RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
その月に、めっちゃハマったボードゲームを紹介するコーナー。

2016年2月はコレ!

「アヤ:河巡る旅」



※先に開封記事をご覧いただくと、色々イメージしやすいかもです。


★amazonでゲームを説明!

このゲームのテーマは、


をさかのぼって、


風景写真や、


動物写真を、


撮影するというもの!

といっても、一般的なボードゲームのように、
コマを動かしていったりだとか、
タイルを配置したりだとか、
そういうのではなく…、


▲やることは"ドミノ倒し"です…!

このゲームでは、ドミノを「」に見立てて、
ドミノを並べることで、川の流れをつくっていきます。

その途中途中で、景色や動物の写真を撮り
その写真の枚数が得点になるという感じです。



★ざっくりすぎるゲームの流れ

ゲームの流れは、
①プレイヤー全員で協力してドミノを立てて、
②完成したドミノを倒して、
③その出来栄えを得点化します!


星屑が、初めてこのゲームを知ったとき、
ドミノの出来栄えをどう得点化するんだろう?
と、疑問に思ったんですが…、



★得点方法

このゲームの得点は、大きく2通りの方法で得られます。
風景写真動物写真です。


☆風景写真

201602今月ボドゲ-02
▲ゲーム中、プレイエリアに配置できる風景タイル

風景タイルの中には、川のイラストがあります。
この川の上にドミノを立てていくと…、

201602今月ボドゲ-03
こんな感じになります。

そして、これを倒した結果…、

201602今月ボドゲ-04
▲こうなると、"風景写真を撮れた"ことになります。

具体的な条件は、
・風景タイルに触れている全ドミノが同じ種類。
・風景タイルの入口と出口がドミノで覆われている。


風景タイルもドミノも全て〈砂漠〉で、
入口の出口もドミノで覆われています。

201602今月ボドゲ-05
▲このとき、風景写真トークンを1枚もらいます。これで1得点!

さて、風景タイルには他にも種類があり…、

201602今月ボドゲ-06
▲こちらは川が2本の〈原野〉です。

入口と出口が2セットありますので…、

201602今月ボドゲ-07
▲ドミノはこんな感じに。

さっそく倒してみましょう!

201602今月ボドゲ-08
▲タイル上は全て〈原野〉で、出入口も全て覆われています。

この場合も、やはり風景写真トークンをもらい、1得点となります。


☆動物写真

201602今月ボドゲ-09
▲ゲーム中、ドミノの上に配置できる動物写真トークン

これを倒した結果…、

201602今月ボドゲ-10
▲こうなると、"動物写真を撮れた"ことになります。

具体的な条件は、
・動物写真トークンが、同種のドミノに触れている。
・トークンから先が、同種のドミノのみで、同種の風景タイルまでつながっている。
・トークンが、風景タイルに重なっていない。
・風景タイルと風景タイルの間に、トークンが1つしかない。


〈極地〉のペンギンが、〈極地〉のドミノに触れていて、
その先の〈極地〉の風景タイルまで、
〈極地〉のドミノのみでつながっていて、
動物写真トークンと風景タイルが重なっていません。

これも1得点になります!

以上の条件を踏まえて、みんなでドミノを立てていきましょう…!



★ゲーム進行

このゲームは、ラウンド制ではなく、時間制です。

201602今月ボドゲ-01
▲10分の砂時計を2セット、20分間でドミノを完成させます

時計回りで、自分のターンが回ってきたら、

201602今月ボドゲ-12
▲引いたドミノを、
プレイエリアに立てるか、
リザーブの一番上に置きます

201602今月ボドゲ-11
▲その後、ストックorリザーブから1枚引いて、
▲次の自分のターンに備えます。

この繰り返しです。


201602今月ボドゲ-13
▲ドミノの中には、カメラのアイコンが描かれているものがあり、

これを立てる場合は、通常通りに立てるか、
以下2通りの立て方で立てるかを選べます。

201602今月ボドゲ-14
そのドミノと同種の風景タイルを配置して、
▲タイルの川のイラストの外に立てる。
▲このとき、風景写真トークンをタイルの脇に置いておく。

201602今月ボドゲ-15
そのドミノと同種のドミノの隣に立てて、
そのドミノと同種の動物写真トークンを、
▲2枚のドミノをまたがせるように置く

201602今月ボドゲ-16
ドミノやタイルを配置する場所は自由です。
▲ただし、配置した後は動かせません

みんなでドミノを立てていって…、

201602今月ボドゲ-17
▲最終的には、各風景タイルをドミノでつなぎましょう

こうして20分間で完成したドミノを、
最後は、ひと思いに倒します



★実際に倒してみる!

