FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。


★ルール補足

トロルド-r1-01


さてさて、開封記事での宣言どおり、
今回は主に"2人で砦を叩く"件について補足していきます!

なお、この記事は開封記事を前提にして書いていますので、
もし未読であれば、ぜひ先にこちらをご覧ください♪( ̄▽ ̄*)



★ターンの流れ

まずは、おさらいがてら、
ゲーム中の各ターンの流れについて確認しておきましょう!

トロールフィヨルドはターン制ですが、時計回り形式ではなく、
ゲームボード外周のトラックで最後尾のプレイヤーが、
常にターンプレイヤーとなります。

トロルド-o-50

ターンプレイヤーは、
配置マスを進むか、移動マスを進むかを選び、
さらに1~3歩の範囲で何歩進むかを決めなければなりません。

トロルド-o-51

この結果、
配置マスを進んだら、
その歩数ぶんまで、止まったマスのエリアにトロールコマを配置し、
移動マスを進んだら、
その歩数ぶんまで、すでに配置しているトロールコマを移動させます。

そして、その直後
もし砦を叩くための2つの条件を満たしていれば、
実際にハンマーでタワーを叩くことができるのです…!
(※叩かずにターンを終えてもOK)



★砦を叩くための2つの条件

これもおさらいになりますが、
砦を叩くための条件は、
①Ⅰ→Ⅱ→Ⅲの順番で
②隣接2エリア以上にトロールコマが配置されている

…という2つでしたね。


①Ⅰ→Ⅱ→Ⅲの順番で

砦には「」「」「」の番号がふってあって、
各プレイヤーはこの順番で砦を叩いていかなければなりません

すなわち――

トロルド-r1-02
▲「」の砦を叩いて財宝を得たら、
▲次は「」の砦を叩かなければならないという具合です。
(※「」の次は「」で、その次は好きな砦でOK)

トロルド-r1-03
▲ゲームボードでいうと、叩けるのは、
▲この2つの砦のどちらかということになります。



②隣接2エリア以上にコマが配置されている

加えて、その砦に隣接する3つのエリアのうち、
2エリア以上に自分のトロールコマを配置していなければなりません

トロルド-r1-04
上の砦湿地氷河に囲まれていますが、
オレンジプレイヤーは、そのうちの氷河にしかコマがありませんので、
は、この砦を叩く条件を満たせていないわけです。

トロルド-r1-05
▲一方で、右の砦氷河ツンドラ湿地に囲まれていて、
オレンジプレイヤーは、そのうちの氷河ツンドラにコマがあります。

トロルド-r1-06
は、右の砦を叩く条件を満たしていて、
(14)(17)の財宝を狙うことができるのです!
(※右下の湿地にはコマがないので(27)の財宝は狙えない…)



★1人で砦を叩く

それでは今日も今日とて(14)(17)の財宝を目指して、
ハンマーでタワーを叩いてみることにしましょう♪( ̄▽ ̄*)

え、いつになったら2人で砦を叩く話になるのかって?

それがですね、
ここいらの話は2人で砦を叩く上での前提になりますので、
もう少しだけお付き合いいただけたら嬉しいです…!

トロルド-r1-05
▲さてさて、これより狙う砦の隣接エリアには、
▲合わせて「5体」のトロールコマを配置していますので、
ヒットリミットカラーリミットも「」になります。

つまり、タワーをハンマーで叩ける回数が「5回」で、
のキューブは、それぞれ「5個」まで出せるわけですね!

それでは早速――

ひと~つ!」カツン!

ふた~つ!」カツン!!

みっつ~!」カツン!!!

よっつ~!」カツン!!!!


トロルド-r1-07
4回目を終えて、出てきたキューブは14個

ここで叩くのを止めれば、
何事もなく(14)の財宝を獲得できます。

しかしながら、あと1回だけ叩くことができて、
その1回で3個のキューブを落とせば合計17個…!

一段上の(17)の財宝を狙うチャンスでもあるわけですね!

ただし、5個4個と出ていて、
いずれもカラーリミットのすれすれという状況。

もしカラーリミットを超過すれば山の精霊を怒らせてしまいますが――


いつつ~!」カツン!!!!!

