FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「イリュージョン」




★開封

イリュージョン-o-01
▲今回はヨドバシ博多で購入しました!


★箱の外観

イリュージョン-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

黒の背景4色のクエッションマークという、シンプルな面構えです。

イリュージョン-o-03
▲箱のウラ面

"色の広さをアタマの中で比べるだけ!"
"でもムズカシイんだな、これが!"

なんだか味わいのあるキャッチフレーズですねぇ!( ̄▽ ̄*)

イリュージョン-o-04
スペック

プレイ人数2~5人で、
プレイ時間15分
対象年齢8歳~となっています。

かなりルールが簡単なゲームですので、
小学校低学年でもプレイ可能かと!



★箱をオープン!

イリュージョン-o-05
▲一発目はルルブ

イリュージョン-o-06
▲その下にカード類があって、

イリュージョン-o-07
▲内容物は以上でした!



★内容物

イリュージョン-o-08
ルール説明書(日本語・両面)

小箱ゲームにありがちな、タテ長のルルブです。

内容は多くなくて、さくっと読み終わります!

イリュージョン-o-09
▲あとは2種類のカード類

イリュージョン-o-10
矢印カード×4色・各3枚

四色の矢印がドドーンと描かれたカードです。

各ラウンドの"指定色"を決めるのに使い、
そのラウンドの勝者によって引き取られます。

イリュージョン-o-11
色カード(オモテ面)×98枚

の5色によって、
さまざまなアートが描かれているカードです。
(※各カードの外周のグレー部分は、ただの枠)

イリュージョン-o-12
色カード(ウラ面)

色カードのウラ面には、
オモテ面のアート内の各色の割合が示されています。
(※の割合のみ割愛されている)



★どんなゲーム?

イリュージョン」は、
さまざまなアートが描かれたカードを、
"指定色"の面積の広い順に並べていくゲームです!



☆ゲームの準備

ゲームの準備は、あっという間で――

イリュージョン-o-13
色カード矢印カードを、別々にシャッフルして…、

イリュージョン-o-14
▲それぞれのをつくるだけ!!

たったこれだけでゲームを始めることができます♪( ̄▽ ̄*)



☆ラウンドの準備

イリュージョン」は、
ゲームの勝者が決まるまでラウンドを繰り返していくんですが、
各ラウンドを始めるにあたっては――

イリュージョン-o-15
▲まず、矢印カード1枚めくって、
▲そのラウンドの"指定色"を決めた後…、

イリュージョン-o-16
色カードの山のいちばん上のカードを取って、
矢印カード矢印の先に配置しましょう。

ここからラウンドのスタートです!



☆何をしていくのか?

ラウンドが始まると、時計回りで、
各プレイヤーは山から色カード1枚取って、
矢印カード矢印の先に並べて置いていきます。

ただし、色カードの置き方には規則があり――

イリュージョン-o-17
▲一枚の色カードの中の"指定色"の面積が、
狭いほど矢印カードに近い側に、
広いほど矢印カードに遠い側に、
▲それぞれ並べなければならないのです…!



☆自分のターンにすること(色カードの配置)

自分のターンが回ってきたら…、

イリュージョン-o-18
▲山の上から色カード1枚取って、

イリュージョン-o-19
すでに矢印カードの先に置かれている色カードの、
かに配置します。

このラウンドの指定色はですので、
すでに置かれている色カード青の面積よりも、
いま手に持っている色カード青の面積が、
狭いと思ったら左に広いと思ったら右配置しましょう!

イリュージョン-o-39
▲この2枚の青の面積を比べてみると、
▲片や青のひし形が5つぶんに対して、
▲片や背景まるまる青のベタ塗り…。

これは、いま手に持っている、
ベタ塗りの方が広そうだ…と考えたら、

イリュージョン-o-20
矢印カードから遠い側の右側へ、
▲手に持っている色カードを配置するわけです。

山から色カードを1枚取って配置したら自分のターンは終了!

時計回りで次のプレイヤーのターンとなります。

イリュージョン-o-21
▲次のプレイヤーはというと、
▲すでに2枚の色カードが置かれている状況ですので、
▲手に持っている色カードを置く場所が3択になるわけですね。

イリュージョン-o-22
▲さらに場に3枚目の色カードが置かれると、
▲その次のプレイヤーは置く場所が4択に…。

これを時計回りで繰り返していくと、

イリュージョン-o-23
▲場の色カードの並びが、どんどん延びていくわけですが――

そんな延びも、いずれ「ダウト!」の一声でストップするのです…!



☆自分のターンにすること(ダウトの宣言)

自分のターンには、
山から色カードを取って並べる替わりに、
ダウト」の宣言をすることもできます

場の色カードの並びを見て、
1ヵ所でも正しくない(=狭い→広いの順になっていない)と看破したら、
得点代わりの矢印カードを受け取れるのです!

イリュージョン-o-24
▲例えば、この色カードの並びに違和感を感じて、
▲「ダウト」と宣言したら…、

イリュージョン-o-25
▲即座に、並んでいる色カード全てウラ向きにして答え合わせをします。

イリュージョン-o-26
▲その結果、全5枚のカードの青のパーセンテージを見てみると、
▲左から10%19%21%20%30%となっていて、
▲左から3番目4番目の並びが正しくないことが判明しました…!

