RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
忙しいときはサクッとポエムを書いてみるコーナー!

今回のタイトルは、

「オヤの趣味を引き継ぐ」とかいう親孝行


「親孝行」について考えてみたんですよ。

ありきたりな話ですが、
星屑(27)、結婚して実家を出て、オヤのありがたみを痛感しました

いや、オヤってマジすごくね?

仕事して!
子ども育てて!
自分の趣味も楽しんで!

今の私では、仕事と趣味までしか手が回らないので、
子ども育てるなんて絶対に無理です。

でも、オヤは私を育て上げてくれたんだなーって。

そんな「オヤ」に、いわゆる「親孝行」を、と考えました。


「親孝行」と聞いて浮かぶモノ

温泉旅行とか?
肩たたき券とか?

いや、それはそれで喜んでくれそうだけれども、

もっとこう効果時間の長い、
ボードゲームでいえば"持続系"の親孝行はないだろうか…?

ストレートに

いや、それは今の生活じゃ難しいし…。

そうして思いついたのが、「趣味を引き継ぐ」という親孝行でした。


趣味を引き継ぐ」といっても、

ゲームみたいに、
"親世代から子世代に能力を継承"とか、そんなのは無理なので、

単純に、オヤの趣味を自分も続けていく。これだけです。


幸いにも私の両親は二人とも健在で、

父:テニス
母:トレッキング

と、それぞれ趣味を楽しんでいます。

私はスポーツではテニスが好きなんですが、
この先ずっとテニスを続けていこうと決めました。

つまり、父の趣味のテニスを、息子も続けていくわけです。


私には子どもがいませんが、
子どもがいたらと仮定して、考えてみました。

私の趣味はボードゲームです。

もし自分に子どもがいて、その子がボードゲームをしてくれたら、
絶対に嬉しいと思います。

一緒にプレイなんか出来たら最高でしょうね。

そして、
自分が老人になって、寝たきりになってしまったとします。
もう自分にはボードゲームができない。

それでも子どもがボードゲームをしていてくれたら、
やっぱり嬉しいと思います。

何かが、こう"つなげられた"的な。

最終的に、死を迎えるわけですが、
この先も子どもがボードゲームを続けてくれるかも、と思ったら、
未練とか残らないと思うんです。


↑の「ボードゲーム」を「テニス」に置き換えたら、
まるまる私の父になるんじゃないかなーって、
勝手に考えました。
父の本心は分かりませんが。

でも、どうせ"親の心、子知らず"とか云いますし、
ここは善意を押し付けちゃおうと思います


ここでのポイントは、
イヤイヤ趣味を続けるんじゃ、まったく意味がないということでしょうね。

たまたま、父の趣味を私も好きになったので、
せっかくだから、この先も続けていく
、という感じ。

オヤと趣味が合ったら、それを続けていくだけで、
永続的な親孝行ができるかもしれない…!


これは何か可能性のようなものを感じました


残念ながら母の趣味「トレッキング」に関しては、
特に食指が伸びませんでしたので…、

母への親孝行は、また考えたいと思います。


記事を閉じる▲


「親孝行」について考えてみたんですよ。

ありきたりな話ですが、
星屑(27)、結婚して実家を出て、オヤのありがたみを痛感しました

いや、オヤってマジすごくね?

仕事して!
子ども育てて!
自分の趣味も楽しんで!

今の私では、仕事と趣味までしか手が回らないので、
子ども育てるなんて絶対に無理です。

でも、オヤは私を育て上げてくれたんだなーって。

そんな「オヤ」に、いわゆる「親孝行」を、と考えました。


「親孝行」と聞いて浮かぶモノ

温泉旅行とか?
肩たたき券とか?

いや、それはそれで喜んでくれそうだけれども、

もっとこう効果時間の長い、
ボードゲームでいえば"持続系"の親孝行はないだろうか…?

ストレートに

いや、それは今の生活じゃ難しいし…。

そうして思いついたのが、「趣味を引き継ぐ」という親孝行でした。


趣味を引き継ぐ」といっても、

ゲームみたいに、
"親世代から子世代に能力を継承"とか、そんなのは無理なので、

単純に、オヤの趣味を自分も続けていく。これだけです。


幸いにも私の両親は二人とも健在で、

父:テニス
母:トレッキング

と、それぞれ趣味を楽しんでいます。

私はスポーツではテニスが好きなんですが、
この先ずっとテニスを続けていこうと決めました。

つまり、父の趣味のテニスを、息子も続けていくわけです。


私には子どもがいませんが、
子どもがいたらと仮定して、考えてみました。

私の趣味はボードゲームです。

もし自分に子どもがいて、その子がボードゲームをしてくれたら、
絶対に嬉しいと思います。

一緒にプレイなんか出来たら最高でしょうね。

そして、
自分が老人になって、寝たきりになってしまったとします。
もう自分にはボードゲームができない。

それでも子どもがボードゲームをしていてくれたら、
やっぱり嬉しいと思います。

何かが、こう"つなげられた"的な。

最終的に、死を迎えるわけですが、
この先も子どもがボードゲームを続けてくれるかも、と思ったら、
未練とか残らないと思うんです。


↑の「ボードゲーム」を「テニス」に置き換えたら、
まるまる私の父になるんじゃないかなーって、
勝手に考えました。
父の本心は分かりませんが。

でも、どうせ"親の心、子知らず"とか云いますし、
ここは善意を押し付けちゃおうと思います


ここでのポイントは、
イヤイヤ趣味を続けるんじゃ、まったく意味がないということでしょうね。

たまたま、父の趣味を私も好きになったので、
せっかくだから、この先も続けていく
、という感じ。

オヤと趣味が合ったら、それを続けていくだけで、
永続的な親孝行ができるかもしれない…!


これは何か可能性のようなものを感じました


残念ながら母の趣味「トレッキング」に関しては、
特に食指が伸びませんでしたので…、

母への親孝行は、また考えたいと思います。

【2015/11/13 00:01】 | 人生 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可