FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「キングドミノ:拡張 巨人の時代」




★開封

キングドミノ-o-e1-01
▲今回はamazonのマケプレでポチりました!


★箱の外観

キングドミノ-o-e1-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

あの平和だったキングドミノの王国で、
巨人たちが好き放題しちゃっているイラストです…!

というか、いまは脱ストローの風潮とか聞こえてくるのに、
なんなんだ、その家の高さほどの巨大ストローは…( ̄▽ ̄;)

キングドミノ-o-e1-03
▲箱のウラ面

どうやら、巨人たちは山々から駆け下りてきて、
建設中の王国に分け前を要求してくる
ようですね…。

出すモンを出さんかったら、
あんさんの王国がえらいことになりまっせぇ的な。

あんまりな話ですが、世知辛い世の中ですからね。

ここは泣く泣く要求をのんで、
おとなしくしていてもらわないといけないようです…!

キングドミノ-o-e1-04
▲「クイーンドミノ」とのサイズ比較。

ここで、クイーンドミノとのサイズ比較ですが、
厚さとタテの長さが同じで、ヨコの長さが半分くらいでしょうか。

サグラダの拡張といい、タテ長の拡張が流行っているのかな…?

キングドミノ-o-e1-05
スペック

キングドミノ本体と比べると、
プレイ人数が1人増えて2~5人で、
プレイ時間は5分延びて20分
対象年齢は変わらず8歳~となっています。



★箱をオープン!

キングドミノ-o-e1-06
▲一発目はルルブ

キングドミノ-o-e1-07
▲その下にコマ類スコアパッドがあって…、

キングドミノ-o-e1-08
なんだ、このオヤジは…!?

キングドミノ-o-e1-09
▲箱から取り出してみると、
▲あ、これはドミノスタンドですね。

キングドミノ-o-e1-10
▲ということは、横にして…、

キングドミノ-o-e1-11
▲パカッと開くと、
▲はい、やっぱり中からドミノが出てきました♪( ̄▽ ̄*)



★内容物

とりあえず大きいのからいきましょうか。

キングドミノ-o-e1-12
タイル分配塔×1基(写真左)

ドミノを60枚まで入れることができる塔です。

ドイツ土産のキングドミノに入っていた塔と並べると、
ほとんど瓜ふたつといった形状になっていますね。

キングドミノ-o-e1-13
ウラ面

大きな違いはデザインで、
あちらには地形の一覧が載っていましたが、
今作のものにはイラストしかありません。

できれば新ドミノの一覧とか欲しかった…( ̄▽ ̄ )

キングドミノ-o-e1-14
ルールブック(日本語・全4ページ)

実質3ページの小さなルルブです。

内容がコンパクトにまとめられていて、
サクサクと読み進めることができます。

キングドミノ-o-e1-15
"巨人"ミープル×6個

箱や塔にもデカデカと顔を出していた"巨人"のコマです。

ゲームの中では、お邪魔虫として猛威を振るい、
なんと王国内の王冠を踏み潰してしまいます…!

キングドミノ-o-e1-16
スタートタイル×1枚
国王駒(茶)×2個
キングドミノ-o-e1-17
立体の城(茶)×1つ

5人目のプレイヤーのための王国一式です。

キングドミノがピンク水色黄色で、
クイーンドミノがオレンジときて、
9色目は何かなと思ったら、茶色になりましたね。

キングドミノ-o-e1-18
得点記録用紙×1冊

新ルールも含めた得点計算ができるシートです。

とはいえ、キングドミノには減点がありませんので…、

キングドミノ-o-e1-00
▲百円ショップにも売っている、
カウンターの使用をオススメします。

キングドミノ-o-e1-19
ドミノ(49~54番)

キングドミノもクイーンドミノも、
ドミノの数字は48番まででしたが、
その続きとなる番号のドミノです。

より数字が大きいということは、
そのぶん、価値も高いということで――

キングドミノ-o-e1-20
▲ひっくり返すと、

まず、巨大な足跡が目に入って、
そして、すべての地形に輝く王冠に驚かされます…!

王冠2つに、
鉱山が2マスも追加…だと…?

キングドミノ-o-e1-21
ドミノ(A~F)

こちらは数字ではなく、
アルファベットが記されたドミノです。

このゲームでは、
アルファベットは数字よりも価値が低いらしく――

キングドミノ-o-e1-22
▲ひっくり返すと、

そこには、傍若無人に振舞う巨人たちが…!

どうやら、アルファベットのドミノは、
巨人を王国に招いてしまうようですね…( ̄▽ ̄;)

キングドミノ-o-e1-23
クエストタイル×17枚

ゲームに追加の得点要素をもたらすタイルです。

1ゲームごとに、
全17枚の中からランダムで2枚を使用します。



★どんな拡張?


今回の拡張では、

★5人プレイ

★"巨人"の登場と追放

★"クエスト"の導入

という、3つの要素が加わりました!

3つというと、
多くもないけど少なくもないかなぁというボリュームですが、

いずれもゲームシステムを根底から変えてしまうことはなく
豚骨ラーメンに煮たまごと紅しょうがを乗っけてみました的な、
お手軽に満腹度と満足度を満たせる内容になっています…!