イリュージョン-o-27
▲見事、誤りを看破して「ダウト」の声を上げたプレイヤーは、
そのラウンドの矢印カードを獲得します!

一方で、もし「ダウト」と宣言した結果…、

イリュージョン-o-28
▲1ヵ所も誤りがなく、正しい並びだった場合は、

イリュージョン-o-29
ダウト」と宣言したプレイヤーの直前のプレイヤーが、
▲つまり、答え合わせ直前の最後の1枚を並べたプレイヤーが、
そのラウンドの矢印カードを獲得することになるのです…!

どちらにせよ、誰かから「ダウト」の宣言があったら、
答え合わせをして、矢印カードが獲得された後、
そのラウンドは終了となります。



☆次のラウンドへ

ラウンドが終了したら、
答え合わせした色カードを全て捨て札にした後…、

イリュージョン-o-30
▲新たに矢印カードをめくり、
▲その矢印の先に色カードを1枚置いて、
▲次のラウンドを始めていきましょう。

なお、次のラウンドのスタートプレイヤーは、
前のラウンドで矢印カードを獲得したプレイヤーです。


ゲームは、
誰かが矢印カード3枚獲得した時点で終了し、
そのプレイヤーの勝利となります!

あるいは、打ち止めをなくして、
全12枚の矢印カードをフルに使い、
全12ラウンドを最後の最後までプレイして、
最終的な矢印カードの獲得数を競う方式もあるようです。



★コメント

重量級でも軽量級でもなく、
中量級のボードゲームを好んでプレイしている私星屑は、
ほとんど小箱ゲームを買うことがありません。

そんな星屑が、それでも小箱に手を出す場合は、
だいたい「ボードゲーム会で小回りの利く作品」というパターンが多く、
この「イリュージョン」も、そのパターンに当てはまります。

2~5人という幅でプレイできて、
なんなら6人でも7人でもプレイできないことはなくて!


1ラウンドが非常に短いので、
ラウンドで区切れば時間の管理もしやすく!


ルールはいたってシンプルなので、説明もあっという間!

決してボードゲーム会のメインに据えられはしないけれど、
場を温めたり、場をつないだりのスーパーサブとして、
小さな箱が大きな活躍を見せてくれるわけです♪( ̄▽ ̄*)


といっても、いくら小回りが利いたところで、
ゲームの内容が面白くないと意味がないわけですが――

この「イリュージョン」というゲームは、
その名の通り「錯覚」という面白さを存分に発揮してくれます…!

イリュージョン-o-31
▲例えば、この2枚の緑の面積を比べたら、
▲どう見ても右の方が広いわけで、

イリュージョン-o-32
▲結果はこの通り。なんですが…、

イリュージョン-o-40
▲この、いうほど1%かな…?
▲もう少しありそうなんですが、全体の1%しかないらしいです。

イリュージョン-o-33
▲次に、この2枚の緑の面積
▲左はひとカタマリの緑2本の黄色ラインがまたいでいて、
▲右は4文字のアルファベットになっています。

これ、どっちが広いと思いますか…?

イリュージョン-o-34
▲いじわるな出題で誠に恐縮ですが、
▲正解はどちらも同じ12%でした…!

ぼくは、この問いを友人に出されたとき、
アルファベットの方だと確信したんですが、
まさか同じ面積とは…( ̄▽ ̄;)

という感じで、目の「錯覚」による"意外性"が、
全部で98枚の色カードに散りばめられていて、
おかげで答え合わせのたびに驚かされるんですね。

このゲームの最大の面白みは、そんな答え合わせでの、

えー!?

とか、

マジかー!

とか、

ウソやろー?!

とか、

みんなで一緒になって騙されたり、驚いたりといった、
錯覚による意外性の「共感」にあるように思います!

他にも、

イリュージョン-o-35
▲このような、露骨にややこしい色カードを引いて、
▲頭を抱えてしまうプレイヤーがいたり、

イリュージョン-o-36
▲このような、カウントできそうなカードが並んで、
▲必死に三角形を数えだすプレイヤーがいたりと、

プレイヤーたちの一挙一動に注目するのも面白いですね♪

総じて、
ド派手に大騒ぎする系のパーティーゲームではなく、
静かに盛り上がる系のパーティーゲームと言えるではないでしょうか。

イリュージョン-o-37

最後に、購入のオススメ度合いですが、

価格的にも、扱いやすさ的にも、
オススメしやすいゲームですね!

ただ、カードの枚数のボリュームは多めでも、
ゲーム自体のボリュームは小ですので、
なんというか、お腹いっぱいにはなりません
そこは前菜とかデザートとかをイメージしてください。

とはいえ、
人数と年齢の受け入れがかなり広く
短時間の省スペースでプレイできて
あっと驚けるイリュージョン」は、
素晴らしい小箱の一つといえるでしょう♪( ̄▽ ̄*)



イリュージョン 関連記事


ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲
スポンサーサイト




【2019/06/01 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 イリュージョン  
|