FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「トロールフィヨルド」




★開封

トロルド-o-01
▲今回は駿河屋さんでポチりました!


★箱の外観

トロルド-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

トロールがハンマーを振るっているイラストです。
その背後にはフィヨルドらしき地形が見てとれます。

トロルド-o-03
▲箱のウラ面

ハンマーでタワーのようなものを叩いている画像が載っていますね。
それだけでバカゲー臭がプンプンと漂ってくるかのようです…!

トロルド-o-04
スペック

プレイ人数2~4人で、
プレイ時間60分
対象年齢10歳~となっています。

プレイ人数によるルールの変更などはありませんが、
三角関係の発生しない2人プレイは、やや淡白かもです。



★箱をオープン!

トロルド-o-05
▲一発目はルルブ

トロルド-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

トロルド-o-07
ゲームボード白い包み

トロルド-o-08
▲底部にコマ類ハンマーで、内容物は以上でした!

トロルド-o-09
▲さらに、白い包みも開けてみると…、

トロルド-o-10
▲中から立派なタワーのお出ましです…!



★タイル抜き!

トロルド-o-11
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

トロルド-o-12
▲はい、完了…!

トロルド-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

トロルド-o-14
ルールブック(3ヵ国語・全36ページ)

ドイツ語英語フランス語のルルブです。

見た目に反して濃い内容で、
一言語あたり12ページにギッシリの記述と写真があります…!

トロルド-o-15
ゲームボード×1枚

6種類の地形が、それぞれ2エリアずつあるボードです。

その地形の境目には、砦を建てる6ヵ所のスペースがあります。

トロルド-o-16
木の通路×10本

ゲームボードをぐるりと囲むように配置して、
プレイヤーたちのコマが進むことになる通路です。

木の通路の配置はランダムですので、
ゲームごとに異なる盤面を楽しむことができます!

トロルド-o-17
スタート通路×1本

プレイヤーたちのコマの初期位置となる通路です。

ウラ面はハンマー振りカウンターになっています。

トロルド-o-18
スライダー(onハンマー振りカウンター)

ハンマーを振るった回数を数えるための覗き穴です。

スタート通路のウラ面と一緒に使います。

トロルド-o-19
岩の砦×6セット

」「」「」の番号が各2つずつ、合計6つある砦です。

砦の番号の位置は、ゲームごとにランダムで決めることができます。

トロルド-o-20
ロックタワートロールハンマー

岩の砦をリアルにした「ロックタワー」と、
それに打撃を与えるための「トロールハンマー」です。

打撃を受けたタワーからは、岩石が転がり出てきます。

トロルド-o-21
岩石×4色・各11個

砦の中の岩石を表すキューブです。

このうちの3色は、
砦から出せる数に制限がかかります。

トロルド-o-22
財宝×42枚

砦から岩石を除去すると貰える、ご褒美です。

示されている数字が財宝の価値であり、つまり勝利点となります。

トロルド-o-23
財宝袋×4色

プレイヤーたちの個人ボードです。

次に目指す砦をチェックしたり、
獲得した財宝を置いたりします。

トロルド-o-24
贈り物×3種類・各4枚

山の精霊を怒らせたときに贈る袖の下です。

ゲーム終了時まで残しておくと、額面どおりの勝利点になります。

トロルド-o-25
王冠×3枚

各砦で最高額の財宝を得たプレイヤーが持つトークンです。

ゲーム終了時、王冠1つにつき6勝利点になります。

トロルド-o-26
トロールの王×4色・各1個
トロール×4色・各10個

プレイヤーたちが率いるトロールのコマです。

大きなコマは、ゲームボードの外周をぐるぐる回り、
小さなコマは、ゲームボードの各エリアに配置します。



★どんなゲーム?

年老いた山の精霊は困っていました…!