ではでは、そんな拡張内容を、
さっそく1つずつチェックしていきましょう!



★5人プレイ

キングドミノとクイーンドミノを組み合わせれば、
5~8人まで同時にプレイすることができる


…というのは、
クイーンドミノのルールブックに記されていますが、
それは決して気軽にできるものではありません。

全員がキングドミノとクイーンドミノのルールを理解して、
2つの箱のコンポーネントをズラッとテーブルに並べて、
内容的にも物理的にもゴチャゴチャした中で、
わりと長い時間をかけて、やっとプレイすることができる…。
(しかも個人戦は最大6人まで)

つまり、5人以上でのプレイは、
これまで非常に敷居が高かったんですね。

それが、この拡張によって、
お手軽に5人でのプレイを楽しめるようになりました♪

ここでは、その方法を紹介していきます!

キングドミノ-o-e1-24
▲そもそも、キングドミノは、
▲最大で48枚のドミノを使って遊ぶゲームでしたよね。

1人につき12枚のドミノを使いますので、
2人プレイだと24枚のドミノが、
3人プレイだと36枚のドミノが、
4人プレイだと48枚のドミノが、
それぞれ必要になります。

さて、これが5人プレイともなると、
さらに12枚のドミノが必要となりますが…、

キングドミノ-o-e1-25
▲それこそが、
49~54の数字とA~Fの英字が割り振られている、
▲合計12枚の通称"巨人ドミノ"です!!

この新たな12枚を混ぜることで、
ドミノの総数は48+1260枚となり、

5人でのプレイにも対応できるようになります!

しかも、
ドミノが増えたことによるルールの修正点は、

ドミノの補充の際の並べ方だけ!!

それも、めちゃくちゃ簡単な話で、

アルファベットは数字の上に並べるだけ!

つまり、どういうことかというと…、

キングドミノ-o-e1-26
▲こういうことですね。

ドミノの補充は、
数字の小さい順に上から並べるというのが基本ルールですが、
その数字の上にアルファベットを並べるだけです。

あとは――

キングドミノ-o-e1-27
▲基本ルールに沿ってプレイするだけ…!

ちなみに、5人プレイの際だけでなく、
2~4人でのプレイ時にも巨人ドミノを投入することができます。

その場合は――

【4人以下での巨人ドミノ使用方法】

キングドミノ-o-e1-28
4人プレイの場合は、
▲ルール通りにドミノを補充した後、
上から3番目のドミノを除去して、
▲ドミノの選択に移ります。
(※除去=ゲームから除外する)

キングドミノ-o-e1-29
3人プレイの場合は、
▲ルール通りにドミノを補充した後、
上から2番目4番目のドミノを除去して、
▲ドミノの選択に移ります。

キングドミノ-o-e1-30
2人プレイの場合は、
▲ルール通りにドミノを補充した後、
上から番目のドミノを除去して、
▲ドミノの選択に移ります。
(※4人プレイの場合と同じですね!)




★"巨人"の登場と追放

さて、
5人プレイのために追加された"巨人ドミノ"ですが、
これは、ただの数合わせのドミノというわけではなく、
"巨人"の登場と追放についての効果を持つ、
とても影響力の高いものになっているんです。

アルファベットのドミノは巨人を登場させて
49番以降のドミノは巨人を追放する

この2パターンの巨人ドミノについて、
順番に説明していきましょう!


☆"巨人"の登場

アルファベットのドミノには、

キングドミノ-o-e1-22
▲もれなく巨人のイラストが描かれています。

もし、この巨人のイラストが描かれたドミノを、

キングドミノ-o-e1-31
▲自分の王国に配置したら、

キングドミノ-o-e1-32
▲ストックから"巨人"ミープルを1つ受け取らなければなりません

この"巨人"ミープルを受け取ったら、即座に、

キングドミノ-o-e1-35
▲自分の王国内の王冠1つ選んで

キングドミノ-o-e1-36
▲その上に受け取った"巨人"ミープルを乗せます

こうして"巨人"ミープルに隠されている王冠は、
得点計算から外されてしまう
のです…!

とはいえ、
隠す王冠は自分で選ぶことが出来ますので、

キングドミノ-o-e1-33
▲できるだけ、面積が狭く、王冠の少ない地所や、
▲場所が悪い地所を犠牲にしていきたいですね。

また、
"巨人"ミープル1つにつき、
隠す王冠1つだけ
ですので…、

キングドミノ-o-e1-34
▲1マスに王冠2つある場合、
▲隠す王冠片方だけになります。

もしも、
巨人のイラストが描かれたタイルを配置した時点で、
自分の王国に王冠1つもなかった場合は、
"巨人"ミープルは受け取りません
(無い袖は振れないですからね…)



☆"巨人"の追放

一方で、49~54番のドミノには、

キングドミノ-o-e1-20
▲もれなく足跡のイラストが描かれています。

もし、この足跡のイラストが描かれたドミノを、

キングドミノ-o-e1-37
▲自分の王国に配置したら、

キングドミノ-o-e1-38
▲自分の王国の、"巨人"ミープルを1つ選んで
即座に追放します!!

