RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
そんなのに心構えなんているの?と思うかもしれませんが…

コルト・エクスプレス機関車ケーキ
私が自分でオーダーした誕生日ケーキ

★そもそも自分でオーダーした理由

このたび私星屑は、27歳の誕生日を迎えました!ワーパチパチパチ!!

…迎えたんですが、私はあることに気付いてしまったんです。

昨年の自分の誕生日の、誕生日ケーキがどんなだったか思い出せない…!
ケーキの前に食べたからあげの味は覚えてるのに、ケーキの記憶がない!

これはヤバイ!と思いましたが、忘れてしまったものは仕方ありません。
ここは今年のケーキを記憶に残るものにしようと、切り替えていくことにしました。

聞いた話、最近のケーキ屋さんはケーキに絵を描いてくれるらしい!
ちょうど、私には描いてもらいたい絵があって、それが…

ボードゲーム「コルト・エクスプレス」の機関車!

コピー
箱をカラーコピーしました。

さっそく私はコルト・エクスプレスのコピーを手に、大分県宇佐市の、とあるケーキ屋さんに向かいました。

妻に任せてもよかったんですが、ケーキ屋さんとの打ち合わせは本人がした方が手っ取り早そうですし、自分で行くことにしたのです。

この打ち合わせで、自分のちっぽけすぎるプライドが試されるとも知らずに…!



★結論から言うと、"幼い息子へ"と勘違いされてしまった!
絵については、すんなりとOKが出ました。
コピーを預かってもらって、私の望み通り機関車の絵を描いてもらえることになったのです。

問題はここから!

「機関車」=「きかんしゃ」→幼い息子さんへの誕生日ケーキ!

と勘違いされてしまい、その前提で話が進みはじめてしまったのです…!
きっと原因は「きかんしゃトーマス」あたり!私もトーマス好きだったけど!

とてもじゃないですが、いまさら「実は、私のケーキなんです…」なんて言い出せません!

27歳にもなって「誕生日ケーキは、きかんしゃがいい!」とか、よくよく考えたら恥ずかしすぎる!

ここは、なんとしても話を合わせて逃げ切りたい!

しかし店員さんからの容赦ない質問が、私に襲いかかります!



★店員さんからの質問の一部

「ケーキにお入れする、ご子息様のお名前は?」
→「え、えーっと、○○(自分の本名)…"くん"です…」

「お客様ご自身のお名前は?」
→「(うわぁ…!)え、えーっと、△△(姓のみ)…です」

ローソクは何本お付けしましょう?」
→「(これ答えたらバレる!)え、えーっと、なくて大丈夫です…」


苦し紛れの回答をつづける私!怪しい!怪しすぎる…!

そして、これ絶対バレてるよね…!



★私の屍を越えてゆけ!質問への回答集

コルト・エクスプレスの機関車ケーキと引き換えに、私はなにか大事なものを失ってしまいましたが、こんな悲劇は私一人でじゅうぶんです!

ここに店員さんからの質問の切り抜け方を考えておきましたので、自分で自分のケーキを注文する方は、ぜひ参考にしてください!


☆ローソクの本数→「別途、用意があります

まず、これが強烈なトラップです。
「大きいの2本と、小さいの7本でお願いします」とでも言おうものなら、すぐに年齢がバレてしまいます

ここは「ローソクは他で買って用意しているので、不要です」と切り抜けましょう!

最近は、数字型のローソクや、キャラクター物のローソクがあります。違和感ナシです。むしろ、特に理由もなく「いらないです」は怪しすぎます!


☆お子さんの名前→自分の名前でOK

ここは素直に自分の名前を答えておきます。

さすがに、誕生日ケーキに名前を書かないのは違和感アリアリですし、他人の名前が書かれた自分の誕生日ケーキなんてイヤすぎます!

ただし、あくまで息子(または娘)の名前という前提ですので、愛情を込める感じで店員さんに伝えるのを、お忘れなく。


☆注文者の名前→同性の家族の名前

ケーキに入れる名前と注文者の名前が同じでは、その時点でバレバレです。

注文者の名前を「姓のみ」で伝えるのもアリですが、もし万が一、下の名前まで聞かれたらピンチです!

そこで、父や兄弟(または母や姉妹)の名前を用意しておいて、もし聞かれたらそちらを答えましょう。



これで、安心して自分のケーキを注文できるはず!
健闘を祈ります!






記事を閉じる▲
絵については、すんなりとOKが出ました。
コピーを預かってもらって、私の望み通り機関車の絵を描いてもらえることになったのです。

問題はここから!

「機関車」=「きかんしゃ」→幼い息子さんへの誕生日ケーキ!

と勘違いされてしまい、その前提で話が進みはじめてしまったのです…!
きっと原因は「きかんしゃトーマス」あたり!私もトーマス好きだったけど!

とてもじゃないですが、いまさら「実は、私のケーキなんです…」なんて言い出せません!

27歳にもなって「誕生日ケーキは、きかんしゃがいい!」とか、よくよく考えたら恥ずかしすぎる!

ここは、なんとしても話を合わせて逃げ切りたい!

しかし店員さんからの容赦ない質問が、私に襲いかかります!



★店員さんからの質問の一部

「ケーキにお入れする、ご子息様のお名前は?」
→「え、えーっと、○○(自分の本名)…"くん"です…」

「お客様ご自身のお名前は?」
→「(うわぁ…!)え、えーっと、△△(姓のみ)…です」

ローソクは何本お付けしましょう?」
→「(これ答えたらバレる!)え、えーっと、なくて大丈夫です…」


苦し紛れの回答をつづける私!怪しい!怪しすぎる…!

そして、これ絶対バレてるよね…!



★私の屍を越えてゆけ!質問への回答集

コルト・エクスプレスの機関車ケーキと引き換えに、私はなにか大事なものを失ってしまいましたが、こんな悲劇は私一人でじゅうぶんです!

ここに店員さんからの質問の切り抜け方を考えておきましたので、自分で自分のケーキを注文する方は、ぜひ参考にしてください!


☆ローソクの本数→「別途、用意があります

まず、これが強烈なトラップです。
「大きいの2本と、小さいの7本でお願いします」とでも言おうものなら、すぐに年齢がバレてしまいます

ここは「ローソクは他で買って用意しているので、不要です」と切り抜けましょう!

最近は、数字型のローソクや、キャラクター物のローソクがあります。違和感ナシです。むしろ、特に理由もなく「いらないです」は怪しすぎます!


☆お子さんの名前→自分の名前でOK

ここは素直に自分の名前を答えておきます。

さすがに、誕生日ケーキに名前を書かないのは違和感アリアリですし、他人の名前が書かれた自分の誕生日ケーキなんてイヤすぎます!

ただし、あくまで息子(または娘)の名前という前提ですので、愛情を込める感じで店員さんに伝えるのを、お忘れなく。


☆注文者の名前→同性の家族の名前

ケーキに入れる名前と注文者の名前が同じでは、その時点でバレバレです。

注文者の名前を「姓のみ」で伝えるのもアリですが、もし万が一、下の名前まで聞かれたらピンチです!

そこで、父や兄弟(または母や姉妹)の名前を用意しておいて、もし聞かれたらそちらを答えましょう。



これで、安心して自分のケーキを注文できるはず!
健闘を祈ります!





【2015/01/23 00:01】 | その他 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可