彼の住まう、伝説に名高い「岩の砦」も、
経年劣化の内部崩壊で岩石がゴロゴロゴロゴロ…。

もはや足の踏み場もありゃしないという有様です。

そこで、山の精霊は考えました。

力自慢のトロールたちにハンマーで砦を叩いてもらおう!

トロルド-o-27

ハンマーの強烈な打撃を喰らわせれば、
その衝撃で砦の内部に散らかる岩石も、
たまらず外へと転がり出てくるはずです…!

トロルド-o-28

山の精霊が、ご褒美の財宝を用意すると、

ウワサを聞きつけたトロールたちが、
我こそはと砦へ集まってきました!

ただし、くれぐれもお気をつけください。

あまりにも容赦なく砦を叩きすぎて、
出してはいけない岩石まで出せば、
山の精霊の怒りをかってしまうのです…!



☆トロールの配置と二つのリミット

つまり早い話が、
砦を掃除して、お駄賃をもらうゲームというわけですね。

とはいえ、それだけではなく、
プレイヤーはトロールたちを砦へと導かなければなりません。

具体的には――

トロルド-o-29
▲自分が担当する色のトロールを、
▲目的の砦に隣接する3つのエリアのうち、
2エリア以上に配置する必要があります。

これで晴れて砦を叩けるようになるのです。

そして、
配置したトロールの数によって「二つのリミット」が決まります。

トロルド-o-30
▲一つ目が「ヒットリミット」。

これは砦を叩くことができる回数です。

例えば、トロールを5体配置していれば、
砦を5回まで叩くことができます。

トロルド-o-31
▲二つ目が「カラーリミット」。

これはの岩石について、
それぞれ出すことのできる最大数です。

例えば、トロールを5体配置していれば、
を5個まで、を5個まで、を5個まで、
それぞれ出すことができます。
(※白は何個でもOK)



☆実際に叩いてみよう!

砦を叩くための条件を満たしたら、
さっそく砦を叩いて、ご褒美の財宝を狙いましょう…!

財宝は、各エリアに1つずつ置いてありますが、
狙えるのは自分のトロールを配置しているエリアの財宝のみです。

また、得られる財宝は、
砦から出した岩石の個数以下の額面のものに限られます。

トロルド-o-32
▲オレンジプレイヤーは「」の砦を叩く条件を満たし、
▲山の(11)か森の(18)の財宝を狙えるわけですね。

そして、トロールを5体配置していますので、
ヒットリミットカラーリミットはどちらも「」です。

それでは砦を叩いてみましょう!

「ひと~つ!」カンッ!

「ふた~つ!!」カンッ!!

「みっつ~!!!」カンッ!!!


トロルド-o-68
▲ジャンジャンバリバリと岩石が出てきて、
▲ここまで3ヒット13個の成果です…!

トロルド-o-33
13個の岩石を出しましたので、
▲ここで叩くのを止めれば(11)の財宝を獲得できます。

しかしながら、あと5個の岩石を出せば、
(18)の財宝に手が届きますので――

「よっつ~!!!!」カンッ!!!!

トロルド-o-34
▲4ヒット目で、さらに岩石が出てきました!

ここで、ちょっと整理しておきましょう。

トロルド-o-35
▲岩石の合計は17個となりましたが、
5個でカラーリミットの上限です。

残り1回で、
以外が1個出てくれば万々歳ですね!

「いつつ~!!!!!」カンッ!!!!!

トロルド-o-36
▲果たして、ポロッと出てきたのはでした…。

カラーリミットの「」を超えてしまい、
山の精霊が激おこプンプン丸です!!!

きっと、この青の岩石は、
精霊にとってちょうど良い腰掛けとかだったんでしょう。

こうなると、まだ叩ける回数が残っていたとしても、
叩くのを強制終了させられてしまい、財宝も貰えません…!



☆山の精霊の怒りを鎮める!

とはいえ、
せっかく18個もの岩石を出して、
(18)の財宝に手が届いているのに、
その手が虚空しかつかめないなんて難儀ですよね。

そんなときは――

トロルド-o-37
▲山の精霊に贈り物を、

トロルド-o-38
▲渡すことで、

トロルド-o-39
▲出してしまった青の岩石を、

トロルド-o-40
にしてもらいましょう!

