RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
ボードゲーム
「デッドマンズドロー」




☆プレイ記その1(2/2)

前回:プレイ記その1(1/2)
今回:プレイ記その1(2/2)←いまココ
次回:


序盤2ターン目までで、すでに大荒れな展開になっていますが、
ここからどうなるのか…?

海賊夫婦の死闘が続きます…!



★星屑3ターン目

DMD-p-1-b-01
▲1枚目も2枚目も〈マーメイド〉バースト

星屑「せっかくの良い戦利品が…!」

しーぷ「これは事故っちゃった感じだね…( ̄▽ ̄;)」



★しーぷ3ターン目

DMD-p-1-b-02
▲2枚目〈地図〉からの3枚目〈鍵〉

あとは〈宝箱〉が来れば完璧な流れですが…、

DMD-p-1-b-03
▲7枚目でバーストしてしまいます!

星屑「てか、よくそこまでバーストしなかったよね…!」

しーぷ「たしかに!」

DMD-p-1-b-04
▲バースト時、〈錨〉の効果が発動!
〈錨〉よりも前の戦利品は自分のバンクに入ります。

しーぷ「これ、ホントお得!」

星屑「中盤に〈錨〉が出たのが、また良かった感じやね」

DMD-p-1-b-05
▲賑やかになってきたしーぷのバンクです。



★星屑4ターン目

DMD-p-1-b-06
▲1枚目〈地図〉からの2枚目〈マーメイド〉

星屑「よし、さっきバーストした人魚を取り戻せた…!」

DMD-p-1-b-07
▲4枚目は〈剣〉ですが…、

その効果は、
自分が持っていない種類の戦利品を、
他のプレイヤーから奪ってプレイする。

DMD-p-1-b-08
星屑が未所持なのは〈クラーケン〉〈フック〉

どちらかをしーぷから奪ってプレイしなければなりません。

DMD-p-1-b-09
しーぷ〈フック〉を持っていませんので、
▲自動的に選択肢は〈クラーケン〉のみに…!

その〈クラーケン〉の効果は、
直後の強制2プレイ!!

バーストがコワいので、そろそろ回収しておきたい星屑ですが、
ここは泣く泣くカードを引かなければなりません…( ̄▽ ̄;)

DMD-p-1-b-10
▲結果、6枚目も〈クラーケン〉バースト

さすが怪物〈クラーケン〉、おそろしいカードです…!



★しーぷ4ターン目

DMD-p-1-b-11
▲5枚目の〈大砲〉までで回収。

しーぷ「1枚目に〈錨〉は、おいしくないね」

星屑「そうな、まったく意味がないもんな」



★星屑5ターン目

DMD-p-1-b-12
▲3枚目の〈フック〉の効果で、

DMD-p-1-b-13
〈錨〉を4枚目としてプレイ。

DMD-p-1-b-14
▲結果、バーストで1枚目の〈クラーケン〉のみ回収です。



★しーぷ5ターン目

DMD-p-1-b-15
▲2枚目〈地図〉からの3枚目〈フック〉

DMD-p-1-b-16
▲自分のバンクから〈マーメイド〉をプレイして、回収しました。



★星屑6ターン目

DMD-p-1-b-17
▲3枚目〈クラーケン〉により、ここから強制2プレイです!!

DMD-p-1-b-18
▲4枚目に引いた〈地図〉から、5枚目は〈鍵〉

この2プレイで、〈クラーケン〉の効果は消えました。

しーぷ「カードの効果でのプレイも、カウントされるんだね」

星屑〈地図〉〈剣〉〈フック〉は、その効果で2プレイになるけん」
星屑さらに1プレイを強制されることはないみたい」

DMD-p-1-b-19
星屑は、ここで戦利品を回収。

〈宝箱〉は惜しいですが…、

DMD-p-1-b-20
▲これで全10種類の戦利品が揃いました!

なお、このゲームの得点計算は…、
戦利品10種類を1枚ずつ、計10枚で1セットとして、
その中で、最大の数が得点となり、
全てのセットの得点を足したものが最終得点となります。


結論、10種1組を何セットつくれるかという話です!



★しーぷ6ターン目

DMD-p-1-b-21
▲3枚目〈フック〉からの4枚目〈マーメイド〉までで回収。

ゲームも終盤に近付き、守備固めの時間かもしれません…!



★星屑7ターン目

DMD-p-1-b-22
▲1枚目〈水晶球〉で見た2枚目は〈フック〉

DMD-p-1-b-23
星屑は自分のバンクから…、

DMD-p-1-b-24
▲3枚目として〈鍵〉をプレイ!

星屑〈宝箱〉が来ますように…!」

DMD-p-1-b-25
▲しかし4枚目は〈水晶球〉バースト

星屑「ぐは、ダメか…!」

しーぷ「なかなか都合よくいかないよね…」



★しーぷ7ターン目

DMD-p-1-b-26
▲3枚目〈宝箱〉バースト

星屑「うわ、俺が欲しかった〈宝箱〉でバーストなんて…!」

しーぷ「ありがちな流れね…」

ここで山札のカードが尽き、ゲーム終了となりました!



