RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
毎月末に、その月イチバンのボードゲームを紹介するコーナー。

2015年1月はコレ!

「コルト・エクスプレス」



2015年1月8日に日本語版が発売された、

列車強盗を「する」ゲーム!

保安官になって強盗から列車を守るのではなく、

強盗になって悪事をビシバシ働きます!


ちなみに、私はこのゲームが好きすぎて…

コルト・エクスプレス機関車ケーキ
誕生日ケーキをコルト・エクスプレスにしちゃいました!




★コンポーネント

☆マジで列車に乗る!

いきなりですが、このゲーム最大の特徴!

7
組み立て式立体列車

ボードゲームといいながら、ボードではありません
モノホンの列車を舞台に「立体的」にプレイします!

車内に乗り込んで、乗客から財布を奪ったり、
屋根の上で銃撃戦を繰り広げたり!




☆感動的な収納力

しかし、しかしですよ。
立体列車はいいけど、これプレイするたびに組み立てなきゃなの?
と、めんどくさがりな私は思ったわけですが。

とんでもなかった!

9
見てください!この良心的な設計
キッチリ箱に収まります!

われながら几帳面な私は、この画像を見るだけでアドレナリンがドバドバです!



コンポーネントについて、くわしくはこちら→[開封]




★ルール

☆イチバンの「お金持ち」が勝ち!

勝ち負けは、いたってシンプルです。
「財布」「宝石」「金庫」を強奪しまくって、イチバン金額の多い人が勝ち

4




☆乗客や保安官から奪え!

列車強盗ということで、乗客からガシガシ財布や宝石を頂戴します!

1
「命が惜しかったら、有り金全部よこしな!」


他にも、保安官が見張っている金庫を狙ったり、
車掌を人質にとって身代金を要求したりもできます!




☆他の盗賊とのバトル!

このゲームでは、自分以外みんな敵です!
他の盗賊(=他のプレイヤー)とも戦わなければなりません!

3
こんな感じで、銃撃戦が発生!
撃たれた盗賊は、じわじわと行動が制限されてしまいます…!

あるいは、相手をぶん殴って財布や宝石を落とさせて、それを拾う、なんてこともできます!




☆ラウンドごとに起きるイベント

各ラウンドの最後には、イベントが発生します。

7
たとえば「乗客の反撃」では、車内の盗賊がタコ殴りに…!

強奪や攻撃ばかりではなく、立ち回りも重要なゲームです。




★実際にプレイしてみました!


20
27
序盤から、妻しーぷと友人Fさんにバンバン撃たれまくる私星屑ですが、

71
保安官がとなりの車輌に移動したスキに、まんまと金庫を手に入れます。

32
51
これで頭ひとつ抜け出した星屑を、しーぷFさんが攻め立てますが、

34
盗賊ベルの特殊能力で、これを立て続けに回避します。

33
そのまま最後まで逃げ切って、星屑が勝利しました!

くわしい内容はこちら→プレイ記[1]




★プレイ後のレビュー

☆「計画通り!」の爽快感!

思い通りにコトが運ぶと、めっちゃ気持ちいいです!
パズルのピースがピタピタッと、はまっていくような!



☆相手のアクションが、見えすぎず、見えなさすぎず。

とはいえ、毎回うまくいくものでもありません。

相手のアクションを見てから、こちらのアクションを決められるときは楽ですが、相手のアクションが見えないまま、こちらのアクションを決めなければならないときもあります

そんなときは、見えている相手のアクションから、見えていない相手のアクションを読まなければなりませんが、これがなかなか難しい!
読みが外れると、自分の計画が総崩れになってしまうことも…!



☆計画通りにいかなかったときのモヤモヤ感!

計画が思い通りにいかないと、すごくモヤモヤします。
それでも成功時の爽快感を求めて、また挑戦したくなる

そんなゲームです!



☆射撃は「する」「しない」で分かれる

射撃が成功すると、相手を妨害できます。
さらに成功数が最高の盗賊は、$1000のボーナスが入ります

とはいえ、成功数が最高でなければ、まったく自分にメリットがなく、
射撃をすると、その分、強奪ができなくなってしまいます。

射撃をするならトコトン撃たないといけませんし、
しないなら、まったく撃たずに強奪に専念。

私の仲間内では、射撃に対してこんな意識になっています。



☆キャラクターの特殊能力に、かたよりがある。

先に述べたように、射撃自体に良し悪しがある以上、
射撃に関する特殊能力をもつキャラクターはビミョーな立ち位置です。

ここまでプレイしてみて、射撃に関する特殊能力をもつキャラクターは使いにくい印象です。

逆に、「ドローが1枚多い」「1ターン目のアクションを隠せる」といった、シンプルな能力をもつキャラクターが強い印象。

とはいえ、まだ3人プレイしかしていませんので、多人数のときにどうなるか、試してみたいところです。




★感想

なんというか、ノリの良いゲームです。
悪役って楽しい! 堂々と悪いことができる開放感がたまらない!

そしてバリバリ攻撃するわりには、ムードが良い感じ。

このゲームで大事なのは、めんどくさがらないことだと思います。

流れが追えなくなったとき、自分の計画が崩れたとき、
「あー、わかんない! どうしよう!」
ってならずに、じっくり考え直せるか。これ重要!

