RSS  全記事  管理者用
大分県宇佐市でボードゲーム!
ボードゲームのブログです。ボードゲームのレビュー、開封、紹介、ルール説明、プレイ記など。大分県宇佐市のボードゲームサークル「宇佐ロップイヤーズ」の活動記も。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボードゲーム
「モンド:サピエンス」




☆プレイ記その2

前回:プレイ記その1
今回:プレイ記その2(1/2)←いまココ
次回:プレイ記その2(2/2)


大分県宇佐市で「モンサピ」!

タイルを並べて世界をつくっていくゲーム「モンサピ」!

前回、私星屑はソロプレイをしてみましたが、
今回は妻しーぷとの2人プレイにチャレンジです



★準備

モンサピ-p-2-a-01
▲例によって、
地形タイル世界ボードタイマーと、
▲さらにボーナスチップを準備します。

2人プレイの場合
ボーナスチップは④②の2枚です。

あっという間に準備完了で、ゲームスタート!

ルール的には、7分間×3セットですが、
今回は7分間×2セットでいきたいと思います!



★第1ラウンド

まず、タイマーを7分にセットして、
3、2、1、スタート!」の掛け声でラウンドが始まります。

そして、
このカウントダウン中に、タイルの山をかき混ぜます


星屑「じゃあ、いっくよー!」

星屑さん!」ジャラジャラ
星屑に!」ジャラジャラ
星屑いち!」ジャラジャラ

星屑スタート!

モンサピ-p-2-a-02
▲お互い、タイルの山から1枚目のタイルを取ります。

1枚目のタイルは、どのマスに置いてもOKで、
2枚目以降は、すでに置いてあるタイルに隣接(ナナメ不可)するように配置していきます。

また、一度配置したタイルは、その後一切動かすことができません。


しーぷしまった、置き方を間違えた!

星屑うわ、いつの間にか火山がヤバイ…!


2人して、
タイルを取っては自分のボードに置き、
タイルを取っては自分のボードに置き…。

そして数分後…。


星屑おっけ、置き終わった!


星屑は「ドロップアウト」を宣言して、

モンサピ-p-2-a-03
4点ボーナスチップを獲得します。

モンサピ-p-2-a-04
▲残り時間は3分ちょいといったところ。

さらに少し経って……


しーぷ私も終わったよー

モンサピ-p-2-a-05
▲次にドロップアウトしたしーぷ2点のチップを獲得。

モンサピ-p-2-a-06
1分半を残して、2人ともタイルの配置を終えました。

モンサピ-p-2-a-07
星屑の世界

モンサピ-p-2-a-08
しーぷの世界

ここから、第1ラウンドの得点計算をしていきます。



★得点計算

得点計算は、

・人間
・地形
・道路
・ボーナスチップ
・火山
・空きマス&不揃い


以上6項目によって行います。



・人間

→人間の数×1点

人間には、〈農民〉〈羊飼い〉〈漁師〉がおりますが、
どちらさんも1人につき1点となります。

モンサピ-p-2-a-11
星屑の人間→13点

まったく意識していませんでしたが、
気が付いたらボード上に13人もいてびっくりです!

モンサピ-p-2-a-15
しーぷの人間→4点

しーぷ「うーん、いきなり差がついちゃったね」

星屑「まだまだ採点項目はいっぱい残ってるから…!」



・地形

→閉じていて、不揃いがない森林と平地は各2点

これ、どんな感じかというと…、

モンサピ-p-2-a-09
星屑の森林→8点

4ヵ所ある森林は、
すべて森林の辺と森林の辺が接していて
それぞれ独立しています

これが各2点で、合計8点となります。

モンサピ-p-2-a-10
星屑の平地→4点

森林よりも、よほど広い面積を誇る平地ですが、
2ヵ所にしか分断できず、得点は森林より低くなりました…。

モンサピ-p-2-a-13
しーぷの森林→6点

しーぷの森林は5ヵ所ありますが、
その内の3ヵ所は"不揃い"に当たってしまっています。

モンサピ-p-2-a-12
▲森林と、森林以外の辺が隣接している場合、
例えば画像のように、水面と森林が接している場合
▲これは"不揃い"となり、得点になりません。


