FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「ゾンビサイド ブラック・プレイグ」




★ルール確認③

黒疫禍-r3-01

今回は、
ラウンドの中に2つあるフェイズのうちの2つ目、
ゾンビフェイズに起こることを確認していきましょう!

前回:ルール確認②-攻撃について
今回:ルール確認③-ゾンビフェイズ←いまココ
次回:


繰り返しになりますが、
この「ゾンビサイド」の各ラウンドは、

1.生存者フェイズ

2.ゾンビフェイズ

という2つのフェイズで構成されています。

そして、
生存者フェイズがプレイヤーたちのフェイズならば、
その直後のゾンビフェイズゾンビたちのフェイズです。

ゾンビフェイズには、
ゾンビたちがキャラクターに接近し、攻撃して、
さらには新たなゾンビがうじゃうじゃと湧き出てきます…!


そんなゾンビたちは、
プレイヤーが自由に操ることのできるキャラクターたちと違い、
一から十まで決められたルールに沿って動くことになりますので、
この記事では、そのルールを一つ一つチェックしていきましょう!



★ゾンビフェイズの大まかな流れ

まず、ざっくりとしたゾンビフェイズの流れですが、

ステップ1:行動(攻撃or移動)

ステップ2:出現

という2つのステップで進行していきます。



☆ステップ1:行動(攻撃or移動)

ゾンビフェイズのステップ1は"行動"です。

このステップでは、
キャラクターと同じゾーンに居るゾンビはキャラクターを攻撃して、
キャラクターと異なるゾーンに居るゾンビ移動を行います。

黒疫禍-r3-02
▲例えば、この画像の場合、
▲左のゾンビはキャラクターと同じゾーンに居て、
▲右のゾンビはキャラクターと異なるゾーンに居ますが――

黒疫禍-r3-03
キャラクターと同じゾーンに居るゾンビは、キャラクターを攻撃し…、

黒疫禍-r3-04
1ダメージを与えて、

黒疫禍-r3-05
キャラクターと異なるゾーンに居るゾンビは、
▲キャラクターが居るゾーンを目指して移動してくるというわけです。

ゾンビたちは、
いずれも攻撃移動1アクションのみを行いますので、
攻撃をしたゾンビは移動を行いませんし、
移動をしたゾンビは攻撃を行いません。
(※2アクションの俊足体については後述)



☆ステップ2:出現

ゾンビフェイズのステップ2は"出現"です。

プレイするシナリオの設定によって、
地図タイル上にゾンビ出現トークンが設置されているならば、
そのトークンがあるゾーンからゾンビが出現します。

黒疫禍-r3-06
▲このように、ゾンビ出現トークンが設置されている場合…、

黒疫禍-r3-07
ゾンビカード1枚引いて、
▲その指示の通りに新たなゾンビを配置しなければなりません。

黒疫禍-r3-08
▲こうして、"行動"と"出現"の2つのステップが終わったら、
▲次のラウンドの生存者フェイズへ移行します。



ここからは、
ステップ1の"攻撃"と"移動"についてと、
ステップ2の"出現"について、
より詳しく見ていきましょう!



★ゾンビの攻撃

ゾンビフェイズのステップ1:行動で、
ゾンビと同じゾーンに居るキャラクターは、ゾンビから攻撃を受けます

具体的には、
キャラクターは同じゾーンに居るゾンビの数ぶんのダメージを受けるのです。

つまり、
同じゾーンにゾンビが1体居れば1ダメージを受けて、
同じゾーンにゾンビが4体居れば4ダメージを受けるということですね。


☆キャラクターが2体以上居る場合

もしも、
同じゾーンにキャラクターが2体以上居て、
ゾンビから攻撃を受ける場合、
受けるダメージは自由に割り振ることができます

黒疫禍-r3-09
▲例えば、ネリーサムソン4ダメージを受けることになり、

黒疫禍-r3-10
黒疫禍-r3-11
▲両名とも、あと3ダメージ死亡してしまう場合…、

黒疫禍-r3-12
▲お互いに2ダメージずつを割り振れば、

黒疫禍-r3-13
黒疫禍-r3-14
▲どちらも死亡を免れることができるという寸法です!!

黒疫禍-r3-15
▲一方で、ネリーサムソン5ダメージを受ける場合は…、

黒疫禍-r3-16
サムソン5ダメージを振り分けることによって、

黒疫禍-r3-17
サムソン死亡してしまいますが、
(※ちなみに復活手段は皆無)

黒疫禍-r3-18
ネリーノーダメージで生存させることができます…!