悪事を働くのも神経つかうんですね!(笑)

お利口さんに飽き飽きしたとき、このゲームがオススメです!



[←ボドゲ一覧]






記事を閉じる▲



★コンポーネント

☆マジで列車に乗る!

いきなりですが、このゲーム最大の特徴!

7
組み立て式立体列車

ボードゲームといいながら、ボードではありません
モノホンの列車を舞台に「立体的」にプレイします!

車内に乗り込んで、乗客から財布を奪ったり、
屋根の上で銃撃戦を繰り広げたり!




☆感動的な収納力

しかし、しかしですよ。
立体列車はいいけど、これプレイするたびに組み立てなきゃなの?
と、めんどくさがりな私は思ったわけですが。

とんでもなかった!

9
見てください!この良心的な設計
キッチリ箱に収まります!

われながら几帳面な私は、この画像を見るだけでアドレナリンがドバドバです!



コンポーネントについて、くわしくはこちら→[開封]




★ルール

☆イチバンの「お金持ち」が勝ち!

勝ち負けは、いたってシンプルです。
「財布」「宝石」「金庫」を強奪しまくって、イチバン金額の多い人が勝ち

4




☆乗客や保安官から奪え!

列車強盗ということで、乗客からガシガシ財布や宝石を頂戴します!

1
「命が惜しかったら、有り金全部よこしな!」


他にも、保安官が見張っている金庫を狙ったり、
車掌を人質にとって身代金を要求したりもできます!




☆他の盗賊とのバトル!

このゲームでは、自分以外みんな敵です!
他の盗賊(=他のプレイヤー)とも戦わなければなりません!

3
こんな感じで、銃撃戦が発生!
撃たれた盗賊は、じわじわと行動が制限されてしまいます…!

あるいは、相手をぶん殴って財布や宝石を落とさせて、それを拾う、なんてこともできます!




☆ラウンドごとに起きるイベント

各ラウンドの最後には、イベントが発生します。

7
たとえば「乗客の反撃」では、車内の盗賊がタコ殴りに…!

強奪や攻撃ばかりではなく、立ち回りも重要なゲームです。




★実際にプレイしてみました!


20
27
序盤から、妻しーぷと友人Fさんにバンバン撃たれまくる私星屑ですが、

71
保安官がとなりの車輌に移動したスキに、まんまと金庫を手に入れます。

32
51
これで頭ひとつ抜け出した星屑を、しーぷFさんが攻め立てますが、

34
盗賊ベルの特殊能力で、これを立て続けに回避します。

33
そのまま最後まで逃げ切って、星屑が勝利しました!

くわしい内容はこちら→プレイ記[1]




★プレイ後のレビュー

☆「計画通り!」の爽快感!

思い通りにコトが運ぶと、めっちゃ気持ちいいです!
パズルのピースがピタピタッと、はまっていくような!



☆相手のアクションが、見えすぎず、見えなさすぎず。

とはいえ、毎回うまくいくものでもありません。

相手のアクションを見てから、こちらのアクションを決められるときは楽ですが、相手のアクションが見えないまま、こちらのアクションを決めなければならないときもあります

そんなときは、見えている相手のアクションから、見えていない相手のアクションを読まなければなりませんが、これがなかなか難しい!
読みが外れると、自分の計画が総崩れになってしまうことも…!



☆計画通りにいかなかったときのモヤモヤ感!

計画が思い通りにいかないと、すごくモヤモヤします。
それでも成功時の爽快感を求めて、また挑戦したくなる

そんなゲームです!



☆射撃は「する」「しない」で分かれる

射撃が成功すると、相手を妨害できます。
さらに成功数が最高の盗賊は、$1000のボーナスが入ります

とはいえ、成功数が最高でなければ、まったく自分にメリットがなく、
射撃をすると、その分、強奪ができなくなってしまいます。

射撃をするならトコトン撃たないといけませんし、
しないなら、まったく撃たずに強奪に専念。

私の仲間内では、射撃に対してこんな意識になっています。



☆キャラクターの特殊能力に、かたよりがある。

先に述べたように、射撃自体に良し悪しがある以上、
射撃に関する特殊能力をもつキャラクターはビミョーな立ち位置です。

ここまでプレイしてみて、射撃に関する特殊能力をもつキャラクターは使いにくい印象です。

逆に、「ドローが1枚多い」「1ターン目のアクションを隠せる」といった、シンプルな能力をもつキャラクターが強い印象。

とはいえ、まだ3人プレイしかしていませんので、多人数のときにどうなるか、試してみたいところです。




★感想

なんというか、ノリの良いゲームです。
悪役って楽しい! 堂々と悪いことができる開放感がたまらない!

そしてバリバリ攻撃するわりには、ムードが良い感じ。

このゲームで大事なのは、めんどくさがらないことだと思います。

流れが追えなくなったとき、自分の計画が崩れたとき、
「あー、わかんない! どうしよう!」
ってならずに、じっくり考え直せるか。これ重要!

悪事を働くのも神経つかうんですね!(笑)

お利口さんに飽き飽きしたとき、このゲームがオススメです!



[←ボドゲ一覧]





【2015/01/31 00:01】 | その他 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可