FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「スカラビア」




★開封

スカラビア-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

スカラビア-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

まったく異なる4つの地域の探検家たちが、
みんな一様に"スカラベ"へと手を伸ばしているイラストです!

スカラビア-o-03
▲箱のウラ面

写真を見ると、タイル配置型ゲームであることがわかります。

右側には"ソロプレイ可能"という文字もありますね!

スカラビア-o-04
スペック

プレイ人数1~4人で、
プレイ時間15~20分
対象年齢8歳~です。

通常ルール」の他に、
1対1ルール」と、
1人用ルール」があります。

通常ルールを2人以下でプレイすることもできますが、
通常ルールの1人プレイは、いわゆる"スコアアタック"です。



★箱をオープン!

スカラビア-o-05
▲一発目は注意書き

スカラビア-o-06
▲ここにルルブがあって、

スカラビア-o-07
▲その下にタイル台紙

スカラビア-o-08
▲底部にカード類コマ類があって、
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

スカラビア-o-09
▲それでは、8枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

スカラビア-o-10
▲はい、完了…!

スカラビア-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■□□楽

ぬきやすさ
:難□■□□□易

さて、ここで注意しないといけないのが――

スカラビア-o-12
これです!!

タイルを抜いた後の「」部分を、
間違えて捨ててしまわないようにしないといけません!

スカラビア-o-13
▲なお、残すのは左側のような4枚ので、
右側のような台紙は捨ててしまいましょう。



★内容物

スカラビア-o-14
ルール説明書(日本語・両面)

たった1枚だけのルルブです。

基本ルールの他に、2つのバリエーション・ルールが記されています。


スカラビア-o-61
発掘現場枠×4色・各1枚

その名の通り、"発掘現場"の枠となるボードです。

全部で4色あって、各プレイヤーが1枚ずつ使います。

スカラビア-o-16
遺跡ボード×4色・各4枚

発掘現場枠に4枚1組ではめ込むボードです。

ボードの中には、空白のマスの他に、
"スカラベ"が描かれたマスと、""が空いているマスがあります。

スカラビア-o-17
岩石コマ×4色・各8個

遺跡内の岩石を表すコマです。

遺跡ボードの""に配置します。

スカラビア-o-18
発掘現場枠遺跡ボード岩石コマを合体させると、
▲このような"発掘現場"が完成…!

発掘現場は、遺跡ボードの向きや位置を入れ替えることによって、
いくつかのパターンに変化させることができます!

おかげでリプレイ性が高いというわけですね♪( ̄▽ ̄*)


スカラビア-o-20
スカラベトークン×72個

」~「」の点数が記されているトークンです。

遺跡内の"スカラベ"の得点が確定した際に、
その点数のトークンを、スカラベに重ねて置きます。

スカラビア-o-23
キャンプタイル×4色・各12枚

発掘現場に配置していくタイルです。

配置することで遺跡の発掘を進めて、
"スカラベ"からの得点を狙います。

スカラビア-o-22
指示カード×12枚

12枚のキャンプタイルに対応した、12枚のカードです。
(※1つ前の画像と見比べてみてください!)

1ラウンドにつき1枚めくって、全12ラウンドでゲーム終了。

各ラウンド、
めくられた指示カードに示された形状のキャンプタイルを、
全プレイヤーが自身の建設現場に配置することになります。



★どんなゲーム?

スカラビア」は、
遺跡から"スカラベ"の遺物を発掘することを目的とした、
パズル系タイル配置型ゲームです!