☆鎧と盾

黒疫禍-r3-19
探索のアクションで入手できる<鎧><盾>といった防具は、
ダイスの出目次第でゾンビからの攻撃を軽減できるアイテムです。

黒疫禍-r3-20
▲防具には"防護"という数値があり、
▲例えば、"防護5+"の<革鎧>を装備したネリーが…、

黒疫禍-r3-21
▲ゾンビから5ダメージを受けると決めた場合――

黒疫禍-r3-22
▲ダイスを5個振って、
▲""か""の出目のダイスの数だけダメージが軽減されます。

つまり、
受けたダメージの数(=)だけダイスを振って、
"防護"の値(="5以上")の出目の数だけダメージを軽減できるわけですね。

黒疫禍-r3-23
▲本来は5ダメージを受けて死亡するはずのネリーでしたが、
5以上の出目3個あったおかげで3ダメージが軽減され、
▲差し引き2ダメージを受けるのみで済みました…!

黒疫禍-r3-24
▲一方の<盾>には、使用方法に2つの選択肢があります。

すなわち、
単純に"防護4+"として鎧の代わりに使用するか、
一緒に装備している<鎧>のダイスの振り直しに使用するかです。

黒疫禍-r3-25
▲例えば、このような装備でゾンビの攻撃を受ける場合――

<革鎧>の代わりに<盾>で防御するならば、
単純に"防護+4"でダイスを振ることになり、

<革鎧>で防御するならば、
"防護+5"でダイスを振って、その結果が不満であれば、
1回だけダイスを振り直すことができます
(振り直す場合は、全てのダイスを振り直さなければならない)

なお、<革鎧><盾>で1回ずつ防御することはできません。



☆鎧と"鋼の肉体"

黒疫禍-r3-26
▲キャラクターの一人であるサムソンは、
▲"鋼の肉体"という技能を持っています。

鋼の肉体とは、
ダメージを受ける際に"防護+5"でダイスを振れるというもので、
つまりは<鎧>を装備せずとも素で"防護+5"を持っているわけです。

黒疫禍-r3-27

それでは、
ただでさえ鋼の肉体を持つサムソンが、
さらに<鎧>を装備するとどうなるかというと、
振ったダイスの出目に"+1"の補正が入ります!

黒疫禍-r3-28
▲例えば、"防護3+"の<プレートアーマー>を装備したサムソンが、

黒疫禍-r3-29
5ダメージを受けて、5個のダイスを振った場合、
▲これらのダイスの出目は全て「+1」の補正が入り、
▲「」「」「」「」「」となりますので…、

黒疫禍-r3-30
▲この場合は、なんとノーダメージになるわけですね!!

黒疫禍-r3-31
▲さらにさらに、これに<盾>まで装備した場合は、
▲"防護3+"と"出目+1"に"振り直し"まで加わって、
▲鉄壁のタンク役を務めることができるでしょう!

ただし、
あまりにもダメージを一身に受けすぎると、
ダイス運に見放されたときに大ダメージを受ける可能性がありますので、
ある程度は同じゾーンの味方にダメージを分散させておくのも手ですね。
(※防護のダイスを振るのは、ダメージを割り振った後)



★ゾンビの移動

ゾンビフェイズのステップ1:行動で、
同じゾーンにキャラクターが居らず、攻撃しなかったゾンビは、
攻撃の代わりに1ゾーンの移動を行います

この移動で、どの方向に移動するかは、
ゾンビの視界内にキャラクターが居るか否か
あるいは物音の大きさによって決まりますので、
プレイヤーは、その通りにゾンビを動かさなければなりません。


☆視界内にキャラクターが居る場合

ゾンビの視界内にキャラクターが居る場合
ゾンビは、そのキャラクターが居るゾーンの方向へ1ゾーン移動します

なお、
ゾンビからキャラクターが見えているか否かについての判定は、
キャラクターからゾンビが見えているか否かと同じ要領です。
(※ルール確認②-攻撃ついて参照)

黒疫禍-r3-32
▲状況その1。
左下のゾンビの視界内には、左上のネリーが居ますので…、

黒疫禍-r3-33
▲このゾンビは、ネリーの居るゾーンを目指して、
▲(右方向ではなく)上方向へ1ゾーン移動します。

黒疫禍-r3-34
▲状況その2。
左下のゾンビの視界内には、上方向のネリーだけでなく、
▲右方向のサムソンクローヴィスも居ますが――

この場合、ゾンビの行方を決定するのは"物音"です。

キャラクター1体を"音量1"として、
より音量の大きなゾーンの方へゾンビは移動します

黒疫禍-r3-35
▲この状況では、ネリーのゾーンは音量1で、
サムソンクローヴィスのゾーンは音量2になりますので、
▲ゾンビはサムソンクローヴィスのゾーンの方向へ移動するわけです。