★結果

DMD-p-1-b-27
星屑のバンク。10種類1枚ずつは0セット…!

DMD-p-1-b-28
しーぷのバンク。10種類1枚ずつは1セット

DMD-p-1-b-29
しーぷの1セット中、最大のカードは「」!

勝利:しーぷ(8勝利点)
敗北:星屑(0勝利点)




★コメント

シンプルそうなゲームに見えて、
やっぱりシステム自体はシンプルなんですが、
プレイ内容は結構ハデな感じでした!

どんどんカードの効果が発動していくし、
ガンガン相手に干渉していくし、
だいぶ激しいゲームですね!

星屑が特に気に入ったのは、
カード名と効果がすごく合っているところでした。

〈鍵〉〈宝箱〉なんか、まさにその通りなんですが、
〈地図〉で行き先を決めていく感じとか、
〈水晶玉〉で先を見通す感じとか、
なんか海賊感があってイメージが湧きやすい…!

たった60枚のカードゲームに、
壮大な海賊の物語が詰まっているように思います!


ただ、2人プレイだと単純な相手との殴り合いになるので、
3人以上でのプレイで、もっと駆け引きも楽しんでみたいですね。

箱がコンパクトですし、
時間もそんなにかからないゲームですし、
ウチのボドゲ会には必ず持っていってみることにします!



「デッドマンズドロー」 関連記事
→次回:
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲


序盤2ターン目までで、すでに大荒れな展開になっていますが、
ここからどうなるのか…?

海賊夫婦の死闘が続きます…!



★星屑3ターン目

DMD-p-1-b-01
▲1枚目も2枚目も〈マーメイド〉バースト

星屑「せっかくの良い戦利品が…!」

しーぷ「これは事故っちゃった感じだね…( ̄▽ ̄;)」



★しーぷ3ターン目

DMD-p-1-b-02
▲2枚目〈地図〉からの3枚目〈鍵〉

あとは〈宝箱〉が来れば完璧な流れですが…、

DMD-p-1-b-03
▲7枚目でバーストしてしまいます!

星屑「てか、よくそこまでバーストしなかったよね…!」

しーぷ「たしかに!」

DMD-p-1-b-04
▲バースト時、〈錨〉の効果が発動!
〈錨〉よりも前の戦利品は自分のバンクに入ります。

しーぷ「これ、ホントお得!」

星屑「中盤に〈錨〉が出たのが、また良かった感じやね」

DMD-p-1-b-05
▲賑やかになってきたしーぷのバンクです。



★星屑4ターン目

DMD-p-1-b-06
▲1枚目〈地図〉からの2枚目〈マーメイド〉

星屑「よし、さっきバーストした人魚を取り戻せた…!」

DMD-p-1-b-07
▲4枚目は〈剣〉ですが…、

その効果は、
自分が持っていない種類の戦利品を、
他のプレイヤーから奪ってプレイする。

DMD-p-1-b-08
星屑が未所持なのは〈クラーケン〉〈フック〉

どちらかをしーぷから奪ってプレイしなければなりません。

DMD-p-1-b-09
しーぷ〈フック〉を持っていませんので、
▲自動的に選択肢は〈クラーケン〉のみに…!

その〈クラーケン〉の効果は、
直後の強制2プレイ!!

バーストがコワいので、そろそろ回収しておきたい星屑ですが、
ここは泣く泣くカードを引かなければなりません…( ̄▽ ̄;)

DMD-p-1-b-10
▲結果、6枚目も〈クラーケン〉バースト

さすが怪物〈クラーケン〉、おそろしいカードです…!



★しーぷ4ターン目

DMD-p-1-b-11
▲5枚目の〈大砲〉までで回収。

しーぷ「1枚目に〈錨〉は、おいしくないね」

星屑「そうな、まったく意味がないもんな」



★星屑5ターン目

DMD-p-1-b-12
▲3枚目の〈フック〉の効果で、

DMD-p-1-b-13
〈錨〉を4枚目としてプレイ。

DMD-p-1-b-14
▲結果、バーストで1枚目の〈クラーケン〉のみ回収です。



★しーぷ5ターン目

DMD-p-1-b-15
▲2枚目〈地図〉からの3枚目〈フック〉

DMD-p-1-b-16
▲自分のバンクから〈マーメイド〉をプレイして、回収しました。



★星屑6ターン目

DMD-p-1-b-17
▲3枚目〈クラーケン〉により、ここから強制2プレイです!!

DMD-p-1-b-18
▲4枚目に引いた〈地図〉から、5枚目は〈鍵〉

この2プレイで、〈クラーケン〉の効果は消えました。

しーぷ「カードの効果でのプレイも、カウントされるんだね」

星屑〈地図〉〈剣〉〈フック〉は、その効果で2プレイになるけん」
星屑さらに1プレイを強制されることはないみたい」

DMD-p-1-b-19
星屑は、ここで戦利品を回収。

〈宝箱〉は惜しいですが…、

DMD-p-1-b-20
▲これで全10種類の戦利品が揃いました!

