RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ダンジョンクエスト・クラシック


【能力判定】
ゲーム中、カードやタイルの効果で、能力判定をさせられることがあります。
「試練を乗り越えろ!」的なものです。
成功するとセーフ、
失敗すると、足止めをくったり、死亡したりします。
能力判定と死亡


[能力判定]
→ダイス2個を振って、その出目が、
英雄の能力値以下なら成功
能力値より大きければ失敗です。

[判定トークン]
→失敗すると、判定トークンを1個もらい、次回以降の能力判定時に、
判定トークン1個消費につきダイスの出目を「-1」できます。





[能力判定]

①どの能力の判定かを確認します。
能力判定
能力には、筋力敏捷防御幸運の4項目があります。


②自分の英雄の能力値を確認します。
英雄の防御値
今回は防御値を確認しますので「4」です。


③ダイスを2個振ります。

→出目が英雄の能力値以下なら、成功です。
能力値以下

→出目が英雄の能力値より大きければ、失敗です。
能力値より大きい


④成功なら何もなし、失敗なら効果を受けて、判定トークンを1個もらいます。
効果を受けて、判定トークンをもらう
効果によっては即死して、判定トークンはもらえません。





[判定トークン]

・能力判定に失敗したら、判定トークンを1個もらいます。
判定トークンを1枚もらう


・次回以降の能力判定時に、判定トークンを消費することで、判定トークン1個につきダイスの出目を「-1」できます。
判定トークン1枚でダイス「-1」


・判定トークンの消費は、能力判定でダイスを振った後に行います。
その際、所持数の範囲内で好きなだけ消費できます
判定トークン3枚でダイス「-3」





☆英雄のブラザー・ゲリンは、
ブラザー・ゲリン
能力判定前に1ダメージを受けて、判定トークンを3個もらえる特殊能力を持っています(1ターンに1度)。


☆英雄のリンデルは、
リンデル
判定トークンをもらう時、追加でもう1個もらえる特殊能力を持っています。



[≪ボドゲ一覧]  [<戻る]  [NEXT:【戦闘】>]

【2014/11/25 00:01】 | ルール説明 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可