RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
私が愛用するSIGMAの超望遠レンズが有能すぎる!



私が重~い「一眼レフ」を愛用する、たった1つの理由。という記事の中にも登場した、超望遠レンズ「SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 HSM」を紹介します。


★このレンズで撮った写真

馬⑤
絞り値:F5.6  露出時間:1/250秒

馬⑥
絞り値:F5.6  露出時間:1/400秒

月
絞り値:F6.3  焦点距離:500mm



★このレンズが有能な3つの理由
①これ1本で、超望遠から標準までカバー!

まず超望遠500mmがすごい!めっちゃ遠くにある被写体を、ぐっと手繰り寄せることができます!柵の向こうの競走馬も、遥かかなたの月面も、ファインダーに大写しです!

そこからぐーっと引いて引いて引いて、なんと50mm!完全に標準域まで戻って来られちゃいます

これ1本で500~50mmまでカバーしてしまう、冗談みたいなレンズ。
それが「SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 HSM」です!


↓野球場の客席から、グラウンドでパフォーマンス中のマスコットを撮影。
クラッチ&スラィリー
焦点距離:500mm

↓今度はいきなり客席に現れたマスコットを、あわてて真横から激写!
クラッチ&トランペット
焦点距離:50mm  絞り値:F4.5

超望遠レンズで、目とハナの先の被写体も撮れてしまう対応力がすごい!




②流し撮りに最適な手ブレ補正モード!

このレンズには、「手ブレ補正OS機構」というのが搭載されていています。

はやい話が手ブレに強いです。このバカでっかいレンズで、一脚や三脚を使わずに、手持ち撮影が普通にできちゃいます。肩こるけど。

切替スイッチ

さて、この「OS」ですが、ちょっと上の画像を見てください。
「OFF」「1」「2」っていう切替スイッチがありますよね?
実は、このレンズの手ブレ補正には2つのモードがありまして、

モード1風景やスナップ撮影に最適
モード2モータースポーツ等の流し撮りに最適

と、使い分けることができるんです!

流し撮りをする時、「上下は手ブレ補正してほしいけど、左右はしないでほしいなァ」という要望をかなえてくれるのが「モード2」で、上下の動きにだけ補正がかかって、左右に対しては補正がかかりません

カメラを右から左、左から右に振って撮影しても大丈夫!というわけです。

おかげで私は、趣味の競馬撮影が捗っています!



③AF(オートフォーカス)が速い!

このレンズには「HSM(ハイパーソニックモーター)」という、やたらカッコイイ名前のモーターが搭載されています。

はやい話、ピントを合わせるスピードがめっちゃ速いです。まさにはやい話

たとえば競馬の撮影では、馬は右から左に(あるいは逆に)駆けぬけて、撮影者との距離がめまぐるしく変化していきます。

1枚撮った次の瞬間には、馬は先へ進んでいて、進んだ先にピントを合わせているうちにシャッターチャンスを逃してしまう…!

そんなことがないように、1枚撮って2枚目を撮るときには、レンズがその場所に速攻でピントを合わせてくれます
さらに3枚目、4枚目、5枚目、とピントを合わせ続けらます


↓シャッタースピードを遅くしても、馬の目にピントが合い続ける!
1枚目
2枚目
3枚目
露出時間:1/80秒

このレンズを使えば、撮りたい一瞬を逃さずにすむんです!



★ものすごいコスパ!

これだけの性能を持ちながら、そのお値段なんと189,500円(税別)!
キヤノン純正だと、絶対にありえない価格設定です。

そして、私が2011年4月にこのレンズを購入した時は15万5千円くらいでした。

それが2015年1月現在の価格12万5千円ちょい!
ずいぶん安くなりましたねぇ。ちょっとショックです…( ̄▽ ̄;)





★外観

・型番
型番
SIGMA DG」=フルサイズ、APS-Cサイズの両方に対応。
APO」=特殊低分散ガラス採用望遠レンズ。
HSM」=AFスピードの高速化と静粛性。
OS」=手ブレ補正。


・ナナメ前から
ナナメ下から
大迫力です!


・正面から
前方上から
カメラにレンズがついている、というより、
レンズにカメラがついているって感じですね。


・縮める
ちぢめる
焦点距離50mm


・伸ばす
のばす
焦点距離500mm



もし望遠レンズや超望遠レンズの購入を考えているなら、
このレンズを強くオススメします!