しーぷ「あわててたら、こんなのばっかりに…」

星屑「几帳面さが要求されるよね」

モンサピ-p-2-a-14
しーぷの平地→0点

平地は2ヵ所ありましたが、
こちらも不揃いの箇所がって、得点ならず…。



・道路

→道路があるマス数×1点
→道路の接続×-1点


これにはタイル外の道路の数も含みます。
そして、道路同士が接続されていると、その分マイナスになってしまいます。

モンサピ-p-2-a-16
星屑の道路→12点

うまいこと道路の接続をなくして、失点を防ぐことができました。

モンサピ-p-2-a-17
しーぷの道路→11-1=10点

しーぷの道路は11でしたが、

モンサピ-p-2-a-18
▲1ヵ所だけ接続してしまっていたため、
-1点となり、差し引き10点


しーぷ「これ、なんでマイナスになるん?」

星屑建設コスト、らしいよ?」

しーぷ「いまいち釈然としないー」

星屑「おっしゃる通りで」



・ボーナスチップ

→ドロップアウトの早い順に得点

モンサピ-p-2-a-19
星屑は1番だったので4点で、

モンサピ-p-2-a-20
しーぷは2番だったので2点です。



・火山

→活火山の数が一番多いプレイヤーが、その数ぶん失点。

休火山はカウントしません。

モンサピ-p-2-a-21
星屑の活火山→

モンサピ-p-2-a-22
しーぷの活火山→

星屑の方が活火山が多いですので、
星屑-5点となります。


星屑「っていうか、しーぷ見事にゼロかい!」

しーぷ「これだけは狙ってた!」



・空きマス&不揃い

→空きマス×-1点
→不揃いの部分×-1点

空きマスは、2人ともナシでした。
不揃いの部分については、星屑はナシで…、

モンサピ-p-2-a-23
しーぷは15ヵ所で-15点


しーぷ「これ計算するのがコワイ…!」


……集計中……

……集計中……


星屑「じゃあ発表するね!」

星屑星屑が36点!

星屑しーぷが7点!

しーぷ「ぎゃー!」

星屑「とりあえず、もう1ラウンド行こうよ」

しーぷ「つ、つぎこそは……」


しーぷの巻き返し、なるか…?

次回に続きます!



「モンド:サピエンス」 関連記事
→次回:プレイ記その2(2/2)
開封

[ボードゲーム記事一覧]




記事を閉じる▲


大分県宇佐市で「モンサピ」!

タイルを並べて世界をつくっていくゲーム「モンサピ」!

前回、私星屑はソロプレイをしてみましたが、
今回は妻しーぷとの2人プレイにチャレンジです



★準備

モンサピ-p-2-a-01
▲例によって、
地形タイル世界ボードタイマーと、
▲さらにボーナスチップを準備します。

2人プレイの場合
ボーナスチップは④②の2枚です。

あっという間に準備完了で、ゲームスタート!

ルール的には、7分間×3セットですが、
今回は7分間×2セットでいきたいと思います!



★第1ラウンド

まず、タイマーを7分にセットして、
3、2、1、スタート!」の掛け声でラウンドが始まります。

そして、
このカウントダウン中に、タイルの山をかき混ぜます


星屑「じゃあ、いっくよー!」

星屑さん!」ジャラジャラ
星屑に!」ジャラジャラ
星屑いち!」ジャラジャラ

星屑スタート!

モンサピ-p-2-a-02
▲お互い、タイルの山から1枚目のタイルを取ります。

1枚目のタイルは、どのマスに置いてもOKで、
2枚目以降は、すでに置いてあるタイルに隣接(ナナメ不可)するように配置していきます。

また、一度配置したタイルは、その後一切動かすことができません。


しーぷしまった、置き方を間違えた!

星屑うわ、いつの間にか火山がヤバイ…!


2人して、
タイルを取っては自分のボードに置き、
タイルを取っては自分のボードに置き…。

そして数分後…。


星屑おっけ、置き終わった!