トロルド-r1-08
▲はたして、ちょうど3個のキューブが出てきましたが、
▲残念ながら1個ずつカラーリミットを超過してしまいました。

こうなると、山の精霊が怒ってしまい、
たとえヒットリミットに達していなかったとしても、
砦を叩くのを強制終了させられてしまいます…( ̄▽ ̄;)



☆財宝を得るパターン

開封記事の方でも触れましたが――

トロルド-r1-09
▲超過ぶんのキューブ1個につき、
贈り物を1つ消費することで、
▲山の精霊の怒りを鎮められちゃうんですね。

今回はキューブ2個ぶん超過でしたので、
贈り物2つ消費しなければなりません。

トロルド-r1-10
▲山の精霊さえ黙らせてしまえば、
17個のキューブを出したという結果だけが残り、
▲晴れて(17)の財宝を獲得することができました!

トロルド-r1-11
▲獲得した財宝は袋に置いて、
▲次なる砦は「」となります。

トロルド-r1-12
財宝を得た場合は、その財宝があったエリアの、
自分のトロールコマを全て回収しなければなりません



☆財宝を得ないパターン

逆に、あえて山の精霊に贈り物をせず、
財宝を得ずに終えることもできます。

トロルド-r1-13
12勝利点ぶん贈り物を消費して、
17勝利点の財宝を得たとしても、
▲差し引き、たったの5勝利点ですからね…。

とはいえ、
砦を叩いたら必ず自分のトロールコマを回収しなければならないのです!

トロルド-r1-14
財宝を得なかった場合は、
叩いた砦に隣接するエリアのうち、
自分のトロールコマがあるエリアを1つ選んで
そのエリアの自分のトロールコマを全て回収します

山の精霊の怒りをかって思いもよらず…だとしても、、
ただ単に目標の数のキューブを出せなかっただけ…だとしても、
砦を叩いておいて、財宝を得られなかった場合は、
トロールコマを置きなおして、再チャレンジしなきゃなんですね…。



★2人で砦を叩く

紆余曲折を経ながらも…、

トロルド-r1-15
オレンジプレイヤーは「」の砦を叩くところまできました。

おやおや?
この砦の周囲3エリアは、やたらと混雑していますね。

具体的には、
オレンジプレイヤーが合計5個のトロールコマを配置している以外に、
黒プレイヤー6個茶プレイヤー4個のコマを配置しています。

こんなときは、1人だけ"協力者"を募ることができるのです!



☆協力者の条件

ターンプレイヤーが砦を叩こうというときに、
その砦の隣接2エリア以上にコマを配置している他のプレイヤーがいたら、
一緒に砦を叩くことを提案できます。
(※提案せずに単独で叩いてもOK)

ターンプレイヤーが「一緒に砦を叩こうよ!」と提案すると、
狙う砦の隣接2エリア以上にコマを配置しているプレイヤーのうち、
より配置しているトロールコマの数が多いプレイヤーから順に、
提案を受けるか受けないかを回答していく流れなんですが…、

トロルド-r1-16
▲まず6個のトロールコマを配置している黒プレイヤーには、
▲「せっかくだけど他をあたって欲しい」と拒否されました。

残念ですが、にも何かしら事情があるのでしょう。

こうなると、次は自動的に…、

トロルド-r1-34
4個のトロールコマを配置している茶プレイヤーへお伺いをたてると、
▲こちらは「ぜひ一緒に砦を叩こう!」と快諾してくれました。

この茶プレイヤーの現状ですが、

トロルド-r1-17
▲「」の砦の財宝を獲得し終えて、
▲「」の砦を目指しているところ。

これから叩くのは「」の砦ですが、
しかし問題はありません!

ターンプレイヤーは、
目標の砦の隣接2エリアにコマを配置するのに加えて、
Ⅰ→Ⅱ→Ⅲの順番で砦を叩かなければなりませんが…、

協力者については、
目標の砦の隣接2エリアにコマを配置することだけが条件で、
砦の順番は一旦、脇においておけるのです♪( ̄▽ ̄*)



☆協力のメリット

それでは、
協力するとどんな良いことがあるかという話ですが――

トロルド-r1-18
▲なんと配置しているトロールコマの数を足せます!!

つまり、
オレンジプレイヤーは単独では5個だったところが、
茶プレイヤーと合わせて合計9個ということになるのです!