各プレイヤーは贈り物を3つずつ持っていて、
1つ使うごとに、岩石1個を白にできます

こうしてカラーリミットをクリアすることができれば、
山の精霊の怒りが鎮まり、財宝を獲得できるわけです!



☆財宝の獲得とトロールの回収

トロルド-o-41
▲なんとか獲得できた(18)の財宝は、

トロルド-o-42
▲自分の財宝袋に置きます。

その後――

トロルド-o-43
財宝を獲得したエリアの、自分のトロールを、

トロルド-o-44
▲手元に回収しなければなりません。

こうして回収したトロールは、ふたたび盤上に配置できます。

トロルド-o-45
▲財宝がなくなったエリアには、
▲新たな財宝を補充しておきましょう。



☆ゲームの流れ

トロルド-o-46
▲「」の砦を叩いて財宝を獲得したら、
▲次なる目標は「」の砦となります。

トロルド-o-47
▲盤上に2つある「」の砦のうち、どちらを狙うかは…、

トロルド-o-48
▲盤上に残っているトロールの現在地や、
▲隣接するエリアの財宝の額面と相談して決めましょう。

」の砦の次は、もちろん「」の砦となり…、

トロルド-o-49
▲最後は、どの砦でも狙うことができます。

この、最後のマスを財宝で埋めたプレイヤーが現れたら、
そこから残りのプレイヤーたちが1ターンずつプレイして、
ゲーム終了となります。



☆ターンの流れ

このゲームはターン制でありながら、
時計回りで進むタイプではありません

トロルド-o-50
▲ゲームボードの外周を回る大きなトロールのうち、
最後尾のプレイヤーが常にターンプレイヤーです

そのターンプレイヤーは、
移動マスor配置マスの好きな方を選んで、
1~3歩の範囲で進みます。

トロルド-o-51
▲木の通路の内側が移動マスで、外側が配置マスです。

トロルド-o-52
▲例えば、このオレンジプレイヤー配置マスのルートを選んだ場合、
▲1歩目が氷河で、2歩目がフィヨルドで、3歩目がとなります。
(※他のトロールがいるマスは飛び越える!)

トロルド-o-53
▲ここで、もし1歩進んで氷河のマスに止まったら、

トロルド-o-54
▲自分の小さなトロール1体を、氷河エリアに配置できます。

トロルド-o-55
▲あるいは、3歩進んでのマスに止まったら、

トロルド-o-56
▲自分の小さなトロールを3体まで、どちらかの森エリアに配置できます。
(※2つのエリアに分けて配置することはできない!)

トロルド-o-57
▲一方、移動マスのルートを選んで、
▲例えば3歩進んだ場合、

トロルド-o-58
▲すでに盤上に配置してある自分のトロールを3回まで移動させられます。
(※2歩なら2回まで、1歩なら1回まで)

トロルド-o-59
▲このとき、3体を1回ずつ移動させても、

トロルド-o-60
1体を3回移動させても問題ありません。



☆追い風

最後尾のプレイヤーが常にターンプレイヤーになると、
先を行くプレイヤーたちが不利になりがちですが、
そこを救済するルールが"追い風"です。

トロルド-o-61
ターンプレイヤーが、

トロルド-o-62
▲進んで止まった結果、まだ先にプレイヤーがいる場合、
▲そのプレイヤーたちは、現在地のマスを1回まで利用できます

上の画像の場合、
茶プレイヤー移動1回まで
黒プレイヤーフィヨルド1体まで配置、
白プレイヤーツンドラ1体まで配置できるわけです。

トロルド-o-63
▲こちらの場合は、
白プレイヤーのみがツンドラ1体まで配置できます。



☆2人で砦を叩く!!