黒疫禍-r3-36
▲状況その3。
左下のゾンビの視界内にはネリーサムソンが居ますが、
ネリーの居るゾーンには物音トークン1つあります。

この物音トークン音量1とカウントしますので――

黒疫禍-r3-37
▲この状況では、音量2ネリーのゾーンの方向へ移動するわけですね。

黒疫禍-r3-38
▲状況その4。
ネリーのゾーンは音量1で、右下のゾーンは音量2ですが…、

黒疫禍-r3-39
▲あくまで最優先は視界内のキャラクターですので、
▲ゾンビはネリーのゾーンの方向へ移動します。



☆視界内にキャラクターが居ない場合

ゾンビの視界内にキャラクターが1体も居ない場合
ゾンビが目指すのは、距離に関係なく音量が最大のゾーンです

そして、そのゾーンへの最短ルートの方向へ1ゾーン移動します。

黒疫禍-r3-40
▲状況その5。

黒疫禍-r3-41
右上のゾンビの視界内には、キャラクターが1体も居ません。

この場合は、全てのゾーンの中で、
最も音量の大きなゾーンを目指すことになります。

黒疫禍-r3-42
▲結果、左のゾーン音量2で、中央のゾーン音量3ですので、
右上のゾンビ中央のゾーンを目指すことになりました。

ここから中央のゾーンへの最短ルートを割り出すことになりますが…、

黒疫禍-r3-43
左回りのルートでは6ゾーンの移動となり、

黒疫禍-r3-44
右回りのルートでは4ゾーンの移動となりますので、

黒疫禍-r3-45
右上のゾンビは、最短ルートの右回りの方向へ1ゾーン移動します



☆最短ルートが2つ以上ある場合

ここまでの説明を聞いていると、
このような疑問が浮かぶかもしれません。

それじゃあ、最短ルートが2つある場合はどうなるの?

黒疫禍-r3-46
▲状況その6。
▲右上のゾンビの視界内にはキャラクターが1体も居らず、
▲その上、音量2のゾーンが2ヵ所あって、
▲しかも、どちらもゾンビからは同じ距離であるような場合。

こういうときって、だいたいのボードゲームでは、
どちらの方向に移動するかをプレイヤーが選べるじゃないですか。

それが、この「ゾンビサイド」では違うんですよ。

どうなるかというと…どちらの方向にも移動します!!!

黒疫禍-r3-47
▲つまり、ゾンビが分裂するのです!!

1体が分裂する場合は、1体と1体に、
2体が分裂する場合は、1体と1体に、
3体が分裂する場合は、2体と2体に。

元のゾンビの数が奇数の場合、なんとゾンビが1体増えます!

この分裂は、ゾンビの種類ごとに行いますので、

例えば、
標準体が1体、俊足体が2体、肥大体が3体居た場合は、
標準体は1体と1体に、
俊足体は1体と1体に、
肥大体は2体と2体に、
それぞれ分裂してしまうのです…!

このような分裂を発生させないためには――

黒疫禍-r3-48
▲生存者フェイズの大きな音を立てるアクションを駆使して…、

黒疫禍-r3-49
▲複数の最短ルートをつくらないようにする必要があります!



☆俊足体は2アクション!!

全てのゾンビの中で唯一、
1フェイズに2アクションを行える厄介者が俊足体です。

黒疫禍-r3-50
▲例えば、キャラクターの隣のゾーンに標準体俊足体が居る場合、

黒疫禍-r3-51
▲ステップ1でどちらも移動して、
標準体はそれだけでアクションを終えますが…、

黒疫禍-r3-52
2アクション目がある俊足体は、そこから攻撃してきます!!

あるいは、
初めからキャラクターと同じゾーンに俊足体が居たら、
その俊足体はキャラクターに2回の攻撃をすることになり…、

黒疫禍-r3-53
▲このような状況であったとしたら、

黒疫禍-r3-54
▲2ゾーン向こうから駆け抜けてきて…、

黒疫禍-r3-55
▲一気にキャラクターの元に到達してしまうわけです!

移動+移動にしても、
攻撃+攻撃にしても、
移動+攻撃にしても、
肥大体とは別の意味で厄介なゾンビですので、
相手にする際は、計算ミスをしないように気を付けましょう…!