前回:私が重~い「一眼レフ」を愛用する、たった1つの理由。





記事を閉じる▲
①これ1本で、超望遠から標準までカバー!

まず超望遠500mmがすごい!めっちゃ遠くにある被写体を、ぐっと手繰り寄せることができます!柵の向こうの競走馬も、遥かかなたの月面も、ファインダーに大写しです!

そこからぐーっと引いて引いて引いて、なんと50mm!完全に標準域まで戻って来られちゃいます

これ1本で500~50mmまでカバーしてしまう、冗談みたいなレンズ。
それが「SIGMA APO 50-500mm F4.5-6.3 HSM」です!


↓野球場の客席から、グラウンドでパフォーマンス中のマスコットを撮影。
クラッチ&スラィリー
焦点距離:500mm

↓今度はいきなり客席に現れたマスコットを、あわてて真横から激写!
クラッチ&トランペット
焦点距離:50mm  絞り値:F4.5

超望遠レンズで、目とハナの先の被写体も撮れてしまう対応力がすごい!




②流し撮りに最適な手ブレ補正モード!

このレンズには、「手ブレ補正OS機構」というのが搭載されていています。

はやい話が手ブレに強いです。このバカでっかいレンズで、一脚や三脚を使わずに、手持ち撮影が普通にできちゃいます。肩こるけど。

切替スイッチ

さて、この「OS」ですが、ちょっと上の画像を見てください。
「OFF」「1」「2」っていう切替スイッチがありますよね?
実は、このレンズの手ブレ補正には2つのモードがありまして、

モード1風景やスナップ撮影に最適
モード2モータースポーツ等の流し撮りに最適

と、使い分けることができるんです!

流し撮りをする時、「上下は手ブレ補正してほしいけど、左右はしないでほしいなァ」という要望をかなえてくれるのが「モード2」で、上下の動きにだけ補正がかかって、左右に対しては補正がかかりません

カメラを右から左、左から右に振って撮影しても大丈夫!というわけです。

おかげで私は、趣味の競馬撮影が捗っています!



③AF(オートフォーカス)が速い!

このレンズには「HSM(ハイパーソニックモーター)」という、やたらカッコイイ名前のモーターが搭載されています。

はやい話、ピントを合わせるスピードがめっちゃ速いです。まさにはやい話

たとえば競馬の撮影では、馬は右から左に(あるいは逆に)駆けぬけて、撮影者との距離がめまぐるしく変化していきます。

1枚撮った次の瞬間には、馬は先へ進んでいて、進んだ先にピントを合わせているうちにシャッターチャンスを逃してしまう…!

そんなことがないように、1枚撮って2枚目を撮るときには、レンズがその場所に速攻でピントを合わせてくれます
さらに3枚目、4枚目、5枚目、とピントを合わせ続けらます


↓シャッタースピードを遅くしても、馬の目にピントが合い続ける!
1枚目
2枚目
3枚目
露出時間:1/80秒

このレンズを使えば、撮りたい一瞬を逃さずにすむんです!



★ものすごいコスパ!

これだけの性能を持ちながら、そのお値段なんと189,500円(税別)!
キヤノン純正だと、絶対にありえない価格設定です。

そして、私が2011年4月にこのレンズを購入した時は15万5千円くらいでした。

それが2015年1月現在の価格12万5千円ちょい!
ずいぶん安くなりましたねぇ。ちょっとショックです…( ̄▽ ̄;)





★外観

・型番
型番
SIGMA DG」=フルサイズ、APS-Cサイズの両方に対応。
APO」=特殊低分散ガラス採用望遠レンズ。
HSM」=AFスピードの高速化と静粛性。
OS」=手ブレ補正。


・ナナメ前から
ナナメ下から
大迫力です!


・正面から
前方上から
カメラにレンズがついている、というより、
レンズにカメラがついているって感じですね。


・縮める
ちぢめる
焦点距離50mm


・伸ばす
のばす
焦点距離500mm



もし望遠レンズや超望遠レンズの購入を考えているなら、
このレンズを強くオススメします!



前回:私が重~い「一眼レフ」を愛用する、たった1つの理由。




【2015/01/17 00:01】 | カメラ |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可