実は、このゲーム、
他のプレイヤーと協力して2人で砦を叩くことができるのですが、
その辺りのルールが少しばかり複雑になっていますので、
そこだけ別記事にて紹介させてもらう予定です。

【※追記】別記事を書きました!→こちら



★コメント

タワーをハンマーで叩いて、中からキューブを出すゲーム!
…と聞きまして、私星屑、確信しました。

絶対、間違いなく、バカゲーだろうと!!

そんなわけで、
ある日のボードゲーム会の前夜に届いたこのゲーム、
ちょろっとルルブを読んだらすぐに理解できるだろうと、
高をくくっていた結果…、

付属の日本語説明書の18ページという厚さに意表をつかれて、
結局のところ夜中までかかってルールを把握するはめになり、
寝不足でのボドゲ会となったわけです。

ええ、私が間違っていましたとも。

露骨なアクションゲームでも、濃ゆいものは濃ゆいのだ…!

トロルド-o-67

まず、ハンマーアクションからして、
一筋縄ではいかない仕様になっています。

ただ単に強く叩けば多く出るというわけではなく、
うまく力をタワーに伝えて振動させないと出やしません。

必要なのはパワーではなくテクニックなんですね!


そして何より、そこに至るまでのコマ配置。

トロルド-o-66

最後尾が常にターンプレイヤーというシステムを、
"追い風"のルールがまさにフォローしていて、
隙のない作りになっています。

おかげで、プレイヤーも隙を見せることができず、
がっつりと考えさせられてしまうのです…!

とはいえ選択肢は多くないので、
ダウンタイムは短めなのが良いですね♪( ̄▽ ̄*)


また、この記事では端折りましたが、
2人で協力して砦を叩くのが味わい深いです。

簡単にいうと、
2人で塔を叩けば、その2人のトロールを合算できて、
ヒットリミットとカラーリミットを増やせますが、
厄介なことに"主導権"というものが発生します。

主導権を持つ方が、ハンマーを振るって砦を叩き、
さらに財宝獲得の優先権を持つのですが、
この主導権が"空振り"によって相手に移るのです。

空振りとは、
砦を叩いた結果、何も出てこないことをいいます。

ターンプレイヤーが主導権を持って叩き始めた結果、
途中で空振りしてしまい、相手に主導権を奪われて、
軒を貸したつもりが母屋を取られてしまう…。

一方で、協力を求められた側も、
上手く立ち回れば、おこぼれにあずかることができますが、
下手をすると利用されるだけされて終わる可能性もありますので、
協力するかどうかは慎重に決めなければなりません。

ただの友好的な協力ではなく、
あくまで、お互いの利害の一致による協力ということで、
プレイヤー間に適度な緊張感が漂い続けるわけですね。

トロルド-o-65

キューブのタワーにハンマーという、いかにもな見た目で、
てっきり大味な爆笑系のアクションゲームかと思いきや、
その実、繊細なルールの真剣勝負系アクションゲームという…。

間違いなく、ここ最近の意外性ナンバーワンでした!

トロルド-o-64

最後に、購入のオススメ度合いですが、

オトナがじっくりと楽しめるアクションゲームをお求めであれば、
どんぴしゃではないかと思います!

ただし、
ハンマーで叩きまくるというルール上、
いくら密度の高い素材で作られているとはいえ、
いつタワーが壊れてしまうかは分かりません

しかも、タワーを失うことは、
イコールでこのゲームを失うことになりますので、
その覚悟が必要になります。

壊れても泣かないメンタルがなければ、
購入は控えた方がよろしいでしょう。

また、もし購入するのであれば、
日本語説明書が付属しているものを強くオススメします。
(駿河屋さんあたりを探してみてください!)



トロールフィヨルド 関連記事
ルール補足(2人で砦を叩く件について)

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


★箱の外観

トロルド-o-02
▲箱のオモテ面。ボールペンとのサイズ比較。

トロールがハンマーを振るっているイラストです。
その背後にはフィヨルドらしき地形が見てとれます。

トロルド-o-03
▲箱のウラ面

ハンマーでタワーのようなものを叩いている画像が載っていますね。
それだけでバカゲー臭がプンプンと漂ってくるかのようです…!

