイスは2個使うのがよいでしょう♪( ̄▽ ̄*)



★コメント

久しぶりに良質なウォームアップ要員を入手しました。

サクッと始めて、サクッと終われる!

そして、
忙しくダイスを振るし、盛り上がるしで、
文字通りに場を温めてくれる!!


ボードゲーム会の立ち上がりに、中継ぎにと、
とにかく扱いやすい「トロール&ドラゴン」です!


その最大の特徴は、

ダイスゲーム→からの→アクションゲーム

…という急激な流れの変化!!

最初こそ、じっくりとダイスを吟味しますが、
ドアが出て、金塊の部屋へ進むやいなや、
リアルタイムの非対称戦が勃発します…!

ターンプレイヤー以外は、
ドラゴンダイスを振っては隣に回し、
振っては隣に回して、
エンドレス・バケツリレーみたいな様相。

片や、ターンプレイヤーは、
いつドラゴンが起きるかとビクビクしながらも、
1個でも多くの金塊を拾ってやろうと、
金塊ダイスを振っては金塊を拾い、
振っては金塊を拾って、
脱出のタイミングを計るわけです。

ずっとアクションゲームでは疲れるし、
ずっとダイスゲームでは淡白だし、
…という間を上手くとって、
すごくメリハリのあるゲームに仕上がっていると思います!


また、ゲームで使用するダイスの出目も、
絶妙な調整がなされていて――

トロドラ-o-45
▲油断していると、一気に全ブロックとか、

トロドラ-o-43
▲あるいは一気にドラゴンが起きるとか、

適度な緊迫感があり、
しかし、すべての出目が単純明快で、
シンプルに度胸試しをすることができるわけです!


ジャラジャラな財宝といえば「インカの黄金」だったり、
4個のダイスを振るといえば「大漁だ!」だったり、
なにかと似ているゲームがある中にあって、

この「トロール&ドラゴン」は、その良いトコ取りというか、
非常に完成度が高いように感じました…!

トロドラ-o-44

最後に、購入のオススメ度合いですが、

腰をすえて時間をかけて遊ぶ系のゲームではないですので、
そういうのを求めている方にはオススメできません。

そういう方には、同じダイスゲームというジャンルでは、
ブループリント」とか「サグラダ」とかを推したいですね。

逆に、
肩の力を抜いてお気軽に盛り上がりたいのであれば、
トロール&ドラゴン」はオススメできるゲームです!

これからの寒いシーズンには、まさに、
もってこいのホットなタイトルだと思います♪( ̄▽ ̄*)



トロール&ドラゴン 関連記事


ボードゲーム記事一覧






記事を閉じる▲

【2018/12/08 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 トロール&ドラゴン  
|