FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
★2018年のボードゲームBEST3

2018ランク-0


さて、2018年も当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、日本語版が発売されたボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

3位からランキング形式で発表して参ります!



と、その前に、
しーぷの2018年ナンバーワンは――


★しーぷNo.1「ドロップイット」



しーぷ「やっぱコレだね!」

星屑「おお、ドロップイットか!」

しーぷ落とすだけで楽しいゲームって、すごいと思うの!!」

Dイット-o-34 Dイット-o-35

星屑「このゲームはマジで、」
星屑「プレートを落とすだけで進行していくもんな」

しーぷ「それでいて、」
しーぷ「どのプレートをどの位置から落とすかの戦術要素も、」
しーぷ「落としたプレートのイレギュラーな挙動という運要素もあって、」
しーぷシンプルなのに飽きさせない設計になってるんだよね」

星屑「ゲームが進むにつれて得点が高くなるけん、」
星屑「最後まで勝ち負けが分からんところも良いよね」

しーぷ「器用さが問われるアクション系のゲームは苦手だけど、」
しーぷ「これは珍しく私でも大丈夫なアクション系だった!」


プレイ人数は2~4人で、プレイ時間は30分前後。

つかみバッチリのカラフルで印象的なビジュアルに、
小学校低学年でも難なくプレイできるシンプルなルールで、
落としたプレートの行方には、みんなで一喜一憂できます♪( ̄▽ ̄*)

唯一のネックは値段の高さで、amazon価格が7千円前後…。
(※2018年末現在)

それでも買って全く後悔のなかった「ドロップイット」が、
しーぷの今年のナンバーワン作品となったようです!

開封&紹介記事



さてさて、ここから改めて星屑のBEST3をば!



★2018年3位「トロール&ドラゴン」



星屑ランキングにあっては、
かなり珍しくランクインした"小箱ゲーム"です。

詳しくは開封記事に書いていますが、

ただのバースト系ダイスゲームと思いきや、
突如はじまるリアルタイムのダイスバトルが、
とにかく、めちゃくちゃアツい…!

トロドラ-o-46
トロドラ-o-47

ダイヤを拾うときのじっくり感と、
金塊を拾うときのバタバタ感の、
極端なテンポの差がメリハリを生み出して、
序盤から終盤まで集中力が途切れません!

また、箱のサイズが小さめなので、
バッグに入れての持ち運びも容易。

加えて、準備に時間がかからず、
場所もとらず、プレイ時間も短めと、
とにかくフットワークが軽いゲームなんですね。

価格も2千円台の前半(2018年末現在)と、
内容に対しての割安感があって嬉しかったです!

2018ランク-3

決してゲーム会のメインに据えるような作品ではありませんが、
非常に優秀な"スーパーサブ"ということでの3位。

来年以降も、
卓を温めるために、あるいは卓をつなぐために、
トロール&ドラゴン」は星屑の必携とさせてもらいます♪( ̄▽ ̄*)

開封&紹介記事



★2018年2位「ノームの村」



しーぷNo.1の「ドロップイット」と同じく、
"とあるアクション"だけで進行していくゲームです。

その"とあるアクション"というのが、
ノームに見立てたコマをカップから振り出すというもの!

ノームの村-o-16

ノームの村-o-18
ノームの村-o-20

振り出したコマの数でアクションが自動決定するため、
そこに選択肢はなく、つまり戦略がなく、
ほとんど頭を使わないでプレイすることになります…!

また、カップを振る技術が高まっても、
狙い通りの数をピタリと振り出すのは難しく、
経験者が圧倒的に優位となりにくいのも特徴です。

要するに、
建前ぬきで誰にでも勝つチャンスがあるゲームなんですね!

それでも達人の域になると、
ピタリと「10人」を連発して、
酒場に入り浸っての荒稼ぎ…とかいう、
マジメに店で働いていられない展開(笑)になりますが、
それはそれ、めったに見られない世界のお話で…( ̄▽ ̄ )

2018ランク-2

頭を空っぽにして、えいやっとカップを振って、
出てきたノームの数でワイワイ盛り上がれる、
良質なアクションゲーム「ノームの村」が、
星屑の2位となりました!!

開封&紹介記事



★2018年1位「スプリングメドウ」



ダークホースです!

まったくノーマークだったタイトルが、まさかの1位。
星屑、自分でも驚きの結果となりました…!

というのが、この「スプリングメドウ」、
そもそも購入する予定すらなかったんです。

それというのも、ウヴェさんのパズル3部作の、
1作目「コテージガーデン」が"もう一歩"で、
2作目「インディアンサマー」が"ピンとこない"で、
3作目には、もはや期待がもてず…( ̄▽ ̄;)

ぶっちゃけ完全にスルーしていたところで、
ウヴェさん作品をこよなく愛するボドゲ仲間のヤマシタさんに、
よかったら…とプレイさせてもらった結果――

ああ、これだよ!
これこそ俺が欲しかったパズルゲームだ!!