★ゾンビの出現

ステップ1:行動が終わったら、次はステップ2:出現です!

黒疫禍-r3-56
▲このステップでは、
ゾンビ出現トークンがあるゾーンから新たなゾンビが出現します…!



☆ゾンビカード

ゾンビの出現方法ですが、これは非常にシンプルで――

黒疫禍-r3-57
ゾンビ出現トークン1つにつき、ゾンビカード1枚引いて、
そのゾンビカードに示されているゾンビを出現させるという流れです。

このとき、
プレイヤーたちのキャラクターのレベルが高ければ高いほど、
より強力で、より多くのゾンビが出現します…!


黒疫禍-r3-58
黒疫禍-r3-59
▲例えば、全てのキャラクターが青レベルであれば…、

黒疫禍-r3-60
標準体1体だけの出現で済むところが――

黒疫禍-r3-61
▲誰か1人だけでも黄レベルになっていたら…、

黒疫禍-r3-62
▲なんと標準体4体も出現してしまうのです…( ̄▽ ̄;)

すべてのキャラクターの中で、
いちばん高いキャラクターのレベルが参照されますので、
レベルアップも計画的に行わなければなりませんね!



☆複数のゾンビ出現トークン

ゾンビ出現トークン複数ある場合は、
まず"起点"となるゾンビ出現トークン1ヵ所決めて、
そこから時計回りでに1ヵ所ずつゾンビ出現の処理をしていきます

黒疫禍-r3-63
▲今回は、3ヵ所あるゾンビ出現トークンのうち、
上のゾンビ出現トークン起点として進めていきましょう。

黒疫禍-r3-64
▲まず、起点ゾンビ出現トークンに対して、ゾンビカード1枚引きます。

黒疫禍-r3-65
▲現在のキャラクターの最高レベルが黄レベルだとすると…、

黒疫禍-r3-66
▲上のゾーンには俊足体1体出現するわけですね。

黒疫禍-r3-67
▲時計回りで、次は右のゾンビ出現トークンに対して、
ゾンビカード1枚引きます。

黒疫禍-r3-68
▲引いたカードは<二倍出現>でした!!

黒疫禍-r3-69
<二倍出現>を引いた場合、そのゾーンにはゾンビが出現しませんが…、

黒疫禍-r3-70
時計回りで次のゾンビ出現トークンに対して、
ゾンビカード2枚引かなければなりません…!

とはいえ、
次が3つあるうちの最後のゾンビ出現トークンですからね。

これでゾンビの出現も打ち止めだろうと、
左のゾンビ出現トークンに対してゾンビカード2枚引いた結果――

黒疫禍-r3-71
▲1枚は標準体4体の出現でしたので、

黒疫禍-r3-72
左のゾーンにゾンビを出現させますが…、

黒疫禍-r3-73
▲問題は、またもや引いてしまった<二倍出現>です!!

黒疫禍-r3-74
<二倍出現>を引いてしまった以上は、必ず、
時計回りで次のゾンビ出現トークンに対して、
2枚ゾンビカードを引かなければなりません。

つまり、一周まわって、
ふたたび起点ゾンビ出現トークンに対して、
ゾンビカードを引かなければならないのです!

黒疫禍-r3-75
▲そうして、上のゾンビ出現トークンに対して引いた2枚が、
▲よりによって、どちらも<二倍出現>!!

この場合は――

黒疫禍-r3-76
▲さらに時計回りで次のゾンビ出現トークンに対して、
▲2×2=4枚ものゾンビカードを引かなければなりません…!

黒疫禍-r3-77
▲結果、変異体1体標準体3体肥大体1体が、

黒疫禍-r3-78
▲大挙して押し寄せてしまった上に…、

黒疫禍-r3-79
<追加行動+1>を引いたので、

黒疫禍-r3-80
▲盤上の全ての標準体追加の1アクションを行うことになりました!

これがゾンビの恐ろしさですね…( ̄▽ ̄;)

ゾンビカードの引き次第では、大きな連鎖が発生してしまい、
一気に増殖したゾンビが、いきなり行動してくることもあるのです…!