しかも、追放した"巨人"ミープルは、
ただ自分の王国から去るわけではなく…、

キングドミノ-o-e1-39
他のプレイヤーを1人選んで
そのプレイヤーの王国に送り込むことができるのです!

選ばれてしまったプレイヤーは、
即座に自分の王国の王冠1つ選んで、
送り込まれた"巨人"ミープルで隠さなければなりません…。

なお、足跡ドミノを配置した時点で、
自分の王国に"巨人"ミープル1つもなければ
送り込みの効果は失われてしまいます

もし、名指しの妨害要素を嫌うのであれば、
"巨人の送り込みは必ず左隣のプレイヤーへ"
…とか決めておくのもいいかもしれません♪




★"クエスト"の導入

さて、ここからは話がガラリと変わります。

いったん、巨人のことは忘れてしまってください
(かといって阪神の話が始まるわけではないですが)


キングドミノには、選択ルールとして、
調和」と「中央王国」という2種類の追加点要素がありましたが、

その追加点要素を拡大して、2種類から17種類(!)に増やし、
ゲームごとに17種類の中から2つをランダム使う…というのが、
今から説明する"クエスト"というものになります。

ですので、「調和」も「中央王国」も、
今後はクエストの中に、要素の一つとして組み込まれるわけですね。

"クエスト"の導入により、
戦略が大きく変化し、より得点差が開くこと請け合いです…!

キングドミノ-o-e1-40
17種類のクエストがこちら。

やたら数が多く見えるかもしれませんが、
その内容は6パターンにまとめることができますので、
1パターンずつ、しっかり見ていきたいと思います!



☆「調和」

キングドミノ-o-e1-41
▲ドミノを捨てなければ5点というアイコンの「調和」。

キングドミノではおなじみですね。

ドミノを1枚も捨てず王国を完成させたら追加の5点を得ます

キングドミノ-o-e1-42
▲こんな感じで、穴をあけることなく、
▲全25マスがドミノで埋まった王国を完成させればOK!

★余談ですが…★

星屑が「調和」を狙うときは、

キングドミノ-o-e1-43
スタートタイルの4辺のうち、少なくとも1辺は、
▲配置する場所がないドミノの緊急回避先として、
▲終盤まで開けておくことが多いですね。




☆「中央王国」「失われた一隅」

キングドミノ-o-e1-44
▲指定された位置に城があれば追加点というアイコンの、
▲「中央王国」と「失われた一隅」。

こちらもおなじみの「中央王国」は、

王国のド真ん中に城があれば追加の10点を得ます

キングドミノ-o-e1-45
▲こんな感じで、
▲スタートタイルの十字方向に2マスずつの王国になっていればOK!


一方の「失われた一隅」は、

王国の左下隅に城があれば追加の20点を得ます

キングドミノ-o-e1-48
▲こんな感じで、
▲スタートタイルが王国の左下にあればOK!

ハイリスクハイリターンなクエストですので、
ときには20点を捨てる勇気も必要ですが、
自分以外の全員にクリアされると辛いですな…( ̄▽ ̄;)

★余談ですが…★

星屑が「中央王国」を狙うときは、

キングドミノ-o-e1-46
▲まず、スタートタイルから見て、
▲十字方向のいずれか2方向にドミノを伸ばして、

キングドミノ-o-e1-47
▲それを軸に展開していくことが多いですね。




☆地元経済

キングドミノ-o-e1-49
▲城の周りに指定された地形があれば、
▲1マスにつき5点というアイコンの「地元経済」。

キングドミノ-o-e1-50
▲例えば、このクエストなら、

城の周囲8マスにある平原1マスにつき、追加の5点を得ます

キングドミノ-o-e1-51
▲こんな王国であれば、5点×7マスで、
▲追加点は35点ということになりますね。

さきほどの「調和」の余談と真逆で、
城(=スタートタイル)の周囲から埋まりがちになり、
事故る確率が上がってしまいますが、
うまくいけば最大で40点を叩き出せます…!



☆王国の四隅

キングドミノ-o-e1-52
▲王国の四隅に指定された地形があれば、
▲1マスにつき5点というアイコンの「王国の四隅」。

キングドミノ-o-e1-53
▲例えば、このクエストなら、

王国の四隅にある畑1マスにつき、追加の5点を得ます

キングドミノ-o-e1-54
▲こんな王国であれば、5点×4マスで、
▲追加点は20点ということになりますね。

ちなみに、これと「失われた一隅」の2枚立てになると、
ものすごく損した気分に…( ̄▽ ̄;)