トロルド-o-04
スペック

プレイ人数2~4人で、
プレイ時間60分
対象年齢10歳~となっています。

プレイ人数によるルールの変更などはありませんが、
三角関係の発生しない2人プレイは、やや淡白かもです。



★箱をオープン!

トロルド-o-05
▲一発目はルルブ

トロルド-o-06
▲その下にタイル台紙があって、

トロルド-o-07
ゲームボード白い包み

トロルド-o-08
▲底部にコマ類ハンマーで、内容物は以上でした!

トロルド-o-09
▲さらに、白い包みも開けてみると…、

トロルド-o-10
▲中から立派なタワーのお出ましです…!



★タイル抜き!

トロルド-o-11
▲それでは、3枚の台紙からタイルを抜いていきましょう!

よーいドン! チッチッチッチッ……(←時計の音)

トロルド-o-12
▲はい、完了…!

トロルド-o-13
星屑タイムはご覧の通りです。参考までに。

たいへんさ:苦□■□楽

ぬきやすさ
:難□■□易



★内容物

トロルド-o-14
ルールブック(3ヵ国語・全36ページ)

ドイツ語英語フランス語のルルブです。

見た目に反して濃い内容で、
一言語あたり12ページにギッシリの記述と写真があります…!

トロルド-o-15
ゲームボード×1枚

6種類の地形が、それぞれ2エリアずつあるボードです。

その地形の境目には、砦を建てる6ヵ所のスペースがあります。

トロルド-o-16
木の通路×10本

ゲームボードをぐるりと囲むように配置して、
プレイヤーたちのコマが進むことになる通路です。

木の通路の配置はランダムですので、
ゲームごとに異なる盤面を楽しむことができます!

トロルド-o-17
スタート通路×1本

プレイヤーたちのコマの初期位置となる通路です。

ウラ面はハンマー振りカウンターになっています。

トロルド-o-18
スライダー(onハンマー振りカウンター)

ハンマーを振るった回数を数えるための覗き穴です。

スタート通路のウラ面と一緒に使います。

トロルド-o-19
岩の砦×6セット

」「」「」の番号が各2つずつ、合計6つある砦です。

砦の番号の位置は、ゲームごとにランダムで決めることができます。

トロルド-o-20
ロックタワートロールハンマー

岩の砦をリアルにした「ロックタワー」と、
それに打撃を与えるための「トロールハンマー」です。

打撃を受けたタワーからは、岩石が転がり出てきます。

トロルド-o-21
岩石×4色・各11個

砦の中の岩石を表すキューブです。

このうちの3色は、
砦から出せる数に制限がかかります。

トロルド-o-22
財宝×42枚

砦から岩石を除去すると貰える、ご褒美です。

示されている数字が財宝の価値であり、つまり勝利点となります。

トロルド-o-23
財宝袋×4色

プレイヤーたちの個人ボードです。

次に目指す砦をチェックしたり、
獲得した財宝を置いたりします。

トロルド-o-24
贈り物×3種類・各4枚

山の精霊を怒らせたときに贈る袖の下です。

ゲーム終了時まで残しておくと、額面どおりの勝利点になります。

トロルド-o-25
王冠×3枚

各砦で最高額の財宝を得たプレイヤーが持つトークンです。

ゲーム終了時、王冠1つにつき6勝利点になります。

トロルド-o-26
トロールの王×4色・各1個
トロール×4色・各10個

プレイヤーたちが率いるトロールのコマです。

大きなコマは、ゲームボードの外周をぐるぐる回り、
小さなコマは、ゲームボードの各エリアに配置します。



★どんなゲーム?

年老いた山の精霊は困っていました…!

