FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
★2020年のボードゲームBEST3

2020ベスト-0


さて、2020年も当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、発売もしくは日本語版が出たボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

3位からランキング形式で発表してまいります!



★2020年3位「(該当なし)」

そもそもの話、今年はボードゲーム会の自粛などもあり、
あまりボードゲームをプレイする機会に恵まれませんでした。

その結果、必然的に試行回数が激減してしまい、
3位に入るボドゲとは出会うことができず残念です…( ̄▽ ̄;)



★2020年2位「トラップワード」


▲amazonリンク

2020ベスト-1

コトバ遊び系のパーティーゲームは多々ありますが、
"NGワード"主体の「トラップワード」は、
悩ましい読み合いの末の笑いが印象的なゲームでした!

ルールは、2チームに別れてのターン制で、
ターンチームのチームリーダーが"お題"となるワードを確認し、
それをチームメイトへ間接的に説明することで当てさせるという、
非常にシンプルなものです。

例えば、
リーダーが"ピーナッツ"というお題を引いたら、
直接、「ピーナッツ」や「落花生」とは言わずに、
ピーナッツを説明すれば良いわけでーー

千葉県の特産品で、よくおつまみで食べる、殻のついた豆

…なんて説明すれば、あっさりとチームメイトに伝わることでしょう。

ところが相手チームは、ただそれを眺めているわけではなく、
いくつかの"NGワード"を設定して待ち構えているのです。

もし、相手チーム側に立ったとしたら、
ピーナッツのNGワードには何を設定するでしょうか?

やっぱり「千葉」は鉄板でしょうし、「おつまみ」も「」も、
そりゃあ設定したくなるに決まっています…!

と、なると、

千葉県の特産品で、よくおつまみで食べる、殻のついた

…なんて発言は、地雷原を裸足で駆けていくようなものです!

それでは、どうしたら良いでしょう?

房総半島あたりで」…いや、逆にチームメイトに伝わりにくいか。
お酒の相棒」…いや、お酒の方をNGワードにしている可能性もある。
ビール」「ワインの」…これじゃただのギャンブルだ!
双子や三つ子の乾きもの」…この辺りなら大丈夫そうかな?

リーダーは制限時間の中で、
相手のトラップを予想しながら、
口に出すコトバを慎重に考えます。
(※NGワードを口に出した瞬間、ターン終了!)

ちなみに、
上の例は実際のプレイの模様で、リーダーは私星屑でした。

果たして、とあるヒラメキが浮かんだ途端、
星屑が口にしたコトバが――

スヌーピーのタイトr

はいアウトー!

∑( ̄Д ̄;)なぬぅっ!!

ー ̄) ニヤッ

\アハハハハ!!/

2020ベスト-4
▲実は「千葉」も「おつまみ」も「」も、NGワードではなく、
星屑は考えすぎた末に敗北してしまったのです…!

と、まぁこんな感じで、
まさにトラップだらけのダンジョンを、ひやひやしながら進んでいくような、
コトバ遊び系パーティーゲーム「トラップワード」が2020年の2位でした!

2020ベスト-2
▲おまけ。他の即死(一言目がNGワード)事例。

ちなみに、
ゲームを盛り上げるための試練のカードなどは、
あえて外してプレイするのもアリかと思われます。

特に、初心者もプレイされている場合は、
勝ち負けを度外視して、純粋にコトバ遊びを楽しむと、
うまく盛り上がるかもしれません♪( ̄▽ ̄*)



★2020年1位「グリズリー」


▲amazonリンク

2020ベスト-6

ネコが猫じゃらしを追いかけるように、
星屑動くボードゲームを追いかけます…!

と、いうわけで、
動く系チキンレース「グリズリー」を紹介したいのですが――

まずは、こちらの動画をご覧ください↓

もうね、この時点で星屑の負けですよ。
カッパの川流れなら聞いたことありますけど、
クマの川流れなんて想像だにしていませんでした。
おもしろすぎる!!!( ̄▽ ̄*)

2020ベスト-5
▲ゲームの内容としては、
▲プレイヤーたちがクマさんになって、
いちばん魚を捕まえられた人の勝ちというものです。

2020ベスト-3
▲ただし、ダイスの目によって川が流れ、
▲運が悪ければ滝の下へと流されてしまいます…!

そうすると、せっかく捕まえた魚が逃げてしまいますので、
欲張りすぎない程度に穴倉へと魚を持ち帰って、
魚を貯めこんでいきましょうね、という感じ。

ま、星屑の辞書に撤退なんて文字はないけどな!!!

キャッチーでコミカルな見た目と、
行くか帰るかの2択というシンプルなルールに、
うまく調整された運要素のバランスが光る、
「グリズリー」が2020年の1位となりました!

2020ベスト-7



★2020年を振り返って

2020年。
星屑にとっても波乱の一年でした。

新型コロナの足音が聞こえ始めた2月末、勤務先の店舗が閉鎖。

主催しているボードゲーム会は、
3月に開催地でのコロナの発表を受け、中止せざるを得ず、
その後、断腸の思いで年内の開催の自粛を発表しました。

星屑自身は、7月から職業訓練校に通い始め、
資格取得と再就職を目指す日々に身を置いて、
それらは12月に実を結ぶことになります。

振り返ってみれば、
ボードゲーム会の開催にしても、日常生活にしても、
なかば強制的に再構築させられた年になりました


とはいえ、話の大筋は変わりません。

星屑は、
なんとしても生き抜いていくための方策を探りますし、
主催するボードゲーム会も、折を見て再開します!

主催者の名にかけて。

どうか引き続き、
当ブログと当ボードゲーム会を宜しくお願いします♪



…と、こんなところで今年の、
ブログ「大分県宇佐市でボードゲーム!
を〆させていただきましょう。

2021年もステキなボードゲームと出会えますように!
それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!






記事を閉じる▲

【2020/12/31 23:59】 | その他 【タグ】 グリズリー  トラップワード  
|