…てな感じで、
パズルゲームとしてもタイルゲームとしても、
一気に私星屑の中で歴代上位に食い込みました!

春の草原-o-99

まずテーマが、
雪の山道を、春の緑に塗り替えてハイキングしようという、
なんともハートウォーミングな話。

そして、その通り、
白いゲームボード緑のタイルで埋めていくという、
非常に分かりやすいゲーム内容。

ゲームの軸がカッチリとしています

さらに、終盤の巻き返しが容易なシステムによって、
追いつかなきゃとか急がなきゃとか、焦るが必要なく、
どっしりと自分のプレイングに徹していればよくて、
ストレスを感じずにプレイすることができるんです!

つまりは、
とにかく自分のやりたいことをやって、その上で得点を競える…!

この人の進み具合がどうだから…
あの人の得点がどれくらいだから…


そんなことを、気にしなくていい。

自分がやりたいようにやって、
ただただ、その結果をぶつけてやればいい!


――という意識で、
繰り返し繰り返しプレイしていたんですが、
その結果、同点での距離決着が何度もあり、
あるいは109対108対107みたいな僅差も多々ありで…!

2018ランク-1

ゲーム中は自分のパズルに集中して、
ゲーム後に俺のパズルはどげんやったとかいな?と。

それが、1点差で勝っていたり、負けていたり。

かなりシビれます!!
そして、また繰り返してプレイしたくなる…!


春の草原-o-03

3部作で尻すぼみしていくことなく、
ちゃんと3作目が集大成という鮮やかな結論。

2位も3位もアクション系という中にあって、
堂々の1位は、やはり星屑らしくタイル系の、
スプリングメドウ」になりました♪( ̄▽ ̄*)

ちなみに、定価は約6千円ですが、
実勢価格は4千円強くらいになっていて、
(つまりは在庫過多ということで複雑な心境ですが)
金額的にもオススメできる作品になっています…!

開封&紹介記事



…と、こんなところで今年の、

ブログ「大分県宇佐市でボードゲーム!

を〆させていただきましょう。


2019年もステキなボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!







記事を閉じる▲


さて、2018年も当ブログ最後の更新は、
管理人星屑の「今年のボードゲームBEST3」です。

今年、日本語版が発売されたボードゲームの中で、
来年以降も星屑必携となりそうなタイトルは…?

3位からランキング形式で発表して参ります!



と、その前に、
しーぷの2018年ナンバーワンは――


★しーぷNo.1「ドロップイット」



しーぷ「やっぱコレだね!」

星屑「おお、ドロップイットか!」

しーぷ落とすだけで楽しいゲームって、すごいと思うの!!」

Dイット-o-34 Dイット-o-35

星屑「このゲームはマジで、」
星屑「プレートを落とすだけで進行していくもんな」

しーぷ「それでいて、」
しーぷ「どのプレートをどの位置から落とすかの戦術要素も、」
しーぷ「落としたプレートのイレギュラーな挙動という運要素もあって、」
しーぷシンプルなのに飽きさせない設計になってるんだよね」

星屑「ゲームが進むにつれて得点が高くなるけん、」
星屑「最後まで勝ち負けが分からんところも良いよね」

しーぷ「器用さが問われるアクション系のゲームは苦手だけど、」
しーぷ「これは珍しく私でも大丈夫なアクション系だった!」


プレイ人数は2~4人で、プレイ時間は30分前後。

つかみバッチリのカラフルで印象的なビジュアルに、
小学校低学年でも難なくプレイできるシンプルなルールで、
落としたプレートの行方には、みんなで一喜一憂できます♪( ̄▽ ̄*)

唯一のネックは値段の高さで、amazon価格が7千円前後…。
(※2018年末現在)

それでも買って全く後悔のなかった「ドロップイット」が、
しーぷの今年のナンバーワン作品となったようです!

開封&紹介記事



さてさて、ここから改めて星屑のBEST3をば!



★2018年3位「トロール&ドラゴン」



星屑ランキングにあっては、
かなり珍しくランクインした"小箱ゲーム"です。

詳しくは開封記事に書いていますが、

ただのバースト系ダイスゲームと思いきや、
突如はじまるリアルタイムのダイスバトルが、
とにかく、めちゃくちゃアツい…!

トロドラ-o-46
トロドラ-o-47

ダイヤを拾うときのじっくり感と、
金塊を拾うときのバタバタ感の、
極端なテンポの差がメリハリを生み出して、
序盤から終盤まで集中力が途切れません!