星屑は「ドロップアウト」を宣言して、

モンサピ-p-2-a-03
4点ボーナスチップを獲得します。

モンサピ-p-2-a-04
▲残り時間は3分ちょいといったところ。

さらに少し経って……


しーぷ私も終わったよー

モンサピ-p-2-a-05
▲次にドロップアウトしたしーぷ2点のチップを獲得。

モンサピ-p-2-a-06
1分半を残して、2人ともタイルの配置を終えました。

モンサピ-p-2-a-07
星屑の世界

モンサピ-p-2-a-08
しーぷの世界

ここから、第1ラウンドの得点計算をしていきます。



★得点計算

得点計算は、

・人間
・地形
・道路
・ボーナスチップ
・火山
・空きマス&不揃い


以上6項目によって行います。



・人間

→人間の数×1点

人間には、〈農民〉〈羊飼い〉〈漁師〉がおりますが、
どちらさんも1人につき1点となります。

モンサピ-p-2-a-11
星屑の人間→13点

まったく意識していませんでしたが、
気が付いたらボード上に13人もいてびっくりです!

モンサピ-p-2-a-15
しーぷの人間→4点

しーぷ「うーん、いきなり差がついちゃったね」

星屑「まだまだ採点項目はいっぱい残ってるから…!」



・地形

→閉じていて、不揃いがない森林と平地は各2点

これ、どんな感じかというと…、

モンサピ-p-2-a-09
星屑の森林→8点

4ヵ所ある森林は、
すべて森林の辺と森林の辺が接していて
それぞれ独立しています

これが各2点で、合計8点となります。

モンサピ-p-2-a-10
星屑の平地→4点

森林よりも、よほど広い面積を誇る平地ですが、
2ヵ所にしか分断できず、得点は森林より低くなりました…。

モンサピ-p-2-a-13
しーぷの森林→6点

しーぷの森林は5ヵ所ありますが、
その内の3ヵ所は"不揃い"に当たってしまっています。

モンサピ-p-2-a-12
▲森林と、森林以外の辺が隣接している場合、
例えば画像のように、水面と森林が接している場合
▲これは"不揃い"となり、得点になりません。


しーぷ「あわててたら、こんなのばっかりに…」

星屑「几帳面さが要求されるよね」

モンサピ-p-2-a-14
しーぷの平地→0点

平地は2ヵ所ありましたが、
こちらも不揃いの箇所がって、得点ならず…。



・道路

→道路があるマス数×1点
→道路の接続×-1点


これにはタイル外の道路の数も含みます。
そして、道路同士が接続されていると、その分マイナスになってしまいます。

モンサピ-p-2-a-16
星屑の道路→12点

うまいこと道路の接続をなくして、失点を防ぐことができました。

モンサピ-p-2-a-17
しーぷの道路→11-1=10点

しーぷの道路は11でしたが、

モンサピ-p-2-a-18
▲1ヵ所だけ接続してしまっていたため、
-1点となり、差し引き10点


しーぷ「これ、なんでマイナスになるん?」

星屑建設コスト、らしいよ?」

しーぷ「いまいち釈然としないー」

星屑「おっしゃる通りで」



・ボーナスチップ

→ドロップアウトの早い順に得点

モンサピ-p-2-a-19
星屑は1番だったので4点で、

モンサピ-p-2-a-20
しーぷは2番だったので2点です。



・火山

→活火山の数が一番多いプレイヤーが、その数ぶん失点。

休火山はカウントしません。

モンサピ-p-2-a-21
星屑の活火山→

モンサピ-p-2-a-22
しーぷの活火山→

星屑の方が活火山が多いですので、
星屑-5点となります。


星屑「っていうか、しーぷ見事にゼロかい!」

しーぷ「これだけは狙ってた!」



・空きマス&不揃い

→空きマス×-1点
→不揃いの部分×-1点

空きマスは、2人ともナシでした。
不揃いの部分については、星屑はナシで…、

モンサピ-p-2-a-23
しーぷは15ヵ所で-15点


しーぷ「これ計算するのがコワイ…!」


……集計中……

……集計中……


星屑「じゃあ発表するね!」

星屑星屑が36点!

星屑しーぷが7点!

しーぷ「ぎゃー!」

星屑「とりあえず、もう1ラウンド行こうよ」

しーぷ「つ、つぎこそは……」


しーぷの巻き返し、なるか…?

次回に続きます!



「モンド:サピエンス」 関連記事
→次回:プレイ記その2(2/2)
開封

[ボードゲーム記事一覧]



【2016/03/14 00:01】 | プレイ記 |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。