そもそも"スカラベ"とは、

古代エジプト語でフンコロガシのことである。

(注意書きより)


…とのことで、
フンコロガシというとなんだかアレですが、

古代エジプト人はフンを太陽に見立てることで、
スカラベが太陽の運行を司ると考えた。


(注意書きより)


…という感じでありがたいもののようですね。

星屑がプレイしている某人気ソシャゲにも、

スカラビア-o-57
▲こんなカタチで登場して、

スカラビア-o-58
▲"再生と復活の象徴たる聖なる虫"と説明されています。

人々はこのスカラベを生み出した文明をこう呼んだ
――スカラビアと。


(ルール説明書より)




☆ゲームの目的(=得点方法)

前述の通り、このゲームの目的は、
遺跡からスカラベの遺物を発掘することです。

スカラベの遺物は、

スカラビア-o-24
▲このように発掘現場に点在していて、これを――

スカラビア-o-62
キャンプタイルや、

スカラビア-o-63
岩石コマや、

スカラビア-o-64
外枠で囲んで、

スカラビア-o-65
4マス以下のスペースの中に閉じ込めると、
マス数に応じた得点になります。

すなわち…、

スカラビア-o-66
3マスの中に閉じ込めたスカラベは1つ3点で、

スカラビア-o-67
4マスの中に閉じ込めたスカラベは1つ4点というわけです!



☆ラウンドの流れ

ゲームは全12ラウンドで、
1ラウンドごとに…、

スカラビア-o-25
指示カードの山から、

スカラビア-o-26
1枚めくって公開します。

こうして示された形状のキャンプタイルを…、

スカラビア-o-27
▲各プレイヤーは、
▲自分の発掘現場に配置するわけです。

スカラビア-o-30
全員が同時に同じ形状のキャンプタイルを、
思い思いの場所に配置するというのが面白みですね♪( ̄▽ ̄*)
(※ついでに発掘現場も全員共通の盤面)

スカラビア-o-28
▲なお、第1ラウンド最初の1タイル目は、
中央4マスのうち1マス以上を覆うよう配置しなければなりません

スカラビア-o-29
▲ものは試しで、この位置にT字のキャンプタイルを配置してみましょう。

ちゃんと中央4マスのうちの2マスを覆っていて、
しかもスカラベを覆わない配置になっています♪
(※スカラベ得点源なので無闇に潰したくない…)

もっとも、他のプレイヤーたちは、

スカラビア-o-68
▲こんな配置だったり、

スカラビア-o-69
▲こんな配置だったりするかもしれませんが…!

指示カードをめくって
全員が同じキャンプタイルを配置したら、
さくっと次のラウンドへと進みましょう!



☆スカラベによる得点

第2ラウンド以降も同様に、

スカラビア-o-31
▲まず指示カード1枚めくってから、
その形状のキャンプタイルを配置します。

第1ラウンドの配置は、
中央4マスに絡むようにというルールがありましたが…、

スカラビア-o-33
第2ラウンド以降は、
すでに配置したキャンプタイルに「辺」で隣接すれば、
どこに配置してもOKです。

ただし、
他のキャンプタイルや岩石コマに重ねることはできず、
外枠にはみ出すこともできません。


スカラビア-o-32
▲というわけで、この位置に配置してみましょう。

さて、ここで!!

スカラビア-o-34
▲3つのスカラベが、
キャンプタイル()と岩石コマによって、
完全に閉じ込められました!

このような状態になったら、
即座にスカラベトークンを置きます。

スカラビア-o-35
▲今回は、3マスのスペースに閉じ込めましたので、
スカラベ1つにつき3得点となりました…!



☆スカラベの取捨選択

ゲームは第3ラウンドに突入します。

スカラビア-o-36
▲このラウンドは、この形状。

スカラビア-o-37
▲配置済みのキャンプタイルに隣接させて、
▲この位置に配置しました。

そして、続く第4ラウンドは、

スカラビア-o-38
▲L字のキャンプタイル。

スカラビア-o-54
▲さて、ここはスカラベを1つ覆うことになりますが…、

スカラビア-o-40
▲このように配置すれば、

スカラビア-o-72
4マスのスペースをつくることができて、
▲2つのスカラベが、それぞれ4得点となります!!

どのスカラベ犠牲にして、どのスカラベ得点するか…?

スカラベの取捨選択は、このゲームの醍醐味の一つです!