☆誇大妄想

キングドミノ-o-e1-55
▲アイコンだけだと分かりにくい「誇大妄想」ですが、

その内容は、

王冠のあるマスが、
タテ・ヨコ・ナナメに3マス以上、連続して並んでいたら、
1セットにつき追加の10点を得られる
というものです。

キングドミノ-o-e1-56
▲例えば、こんな王国であれば、

キングドミノ-o-e1-57
王冠のあるマスヨコに3マス並んでいるので10点と、

キングドミノ-o-e1-58
王冠のあるマスタテに3マス並んでいるので10点と、

キングドミノ-o-e1-59
王冠のあるマスナナメに3マス並んでいるので10点で、

合計で30点の追加点ということになりますね。



☆不毛の王

キングドミノ-o-e1-60
▲これまたアイコンが分かりにくい「不毛の王」ですが、

その内容は、

5マス以上王冠のない平原があれば、
1セットにつき追加の10点を得る
というものです。

キングドミノ-o-e1-61
▲例えば、こんな王国であれば、

6マスで王冠のないから10点と、
5マスで王冠のない平原から10点で、
追加点は合計20点ということになります。

がんばって王冠を2つ集めた左側の10点と考えると、
王冠なしで10点は破格といえるかもしれませんね…!

ただし、忘れないようにしないといけないのが…、

キングドミノ-o-e1-62
鉱山は対象外ということです。

そもそも鉱山で5マスは狂気の沙汰ですが、
は現実味がありますので、気をつけましょう!



★コメント

キングドミノ-o-e1-83

巨人の時代…なんていう、
ジャイアンツファンが聞いたら「きたかッ!」と短く叫んで、
ガタッと椅子から立ち上がりそうなタイトルの拡張ですが、

結論からいうと、

文句なしで秀逸な拡張です!!!

ポイントは2つ!!

キングドミノの美点である「テンポの良さ」を打ち消さず、
キングドミノの美点である「リプレイ性の高さ」を伸ばした!


もう本当に理想的な拡張ですね…!

こうやって、はしゃぐのにはですね、理由がありまして。

だいぶ前の話になるんですが、
期待していた「クイーンドミノ」がイマイチだったんです。

というのも、
システムが煩雑になってテンポが極端に悪くなり、
新要素の導入でリプレイ性が高くなるかと思いきや、
1ゲームが重くなって、むしろプレイ頻度が下がり、
キングドミノの美点がことごとく失われてしまいまして…。
(そりゃあ、タイトルが違うからそうなのかもだけどさ)

それでガックシきていたところに、
颯爽と巨人の時代が現れたわけですよ!!

そりゃあ、はしゃいじゃうってもんです!

ぶっちゃけ、箱のイラストには、
よく分からん、おっさんたちのイラストには、
そそられる要素が全くありませんでした
が…、

キングドミノ-o-e1-98

プレイしてみて分かったんですよ。

あ、テンポが損なわれてない!!

安易に最下段のドミノを選べなくなったとか、
(次に英字ドミノを取らなきゃかもなので)

あえて巨人を招いてから他の王国に流す、
キャッチ&リリースの流れ作りとか、

プレイ感はちょいちょい変わっているんですが、
テンポが軽いままで楽しめる!


よくぞ、キングドミノに求めていることを見失わずに、
5人までプレイできるようにしてくれた…!


5人って大事ですからね。
ボードゲーム会で、6人は3・3の2卓に割れるけど、
5人は非常に割りにくいですし。
(マス目野球のおかげで割りやすくなったけど)

そして巨人ルールが、これまた面白い。

ここは育たんやろう!と思って巨人を置いたが、
あれよあれよと大きくなってしまって、
あわてて終盤で足跡ドミノを狙うことになっちゃったりとか、
これまでにはなかったドラマを見ることができます!

キングドミノ-o-e1-99
▲64対64で引き分けた、とある大激戦。

もう一方の、クエストはといいますと、
これが意外にも初心者に大好評でした…!

最近の流れとしては、
基本ルール→+調和&中央王国→+クエスト
とう感じでプレイしてもらうことが多いんですが、

いわく、

地元経済があると、」
「色々と迷わなくていいから助かる」

失われた一隅は難しいけど、」
「隅から始めるから5×5マスがイメージしやすい」

不毛の王のおかげで、」
麦畑を広がるのが楽しくなった」

…という感じで、
クエストごとのメリットがバッチリと作用しているようです!

逆に、初心者に巨人は慌しくなってしまうので、
相手が慣れている人でなければ、巨人は外しています。

そして、慣れている人どうしでは、
巨人もクエストも込み込みでプレイして、

不毛の王を狙って、あえて王冠を巨人に隠してもらう…みたいな、
この拡張ならではの状況に直面するのも楽しいですね♪( ̄▽ ̄*)

おかげで、
ただでさえ高いキングドミノのリプレイ性が、
良いカタチで、さらに高くなりました!!!


キングドミノ-o-e1-63 キングドミノ-o-e1-64

最後に、購入のオススメ度合いですが、

これはキングドミノが好きだったら「買い」でしょう!

もう、だいぶ語り尽くした感があるので、
これ以上、言えることもないですが、

まさにオススメの逸品ですよ…!



キングドミノ 関連記事
プレイ記その1(基本ルール)
プレイ記その2(基本ルール)
プレイ記その3(拡張・クエスト)
プレイ記その4(拡張・クエスト)
プレイ記その5(拡張・巨人)

本体開封記事
欧州版開封記事
クイーンドミノ開封記事

ボードゲーム記事一覧






記事を閉じる▲


★箱の外観

キングドミノ-o-e1-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

あの平和だったキングドミノの王国で、
巨人たちが好き放題しちゃっているイラストです…!