ゾンビが"行動"し、そして"出現"したら、その後、

盤上の物音トークンを全て除去して
親プレイヤーが時計回りで次のプレイヤーに移って

ラウンド終了となります。

そして、また新たなラウンドの生存者フェイズへ…となるわけですね。


これで、ラウンドの流れはひと通り確認できましたが、
まだ補足すべきことが少しだけ残っていますので、
どこかのタイミングで、もう一記事だけ書く予定です♪( ̄▽ ̄*)



ゾンビサイド 関連記事
→次回:
開封記事

ボードゲーム記事一覧








記事を閉じる▲


繰り返しになりますが、
この「ゾンビサイド」の各ラウンドは、

1.生存者フェイズ

2.ゾンビフェイズ

という2つのフェイズで構成されています。

そして、
生存者フェイズがプレイヤーたちのフェイズならば、
その直後のゾンビフェイズゾンビたちのフェイズです。

ゾンビフェイズには、
ゾンビたちがキャラクターに接近し、攻撃して、
さらには新たなゾンビがうじゃうじゃと湧き出てきます…!


そんなゾンビたちは、
プレイヤーが自由に操ることのできるキャラクターたちと違い、
一から十まで決められたルールに沿って動くことになりますので、
この記事では、そのルールを一つ一つチェックしていきましょう!



★ゾンビフェイズの大まかな流れ

まず、ざっくりとしたゾンビフェイズの流れですが、

ステップ1:行動(攻撃or移動)

ステップ2:出現

という2つのステップで進行していきます。



☆ステップ1:行動(攻撃or移動)

ゾンビフェイズのステップ1は"行動"です。

このステップでは、
キャラクターと同じゾーンに居るゾンビはキャラクターを攻撃して、
キャラクターと異なるゾーンに居るゾンビ移動を行います。

黒疫禍-r3-02
▲例えば、この画像の場合、
▲左のゾンビはキャラクターと同じゾーンに居て、
▲右のゾンビはキャラクターと異なるゾーンに居ますが――

黒疫禍-r3-03
キャラクターと同じゾーンに居るゾンビは、キャラクターを攻撃し…、

黒疫禍-r3-04
1ダメージを与えて、

黒疫禍-r3-05
キャラクターと異なるゾーンに居るゾンビは、
▲キャラクターが居るゾーンを目指して移動してくるというわけです。

ゾンビたちは、
いずれも攻撃移動1アクションのみを行いますので、
攻撃をしたゾンビは移動を行いませんし、
移動をしたゾンビは攻撃を行いません。
(※2アクションの俊足体については後述)



☆ステップ2:出現

ゾンビフェイズのステップ2は"出現"です。

プレイするシナリオの設定によって、
地図タイル上にゾンビ出現トークンが設置されているならば、
そのトークンがあるゾーンからゾンビが出現します。

黒疫禍-r3-06
▲このように、ゾンビ出現トークンが設置されている場合…、

黒疫禍-r3-07
ゾンビカード1枚引いて、
▲その指示の通りに新たなゾンビを配置しなければなりません。

黒疫禍-r3-08
▲こうして、"行動"と"出現"の2つのステップが終わったら、
▲次のラウンドの生存者フェイズへ移行します。



ここからは、
ステップ1の"攻撃"と"移動"についてと、
ステップ2の"出現"について、
より詳しく見ていきましょう!



★ゾンビの攻撃

ゾンビフェイズのステップ1:行動で、
ゾンビと同じゾーンに居るキャラクターは、ゾンビから攻撃を受けます

具体的には、
キャラクターは同じゾーンに居るゾンビの数ぶんのダメージを受けるのです。

つまり、
同じゾーンにゾンビが1体居れば1ダメージを受けて、
同じゾーンにゾンビが4体居れば4ダメージを受けるということですね。


☆キャラクターが2体以上居る場合

もしも、
同じゾーンにキャラクターが2体以上居て、
ゾンビから攻撃を受ける場合、
受けるダメージは自由に割り振ることができます

黒疫禍-r3-09
▲例えば、ネリーサムソン4ダメージを受けることになり、

黒疫禍-r3-10
黒疫禍-r3-11
▲両名とも、あと3ダメージ死亡してしまう場合…、

黒疫禍-r3-12
▲お互いに2ダメージずつを割り振れば、

黒疫禍-r3-13
黒疫禍-r3-14
▲どちらも死亡を免れることができるという寸法です!!

黒疫禍-r3-15
▲一方で、ネリーサムソン5ダメージを受ける場合は…、

黒疫禍-r3-16
サムソン5ダメージを振り分けることによって、

黒疫禍-r3-17
サムソン死亡してしまいますが、
(※ちなみに復活手段は皆無)

黒疫禍-r3-18
ネリーノーダメージで生存させることができます…!