☆ままならない指示カード

ゲームも終盤になってくると…、

スカラビア-o-42
▲残りのキャンプタイルが明確になって、

スカラビア-o-43
▲このタイルをこっちに、あのタイルをあっちに…と、
頭の中でイメージが湧いてくることもあるでしょう。

しかしながら、キャンプタイルの配置順は、
あくまで指示カードの気まぐれ次第です…!

スカラビア-o-44
▲お目当ての指示カードがめくれないと、

スカラビア-o-45
▲少しずつイメージとのズレが生じ始めて…、

スカラビア-o-46
▲そのズレが更なるズレを呼び、

スカラビア-o-47
▲しまいにはイメージとは何だったのか?状態に…( ̄▽ ̄;)

スカラビア-o-48
▲それでも、
指示カードのいうことは絶対ですので、

スカラビア-o-49
与えられたキャンプタイルでもって、
▲めげずに最善手を考えてみましょう!!

スカラビア-o-50
▲たとえ、その結果が41点で、

スカラビア-o-51
▲イメージの中の49点との間に差があったとしても…( ̄▽ ̄;)
(※どこにも配置できないキャンプタイルはゲームから除外)

指示カードの出す無理難題を、
ひらめきと詰め将棋で乗り越えていく
ことも、
また「スカラビア」の醍醐味の一つなのです!


ゲームは、全12ラウンドを終えると終了し、
いちばん合計点の高いプレイヤーが勝者になります。



★コメント

タイル配置型ゲームと聞けば飛びつき、
それがパズル系ともなれば噛りついてしまう、
私こと星屑ですが、やはり今回も同じパターンでした。

パズル系のタイル配置型ゲーム?
だったら凸るしかないだろう、と…!

それでポチッてフタを開けてルルブを読んでみて、

これは「スプリングメドウ」のように、
タイルでボードを埋めていくゲームで、

そして「テイクイットイージー」のように、
全員が同じタイルを同じ順番で配置していくゲームだと、

やっとこさ理解したわけです。

  
スプリングメドウテイクイットイージー(amazonリンク)


ルールが解ったところで、
さっそく実際にプレイしてみると――

スカラビア-o-56

マスを"埋める"だけでなく"残す"という、
なんだかいつもと違うパターンに戸惑いましたが、

スカラビア-o-70
▲先を見越して盤面を整えて、

スカラビア-o-71
▲狙い通りのタイルが出たときには、

星屑、思わず小さくガッツポーズをしちゃったほどでした♪( ̄▽ ̄*)


一方で、
ただでさえ盤面が狭まっていくという息苦しさの中、

スカラビア-o-39
▲ところどころスカラベを潰さなければならないのは、

取捨選択の醍醐味が確かにある反面、
圧迫感のようなものも漂ってしまっているように思います…( ̄▽ ̄;)

加えて、これはコンポーネントの話ですが、

スカラビア-o-52
▲プレイするたびににはめ込む遺跡ボードカツカツで…、

スカラビア-o-53
▲何度もやっているとボードが傷みそうな感じになっていて、

こちらもストレスになりうるのが残念でした。

1つのボードで向かい合って対戦する「1対1ルール」や、
逆にスカラベの根絶を目指す「1人用ルール」など、
幅広いルールを用意してくれているのは親切ですが…、

トータルの完成度は正直あと2,3歩といった感想です。

スカラビア-o-55

最後に、購入のオススメ度合いですが、

ソロプレイに対応しつつ、2人プレイにも適していて、
プレイ人数の幅が広いという美点があるものの、
同系統なら「スプリングメドウ」や「クマ牧場」の方がオススメ。

同じ工程が十人十色(四人四色?)の結果にバラけるという点では、
パズル系タイル配置型ゲームのバリエーションを広げる際の、
選択肢にはなりうるかと思います。



スカラビア 関連記事


ボードゲーム記事一覧





記事を閉じる▲


★箱の外観

スカラビア-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

まったく異なる4つの地域の探検家たちが、
みんな一様に"スカラベ"へと手を伸ばしているイラストです!

