FC2ブログ
RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
★近況報告&星屑の自作ボードゲーム2019

近況報告2019-01


★近況報告

ボードゲーマーの皆さん、ご無沙汰しております!
大分県宇佐市でボードゲーム!」の管理人・星屑です

当ブログは、今年の6月に、


…というツイートをして以来、
更新頻度を落とすどころか、全く更新できない状況になっておりました。

その理由というのが、いくつかの個人的な「チャレンジ」です。

中でも大きなものが「転職活動」で、
一般企業や自衛隊を受験するために、
勉強や企業研究や面接対策などに明け暮れていて、
ブログに手をつけることができませんでした…!

近況報告2019-02近況報告2019-04
近況報告2019-03近況報告2019-05
*その一環としての自衛隊のヘリコプターへの体験搭乗(UH-60JA)

そうして臨んだ採用試験ですが、いずれも結果は"不合格"…( ̄▽ ̄;)

家業のコンビニという狭い世界で、長らく生きてきた星屑にとっては、
厳しい社会の洗礼を浴び、自身の無力さを思い知らされたわけです。

"お祈り"という結果が出揃った後、星屑は少しヤケ気味になり、
ビジネスバッグの中の、勉強に使っていた数冊の大学ノートを、
無造作にゴミ箱へポイしようとして…ふと、思いとどまりました。

このときの星屑は、それはもうクサクサしていて、
鏡をのぞくと、そこに死んだ魚のような目をした自分がいる感じでしたが、
とある一枚のマジック・ザ・ギャザリングのカード》を思い出したことで、
心境に変化が生じたのです。

そのカードというのは――

近況報告2019-06
《死の芽吹き》

"死体から植物が芽吹いている"という、
ぞわぞわするようなアートワークのカードですが、
これこそが、いまの自分に必要なものだと考えました。

"自分は一度、死んだものと考えて、
そこから、また何かを芽吹かせればいいんだ
"と。

好きなアニソンの一節に、

何度でも蘇る 花を咲かせよう♪ (サクラサク/林原めぐみ)


…というナイスなフレーズもありますし!

星屑は、捨てようとした大学ノートのうち、
まだ白紙のページが残っているものをデスクに持ち込み、
その大学ノートこそを"チャレンジの残骸"だと見立てて、
あえて、そこから何かを生み出そうとしたのです。

数式が並ぶページの、となりの白紙のページに、
星屑自作ボードゲームの設計図を描き始めました。

近況報告2019-07

そこは普通、
次の採用試験や、資格取得へ向けて勉強を再開するところ――

というのは理解していましたが、
これまで知識のインプットばかりで、
パンパンに膨れ上がっていた星屑の頭の中を、
逆にアウトプットすることで、さながらジェット風船を飛ばすかのように、
いったんプシュ~ッと吐き出して昇華してやらないことには、
どうにも先へ進める気がしなかったのです。

近況報告2019-08
*福岡ドームのジェット風船

そんなアウトプットの手段として、
ボードゲームの制作」というのは、とても良いものでした。

長らく拘束されていた"時間"と"頭のメモリ"から鎖が解かれた星屑は、
思う存分、湧き上がる創作意欲をノートに叩きつけて、
自作のボードゲームをカタチにしていったのです。

そうして1つ、2つと考案し、調整し、製作したボードゲームは、
うちのボードゲーム会にて「テストプレイ」をさせてもらいました。

近況報告2019-09
*プレイ後の感想タイム

しかも、他のプレイヤーさんも自作のボードゲームを持ち込んでくれて
どんどんテストプレイの輪は広がっていきます…!