なお、このゲームの得点計算は…、
戦利品10種類を1枚ずつ、計10枚で1セットとして、
その中で、最大の数が得点となり、
全てのセットの得点を足したものが最終得点となります。


結論、10種1組を何セットつくれるかという話です!



★しーぷ6ターン目

DMD-p-1-b-21
▲3枚目〈フック〉からの4枚目〈マーメイド〉までで回収。

ゲームも終盤に近付き、守備固めの時間かもしれません…!



★星屑7ターン目

DMD-p-1-b-22
▲1枚目〈水晶球〉で見た2枚目は〈フック〉

DMD-p-1-b-23
星屑は自分のバンクから…、

DMD-p-1-b-24
▲3枚目として〈鍵〉をプレイ!

星屑〈宝箱〉が来ますように…!」

DMD-p-1-b-25
▲しかし4枚目は〈水晶球〉バースト

星屑「ぐは、ダメか…!」

しーぷ「なかなか都合よくいかないよね…」



★しーぷ7ターン目

DMD-p-1-b-26
▲3枚目〈宝箱〉バースト

星屑「うわ、俺が欲しかった〈宝箱〉でバーストなんて…!」

しーぷ「ありがちな流れね…」

ここで山札のカードが尽き、ゲーム終了となりました!



★結果

DMD-p-1-b-27
星屑のバンク。10種類1枚ずつは0セット…!

DMD-p-1-b-28
しーぷのバンク。10種類1枚ずつは1セット

DMD-p-1-b-29
しーぷの1セット中、最大のカードは「」!

勝利:しーぷ(8勝利点)
敗北:星屑(0勝利点)




★コメント

シンプルそうなゲームに見えて、
やっぱりシステム自体はシンプルなんですが、
プレイ内容は結構ハデな感じでした!

どんどんカードの効果が発動していくし、
ガンガン相手に干渉していくし、
だいぶ激しいゲームですね!

星屑が特に気に入ったのは、
カード名と効果がすごく合っているところでした。

〈鍵〉〈宝箱〉なんか、まさにその通りなんですが、
〈地図〉で行き先を決めていく感じとか、
〈水晶玉〉で先を見通す感じとか、
なんか海賊感があってイメージが湧きやすい…!

たった60枚のカードゲームに、
壮大な海賊の物語が詰まっているように思います!


ただ、2人プレイだと単純な相手との殴り合いになるので、
3人以上でのプレイで、もっと駆け引きも楽しんでみたいですね。

箱がコンパクトですし、
時間もそんなにかからないゲームですし、
ウチのボドゲ会には必ず持っていってみることにします!



「デッドマンズドロー」 関連記事
→次回:
開封

[ボードゲーム記事一覧]



【2016/02/15 00:01】 | プレイ記 |

勝利点の数えかたについて
sai
こんにちは。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
星屑さんの記事をよんで、デッドマンズドロー面白そうだなぁ~と、
ポチってしまいました。(* ̄∇ ̄)ノ

ところで、ルールブックを読んでいて気づいたのですが、点数の計算は財宝各種の最高点の合計ではないかと思います。
ルールブックの書き方が分かりにくいのですが、「スートストック」とは「10種の束」ではなく、「同種の財宝の束」だと思われます。でないと『剣』の効果の説明がおかしくなります。ざっとネットで調べたところその解釈で間違いないかと思います。

謎がとけました!
星屑トランペッター
>>saiさん

ご覧いただいてありがとうございます!
当ブログ管理人の星屑です。

勝利点の数え方の件、助かりました!

実は、何度ルールブックを読んでもピンとこなくて、
モヤモヤしながらプレイしていたんです…( ̄▽ ̄;)

お蔭さまでスッキリしました!

もう、なんとお礼を申し上げてよろしいやら…、
本当に、ありがとうございました!

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
勝利点の数えかたについて
こんにちは。
いつも楽しく拝見させて頂いてます。
星屑さんの記事をよんで、デッドマンズドロー面白そうだなぁ~と、
ポチってしまいました。(* ̄∇ ̄)ノ

ところで、ルールブックを読んでいて気づいたのですが、点数の計算は財宝各種の最高点の合計ではないかと思います。
ルールブックの書き方が分かりにくいのですが、「スートストック」とは「10種の束」ではなく、「同種の財宝の束」だと思われます。でないと『剣』の効果の説明がおかしくなります。ざっとネットで調べたところその解釈で間違いないかと思います。
2016/02/27(Sat) 18:34 | URL  | sai #mQop/nM.[ 編集]
謎がとけました!
>>saiさん

ご覧いただいてありがとうございます!
当ブログ管理人の星屑です。

勝利点の数え方の件、助かりました!

実は、何度ルールブックを読んでもピンとこなくて、
モヤモヤしながらプレイしていたんです…( ̄▽ ̄;)

お蔭さまでスッキリしました!

もう、なんとお礼を申し上げてよろしいやら…、
本当に、ありがとうございました!
2016/02/28(Sun) 08:03 | URL  | 星屑トランペッター #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可