というか、いまは脱ストローの風潮とか聞こえてくるのに、
なんなんだ、その家の高さほどの巨大ストローは…( ̄▽ ̄;)

キングドミノ-o-e1-03
▲箱のウラ面

どうやら、巨人たちは山々から駆け下りてきて、
建設中の王国に分け前を要求してくる
ようですね…。

出すモンを出さんかったら、
あんさんの王国がえらいことになりまっせぇ的な。

あんまりな話ですが、世知辛い世の中ですからね。

ここは泣く泣く要求をのんで、
おとなしくしていてもらわないといけないようです…!

キングドミノ-o-e1-04
▲「クイーンドミノ」とのサイズ比較。

ここで、クイーンドミノとのサイズ比較ですが、
厚さとタテの長さが同じで、ヨコの長さが半分くらいでしょうか。

サグラダの拡張といい、タテ長の拡張が流行っているのかな…?

キングドミノ-o-e1-05
スペック

キングドミノ本体と比べると、
プレイ人数が1人増えて2~5人で、
プレイ時間は5分延びて20分
対象年齢は変わらず8歳~となっています。



★箱をオープン!

キングドミノ-o-e1-06
▲一発目はルルブ

キングドミノ-o-e1-07
▲その下にコマ類スコアパッドがあって…、

キングドミノ-o-e1-08
なんだ、このオヤジは…!?

キングドミノ-o-e1-09
▲箱から取り出してみると、
▲あ、これはドミノスタンドですね。

キングドミノ-o-e1-10
▲ということは、横にして…、

キングドミノ-o-e1-11
▲パカッと開くと、
▲はい、やっぱり中からドミノが出てきました♪( ̄▽ ̄*)



★内容物

とりあえず大きいのからいきましょうか。

キングドミノ-o-e1-12
タイル分配塔×1基(写真左)

ドミノを60枚まで入れることができる塔です。

ドイツ土産のキングドミノに入っていた塔と並べると、
ほとんど瓜ふたつといった形状になっていますね。

キングドミノ-o-e1-13
ウラ面

大きな違いはデザインで、
あちらには地形の一覧が載っていましたが、
今作のものにはイラストしかありません。

できれば新ドミノの一覧とか欲しかった…( ̄▽ ̄ )

キングドミノ-o-e1-14
ルールブック(日本語・全4ページ)

実質3ページの小さなルルブです。

内容がコンパクトにまとめられていて、
サクサクと読み進めることができます。

キングドミノ-o-e1-15
"巨人"ミープル×6個

箱や塔にもデカデカと顔を出していた"巨人"のコマです。

ゲームの中では、お邪魔虫として猛威を振るい、
なんと王国内の王冠を踏み潰してしまいます…!

キングドミノ-o-e1-16
スタートタイル×1枚
国王駒(茶)×2個
キングドミノ-o-e1-17
立体の城(茶)×1つ

5人目のプレイヤーのための王国一式です。

キングドミノがピンク水色黄色で、
クイーンドミノがオレンジときて、
9色目は何かなと思ったら、茶色になりましたね。

キングドミノ-o-e1-18
得点記録用紙×1冊

新ルールも含めた得点計算ができるシートです。

とはいえ、キングドミノには減点がありませんので…、

キングドミノ-o-e1-00
▲百円ショップにも売っている、
カウンターの使用をオススメします。

キングドミノ-o-e1-19
ドミノ(49~54番)

キングドミノもクイーンドミノも、
ドミノの数字は48番まででしたが、
その続きとなる番号のドミノです。

より数字が大きいということは、
そのぶん、価値も高いということで――

キングドミノ-o-e1-20
▲ひっくり返すと、

まず、巨大な足跡が目に入って、
そして、すべての地形に輝く王冠に驚かされます…!

王冠2つに、
鉱山が2マスも追加…だと…?

キングドミノ-o-e1-21
ドミノ(A~F)

こちらは数字ではなく、
アルファベットが記されたドミノです。

このゲームでは、
アルファベットは数字よりも価値が低いらしく――

キングドミノ-o-e1-22
▲ひっくり返すと、

そこには、傍若無人に振舞う巨人たちが…!

どうやら、アルファベットのドミノは、
巨人を王国に招いてしまうようですね…( ̄▽ ̄;)

キングドミノ-o-e1-23
クエストタイル×17枚

ゲームに追加の得点要素をもたらすタイルです。

1ゲームごとに、
全17枚の中からランダムで2枚を使用します。



★どんな拡張?


今回の拡張では、

★5人プレイ

★"巨人"の登場と追放

★"クエスト"の導入

という、3つの要素が加わりました!

3つというと、
多くもないけど少なくもないかなぁというボリュームですが、

いずれもゲームシステムを根底から変えてしまうことはなく
豚骨ラーメンに煮たまごと紅しょうがを乗っけてみました的な、
お手軽に満腹度と満足度を満たせる内容になっています…!