また、箱のサイズが小さめなので、
バッグに入れての持ち運びも容易。

加えて、準備に時間がかからず、
場所もとらず、プレイ時間も短めと、
とにかくフットワークが軽いゲームなんですね。

価格も2千円台の前半(2018年末現在)と、
内容に対しての割安感があって嬉しかったです!

2018ランク-3

決してゲーム会のメインに据えるような作品ではありませんが、
非常に優秀な"スーパーサブ"ということでの3位。

来年以降も、
卓を温めるために、あるいは卓をつなぐために、
トロール&ドラゴン」は星屑の必携とさせてもらいます♪( ̄▽ ̄*)

開封&紹介記事



★2018年2位「ノームの村」



しーぷNo.1の「ドロップイット」と同じく、
"とあるアクション"だけで進行していくゲームです。

その"とあるアクション"というのが、
ノームに見立てたコマをカップから振り出すというもの!

ノームの村-o-16

ノームの村-o-18
ノームの村-o-20

振り出したコマの数でアクションが自動決定するため、
そこに選択肢はなく、つまり戦略がなく、
ほとんど頭を使わないでプレイすることになります…!

また、カップを振る技術が高まっても、
狙い通りの数をピタリと振り出すのは難しく、
経験者が圧倒的に優位となりにくいのも特徴です。

要するに、
建前ぬきで誰にでも勝つチャンスがあるゲームなんですね!

それでも達人の域になると、
ピタリと「10人」を連発して、
酒場に入り浸っての荒稼ぎ…とかいう、
マジメに店で働いていられない展開(笑)になりますが、
それはそれ、めったに見られない世界のお話で…( ̄▽ ̄ )

2018ランク-2

頭を空っぽにして、えいやっとカップを振って、
出てきたノームの数でワイワイ盛り上がれる、
良質なアクションゲーム「ノームの村」が、
星屑の2位となりました!!

開封&紹介記事



★2018年1位「スプリングメドウ」



ダークホースです!

まったくノーマークだったタイトルが、まさかの1位。
星屑、自分でも驚きの結果となりました…!

というのが、この「スプリングメドウ」、
そもそも購入する予定すらなかったんです。

それというのも、ウヴェさんのパズル3部作の、
1作目「コテージガーデン」が"もう一歩"で、
2作目「インディアンサマー」が"ピンとこない"で、
3作目には、もはや期待がもてず…( ̄▽ ̄;)

ぶっちゃけ完全にスルーしていたところで、
ウヴェさん作品をこよなく愛するボドゲ仲間のヤマシタさんに、
よかったら…とプレイさせてもらった結果――

ああ、これだよ!
これこそ俺が欲しかったパズルゲームだ!!


…てな感じで、
パズルゲームとしてもタイルゲームとしても、
一気に私星屑の中で歴代上位に食い込みました!

春の草原-o-99

まずテーマが、
雪の山道を、春の緑に塗り替えてハイキングしようという、
なんともハートウォーミングな話。

そして、その通り、
白いゲームボード緑のタイルで埋めていくという、
非常に分かりやすいゲーム内容。

ゲームの軸がカッチリとしています

さらに、終盤の巻き返しが容易なシステムによって、
追いつかなきゃとか急がなきゃとか、焦るが必要なく、
どっしりと自分のプレイングに徹していればよくて、
ストレスを感じずにプレイすることができるんです!

つまりは、
とにかく自分のやりたいことをやって、その上で得点を競える…!

この人の進み具合がどうだから…
あの人の得点がどれくらいだから…


そんなことを、気にしなくていい。

自分がやりたいようにやって、
ただただ、その結果をぶつけてやればいい!


――という意識で、
繰り返し繰り返しプレイしていたんですが、
その結果、同点での距離決着が何度もあり、
あるいは109対108対107みたいな僅差も多々ありで…!

2018ランク-1

ゲーム中は自分のパズルに集中して、
ゲーム後に俺のパズルはどげんやったとかいな?と。

それが、1点差で勝っていたり、負けていたり。

かなりシビれます!!
そして、また繰り返してプレイしたくなる…!


春の草原-o-03

3部作で尻すぼみしていくことなく、
ちゃんと3作目が集大成という鮮やかな結論。

2位も3位もアクション系という中にあって、
堂々の1位は、やはり星屑らしくタイル系の、
スプリングメドウ」になりました♪( ̄▽ ̄*)

ちなみに、定価は約6千円ですが、
実勢価格は4千円強くらいになっていて、
(つまりは在庫過多ということで複雑な心境ですが)
金額的にもオススメできる作品になっています…!

開封&紹介記事



…と、こんなところで今年の、

ブログ「大分県宇佐市でボードゲーム!

を〆させていただきましょう。


2019年もステキなボードゲームと出会えますように!

それではボードゲーマーの皆さん、よいお年を…!






【2018/12/31 00:01】 | その他 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可