彼の住まう、伝説に名高い「岩の砦」も、
経年劣化の内部崩壊で岩石がゴロゴロゴロゴロ…。

もはや足の踏み場もありゃしないという有様です。

そこで、山の精霊は考えました。

力自慢のトロールたちにハンマーで砦を叩いてもらおう!

トロルド-o-27

ハンマーの強烈な打撃を喰らわせれば、
その衝撃で砦の内部に散らかる岩石も、
たまらず外へと転がり出てくるはずです…!

トロルド-o-28

山の精霊が、ご褒美の財宝を用意すると、

ウワサを聞きつけたトロールたちが、
我こそはと砦へ集まってきました!

ただし、くれぐれもお気をつけください。

あまりにも容赦なく砦を叩きすぎて、
出してはいけない岩石まで出せば、
山の精霊の怒りをかってしまうのです…!



☆トロールの配置と二つのリミット

つまり早い話が、
砦を掃除して、お駄賃をもらうゲームというわけですね。

とはいえ、それだけではなく、
プレイヤーはトロールたちを砦へと導かなければなりません。

具体的には――

トロルド-o-29
▲自分が担当する色のトロールを、
▲目的の砦に隣接する3つのエリアのうち、
2エリア以上に配置する必要があります。

これで晴れて砦を叩けるようになるのです。

そして、
配置したトロールの数によって「二つのリミット」が決まります。

トロルド-o-30
▲一つ目が「ヒットリミット」。

これは砦を叩くことができる回数です。

例えば、トロールを5体配置していれば、
砦を5回まで叩くことができます。

トロルド-o-31
▲二つ目が「カラーリミット」。

これはの岩石について、
それぞれ出すことのできる最大数です。

例えば、トロールを5体配置していれば、
を5個まで、を5個まで、を5個まで、
それぞれ出すことができます。
(※白は何個でもOK)



☆実際に叩いてみよう!

砦を叩くための条件を満たしたら、
さっそく砦を叩いて、ご褒美の財宝を狙いましょう…!

財宝は、各エリアに1つずつ置いてありますが、
狙えるのは自分のトロールを配置しているエリアの財宝のみです。

また、得られる財宝は、
砦から出した岩石の個数以下の額面のものに限られます。

トロルド-o-32
▲オレンジプレイヤーは「」の砦を叩く条件を満たし、
▲山の(11)か森の(18)の財宝を狙えるわけですね。

そして、トロールを5体配置していますので、
ヒットリミットカラーリミットはどちらも「」です。

それでは砦を叩いてみましょう!

「ひと~つ!」カンッ!

「ふた~つ!!」カンッ!!

「みっつ~!!!」カンッ!!!


トロルド-o-68
▲ジャンジャンバリバリと岩石が出てきて、
▲ここまで3ヒット13個の成果です…!

トロルド-o-33
13個の岩石を出しましたので、
▲ここで叩くのを止めれば(11)の財宝を獲得できます。

しかしながら、あと5個の岩石を出せば、
(18)の財宝に手が届きますので――

「よっつ~!!!!」カンッ!!!!

トロルド-o-34
▲4ヒット目で、さらに岩石が出てきました!

ここで、ちょっと整理しておきましょう。

トロルド-o-35
▲岩石の合計は17個となりましたが、
5個でカラーリミットの上限です。

残り1回で、
以外が1個出てくれば万々歳ですね!

「いつつ~!!!!!」カンッ!!!!!

トロルド-o-36
▲果たして、ポロッと出てきたのはでした…。

カラーリミットの「」を超えてしまい、
山の精霊が激おこプンプン丸です!!!

きっと、この青の岩石は、
精霊にとってちょうど良い腰掛けとかだったんでしょう。

こうなると、まだ叩ける回数が残っていたとしても、
叩くのを強制終了させられてしまい、財宝も貰えません…!



☆山の精霊の怒りを鎮める!