近況報告2019-10

近況報告2019-11

勉強の残骸となっていたボロボロの大学ノートから、
今度は自作ボードゲームというが芽吹いたのを、
確かに感じた瞬間でした!
近況報告2019-12

こうして、星屑は目にハイライトを取り戻し、
やっとブログにも復帰できそうだ…と思いきや――

いわゆる一つの、一難さってまた一難。

10年以上に渡る夜勤生活によって、ついにガタがきたのか、
唐突に「パニック障害」を患ってしまったのです。

不幸中の幸いだったのは、
星屑のパニック障害は、人が大勢いる場所でではなく、
むしろ、自分ひとりの時にこそ発作が起こりがちなものでしたので、
ボードゲーム会の主催を継続することは可能だったことですね。

とはいえ、
大きな発作を起こして救急車のお世話になること3回、
中くらいの発作も度々で、軽微な発作はしょっちゅう…となると、
星屑の生活はガタガタになってしまいました。

近況報告2019-13
▲パニック発作の際の発信履歴。
▲いかに混乱しているか分かりますね…汗

それでも現在は、
福岡市の、星屑が絶対的な信頼を寄せるお医者さまにかかって、
少しずつ少しずつ、パニック発作のコントロールに励んでいます。

しかしながら、ブログへの復帰は全く見通すことができません

と、いうのも、
ボードゲームひと作品の記事を作成するにあたっては、
実際にプレイして写真撮影をして写真の加工をして
記事の構成を考えて文章を書いて文字色やフォントを調整して
推敲して妻の最終チェックを受けて――と、とにかく工程が多く、
いまの星屑には、それだけのパワーが足りないのです…。

年末恒例の「星屑が選ぶ今年のボードゲームBEST3」は、
ちゃんと書き上げることができましたので、明日、更新しますが、
その先については…温かく見守っていただけたらと思いますm(_ _)m

かなり個人的な内容の記事になってしまいましたが、
ここまで読んでいただいて本当に恐縮です。

こんな感じではありますが、
どうか、これからも当ブログをよろしくお願いします!



★星屑の自作ボードゲーム2019

せっかくですので、
星屑が目にハイライトを取り戻すきっかけになった、
3作の自作ボードゲームを、さらっと紹介させていただきましょう…!

いずれも、いまだテストプレイを重ねている最中ですので、
きちっとした紹介は、また改めてさせてもらいたいですね♪( ̄▽ ̄*)



☆ワンポイント

近況報告2019-14

タイトル&サブタイトルの通り、
ワンポイント・リリーフの投手が打者を打ち取るゲームです。

近況報告2019-15
*コンポーネント

4人プレイの場合、全プレイヤーのうち、
1人が「監督」になり、残り3人が「投手」になります。

このゲームは、全員が同じチームに所属していて、
みんなでリーグ優勝を目指しつつも、
いちばん活躍したのが誰かを競うという形式です。

まず、投手たちがブルペンで投球練習をすることによって、
その日の"キている球"が何であるかが判明して…、

近況報告2019-16
*ブルペン/監督ボード

監督は、それを参考にして、
試合終盤の7・8・9イニングス目に1度ずつ迎える大ピンチに、
それぞれ、3人のうち誰をマウンドに送るかを決めなければなりません

近況報告2019-17
*プレイヤーたちの対戦相手となるバッターカード(約20種)
*強打者を打ち取れば活躍ポイントが上乗せされる!

監督の采配は絶対で、指名された投手はマウンドに上がり、
絶体絶命のピンチを切り抜けることを目指します。

近況報告2019-18
*ピンチカード

無事に無得点、あるいは1失点で抑えることができれば、
その内容に応じて登板した投手監督に"活躍ポイント"が入り、
逆に2失点以上してしまうと両者ともポイントを失ってしまうわけです。

指名した監督指名された投手は、まさに運命共同体…!

なお、攻撃については監督に一任されていて、
7、8、9回の3イニングスに1回ずつ、
出目が「0,0,1,1,2,2」のダイスを振り、
その数字が、そのまま自軍の得点となります。