ではでは、そんな拡張内容を、
さっそく1つずつチェックしていきましょう!



★5人プレイ

キングドミノとクイーンドミノを組み合わせれば、
5~8人まで同時にプレイすることができる


…というのは、
クイーンドミノのルールブックに記されていますが、
それは決して気軽にできるものではありません。

全員がキングドミノとクイーンドミノのルールを理解して、
2つの箱のコンポーネントをズラッとテーブルに並べて、
内容的にも物理的にもゴチャゴチャした中で、
わりと長い時間をかけて、やっとプレイすることができる…。
(しかも個人戦は最大6人まで)

つまり、5人以上でのプレイは、
これまで非常に敷居が高かったんですね。

それが、この拡張によって、
お手軽に5人でのプレイを楽しめるようになりました♪

ここでは、その方法を紹介していきます!

キングドミノ-o-e1-24
▲そもそも、キングドミノは、
▲最大で48枚のドミノを使って遊ぶゲームでしたよね。

1人につき12枚のドミノを使いますので、
2人プレイだと24枚のドミノが、
3人プレイだと36枚のドミノが、
4人プレイだと48枚のドミノが、
それぞれ必要になります。

さて、これが5人プレイともなると、
さらに12枚のドミノが必要となりますが…、

キングドミノ-o-e1-25
▲それこそが、
49~54の数字とA~Fの英字が割り振られている、
▲合計12枚の通称"巨人ドミノ"です!!

この新たな12枚を混ぜることで、
ドミノの総数は48+1260枚となり、

5人でのプレイにも対応できるようになります!

しかも、
ドミノが増えたことによるルールの修正点は、

ドミノの補充の際の並べ方だけ!!

それも、めちゃくちゃ簡単な話で、

アルファベットは数字の上に並べるだけ!

つまり、どういうことかというと…、

キングドミノ-o-e1-26
▲こういうことですね。

ドミノの補充は、
数字の小さい順に上から並べるというのが基本ルールですが、
その数字の上にアルファベットを並べるだけです。

あとは――

キングドミノ-o-e1-27
▲基本ルールに沿ってプレイするだけ…!

ちなみに、5人プレイの際だけでなく、
2~4人でのプレイ時にも巨人ドミノを投入することができます。

その場合は――

【4人以下での巨人ドミノ使用方法】

キングドミノ-o-e1-28
4人プレイの場合は、
▲ルール通りにドミノを補充した後、
上から3番目のドミノを除去して、
▲ドミノの選択に移ります。
(※除去=ゲームから除外する)

キングドミノ-o-e1-29
3人プレイの場合は、
▲ルール通りにドミノを補充した後、
上から2番目4番目のドミノを除去して、
▲ドミノの選択に移ります。

キングドミノ-o-e1-30
2人プレイの場合は、
▲ルール通りにドミノを補充した後、
上から番目のドミノを除去して、
▲ドミノの選択に移ります。
(※4人プレイの場合と同じですね!)




★"巨人"の登場と追放

さて、
5人プレイのために追加された"巨人ドミノ"ですが、
これは、ただの数合わせのドミノというわけではなく、
"巨人"の登場と追放についての効果を持つ、
とても影響力の高いものになっているんです。

アルファベットのドミノは巨人を登場させて
49番以降のドミノは巨人を追放する

この2パターンの巨人ドミノについて、
順番に説明していきましょう!


☆"巨人"の登場

アルファベットのドミノには、

キングドミノ-o-e1-22
▲もれなく巨人のイラストが描かれています。

もし、この巨人のイラストが描かれたドミノを、

キングドミノ-o-e1-31
▲自分の王国に配置したら、

キングドミノ-o-e1-32
▲ストックから"巨人"ミープルを1つ受け取らなければなりません

この"巨人"ミープルを受け取ったら、即座に、

キングドミノ-o-e1-35
▲自分の王国内の王冠1つ選んで

キングドミノ-o-e1-36
▲その上に受け取った"巨人"ミープルを乗せます

こうして"巨人"ミープルに隠されている王冠は、
得点計算から外されてしまう
のです…!

とはいえ、
隠す王冠は自分で選ぶことが出来ますので、

キングドミノ-o-e1-33
▲できるだけ、面積が狭く、王冠の少ない地所や、
▲場所が悪い地所を犠牲にしていきたいですね。

また、
"巨人"ミープル1つにつき、
隠す王冠1つだけ
ですので…、

キングドミノ-o-e1-34
▲1マスに王冠2つある場合、
▲隠す王冠片方だけになります。

もしも、
巨人のイラストが描かれたタイルを配置した時点で、
自分の王国に王冠1つもなかった場合は、
"巨人"ミープルは受け取りません
(無い袖は振れないですからね…)



☆"巨人"の追放

一方で、49~54番のドミノには、

キングドミノ-o-e1-20
▲もれなく足跡のイラストが描かれています。

もし、この足跡のイラストが描かれたドミノを、

キングドミノ-o-e1-37
▲自分の王国に配置したら、

キングドミノ-o-e1-38
▲自分の王国の、"巨人"ミープルを1つ選んで
即座に追放します!!