スカラビア-o-03
▲箱のウラ面

写真を見ると、タイル配置型ゲームであることがわかります。

右側には"ソロプレイ可能"という文字もありますね!

スカラビア-o-04
スペック

プレイ人数1~4人で、
プレイ時間15~20分
対象年齢8歳~です。

通常ルール」の他に、
1対1ルール」と、
1人用ルール」があります。

通常ルールを2人以下でプレイすることもできますが、
通常ルールの1人プレイは、いわゆる"スコアアタック"です。



★箱をオープン!

スカラビア-o-05
▲一発目は注意書き

スカラビア-o-06
▲ここにルルブがあって、

スカラビア-o-07
▲その下にタイル台紙

スカラビア-o-08
▲底部にカード類コマ類があって、
▲内容物は以上でした!



★タイル抜き!

スカラビア-o-09
▲それでは、8枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

スカラビア-o-10
▲はい、完了…!

スカラビア-o-11
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□□■□□楽

ぬきやすさ
:難□■□□□易

さて、ここで注意しないといけないのが――

スカラビア-o-12
これです!!

タイルを抜いた後の「」部分を、
間違えて捨ててしまわないようにしないといけません!

スカラビア-o-13
▲なお、残すのは左側のような4枚ので、
右側のような台紙は捨ててしまいましょう。



★内容物

スカラビア-o-14
ルール説明書(日本語・両面)

たった1枚だけのルルブです。

基本ルールの他に、2つのバリエーション・ルールが記されています。


スカラビア-o-61
発掘現場枠×4色・各1枚

その名の通り、"発掘現場"の枠となるボードです。

全部で4色あって、各プレイヤーが1枚ずつ使います。

スカラビア-o-16
遺跡ボード×4色・各4枚

発掘現場枠に4枚1組ではめ込むボードです。

ボードの中には、空白のマスの他に、
"スカラベ"が描かれたマスと、""が空いているマスがあります。

スカラビア-o-17
岩石コマ×4色・各8個

遺跡内の岩石を表すコマです。

遺跡ボードの""に配置します。

スカラビア-o-18
発掘現場枠遺跡ボード岩石コマを合体させると、
▲このような"発掘現場"が完成…!

発掘現場は、遺跡ボードの向きや位置を入れ替えることによって、
いくつかのパターンに変化させることができます!

おかげでリプレイ性が高いというわけですね♪( ̄▽ ̄*)


スカラビア-o-20
スカラベトークン×72個

」~「」の点数が記されているトークンです。

遺跡内の"スカラベ"の得点が確定した際に、
その点数のトークンを、スカラベに重ねて置きます。

スカラビア-o-23
キャンプタイル×4色・各12枚

発掘現場に配置していくタイルです。

配置することで遺跡の発掘を進めて、
"スカラベ"からの得点を狙います。

スカラビア-o-22
指示カード×12枚

12枚のキャンプタイルに対応した、12枚のカードです。
(※1つ前の画像と見比べてみてください!)

1ラウンドにつき1枚めくって、全12ラウンドでゲーム終了。

各ラウンド、
めくられた指示カードに示された形状のキャンプタイルを、
全プレイヤーが自身の建設現場に配置することになります。



★どんなゲーム?

スカラビア」は、
遺跡から"スカラベ"の遺物を発掘することを目的とした、
パズル系タイル配置型ゲームです!