今回は、記事のために私星屑がちゃちゃっと並べたドミノですが、
せっかくなので倒してみます!

よーいドン!

201602今月ボドゲ-18
▲さあスタートしました。まずは無難な立ち上がりといったところです。

201602今月ボドゲ-19
▲さて、分岐も無事にクリアして、2方向に進んで参ります。

201602今月ボドゲ-20
▲あっと、ここで右上のドミノが止まってしまいました
▲V字ヘアピンでしたが、どうやら角度をつけすぎたようです…!

201602今月ボドゲ-21
▲分岐の片方は止まってしまったものの、
もう片方は無事に最後までたどり着くことができました

201602今月ボドゲ-22
▲なお、止まってしまった場合は、
再出発トークンを消費して再トライします。
(未使用の再出発トークンは得点になります)



★このゲームの魅力


☆独特の緊張感がヤバイ!

みんなでワイワイ盛り上がるゲームや、
みんなでウンウン考え込むゲーム、
はたまた物騒なコトバが飛び交いまくるゲームなど、
ボードゲームには色々な雰囲気がありますが…、

このゲームは「緊張感」がスゴイです!

ちょっとした何かの拍子で、
みんなで頑張って築きあげてきたモノが、
カタカタカタと音を立てて崩壊してしまう恐怖…!

そうならないために、
それこそ息をするのも忘れて
みんなドミノを立てることに集中するわけですが…。

この種類の緊張感は、あまり他では味わえません。
わりと貴重な感覚だと思います。

そして、そんな極限状態から無事に抜け出して
ドミノ倒しが大成功だったときの達成感といったら…!

わずか20分強という時間で、
なんともいえない体験ができるゲームです!



そんなわけで、2月は「アヤ」にハマりました!

元々ドミノが大好きな星屑は、
ふとした時に1人でドミノを並べることもしばしば

さてさて来月は、
どんなボードゲームにハマっちゃうのでしょうか…?

また、新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!





記事を閉じる▲


★amazonでゲームを説明!

このゲームのテーマは、


をさかのぼって、


風景写真や、


動物写真を、


撮影するというもの!

といっても、一般的なボードゲームのように、
コマを動かしていったりだとか、
タイルを配置したりだとか、
そういうのではなく…、


▲やることは"ドミノ倒し"です…!

このゲームでは、ドミノを「」に見立てて、
ドミノを並べることで、川の流れをつくっていきます。

その途中途中で、景色や動物の写真を撮り
その写真の枚数が得点になるという感じです。



★ざっくりすぎるゲームの流れ

ゲームの流れは、
①プレイヤー全員で協力してドミノを立てて、
②完成したドミノを倒して、
③その出来栄えを得点化します!


星屑が、初めてこのゲームを知ったとき、
ドミノの出来栄えをどう得点化するんだろう?
と、疑問に思ったんですが…、



★得点方法

このゲームの得点は、大きく2通りの方法で得られます。
風景写真動物写真です。


☆風景写真

201602今月ボドゲ-02
▲ゲーム中、プレイエリアに配置できる風景タイル

風景タイルの中には、川のイラストがあります。
この川の上にドミノを立てていくと…、

201602今月ボドゲ-03
こんな感じになります。

そして、これを倒した結果…、

201602今月ボドゲ-04
▲こうなると、"風景写真を撮れた"ことになります。

具体的な条件は、
・風景タイルに触れている全ドミノが同じ種類。
・風景タイルの入口と出口がドミノで覆われている。


風景タイルもドミノも全て〈砂漠〉で、
入口の出口もドミノで覆われています。

201602今月ボドゲ-05
▲このとき、風景写真トークンを1枚もらいます。これで1得点!

さて、風景タイルには他にも種類があり…、

201602今月ボドゲ-06
▲こちらは川が2本の〈原野〉です。

入口と出口が2セットありますので…、

201602今月ボドゲ-07
▲ドミノはこんな感じに。

さっそく倒してみましょう!