とはいえ、
せっかく18個もの岩石を出して、
(18)の財宝に手が届いているのに、
その手が虚空しかつかめないなんて難儀ですよね。

そんなときは――

トロルド-o-37
▲山の精霊に贈り物を、

トロルド-o-38
▲渡すことで、

トロルド-o-39
▲出してしまった青の岩石を、

トロルド-o-40
にしてもらいましょう!

各プレイヤーは贈り物を3つずつ持っていて、
1つ使うごとに、岩石1個を白にできます

こうしてカラーリミットをクリアすることができれば、
山の精霊の怒りが鎮まり、財宝を獲得できるわけです!



☆財宝の獲得とトロールの回収

トロルド-o-41
▲なんとか獲得できた(18)の財宝は、

トロルド-o-42
▲自分の財宝袋に置きます。

その後――

トロルド-o-43
財宝を獲得したエリアの、自分のトロールを、

トロルド-o-44
▲手元に回収しなければなりません。

こうして回収したトロールは、ふたたび盤上に配置できます。

トロルド-o-45
▲財宝がなくなったエリアには、
▲新たな財宝を補充しておきましょう。



☆ゲームの流れ

トロルド-o-46
▲「」の砦を叩いて財宝を獲得したら、
▲次なる目標は「」の砦となります。

トロルド-o-47
▲盤上に2つある「」の砦のうち、どちらを狙うかは…、

トロルド-o-48
▲盤上に残っているトロールの現在地や、
▲隣接するエリアの財宝の額面と相談して決めましょう。

」の砦の次は、もちろん「」の砦となり…、

トロルド-o-49
▲最後は、どの砦でも狙うことができます。

この、最後のマスを財宝で埋めたプレイヤーが現れたら、
そこから残りのプレイヤーたちが1ターンずつプレイして、
ゲーム終了となります。



☆ターンの流れ

このゲームはターン制でありながら、
時計回りで進むタイプではありません

トロルド-o-50
▲ゲームボードの外周を回る大きなトロールのうち、
最後尾のプレイヤーが常にターンプレイヤーです

そのターンプレイヤーは、
移動マスor配置マスの好きな方を選んで、
1~3歩の範囲で進みます。

トロルド-o-51
▲木の通路の内側が移動マスで、外側が配置マスです。

トロルド-o-52
▲例えば、このオレンジプレイヤー配置マスのルートを選んだ場合、
▲1歩目が氷河で、2歩目がフィヨルドで、3歩目がとなります。
(※他のトロールがいるマスは飛び越える!)

トロルド-o-53
▲ここで、もし1歩進んで氷河のマスに止まったら、

トロルド-o-54
▲自分の小さなトロール1体を、氷河エリアに配置できます。

トロルド-o-55
▲あるいは、3歩進んでのマスに止まったら、

トロルド-o-56
▲自分の小さなトロールを3体まで、どちらかの森エリアに配置できます。
(※2つのエリアに分けて配置することはできない!)

トロルド-o-57
▲一方、移動マスのルートを選んで、
▲例えば3歩進んだ場合、

トロルド-o-58
▲すでに盤上に配置してある自分のトロールを3回まで移動させられます。
(※2歩なら2回まで、1歩なら1回まで)

トロルド-o-59
▲このとき、3体を1回ずつ移動させても、

トロルド-o-60
1体を3回移動させても問題ありません。



☆追い風

最後尾のプレイヤーが常にターンプレイヤーになると、
先を行くプレイヤーたちが不利になりがちですが、
そこを救済するルールが"追い風"です。

トロルド-o-61
ターンプレイヤーが、

トロルド-o-62
▲進んで止まった結果、まだ先にプレイヤーがいる場合、
▲そのプレイヤーたちは、現在地のマスを1回まで利用できます

上の画像の場合、
茶プレイヤー移動1回まで
黒プレイヤーフィヨルド1体まで配置、
白プレイヤーツンドラ1体まで配置できるわけです。

トロルド-o-63
▲こちらの場合は、
白プレイヤーのみがツンドラ1体まで配置できます。



☆2人で砦を叩く!!