☆鎧と盾

黒疫禍-r3-19
探索のアクションで入手できる<鎧><盾>といった防具は、
ダイスの出目次第でゾンビからの攻撃を軽減できるアイテムです。

黒疫禍-r3-20
▲防具には"防護"という数値があり、
▲例えば、"防護5+"の<革鎧>を装備したネリーが…、

黒疫禍-r3-21
▲ゾンビから5ダメージを受けると決めた場合――

黒疫禍-r3-22
▲ダイスを5個振って、
▲""か""の出目のダイスの数だけダメージが軽減されます。

つまり、
受けたダメージの数(=)だけダイスを振って、
"防護"の値(="5以上")の出目の数だけダメージを軽減できるわけですね。

黒疫禍-r3-23
▲本来は5ダメージを受けて死亡するはずのネリーでしたが、
5以上の出目3個あったおかげで3ダメージが軽減され、
▲差し引き2ダメージを受けるのみで済みました…!

黒疫禍-r3-24
▲一方の<盾>には、使用方法に2つの選択肢があります。

すなわち、
単純に"防護4+"として鎧の代わりに使用するか、
一緒に装備している<鎧>のダイスの振り直しに使用するかです。

黒疫禍-r3-25
▲例えば、このような装備でゾンビの攻撃を受ける場合――

<革鎧>の代わりに<盾>で防御するならば、
単純に"防護+4"でダイスを振ることになり、

<革鎧>で防御するならば、
"防護+5"でダイスを振って、その結果が不満であれば、
1回だけダイスを振り直すことができます
(振り直す場合は、全てのダイスを振り直さなければならない)

なお、<革鎧><盾>で1回ずつ防御することはできません。



☆鎧と"鋼の肉体"

黒疫禍-r3-26
▲キャラクターの一人であるサムソンは、
▲"鋼の肉体"という技能を持っています。

鋼の肉体とは、
ダメージを受ける際に"防護+5"でダイスを振れるというもので、
つまりは<鎧>を装備せずとも素で"防護+5"を持っているわけです。

黒疫禍-r3-27

それでは、
ただでさえ鋼の肉体を持つサムソンが、
さらに<鎧>を装備するとどうなるかというと、
振ったダイスの出目に"+1"の補正が入ります!

黒疫禍-r3-28
▲例えば、"防護3+"の<プレートアーマー>を装備したサムソンが、

黒疫禍-r3-29
5ダメージを受けて、5個のダイスを振った場合、
▲これらのダイスの出目は全て「+1」の補正が入り、
▲「」「」「」「」「」となりますので…、

黒疫禍-r3-30
▲この場合は、なんとノーダメージになるわけですね!!

黒疫禍-r3-31
▲さらにさらに、これに<盾>まで装備した場合は、
▲"防護3+"と"出目+1"に"振り直し"まで加わって、
▲鉄壁のタンク役を務めることができるでしょう!

ただし、
あまりにもダメージを一身に受けすぎると、
ダイス運に見放されたときに大ダメージを受ける可能性がありますので、
ある程度は同じゾーンの味方にダメージを分散させておくのも手ですね。
(※防護のダイスを振るのは、ダメージを割り振った後)



★ゾンビの移動

ゾンビフェイズのステップ1:行動で、
同じゾーンにキャラクターが居らず、攻撃しなかったゾンビは、
攻撃の代わりに1ゾーンの移動を行います

この移動で、どの方向に移動するかは、
ゾンビの視界内にキャラクターが居るか否か
あるいは物音の大きさによって決まりますので、
プレイヤーは、その通りにゾンビを動かさなければなりません。


☆視界内にキャラクターが居る場合

ゾンビの視界内にキャラクターが居る場合
ゾンビは、そのキャラクターが居るゾーンの方向へ1ゾーン移動します

なお、
ゾンビからキャラクターが見えているか否かについての判定は、
キャラクターからゾンビが見えているか否かと同じ要領です。
(※ルール確認②-攻撃ついて参照)

黒疫禍-r3-32
▲状況その1。
左下のゾンビの視界内には、左上のネリーが居ますので…、

黒疫禍-r3-33
▲このゾンビは、ネリーの居るゾーンを目指して、
▲(右方向ではなく)上方向へ1ゾーン移動します。

黒疫禍-r3-34
▲状況その2。
左下のゾンビの視界内には、上方向のネリーだけでなく、
▲右方向のサムソンクローヴィスも居ますが――

この場合、ゾンビの行方を決定するのは"物音"です。

キャラクター1体を"音量1"として、
より音量の大きなゾーンの方へゾンビは移動します

黒疫禍-r3-35
▲この状況では、ネリーのゾーンは音量1で、
サムソンクローヴィスのゾーンは音量2になりますので、
▲ゾンビはサムソンクローヴィスのゾーンの方向へ移動するわけです。