トロールコマが9個ということは、
ヒットリミットが「9回」になり、
カラーリミットも「9個」となります。

ちなみに、この「」という数は…、

トロルド-r1-19
▲このゲームでは最大の数字です。

仮にトロールコマの数が10個以上になったとしても、
リミットは「」で打ち止めとなってしまいます。

さきほど、もし黒プレイヤーが協力を受けていた場合、
オレンジの合計数は11個…。

このあたりに、黒プレイヤーが断った理由があるのかもしれませんね。



☆主導権と空振り

トロールコマの数を足せるというメリットだけ見たら、
どんどん協力した方が良いように思えることでしょう。

ところが、そんなに話は簡単ではないのです…!

2人で協力して砦を叩く場合、
まずはターンプレイヤーが"主導権"を持ちます。

主導権を持っているプレイヤーは、
ハンマーを握ってタワーを叩くことができ、
さらに財宝獲得の優先権もあるのです。

つまり、
自主的に叩くのを止めたにしても、
ヒットリミットに達して叩けなくなったにしても、
山の精霊を怒らせてしまって叩くのを止めさせられたにしても、
その直後の財宝の獲得は2人とも行うことができるのですが、
どの財宝を獲得するかは、主導権を持っているプレイヤーが先に決めます!

その結果、主導権を持たない方のプレイヤーは、
残った財宝の中から、おこぼれにあずかるほかなく、
しかも、もし獲得できる財宝が残っていなかったら、
コマを回収させられるだけで何も得られないかもしれないのです…!

とはいえ、主導権というのは常に相手へ移る可能性があります

それが"空振り"です!

主導権を持つプレイヤーがタワーを叩いた結果、
キューブが1個も出てこないことを"空振り"といって、
空振りが発生すると、主導権協力者に移り、
それまでと立場が正反対になります!!

協力とは、あくまで表面的な話であって、
その実、お互いに相手の空振りを切に祈りあう…。

なんとも奇妙な協力関係といえますね…( ̄▽ ̄;)



☆実際に協力してみよう!

文字ばかりではアレですので、
ここからは実際の協力の様子を見てみましょう。

先ほどの流れの続きで、
ターンプレイヤーオレンジプレイヤーに、
茶プレイヤー協力者として名乗り出ましたので、
まずはオレンジプレイヤー主導権とハンマーを握ります。

なお、両者とも狙える財宝は同じで(13)(25)の2つです。


ひと~つ!」カツン!

トロルド-r1-20
1打目3個

目標は9打で25個ですので、
このペースでいけばクリアできそうですね。


ふた~つ!」カツン!!

トロルド-r1-21
2打目5個で、合計8個

これはかなり良いペースといえるのではないでしょうか…!


みっつ~!」カツン!!!

トロルド-r1-22
3打目0個空振り!

オレンジプレイヤー、やや力んでしまったのでしょうか…?

空振りが発生して、
主導権とハンマーが茶プレイヤーに移ってしまいました。

げっ!!!

よし、ようやっと俺のターンだ!

よっつ~!」ガツン!!!!

トロルド-r1-23
4打目4個で、合計12個

これで(13)の財宝にリーチがかかりましたね。


いつつ~!」ガツン!!!!!

トロルド-r1-24
5打目4個で、合計16個
(※画面外に白1個)

茶プレイヤーは、
確実に(13)の財宝を獲得したいのであれば、
ここで叩くのを止めるという選択肢もあります。

ただし、その場合、
まだヒットリミットに達していませんので、
オレンジプレイヤーが、この状況を単独で引き継ぐことになるのです。

つまり、オレンジプレイヤー16個6打目から再開して、
(25)の財宝の獲得を目指せるというわけですが――

そうは問屋がおろさない!
25点をとるのは俺だ!!

なんと強欲な協力者かッ!!!

「いいぞ、もっとやれー!」

むっつ~!」ガツン!!!!!!

トロルド-r1-25
6打目0個空振り!

な、なにー!?

あはははは!
なにごとも腹八分が良いのだよ


そっちも25点を狙ってるくせにー!

あはははは!

ターンプレイヤーから協力者主導権が移ったかと思えば、
今度は協力者からターンプレイヤーへと主導権が戻りました!!