そもそも"スカラベ"とは、

古代エジプト語でフンコロガシのことである。

(注意書きより)


…とのことで、
フンコロガシというとなんだかアレですが、

古代エジプト人はフンを太陽に見立てることで、
スカラベが太陽の運行を司ると考えた。


(注意書きより)


…という感じでありがたいもののようですね。

星屑がプレイしている某人気ソシャゲにも、

スカラビア-o-57
▲こんなカタチで登場して、

スカラビア-o-58
▲"再生と復活の象徴たる聖なる虫"と説明されています。

人々はこのスカラベを生み出した文明をこう呼んだ
――スカラビアと。


(ルール説明書より)




☆ゲームの目的(=得点方法)

前述の通り、このゲームの目的は、
遺跡からスカラベの遺物を発掘することです。

スカラベの遺物は、

スカラビア-o-24
▲このように発掘現場に点在していて、これを――

スカラビア-o-62
キャンプタイルや、

スカラビア-o-63
岩石コマや、

スカラビア-o-64
外枠で囲んで、

スカラビア-o-65
4マス以下のスペースの中に閉じ込めると、
マス数に応じた得点になります。

すなわち…、

スカラビア-o-66
3マスの中に閉じ込めたスカラベは1つ3点で、

スカラビア-o-67
4マスの中に閉じ込めたスカラベは1つ4点というわけです!



☆ラウンドの流れ

ゲームは全12ラウンドで、
1ラウンドごとに…、

スカラビア-o-25
指示カードの山から、

スカラビア-o-26
1枚めくって公開します。

こうして示された形状のキャンプタイルを…、

スカラビア-o-27
▲各プレイヤーは、
▲自分の発掘現場に配置するわけです。

スカラビア-o-30
全員が同時に同じ形状のキャンプタイルを、
思い思いの場所に配置するというのが面白みですね♪( ̄▽ ̄*)
(※ついでに発掘現場も全員共通の盤面)

スカラビア-o-28
▲なお、第1ラウンド最初の1タイル目は、
中央4マスのうち1マス以上を覆うよう配置しなければなりません

スカラビア-o-29
▲ものは試しで、この位置にT字のキャンプタイルを配置してみましょう。

ちゃんと中央4マスのうちの2マスを覆っていて、
しかもスカラベを覆わない配置になっています♪
(※スカラベ得点源なので無闇に潰したくない…)

もっとも、他のプレイヤーたちは、

スカラビア-o-68
▲こんな配置だったり、

スカラビア-o-69
▲こんな配置だったりするかもしれませんが…!

指示カードをめくって
全員が同じキャンプタイルを配置したら、
さくっと次のラウンドへと進みましょう!



☆スカラベによる得点

第2ラウンド以降も同様に、

スカラビア-o-31
▲まず指示カード1枚めくってから、
その形状のキャンプタイルを配置します。

第1ラウンドの配置は、
中央4マスに絡むようにというルールがありましたが…、

スカラビア-o-33
第2ラウンド以降は、
すでに配置したキャンプタイルに「辺」で隣接すれば、
どこに配置してもOKです。

ただし、
他のキャンプタイルや岩石コマに重ねることはできず、
外枠にはみ出すこともできません。


スカラビア-o-32
▲というわけで、この位置に配置してみましょう。

さて、ここで!!

スカラビア-o-34
▲3つのスカラベが、
キャンプタイル()と岩石コマによって、
完全に閉じ込められました!

このような状態になったら、
即座にスカラベトークンを置きます。

スカラビア-o-35
▲今回は、3マスのスペースに閉じ込めましたので、
スカラベ1つにつき3得点となりました…!



☆スカラベの取捨選択

ゲームは第3ラウンドに突入します。

スカラビア-o-36
▲このラウンドは、この形状。

スカラビア-o-37
▲配置済みのキャンプタイルに隣接させて、
▲この位置に配置しました。

そして、続く第4ラウンドは、

スカラビア-o-38
▲L字のキャンプタイル。

スカラビア-o-54
▲さて、ここはスカラベを1つ覆うことになりますが…、

スカラビア-o-40
▲このように配置すれば、

スカラビア-o-72
4マスのスペースをつくることができて、
▲2つのスカラベが、それぞれ4得点となります!!

どのスカラベ犠牲にして、どのスカラベ得点するか…?

スカラベの取捨選択は、このゲームの醍醐味の一つです!