実は、このゲーム、
他のプレイヤーと協力して2人で砦を叩くことができるのですが、
その辺りのルールが少しばかり複雑になっていますので、
そこだけ別記事にて紹介させてもらう予定です。

【※追記】別記事を書きました!→こちら



★コメント

タワーをハンマーで叩いて、中からキューブを出すゲーム!
…と聞きまして、私星屑、確信しました。

絶対、間違いなく、バカゲーだろうと!!

そんなわけで、
ある日のボードゲーム会の前夜に届いたこのゲーム、
ちょろっとルルブを読んだらすぐに理解できるだろうと、
高をくくっていた結果…、

付属の日本語説明書の18ページという厚さに意表をつかれて、
結局のところ夜中までかかってルールを把握するはめになり、
寝不足でのボドゲ会となったわけです。

ええ、私が間違っていましたとも。

露骨なアクションゲームでも、濃ゆいものは濃ゆいのだ…!

トロルド-o-67

まず、ハンマーアクションからして、
一筋縄ではいかない仕様になっています。

ただ単に強く叩けば多く出るというわけではなく、
うまく力をタワーに伝えて振動させないと出やしません。

必要なのはパワーではなくテクニックなんですね!


そして何より、そこに至るまでのコマ配置。

トロルド-o-66

最後尾が常にターンプレイヤーというシステムを、
"追い風"のルールがまさにフォローしていて、
隙のない作りになっています。

おかげで、プレイヤーも隙を見せることができず、
がっつりと考えさせられてしまうのです…!

とはいえ選択肢は多くないので、
ダウンタイムは短めなのが良いですね♪( ̄▽ ̄*)


また、この記事では端折りましたが、
2人で協力して砦を叩くのが味わい深いです。

簡単にいうと、
2人で塔を叩けば、その2人のトロールを合算できて、
ヒットリミットとカラーリミットを増やせますが、
厄介なことに"主導権"というものが発生します。

主導権を持つ方が、ハンマーを振るって砦を叩き、
さらに財宝獲得の優先権を持つのですが、
この主導権が"空振り"によって相手に移るのです。

空振りとは、
砦を叩いた結果、何も出てこないことをいいます。

ターンプレイヤーが主導権を持って叩き始めた結果、
途中で空振りしてしまい、相手に主導権を奪われて、
軒を貸したつもりが母屋を取られてしまう…。

一方で、協力を求められた側も、
上手く立ち回れば、おこぼれにあずかることができますが、
下手をすると利用されるだけされて終わる可能性もありますので、
協力するかどうかは慎重に決めなければなりません。

ただの友好的な協力ではなく、
あくまで、お互いの利害の一致による協力ということで、
プレイヤー間に適度な緊張感が漂い続けるわけですね。

トロルド-o-65

キューブのタワーにハンマーという、いかにもな見た目で、
てっきり大味な爆笑系のアクションゲームかと思いきや、
その実、繊細なルールの真剣勝負系アクションゲームという…。

間違いなく、ここ最近の意外性ナンバーワンでした!

トロルド-o-64

最後に、購入のオススメ度合いですが、

オトナがじっくりと楽しめるアクションゲームをお求めであれば、
どんぴしゃではないかと思います!

ただし、
ハンマーで叩きまくるというルール上、
いくら密度の高い素材で作られているとはいえ、
いつタワーが壊れてしまうかは分かりません

しかも、タワーを失うことは、
イコールでこのゲームを失うことになりますので、
その覚悟が必要になります。

壊れても泣かないメンタルがなければ、
購入は控えた方がよろしいでしょう。

また、もし購入するのであれば、
日本語説明書が付属しているものを強くオススメします。
(駿河屋さんあたりを探してみてください!)



トロールフィヨルド 関連記事
ルール補足(2人で砦を叩く件について)

ボードゲーム記事一覧



【2019/03/02 00:01】 | 紹介・開封 【タグ】 トロールフィヨルド  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可