RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ダンジョンクエスト・クラシック


【戦闘】
ゲーム中、モンスターと遭遇して、戦闘になることがあります。
戦闘は、「戦闘ラウンド」という手順を、
英雄かモンスターのどちらかが死亡するか、
英雄が逃亡に成功するまで繰り返します。

[戦闘ラウンド]
戦闘カードの処理

逃亡敏捷の能力判定)

戦闘カードの処理

逃亡敏捷の能力判定)

死亡or逃亡成功まで繰り返し)



[モンスターとの遭遇]
→モンスターとの遭遇は、2パターンあります。

[パターン1]カードの効果で遭遇した場合
モンスターとの遭遇

→そのまま戦闘になります。


[パターン2]モンスタートークンが置かれたタイルに移動した場合
モンスタートークン

→移動先のタイルの効果は発生せず、かわりにモンスターとの戦闘になります。





[戦闘準備]

・英雄がモンスターと遭遇したら、

→左隣のプレイヤーがモンスタープレイヤーとなります。
私がモンスタープレイヤーです。


・モンスタープレイヤーは、

モンスターカードを1枚引いて、
モンスターカードを引く

そのモンスターの名前のみ英雄に告げます。
モンスターの名前
「スケルトンが あらわれた! ▼」


英雄プレイヤーがモンスターと遭遇したタイルに、
モンスタートークンを置きます(※すでに置いてある場合は置かない)。
モンスタートークンを置く





[戦闘ラウンド]

①戦闘カードの処理

英雄プレイヤーモンスタープレイヤーは、
お互い3枚の戦闘カードの中から1枚を選んで、
戦闘カード
左が英雄用、右がモンスター用、それぞれ「近接」「遠距離」「魔法」の3枚1セットです。

せーの!で同時に出します。
せーの!

はい!

→お互い、その結果を参照して、ダメージを受けます。

例えば、
出したカードがお互い「遠距離攻撃」だった場合、
遠距離vs遠距離

自分も相手も受けるダメージは「1」なので、
お互い1ダメージ

お互いに「1」ダメージトークンを置きます。
ダメージトークンを置く



②逃亡

戦闘カードの処理が終わったら、
英雄プレイヤー逃亡を試みることができます。
(ただし、移動できる確認済マスがないと不可です。)
逃亡できない
この場合、移動可能な確認済マスが無いので逃亡できません。


逃亡する場合、敏捷能力判定を行います。
敏捷値


成功したら、
モンスタープレイヤー英雄プレイヤーに、
モンスターカードを公開します。
モンスターカード公開


英雄プレイヤーは、
その逃亡ペナルティ分のダメージを受けます。
逃亡ペナルティ


そして、コマを隣接している確認済マスに移動します。
(※この時、扉と鉄格子の効果は無視します)
隣接する確認済タイルへ逃亡



失敗したら(または逃亡を試みなかったら)、また①戦闘カードの処理に戻ります。



以上を繰り返して、

→英雄が死亡したら、
・モンスターカードは捨て札にします。
モンスターカードを捨て札に

モンスタートークンはそのままタイルに残ります。
敗北時、モンスタートークンは残る



→モンスターのダメージが、モンスターの体力値以上になったら、
2ダメージを与えた

モンスタープレイヤー英雄プレイヤーに、モンスターの死亡を宣言します。
モンスター死亡宣言

・モンスターカードは捨て札にします。
モンスターカードを捨て札に

モンスタートークンをタイルから除去します。
撃破時、モンスタートークン除去





☆英雄のヒューゴ・ザ・グローリアスは、
ヒューゴ・ザ・グローリアス
・戦闘カードの処理で有利になる
・モンスター撃破時にルーンカードを1枚もらえる
以上の特殊能力を持っています。


☆英雄のクラッツベックは、
クラッツベック
・逃亡ができない
・ダメージを与える時「+1ダメージ」の補正
・モンスター撃破時に判定トークンを1個もらえる
以上の特殊能力を持っています。


★英雄のシャララ&ブライトブレイズは、
シャララ&ブライトブレイズ
自分のダメージが8以上なら、モンスターに2以上のダメージを与えられないデメリット能力を持っています。



[≪ボドゲ一覧]  [<戻る]  [NEXT:【死亡】>]

【2014/11/26 00:01】 | ルール説明 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可