近況報告2019-19
*得点ダイス

さらに、とある条件で入手できる監督カードを使えば、
より試合展開を有利に運ぶことができるかもしれません♪

近況報告2019-20
*発動条件とタイミングと効果が記された監督カード

全4ラウンド、つまり4試合を戦い、
必ず4人全員が1度ずつ監督を担当することになります

※本来の監督がギックリ腰により床に伏せってしまい、
 チームの精神的支柱であるプレイヤーたちが、
 持ち回りで監督を代行するという設定。

近況報告2019-21
*サマリー

全ての試合を終えた時点で、
チームが優勝していれば全員の勝利で、
その中でも活躍ポイントが最多のプレイヤーが"MVP"です。

一方、優勝できなければ全員の敗北となってしまいます。

みんなで協力してチームを優勝させつつも、
しれっと他のプレイヤーを出し抜いて、MVPを目指しましょう♪




☆おまえとおれの物語(仮)近況報告2019-22
いまだタイトルに(仮)が付いていますが、
TRPGを手軽にボードゲームで!といったニュアンスのゲームです。

近況報告2019-23
*コンポーネント

制作のキッカケは、星屑の弟分のなつくんの、

「TRPGに興味があるけど、星屑さんと2人だけでやりたい」
「あと、自分星屑さんを"守る役"がいい」

…などという供述でした!( ̄▽ ̄;)

それを、そのまんまカタチにしてみたら――

近況報告2019-24
▲こうなって…、

近況報告2019-25
▲こうなったわけです。

この段階でのゲームの内容としては、
2人パーティーでダンジョンに乗り込んでいって、
ばったばったと敵をなぎ倒し――

"スミストーン"という装備の素材的なものと、

近況報告2019-26
▲"スキルスター"という経験値的なものを得て、

新たなスキルの習得や、装備の強化を行い、
制限日数内にスキルと装備を整えて目標をクリアする!というもの。

スミストーンもスキルスターも、布袋から引くスタイルなので、
いわゆる"ドロップ"の運によって左右されるというところに、
星屑の好みを盛り込んでみました。

ちなみに、プレイヤーキャラクターが1人でも倒れてしまうと、
そのダンジョン内で拾ったドロップをロストしてしまいます
ので、
引き際が肝心というバースト系の要素も入っています。

ただ、このゲームについては、
ちょっと違う視点から作り直せないかと思案中で、
もしかすると全くの別ゲーに化けるかもしれません…!




☆ダイスフォート近況報告2019-27
建材に見立てたダイスで砦をつくり、
自身の黒歴史を守りつつ、他人の黒歴史を暴くゲームです。

近況報告2019-28
*コンポーネント

ビデオゲームの「マインちゃんクラフト」や「ドラ君ビルダーズ」を、
こよなく愛するプレイヤーたちが、たまたま同時に眠りにつき、
みんな一緒にブロックの世界に迷い込むというストーリー。

しかも、唯一の持ち込み品が"自身の黒歴史の書"で、
これが防水加工防火加工までされている上に、
地中深くに埋めても気が付いたら手元に戻ってきているという、
まさに呪いのアイテムだったのです…!

困ったプレイヤーたちは、
そんな黒歴史を安置する唯一の方法"封印"の建築を考案して、
とりあえず一件落着かと思われました。

近況報告2019-29

ところが、
"誰かが自分の封印を破壊して黒歴史を暴くのではないか"と、
疑心暗鬼になった一人のプレイヤーが、
自身の陣地を敷き、防壁で囲み、封印のダミーまで用意し、
さらには巨大な砲塔まで築き上げてしまいます!!!

近況報告2019-30
*青ダイスが「防壁」、赤ダイスが「砲塔」、黄ダイスが「封印(ダミーあり)

自分の黒歴史が暴かれるくらいなら、先に他人の黒歴史を暴いて、
ずっと"ベッドの上で足をバタバタ状態"にしてやる――


そうすれば、こちらの黒歴史を暴く気力も消え失せよう――

これに黙っているわけにはいかない他のプレイヤーたちも、
おのおの自身の砦の建築を進めていき…、

近況報告2019-31
*他のゲームのコンポーネントをお借りしてのテストプレイ中

最終局面では、実際に自陣の砲塔から「砲弾」を撃ち出して、
自分以外の全ての封印破壊を目指すのです…!

近況報告2019-32
*小さな20面ダイスを「砲弾」に見立てて指で弾く!


以上、今年の自作ボードゲーム3作品でした♪( ̄▽ ̄*)

来年の今日までには、
完成版の記事を書けるように、制作を進めていきたいと思います!


