RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インカの黄金ルール説明!

インカの黄金

<プレイ編>

[ラウンドの流れ]

①山札からカードを1枚めくる。
1枚目
めくるのは誰でもOK。

めくられたカードが、

アクシデントカードなら、
そのままへ進みます。

アクシデントカード
赤枠のカードがアクシデントカード



宝石カードなら、
さっそく宝石を全員で山分けします。

宝石カード
青枠のカードが宝石カード


・宝石カードの数字を人数で割り、あまりは宝石カードの上に乗せておきます

宝石の山分け
この場合、11÷3人=1人3個で、あまりが2個。


・山分けされた宝石は、自分の前に置いておきます。

自分の前にある宝石
自分の前に置いた宝石は、テントに入れるまでは得点になりません




②山札から次のカードをめくる前に、「進む」「帰る」の表明をする。

「進む」ならコマを握らず、
「帰る」ならコマを握って、

コブシを場に突き出します。

コブシを突き出して
カミさんに1人2役やってもらいました。


そして、「せーの」で全員一斉にコブシを開きます。

進退表明
何も握っていない人は「進む」(上)、コマを握っている人は「帰る」。


「帰る」人は、
自分の前にある宝石に、宝石カードの上の宝石も加えて
自分のテントの中に入れます。

帰り道の宝石
帰り道の宝石を拾える感じ。

宝石をテントへ
テントの中に入れた宝石は、得点になります。

帰った人は、このラウンド中、もう何も出来ません
進んだ人を煽ってアクシデントに遭わせましょう。見守りましょう!



「進む」人は、
そのままに進みます。




③山札からカードを1枚めくる。

めくられたカードが、

宝石カードなら、
進んだプレイヤーだけで宝石を山分けして、に戻ります。

2枚目の宝石カード
同じ「11」でも、2人で山分けすると1人5個ずつ!(あまり1個)



アクシデントカードの各種1枚目なら、
そのままに戻ります。

落石の予兆
各種1枚目のアクシデントカードは「予兆」で、実害はありません

アクシデントカード全5種
この場合も、それぞれ1枚目しか出ていないので、まだ実害はありません。



同じアクシデントカードの2枚目なら、
アクシデントが発生し、まだ帰っていない人は全員、自分の前に置いてある宝石を全て失います

落石のアクシデント発生
落石の2枚目なので、アクシデント発生

宝石ロスト
宝石を返却・・・




④ラウンドの終了。

・アクシデントが発生した。

または、

で「進む」人が0人になった。

の、どちらかでラウンドが終了します。





[次のラウンドへ]

①アクシデントでラウンドが終了していたら、
発生したアクシデントのカードを1枚、山札から抜いておく。

アクシデントカードの除外
アクシデントが発生するたびに、アクシデントの発生確率は下がっていく。



②ラウンドカードを1枚、表にする。

第1ラウンド終了
カード番号が消えて、色がつく。



それから、[ラウンドの流れ]のに戻る。





[ゲームの終了]

5枚目のラウンドカードを表にしたら、ゲーム終了。

ゲーム終了


この時点で、テントに誰よりも多く宝石を持っている人が勝利!





[ルールの補足]

・両替

宝石は3種類あって、それぞれ点数が違います。

3種類の宝石
は1点。
黒は5点。
?は10点。


緑だけを使っていたら足りなくなりますので、

「緑が5個たまったら黒1個に両替」
「黒が2個たまったら金1個に両替」

というふうに両替していくといいでしょう。



・カードの枚数

カードの内訳は、

14枚の宝石カード、

宝石カードすべて
最小が「1」で、最大が「15」。


15枚のアクシデントカード、

アクシデントカードすべて
火災落石ヘビミイラクモの5種類、各3枚ずつ。


合計29枚です。

過半数はアクシデントなんですね。



・本当はカードを使うけど…

[ラウンドの流れ]ので、
コマを使って「進む」「帰る」の表明をしていますが、

本当は、その表明のためのカードが付属されています。

「進む」「帰る」カード
「帰る」「進む」のカード。


しかし、このカードでの表明は、判りにくいですのでオススメしません。

コマ等を握って表明するやり方をオススメします。



・2人以上で「帰る」時

同時に2人以上で「帰る」時の、宝石カード上の宝石の獲得については、
カード1枚1枚で山分けしていきます。

(例1)↓の状況で、2人で帰る場合、
帰り道の宝石
左から「2個」「1個」「3個」「1個」の宝石が乗っています。

↓このように山分けします。
帰り道の山分け
「1個」は割れないので2人とも貰えません。「3個」は1人1個ずつで、あまり1個になります。



(例2)↓の状況で、3人で帰る場合は、誰も帰り道の宝石を獲得できません
山分け出来ず
左から「2個」「1個」「1個」「1個」で、どれも3人で割れません。

【2014/10/23 02:27】 | ルール説明 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。