☆ままならない指示カード

ゲームも終盤になってくると…、

スカラビア-o-42
▲残りのキャンプタイルが明確になって、

スカラビア-o-43
▲このタイルをこっちに、あのタイルをあっちに…と、
頭の中でイメージが湧いてくることもあるでしょう。

しかしながら、キャンプタイルの配置順は、
あくまで指示カードの気まぐれ次第です…!

スカラビア-o-44
▲お目当ての指示カードがめくれないと、

スカラビア-o-45
▲少しずつイメージとのズレが生じ始めて…、

スカラビア-o-46
▲そのズレが更なるズレを呼び、

スカラビア-o-47
▲しまいにはイメージとは何だったのか?状態に…( ̄▽ ̄;)

スカラビア-o-48
▲それでも、
指示カードのいうことは絶対ですので、

スカラビア-o-49
与えられたキャンプタイルでもって、
▲めげずに最善手を考えてみましょう!!

スカラビア-o-50
▲たとえ、その結果が41点で、

スカラビア-o-51
▲イメージの中の49点との間に差があったとしても…( ̄▽ ̄;)
(※どこにも配置できないキャンプタイルはゲームから除外)

指示カードの出す無理難題を、
ひらめきと詰め将棋で乗り越えていく
ことも、
また「スカラビア」の醍醐味の一つなのです!


ゲームは、全12ラウンドを終えると終了し、
いちばん合計点の高いプレイヤーが勝者になります。



★コメント

タイル配置型ゲームと聞けば飛びつき、
それがパズル系ともなれば噛りついてしまう、
私こと星屑ですが、やはり今回も同じパターンでした。

パズル系のタイル配置型ゲーム?
だったら凸るしかないだろう、と…!

それでポチッてフタを開けてルルブを読んでみて、

これは「スプリングメドウ」のように、
タイルでボードを埋めていくゲームで、

そして「テイクイットイージー」のように、
全員が同じタイルを同じ順番で配置していくゲームだと、

やっとこさ理解したわけです。

  
スプリングメドウテイクイットイージー(amazonリンク)


ルールが解ったところで、
さっそく実際にプレイしてみると――

スカラビア-o-56

マスを"埋める"だけでなく"残す"という、
なんだかいつもと違うパターンに戸惑いましたが、

スカラビア-o-70
▲先を見越して盤面を整えて、

スカラビア-o-71
▲狙い通りのタイルが出たときには、

星屑、思わず小さくガッツポーズをしちゃったほどでした♪( ̄▽ ̄*)


一方で、
ただでさえ盤面が狭まっていくという息苦しさの中、

スカラビア-o-39
▲ところどころスカラベを潰さなければならないのは、

取捨選択の醍醐味が確かにある反面、
圧迫感のようなものも漂ってしまっているように思います…( ̄▽ ̄;)

加えて、これはコンポーネントの話ですが、

スカラビア-o-52
▲プレイするたびににはめ込む遺跡ボードカツカツで…、

スカラビア-o-53
▲何度もやっているとボードが傷みそうな感じになっていて、

こちらもストレスになりうるのが残念でした。

1つのボードで向かい合って対戦する「1対1ルール」や、
逆にスカラベの根絶を目指す「1人用ルール」など、
幅広いルールを用意してくれているのは親切ですが…、

トータルの完成度は正直あと2,3歩といった感想です。

スカラビア-o-55

最後に、購入のオススメ度合いですが、

ソロプレイに対応しつつ、2人プレイにも適していて、
プレイ人数の幅が広いという美点があるものの、
同系統なら「スプリングメドウ」や「クマ牧場」の方がオススメ。

同じ工程が十人十色(四人四色?)の結果にバラけるという点では、
パズル系タイル配置型ゲームのバリエーションを広げる際の、
選択肢にはなりうるかと思います。



スカラビア 関連記事


ボードゲーム記事一覧




【2019/02/16 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 スカラビア  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可