記事を閉じる▲


★近況報告

ボードゲーマーの皆さん、ご無沙汰しております!
大分県宇佐市でボードゲーム!」の管理人・星屑です

当ブログは、今年の6月に、


…というツイートをして以来、
更新頻度を落とすどころか、全く更新できない状況になっておりました。

その理由というのが、いくつかの個人的な「チャレンジ」です。

中でも大きなものが「転職活動」で、
一般企業や自衛隊を受験するために、
勉強や企業研究や面接対策などに明け暮れていて、
ブログに手をつけることができませんでした…!

近況報告2019-02近況報告2019-04
近況報告2019-03近況報告2019-05
*その一環としての自衛隊のヘリコプターへの体験搭乗(UH-60JA)

そうして臨んだ採用試験ですが、いずれも結果は"不合格"…( ̄▽ ̄;)

家業のコンビニという狭い世界で、長らく生きてきた星屑にとっては、
厳しい社会の洗礼を浴び、自身の無力さを思い知らされたわけです。

"お祈り"という結果が出揃った後、星屑は少しヤケ気味になり、
ビジネスバッグの中の、勉強に使っていた数冊の大学ノートを、
無造作にゴミ箱へポイしようとして…ふと、思いとどまりました。

このときの星屑は、それはもうクサクサしていて、
鏡をのぞくと、そこに死んだ魚のような目をした自分がいる感じでしたが、
とある一枚のマジック・ザ・ギャザリングのカード》を思い出したことで、
心境に変化が生じたのです。

そのカードというのは――

近況報告2019-06
《死の芽吹き》

"死体から植物が芽吹いている"という、
ぞわぞわするようなアートワークのカードですが、
これこそが、いまの自分に必要なものだと考えました。

"自分は一度、死んだものと考えて、
そこから、また何かを芽吹かせればいいんだ
"と。

好きなアニソンの一節に、

何度でも蘇る 花を咲かせよう♪ (サクラサク/林原めぐみ)


…というナイスなフレーズもありますし!

星屑は、捨てようとした大学ノートのうち、
まだ白紙のページが残っているものをデスクに持ち込み、
その大学ノートこそを"チャレンジの残骸"だと見立てて、
あえて、そこから何かを生み出そうとしたのです。

数式が並ぶページの、となりの白紙のページに、
星屑自作ボードゲームの設計図を描き始めました。

近況報告2019-07

そこは普通、
次の採用試験や、資格取得へ向けて勉強を再開するところ――

というのは理解していましたが、
これまで知識のインプットばかりで、
パンパンに膨れ上がっていた星屑の頭の中を、
逆にアウトプットすることで、さながらジェット風船を飛ばすかのように、
いったんプシュ~ッと吐き出して昇華してやらないことには、
どうにも先へ進める気がしなかったのです。

近況報告2019-08
*福岡ドームのジェット風船

そんなアウトプットの手段として、
ボードゲームの制作」というのは、とても良いものでした。

長らく拘束されていた"時間"と"頭のメモリ"から鎖が解かれた星屑は、
思う存分、湧き上がる創作意欲をノートに叩きつけて、
自作のボードゲームをカタチにしていったのです。

そうして1つ、2つと考案し、調整し、製作したボードゲームは、
うちのボードゲーム会にて「テストプレイ」をさせてもらいました。

近況報告2019-09
*プレイ後の感想タイム

しかも、他のプレイヤーさんも自作のボードゲームを持ち込んでくれて
どんどんテストプレイの輪は広がっていきます…!