201602今月ボドゲ-08
▲タイル上は全て〈原野〉で、出入口も全て覆われています。

この場合も、やはり風景写真トークンをもらい、1得点となります。


☆動物写真

201602今月ボドゲ-09
▲ゲーム中、ドミノの上に配置できる動物写真トークン

これを倒した結果…、

201602今月ボドゲ-10
▲こうなると、"動物写真を撮れた"ことになります。

具体的な条件は、
・動物写真トークンが、同種のドミノに触れている。
・トークンから先が、同種のドミノのみで、同種の風景タイルまでつながっている。
・トークンが、風景タイルに重なっていない。
・風景タイルと風景タイルの間に、トークンが1つしかない。


〈極地〉のペンギンが、〈極地〉のドミノに触れていて、
その先の〈極地〉の風景タイルまで、
〈極地〉のドミノのみでつながっていて、
動物写真トークンと風景タイルが重なっていません。

これも1得点になります!

以上の条件を踏まえて、みんなでドミノを立てていきましょう…!



★ゲーム進行

このゲームは、ラウンド制ではなく、時間制です。

201602今月ボドゲ-01
▲10分の砂時計を2セット、20分間でドミノを完成させます

時計回りで、自分のターンが回ってきたら、

201602今月ボドゲ-12
▲引いたドミノを、
プレイエリアに立てるか、
リザーブの一番上に置きます

201602今月ボドゲ-11
▲その後、ストックorリザーブから1枚引いて、
▲次の自分のターンに備えます。

この繰り返しです。


201602今月ボドゲ-13
▲ドミノの中には、カメラのアイコンが描かれているものがあり、

これを立てる場合は、通常通りに立てるか、
以下2通りの立て方で立てるかを選べます。

201602今月ボドゲ-14
そのドミノと同種の風景タイルを配置して、
▲タイルの川のイラストの外に立てる。
▲このとき、風景写真トークンをタイルの脇に置いておく。

201602今月ボドゲ-15
そのドミノと同種のドミノの隣に立てて、
そのドミノと同種の動物写真トークンを、
▲2枚のドミノをまたがせるように置く

201602今月ボドゲ-16
ドミノやタイルを配置する場所は自由です。
▲ただし、配置した後は動かせません

みんなでドミノを立てていって…、

201602今月ボドゲ-17
▲最終的には、各風景タイルをドミノでつなぎましょう

こうして20分間で完成したドミノを、
最後は、ひと思いに倒します



★実際に倒してみる!

今回は、記事のために私星屑がちゃちゃっと並べたドミノですが、
せっかくなので倒してみます!

よーいドン!

201602今月ボドゲ-18
▲さあスタートしました。まずは無難な立ち上がりといったところです。

201602今月ボドゲ-19
▲さて、分岐も無事にクリアして、2方向に進んで参ります。

201602今月ボドゲ-20
▲あっと、ここで右上のドミノが止まってしまいました
▲V字ヘアピンでしたが、どうやら角度をつけすぎたようです…!

201602今月ボドゲ-21
▲分岐の片方は止まってしまったものの、
もう片方は無事に最後までたどり着くことができました

201602今月ボドゲ-22
▲なお、止まってしまった場合は、
再出発トークンを消費して再トライします。
(未使用の再出発トークンは得点になります)



★このゲームの魅力


☆独特の緊張感がヤバイ!

みんなでワイワイ盛り上がるゲームや、
みんなでウンウン考え込むゲーム、
はたまた物騒なコトバが飛び交いまくるゲームなど、
ボードゲームには色々な雰囲気がありますが…、

このゲームは「緊張感」がスゴイです!

ちょっとした何かの拍子で、
みんなで頑張って築きあげてきたモノが、
カタカタカタと音を立てて崩壊してしまう恐怖…!

そうならないために、
それこそ息をするのも忘れて
みんなドミノを立てることに集中するわけですが…。

この種類の緊張感は、あまり他では味わえません。
わりと貴重な感覚だと思います。

そして、そんな極限状態から無事に抜け出して
ドミノ倒しが大成功だったときの達成感といったら…!

わずか20分強という時間で、
なんともいえない体験ができるゲームです!



そんなわけで、2月は「アヤ」にハマりました!

元々ドミノが大好きな星屑は、
ふとした時に1人でドミノを並べることもしばしば

さてさて来月は、
どんなボードゲームにハマっちゃうのでしょうか…?

また、新たなボードゲームとの出会いが楽しみです!




【2016/02/28 00:01】 | その他 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可