RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「逃げゾンビ」



★エラッタ

2015/06/15更新のエラッタについて、
画像を使っておさらいしてみます。


★イベントダイス「ゾンビの目覚め」

逃げゾン-e-08
グレーのイベントダイス、地中から手が伸びている面は「ゾンビの目覚め」。
この効果について……



【誤】
 
 ゾンビコマを
 第2ゾーンに2個
 第3ゾーンに1個、
 ただちに出現させます。

逃げゾン-e-09
↑【誤】だと、第2ゾーンにゾンビコマが2個あります。



【正】
 
 ゾンビコマを
 第2ゾーンに1個
 第3ゾーンに1個、
 ただちに出現させます。

逃げゾン-e-10
↑【正】は、第2ゾーンにゾンビコマが1個です。



★アクションダイス「走る」

白のアクションダイス、人が走っている面は「走る」。
その効果について……



【誤】
 
 それぞれのゾーンにいるゾンビコマをすべて
 ひとつ前のゾーンに後退させます。

逃げゾン-e-01
この状態から、

逃げゾン-e-05
走る」の出目1個で、

逃げゾン-e-02
第1ゾーンのゾンビはすべて、第2ゾーンに後退。
第2ゾーンのゾンビはすべて、第3ゾーンに後退。
第3ゾーンのゾンビはすべて、ゾンビコマ置き場に戻す。

逃げゾン-e-03
走る」の出目2個だと、

逃げゾン-e-06
こんな感じ。

逃げゾン-e-04
走る」の出目3個だと、

逃げゾン-e-07
こんな感じ。



【正】

 任意のゾーンにいるゾンビコマを1個選び
 ひとつ前のゾーンに後退させます。

逃げゾン-e-01
↑この状態から、

逃げゾン-e-05
走る」の出目1個で、ゾンビコマ1個を後退させます。

逃げゾン-e-16
たとえば、第1ゾーンのゾンビコマ1個を、第2ゾーンへ後退。

逃げゾン-e-03
走る」の出目2個で、ゾンビコマ2個を後退させます。

逃げゾン-e-17
たとえば、
第1ゾーンのゾンビコマ1個を、第2ゾーンへ後退。
第3ゾーンのゾンビコマ1個を、ゾンビコマ置き場に戻す。



★キャラクターボード「野外活動愛好家」

6種類あるキャラクターボードの1枚、「野外活動愛好家」。
そのコンボボーナスのダイスの出目について……



【誤】

 「ゾンビ×3」

逃げゾン-e-11
他のキャラクターは5個の出目を指定してあるのに、
野外活動愛好家」のみ3個だけ。



【正】

 「ゾンビ×3」「バット×2

逃げゾン-e-12
ダイスを置いて表現してみました。



★早見表の枚数

逃げゾン-e-13
アクション&イベントダイス早見表」が1枚となっていますが、

逃げゾン-e-14
実際は2枚入っている、という話のようです。



★プレイヤーが5~6人の場合

逃げゾン-e-15
↑クリックで大きな画像が表示されます。

画像の3種類のカードには5~6人の場合について書いてありますが、
このゲームは4人までしか遊べません。

英語版で発売されている拡張セットを使えば、5~6人で遊べるようになるみたいですね。



特にアクション「走る」については、エラッタ適用で全然ちがうゲームになります!



プレイ記その1(前編)エラッタ未適用

開封

ボードゲーム一覧




記事を閉じる▲


★イベントダイス「ゾンビの目覚め」

逃げゾン-e-08
グレーのイベントダイス、地中から手が伸びている面は「ゾンビの目覚め」。
この効果について……



【誤】
 
 ゾンビコマを
 第2ゾーンに2個
 第3ゾーンに1個、
 ただちに出現させます。

逃げゾン-e-09
↑【誤】だと、第2ゾーンにゾンビコマが2個あります。



【正】
 
 ゾンビコマを
 第2ゾーンに1個
 第3ゾーンに1個、
 ただちに出現させます。

逃げゾン-e-10
↑【正】は、第2ゾーンにゾンビコマが1個です。



★アクションダイス「走る」

白のアクションダイス、人が走っている面は「走る」。
その効果について……



【誤】
 
 それぞれのゾーンにいるゾンビコマをすべて
 ひとつ前のゾーンに後退させます。

逃げゾン-e-01
この状態から、

逃げゾン-e-05
走る」の出目1個で、

逃げゾン-e-02
第1ゾーンのゾンビはすべて、第2ゾーンに後退。
第2ゾーンのゾンビはすべて、第3ゾーンに後退。
第3ゾーンのゾンビはすべて、ゾンビコマ置き場に戻す。

逃げゾン-e-03
走る」の出目2個だと、

逃げゾン-e-06
こんな感じ。

逃げゾン-e-04
走る」の出目3個だと、

逃げゾン-e-07
こんな感じ。



【正】

 任意のゾーンにいるゾンビコマを1個選び
 ひとつ前のゾーンに後退させます。

逃げゾン-e-01
↑この状態から、

逃げゾン-e-05
走る」の出目1個で、ゾンビコマ1個を後退させます。

逃げゾン-e-16
たとえば、第1ゾーンのゾンビコマ1個を、第2ゾーンへ後退。

逃げゾン-e-03
走る」の出目2個で、ゾンビコマ2個を後退させます。

逃げゾン-e-17
たとえば、
第1ゾーンのゾンビコマ1個を、第2ゾーンへ後退。
第3ゾーンのゾンビコマ1個を、ゾンビコマ置き場に戻す。



★キャラクターボード「野外活動愛好家」

6種類あるキャラクターボードの1枚、「野外活動愛好家」。
そのコンボボーナスのダイスの出目について……



【誤】

 「ゾンビ×3」

逃げゾン-e-11
他のキャラクターは5個の出目を指定してあるのに、
野外活動愛好家」のみ3個だけ。



【正】

 「ゾンビ×3」「バット×2

逃げゾン-e-12
ダイスを置いて表現してみました。



★早見表の枚数

逃げゾン-e-13
アクション&イベントダイス早見表」が1枚となっていますが、

逃げゾン-e-14
実際は2枚入っている、という話のようです。



★プレイヤーが5~6人の場合

逃げゾン-e-15
↑クリックで大きな画像が表示されます。

画像の3種類のカードには5~6人の場合について書いてありますが、
このゲームは4人までしか遊べません。

英語版で発売されている拡張セットを使えば、5~6人で遊べるようになるみたいですね。



特にアクション「走る」については、エラッタ適用で全然ちがうゲームになります!



プレイ記その1(前編)エラッタ未適用

開封

ボードゲーム一覧



【2015/06/18 00:01】 | その他 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可