近況報告2019-10

近況報告2019-11

勉強の残骸となっていたボロボロの大学ノートから、
今度は自作ボードゲームというが芽吹いたのを、
確かに感じた瞬間でした!
近況報告2019-12

こうして、星屑は目にハイライトを取り戻し、
やっとブログにも復帰できそうだ…と思いきや――

いわゆる一つの、一難さってまた一難。

10年以上に渡る夜勤生活によって、ついにガタがきたのか、
唐突に「パニック障害」を患ってしまったのです。

不幸中の幸いだったのは、
星屑のパニック障害は、人が大勢いる場所でではなく、
むしろ、自分ひとりの時にこそ発作が起こりがちなものでしたので、
ボードゲーム会の主催を継続することは可能だったことですね。

とはいえ、
大きな発作を起こして救急車のお世話になること3回、
中くらいの発作も度々で、軽微な発作はしょっちゅう…となると、
星屑の生活はガタガタになってしまいました。

近況報告2019-13
▲パニック発作の際の発信履歴。
▲いかに混乱しているか分かりますね…汗

それでも現在は、
福岡市の、星屑が絶対的な信頼を寄せるお医者さまにかかって、
少しずつ少しずつ、パニック発作のコントロールに励んでいます。

しかしながら、ブログへの復帰は全く見通すことができません

と、いうのも、
ボードゲームひと作品の記事を作成するにあたっては、
実際にプレイして写真撮影をして写真の加工をして
記事の構成を考えて文章を書いて文字色やフォントを調整して
推敲して妻の最終チェックを受けて――と、とにかく工程が多く、
いまの星屑には、それだけのパワーが足りないのです…。

年末恒例の「星屑が選ぶ今年のボードゲームBEST3」は、
ちゃんと書き上げることができましたので、明日、更新しますが、
その先については…温かく見守っていただけたらと思いますm(_ _)m

かなり個人的な内容の記事になってしまいましたが、
ここまで読んでいただいて本当に恐縮です。

こんな感じではありますが、
どうか、これからも当ブログをよろしくお願いします!



★星屑の自作ボードゲーム2019

せっかくですので、
星屑が目にハイライトを取り戻すきっかけになった、
3作の自作ボードゲームを、さらっと紹介させていただきましょう…!

いずれも、いまだテストプレイを重ねている最中ですので、
きちっとした紹介は、また改めてさせてもらいたいですね♪( ̄▽ ̄*)



☆ワンポイント

近況報告2019-14

タイトル&サブタイトルの通り、
ワンポイント・リリーフの投手が打者を打ち取るゲームです。

近況報告2019-15
*コンポーネント

4人プレイの場合、全プレイヤーのうち、
1人が「監督」になり、残り3人が「投手」になります。

このゲームは、全員が同じチームに所属していて、
みんなでリーグ優勝を目指しつつも、
いちばん活躍したのが誰かを競うという形式です。

まず、投手たちがブルペンで投球練習をすることによって、
その日の"キている球"が何であるかが判明して…、

近況報告2019-16
*ブルペン/監督ボード

監督は、それを参考にして、
試合終盤の7・8・9イニングス目に1度ずつ迎える大ピンチに、
それぞれ、3人のうち誰をマウンドに送るかを決めなければなりません

近況報告2019-17
*プレイヤーたちの対戦相手となるバッターカード(約20種)
*強打者を打ち取れば活躍ポイントが上乗せされる!

監督の采配は絶対で、指名された投手はマウンドに上がり、
絶体絶命のピンチを切り抜けることを目指します。

近況報告2019-18
*ピンチカード

無事に無得点、あるいは1失点で抑えることができれば、
その内容に応じて登板した投手監督に"活躍ポイント"が入り、
逆に2失点以上してしまうと両者ともポイントを失ってしまうわけです。

指名した監督指名された投手は、まさに運命共同体…!

なお、攻撃については監督に一任されていて、
7、8、9回の3イニングスに1回ずつ、
出目が「0,0,1,1,2,2」のダイスを振り、
その数字が、そのまま自軍の得点となります。