しかも、追放した"巨人"ミープルは、
ただ自分の王国から去るわけではなく…、

キングドミノ-o-e1-39
他のプレイヤーを1人選んで
そのプレイヤーの王国に送り込むことができるのです!

選ばれてしまったプレイヤーは、
即座に自分の王国の王冠1つ選んで、
送り込まれた"巨人"ミープルで隠さなければなりません…。

なお、足跡ドミノを配置した時点で、
自分の王国に"巨人"ミープル1つもなければ
送り込みの効果は失われてしまいます

もし、名指しの妨害要素を嫌うのであれば、
"巨人の送り込みは必ず左隣のプレイヤーへ"
…とか決めておくのもいいかもしれません♪




★"クエスト"の導入

さて、ここからは話がガラリと変わります。

いったん、巨人のことは忘れてしまってください
(かといって阪神の話が始まるわけではないですが)


キングドミノには、選択ルールとして、
調和」と「中央王国」という2種類の追加点要素がありましたが、

その追加点要素を拡大して、2種類から17種類(!)に増やし、
ゲームごとに17種類の中から2つをランダム使う…というのが、
今から説明する"クエスト"というものになります。

ですので、「調和」も「中央王国」も、
今後はクエストの中に、要素の一つとして組み込まれるわけですね。

"クエスト"の導入により、
戦略が大きく変化し、より得点差が開くこと請け合いです…!

キングドミノ-o-e1-40
17種類のクエストがこちら。

やたら数が多く見えるかもしれませんが、
その内容は6パターンにまとめることができますので、
1パターンずつ、しっかり見ていきたいと思います!



☆「調和」

キングドミノ-o-e1-41
▲ドミノを捨てなければ5点というアイコンの「調和」。

キングドミノではおなじみですね。

ドミノを1枚も捨てず王国を完成させたら追加の5点を得ます

キングドミノ-o-e1-42
▲こんな感じで、穴をあけることなく、
▲全25マスがドミノで埋まった王国を完成させればOK!

★余談ですが…★

星屑が「調和」を狙うときは、

キングドミノ-o-e1-43
スタートタイルの4辺のうち、少なくとも1辺は、
▲配置する場所がないドミノの緊急回避先として、
▲終盤まで開けておくことが多いですね。




☆「中央王国」「失われた一隅」

キングドミノ-o-e1-44
▲指定された位置に城があれば追加点というアイコンの、
▲「中央王国」と「失われた一隅」。

こちらもおなじみの「中央王国」は、

王国のド真ん中に城があれば追加の10点を得ます

キングドミノ-o-e1-45
▲こんな感じで、
▲スタートタイルの十字方向に2マスずつの王国になっていればOK!


一方の「失われた一隅」は、

王国の左下隅に城があれば追加の20点を得ます

キングドミノ-o-e1-48
▲こんな感じで、
▲スタートタイルが王国の左下にあればOK!

ハイリスクハイリターンなクエストですので、
ときには20点を捨てる勇気も必要ですが、
自分以外の全員にクリアされると辛いですな…( ̄▽ ̄;)

★余談ですが…★

星屑が「中央王国」を狙うときは、

キングドミノ-o-e1-46
▲まず、スタートタイルから見て、
▲十字方向のいずれか2方向にドミノを伸ばして、

キングドミノ-o-e1-47
▲それを軸に展開していくことが多いですね。




☆地元経済

キングドミノ-o-e1-49
▲城の周りに指定された地形があれば、
▲1マスにつき5点というアイコンの「地元経済」。

キングドミノ-o-e1-50
▲例えば、このクエストなら、

城の周囲8マスにある平原1マスにつき、追加の5点を得ます

キングドミノ-o-e1-51
▲こんな王国であれば、5点×7マスで、
▲追加点は35点ということになりますね。

さきほどの「調和」の余談と真逆で、
城(=スタートタイル)の周囲から埋まりがちになり、
事故る確率が上がってしまいますが、
うまくいけば最大で40点を叩き出せます…!



☆王国の四隅

キングドミノ-o-e1-52
▲王国の四隅に指定された地形があれば、
▲1マスにつき5点というアイコンの「王国の四隅」。

キングドミノ-o-e1-53
▲例えば、このクエストなら、

王国の四隅にある畑1マスにつき、追加の5点を得ます

キングドミノ-o-e1-54
▲こんな王国であれば、5点×4マスで、
▲追加点は20点ということになりますね。

ちなみに、これと「失われた一隅」の2枚立てになると、
ものすごく損した気分に…( ̄▽ ̄;)



☆誇大妄想

キングドミノ-o-e1-55
▲アイコンだけだと分かりにくい「誇大妄想」ですが、

その内容は、

王冠のあるマスが、
タテ・ヨコ・ナナメに3マス以上、連続して並んでいたら、
1セットにつき追加の10点を得られる
というものです。

キングドミノ-o-e1-56
▲例えば、こんな王国であれば、

キングドミノ-o-e1-57
王冠のあるマスヨコに3マス並んでいるので10点と、

キングドミノ-o-e1-58
王冠のあるマスタテに3マス並んでいるので10点と、

キングドミノ-o-e1-59
王冠のあるマスナナメに3マス並んでいるので10点で、

合計で30点の追加点ということになりますね。



☆不毛の王

キングドミノ-o-e1-60
▲これまたアイコンが分かりにくい「不毛の王」ですが、

その内容は、

5マス以上王冠のない平原があれば、
1セットにつき追加の10点を得る
というものです。

キングドミノ-o-e1-61
▲例えば、こんな王国であれば、

6マスで王冠のないから10点と、
5マスで王冠のない平原から10点で、
追加点は合計20点ということになります。

がんばって王冠を2つ集めた左側の10点と考えると、
王冠なしで10点は破格といえるかもしれませんね…!