なんと目まぐるしい展開でしょうか…!


ななつ~!」カツン!!!!!!!

トロルド-r1-26
7打目4個で、合計20個

あと2回で5個か、余裕だな!

「また、そんな露骨なフラグを立てて…」

やっつ~!」カツン!!!!!!!!

トロルド-r1-27
8打目3個で、合計23個

まぁ、こっちが25点だとしても、
そっちも13点を取れるんだから、
ここは仲良く分け合おうよ☆

まぁ、13点もらえるなら良しとするか…

じゃあラスト――

ここのつ~!」カツン!!!!!!!!!

トロルド-r1-28
9打目0個空振り!

え…?

ってことは?


最終打であろうと、空振りならば主導権は移ります!

もはやハンマーを振るうことはできませんが、最後の最後で、
協力者茶プレイヤー財宝獲得の優先権をつかんだのです…!

トロルド-r1-29
▲結局、出てきたキューブは23個でしたので(25)の財宝には届かず。
▲とはいえ、茶プレイヤー(13)の財宝を獲得して、コマを回収します。

トロルド-r1-30
茶プレイヤーは、ターンプレイヤーではなく協力者ですので、
▲獲得した財宝を財宝袋の継ぎはぎ部分に置かなければなりません。

もちろん、この13点は加算されますが、
ターンプレイヤーの際に狙う砦は、引き続き「」の砦というわけです。

トロルド-r1-31
▲一方のオレンジプレイヤーは、(25)の財宝を獲得できない上に、

トロルド-r1-32
▲どちらかのエリアのトロールコマを全て回収しなければなりません。

トロルド-r1-33
▲まさに骨折り損のくたびれ儲け…!

なんてことだ…なんてことだ…

「だからフラグを立てるなとあれほど」

また一緒に叩くドン☆

絶対やだ!!!




と、こんな感じでルールを補足させてもらいました!

いずれ、このゲームのサマリーを作ることがありましたら、
ここに貼り付けておこうと思います♪( ̄▽ ̄*)



トロールフィヨルド 関連記事
開封記事

ボードゲーム記事一覧




記事を閉じる▲


さてさて、開封記事での宣言どおり、
今回は主に"2人で砦を叩く"件について補足していきます!

なお、この記事は開封記事を前提にして書いていますので、
もし未読であれば、ぜひ先にこちらをご覧ください♪( ̄▽ ̄*)



★ターンの流れ

まずは、おさらいがてら、
ゲーム中の各ターンの流れについて確認しておきましょう!

トロールフィヨルドはターン制ですが、時計回り形式ではなく、
ゲームボード外周のトラックで最後尾のプレイヤーが、
常にターンプレイヤーとなります。

トロルド-o-50

ターンプレイヤーは、
配置マスを進むか、移動マスを進むかを選び、
さらに1~3歩の範囲で何歩進むかを決めなければなりません。

トロルド-o-51

この結果、
配置マスを進んだら、
その歩数ぶんまで、止まったマスのエリアにトロールコマを配置し、
移動マスを進んだら、
その歩数ぶんまで、すでに配置しているトロールコマを移動させます。

そして、その直後
もし砦を叩くための2つの条件を満たしていれば、
実際にハンマーでタワーを叩くことができるのです…!
(※叩かずにターンを終えてもOK)



★砦を叩くための2つの条件

これもおさらいになりますが、
砦を叩くための条件は、
①Ⅰ→Ⅱ→Ⅲの順番で
②隣接2エリア以上にトロールコマが配置されている

…という2つでしたね。


①Ⅰ→Ⅱ→Ⅲの順番で

砦には「」「」「」の番号がふってあって、
各プレイヤーはこの順番で砦を叩いていかなければなりません

すなわち――

トロルド-r1-02
▲「」の砦を叩いて財宝を得たら、
▲次は「」の砦を叩かなければならないという具合です。
(※「」の次は「」で、その次は好きな砦でOK)

トロルド-r1-03
▲ゲームボードでいうと、叩けるのは、
▲この2つの砦のどちらかということになります。



②隣接2エリア以上にコマが配置されている

加えて、その砦に隣接する3つのエリアのうち、
2エリア以上に自分のトロールコマを配置していなければなりません

トロルド-r1-04
上の砦湿地氷河に囲まれていますが、
オレンジプレイヤーは、そのうちの氷河にしかコマがありませんので、
は、この砦を叩く条件を満たせていないわけです。