黒疫禍-r3-36
▲状況その3。
左下のゾンビの視界内にはネリーサムソンが居ますが、
ネリーの居るゾーンには物音トークン1つあります。

この物音トークン音量1とカウントしますので――

黒疫禍-r3-37
▲この状況では、音量2ネリーのゾーンの方向へ移動するわけですね。

黒疫禍-r3-38
▲状況その4。
ネリーのゾーンは音量1で、右下のゾーンは音量2ですが…、

黒疫禍-r3-39
▲あくまで最優先は視界内のキャラクターですので、
▲ゾンビはネリーのゾーンの方向へ移動します。



☆視界内にキャラクターが居ない場合

ゾンビの視界内にキャラクターが1体も居ない場合
ゾンビが目指すのは、距離に関係なく音量が最大のゾーンです

そして、そのゾーンへの最短ルートの方向へ1ゾーン移動します。

黒疫禍-r3-40
▲状況その5。

黒疫禍-r3-41
右上のゾンビの視界内には、キャラクターが1体も居ません。

この場合は、全てのゾーンの中で、
最も音量の大きなゾーンを目指すことになります。

黒疫禍-r3-42
▲結果、左のゾーン音量2で、中央のゾーン音量3ですので、
右上のゾンビ中央のゾーンを目指すことになりました。

ここから中央のゾーンへの最短ルートを割り出すことになりますが…、

黒疫禍-r3-43
左回りのルートでは6ゾーンの移動となり、

黒疫禍-r3-44
右回りのルートでは4ゾーンの移動となりますので、

黒疫禍-r3-45
右上のゾンビは、最短ルートの右回りの方向へ1ゾーン移動します



☆最短ルートが2つ以上ある場合

ここまでの説明を聞いていると、
このような疑問が浮かぶかもしれません。

それじゃあ、最短ルートが2つある場合はどうなるの?

黒疫禍-r3-46
▲状況その6。
▲右上のゾンビの視界内にはキャラクターが1体も居らず、
▲その上、音量2のゾーンが2ヵ所あって、
▲しかも、どちらもゾンビからは同じ距離であるような場合。

こういうときって、だいたいのボードゲームでは、
どちらの方向に移動するかをプレイヤーが選べるじゃないですか。

それが、この「ゾンビサイド」では違うんですよ。

どうなるかというと…どちらの方向にも移動します!!!

黒疫禍-r3-47
▲つまり、ゾンビが分裂するのです!!

1体が分裂する場合は、1体と1体に、
2体が分裂する場合は、1体と1体に、
3体が分裂する場合は、2体と2体に。

元のゾンビの数が奇数の場合、なんとゾンビが1体増えます!

この分裂は、ゾンビの種類ごとに行いますので、

例えば、
標準体が1体、俊足体が2体、肥大体が3体居た場合は、
標準体は1体と1体に、
俊足体は1体と1体に、
肥大体は2体と2体に、
それぞれ分裂してしまうのです…!

このような分裂を発生させないためには――

黒疫禍-r3-48
▲生存者フェイズの大きな音を立てるアクションを駆使して…、

黒疫禍-r3-49
▲複数の最短ルートをつくらないようにする必要があります!



☆俊足体は2アクション!!

全てのゾンビの中で唯一、
1フェイズに2アクションを行える厄介者が俊足体です。

黒疫禍-r3-50
▲例えば、キャラクターの隣のゾーンに標準体俊足体が居る場合、

黒疫禍-r3-51
▲ステップ1でどちらも移動して、
標準体はそれだけでアクションを終えますが…、

黒疫禍-r3-52
2アクション目がある俊足体は、そこから攻撃してきます!!

あるいは、
初めからキャラクターと同じゾーンに俊足体が居たら、
その俊足体はキャラクターに2回の攻撃をすることになり…、

黒疫禍-r3-53
▲このような状況であったとしたら、

黒疫禍-r3-54
▲2ゾーン向こうから駆け抜けてきて…、

黒疫禍-r3-55
▲一気にキャラクターの元に到達してしまうわけです!

移動+移動にしても、
攻撃+攻撃にしても、
移動+攻撃にしても、
肥大体とは別の意味で厄介なゾンビですので、
相手にする際は、計算ミスをしないように気を付けましょう…!



★ゾンビの出現

ステップ1:行動が終わったら、次はステップ2:出現です!

黒疫禍-r3-56
▲このステップでは、
ゾンビ出現トークンがあるゾーンから新たなゾンビが出現します…!