近況報告2019-19
*得点ダイス

さらに、とある条件で入手できる監督カードを使えば、
より試合展開を有利に運ぶことができるかもしれません♪

近況報告2019-20
*発動条件とタイミングと効果が記された監督カード

全4ラウンド、つまり4試合を戦い、
必ず4人全員が1度ずつ監督を担当することになります

※本来の監督がギックリ腰により床に伏せってしまい、
 チームの精神的支柱であるプレイヤーたちが、
 持ち回りで監督を代行するという設定。

近況報告2019-21
*サマリー

全ての試合を終えた時点で、
チームが優勝していれば全員の勝利で、
その中でも活躍ポイントが最多のプレイヤーが"MVP"です。

一方、優勝できなければ全員の敗北となってしまいます。

みんなで協力してチームを優勝させつつも、
しれっと他のプレイヤーを出し抜いて、MVPを目指しましょう♪




☆おまえとおれの物語(仮)近況報告2019-22
いまだタイトルに(仮)が付いていますが、
TRPGを手軽にボードゲームで!といったニュアンスのゲームです。

近況報告2019-23
*コンポーネント

制作のキッカケは、星屑の弟分のなつくんの、

「TRPGに興味があるけど、星屑さんと2人だけでやりたい」
「あと、自分星屑さんを"守る役"がいい」

…などという供述でした!( ̄▽ ̄;)

それを、そのまんまカタチにしてみたら――

近況報告2019-24
▲こうなって…、

近況報告2019-25
▲こうなったわけです。

この段階でのゲームの内容としては、
2人パーティーでダンジョンに乗り込んでいって、
ばったばったと敵をなぎ倒し――

"スミストーン"という装備の素材的なものと、

近況報告2019-26
▲"スキルスター"という経験値的なものを得て、

新たなスキルの習得や、装備の強化を行い、
制限日数内にスキルと装備を整えて目標をクリアする!というもの。

スミストーンもスキルスターも、布袋から引くスタイルなので、
いわゆる"ドロップ"の運によって左右されるというところに、
星屑の好みを盛り込んでみました。

ちなみに、プレイヤーキャラクターが1人でも倒れてしまうと、
そのダンジョン内で拾ったドロップをロストしてしまいます
ので、
引き際が肝心というバースト系の要素も入っています。

ただ、このゲームについては、
ちょっと違う視点から作り直せないかと思案中で、
もしかすると全くの別ゲーに化けるかもしれません…!




☆ダイスフォート近況報告2019-27
建材に見立てたダイスで砦をつくり、
自身の黒歴史を守りつつ、他人の黒歴史を暴くゲームです。

近況報告2019-28
*コンポーネント

ビデオゲームの「マインちゃんクラフト」や「ドラ君ビルダーズ」を、
こよなく愛するプレイヤーたちが、たまたま同時に眠りにつき、
みんな一緒にブロックの世界に迷い込むというストーリー。

しかも、唯一の持ち込み品が"自身の黒歴史の書"で、
これが防水加工防火加工までされている上に、
地中深くに埋めても気が付いたら手元に戻ってきているという、
まさに呪いのアイテムだったのです…!

困ったプレイヤーたちは、
そんな黒歴史を安置する唯一の方法"封印"の建築を考案して、
とりあえず一件落着かと思われました。

近況報告2019-29

ところが、
"誰かが自分の封印を破壊して黒歴史を暴くのではないか"と、
疑心暗鬼になった一人のプレイヤーが、
自身の陣地を敷き、防壁で囲み、封印のダミーまで用意し、
さらには巨大な砲塔まで築き上げてしまいます!!!

近況報告2019-30
*青ダイスが「防壁」、赤ダイスが「砲塔」、黄ダイスが「封印(ダミーあり)

自分の黒歴史が暴かれるくらいなら、先に他人の黒歴史を暴いて、
ずっと"ベッドの上で足をバタバタ状態"にしてやる――


そうすれば、こちらの黒歴史を暴く気力も消え失せよう――

これに黙っているわけにはいかない他のプレイヤーたちも、
おのおの自身の砦の建築を進めていき…、

近況報告2019-31
*他のゲームのコンポーネントをお借りしてのテストプレイ中

最終局面では、実際に自陣の砲塔から「砲弾」を撃ち出して、
自分以外の全ての封印破壊を目指すのです…!

近況報告2019-32
*小さな20面ダイスを「砲弾」に見立てて指で弾く!


以上、今年の自作ボードゲーム3作品でした♪( ̄▽ ̄*)

来年の今日までには、
完成版の記事を書けるように、制作を進めていきたいと思います!

【2019/12/30 00:01】 | 制作記 【タグ】 ワンポイント  ダイスフォート  
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可