トロルド-r1-05
▲一方で、右の砦氷河ツンドラ湿地に囲まれていて、
オレンジプレイヤーは、そのうちの氷河ツンドラにコマがあります。

トロルド-r1-06
は、右の砦を叩く条件を満たしていて、
(14)(17)の財宝を狙うことができるのです!
(※右下の湿地にはコマがないので(27)の財宝は狙えない…)



★1人で砦を叩く

それでは今日も今日とて(14)(17)の財宝を目指して、
ハンマーでタワーを叩いてみることにしましょう♪( ̄▽ ̄*)

え、いつになったら2人で砦を叩く話になるのかって?

それがですね、
ここいらの話は2人で砦を叩く上での前提になりますので、
もう少しだけお付き合いいただけたら嬉しいです…!

トロルド-r1-05
▲さてさて、これより狙う砦の隣接エリアには、
▲合わせて「5体」のトロールコマを配置していますので、
ヒットリミットカラーリミットも「」になります。

つまり、タワーをハンマーで叩ける回数が「5回」で、
のキューブは、それぞれ「5個」まで出せるわけですね!

それでは早速――

ひと~つ!」カツン!

ふた~つ!」カツン!!

みっつ~!」カツン!!!

よっつ~!」カツン!!!!


トロルド-r1-07
4回目を終えて、出てきたキューブは14個

ここで叩くのを止めれば、
何事もなく(14)の財宝を獲得できます。

しかしながら、あと1回だけ叩くことができて、
その1回で3個のキューブを落とせば合計17個…!

一段上の(17)の財宝を狙うチャンスでもあるわけですね!

ただし、5個4個と出ていて、
いずれもカラーリミットのすれすれという状況。

もしカラーリミットを超過すれば山の精霊を怒らせてしまいますが――


いつつ~!」カツン!!!!!

トロルド-r1-08
▲はたして、ちょうど3個のキューブが出てきましたが、
▲残念ながら1個ずつカラーリミットを超過してしまいました。

こうなると、山の精霊が怒ってしまい、
たとえヒットリミットに達していなかったとしても、
砦を叩くのを強制終了させられてしまいます…( ̄▽ ̄;)



☆財宝を得るパターン

開封記事の方でも触れましたが――

トロルド-r1-09
▲超過ぶんのキューブ1個につき、
贈り物を1つ消費することで、
▲山の精霊の怒りを鎮められちゃうんですね。

今回はキューブ2個ぶん超過でしたので、
贈り物2つ消費しなければなりません。

トロルド-r1-10
▲山の精霊さえ黙らせてしまえば、
17個のキューブを出したという結果だけが残り、
▲晴れて(17)の財宝を獲得することができました!

トロルド-r1-11
▲獲得した財宝は袋に置いて、
▲次なる砦は「」となります。

トロルド-r1-12
財宝を得た場合は、その財宝があったエリアの、
自分のトロールコマを全て回収しなければなりません



☆財宝を得ないパターン

逆に、あえて山の精霊に贈り物をせず、
財宝を得ずに終えることもできます。

トロルド-r1-13
12勝利点ぶん贈り物を消費して、
17勝利点の財宝を得たとしても、
▲差し引き、たったの5勝利点ですからね…。

とはいえ、
砦を叩いたら必ず自分のトロールコマを回収しなければならないのです!

トロルド-r1-14
財宝を得なかった場合は、
叩いた砦に隣接するエリアのうち、
自分のトロールコマがあるエリアを1つ選んで
そのエリアの自分のトロールコマを全て回収します

山の精霊の怒りをかって思いもよらず…だとしても、、
ただ単に目標の数のキューブを出せなかっただけ…だとしても、
砦を叩いておいて、財宝を得られなかった場合は、
トロールコマを置きなおして、再チャレンジしなきゃなんですね…。



★2人で砦を叩く

紆余曲折を経ながらも…、

トロルド-r1-15
オレンジプレイヤーは「」の砦を叩くところまできました。

おやおや?
この砦の周囲3エリアは、やたらと混雑していますね。

具体的には、
オレンジプレイヤーが合計5個のトロールコマを配置している以外に、
黒プレイヤー6個茶プレイヤー4個のコマを配置しています。

こんなときは、1人だけ"協力者"を募ることができるのです!