ただし、忘れないようにしないといけないのが…、

キングドミノ-o-e1-62
鉱山は対象外ということです。

そもそも鉱山で5マスは狂気の沙汰ですが、
は現実味がありますので、気をつけましょう!



★コメント

キングドミノ-o-e1-83

巨人の時代…なんていう、
ジャイアンツファンが聞いたら「きたかッ!」と短く叫んで、
ガタッと椅子から立ち上がりそうなタイトルの拡張ですが、

結論からいうと、

文句なしで秀逸な拡張です!!!

ポイントは2つ!!

キングドミノの美点である「テンポの良さ」を打ち消さず、
キングドミノの美点である「リプレイ性の高さ」を伸ばした!


もう本当に理想的な拡張ですね…!

こうやって、はしゃぐのにはですね、理由がありまして。

だいぶ前の話になるんですが、
期待していた「クイーンドミノ」がイマイチだったんです。

というのも、
システムが煩雑になってテンポが極端に悪くなり、
新要素の導入でリプレイ性が高くなるかと思いきや、
1ゲームが重くなって、むしろプレイ頻度が下がり、
キングドミノの美点がことごとく失われてしまいまして…。
(そりゃあ、タイトルが違うからそうなのかもだけどさ)

それでガックシきていたところに、
颯爽と巨人の時代が現れたわけですよ!!

そりゃあ、はしゃいじゃうってもんです!

ぶっちゃけ、箱のイラストには、
よく分からん、おっさんたちのイラストには、
そそられる要素が全くありませんでした
が…、

キングドミノ-o-e1-98

プレイしてみて分かったんですよ。

あ、テンポが損なわれてない!!

安易に最下段のドミノを選べなくなったとか、
(次に英字ドミノを取らなきゃかもなので)

あえて巨人を招いてから他の王国に流す、
キャッチ&リリースの流れ作りとか、

プレイ感はちょいちょい変わっているんですが、
テンポが軽いままで楽しめる!


よくぞ、キングドミノに求めていることを見失わずに、
5人までプレイできるようにしてくれた…!


5人って大事ですからね。
ボードゲーム会で、6人は3・3の2卓に割れるけど、
5人は非常に割りにくいですし。
(マス目野球のおかげで割りやすくなったけど)

そして巨人ルールが、これまた面白い。

ここは育たんやろう!と思って巨人を置いたが、
あれよあれよと大きくなってしまって、
あわてて終盤で足跡ドミノを狙うことになっちゃったりとか、
これまでにはなかったドラマを見ることができます!

キングドミノ-o-e1-99
▲64対64で引き分けた、とある大激戦。

もう一方の、クエストはといいますと、
これが意外にも初心者に大好評でした…!

最近の流れとしては、
基本ルール→+調和&中央王国→+クエスト
とう感じでプレイしてもらうことが多いんですが、

いわく、

地元経済があると、」
「色々と迷わなくていいから助かる」

失われた一隅は難しいけど、」
「隅から始めるから5×5マスがイメージしやすい」

不毛の王のおかげで、」
麦畑を広がるのが楽しくなった」

…という感じで、
クエストごとのメリットがバッチリと作用しているようです!

逆に、初心者に巨人は慌しくなってしまうので、
相手が慣れている人でなければ、巨人は外しています。

そして、慣れている人どうしでは、
巨人もクエストも込み込みでプレイして、

不毛の王を狙って、あえて王冠を巨人に隠してもらう…みたいな、
この拡張ならではの状況に直面するのも楽しいですね♪( ̄▽ ̄*)

おかげで、
ただでさえ高いキングドミノのリプレイ性が、
良いカタチで、さらに高くなりました!!!


キングドミノ-o-e1-63 キングドミノ-o-e1-64

最後に、購入のオススメ度合いですが、

これはキングドミノが好きだったら「買い」でしょう!

もう、だいぶ語り尽くした感があるので、
これ以上、言えることもないですが、

まさにオススメの逸品ですよ…!



キングドミノ 関連記事
プレイ記その1(基本ルール)
プレイ記その2(基本ルール)
プレイ記その3(拡張・クエスト)
プレイ記その4(拡張・クエスト)
プレイ記その5(拡張・巨人)

本体開封記事
欧州版開封記事
クイーンドミノ開封記事

ボードゲーム記事一覧





【2018/10/26 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 キングドミノ  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可