☆ゾンビカード

ゾンビの出現方法ですが、これは非常にシンプルで――

黒疫禍-r3-57
ゾンビ出現トークン1つにつき、ゾンビカード1枚引いて、
そのゾンビカードに示されているゾンビを出現させるという流れです。

このとき、
プレイヤーたちのキャラクターのレベルが高ければ高いほど、
より強力で、より多くのゾンビが出現します…!


黒疫禍-r3-58
黒疫禍-r3-59
▲例えば、全てのキャラクターが青レベルであれば…、

黒疫禍-r3-60
標準体1体だけの出現で済むところが――

黒疫禍-r3-61
▲誰か1人だけでも黄レベルになっていたら…、

黒疫禍-r3-62
▲なんと標準体4体も出現してしまうのです…( ̄▽ ̄;)

すべてのキャラクターの中で、
いちばん高いキャラクターのレベルが参照されますので、
レベルアップも計画的に行わなければなりませんね!



☆複数のゾンビ出現トークン

ゾンビ出現トークン複数ある場合は、
まず"起点"となるゾンビ出現トークン1ヵ所決めて、
そこから時計回りでに1ヵ所ずつゾンビ出現の処理をしていきます

黒疫禍-r3-63
▲今回は、3ヵ所あるゾンビ出現トークンのうち、
上のゾンビ出現トークン起点として進めていきましょう。

黒疫禍-r3-64
▲まず、起点ゾンビ出現トークンに対して、ゾンビカード1枚引きます。

黒疫禍-r3-65
▲現在のキャラクターの最高レベルが黄レベルだとすると…、

黒疫禍-r3-66
▲上のゾーンには俊足体1体出現するわけですね。

黒疫禍-r3-67
▲時計回りで、次は右のゾンビ出現トークンに対して、
ゾンビカード1枚引きます。

黒疫禍-r3-68
▲引いたカードは<二倍出現>でした!!

黒疫禍-r3-69
<二倍出現>を引いた場合、そのゾーンにはゾンビが出現しませんが…、

黒疫禍-r3-70
時計回りで次のゾンビ出現トークンに対して、
ゾンビカード2枚引かなければなりません…!

とはいえ、
次が3つあるうちの最後のゾンビ出現トークンですからね。

これでゾンビの出現も打ち止めだろうと、
左のゾンビ出現トークンに対してゾンビカード2枚引いた結果――

黒疫禍-r3-71
▲1枚は標準体4体の出現でしたので、

黒疫禍-r3-72
左のゾーンにゾンビを出現させますが…、

黒疫禍-r3-73
▲問題は、またもや引いてしまった<二倍出現>です!!

黒疫禍-r3-74
<二倍出現>を引いてしまった以上は、必ず、
時計回りで次のゾンビ出現トークンに対して、
2枚ゾンビカードを引かなければなりません。

つまり、一周まわって、
ふたたび起点ゾンビ出現トークンに対して、
ゾンビカードを引かなければならないのです!

黒疫禍-r3-75
▲そうして、上のゾンビ出現トークンに対して引いた2枚が、
▲よりによって、どちらも<二倍出現>!!

この場合は――

黒疫禍-r3-76
▲さらに時計回りで次のゾンビ出現トークンに対して、
▲2×2=4枚ものゾンビカードを引かなければなりません…!

黒疫禍-r3-77
▲結果、変異体1体標準体3体肥大体1体が、

黒疫禍-r3-78
▲大挙して押し寄せてしまった上に…、

黒疫禍-r3-79
<追加行動+1>を引いたので、

黒疫禍-r3-80
▲盤上の全ての標準体追加の1アクションを行うことになりました!

これがゾンビの恐ろしさですね…( ̄▽ ̄;)

ゾンビカードの引き次第では、大きな連鎖が発生してしまい、
一気に増殖したゾンビが、いきなり行動してくることもあるのです…!



ゾンビが"行動"し、そして"出現"したら、その後、

盤上の物音トークンを全て除去して
親プレイヤーが時計回りで次のプレイヤーに移って

ラウンド終了となります。

そして、また新たなラウンドの生存者フェイズへ…となるわけですね。


これで、ラウンドの流れはひと通り確認できましたが、
まだ補足すべきことが少しだけ残っていますので、
どこかのタイミングで、もう一記事だけ書く予定です♪( ̄▽ ̄*)



ゾンビサイド 関連記事
→次回:
開封記事

ボードゲーム記事一覧







【2019/05/25 00:01】 | ルール説明 【タグ】 ゾンビサイド  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可