☆協力者の条件

ターンプレイヤーが砦を叩こうというときに、
その砦の隣接2エリア以上にコマを配置している他のプレイヤーがいたら、
一緒に砦を叩くことを提案できます。
(※提案せずに単独で叩いてもOK)

ターンプレイヤーが「一緒に砦を叩こうよ!」と提案すると、
狙う砦の隣接2エリア以上にコマを配置しているプレイヤーのうち、
より配置しているトロールコマの数が多いプレイヤーから順に、
提案を受けるか受けないかを回答していく流れなんですが…、

トロルド-r1-16
▲まず6個のトロールコマを配置している黒プレイヤーには、
▲「せっかくだけど他をあたって欲しい」と拒否されました。

残念ですが、にも何かしら事情があるのでしょう。

こうなると、次は自動的に…、

トロルド-r1-34
4個のトロールコマを配置している茶プレイヤーへお伺いをたてると、
▲こちらは「ぜひ一緒に砦を叩こう!」と快諾してくれました。

この茶プレイヤーの現状ですが、

トロルド-r1-17
▲「」の砦の財宝を獲得し終えて、
▲「」の砦を目指しているところ。

これから叩くのは「」の砦ですが、
しかし問題はありません!

ターンプレイヤーは、
目標の砦の隣接2エリアにコマを配置するのに加えて、
Ⅰ→Ⅱ→Ⅲの順番で砦を叩かなければなりませんが…、

協力者については、
目標の砦の隣接2エリアにコマを配置することだけが条件で、
砦の順番は一旦、脇においておけるのです♪( ̄▽ ̄*)



☆協力のメリット

それでは、
協力するとどんな良いことがあるかという話ですが――

トロルド-r1-18
▲なんと配置しているトロールコマの数を足せます!!

つまり、
オレンジプレイヤーは単独では5個だったところが、
茶プレイヤーと合わせて合計9個ということになるのです!

トロールコマが9個ということは、
ヒットリミットが「9回」になり、
カラーリミットも「9個」となります。

ちなみに、この「」という数は…、

トロルド-r1-19
▲このゲームでは最大の数字です。

仮にトロールコマの数が10個以上になったとしても、
リミットは「」で打ち止めとなってしまいます。

さきほど、もし黒プレイヤーが協力を受けていた場合、
オレンジの合計数は11個…。

このあたりに、黒プレイヤーが断った理由があるのかもしれませんね。



☆主導権と空振り

トロールコマの数を足せるというメリットだけ見たら、
どんどん協力した方が良いように思えることでしょう。

ところが、そんなに話は簡単ではないのです…!

2人で協力して砦を叩く場合、
まずはターンプレイヤーが"主導権"を持ちます。

主導権を持っているプレイヤーは、
ハンマーを握ってタワーを叩くことができ、
さらに財宝獲得の優先権もあるのです。

つまり、
自主的に叩くのを止めたにしても、
ヒットリミットに達して叩けなくなったにしても、
山の精霊を怒らせてしまって叩くのを止めさせられたにしても、
その直後の財宝の獲得は2人とも行うことができるのですが、
どの財宝を獲得するかは、主導権を持っているプレイヤーが先に決めます!

その結果、主導権を持たない方のプレイヤーは、
残った財宝の中から、おこぼれにあずかるほかなく、
しかも、もし獲得できる財宝が残っていなかったら、
コマを回収させられるだけで何も得られないかもしれないのです…!

とはいえ、主導権というのは常に相手へ移る可能性があります

それが"空振り"です!

主導権を持つプレイヤーがタワーを叩いた結果、
キューブが1個も出てこないことを"空振り"といって、
空振りが発生すると、主導権協力者に移り、
それまでと立場が正反対になります!!

協力とは、あくまで表面的な話であって、
その実、お互いに相手の空振りを切に祈りあう…。

なんとも奇妙な協力関係といえますね…( ̄▽ ̄;)



☆実際に協力してみよう!

文字ばかりではアレですので、
ここからは実際の協力の様子を見てみましょう。

先ほどの流れの続きで、
ターンプレイヤーオレンジプレイヤーに、
茶プレイヤー協力者として名乗り出ましたので、
まずはオレンジプレイヤー主導権とハンマーを握ります。

なお、両者とも狙える財宝は同じで(13)(25)の2つです。


ひと~つ!」カツン!

トロルド-r1-20
1打目3個

目標は9打で25個ですので、
このペースでいけばクリアできそうですね。


ふた~つ!」カツン!!

トロルド-r1-21
2打目5個で、合計8個

これはかなり良いペースといえるのではないでしょうか…!


みっつ~!」カツン!!!

トロルド-r1-22
3打目0個空振り!

オレンジプレイヤー、やや力んでしまったのでしょうか…?

空振りが発生して、
主導権とハンマーが茶プレイヤーに移ってしまいました。

げっ!!!

よし、ようやっと俺のターンだ!

よっつ~!」ガツン!!!!

トロルド-r1-23
4打目4個で、合計12個

これで(13)の財宝にリーチがかかりましたね。


いつつ~!」ガツン!!!!!

トロルド-r1-24
5打目4個で、合計16個
(※画面外に白1個)

茶プレイヤーは、
確実に(13)の財宝を獲得したいのであれば、
ここで叩くのを止めるという選択肢もあります。

ただし、その場合、
まだヒットリミットに達していませんので、
オレンジプレイヤーが、この状況を単独で引き継ぐことになるのです。

つまり、オレンジプレイヤー16個6打目から再開して、
(25)の財宝の獲得を目指せるというわけですが――

そうは問屋がおろさない!
25点をとるのは俺だ!!

なんと強欲な協力者かッ!!!

「いいぞ、もっとやれー!」

むっつ~!」ガツン!!!!!!

トロルド-r1-25
6打目0個空振り!

な、なにー!?

あはははは!
なにごとも腹八分が良いのだよ


そっちも25点を狙ってるくせにー!

あはははは!

ターンプレイヤーから協力者主導権が移ったかと思えば、
今度は協力者からターンプレイヤーへと主導権が戻りました!!

なんと目まぐるしい展開でしょうか…!


ななつ~!」カツン!!!!!!!

トロルド-r1-26
7打目4個で、合計20個

あと2回で5個か、余裕だな!

「また、そんな露骨なフラグを立てて…」

やっつ~!」カツン!!!!!!!!

トロルド-r1-27
8打目3個で、合計23個

まぁ、こっちが25点だとしても、
そっちも13点を取れるんだから、
ここは仲良く分け合おうよ☆

まぁ、13点もらえるなら良しとするか…

じゃあラスト――

ここのつ~!」カツン!!!!!!!!!

トロルド-r1-28
9打目0個空振り!

え…?

ってことは?


最終打であろうと、空振りならば主導権は移ります!

もはやハンマーを振るうことはできませんが、最後の最後で、
協力者茶プレイヤー財宝獲得の優先権をつかんだのです…!

トロルド-r1-29
▲結局、出てきたキューブは23個でしたので(25)の財宝には届かず。
▲とはいえ、茶プレイヤー(13)の財宝を獲得して、コマを回収します。

トロルド-r1-30
茶プレイヤーは、ターンプレイヤーではなく協力者ですので、
▲獲得した財宝を財宝袋の継ぎはぎ部分に置かなければなりません。

もちろん、この13点は加算されますが、
ターンプレイヤーの際に狙う砦は、引き続き「」の砦というわけです。

トロルド-r1-31
▲一方のオレンジプレイヤーは、(25)の財宝を獲得できない上に、

トロルド-r1-32
▲どちらかのエリアのトロールコマを全て回収しなければなりません。

トロルド-r1-33
▲まさに骨折り損のくたびれ儲け…!

なんてことだ…なんてことだ…

「だからフラグを立てるなとあれほど」

また一緒に叩くドン☆

絶対やだ!!!




と、こんな感じでルールを補足させてもらいました!

いずれ、このゲームのサマリーを作ることがありましたら、
ここに貼り付けておこうと思います♪( ̄▽ ̄*)



トロールフィヨルド 関連記事
開封記事

ボードゲーム記事一覧



【2019/03/09 00:01】 | ルール説明 【タグ】 トロールフィヨルド  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可